北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD's Updated Ryzen 3 1200 With 12nm Zen+ Architecture Hits Retailers(Tom's Hardware)
New edition in 12 nm: Ryzen 3 1200 with Zen + commercially available(ComputerBase.de)
AMD sells 12-nm Ryzen 3 1200 quad-core for 49 euros(Guru3D)

Ryzen 3 1200は2017年に登場したCPUで、14nmプロセスの“Zen”アーキテクチャを採用していた。ところが、最近になって更新され、12nmプロセスの“Zen+”を採用したRyzen 3 1200が登場している。価格は約$60である。
[12nmプロセスになったRyzen 3 1200がある模様]の続きを読む
AMD Makes it Official: Ryzen 3 3300X and 3100 Launched, B550 Chipset Announced(Tom's Hardware)
AMD、99ドルの4コア/8スレッドCPU「Ryzen 3 3100」(Impress PC Watch)
AMD Expands 3rd Gen AMD Ryzen(TM) Desktop Processor Family, Unleashing Powerful “Zen 2” Core For The Mainstream(AMD)

AMDは4月21日、第3世代Ryzen desktop processorの新製品としてRyzen 3 3300XとRyzen 3 3100を追加した。また第3世代Ryzen desktop processor向けのB550チップセットは60製品以上が開発されている。
Ryzen 3 3300X, 3100はいずれも“Zen 2”コアを採用しており、Ryzen 3ながらSimultaneous Multi-threading (SMT) を有効としている。これにより前世代のRyzen 3と比較し、2倍のスレッド数を有するものとなる。またAMD B550チップセットと今回のRyzen 3により、“Zen 2”世代の製品を上位から下位までもたらすことができる
[Ryzen 3 3300X, 3100とB550チップセットがアナウンスされる]の続きを読む
AMD Readies "Zen 2" Based Ryzen 3 Quad-core AM4 Processors(techPowerUp!)
Ryzen 3 ZEN2 based Quad Core processors from AMD in the works(Guru3D)
AMD Ryzen 3 3300X & Ryzen 3 3100 Quad Core Budget $100-$150 US CPUs Leak Out – Up To 4.3 GHz Clocks, 18 MB Cache & 65W TDPs(WCCF Tech)

AMDはデスクトップ向けの第10世代Core i3に対抗すべく、SocketAM4対応のRyzen 3を用意している。188号@momomo_us氏がそのRyzen 3のOPNとスペックを明らかにした。
新しいRyzen 3は“Zen 2”世代の“Matisse”をベースと氏、4-coreとなる。“Matisse”をベースに4-coreを作り出す場合、8-core CPU chipletに含まれる4-core×2 CCXを、2つのCCXのコアを半分ずつ無効化して2-core×2 CCXとする方法と、1つのCCXを丸々無効化して4-core×1 CCXとする方法があるが、今回は後者の方法がとられる模様である。それゆえ、新しいRyzen 3はL2=512KB×4+L3=16MBの構成となる。
[4-coreのRyzen 3 3300X, 3100が用意されているらしい]の続きを読む
AMD is going for customized 5nm at TSMC for ZEN4 and RDNA3?(Guru3D)

業界筋の情報によると、AMDはTSMCとともにカスタム版の5nmプロセスを設計し、2021年の製品に使用する模様だ。もしこの通りであればAMDは製造プロセスを製品に最適化することが出来、消費電力の低減と最大の周波数を得ることが出来る。
[“Zen 4”と“RDNA3”の5nmはカスタム仕様のプロセスとなる?]の続きを読む
AMD Epyc 7Fx2: high-frequency CPUs with more clock, cache and TDP(ComputerBase.de)
AMD EPYC 7F52 Benchmarks Review and Market Perspective(ServerTheHome)
New 2nd Gen AMD EPYC(TM) Processors Redefine Performance for Database, Commercial HPC and Hyperconverged Workloads(AMD)

