北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Next Generation Intel Atom Tremont: Potential L3 Cache(AnandTech)

Intelは既に次のAtom系列のコアが“Tremont”出あることを明らかにしている。“Tremont”はFoverosを使用したハイブリッドSoC―“Lakefield”に使われ、また“Snow Ridge”として5G向けに展開される。コア及び製品のローンチに向けて勧められる中、同社は“Tremont”に関する資料をアップデートした。そしてその資料の項目に“Tremont”がL3 cacheを有する可能性を示す記載があった。L3 cacheの搭載はAtom系列コアでは初めてのことである。

元となった記載は以下のものである
[次世代Atom系列コア―“Tremont”にL3 cacheが搭載される可能性]の続きを読む
AMD's Rumored Radeon RX 5600 Navi 14 7nm Gaming GPU Appears In Online Database(HotHardware)
AMD 7nm Navi 14 GPU Leaked, Features 24 CUs & 1900MHz Clock Speed(WCCF Tech)
Compute Performance of AMD 7340:C1 (Compubench)

AMDはRadeon RX 5700 seriesをローンチし、ミドルレンジのゲーミング市場に真っ向から切り込みにかかっている。そしてRadeon RX 5700 seriesは確実な性能と魅力的な価格を実現している。
しかし、AMDはまもなくエントリー向けに新たなカードを登場させる見込みである。


Compubenchのデータベースに“AMD 7340:C1”のIDを持つグラフィックカードが登録された。そのカードは24基のCompute Unitを有する、“Navi 14”と考えられるカードであった。
[Radeon RX 5600?―“Navi 14”がオンラインデータベースに姿を現す]の続きを読む
Intel Comet Lake-S: 10 cores with 125 watts in base LGA1200 early 2020(ComputerBase.de)
Anonymous reader letter: Comet Lake is not a 1159 pin! There are more(XFastest)

先日、Intelの次世代Processorである“Comet Lake-S”の噂がインターネット上に出回ったが、その後XFastestが匿名の筋から得た情報によると、先日の情報の信憑性は半分程度であるという。新たに得た情報によると、“Comet Lake-S”は最大10-core/20-threadとなるが、SocketはLGA1159ではなくLGA1200になるという。

今回の匿名の情報も情報元は示されていないが、画像はIntel公式が使用するデータファイルのそれによく似ている。
“Comet Lake-S”の概要であるが、最大10-core/20-thread、新たな機能としてWi-Fi 802.11ax, Intel RST 17等が挙げられている。SocketはLGA1200、対応するチップセットはIntel 400 series、そして対応するTDPの最大値は125Wとなる。
[“Comet Lake-S”はLGA1200? 他プラットフォームの話題]の続きを読む
ASUS AM4 motherboards all support three generations of Ruilong: 400 series unlock PCIe 4.0(mydrivers.com)

新型のRyzen 3000 seiresが登場しているが、旧型の300 series及び400 seriesチップセットにおいてもBIOSをupdateすることにより、Ryzen 3000 seriesを使用することができる。そしてこれらのマザーボードは最新のX570マザーボードよりも安価である。

しかしX570マザーボードの一番の特徴はPCI-Express 4.0のサポートである。基本的にはX570マザーボードのみがPCI-Express 4.0をサポートでき、旧型のチップセットを搭載したマザーボードは対応できないとされていた。

ASUSはX370, B350, A320, X470, B450マザーボードに対し最新BIOSの提供を行い、これらのマザーボードでRyzen 3000 seriesに対応できるようにした。そしてX470とB450においてはPCI-Express 4.0をも解禁した。
[ASUSの400 seriesマザーボードでPCI-Express 4.0が有効化される?]の続きを読む
Intel Comet Lake Specs Leak - 10 cores, New Socket and 14nm+++(OC3D)

なんかガセネタっぽいー?

