北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Radeon(TM) RX 5000 Series Graphics for Notebooks(AMD)
Radeon(TM) Pro 5000M Series(AMD)

Mobile向けとなるRadeon RX 5300M及びMobile向けかつProfessional向けとなるRadeon Pro 5300MのスペックがAMDのWebサイトに掲載されている。

スペックは以下の通りである。
[Radeon RX 5300MとRadeon Pro 5300M]の続きを読む
AMD Radeon Pro 5500M gets full Navi 14?(VideoCardz)
AMD Navi 14 GPU Based Radeon Pro 5500M Spotted in Apple’s MacBook Pro With Full 24 CU Die, 8 GB GDDR6 Memory(WCCF Tech)

Radeon RX 5500 seriesが発表された際、そのスペックより“Navi 14”のフルスペック仕様となる上位版の存在する可能性が指摘されてきた。

Radeon RX 5500及びRX 5500Mは22基のCompute Unitを有するが、“Navi 14”のダイ写真を見るとCompute Unitは24基搭載されていることがわかる。つまり、Radeon RX 5500 / RX 5500Mは2基分のCompute Unitが無効化されていることになる。そしてこの事がRadeon RX 5500 / RX 5500Mの発表後、Compute Unit 24基でフルスペック仕様でRadeon RX 5500 XTが登場するという噂に拍車をかけることになった。
[“Navi 14”のフルスペックとなるRadeon Pro 5500M]の続きを読む
Geforce RTX 3000 Ampere: Data center March, Consumers June 2020(Guru3D)
Analyst says Nvidia Ampere GPU will be launched at GTC in March(HEXUS)
NVIDIA Introducing Ampere in March 2020 & Releasing RTX 3080 in June, Analyst Indicates(WCCF Tech)

NVIDIAはゆっくりだが確実に次の世代のGPUとなる“Ampere”のローンチに向けて準備を進めているようだ。HKEPCのChris Cso氏がアナリストであるRaymond James氏の予測を紹介しており、それによると、“Ampere”は2020年3月のGTCでデーターセンター向けが発表され、次いで6月にGeForce RTX 3000 seriesとしてコンシューマ向けが登場する模様だ。
[“Ampere”は3月のGTCで発表され、コンシューマ向けは6月に登場する?]の続きを読む
Frost Canyon NUC leaks(FanlessTech)
Intel "Frost Canyon" NUC Based on "Comet Lake" SoC Pictured(techPowerUp!)

次の4インチ×4インチのNUCとなる“Frost Canyon”は“Comet Lake-U”を搭載する。“Frost Canyon”は“Coffee Lake-U 4+3”を搭載している“Bean Canyon”に酷似しており、違いは正面のUSB type AポートがUSB type Cポートに変更された程度である。

寸法も概ね同じのようで、それ故か外観も非常によく似ている。M.2ストレージのみに対応する背の低いタイプとM.2ストレージに加え2.5インチストレージを搭載できる背の高いタイプが用意されるのも“Bean Canyon”と同様である。
[“Comet Lake-U”を搭載するNUC―“Frost Canyon”の写真]の続きを読む
AMD Promises Long-Term Support For Threadripper 3000 sTRX4 CPU Socket
Read more at https://hothardware.com/news/amd-ryzen-threadripper-strx4-zen-2-trx40#rUHxShXe4OsxWLJU.99
(HotHardware)
Enthusiasts Rejoice, AMD’s New Threadripper sTRX4 Socket Is Here To Stay – ‘Long Term’ Longevity Confirmed(WCCF Tech)

先週、AMDはRyzen Threadripper 3000 seriesを発表した。この最新世代のThreadripperは“Zen 2”をベースとし、CPU chipletは7nmプロセスで製造される。ラインナップとして明らかにされたのは24-coreのRyzen Threadripper 3960Xと32-coreの3970Xである。

そしてこのRyzen Threadripper 3000 seriesは新しいsTRX4 socketとTRX40チップセットを使用する。sTRX4 socketは従来のRyzen Threadripper 1000 series及び2000 seriesと互換性はない。sTRX4 socketのpinの本数は4096で前世代のTR4と同じであるものの、電気的に非互換となっている。AMDの説明によると電圧及びデータpinの配置が異なっており、Ryzen Threadripper 3000 seriesをX399マザーボードに挿すないしは逆にRyzen Threadrippe 1000, 2000 seriesをTRX40マザーボードに挿すことはできない。
 
その上でAMDは次のように説明している。
[Threadripper 3000 seriesのsTRX4 socketはある程度長い間使われる模様]の続きを読む
Motherboard Diagram Points to PCIe 4.0 Support for Intel's Whitley Server Platform(Tom's Hardware)

