北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
◇ASRock X570 Taichi
ASRock's X570 Taichi Motherboard Pictured - PCIe 4.0 confirmed(OC3D)

ASRock X570 Taichiのパッケージの写真が出回っている。元々はベトナムのASRock Facebook groupで明らかにされたもので、Linux Tech Tips Forumがそれを拡散した形となる。

パッケージは灰色基調で、右上に歯車のモチーフがあしらわれている。そして左下にいくつかのロゴが入れられており、“X570”、“AMD Ryzen 3000 Desktop Ready”、“HDMI”などが確認できる。HDMIの文字からAPU用の画像出力端子を備えることも推測できる。

しかしながら、明らかになったのはパッケージのみで、マザーボードそのものの写真はまだ出回っていない模様である。
[ASRock X570 TaichiとX570チップセットのTDPの話]の続きを読む
Gigabyte Enables PCIe 4.0 on X470 and B450 Motherboards (Updated)(Tom's Hardware)
Gigabyte’s Latest BIOS For Existing X470 and B450 Motherboards Enables PCIe 4.0 Support When Running AMD’s Ryzen 3000 CPUs(WCCF Tech)

この2~3週の間に各マザーボードメーカーはRyzen 3000 seriesサポートのためのBIOSを次々とリリースしている。しかし、Gigabyteの最新BIOSには特別な機能があった。同社のX470マザーボード及びB450マザーボードでPCI-Express 4.0のオプションが使用できるのである。シンプルに考えれば、GigabyteのX470, B450マザーボードとRyzen 3000 series CPUの組み合わせでPCI-Express 4.0に対応できることになる。
[GigabyteのX470, B450マザーではPCIe 4.0オプションが使用できるらしい]の続きを読む
AMD Epyc 2 processor with 32 cores appears in Online Database(Guru3D)
AMD 7nm ZEN 2 64 Core & 32 Core CPU Specs & Benchmarks Leaked(WCCF Tech)
Details for Result ID AMD Eng Sample: ZS1711E3VIVG5_24/17_N (32C 64T 2.4GHz/1.7GHz 40% OC, 733MHz IMC, 32x 512kB L2, 8x 16MB L3)(SiSoftware Offcial Live Ranker)

7nmプロセスで製造され、“Zen 2”アーキテクチャを採用する次世代EPYC―“Rome”は2019年下半期が予定されている。そしてその“Rome”の32-coreモデル版のEngineering SampleがSiSoftwareのデータベースに掲載された。

掲載されたEngineering Sampleは“ZS1711E3VIVG5_24/17_N”と呼ばれるもので、周波数はBase 1.70GHz / Boost 2.40GHzである。現行のEPYC―“Naples”の32-coreモデルよりも周波数が低いが、Engineering Sample故であろう。
[32-coreの“Rome”がSiSoftwareのデータベースに掲載される]の続きを読む
MSI X570 Gaming Pro Carbon and Plus for AMD Ryzen 3000 Leak(Guru3D)
MSI MPG X570 series leaked: GAMING PRO CARBON & GAMING PLUS(VideoCardz)

MSIのAMD X570チップセット搭載マザーボード―X570 Gaming Pro CarbonとX570 Gaming Plusの写真が掲載された。いずれもチップセットの冷却にファンが搭載されているのが外見上の大きな特徴となっている。またPCI-Express x16スロットは2本が搭載され、おそらくはPCI-Express 4.0対応と考えられる。
[MSIのX570マザーボード―X570 Gaming Pro Carbon, X570 Gaming Plus]の続きを読む
◇Core i5 10210U
3D Graphics Performance of Intel(R) Core(TM) i5-10210U CPU with UHD Graphics(GFXBench)

少し前にリークがあったCore i5 10210Uであるが、GFXBenchにも掲載されている。

下の項目を開くとIntel(R) Core(TM) i5 10210U CPU @ 1.60GHzという表記が見られ、CPUの周波数が1.60GHzであることも確認できる。またthread数は8のようで、4-core/8-threadと考えるのが順当だろう。

iGPUはUHD Graphicsとだけ認識されており、UHD Graphics 630のような型番までは認識されていない。しかしExecution Unitは24、周波数は1100MHzであるようだ
[インターネット上に姿を現した未発表のCPU達―Core i5 10210U 他]の続きを読む
AMD Ryzen 5 3400G and Ryzen 3 3200G Zen+ APUs Make Early Benchmark Appearance(Hot Hardware)
AMD Picasso for AM4: Ryzen 5 3400G & Ryzen 3 3200G bring more tact(ComputerBase.de)
Details for Result ID AMD Ryzen 5 3400G with Radeon Vega Graphics (4M 8T 3.7GHz, 4x 512kB L2, 4MB L3)(SiSoftware Official Live Ranker)

AMDの“Zen 2”や“Navi”が話題となっているが、一方でAPUのラインナップについてはそれほど注目されていない。しかしながらそのAPUも新製品が予定されており、リーク情報に詳しい情報筋がそのラインナップとスペックを明らかにした。

現行のAPUは“Raven Ridge”であるが、これに続く新APUは“Picasso”と呼ばれ、12nmプロセスで製造される。CPUアーキテクチャは“Zen+”となるが、GPUは引き続き“Vega”を用いる。

スペックは以下の通りである。
[Ryzen 5 3400GとRyzen 3 3200G]の続きを読む
◇Ryzen 3000 seires対応BIOSリリース 他
BIOSTAR Releases 3rd Gen Ryzen Support BIOS Updates for AM4 Motherboards(techPowerUp!)
BIOSTAR Confirms AMD Ryzen 3000 Support On 300 & 400 Series Chipset Motherboards(WCCF Tech)
BIOSTAR AMD AM4 300 and 400 Series Motherboards Ready for 3rd Gen RYZEN CPUs(BIOSTAR)

BIOSTARは5月15日、同社のAMD 300 series, 400 seriesチップセット搭載マザーボードが第3世代Ryzen CPUに対応することを明らかにした。BIOSTARの技術者チームはこれらのマザーボードで新しいCPUが使用できるよう動いており、顧客に新製品へのアップグレードの有無に悩むことなくベストな価値を約束するとしている。

SocketAM4マザーに対する新BIOSリリースの動きは最近活発化しているが、今回BIOSTARは300 series, 400 seriesで第3世代Ryzenに対応するBIOS updateを行うと公式に明らかにした。マザーボードの具体的な型番も挙げられており、A320マザーからX470マザーまでが対象となっている。
[BIOSTARマザーの話題2題―Ryzen 3000 seires対応BIOSリリース 他]の続きを読む
AMD will be hosting their "Next Horizon Gaming" Event at E3 2019(techPowerUp!)
AMD announces “Next Horizon Gaming” event(VideoCardz)

AMDは5月14日、E3 2019に合わせ、イベントの開催とライブストリームを行うことを決定し、新世代のゲーミング製品を明らかにする。また6月10日にはGame Awards creatorであるGeoff Keighley氏を招き、“Next Horizon Gaming”を開催する。

“Next Horizon Gaming”ではAMDのCEOであるLisa Su氏が登壇し、ライブストリーミングも合わせ、今後ゲーミングPCI-Express 4.0からコンソール、そしてクラウドまで使用されることになる新世代の製品と技術について紹介する。

“Next Horizon Gaming”(6月10日)→E3 2019(6月12日~14日)という流れだろうか。

過去の“Next Horizon...”と呼ばれるイベントでは重要な製品に関する発表がなされてきた。今回は新たなゲーミング製品とあることから、このタイミングで“Navi”が明らかにされる可能性は高いだろう。期待して待ちたい。
Intel Reveals "Tiger Lake" Architecture with 2020 release plans(OC3D)

Intelは2019年の決算報告において、10nmプロセスの“Ice Lake”を今年6月に出荷開始するとともに、2020年に新たに“Tiger Lake”をクライアント向け製品として投入することを明らかにした。

現時点では2020年の“Tiger Lake”はMobile向けのProcessorと考えられ、スライド資料にも“mobility redefined”と記されている。おそらくは、ノートPCやMobileデバイス向けにU seriesやY seriesとして登場することになると思われる。

そして“Accelerating the Page of Inovation”というスライドで現行世代の“Whiskey Lake”と“Tiger Lake”の性能比較が行われている。“Whiskey Lake”はTDP15WでExecution Unitは24基である。一方、“Tiger Lake”はTDP25WでExecution Unitは96である。この比較において“Tiger Lake”は4倍のGraphics性能を有すると説明されている。また同じスライドにある「薄型フォームファクタにおいて2倍のProdutivity」の項目はTDP5Wの“Amver Lake”とTDP9Wの“Tiger Lake”で行われている。
[“Tiger Lake”のもう少し突っ込んだ話]の続きを読む
AMD Readies Radeon RX 640, an RX 550X Re-brand(techPowerUp!)
AMD Radeon RX 640 and Radeon 630 spotted in the drivers(VideoCardz)

AMDのAdrenalin 19.4.3 graphics driverのINFファイルに興味深いエントリーが見つかった。それはRadeon RX 640とされるものであったが、Device IDは現行のRadeon RX 550Xの同じものであった。“Polaris”世代のRadeon RX 550XがRadeon RX 640にリブランドされることは、新世代の“Navi”は命名体系が大きく変更される可能性を示唆しており、例えば噂にあるRadeon RX 3000 seriesのようになるのかもしれない。
[Radeon RX 640―Radeon RX 550Xのリブランド?]の続きを読む