北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Processors and Chipsets by Platform Code Name(Intel)

Intelの“Intel Processors and Chipsets by Platform Code Name”のページにはおおむねCore 2世代から現行世代、さらには未発表のCPUやプラットフォームのコードネームが掲載されています。その中にいくつか興味深いものがみられます。
[Intelのコードネーム一覧に掲載されている未発表CPU達]の続きを読む
MSI Z170A Xpower Titanium Modded, Supports Intel Core i3-8350K(techPowerUp!)
MSI Z170A Xpower Titanium Modded, Supports Intel Core i3-8350K(VideoCardz)

MSIのIntel Z170搭載マザーボードである“Z170A Xpower Titainum”をオーバークロック向けに電源供給を改造したことにより、Core i7 8700Kが動作する可能性が出てきたようだ。

“Z170A Xpower Titainum”を改造した人物はCore i3 8350Kを同マザーボードに搭載し、Widnows OSをブートさせた。BIOSも改造し、マイクロコードを変更することでCore i3 8350Kを動作させられるようにした。
[Z170マザーボードでCore i3 8350Kを動かした話]の続きを読む
Intel 10nm is better than everyone thinks (Fudzilla)
Rumor: Intel Intentionally Holding Back 10nm(PC Perspective)

Intelの10nmプロセスが大幅に遅れていることについて懸念が広まっているのは事実だが、これはIntelが現時点で10nmプロセスを出荷できないことを意味しているのではない。Intelはより小さいプロセスノードに移行するためにはより高いイールドを欲しており、これが10nmプロセスを遅らせている理由であるという。

その情報筋によると、Intelの10nmプロセスの遅れは財務上の理由であり、決して10nmプロセスで良いCPUを作れないからではないという。
[Intelの10nmプロセスの現状―より高いイールドを目指して]の続きを読む
Latest Intel Roadmap Slide Leaked, Next Core X is "Cascade Lake-X"(techPowerUp!)
Roadmap Shows HEDT Cascade Lake-X Q4 2018, Gemini Lake and Coffee Lake S (300 series)(Guru3D)
Intel across the board speed: really eight generations of Core, the new fever platform see you next year(MyDrivers.com)

Intelのデスクトップ向け製品の最新ロードマップがインターネット上にリークした。

まずハイエンドデスクトップ向けであるが2018年第4四半期に更新が行われ、“Cascade Lake-X”が投入される。“Cascade Lake”の名はロードマップ上に初めて出てきたものである。Intelは“Coffee Lake”や“KabyLake”のようにリングバスを用いるCPUと“Skylake-X”のようにMesh interconnectを用いるCPUのコードネームを区別するようにしたのかもしれない。
[次のCore X seriesは“Cascade Lake-X”―2018年第4四半期予定]の続きを読む
Intel Xeon E3-1200 v7 Will Become Xeon Entry (Xeon E), Possible Intel with Radeon Graphics Launch(AnandTech)

今年に入りIntelはXeonの命名体系を変更してきた。例えば今までXeon E7, Xeon E5に相当してきたものはXeon SPと呼ばれるようになり、Xeon Platinum, Gold, Silver, Bronzeとなった。またXeon E5-1600に相当するワークステーション向けのXeonはXeon Wとなった。

そして来年初めにIntelはXeon E3-1200の後継となるエントリー向けのXeonを投入する。従来の命名体系を踏襲すればXeon E3-1200 v7と呼ばれたであろうこの製品は、Xeon Eと名前を変えることになる。Eは“Entry”を表すようだ。
[Xeon E3-1200 v7に相当する“Coffee Lake”世代のXeonはXeon Eとなる]の続きを読む
Intel Confirms Skylake Xeon D in Early 2018(ServerTheHome)

Intelは2018年初めに“Skylake”をベースとしたXeon Dを投入すると説明している模様だ。“2018年初め”と述べていることから、おそらく“Skylake”ベースのXeon D SoCは2018年第1四半期に登場すると予想される。

“Intel(R) Xeon(R) Scalable Momentum”と題された資料にその説明があります。
[“Skylake”世代のXeon Dが2018年初めに登場する模様]の続きを読む
Next generation Core i7-9700K with 8 core, 16 threads New Pentium Gold, Celeron G series(HKEPC)
Intel’s Flagship 9th Generation Core i7-9700K To Pack 8 Cores, 16 Threads – Core i5 Upgrade To 6 Cores, 12 Threads and Core i3 Gets Quad Cores With 8 Threads(WCCF Tech)

