北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
ASUS Adds “Intel Baseline Profile” Option In BIOS To Mitigate 14th & 13th Gen CPU Gaming Stability Issues(WCCF Tech)
ASUS adds “Intel Baseline Profile” to its Z790 motherboards amid Core i9 stability issues(VideoCardz)
"Intel Baseline Profile option" on/off(HXL@9550pro)

ASUSは同社のマザーボードのBIOSに“Intel Baseline Profile”を提供した。この“Intel Baseline Profile”は第13・14世代Core processorの安定性問題を軽減するためのものである。

第13・14世代Core processorである“Raptor Lake”はゲームプレイ時の安定性問題が指摘されており、原因はマザーボードメーカーがデフォルト設定でCPUが定める限界を超える設定を行っていることにある。そのため、過剰な電圧・電力がCPUに供給され、時間経過とともにシリコンの劣化を招くことになる。
AMD “Strix Halo” Zen5 & RDNA3.5 premium APU rumors take shape(VideoCardz)
AMD "Strix Halo" Zen 5 Mobile Processor Pictured: Chiplet-based, Uses 256-bit LPDDR5X(TechPowerUp)
AMD Strix Halo(@harukaze5719)
[CPU] Some information and speculation about AMD strix halo (Chiphell)

“Strix Halo”は“Zen 5”世代のCore Complex Die (CPU Compute Die) とI/Oに加え、RDNA 3.5世代のGPUを搭載するSoC dieで構成される。

Corre Complex Die (CCD) はTSMC N4Xで製造される。ダイサイズは85~90mm2。1つのCCDに“Zen 5”世代のCPUコアが8-coreと32MBのL3 cacheが搭載される。“Strix Halo”ではCCDを2ダイ搭載し、最大で16-coreとなる。
ASUS and MSI confirm “Next-gen AMD Ryzen CPUs” support with latest AMD 600 motherboard firmware(VideoCardz)
(TechPowerUp)
MSI AMD 600 Series Motherboard Ready To Support Next-Gen CPU(MSI)
ROG STRIX B650E-I GAMING WIFI BIOS 2611(ASUS)

ASUSとMSIがAGESA ComboPI 1.1.7.0が適用されたBIOSで次世代Ryzen CPU―“Granite Ridge”のサポートを追加している。

まずMSIであるが簡潔ではあるが4月17日にプレスリリースが出ている。

MSIはSocketAM5マザーボード向けに最新のAGESA ComboPI 1.1.7.0 Patch Aを適用したBIOSをリリースした。対象となるマザーボードはX670E, X670, B650, A620マザーボードである。この最新BIOSでは次世代CPUのサポートが追加される。
Intel Updates Lunar Lake Processor Lineup with LNL-V Model(Guru3D)
Intel Lunar Lake-V CPUs To Max Out At 8 Cores In 4 P & 4 LP-E Configs: 8 Xe2 GPU Cores, 32 GB LPDDR5X & 17-30W TDPs(WCCF Tech)
Golden Pig Upgrade Package 2024/04/17 14:18(bilibili)

“Lunar Lake-MX”と呼ばれていたものは“Lunar Lake-V”に解明された。“Lunar Lake-V”は全てが4 P-core + 0 E-core + 4 LP E-coreで構成される。SKUは周波数とL3 cache容量で区別される。iGPUはXe2-coreが最大8基である。メモリ容量は最大32GBで、カスタムされたLPDDR5-8533をMoP pakcageで搭載する。オプションでファン有り/ファンレス設計があるが、標準的な“Lunar Lake-V”のTDPは17~30Wである。従来の15~28Wから若干上がっているのはCPU pakcageにメモリが搭載されるためだ。
Intel Xeon 6: Up to 288 E and 128 (?) P-Cores in Socket LGA 4710 & 7529(ComputerBase.de)
Intel Xeon 6 6980P “Granite Rapids-AP” CPU to feature 128 cores and 500W TDP(VideoCardz)
Intel Granite Rapids “Up To 128 P-Core” & Sierra Forest “Up To 288 E-Core” CPU Specs Leak, Massive LGA 7592 & LGA 4710 Motherboards Pictured Too(WCCF Tech)
Intel Granite Rapids-AP “LGA 7592” CPU Specs Leak: Xeon 6980P With Up To 128 P-Cores, 3.2 GHz At 500W(WCCF Tech)
Intel Beechnut City “LGA 4710” Socket Motherboard For Next-Gen Intel Xeon 6 Granite Rapids & Sierra Forest CPU Leaks Out(WCCF Tech)
Intel Xeon 6 6980P Granite Rapids-AP processor to get 128 cores / 500W TDP(Guru3D)
LGA4710 with LGA7529 BeechnutCity with AvenueCity(Yuuki_AnS@yuuk_ans)

Intel Vision 2024で“Granite Rapids”と“Sierra Forest”がXeon 6となることが発表された。
“Granite Rapids”は従来のXeonの延長線上にあるP-coreをベースとし、最大の性能を引き出す。一方、“Sierra Forest”は初めてのE-coreをベースとするXeonである。


