北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Discontinues their Core+ Processor/Optane Bundles(OC3D)

昨年、Intelは新たにCore i9+, i7+, i5+として、Core series processorにOptane Storage(Optane memory)を同梱したパッケージを展開した。

Core+製品群は第8世代Core processorに16GBのOptane memory(記事中ではOptane accelerator driveと表記されている)をバンドルしたものである。
 
2019年1月14日付けのProduc Change NotificationでCore i7+ 8700, Core i5+ 8500, Core i5+ 8400の終了が示されている。1月14日付けで終息へ向かい始め、最終オーダーが9月30日、最終出荷が12月27日となっている。
[Intel Optane memoryをバンドルしたCore+ processorを終了する方向に]の続きを読む
NVIDIA Readies GeForce GTX 1660 Ti Based on TU116, Sans RTX(techPowerUp!)
Rumor: NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti to feature 1536 CUDA cores(VideoCardz)

GeForce GTX 1660 Tiは“Turing”系列のコアとしては初めて“GTX”のブランドを冠するカードとなる。ざっくり言ってしまうと“Turing”世代の“GTX”は“RTX series”からRay Tracingの機能を省いたもので、結果としてより低価格向けに展開できるものとなる。

GeForce GTX 1660 TiはTU116と呼ばれるコアを用い、CUDA coreの数は1536となる。つまり、(CUDA coreが1920の)GeForce RTX 2060よりも性能は抑えられることになる。
[TU116を使用したGeForce GTX 1660 Ti(?)が予定されているらしい]の続きを読む
Rumor: AMD Navi from July(Planet3DNow!)

CES 2019において次世代GPUである“Navi”の名は、将来の製品として“Zen 3”、“Zen 4”、“Zen 5”等と一緒に言及されたのみにとどまった。
しかし、RedGamingTechが紹介した新たな噂によると、“Navi”は2019年6月11日から13日にロサンゼルスで開催されるElectronic Enetrtainmente Expo 2019 (E3) の前後で発表されるという。そして発表の1ヶ月の後に市場に出回るという。“Navi”がターゲットとする市場はローエンドからミドルレンジになるという。
[“Navi”は6月に登場する?]の続きを読む
A Sprinkle of Salt: AMD Radeon VII Reported to Only be Available in Reference Design, no Custom Treatment(techPowerUp!)
AMD Radeon VII: less than 5000 available, no custom cards(TweakTown)

Radeon VIIはリファレンスデザインのみの展開となる。後からカスタム設計のカードが出ることはなく、字面の通りリファレンスデザインのみとなる。またRadeon VIIは非常に限定された数のみが出荷されることになる見込みだ。
[Radeon VIIはリファレンスデザインのみが限定量出回る模様]の続きを読む
Intel Core i9-9990XE : Up to 5.0 GHz, Auction Only(AnandTech)
Intel Possibly Readying Core i9-9990XE Processor – Rocks 14 Cores, Up To 5.0 GHz Frequency at 255W TDP(WCCF Tech)

Intelは新たなハイエンド向けProcessorとしてCore i9 9990XEを準備している。しかし、資料によるとCore i9 9990XEはリテール向けには販売されず、OEM向けにオークションを通じての販売となる。

Core i9 9990XEのスペックは以下の通りである。
[オークション限定の14-core, Max 5.00GHzのCPU―Core i9 9990XE]の続きを読む
Radeon VII Lacks Full FP64 Compute Capabilities Available to Instinct MI60(techPowerUp!)
AMD’s Radeon VII GPU Will Not Support Uncapped Double-Precision (FP64)(TehGage)

ハイエンドコンシューマ向けグラフィックカードとして登場したRadeon VIIであるが、倍精度浮動小数点演算(FP64)機能が無効化されている。一方、同じGPUコア―“Vega 20”を用いるエンタープライズ向けの製品であるRadeon Instinct MI60では同機能は有効である。

Radeon VIIの単精度浮動小数点演算(FP32)性能は13.8TFlopsである。もし、Radeon Instinct MI60と同様にRadeon VIIもFP64が有効であれば6.7TFlopsとなる。しかし、Radeon VIIのFP64は860GFlopsに過ぎず、倍精度浮動小数点演算機能が無効化されていることがわかる。