AMDはXeonへの対抗として、新たなEPYCを複数モデル搭載した。新モデルのEPYCはいずれも周波数が著しく高められており、最大500MHzの向上を果たしている。しかもBoost時だけでなく定格周波数も同様に向上している。

周波数を高めたEPYCは今回が初めてではなく、前世代のEPYC 7371(16-core/32-thread)が最初である。しかし、今回は3モデルが該当する。

モデルナンバー百の位が“F”となるEPYCが該当モデルである。24-core, 16-core, 8-coreのモデルが用意され、順にEPYC 7F72, 7F52, 7F32と呼ばれる。
[コアあたりのキャッシュ容量を最大とし、周波数を高めたEPYC 7Fx2 series]の続きを読む
Ryzen 7 3700C & Ryzen 3 3250C: New AMD CPUs for 2-in-1 convertibles and Chromebooks(ComputerBase.de)
Mysterious AMD Ryzen 3700C & 3250C Benchmarks Surface(techPowerUp!)
Google zork (GeekBench)

2-in-1のChromebookに搭載されるとみられる新たなAPUの存在がTwitterで明らかにされた。
この情報を投稿したのは(2020年4月11日現在)可愛らしいなでしこアイコンでもおなじみのAPISAK@TUM_APISAK氏である。GeekBenchにRyzen 7 3700CなるAPUが掲載されているのを同氏が発見している。


Ryzen 7 3700Cは4-core/8-threadで、iGPUにVega系のGPUを搭載している。周波数は2.30GHzと認識されており、おそらくは“Picasso”を使用したMobile向けAPU―Ryzen 7 3700Uと類似したスペックを有するとみられている。
またその下位モデルとしてRyzen 3 3250Cも明らかにされている。こちらは2-core/4-threadで周波数はBase 2.60GHzとなる。

Chromebook用のAPUとしては“Bristol Ridge”世代のA6-9220CとA4-9120Cが投入されたことがある。今回のRyzen 7 3700CとRyzen 3 3250Cはこれらの置き換えとなるものと思われる(最新の“Renoir”ではなく、一世代前の“Picasso”なのはコストを重視した選択だろうか)。
AMD Exoscale heterogeneous processor: 32 cores and a GPU with HBM2 in one package(Guru3D)

2015年頃、AMDは32-coreの“Zen” CPUと“Greenland” GPU、そしてHBM2をオンパッケージトしたExascale Heterogenous Processor (EHP) を計画していた。

現在に至るまで、該当するProcessorに関する情報はないが、AMDのパテントを見るとこのEHPのローンチ計画はまだ生きている。TwitterのユーザーであるUnderfox@Underfox3氏の投稿によると、膨大な量のパテントが存在しており、次世代CPUやGPUに関するもの、そしてキャンセルされたと考えられていたEHPに関するものも存在したという。
[32-core CPU+GPU+HBM2を1パッケージに収めた“EHP”?]の続きを読む
Report: AMD Ryzen 4000 Desktop CPUs Arriving in September Timeframe(Tom's Hardware)
AMD 4th Gen Ryzen Desktop Processors to Launch Around September 2020(techPowerUp!)
AMD Ryzen 4000 “Vermeer” could launch in September(VideoCardz)

DigiTimesがマザーボードメーカー筋の情報として、デスクトップ向けのRyzen 4000 series CPU―“Vermeer”が今年中に登場すると報じている。

DigiTimesによると、AMDは元々“Vermeer”を5月のComputex 2020で発表する予定だった。しかし、Computex 2020がCOVID-19の影響で9月に延期され、COVID-19の拡がりの如何によってはキャンセルに至る可能性も否定できないため、AMDは“Vermeer”―Ryzen 4000 series deskctop CPUの新たなローンチ予定時期として8~9月を設定したという。
[Ryzen 4000 series desktop CPU―“Vermeer”は9月頃にローンチされる?]の続きを読む
AMD Readying New Ryzen 9 "Renoir-U" Flagship to Beat Core i7-10710U(techPowerUp!)
APU rumors: AMD Ryzen 9 4900U comes as the flagship of the U series(ComputerBase.de)
Unannounced AMD Ryzen 4000 Flagship Coming to a Laptop Near You(Tom's Hardware)
APISAK@TUM_APISAK(Twitter)

