北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Lunar Lake from Intel Vsion 2024 Slide(@harukaze5719)
I have superimposed the schematic representation of Lunar Lake over the photo of the package(Andreas Schilling@aschilling)

先日開催されたIntel Vision 2024で、そのスライド資料に“Lunar Lake”のダイ構造がわかるものがあったようだ。

私自身はまだ見つけられていないものの、harukaze5719氏がその画像を見つけている。
AMD to Stick to RDNA 3+ To Power Processor iGPUs Till 2027 At Least(TechPowerUp)
AMD APUs rumored to use RDNA3+ GPU architecture until at least 2027(VideoCardz)
Golden Pig Upgrade Package 24-4-10 17:06(Weibo)

Weiboでしばしばリーク情報を投稿しているGolden Pig Upgrade氏によると、AMDはAPUに統合されるGPUのアーキテクチャを少なくとも2027年までRDNA 3.5 / RDNA 3+で維持する模様だ。

AMDはまだRDNA 3からRDNA 3.5 / RNDA 3+への変更点を明らかにしていないが、少なくとも何も変化がないということはないと思われる。“Zen 5”ベースのAPU―“Strix Point”、“Strix Halo”、“Kraken”はいずれもRDNA 3+をiGPUのアーキテクチャとして採用する。なお、“Granite Rapids / Fire Range”については“Raphael”と同じI/O dieを使用するため、iGPUはRDNA 2が使用されることになる。
AMD Strix Point APUs rumored to have been debuffed by AI - kind of(TweakTown)
Upcoming Chips: Strix APUs Originally Had Big Cache Which Boosted CPU & iGPU Performance(WCCF Tech)
uzzi38 Friday at 4:53 AM #8646(AnandTech Forum)

AnandTechのForumで、Uzzi38と呼ばれる人物が次に登場予定のAMDのAPU―“Strix Point”が当初の計画とは異なるものであるという内容の投稿を行っている。当初の計画では“Strix Point”には大容量のSystem-Level-Cache (SLC) が搭載され、これによりCPUとiGPUの性能を底上げする予定だった。しかし、AMDは昨今のAIブームとMicrosoftのAI PCの要件を満たすべくAI性能を引き上げることを決定し、“Phoenix”が搭載するものの3倍の性能を有するXDNA 2 NPUを搭載した。AI性能は引き上げられたがAI Engine Blockは大きなダイ面積をとるため、予定されていたSLCの搭載は見送られたという。

この投稿に続くコメントによると、“Strix 1”が搭載するキャッシュは16MBのMALL cacheであったという。
Intel launches first Core Ultra CPUs for LGA-1851 socket, featuring Meteor Lake architecture for the edge(VideoCardz)
Intel Core Ultra “Meteor Lake PS” LGA 1851 & Core “Raptor Lake PS” LGA 1700 Socketed CPUs For Edge(WCCF Tech)
PS Series of Intel(R) Core(TM) Ultra Processors(Intel)

Intelはエッジ向けに“Meteor Lake-PS”をベースとするCore Ultra processorと“Raptor Lake-PS”をベースとするCore processorを発表した。“Meteor Lake-PS”はLGA1851に、“Raptor Lake-PS”はLGA1700に対応する。

位置づけとしては“Meteor Lake-PS”が上位のCore Ultra、“Raptor lake-PS”が下位のCoreとなる。
“Meteor Lake-PS”の中身は基本的にはMobile向けの“Meteor Lake”と同じであるが、LGA1851 socketに対応する点が最大の相違点となる。“Meteor Lake”ファミリーとしては唯一のSocketに対応するシリーズとなる。ラインナップは合計9種類でTDP45Wの“HL series”とTDP15Wの“UL series”で構成される。前者の最大構成は6 P-core + 8 E-core + 2 LP E-coreの16-core/22-thread、後者は2 P-core + 8 E-core + 2LP E-coreの12-core/14-threadとなる。


