北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
The possible reason for crashes and instabilities of the NVIDIA GeForce RTX 3080 and RTX 3090 | Investigative(Igor's Labs)
RTX 3080 Crash to Desktop Problems Likely Connected to AIB-Designed Capacitor Choice(techPowerUp!)
Message about EVGA GeForce RTX 3080 POSCAPs(EVGA)

少し前よりGeForce RTX 3080環境でデスクトップがクラッシュするという報告が寄せられている模様である。そしてその原因が電源周りの設計―もう少し突っ込んで言えば使用しているキャパシタにあるという推定が成されている。

そして9月26日になり、EVGAが初めてメーカーとして公式な見解を明らかにした。
[GeForce RTX 3080環境におけるクラッシュがキャパシタに起因するという話]の続きを読む
NVIDIA Next-Gen Quadro RTX (Ampere) Roadmap Leaks Out, RTX A6000 Pictured Once Again With EPS-12V 8-Pin Connector(WCCF Tech)
NVIDIA Quadro RTX ‘Ampere’ 6000 to feature a new 8-pin power connector?(VideoCardz)
Another Quadro RTX A6000 Ampere Photo Leak Points To New 8-Pin Power Connector(HotHardware)

“Ampere”世代のQuadroのロードマップをMoore's Law is Deadがリークしている。Moore's Law is Deadによると少なくともこの数ヶ月以内に3種類の製品がローンチされるという。“Ampere”世代のQuadroはクリエイターやProfessional向けアプリケーションに対応すべくより大容量のVRAMを搭載した製品となる。

リークしたロードマップによると“Ampere”世代のQuadroは3種類があり、上から順にQuadro RTX A6000, Quadro RTX A5000, Quadro RTX A4000がある。これらはいずれも、同等のGeForceよりも大容量のVRAMを搭載する。
[“Ampere”世代のQuadroのロードマップ]の続きを読む
AMD's Frank Azor promises that RDNA 2 won't have a "paper launch"(OC3D)
AMD Sienna Cichlid confirmed as Navi 21, Navy Flounder is Navi 22(VideoCardz)
AMD Confirms Volume For Radeon RX 6000 Graphics Card Launch [Updated](WCCF Tech)

ROCm Developer Toolsのソースコードより“Sienna Cichlid”が“Navi 21”を、“Navy Flounder”が“Navi 22”を示すことが明確になった。これらのコードネームがRadeon Proのような特定の製品を指し示すものかどうかはわからないが、AMDのオープンソースソフトウェア開発者は“Navi 2x”に対し、これらのコードネームを用いていたことが明らかとなった。
[“Sienna Cichlid”は“Navi 21”、“Navy Flounder”は“Nav 22”]の続きを読む
What Products Use Intel 10nm? SuperFin and 10++ Demystified(AnandTech)

“Tiger Lake”の発表時、Intelはその“Tiger Lake”に使われている製造プロセスを10nm SuperFinであると明らかにし、前世代の“Ice Lake”で使用されている10nmプロセスから改良されたものであることを明瞭にした。

とはいえ、Intel内部では10nmプロセスの呼称に関する混乱は多少なりともあるようであり、AnandTechに興味深い話が掲載されている。
[今後のIntel製品にはどの10nmプロセスが使われるのか?]の続きを読む
Nvidia GeForce RTX 3090 Founders Edition Review: Heir to the Titan Throne(Tom's Hardware)
GeForce RTX 3090(4Gamer.net)
8Kゲーミングを実現するモンスターGPU「GeForce RTX 3090」を試す(Impress PC Watch)
8Kゲーミングを実現する「GeForce RTX 3090」がデビュー、実売20万円以上(AKIBA PC Hotline!)