台湾のマザーボードメーカー筋の情報によると、Intelは第9世代Core processorを2018年下半期にローンチするという。そしてこの第9世代Core processorでは、Core i7は8-core/16-threadに強化され、Core i5はHyperThreading technologyが有効化されて6-core/12-threadとなる。またCore i3の一部も同様にHyperThreading technologyが有効化された4-core/8-threadとなる。この強化により、コア数・スレッド数においてAMD Ryzen processorに並ぶことになる。
[Core i7 9700K(仮称)は8-core/16-threadとなる?]の続きを読む
Intel デスクトッププロセッサー・スペック性能比較|パソコン実験工房資料室(パソコン工房)

パソコン工房のWebサイトに未発表の“Coffee Lake-S”の追加モデルのスペックが掲載されています。

以下の通り。
[“Coffee Lake-S”の追加ラインナップのスペック]の続きを読む
8th and 9th Gen Intel Core Processor Model Names Revealed(techPowerUp!)
Intel 8th Generation and 9th Generation Processor Lists Leaked: Coffee Lake Refresh?(AnandTech)
Download AIDA64 Extreme (beta)(AIDA64)

左心のFinalWire AIDA64に第9世代Core i seriesのものと思われるものを含む未発表のCPUの名が記載されていた。第9世代Core i seriesに該当すると思われるのはCore i5 9600K, i5 9600, i5 9500, i5 9400, i5 9400T, i3 9300, i3 9300T, i3 9100, i3 9100T, i3 9000, i3 9000Tである。このうち“T”が付くものはTDP35Wの低消費電力版と推測される。そして何も付かないものはTDP65Wのモデルであろう。
[AIDA64のリリースノートに現れた未発表Core i series―Core i5 9600 他]の続きを読む
Intel to Bring Additional Assembly Online to Improve Supply of Coffee Lake CPUs(techPowerUp!)

いくつかの噂話がIntelの第8世代Core processor―“Coffee Lake”の品薄を指摘している。Intelはこの“Coffee Lake”の供給改善のため、新たな設備を追加することを明らかにした。

現在、Intelは主にマレーシアの設備で組み立てと検証を行っているが、これに加え中国ににも同様の設備を追加する。顧客はこの中国で組み立て・検証が行われた製品を12月15日より供給を受ける。
[【Intel】“Coffee Lake”の供給拡大のため、組み立ての工場を新たに設置]の続きを読む
Xeon Phi is dead, long live the Xeon-H (Heise.de)

Intelは2018年に“Skyalek-SP”の後継となる“Cascade Lake-SP”を投入する。“Cascade Lake-SP”は14nm++プロセスで製造される。そして2019~2020年に“Ice Lake-SP(ISX-SP)”が10nm+プロセスで投入される。“Ice Lake-SP”は最大38-coreとなり、8chメモリコントローラを搭載、さらには最大32GBのHigh Bandwidth Memory (HBM 2) をオンボードで搭載する。帯域は650GB/sほどになるとみられている。そして、通常のXeon SPのラインは“ISX-H”(ないしは“Knights Cove”)と呼ばれる特別版で拡張される。“ISX-H”は38-coreないしは44-coreでXeon Phiの後継となる。
[“Ice Lake-SP”そしてXeon Phiの後継となる“ISX-H”]の続きを読む
Intel quietly kills off next-gen Knights Hill Xeon Phi chips(The Tech Report)
Unleashing High-Performance Computing Today and Tomorrow (IT Peer Network Intel)

今秋開催されるSC '17 conferenceでは多数の企業が新製品や新サービスを発表する。そんな中、Intelはとあるチップをロードマップから外すことをひっそりと明らかにする。Exascale computingへの取り組みの中で、Intelは“Knights Hill”のコードネームで呼ばれてきた次世代Xeon Phi acceleratorを放棄し、「Exascaleに特化して設計された新しいマイクロアーキテクチャとプラットフォーム」にするとしている。

IntelのWebサイトにも次のように書かれています。
[次世代Xeon Phi―“Knights Hill”がキャンセルされたらしい]の続きを読む
Rumor: Intel NUC with integrated AMD graphics spotted in the wild(The Tech Report)
Rumor: Hades Canyon NUC with AMD Graphics Spotted(PC Perspective)

先日、IntelのCore processorとAMDのRadeon GPUを1つのパッケージに収めたMobileゲーミング向けの新しいProcessor製品(“KabyLake-G”)が発表された。

そして今回、ChiphellのForumにこの“KabyLake-G”の写真が掲載された。リークした写真では“KabyLake-G”は147×140mmのマザーボードに搭載されており、このサイズは現行のNUCのものに合致する。そしてM.2 2280規格のSSDとSO-DIMM 2枚が搭載されていた。
[“KabyLake-G”を搭載したNUCのものとされる写真がリーク]の続きを読む
Twitterに先日発表された第8世代Core i H processor+Radeon GPUとなる“KabyLake-G”の写真が掲載されています。
[“KabyLake-G”の写真]の続きを読む
Intel to Develop Discrete GPUs, Hires Raja Koduri as Chief Architect & Senior VP(AnandTech)
Raja Koduri joins Intel as head of new Core and Visual Computing Group(The Tech Report)
Intel Hires Raja Koduri, to Develop Discrete GPUs, This Time for Real(techPowerUp!)
Radeonの顔だったRaja Koduri氏がIntelに入社。将来的には「Intel製単体GPU」登場か(4Gamer.net)
Raja Koduri Joins Intel as Chief Architect to Drive Unified Vision across Cores and Visual Computing(Intel)

