北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel NUC 11 PRO ‘Tiger Canyon’ detailed(VideoCardz)

IntelはNUC 11 Pro―“Tiger Canyon”を準備している。NUC Proはビジネス向け・商用向けを意味しており、同様の構成で同じ“Tiger Lake”を搭載するコンシューマ向けのNUC 11 Performance―“Panther Canyon”とは異なるものである。
[“Tiger Lake”を搭載するNUC 11 Pro―“Tiger Canyon”の詳細]の続きを読む
AMD "Lucienne" Silicon to Power Certain Ryzen 5000 Series APUs(techPowerUp!)
AMD Cezanne and Lucienne to both power Ryzen 5000U series(VideoCardz)
AMD's Ryzen 7 5700U has been spotted - The first Zen 3 processor?(OC3D)
AMD Ryzen 7 5700U AoTS benchmark and details surface(HEXUS)
AMD Ryzen 7 5700U(APISAK@TUM_APISAK / Twitter)
55/57 = overclocked 46/48, 56/58 is CZN(MebiuW@MebiuW / Twitter)

Social mediaではAMDの新たなAPU―“Lucienne”について盛んにつぶやかれている。その“Lucienne”であるが、現行の“Renoir”のRefresh版であるという。つまり、CPUは“Zen 2”世代のものを8-core、GPUは“Vega”を8 CU搭載するものとなる。“Lucienne”の最初のSKUがRyzen 7 5700Uとなり、AoTS benchmark databaseに掲載されている。
[Ryzen 7 5700Uに使用されるコアは“Lucienne”?]の続きを読む
Intel Launches 10nm Atom Embedded CPUs: Elkhart Lake Now Available(AnandTech)
Intel announces Elkhart Lake Atom x6000E and Tiger Lake Core embedded processors(VideoCardz)
Intel Atom x6000E, Celeron N and J: Elkhart Lake Atoms with Tremont cores presented(HardwareLUXX)
IoT-Enhanced Processors Increase Performance, AI, Security(Intel)

Intelは9月23日、Intel Industrial Summit 2020において新たな組み込み向け・IoT向けとなる第11世代Core processorとAtom x6000E series、そしてPentium, Celeron N/J seriesを発表した。いずれも新たなAI機能、セキュリティ機能、セーフティ機能、リアルタイム性能を備え、edge costmerの要求に応えられる製品となっている。
[Intel 組み込み向けの“Tiger Lake”と“Elkhart Lake”を発表]の続きを読む
AMD Rembrandt to feature (6nm?) Zen3 cores, support DDR5-5200 memory(VideoCardz)
AMD’s Next-Gen Rembrandt Ryzen APUs To Feature Enhanced Zen 3 CPU & RDNA 2 GPU Cores on 6nm Process Node, DDR5-5200 Support(WCCF Tech)

“Rembrandt”はAMDの次々世代のAPUのコードネームで、デスクトップ向けとMobile向け両方に展開される。現行のAPUである“Renoir”の後継が“Cezanne”で、“Rembrandt”は更にその次となる。“Rembrandt”の時期はおそらく2022年頃になると見込まれる。

“Vermeer”や“Cezanne”がRyzen 5000 seriesとなるならば、“Rembrandt”はRyzen 6000G/6000H seriesとなるだろう。そして45~65WのPerformance帯をターゲットとする。
[“Rembrandt”は6nmプロセスで製造され“Zen 3”コアを使用する?]の続きを読む
Intel 14nm and AMD/TSMC 7nm transistors micro-compared(HEXUS)
Intel 14 nm Node Compared to TSMC's 7 nm Node Using Scanning Electron Microscope(techPowerUp!)
14nm and 7nm are NOT what you think it is - Visiting Tescan Part 3/3(der8auer / YouTube)

名高いオーバークロッカーとして知られるder8auer氏がYouTubeで非常に興味深い検証を行っている。その内容はCore i9 10900KとRyzen 9 3950Xを比較するというもので、製造プロセスは前者がIntel 14nm+++、後者がTSMC 7nmとなる。そしてこれらを電子顕微鏡を用いて比較したのである。

Tescan labsでの電子顕微鏡スキャンを効果的なものにすべく、der8auer氏はL1 cacheの部分をスライスしている。
[Intel 14nmプロセスとTSMC 7nmプロセスを電子顕微鏡で比較した結果]の続きを読む
New NVIDIA AIB roadmap leaks online, shows RTX 3080 20GB and is listing GeForce RTX 3060(Guru3D)
Galax roadmap confirms 20GB RTX 3080 models and RTX 3060 plans(OC3D)
GALAX’s internal roadmap confirms GeForce RTX 3080 20GB, GeForce RTX 3060(VideoCardz)

