北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
ASMedia to finish tape-outs for PCIe 4.0 chip solutions by end-2019(DigiTimes)
AMD X590 Chipset Reportedly In The Works – Designed For Premium AMD Ryzen 3000 CPUs, Higher PCIe 4.0 Lanes, Much Higher Priced Than X570 Boards(WCCF Tech)

ASMediaはPCI-Express 4.0対応ソリューションを2019年末にテープアウトする見込みである。そして2020年にAMDからより多くのチップのオーダーを受けており、AMDのチップセットが本格的にPCI-Express 4.0対応へ動くことになる。

また、ASMediaはAMDのB550及びA520のオーダーを受けている。B550とA520はPCI-Express 3.0に対応し、2019年第4四半期にマザーボードODM及びOEMに出荷される。またASMediaはAMDのPCI-Express 4.0ベースのチップセットのオーダーも受けており、テープアウト後の過程が順調であれば2020年に登場する見込みである。
[B550及びA520チップセットは2019年第4四半期?]の続きを読む
AMD Roadmaps - Mobile APU "Renoir" already at the turn of the year?(Planet 3DNow!)

WCCF Techが“Navi”の4ヶ月後となる11月に“Raven Ridge Refresh”と呼ぶ7nm APUをローンチすると報じた。この7nm APUはRyzen 3000 series APU―“Picasso”の後継となり、コードネームは“Renoir”となる。しかしながら現行の“Picasso”のMobile版が1月のローンチであったことを考えるとかなり早い登場となる。

“Navi”の4ヶ月であれば11月となるが、より現実的には2020年初め―CES 2020の頃となるだろう。
[AMDの2020年までのロードマップ―次のAPUは“Renoir”]の続きを読む
Purported References to X590 Chipset Found in BIOS for Upcoming AMD Motherboards(Tom's Hardware)

Gigabyte X570のBIOSファイルから、未発表の“X590”なるチップセットの記載があったという。BIOSの記載には多くのオプションに“X570/590 chipset.”の記載があったという。Ryzen DRAM Calculatorの開発者もまたX590チップセットに関してTwitterでつぶやいており、「AMD X590やその他がまもなくやってくるかもしれない」と述べている。ただし、現在このツイートは削除されている。

X570の時点で機能面は十分以上に充実しており、さらにその上にX590チップセットが出るといわれてもにわかには信じがたい部分がある。X590=Threadripper向けチップセットであれば納得しやすいが、Tom's Hardwareはそうはとらえてはいないようで、16-coreのRyzen 9 3950Xと組み合わされるさらに上のチップセットと予想している。

しかし現時点で“X590”が出るかどうかははっきりせず、“Z490”と同じ道をたどる可能性も指摘されている。
2019 COMPUTEX(Intel)
NEW 10TH GEN INTEL(R) CORE(TM) U-SERIES AND Y-SERIES PROCESS(Intel / PDF files)

Mobile向け第10世代Core processor―“Ice Lake-U/-Y”のProduct briefが公開されている。
2019 Computexのページの下にリンクがあり、そこから閲覧することができる。

多くの情報はComputex 2019で公開された通りであるが、この資料により“Ice Lake-U/-Y”の仕様を再確認することができる。
[“Ice Lake-U/-Y”の製品資料が公開される]の続きを読む
AMD's 7nm APUs will reportedly be ready in late 2019(OC3D)
EXCLUSIVE: AMD’s Plans For 7nm Ryzen APUs(WCCF Tech)

WCCF Techで得た情報によると、AMDは“Raven Ridge”のRefreshを7nmプロセスで計画している。そして、この新たな7nm APUは“Navi”のローンチからおおよそ4ヶ月後のローンチを計画しているという。“Navi”のローンチは7月7日に計画されており、11月末のholiday season頃のローンチが予想される。
[7nmプロセスのAPUが2019年末に計画されている・・・らしい]の続きを読む
AMD's plans to release 64-core Threadripper processor this year - Rumour(OC3D)
EXCLUSIVE: AMD Is Working On A Monster 64-Core Threadripper, Landing As Early As Q4 2019(WCCF Tech)

AMDは公式に第3世代Ryzen Threadripperが計画されていることを明らかにしている。しかし、現時点でその詳細は明らかにされていない。
Computex 2019においてAMDのCEOであるLisa Su氏は「メインストリームのスペックの上昇があれば、それに伴ってThreadripperのスペックも引き上げられる」とコメントしており、第3世代Ryzen Threadripperでより多くのコアが搭載される可能性を示唆している。


そしてWCCF Techの情報によると、AMDは2019年第4四半期末に64-coreのThreadripperを計画しているという。また、同じ情報によるとその他の何かをCES 2020で明らかにするらしい。
[64-coreのThreadripperが年内に計画されている・・・らしい]の続きを読む
◇X570チップセットが有する機能
AMD X570 Puts Out Up To Twelve SATA 6G Ports and Sixteen PCIe Gen 4 Lanes(techPowerUp!)

