北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Announces Radeon Pro W5700 Professional Graphics Card Based on "Navi"(techPowerUp!)
AMD’s Radeon Pro W5700 Brings 7nm Navi to Workstations(Tom's Hardware)
AMD announces Radeon Pro W5700 with 2304 Stream Processors for 799 USD(VideoCardz)
AMD Launches World’s First 7nm Professional PC Workstation Graphics Card for 3D Designers, Architects and Engineers(AMD)
Radeon(TM) Pro W5700 Graphics(AMD)

AMDは11月19日Radeon Pro W5700を発表した。Radeon Pro W5700はProfessional PC Workstation向けのグラフィック製品として世界で初めて7nmプロセスを採用した製品となる。
Radeon Pro W5700は高性能かつ電力効率に優れたAMD RDNA architectureを採用したワークステーション向けグラフィックカードである。そしてGDDR6メモリの搭載、および高帯域なPCI-Express 4.0レーンへの対応を成し遂げている。
[AMD “Navi 10”をベースとしたRadeon Pro W5700を発表]の続きを読む
Pin layouts show differences between AMD SP3 and TR4 sockets(VideoCardz)
AMD Ryzen Threadripper sTRX4 & TR4 Socket Pin Layouts Detailed – Vastly Different Config on 3rd Gen TRX40 Platform(WCCF Tech)
Mainboard | Here's a pinmap comparison between SP3 / TR4 (SP3r2).(HardwareBattle)

HardwareBattleにおいてRyzen Threadripper 1000, 2000 seriesのTR4 socketとEPYCで使われるのSP3 socketのpin配列の比較が行われている。

そして、そのpinを機能ごとに色分けしてmappingしたものが掲載されているが、一見してわかるのは上のSocketと比較すると下のSocketは桃色の領域が増えていることである。桃色の領域は“RSVD”―Redundant pinで、冗長化用のpinである。そして上のSocketでは“RSVD”とされていたpinの多くがDATA用のpinとなっている。
[SocketSP3とSocketTR4のpin配列の比較【11/19 改題・修正】]の続きを読む
AMD To Introduce 2nd Generation rDNA Based Navi GPU Powered Radeon RX Lineup at CES 2020 With Ray Tracing & More(WCCF Tech)

AMDの第2世代RDNAをベースとした“Navi”―Radeon RXがCES 2020で明らかにされるという話が出ている。この話の出所はChiphellのWjm47196と呼ばれる人物で、これまでにもRadeonやThreadripperに関するリーク情報をもたらしてきた人物である。
[第2世代RDNAベースのGPUがCES 2020で明らかにされるという噂]の続きを読む
Intel's First Discrete GPU For Supercomputers Is 7nm Ponte Vecchio Leveraging Foveros(HotHardware)
Intel Announces 7nm Ponte Vecchio Graphics Cards, Sapphire Rapids CPUs, and Data Center Roadmap (Updated)(Tom's Hardware)
Intel Unveils New GPU Architecture with High-Performance Computing and AI Acceleration, and oneAPI Software Stack with Unified and Scalable Abstraction for Heterogeneous Architectures(Intel)

Intelは11月17日、Xe Graphics Architectureの情報をより明らかにし、そのXeアーキテクチャのHPC/AI向けの製品が“Ponte Vecchio”と呼ばれることを明らかにした。
[Intel HPC/AI向けのXe GPU―“Ponte Vecchio”を明らかに]の続きを読む
The AMD Ryzen 9 3950X Review: 16 Cores on 7nm with PCIe 4.0(AnandTech)
AMD Ryzen 9 3950X Review(bit-tech.net)
Review: AMD Ryzen 9 3950X(HEXUS)
AMD Ryzen 9 3950X review - Introduction(Guru3D)
メインストリーム最上位に君臨する「Ryzen 9 3950X」をテスト(Impress PC Watch)
メインストリーム初の16コアCPU、「Ryzen 9 3950X」はどこまで速くなったのか(hermitage akihabara)

11月14日23時付けでRyzen 9 3950Xのレビューが解禁された模様で、各メディアよりレビューが掲載されている。
Ryzen 9 3950Xのスペックは以下の通りとなる。
[Ryzen 9 3950Xのレビューが解禁された模様]の続きを読む
AMD Radeon(TM) RX 5000 Series Graphics for Notebooks(AMD)
Radeon(TM) Pro 5000M Series(AMD)