ゲーマー向けとして出す以上、FP64は不必要という判断だろう。本来持っていたFP64機能をゲーミング向けとして投入する際に無効とするのはAMDでもNVIDIAでもしばしば行っている方法である。ゆえに元々“Vega 20”が持っていたFP64機能がRadeon VIIでは無効化されているという話は何ら不思議な話でもない。
Details for Result ID Intel(R) Core(TM) i5-9500F CPU @ 3.00GHz (6C 3GHz, 6x 256kB L2, 9MB L3)(SiSoftware Official Live Ranker)

SiSoftware SandraのOfficial Live Rankerに未発表のCore i5 9500Fが掲載されている。

Core i5 9500Fは先日発表されたCore i5 9400Fの上位となるであろうCPUである。スペックは以下の通り。
[Core i5 9500F]の続きを読む
AMD: “No Chiplet APU Variant on Matisse, CPU TDP Range same as Ryzen-2000”(AnandTech)
AMD confirms that there will be no chiplet-based APU this generation(OC3D)

AMDがCES 2019で明らかにしたZen 2世代のRyzen―“Matisse”の新しいCPU設計について大きな疑問が残った。“Matisse”はI/Oダイに加え、2つのchipletを載せられるのではないかと言うことだ。そして載せられそうな2つのchipletのうち、1つをGPUとしてAPUを作り出すことが出来るのではないだろうか、と。
AnandTechではその可能性についてAMDに問うてみた。そして返ってきたAMDの答えは「“Matisse”でAPUの計画はない」というものだった。
[“Matisse”にchiplet構成のAPUの計画はない]の続きを読む
AMD CTO Mark Papermaster promises more Radeon products this year(VideoCardz)
AMD CTO Mark Papermaster Confirms 7 nm Lineup Refresh for 2019(techPowerUp!)
AMD's CTO Tells TheStreet About the Chipmaker's Product Roadmap(TheStreet)

AMDのCTOであるマークPapermaster氏がTheStreetのインタビューに応じ、AMDの7nmプロセスのgraphics製品の展開について述べた。Radeon VIIはその計画の始まりに過ぎないようだ。

インタビューでPapermaster氏は2つのキーワードを残した。1つめはAMDは7nmプロセスのgraphics technologyのラインナップを「完成させる」計画であること。つまり、これはRadeon VIIとは異なる価格帯にも7nmプロセスのgraphics製品が投入されることを示唆している。2点目は同氏が「Refresh」という言葉が、息をのませるという意味で用いていたことである。通常“Refresh”という場合は既存アーキテクチャをベースに改良したものを挿す。しかし、AMDはミドルレンジのGPUを“Polaris”から“Navi”に更新する計画を立てており、“Navi”は7nmプロセスgraphics technologyとして次にローンチされる製品になるはずだ。
[今年はより多くのRadeon製品が登場する]の続きを読む
AMD Reveals Radeon VII: High-End 7nm Vega Video Card Arrives February 7th for $699(AnandTech)
AMD Radeon VII revealed as AMD’s 7nm flagship gaming GPU(bit-tech.net)
AMD announces the Radeon VII graphics card: $699, February launch (The Tech Report)
AMD Announces the Radeon VII Graphics Card: Beats GeForce RTX 2080(techPowerUp!)
AMD Radeon VII Hands On at CES 2019(techPowerUp!)
CES: AMD announces Radeon VII (Vega at 7nm) (Guru3D)
AMD shares more details on Radeon VII(VideoCardz)

AMDは1月10日、7nmプロセスで製造される初のGPUであるRadeon VII(Radeon Seven)を発表した。

Radeon VIIは7nmプロセスの“Vega 20”をベースとし、Compute Unitは60基、StreamProcessorは3840基となる。VRAMとしてHBM 2を16GB搭載し、4096-bitのインターフェースで接続される。GPUコアの周波数は最大1800MHzとされる。

Radeon VIIはGeForce RTX 2080に勝る性能を有するとされる。登場予定日は2月7日で、価格は$699となる。

スペックの全貌は明らかになっていないが、現在わかってる範囲でまとめたのが以下である。
[【CES 2019】Radeon VIIが発表される―2月7日解禁で価格は$699]の続きを読む