“Meteor Lake-PS”のラインナップは以下の通り。
Intel unveils new Xeon 6 branding for Granite Rapids and Sierra Forest processors — efficiency core models launch this quarter; performance-core models come soon after(Tom's Hardware)
Intel Unveils New Branding For 6th Generation Xeon Processors: Intel Xeon 6(AnandTech)
Intel Xeon Scalable Gets a Rebrand: Intel "Xeon 6" with Granite Rapids and Sierra Forest Start a New Naming Scheme(TechPowerUp)
New Intel(R) Xeon(R) Processors(Intel)

Intelはデータセンターやクラウド、エッジ向けの次世代ProcessorについてXeon 6という新しいブランド名を与える。Xeon 6 processor with Efficeint-cores (E-core) は並みはじれた効率をもってこの第2四半期チュに、Xeon 6 processor with Performance-cores (P-core) はAI性能を強化しE-core processorの後すぐにローンチされる。

Intel Xeon 6 processors with E-cores―“Sierra Forest”は第2世代Xeon processorと比較し4倍のPerformance-per-wattと2.7倍のラックあたりの密度を誇る。そして顧客は旧型のシステムを概ね1/3の規模のシステムで置き換えることが出来、消費電力の削減を可能とする。
AMD Zen 5 “Ryzen” Mobility APU Configurations: Strix With 12 Cores, Kraken With 8 Cores, Sonoma With 4 Cores(WCCF Tech)
午後9:51 · 2024年4月5日(Everest@Olrak29_)

AMDの“Zen 5”世代のAPUとして“Strix (Point)”、“Kraken (Pooint)”、“Sonoma (Valley)”の名前がある。そしてこれらは“Zen 5”と“Zen 5c”をCPUコアに使用しながらもいずれも異なった構成を取る。

つぶやかれた情報自体はシンプルだ。
AMD AM5+ Platform Mentioned With Two Granite Ridge “Ryzen Zen 5” CPUs In Microcode Extraction Tool(WCCF Tech)
Granite Ridge/Fire Range(HXL@9550pro)

最新のマイクロコード抽出ツールにAMDの“Granite Ridge”―“Ryzen Zen 5”が追加されるとともに、AM5+なるプラットフォームへの言及があった。

最新のマイクロコード抽出ツール (MC Extractor tool, v1.101.0 r293) がリリースされ、“Zen 5”世代のデスクトップ向けRyzenである“Granite Ridge”のサポート・検出を行うための新しいコンポーネントが追加されるとともに、AM5+への言及があった。

実際にその記述を見てもらった方が早いかもしれない。
New AMD Radeon leak suggests RDNA 4 GPUs may be just what we need(PCGamesN)
午後10:45 · 2024年4月5日(All The Watts!!@All_The_Watts)

先日、All_The_Watts氏による“Navi 48”と“Navi 44”の性能に関する噂を取り上げたが、同氏がさらなる追加の情報を投稿している。

以下がその投稿である。
Intel Lunar lake Core Ultra 5 234V CPU Spotted: 8-Core Configuration and Battlemage iGPU(Guru3D)
Intel Core Ultra 5 234V is the first known “Lunar Lake” processor(VideoCardz)
Intel Core Ultra 5 234V “Lunar Lake” CPU Spotted: 8 Cores, 8 Threads, Battlemage “Xe2” iGPU & 3.1 GHz Clock(WCCF Tech)
intel-gdx-ci.01.org(01.org)

“Lunar Lake”は次世代の低消費電力ProcessorでP-coreに“Lion Cove”、E-coreに“Skymont”、iGPUに“Battlemage”世代のXe2 architectureを採用する。そして製品名はCore Ultra 200 seriesになると推定されてはいるものの、確定的ではなかった。かつての“Ice Lake-U”のように独自の命名体系になる可能性もあったからだ。
しかし今回、“Lunar Lake”もCore Ultra 200 seriesになるであろうことがファームウェアの記述から明らかになった。