Mobile向けとなるRadeon RX 5300M及びMobile向けかつProfessional向けとなるRadeon Pro 5300MのスペックがAMDのWebサイトに掲載されている。

スペックは以下の通りである。
[Radeon RX 5300MとRadeon Pro 5300M]の続きを読む
AMD Radeon Pro 5500M gets full Navi 14?(VideoCardz)
AMD Navi 14 GPU Based Radeon Pro 5500M Spotted in Apple’s MacBook Pro With Full 24 CU Die, 8 GB GDDR6 Memory(WCCF Tech)

Radeon RX 5500 seriesが発表された際、そのスペックより“Navi 14”のフルスペック仕様となる上位版の存在する可能性が指摘されてきた。

Radeon RX 5500及びRX 5500Mは22基のCompute Unitを有するが、“Navi 14”のダイ写真を見るとCompute Unitは24基搭載されていることがわかる。つまり、Radeon RX 5500 / RX 5500Mは2基分のCompute Unitが無効化されていることになる。そしてこの事がRadeon RX 5500 / RX 5500Mの発表後、Compute Unit 24基でフルスペック仕様でRadeon RX 5500 XTが登場するという噂に拍車をかけることになった。
[“Navi 14”のフルスペックとなるRadeon Pro 5500M]の続きを読む
Geforce RTX 3000 Ampere: Data center March, Consumers June 2020(Guru3D)
Analyst says Nvidia Ampere GPU will be launched at GTC in March(HEXUS)
NVIDIA Introducing Ampere in March 2020 & Releasing RTX 3080 in June, Analyst Indicates(WCCF Tech)

NVIDIAはゆっくりだが確実に次の世代のGPUとなる“Ampere”のローンチに向けて準備を進めているようだ。HKEPCのChris Cso氏がアナリストであるRaymond James氏の予測を紹介しており、それによると、“Ampere”は2020年3月のGTCでデーターセンター向けが発表され、次いで6月にGeForce RTX 3000 seriesとしてコンシューマ向けが登場する模様だ。
[“Ampere”は3月のGTCで発表され、コンシューマ向けは6月に登場する?]の続きを読む
Frost Canyon NUC leaks(FanlessTech)
Intel "Frost Canyon" NUC Based on "Comet Lake" SoC Pictured(techPowerUp!)

次の4インチ×4インチのNUCとなる“Frost Canyon”は“Comet Lake-U”を搭載する。“Frost Canyon”は“Coffee Lake-U 4+3”を搭載している“Bean Canyon”に酷似しており、違いは正面のUSB type AポートがUSB type Cポートに変更された程度である。

寸法も概ね同じのようで、それ故か外観も非常によく似ている。M.2ストレージのみに対応する背の低いタイプとM.2ストレージに加え2.5インチストレージを搭載できる背の高いタイプが用意されるのも“Bean Canyon”と同様である。
[“Comet Lake-U”を搭載するNUC―“Frost Canyon”の写真]の続きを読む
AMD Promises Long-Term Support For Threadripper 3000 sTRX4 CPU Socket
Read more at https://hothardware.com/news/amd-ryzen-threadripper-strx4-zen-2-trx40#rUHxShXe4OsxWLJU.99
(HotHardware)
Enthusiasts Rejoice, AMD’s New Threadripper sTRX4 Socket Is Here To Stay – ‘Long Term’ Longevity Confirmed(WCCF Tech)

先週、AMDはRyzen Threadripper 3000 seriesを発表した。この最新世代のThreadripperは“Zen 2”をベースとし、CPU chipletは7nmプロセスで製造される。ラインナップとして明らかにされたのは24-coreのRyzen Threadripper 3960Xと32-coreの3970Xである。

そしてこのRyzen Threadripper 3000 seriesは新しいsTRX4 socketとTRX40チップセットを使用する。sTRX4 socketは従来のRyzen Threadripper 1000 series及び2000 seriesと互換性はない。sTRX4 socketのpinの本数は4096で前世代のTR4と同じであるものの、電気的に非互換となっている。AMDの説明によると電圧及びデータpinの配置が異なっており、Ryzen Threadripper 3000 seriesをX399マザーボードに挿すないしは逆にRyzen Threadrippe 1000, 2000 seriesをTRX40マザーボードに挿すことはできない。
 
その上でAMDは次のように説明している。
[Threadripper 3000 seriesのsTRX4 socketはある程度長い間使われる模様]の続きを読む