Intelは戦略を拡大し、高性能な単体グラフィックソリューションを提供する。

Intelは11月8日、Raja Koduri氏を新たに設立するCore and Visual Computing GroupのChief architect兼Vice presidentとして迎え入れた。Raja Koduri氏はPC市場における内蔵グラフィック部門、さらには幅広いコンピューティングセグメントに向けたハイエンド単体グラフィックソリューションを率いる立場となる。
[Raja Koduri氏のIntelへの移籍とIntelがdGPU開発に乗り出す可能性]の続きを読む
◇Core i H series+Radeon GPUのスペック
Intel, AMD MCM Core i7 Design Specs, Benchmarks Leaked(techPowerUp!)

11月6日にIntelのCore i H seriesとRadeon GPU、HBM 2をワンパッケージに搭載した製品が発表され、衝撃を与えているが、これに関連するリーク情報やベンチマークが既に出始めている。
Radeon GPUとHBM 2を搭載した第8世代Core i H seriesは“KabyLake-G”と呼ばれる。そして“KabyLake-G”にはCore i7 8809Gとi7 8705Gがあり、それぞれグラフィックボードとして649C:C0と649E:C0という型番が与えられている。
[Core i H series+Radeon GPUの話題2題―スペック 他]の続きを読む
Intel is reportedly set to announce new mobile chips that use an AMD graphics component(OC3D)

ウォールストリートジャーナルの報道によると、IntelとAMDは互いの技術を組み合わせ、新たなMobile向けチップを生み出そうとしている。この新しいMobile向けチップはIntelのCPUとAMDのGPUを組み合わせたもので、Mobile市場におけるNVIDIAのシェアを突き崩すものとなる。
[噂ではなくなったCore i CPU+Radeon GPU【11/6改題】]の続きを読む
Intel’s first 10nm chips coming in 2017 (in small quantities)(Liliputing)
Intel 10 nm CPUs to See Very Limited Initial Launch in 2017(techPowerUp!)

Intelがようやく最初の10nmプロセスCPUのローンチの準備にこぎ着けたようだ。当初、Intelは10nmプロセスの製品を2016年に予定していたが、その後複数回にわたり延期を繰り返していた。
今回IntelのCEOであるBrian Krzanich氏が最初の10nmプロセスCPUとなる“Cannon Lake”が今年末までに姿を現すことを明らかにした。
[“Cannon Lake”は今年中にごく少量出荷される模様―本格出荷は'18Q2]の続きを読む
Intel Launches its Blazing-Fast Optane SSD 900P SSD(techPowerUp!)
Intel Optane SSD 900P drives deliver a big chunk of next-gen storage to desktops(The Tech Report)
Intel、3D XPoint採用のコンシューマ向け高速SSD(Impress PC Watch)
Blazing-Fast Gaming with Intel’s First Client Optane SSD(Intel)

Intelは10月27日、Optane SSD 900P seriesを正式発表した。Optane SSD 900P seriesはIntel Optane technologyを用いたデスクトップPCないしはワークステーション向けのSSD製品となる。

Optane SSD 900P seriesは驚くべき低レイテンシと最高性能のRandom Read/Write性能を誇り、NANDを使用した競合SSD製品と比較して最大4倍高速である。Optane SSD 900P seriesはストレージ性能が求められる3Dレンダリングや複雑なシミュレーション、ゲーミングなどの需要に応えられる製品となる。
[【Intel】Optane SSD 900P seriesが正式発表される]の続きを読む
国内発売が遅れていた第8世代CPU“Coffee Lake-S”の予約受付が10月27日より開始(Impress PC Watch)
インテル、Core i7-8700Kを11月2日に国内発売(マイナビニュース)
Intel,第8世代CoreプロセッサのデスクトップPC向けモデルを11月2日に発売。10月27日0時に予約受付開始(4Gamer.net)
デスクトップPC向け第8世代インテル(R) Core(TM) プロセッサー ファミリーの販売開始について(Intel Newsroom)

Intelは10月25日、“Coffee Lake-S”のコードネームで呼ばれるデスクトップ向け第8世代Core processorを11月2日午前11時より販売開始すると発表した。先だって10月27日午前0時より予約が開始される。

現在発表されている“Coffee Lake-S”のラインナップは以下の通りです。
[“Coffee Lake-S”の国内販売は11月2日より開始される]の続きを読む