北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
10nm Intel Processor: Cannon Lake-Y Life with Graphics Unit(ComputerBase.de)

最初の10nmプロセスで製造される“Cannon Lake”、その第1弾となるCore i3 8121UがIntel ARKに掲載されたが、その次としてTDP4.5WのY seriesとなるCore m3 8114Yがあるようだ。

Core m3 8114YはCore i3 8121Uと同様に2-core/4-threadであるが、定格周波数は1.50GHzとなる。
 
Boost時の周波数は不明。

特記すべき事項としてTDPが4.5Wに抑えられていることに加え、完全な機能を有する“Cannon Lake”のダイが用いられている事が挙げられる。Core i3 8121UはiGPUが無効化されていると考えられており、同CPUを採用する製品は別途dGPUを搭載している。しかし、Core m3 8114Yは10nmプロセスの真価を発揮できるものとなる。

Intelのメインストリーム向けCPUはCPUコア数とiGPUのグレードに応じて“6+2”(=6-core CPU + GT2 GPU) や“4+3e”(=4-core CPU + GT3e GPU) といった呼称が使われるが、これを“Cannon Lake”に当てはめるとCore i3 8121Uの場合は“2+0”(=2-core CPU, iGPUなし) となる。一方、iGPUが有効となっているとされるCore m3 8114Yは“2+2”(=2-core + GT2 GPU) となる。“2+2”はY seriesや第7世代までのU seriesにおいて最も一般的な構成のダイである。第8世代ではU seriesのi5, i7が4-core (4+2) に移行してしまったため、2-coreまでの“Cannon Lake”はU seriesのi3以下やY seriesといったMobile向けの狭い範囲に押し込められてしまう形になってしまうが、Core i3 8121UとCore m3 8114Yでようやく10nmの製品が世に出ることになりそうである。


コメント
この記事へのコメント
159975 
4.5Wで1.5GHzも動くなら、やっぱり10nmっぽい
ただ8121U、8130U以下の貴様は一体何者だ
2018/05/17(Thu) 00:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159977 
kabylake-Yの同クラスが定格1.1GHzなんで相当クロック伸びてますね、製品としては優秀なんじゃないかと思います。
2018/05/17(Thu) 08:50 | URL | LGA774 #EBUSheBA[ 編集]
159981 
久しぶりのcore m新作ですね、次のgpdwinはこれになるのかな

8121UはdGPU前提となると、最安値の値段が上がりそう(消費電力も)
ノートpc用GT1030(まだないけど1050とかあるからでるでしょ)と組み合わせたら、HD画質でならまずまずゲームができそう
あと、パッケージサイズが大きくなってるってのが地味に気になりますね
2018/05/17(Thu) 14:05 | URL | らぐさん #-[ 編集]
159982 
>>159975
2つの違いはクロックだけだから
おそらくBroadwellと同じ状況に陥ってると思われる

Broadwellの場合は3.2GHz付近から
消費電力が急激に増大してまともに使えなくなったけど
Cannon Lakeの場合はもっと酷くて
2.6GHzとか2.8GHz辺りに限界がある感じで
3.2GHzの時点でパワーリミット上限の44Wに達するんだろう

まあこんな有様じゃ
デスクトップ向けがコーヒーブレイクするのも納得
2018/05/17(Thu) 19:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159983 
注目すべきは
Core m3であること。
Core Mやmxが売りづらかったのかどうか知らないが、
KabyLakeからはYシリーズはCore m3/i5/i7となっている。
m3だけ残っているのはi3ではターボブーストが無いからだろうが、8th Generationからi3がターボブースト解禁されているので、Yシリーズもi3でよいはず。
m3維持なのは高価格を維持したいからか?

GPD WIN 3がターボブースト解禁されたCore i3 Yで価格大幅下落を期待していたが。
2018/05/17(Thu) 22:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159986 
超低電圧では14nm+よりも回るけど、電圧が少し高まると一気にクロックが伸び悩むのが10nmの特徴なのかな?
2018/05/18(Fri) 11:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
159988 
最初の10nmプロセスが省電力モデルのUやYから入るのは何かIntelで問題起きてるのかな?普通だと大きいものから作ってサイズダウンしないと作れないよね?
2018/05/18(Fri) 20:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160004 
>>159983
i3のUプロセッサとCore m3って両方281ドルじゃ?
2018/05/19(Sat) 20:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160007 
>159988
必ずしもそんなことはないと思う
いろんなサイズのダイの試作が同時に走っていて
一番最初に製品化できたのがコイツなんじゃないの

じゃ、他のは何故まだ出せないのか? ってのが問題かと
2018/05/19(Sat) 21:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160036 
ダイが小さいほど歩留まり良くなるのは当然だろ
歩留まり不足で出荷分揃えられないのが遅延の原因なんだから、小さいダイのほうが先行するのは当然
2018/05/24(Thu) 09:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160042 
出荷数を揃えられないのが主たる理由じゃないと思うけどね。
14nm以上の性能が得られないのにプロセス自体が高コストなら
歩留りが良くても売りに出せない。
2018/05/26(Sat) 14:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
160096 
Core m3 8114Y は、海外の情報によると、Turbo Boost 時のクロックは、2.2GHz だそうです。
2018/05/30(Wed) 11:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/9371-f5350df7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック