北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
1Uケースにも増設できるM.2 - PCIe変換カードがSilverStoneから、高さは32mm(AKIBA PC Hotline!)

11月6日にSilverStone ECM25(SST-ECM25)が発売された。価格は1706円と手頃な製品である。

このSST-ECM25、PCI-ExpressスロットにM.2 SSDを増設するための変換カードなのだが、特記すべきはその小ささである。カード長は100mm、高さに至っては32mmで、ロープロファイルどころか拡張ブラケットの空きすら必要としないものである。
[【雑記】SilverStone ECM25を引き出しPCに入れよう【北森瓦版蝋燭レビュー10】]の続きを読む
Intel Partner Discloses Cascade Lake Xeon Scalable Launch Window(AnandTech)

今週は“Supercomputing”というイベント(?)があったようで、x86にとどまらず、POWERやARM、FPGA等が展示されていたようである。

Intelの次のサーバー向けCPUは“Cascade Lake-SP”であるが、これを直接見える形で展示していたところはなかったようである。しかし、その“Cascade Lake-SP”の展開時期が示されていたようである。
[Intelのパートナーが明かした“Cascade Lake-SP”のローンチスケジュール]の続きを読む
RTX 2080 Ti Founders Edition: Contact Us
Nvidia Confirms Issues Impacting Early Production Run RTX 2080 Ti GPUs(OC3D)

ここ数ヶ月、GeForce RTX 2080 Tiにおいて問題が発生していることが複数報告されてきた。数日、あるいは数時間の使用でグラフィックカードに起因するブルースクリーンが発生するなどといった報告が寄せられていた。

そしてNVIDIAは11月14日、同社のForumで次のように説明した。

GeForce RTX 2080 Ti Founders Editionの初期のボードの一部においてテストをすり抜け、結果顧客に問題が発生している。NVIDIAは問題が発生した顧客に対し、救済策を準備している。
[GeForce RTX 2080 Tiの初期ロットの一部に問題があることをNVIDIAが認める]の続きを読む
It may take two quarters for Nvidia to sell out excess GTX 1060 stock (OC3D)

“Turing”のミドルレンジモデルがすぐに登場するシナリオは期待できない。NVIDIAは過剰なGeForce GTX 1060の在庫を売り切るのに苦心しており、在庫が正常化するまで1四半期あるいはそれ以上を要する見込みだ。
[GeForce GTX 1060の在庫がはけるまでしばらくかかる見込み]の続きを読む
AMD、279ドルのミドルレンジGPU「Radeon RX 590」(Impress PC Watch)
Radeon RX 590 Graphics(AMD)
(レビュー)
The AMD Radeon RX 590 Review, feat. XFX & PowerColor: Polaris Returns (Again)(AnandTech)
Radeon RX 590 Review: AMD’s First 12nm GPU Hits 225W(Tom's Hardware)
Radeon RX 590(PowerColor Red Devil RX 590 8GB GDDR5(AXRX 590 8GBD5-3DH/OC))(4Gamer.net)

AMDは11月15日、Radeon RX 590を発表した。
Radeon RX 590は12nmプロセスの“Polaris”を採用し、Compute Unitは36基、StreamProcessorは2304基となる。周波数はBase 1469MHz / Boost 1545MHzで単精度浮動小数点演算性能は7.1TFlopsである。
GDDR5 8GBを搭載し、帯域は256GB/s、消費電力は225Wとなる。


スペックをまとめたのが以下である。
[Radeon RX 590が正式発表される]の続きを読む
AMD Ryzen 7 3700U spotted, features Picasso GPU(VideoCardz)
AMD Ryzen 7 3700U: Picasso APU shows up in benchmark databases (PCGameHardware)
Details for Computer/Device AMD Mandolin-PCO Raven (SiSoft Official Live Ranker)

最初の“Zen”系列のAPUである“Raven Ridge”がRyzen 2000U series APUとして登場したのは、初代“Zen”CPUであるRyzen 1000 series CPUのリリースから約7ヶ月後の2017年10月のことである。
Ryzen 1000 series CPUの後継となるRyzen 2000 series CPUは4月に登場しており、Ryzen 1000 series CPU→Ryzen 2000U series APUと同じ流れをたどるならば、6~7ヶ月たった今現在、そろそろRyzen 3000U series APUが登場しても良さそうな頃合いである。


Ryzen 3000U series APUのCPUコアが“Zen+”なのか“Zen 2”なのか現時点でもはっきりしないが、そのRyzen 3000U series APUの1つとなるRyzen 7 3700Uが姿を現し始めた模様である。
[Ryzen 7 3700Uが姿を現した模様]の続きを読む
AMD Radeon RX 590 final specs, pricing and performance(VideoCardz)
AMD Radeon RX 590 Launch Price, Other Details Revealed(techPowerUp!)

AMDはもうまもなくRadeon RX 590をローンチする。Radeon RX 590は最も数量の出るミドルレンジ向けに投入される。ベースとなるのは12nmの“Polaris 30”で、基本的なスペックは14nmの“Polaris 20”や“Polaris 10”と同じであるが、12nmへの移行によってより高周波数化が可能となり、Radeon RX 580よりも10~15%程の周波数向上を達成している。

スペックは以下の通りである。
[Radeon RX 590の詳細なスペックと価格]の続きを読む
AMD Launches High-Frequency EPYC 7371 Processor(AnandTech)
New AMD EPYC 7371 Frequency Optimized Processor Launched(ServerTheHome)

AMDは11月13日、高周波数タイプの製品となるEPYC 7371を発表した。EPYC 7371は16-coreの製品であるが、周波数が定格3.10GHz、全コアBoost 3.60GHz、最大Boost 3.80GHzと周波数が高められているのが特徴である。

その他のスペック、PCI-Express 3.0レーンの数やL3 cache容量、メモリチャネル周りの仕様はEPYC 7351と同様の模様である。
[AMD 周波数を高めたEPYC 7371を発表]の続きを読む
NVIDIA announces Quadro RTX 4000 with TU106 GPU(VideoCardz)
Prepare for Future of Design: Introducing the Quadro RTX 4000(NVIDIA)
NVIDIA QUADRO RTX 4000(NVIDIA)

NVIDIAは11月14日、Quadro RTX 4000を発表した。Quadro RTX 4000は“Turing”アーキテクチャを使用したミドルレンジのProfessional GPUとなる。

特徴として以下の項目が挙げられている。
[【NVIDIA】Quadro RTX 4000が正式発表される]の続きを読む
Intel Offers More Cascade Lake-AP Performance Numbers(AnandTech)
Intel Puts Out Additional "Cascade Lake" Performance Numbers(techPowerUp!)

Intelは先週、48-coreの“Cascade Lake-AP”を発表した。

この時にもいくつかの性能指標となる数字が示されたが、今回はさらにそれが追加された。システムは48-coreの“Cascade Lake-AP”を2基搭載して合計96-coreとしたもので、比較対象となるのは32-core×2のEPYC 7601の2 CPUシステムである。また発表時にはXeon Platinum 8180(28-core)の2-wayモデルも比較対象となっていた。

Leading Performance for HPC and AIというスライドにその数字がある。
いずれもEPYC 7601×2と比較した数字である。
[Intel “Cascade Lake-AP”の性能指標となるスコアを追加]の続きを読む