北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
◇Sonora Pass/Angels Landing Cedar Islands Platform
Sonora Pass/Angels Landing Cedar Islands Platform(2020 OCP Global Summit)

“Angels Landing”と“Sonora Pass”はいずれもIntel Xeon Processorを用いた高性能かつ先進的なサーバー向けプラットフォームである。“Angels Landing”は最大8-socketまで、“Sonora Pass”は最大2-socketまでとなり、いずれもSocketあたり6 channelのDDR channelと48レーンのPCI-Expressレーンを備える。
[2020 OCP Global Summitで取り上げられるIntelの新しいサーバーPlatform]の続きを読む
CPU rumors: Intel Rocket Lake-S to come with 500 chipset series in 2021(ComputerBase.de)
Intel H510 motherboard for Rocket Lake-S spotted(VideoCardz)

“Rocket Lake”は“Comet Lake”に続くCPUである。マザーボードメーカーはCES 2020で500 seriesチップセットが既に準備中であり、非常に早期の産業向けマザーボードが一時的に姿を現した。

明らかになったのはGigabyuteの産業用マザーである“GA-IMB510”である。同社の同系列のマザーボードを見ると“GA-IMB310”はH310チップセットを搭載しており、これに倣えば“GA-IMB510”はH510チップセットを搭載するマザーとなるだろう。Intelは新CPUとともに新チップセットも投入するのが常であり、“Comet Lake”+ 400 series chipsetの次として“Rocket Lake”+ 500 series chipsetが投入されるのは不自然な流れではない。
[“Rocket Lake-S”と同時に500 seriesチップセットが登場する?]の続きを読む
Intel Gets the Jitters: Plans, Then Nixes, PCIe 4.0 Support on Comet Lake(Tom's Hardware)

Tom's HardwareがCES 2020で伝え聞いた複数の情報によると、次のLGA1200マザーボードはPCI-Express 4.0をサポートする模様である。しかし、Intelは“Comet Lake”チップセットの機能の実装に問題を生じ、市場に出る時点ではLGA1200マザーボードはPCI-Express 3.0までの対応にとどまる。
[“Comet Lake-S”でのPCI-Express 4.0対応が計画されていたらしい]の続きを読む
AMD launches Radeon RX 5600 XT at 279 USD(VideoCardz)
Radeon RX 5600 XT搭載ビデオカードが各社から登場(Impress PC Watch)
(レビュー)
The AMD Radeon RX 5600 XT Review, Feat. Sapphire Pulse: A New Challenger For Mainstream Gaming(AnandTech)
MSI Radeon RX 5600 XT Gaming Z review - Introduction(Guru3D)
AMD Radeon RX 5600 XT Review: Look out, RTX 2060(Tom's Hardware)
Review: Sapphire Radeon RX 5600 XT Pulse OC(HEXUS)
Radeon RX 5600 XT(4Gamer.net)
Radeon RX 5600 XTは本当に競合より高速でワッパにも優れたGPUだった!(Impress PC Watch)

1月21日、Radeon RX 5600 XTが正式発表され、各メディアによるレビューも解禁された。
Radeon RX 5600 XTはRadeon RX 5700 XT/RX 5700で用いられている“Navi 10”をベースとし、Stream Processorの数はRadeon RX 5700と同等の2304基であるが、メモリインターフェースを192-bitで、搭載されるメモリはGDDR6 6GBとなる。また周波数もRadeon RX 5700より低く抑えられている。


スペックは以下の通り。
[Radeon RX 5600 XTが正式発表される―レビューも解禁へ]の続きを読む
Intel reportedly considers CPU price cuts to defend market dominance(OC3D)

DigiTimesが複数の大手PCメーカーからの情報として、Intelが2020年下半期にProcessor製品の値下げを計画していると報じている。値下げは、AMDの次世代Ryzen processorへの対抗として考えられており、AMDが今年中に新Processorをリリースできるかどうかも関与する。AMDのCEOであるLisa Su氏は同社の計画として“Zen 3”世代のprocessorを今年後半に投入することを明らかにしている。
[2020年下半期にIntelがCPUの値下げを行うという噂]の続きを読む
AMD Radeon 5800 XT (big NAVI) to get 80 Compute units?(Guru3D)