AMDは1月にノートPC向けとしてRyzen 4000U seriesを発表しているが、最上位はRyzen 7 4800Uで、Ryzen 9を名乗るモデルは存在しない。ところが、Ryzen 9 4900UなるProcessorがUserBenchmarkに掲載されているのを、この手のリークに強いTUM_APISAK氏が発見した。

Ryzen 9 4900Uもまた、そのほかのRyzen 4000U seriesと同様、“Zen 2”アーキテクチャをベースとし、TSMC 7nmプロセスで製造される。TDPは他のモデルと同様15Wで、cTDPで10Wないしは25Wの設定が可能であると推定される。
[Ryzen 4000U seriesにもさらに上のRyzen 9が用意されている?]の続きを読む
With Zen 3 AMD will overcome Intel in IPC, Zen 4 will support AVX 512 and will have more cache(MuyComputer.com)
Exclusive: Zen 3 has 10-15% Increased IPC, 8 Core CCX(AdoredTV / YouTube)

先ほどAdoredTVによる“Zen 3”の情報について紹介したが、YouTube版ではその次の“Zen 4”についても紹介していた模様である。

“Zen 4”は“Zen 3”に続く大きな進化となる。まず製造プロセスが5nmプロセスに移行する。またL2 cacheが1MBに増量される。そしてAVX-512命令のサポートが追加される。
[【怪情報】“Zen 4”ではAVX-512に対応する?]の続きを読む
AMD Ryzen 4000 Rumored to Bring 15% IPC Uplift(techPowerUp!)
AMD Zen 3 ‘Ryzen 4000 & EPYC Milan’ CPU Rumors: Up To 15% IPC Increase, Larger L3 Cache Available Per CCX(WCCF Tech)
Exclusive: Zen 3 to Feature 10-15% Increased IPC, 32 MB of L3 Cache Per CCX(AdoredTV)

“Zen 3”アーキテクチャはデスクトップ向けのRyzen 4000 series CPUや、第3世代EPYCで採用され、どちらも今年末にローンチされる見込みである。AdoredTVがその“Zen 3”に関するリーク情報を掲載しており、“Zen 3”の技術的・アーキテクチャ的な詳細が一部記されている。大きく変わるのはCCXがこれまでの4-core単位から8-core単位になることである。また“Zen 3”では高周波数化と低消費電力化も成し遂げられる。
[“Zen 3”はCCX辺りのL3 cacheが32MBとなりIPCは10~15%向上する]の続きを読む
◇Ryzen 9 4900HS
Asus ROG Zephyrus G14 Review: AMD Ryzen 9 4900HS Tested(Tom's Hardware)
AMD Ryzen 9 4900HS Torpedoes Intel's Core i9 Mobile Lineup, Fastest Mobile Processor(techPowerUp!)
Asus ROG Zephyrus G14 review – AMD Ryzen 4000 is here!(KitGuru)
◇Ryzen 7 4800HS
Renoir世代の「AMD Ryzen 7 4800HS」性能プレビュー (マイナビニュース)

“Renoir”―Ryzen 4000H/HS series APUを搭載したノートPC―ASUS ROG Zephyrus G14のレビューが複数のメディアに掲載されている。

ASUS ROG Zephyrus G14はTDP35WのRyzen 9 4900HSないしはRyzen 7 4800HSを搭載しておりCPUコア数・スレッド数はどちらも8-core/16-threadとなる。CPUの周波数はRyzen 9 4900HSが3.00GHz/Boost 4.30GHz、Ryzen 7 4800HSが2.90GHz/Boost 4.20GHzである。
[Ryzen 9 4900HS/7 4800HS搭載ノートPCのレビューが掲載される]の続きを読む
AMD's Zen 3 and Radeon RDNA 2 products are reportedly due to release this October(OC3D)