今年末か来年の初めにIntelは“Comet Lake”をリリースする。“Comet Lake”は14nmプロセスで製造される新CPUで、デスクトップ向けはLGA1159と呼ばれる新Socketを使用する。“Comet Lake-S”ではCore i3からCore i9まで全てのモデルでHyperThreading technologyが有効化され、さらにCore i5以上のモデルでDDR4-3200に対応する。

Core i9を名乗る上位モデルは10-core/20-threadとなり、最上位のCore i9 10900KはBoost時の周波数が5.20GHzに達する。なお、現時点では“Comet Lake”は基本的に“Coffee Lake”と同設計と考えられている。しかし、より多くのコアを搭載するため、10-coreモデルではiGPUを取り除き、CPUのみのモデルとなる。

ラインナップは以下の通りである。
[【怪情報】デスクトップ向けとなる“Comet Lake-S”のラインナップ]の続きを読む
Custom Radeon RX 5700-series Only by Mid-August: AMD(techPowerUp!)
MSI to launch seven custom Radeon RX 5700 graphics cards(VideoCardz)

AMDのScott Herkelman氏(Vice President & General Manager Radeon Buisness Unit)はRedditに投稿誌、各カードベンダーカスタム使用のRadeon RX 5700 XT及びRadeon RX 5700は8月中旬であると述べた。そして、彼が率いるチームは現在多数のカスタムデザインのカードをレビュワーに渡しており、顧客が出回るまでにレビューデータを見られるように準備しているという。

そのうちMSIからは具体的な製品名が明らかになっている。
[カードベンダーカスタム使用のRadeon RX 5700 seriesは8月中旬]の続きを読む
AMDのハイエンドGPU「Radeon RX 5700」が発売、価格は40,500円から(AKIBA PC Hotline!)

Ryzen 3000 series+X570マザーボードと同時に“Navi”アーキテクチャを採用した新型GPU―Radeon RX 5700 XTとRadeon RX 5700が解禁された。

現時点で出回っているのはいずれもリファレンスモデルで、Radeon RX 5700 XTが50000~54300円、Radeon RX 5700が45000~47300円程度。

スペックは以下の通りである。
[Radeon RX 5700 seriesが解禁される]の続きを読む
AMDファン待望の第3世代Ryzenが遂にデビュー、12コアの「Ryzen 9 3900X」など計4製品(AKIBA PC Hotline!)
AMDの最新チップセット「X570」マザーが一斉に発売、冷却ファン搭載に(AKIBA PC Hotline!)

7月7日19時をもって“Zen 2”を採用したRyzen 3000 seriesと新型チップセットであるX570を搭載したマザーボードが解禁された。

Ryzen 3000 seriesのラインナップは以下の通りである。
[Ryzen 3000 seiresとX570搭載マザーボードが解禁される]の続きを読む
AMD Ryzen 9 3900X 12 Core and Ryzen 7 3700X 8 Core CPU Review Leaks Out – Gaming Performance On Par With Intel’s 9th Gen, Ryzen 9 3900X Consumes Less Power Than i9-9900K(WCCF Tech)
AMD Ryzen 9 3900X 12 Core & Ryzen 7 3700X 8 Core CPU Benchmarks Leak Out in 3DMark – $329 US Ryzen Trades Blows With $499 US Core i9-9900K(WCCF Tech)

もうあと半日もしないうちに解禁されるので焦らなくてもいい気もしますが、前夜祭の気分でこのような記事を楽しむのもいいでしょう。

WCCF Techが8-coreのRyzen 7 3700Xと12-coreのRyzen 9 3900Xのベンチマークを掲載している。

項目としては3DMark、いくつかのゲームタイトル、CineBench R15等のCPU性能を測るベンチマークなどとなっている。
[直前にリークしたRyzen 9 3900XとRyzen 7 3700Xのベンチマーク]の続きを読む
Zen 2 yields over 85%: TSMC is doing a very good job(bits and chips)

bits and chipsで得た情報によると、“Zen 2”のイールドは急速に向上しているという。3ヶ月前の情報では“Zen 2”のイールドは70%程であったが、現在では85%前後に達している。

“Zen 2”のイールドは初代の“Zen(Zeppelin)”の90%以上よりはまだ低いが、それでも供給コストを抑えられる数字である。TSMCの7nmプロセスのイールドは16nmに近いものになっており、ウエハあたりのコストは10000ドルを下回るという。

この通りならば“Zen 2”を使用した製品―Ryzen 3000 seriesや第2世代EPYCは潤沢に流通させることができることになる。特にまもなく解禁を迎えるRyzen 3000 seriesの流通量は今後注目されることになるが、この情報を聞く限りではそれほど心配しなくてもいいのかもしれない。