Twitter経由でSupermicroのLGA4189世代の2-wayマザーボードとなる“X12DPi-N”のダイアグラムが明らかになった。“Copper Lake-SP”ないしは“Ice Lake-SP”と推測される未発表14-core/28-threadのCPUのベンチマークがデータベースに少し前より掲載されているが、“X12DPi-N”はそれに使用されているマザーボードでもある。

“X12DPi-N”のプラットフォームの世代としては“Whitley”となる。“Whitley”は“Cooper Lake-SP/Ice Lake-SP”に対応し、PCI-Express 4.0に対応すると言われている(PCI-Express 4.0への対応が“Ice Lake-SP”だけなのか、“Cooper Lake-SP”も可能なのかはまだはっきりしていない)
[LGA4189世代の2-wayマザー―“Supermicro X12DPi-N”のダイアグラム]の続きを読む
AMD Announces Ryzen 9 3950X, Details 3rd Gen Ryzen Threadripper, unlocked Athlon 3000G(techPowerUp!)
AMD Q4: 16-core Ryzen 9 3950X, Threadripper Up To 32-Core 3970X, Coming November 25th(AnandTech)
AMD sets release date for Ryzen 9 3950X and 3rd Gen Threadripper(HEXUS)
AMD confirms 3rd Gen Threadripper and 3950X for Nov 25th(bit-tech.net)
AMD announces Ryzen Threadripper 3960X, 3970X and Ryzen 9 3950X(VideoCardz)
AMD Unveils Threadripper 3960X and 3970X, Ryzen 9 3950X Details, and Athlon 3000G(Tom's Hardware)
AMD,16C32Tの新型CPU「Ryzen 9 3950X」を11月25日に発売。第3世代Ryzen Threadripperの概要も明らかに(4Gamer.net)

AMDは11月7日、4種類のデスクトップ向けProcessor製品を発表した。うち2種類はSocketAM4に対応するProcessorでAM4プラットフォームのフラッグシップとなるRyzen 9 3950Xと同プラットフォームのローエンドを担うAPUであるAthlon 3000Gである。
残り2種類はHEDT向けのRyzen Threadripper 3970X, 3960Xである。これらは新たにsTRX4と呼ばれるCPU socketを用い、対応するチップセットとしてTRX40 chipsetが用意される。


多数の製品が発表されたので1つずつ紹介する。
[第3世代Ryzen Threadripper, TRX40, Ryzen 9 3950Xが発表される]の続きを読む
Gigabyte Lists Unannounced AMD Athlon 3000G Dual-Core APU(Tom's Hardware)
AMD Athlon 3000G budget processor may be on its way(bit-tech.net)
B450 Gaming X CPU support list(Gigabyte)

AMDは“Piacsso”世代のデスクトップ向けAPUとしてRyzen 5 3400GとRyzen 3 3200Gをリリースしている。一方、低価格向けの製品はAthlon Pro 300GEのみがラインナップされている。
ところが、GigabyteのCPU support listに新たにAthlon 3000Gなる“Picasso”世代のAPUが掲載された。CPU support listの表記通りであれば12nmプロセスで製造される“Zen+”世代のAPUで、iGPUには“Vega”世代のものを用いる。


スペックは以下の通りである。
[Athlon 3000G?]の続きを読む
◇Ryzen Threadripper 3000 seriesのローンチは11月7日?
AMD to announce 3rd Gen Ryzen Threadripper on November 7th(VideoCardz)

11月5日にRyzen Threadripper 3000 seriesおよび新たなHEDTプラットフォームであるsTRX4プラットフォームが発表されるといわれていたが、どうやら変わったようである。VideoCardzが得た情報によるとAMDはRyzen Threadripper 3000 seriesを11月7日に発表する。

AMDはRyzen Threadripper 3000 seriesとして3960X, 3970X, 3990Xの3種類を発表する。またマザーボード各社は対応するTRX40マザーボードを発表する。
[Ryzen Threadripper 3000 seriesのローンチは11月7日? 他]の続きを読む
◇“Navi 14”のバリエーション
Five variants of AMD’s Navi 14 GPU spotted(VideoCardz)

Linuxのドライバに以下の記述が見つかった模様。

  NAVI14_UMD_PSTATE_PEAK_XT_GFXCLK 1670MHz
  NAVI14_UMD_PSTATE_PEAK_XTM_GFXCLK 1448MHz
  NAVI14_UMD_PSTATE_PEAK_XLM_GFXCLK 1181MHz
  NAVI14_UMD_PSTATE_PEAK_XTX_GFXCLK 1717MHz
  NAVI14_UMD_PSTATE_PEAK_XL_GFXCLK 1448MHz

この通りであれば、“Navi 14”には“Navi 14 XT”、“Navi 14 XTM”、“Navi 14 XLM”、“Navi 14 XTX”、“Navi 14 XL”の5種類の派生品があることになる。
[“Navi 14”のバリエーション、Radeon RX 5500XT、“Navi 21, 22, 23”の話]の続きを読む