AMDが次世代CPUである“Zen 3”と次世代GPUである“RDNA 2”を今年10月―つまりMicrosoftのXbox Series XとSonyのPlayStation 5のリリース前の発表を計画しているという噂が出てきている。

また“Zen 3”と“RDNA 2”は、昨年の“Zen 2”と“RDNA”が同じ2019年7月7日に発表されたように、同時発表になるのではないかという見方も書かれている。
「次世代ゲームコンソールの発表前に“Zen 3”と“RDNA 2”を発表する」というこの理由には妙な説得力があるが、今の段階では噂程度の認識にとどめた方が良いだろうか。
AMD Details Renoir: The Ryzen Mobile 4000 Series 7nm APU Uncovered(AnandTech)
AMD Dishes on Ryzen Mobile 'Renoir' 4000 Series: New Ryzen 9 4900H, HS-Series Chips(Tom's Hardware)
AMD "Renoir" Die Shot Pictured(techPowerUp!)
AMD、“Renoir”ことZen 2ベースAPU「Ryzen Mobile 4000シリーズ」の概要を明らかに(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)

AMDは1月のCES 2020でRyzen 4000 series Mobile APU―“Renoir”について明らかにしたが、今回Ryzen Mobile Tech Dayにおいて、“Renoir”の更なる詳細が明らかにされた。“Renoir”は7nmプロセスで製造されるMobile processorで、CPUに“Zen 2”アーキテクチャを、GPUに“Vega”アーキテクチャを採用する。
[“Renoir”―Ryzen 4000 series Mobile APUがローンチされる]の続きを読む
AMD launches Ryzen 4000 Mobile Renoir processors with 7nm Vega iGPU(VideoCardz)
AMD Launches Ryzen 4900H “Renoir” Flagship APU With 25% IPC Improvement And 7nm Vega GPU(WCCF Tech)
AMD Dishes on Ryzen Mobile 'Renoir' 4000 Series: New Ryzen 9 4900H, HS-Series Chips(Tom's Hardware)
AMD Ryzen Mobile 4000-series (Renoir) examined(HEXUS)

Ryzen 4000 series Mobile APUを搭載したノートPCが本日より予約開始となった。ただし、幅広くラインナップされるまでもう2~3週ほどかかる見込みだ。AMDはRyzen 4000 series Mobile APU―“Renoir”のアーキテクチャについてより詳しい情報を明らかにしたほか、フラッグシップとなるRyzen 9 4900Hについても明らかにした。
[Ryzen 9 4900H/4900HSが追加される]の続きを読む
AMD Financial Analyst Day 2020 Round-Up: Laying A Path For Bigger & Better Things(AnandTech)
AMD Clarifies Comments on 7nm / 7nm+ for Future Products: EUV Not Specified(AnandTech)
Updated AMD Ryzen and EPYC CPU Roadmaps March 2020: Milan, Genoa, and Vermeer(AnandTech)
AMD Sheds Light on the Missing "+" in "7nm" for Zen 3 and RDNA2 in its Latest Presentation(techPowerUp!)
AMD "Zen 4" Microarchitecture On Track for 2021-22 Debut with "Genoa"(techPowerUp!)
Updated: AMD Talks RDNA2, Raytracing, Roadmaps and a possible teaser of Big NAVI(Guru3D)
AMD Financial Analyst Day 2020: CPU and GPU Roadmaps, X3D Die Stacking Revealed(Tom's Hardware)
New AMD Ryzen and EPYC Roadmaps, Zen 4 and 5nm Genoa by 2022, Zen 3 and Milan in 2020(Tom's Hardware)
AMDの次世代GPUアーキテクチャ「RDNA 2」、ついにハードウェアレイトレーシング対応(Impress PC Watch)
AMDがGPUコンピュート向けGPU「CDNA」など製品ロードマップを刷新(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)
レイトレ対応GPU「Navi 2X」は2020年後半,「Zen 3」ベースのEPYCは同年末に登場。AMDが投資家向けイベントでロードマップを明らかに(4Gamer.net)