AMD X570チップセットは同社が自社で設計したSocketAM4向けのチップセットである。SocketAM4 CPUは元々必要なI/O―SATAやUSB等を備えるSoCであるため、SocketAM4プラットフォームにおけるチップセットの役割はI/Oを増やすことにある。
これまでのX470―“Promontory Low Power”のTDPは最大で5Wで3Wまで低減させることが可能であった。一方、X570チップセットは最大で15Wとも言われ、そのためComputex 2019で展示されたX570マザーボードの多くはチップセットの冷却にファンを用いていた。


ここからが本題であるが、AMDによるとX570は12基ものSATA 6.0Gbpsポートを有するという。この多数のSATAポートのおかげで、マザーボードメーカーは全てのM.2スロットにPCI-ExpressだけでなくSATAの配線を行うこともできるようになる。
[X570チップセットの機能と“Matisse”のI/Oダイの話]の続きを読む
AMD Announces Radeon RX 5700 XT & RX 5700: The Next Gen of AMD Video Cards Starts on July 7th At $449/$379(AnandTech)
AMD Radeon RX 5700 XT Beats GeForce RTX 2070 in a Spectrum of Games(techPowerUp!)
AMD drops new Radeon RX 5700 details and a 16-core Ryzen 9 at E3(The Tech Report)
Tech preview: Radeon RX 5700 and 5700 XT - 5700 and 5700 XT(Guru3D)
AMD officially reveals their RX 5700 family of Navi graphics cards(OC3D)
AMD Radeon RX 5700 XT and RX 5700 Graphics Cards Announced(Levit Reviews)
The architecture behind AMD's RDNA and Navi GPUs(HEXUS)
AMD、RDNA初の製品となるRadeon RX 5700シリーズ(Impress PC Watch)
7nmプロセスで2GHz近いクロックのGPU「Radeon RX 5700」のアーキテクチャ(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)
西川善司の3DGE:次世代GPU「Radeon RX 5700」シリーズの秘密に迫る。レイトレーシング対応は第2世代Naviに持ち越し?(4Gamer.net)

AMDはE3 2019に先だって開催した“Next Horizon Gaming”でRadeon RX 5700 seriesの詳細を明らかにした。Radeon RX 5700 seriesはComputex 2019で発表されたが、今回、そのより詳しい内容が明らかにされた。そして解禁日は7月7日となる。

スペックは以下の通り。
[Radeon RX 5700 seriesが正式発表される―解禁日は7月7日]の続きを読む
AMD Ryzen 3000 APUs: Up to Vega 11, More MHz, Under $150, Coming July 7th(AnandTech)
AMD Ryzen 3 3200G and Ryzen 5 3400G Detailed: New Slide Leak(techPowerUp!)

AMDは6月11日、Ryzen 5 3400GとRyzen 3 3200Gを発表した。これらは12nmの“Picasso”をベースとしたAPUで、CPUは“Zen+”で4-core、GPUは“Vega”を用いる。

スペックは以下の通りである。
[“Picasso”―Ryzen 5 3400GとRyzen 3 3200Gが発表される]の続きを読む
AMD 16-Core Ryzen 9 3950X: Up to 4.7 GHz, 105W, Coming September(AnandTech)
AMD Zen 2 Microarchitecture Analysis: Ryzen 3000 and EPYC Rome
b
(AnandTech)
Tech preview: AMD Ryzen 3000 - 7nm ZEN2 - Ryzen 3000(Guru3D)
Tech preview: AMD Ryzen 3000 - 7nm ZEN2 - Architecture and Chiplet Design(Guru3D)
AMD officially reveals their 16-core Ryzen 9 3950X processor(OC3D)
The architecture behind AMD's Zen 2 and Ryzen 3000 CPUs(HEXUS)
AMD、16コアの「Ryzen 9 3950X」を9月に投入(Impress PC Watch)
AMDが16コアRyzen 9を含むZen 2の概要とアーキテクチャを発表(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)
「Ryzen 9 3950X」は16コア32スレッドに到達。AMDが独自イベントで「Ryzen 3000」の追加ラインナップを発表(4Gamer.net)

AMDがついに16-core/32-threadのRyzen 9 3950Xを発表した。
Ryzen 9 3950Xは“Zen 2”をベースとするSocketAM4向けのコンシューマ向けCPU製品の最上位に位置する。周波数はBase 3.50GHz/ Boost 4.70GHzである。そしてTDPは105Wとなる。


スペックは以下の通りである。
[16-coreのRyzen 9 3950Xが正式発表される]の続きを読む