Compute Unit数が80の“Navi”の噂が出てきている。80という数字は現行の“Navi”搭載カードの最上位であるRadeon RX 5700 XTの2倍の数字である。AMDもより大型の“Big Navi”が今年中に登場することを説明しているが、その詳しい中身まではまだ明らかにしていない。

“Navi 21”がCompute Unit数80になるのではないか、というものだがそもそもが掲示板に書き込まれたレベルのものなので、信憑性はだいぶ落ちる。一応、以下がその書き込みの内容である。
[【怪情報】Compute Unit数80の“Navi”?]の続きを読む
NVIDIA GeForce MX350 and MX330 to feature Pascal architecture(VideoCardz)
NVIDIA to Reuse Pascal for Mobility-geared MX300 Series(techPowerUp!)
GeForce MX350 and MX330 stick with Pascal architecture(HEXUS)

“Pascal”ベースのGPUはもうしばらく使い続けるようである。“Turing”はTSMC 12nm FinFETプロセスで製造されるが、今回の“Pascal”ベースのローエンドGPUはSamsungの14nmプロセスで製造される。
[NVIDIA Mobile向けのローエンドGPU―GeForce MX 300 seriesを発表]の続きを読む
EXCLUSIVE: Tiger Lake NUC(FanlessTech)
Intel "Panther Canyon" NUC Implements "Tiger Lake" SoC with Xe Graphics(techPowerUp!)
Tiger Lake NUC from Intel Spotted, specs and based on Xe micro architecture(Guru3D)

“Pnather Canyon”はNUC 11 Performanceに相当する製品で、TDP28Wの“Tiger Lake-U”(Core i7, i5, i3を選択できる)を搭載する。GPUにXe graphics(“Tiger Lake-U”のiGPUのことを指しているのだと思うが、別途dGPU版搭載の可能性もあり?)を使用し、メモリはDual-channel DDR4-3200 SO-DIMMに対応、最大容量は64GBである。

“Phantom Canyon”はNUC 11 Extremeに相当し、“Skull Canyon”や“Hades Canyon”の後継であるが、TDP45WのH seriesではなく、TDP28Wの“Tiger Lake-U”を搭載する (Core i7, i5を選択可能) 。そして別にサードーパーティ製のdGPUを搭載する。

それぞれのスペックを以下にまとめる。
[“Tiger Lake-U”を搭載する“Panther Canyon”と“Phantom Cnayon”]の続きを読む
AMD Has Now Definitively Confirmed Big Navi(Tom's Hardware)
AMD's Lisa Su reconfirms that we will see "Big Navi" in 2020(OC3D)
Dr Lisa Su reconfirms Big Navi GPU product releases in 2020(HEXUS)
AMD’s Lisa Su: you gonna see “Big Navi” in 2020(VideoCardz)

AMDが“The Bring Up”とダイされた動画を公開し、同社のCEOであるLisa Su氏が改めてPCゲーマー向けに「2020年に“Big Navi”がもたらされる」と強調した。

“Big Navi”は未発表の製品であるゆえ、詳細は語られなかったが、$400以上の価格帯を担うハイエンド帯の製品と予想され、NVIDIAの現行製品ならばGeForce RTX 2070 Super, RX 2080あるいはRTX 2080 Tiに対抗できる製品になるはずである。
[“Big Navi”は2020年に登場する―AMD CEO Lisa Su氏が改めて強調]の続きを読む
NVIDIA's next-generation amp core exposure: 7nm, 20GB video memory(MyDrivers)
Rumor: First NVIDIA “Ampere” GeForce RTX 3080 and RTX 3070 specs surface(VideoCardz)

NVIDIAの次世代GPUコア―“Ampere”はそう遠い話ではなく、3月のGTC conferenceで明らかにされると言われている。

MyDriversで得た情報によると、“Ampere”にはGA103とGA104という2つのコアがあり、いずれも“Ampere”世代ではハイエンド帯に位置するコアとなる。

GA103とGA104のスペックは以下の通りである。
[“Ampere”世代のGPUコア―GA103とGA104]の続きを読む