AMDは3月5日、Financial Analyst Day 2020を開催し、CPU及びGPUの2022年までのロードマップを明らかにした。
まずCPUであるが、2020年末に“Zen 3”が7nmプロセスで、そして続く“Zen 4”は2022年までに5nmプロセスで投入される。
[AMD Financial Analyst Day 2020 CPU編 - “Zen 3”、そして“Zen 4”へ]の続きを読む
AMD Ryzen 5 4600H and Ryzen 7 4800H pop up in 3DMark: as fast as desktop?(Guru3D)

おそらく情報自体は2月中旬のものと同一であるが、Ryzen 7 4800Hに加え、Ryzen 5 4600Hの3DMark CPU scoreも掲載されている。
今回掲載されたスコアはFireStrikeのもの、Time Spyのもの両方で、2月中旬に出ていたものは後者である。
[Ryzen 7 4800HとRyzen 5 4600Hの3D Mark CPU score]の続きを読む
Ryzen 3 2300X might find its way into etail in March(Guru3D)
Report: AMD Ryzen 3 2300X Will Stop Being OEM-Only Next Month(Tom's Hardware)
AMD Ryzen 3 2300X Coming To Malaysia This March For RM 299; No Longer Exclusive To OEM(Lowyet.net)

Ryzen 3 2300XはOEM専用モデルとして販売されていたが、マレーシアのメディアであるLowyet.netによると、AMDは3月3日にリテール向けにもRyzen 3 2300Xを解禁する。

Ryzen 3 2300Xは“Zen+”世代のCPUで12nmプロセスの“Pinnacle Ridge”をベースとする。コア・スレッド数は4-core/4-thread、周波数はBase 3.50GHz/Boost 4.00GHzである。L3 cache容量は8MBである。TDPは65Wである。
[Ryzen 3 2300Xが3月よりリテール向けに解禁される模様]の続きを読む
ASUS ROG Zephyrus G14 with Ryzen 9 4900HS spotted at 1900 EUR(VideoCardz)

Ryzen 4000"HS" seriesはASUSのROG series専用に用いられているモデルである。基本的には同ナンバーのRyzen 4000H series(TDP45W)のTDPを35Wに設定したものと考えて良い。
今回、ルーマニアのオンラインショップがRyzen 9 4900HSの存在をリークした。Ryzen 9 4900HSは8-core/16-threadで、周波数はBase 3.00GHz/Boost 4.40GHzとなり、Ryzen 7 4800HS/4800Hと比較すると周波数が定格時に100MHz、Boost時に200MHz高められている。


またRyzen 9 4900HSはiGPUが8CUの仕様になると以前より言われているが、今回のリークではそこまでは言及されていない。Ryzen 7 4800H/4800HSのiGPUが7CUにとどまっていることが、Ryzen 9 4900H/4900HSのiGPUが最大仕様の8CUになるという見方を強めているものと推定される。
[Mobile向けのRyzen 9 4900HS?]の続きを読む
AMD Updates its Ryzen Embedded R1000-series with New R1305G and R1102G(techPowerUp!)
AMD Ryzen Embedded R1000 processor lineup expanded with R1102G and R1305G Processors(Guru3D)
AMD、TDP 6Wの超省電力SoC「Ryzen Embedded R1102G」など2モデル(hermitage akihabara)
New AMD Processors Drive High-Performance Computing for Embedded Industry(AMD)

AMDは2月25日、Ryzen Embeddedのラインナップを拡充し、2種類のRyzen Embedded R1000 seriesを追加した。TDPは6Wから10Wとなる。またAMDは新たな顧客からRyzen Embeddedを使用したMiniPCが提供されることも明らかにした。

今回追加されたRyzen EmbeddedはR1102GとR1305Gである。R1102GはTDP6W、R1305GはTDP8~10Wである。
[Ryzen Embeddedの追加モデル―R1305GとR1102Gが発表される]の続きを読む