“Granite Rapids”と“Sierra Forest”は2つの異なるプラットフォームがあり、“SP”と呼ばれるものと“AP”と呼ばれるものがある。“SP”はLGA4710を使用する。開発プラットフォームの名前として“Beachnut City”と呼ばれるものがある。LGA4710は“Sapphire Rapids”でで使用されるLGA4766の後継である。
一方、“AP”はより大型のプラットフォームで、SocketはLGA7529となる。開発プラットフォームの名前は“Avenue City”である。
AMD Ryzen 9000 Mobile CPUs Faster than Intel’s i9-14900K in Single and Multi-Core Benchmarks [Update](Hardwaretimes)
interesting(@harukaze5719)
[CPU] ZEN5 APU related information and speculation(Chiphell)

“Zen 5”世代のAPUは4種類のSoC―“Strix Halo”、“Strix Point”、“Kraken Point”そして“Sonoma Valley”がある。“Zen 5”はおおよそ“Zen 4”よりIPCが19%高く、“Zen 5c”の性能は“Zen 5”のおよそ75%である。

“Zen 5”世代のAPU―“Strix Halo”、“Strix Point”、“Kraken Point”、“Sonoma Valley”の構成とその性能に関する噂がChiphellに掲載されている。
AMD unveils Ryzen Pro 8000-series processors — Zen 4 and AI engines come to the commercial market(Tom's Hardware)
AMD、「Ryzen Pro」向けにHawk PointベースのRyzen 8000シリーズを投入(マイナビニュース)
AMD、AIエンジン搭載のビジネス向けAPU「Ryzen PRO 8000/8040」シリーズ発表(hermitage akihabara)
AMD Expands Commercial AI PC Portfolio to Deliver Leadership Performance Across Professional Mobile and Desktop Systems(AMD)

AMDは4月16日、Mobile向けにRyzen Pro 8040 seriesを、デスクトップ向けにRyzen Pro 8000 seriesを発表した。

Ryzen Pro 8000 series / Ryzen Pro 8040 seriesは上位のモデルにおいてRyzen AIを内蔵し、オンチップでNPUを搭載している。NPUの処理性能は16 TOPS、Processor全体でのAI性能は
39 TOPSとなる。


いずれも“Hawk Point”をベースとし、CPUコアに“Zen 4”、GPUコアにRDNA 3を搭載する。NPUはXDNA 1世代のもので、プレスリリースにもあるとおり処理性能は16 TOPSである。
◇“Arrow Lake”のiGPUのExecution Unit数
Intel Arrow Lake-H Laptop 128 EU “Xe-LPG+” & Arrow Lake-S Desktop 64 EU “Xe-LPG” iGPUs Tested(WCCF Tech)
Details for Result ID Intel(R) Graphics (1152S 128C SM3.0 2GHz, 8MB L2, 6.9GB) (OpenCL)(SiSoftware Official Live Ranker)
Details for Result ID Intel(R) Graphics (576S 64C SM3.0 2GHz, 4MB L2, 14.4GB) (OpenCL)(SiSoftware Official Live Ranker)

SiSoftwareのデータベースにノートPC向けの“Arrow Lake-H”とデスクトップ向けの“Arrow Lake-S”のiGPUが登録されている。

“Arrow Lake”のiGPUのベースとなるアーキテクチャがArc Alchemistであることは周知の通りである。より正確にはノートPC向けの“Arrow Lake-H”は若干のアップデートが加わった“Alchemist+”をベースとするXe-LPG+が採用され、デスクトップ向けの“Arrow Lake-S”には“Meteor Lake”と同じ“Alchemist”ベースのXe-LPGが使用される。
今回、その2種類の“Arrow Lake”のiGPUがSiSoftwareのデータベースに掲載され、その構成が明らかになった。
Intel Arc Battlemage Could Arrive Before Black Friday, Right in Time for Holidays(TechPowerUp)
Industry circles: Intel Battlemage should be released before Black Friday(ComputerBase.de)

IntelはEmbedded Word 2024 conferenceで組み込み向けのArc seriesを発表している。この組み込み向けArc seriesは既存の“Alchemist”をベースとした製品で、型番の“E”が組み込み向けを示している。

しかし、より興味深い情報がささやかれていたようだ。それは第2世代のArcとなる“Battlemage”だ。その“Battlemage”がBlack Fridayのシーズンに登場する可能性がささやかれていた。

Intelは公式に、“Battlemage”がCES 2025よりも前の時期を示唆しており、2024年中のローンチを臭わせていた。今回の情報で示されたのはBlack Friday―11月29日の前後で、ちょうど商戦の時期だ。

第1世代のArc Alchemistが2022年10月に登場しており、第2世代のArc Battlemageも今年の秋頃じゃないかという見方があるようだ。“Battlemage”については最近の積荷目録にその記載があったことが確認されている。少なくとも今の時点ではまだお星様にはなっていない模様だ。