9月24日22時00分を持ってGeForce RTX 3090が解禁された。実売価格は197190~225750円である。
秋葉原のPCショップの一部では解禁に合わせ、夜間販売を行った。


スペックは以下の通りである。
[GeForce RTX 3090が解禁される]の続きを読む
Intel NUC 11 PRO ‘Tiger Canyon’ detailed(VideoCardz)

IntelはNUC 11 Pro―“Tiger Canyon”を準備している。NUC Proはビジネス向け・商用向けを意味しており、同様の構成で同じ“Tiger Lake”を搭載するコンシューマ向けのNUC 11 Performance―“Panther Canyon”とは異なるものである。
[“Tiger Lake”を搭載するNUC 11 Pro―“Tiger Canyon”の詳細]の続きを読む
AMD "Lucienne" Silicon to Power Certain Ryzen 5000 Series APUs(techPowerUp!)
AMD Cezanne and Lucienne to both power Ryzen 5000U series(VideoCardz)
AMD's Ryzen 7 5700U has been spotted - The first Zen 3 processor?(OC3D)
AMD Ryzen 7 5700U AoTS benchmark and details surface(HEXUS)
AMD Ryzen 7 5700U(APISAK@TUM_APISAK / Twitter)
55/57 = overclocked 46/48, 56/58 is CZN(MebiuW@MebiuW / Twitter)

Social mediaではAMDの新たなAPU―“Lucienne”について盛んにつぶやかれている。その“Lucienne”であるが、現行の“Renoir”のRefresh版であるという。つまり、CPUは“Zen 2”世代のものを8-core、GPUは“Vega”を8 CU搭載するものとなる。“Lucienne”の最初のSKUがRyzen 7 5700Uとなり、AoTS benchmark databaseに掲載されている。
[Ryzen 7 5700Uに使用されるコアは“Lucienne”?]の続きを読む
Intel Launches 10nm Atom Embedded CPUs: Elkhart Lake Now Available(AnandTech)
Intel announces Elkhart Lake Atom x6000E and Tiger Lake Core embedded processors(VideoCardz)
Intel Atom x6000E, Celeron N and J: Elkhart Lake Atoms with Tremont cores presented(HardwareLUXX)
IoT-Enhanced Processors Increase Performance, AI, Security(Intel)

Intelは9月23日、Intel Industrial Summit 2020において新たな組み込み向け・IoT向けとなる第11世代Core processorとAtom x6000E series、そしてPentium, Celeron N/J seriesを発表した。いずれも新たなAI機能、セキュリティ機能、セーフティ機能、リアルタイム性能を備え、edge costmerの要求に応えられる製品となっている。
[Intel 組み込み向けの“Tiger Lake”と“Elkhart Lake”を発表]の続きを読む
AMD Rembrandt to feature (6nm?) Zen3 cores, support DDR5-5200 memory(VideoCardz)
AMD’s Next-Gen Rembrandt Ryzen APUs To Feature Enhanced Zen 3 CPU & RDNA 2 GPU Cores on 6nm Process Node, DDR5-5200 Support(WCCF Tech)

“Rembrandt”はAMDの次々世代のAPUのコードネームで、デスクトップ向けとMobile向け両方に展開される。現行のAPUである“Renoir”の後継が“Cezanne”で、“Rembrandt”は更にその次となる。“Rembrandt”の時期はおそらく2022年頃になると見込まれる。

“Vermeer”や“Cezanne”がRyzen 5000 seriesとなるならば、“Rembrandt”はRyzen 6000G/6000H seriesとなるだろう。そして45~65WのPerformance帯をターゲットとする。
[“Rembrandt”は6nmプロセスで製造され“Zen 3”コアを使用する?]の続きを読む
Intel 14nm and AMD/TSMC 7nm transistors micro-compared(HEXUS)
Intel 14 nm Node Compared to TSMC's 7 nm Node Using Scanning Electron Microscope(techPowerUp!)
14nm and 7nm are NOT what you think it is - Visiting Tescan Part 3/3(der8auer / YouTube)

名高いオーバークロッカーとして知られるder8auer氏がYouTubeで非常に興味深い検証を行っている。その内容はCore i9 10900KとRyzen 9 3950Xを比較するというもので、製造プロセスは前者がIntel 14nm+++、後者がTSMC 7nmとなる。そしてこれらを電子顕微鏡を用いて比較したのである。

Tescan labsでの電子顕微鏡スキャンを効果的なものにすべく、der8auer氏はL1 cacheの部分をスライスしている。
[Intel 14nmプロセスとTSMC 7nmプロセスを電子顕微鏡で比較した結果]の続きを読む