GALAXは中国でパートナーおよび従業員向けのミーティングを開催した。写真の左上のロゴがGALAXのものであるが、同社がGeForce RTX 3080 20GBとGeForce RTX 3060を予定していることが明らかになった。
[GALAXの製品ロードマップ―GeForce RTX 3080 20GBと3060を予定]の続きを読む
NVIDIA Quadro RTX (A)6000 pictured and detailed(VideoCardz)
NVIDIA's Ampere-based Quadro RTX Graphics Card Pictured(techPowerUp!)
I can now share this first picture of a full GA102 48GB Q6000 card(Moore's Law Is Dead / Twitter)

Moore's Law Is Deadが“Ampere”世代のQuadroの写真を明らかにした。
掲載されたカードは“Ampere”アーキテクチャを採用したQuadro RTXのフラッグシップの1つ下―Quadro RTX A6000(仮称)に位置するものである。NVIDIAはその上―Quadro RTX A8000については説明しておらず、前世代のように6000番台と比較してより多くのVRAMを搭載した8000番台が存在するのかどうかも不明である。


Quadro RTX A6000はGA102を搭載し、10752のCUDA coreを搭載する。Gaming向けのGeForceとは異なり、Quadroが搭載するメモリはGDDR6である。GDDR6XではQuadroが要求するメモリ容量を満たせないためである。GDDR6Xで2GBのチップが登場するのは来年と見込まれている。

カードの外観は2基のファンを用い、基板そのものは短めである。基板ほ形状はGeForce RTXとよく似ている。
Quadro RTX A6000はGTC Digital eventの開催される10月5日に発表される見込みである。
[“Ampere”世代のQuadro RTXの写真が明らかに]の続きを読む
AMD Navy Flounder to feature 40 CUs and 192-bit memory bus(VideoCardz)
Navy Flounder has 40 CUs and 192-bit bus (source: ROCm 3.8)(Reddit)

AMDの次世代GPUであるRDNA 2 architectureであるが、10月28日に発表されるのではないかと期待されている。AMDはどのGPUを発表するかまでは説明していないが、ベンダーによるとRadeon RX 6000 seriesとして少なくとも2種類のカードが登場するとされる。

AMDは“Naci 2x”として“Navi 21”、“Navi 22”、“Navi 23”の3種類のGPUを開発している。このうち“Navi 21”には“Sienna Cichild”というコードネームも与えられている。一方、“Navy Flounder”というコードネームもあり、こちらは“Navi 22”または“Navi 23”のどちらかを示している。
[“Navy Flounder”と呼ばれる“Navi 2x”は40 CUで192-bitメモリバス]の続きを読む
AMD Navi 21 “Big Navi GPU” For Radeon RX 6900 XT Reportedly Features 16 GB VRAM, Radeon RX 6000 Cards With Navi 22 Get 12 GB VRAM(WCCF Tech)
AMD Radeon RX 6900 XT specs: Navi 21 GPU with 16GB could cost $499(TweakTown)
I've now got confirmation for both(_rogame@_rogame / Twitter)

_rogame氏によりRadeon RX 6000 seriesのスペックが説明している。彼の上方によると、AMDの次世代GPUとなる“RDNA 2”(“Navi 2x”)はメモリスペックが異なる2つのチップがあるという。

_rogame氏によるとRDNA2をベースとした“Navi 2x”は少なくとも2種類の異なったメモリスペックを有するものがある。“Navi 21”と“Navi 22”とそれらは呼ばれており、“Navi 21”が今まで“Big Navi”と呼ばれてきたモノで、Radeon RX 6000 seriesのフラッグシップとなるものである。一方、“Navi 22”はそれに次ぐ高性能コアで$500前後の価格帯に投入されると推定される。
[“Navi 21”は16GBの、“Navi 22”は12GBのVRAMを搭載する]の続きを読む
Gigabyte shows RTX 3090 TURBO: With a dual-slot Blower Style cooler(Guru3D)

どのようにしてこれを実現したのかは不明で、これで350W GPUを冷やすとなるとなかなかの轟音になりそうであるが、Gigabyteはブロワーファン搭載のGeForce RTX 3090搭載カードを明らかにした。
[2スロットでブロワーファンを採用したGigabyte GeForce RTX 3090 Turbo]の続きを読む