北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Launches Embedded EPYC 3000 and Ryzen V1000 Processors(techPowerUp!)
AMD embeds Zen with Epyc 3000 CPUs and Ryzen V1000 SoCs(The Tech Report)
AMD launches their Ryzen Embedded V1000 and EPYC 3000 Embedded series processors(OC3D)
AMD Launches EPYC(TM) Embedded and Ryzen(TM) Embedded Processors for End-to-End “Zen” Experiences from the Core to the Edge(AMD)
AMD EPYC(TM) Embedded 3000 Series(AMD)
AMD Ryzen(TM) Embedded Processors(AMD)

AMDは2月21日、EPYC Embedded 3000 processorとRyzen Embedded V1000 processorを発表した。EPYC 3000 seriesは“Zen”アーキテクチャを搭載したCPU製品で、ネットワークやストレージ、最先端コンピューティングデバイスなどの幅広い分野に向けた製品となる。一方Ryzen V1000 seriesは医療向けのイメージングシステム、産業向けシステム、デジタルゲーミングやシンクライアントなどに向けた製品である。

ラインナップは以下の通りです。
[【AMD】組み込み向けのEPYC 3000 seriesとRyzen V1000 seriesを発表]の続きを読む
AMD's Ryzen 5 2600 is up to 31% faster than Ryzen 5 1600(TweakTown)
AMD Ryzen 5 2600 ‘Pinnacle Ridge’ CPU Performance Leaks Out – Up To 15% Faster in Single Core Tests Compared to Ryzen 5 1600(WCCF Tech)
AMD Myrtle-PiR(Geekbench Browser)

Ryzen 5 2600はRyzen 5 1600の後継となる“Zen+”世代の製品と考えられている。そしてそのRyzen 5 2600のものと思われるGeekbenchのスコアがリークし、その結果はRyzen 5 1600と比較し、Single-threadで14.5%、Multi-threadで31.5%高いものであった。

そのスコアが以下です。

  Single-Core Score:4269
  Multi-core Score:20102
[Ryzen 5 2600は現行世代から周波数の向上幅以上の高速化を実現するかも??]の続きを読む
AMD Ryzen 2000-series "Pinnacle Ridge" CPUs Get Soldered IHS(techPowerUp!)

第2世代となるRyzen 2000 series CPU―“Pinnacle Ridge”は、Integrated heatspreaders (IHS) がソルダリング(=ハンダづけ)されたものとなるとAMDのスポークスマンである“AMD_Robert”がRedditで明らかにした。
[Ryzen 2000 series CPU―“Pinnacle Ridge”はソルダリングとなるよう]の続きを読む
AMD Fully Discloses Zeppelin SOC Architecture Details at ISSCC 2018 – 7nm EPYC “Rome” Chips Rumored To Feature Up To 64 Cores(WCCF Tech)

AMDはISSCC 2018で公式に“Zeppelin” SoCダイを用いたMulti-chipアーキテクチャの詳細を発表した。“Zeppelin” SoCはAMDの14nm CPU―Ryzen 1000 series, Ryzen Threadripper, EPYCと幅広く用いられているダイのコードネームである。

“Zeppelin”のダイには2基のCore Complex (CCX) が納められている。1つのCore Complex (CCX) は4つのコアと各コアごとに512KBのL2キャッシュ、4つのコアで共有する8MBのL3キャッシュで構成されている。1つの“Zeppelin”のダイには8-core+L3=16MBが収められていることになる。この“Zeppelin”ダイの数を増減させることにより複数の製品を作り出しており、1ダイであればメインストリーム向けデスクトップのRyzen 7,5,3 1000 series、2ダイであればハイエンドデスクトップ向けのRyzen Threadripper、4ダイであればサーバー向けのEPYCとなる。
[ISSCC 2018で説明された“Zeppelin” SoCの詳細と7nm世代の“Rome”の噂]の続きを読む
ASRock and ASUS list Ryzen 5 2400GE and Ryzen 3 2200GE — low power Raven Ridge APUs(VideoCardz)
AMD Ryzen 5 2400GE and Ryzen 3 2200GE Low Power Raven Ridge APUs Spotted – 35W TDP and The Same Zen + Vega Architecture For Desktop Platforms(WCCF Tech)
Fatal1ty X370 Gaming ITX ac, CPU Suppor List(ASRock)
ROG STRIX X370-F GAMING, CPU Support List(ASUS)

ASRockとASUSのSocketAM4 CPU Support Listにより消費電力の低い“Raven Ridge”が掲載された。
マザーボードのCPU suport listが更新され、Ryzen 5 2400GとRyzen 3 2200Gが追加されたが、さらに未発表のRyzen 5 2400GEとRyzen 3 2200GEが追加されており、この“GE”を名乗るAPUのTDPは35Wと記されている。


実際にASUSとASRockのCPU support listにRyzen 5 2400GEとRyzen 3 2200GEが掲載されています。
[デスクトップ向けでTDP35Wの“Raven Ridge”があるかもしれない]の続きを読む
AMD Dual-Core Quad-Thread Athlon 200GE with Vega graphics appears on SiSoftware database(OC3D)

AMDはRyzenをハイエンドからパフォーマンス帯から展開しており、Ryzen Mobileにおいても4-coreの上位モデルが先行して発表された。“Zen”アーキテクチャで低価格帯となる製品は、つい先日になって2-coreのRyzen 3 2200Uが発表されたばかりである。

AMDは次いで低価格帯のPC市場へ“Zen”を展開する。そしてそのための製品と思われるAthlon 200GEがSiSoftwareのデータベースに姿を現した。Athlon 200GEは3.20GHzの2-core/4-threadの製品で、Vega graphicsをiGPUとして内蔵する。

Athlon 200GEとRyzen 3 2200Uを比較したものが以下の表です。
[2-core/4-threadでVega graphicsを内蔵するAthlon 200GE]の続きを読む
First Snowy Owl-platform AMD Epyc Embedded SoC and Mobo Surface(Guru3D)
AMD Epyc Embedded: High-end BGA SoC listed on first motherboard(ComputerBase.de)

“Snowy Owl”が姿を現した。“Snowy Owl”はEPYC Embeddedと呼ばれるサーバー向けプラットフォームの中心となるSoCでネットワーク向けに焦点を当てた製品となる。“Snowy Owl”はBGAで、最大16-core/32-thread、TDPは35~100Wとなる
[組み込み向けのEPYC Embedded 3000 seriesを搭載したマザーが姿を現す]の続きを読む
AMD: Zen 2 Design is Complete, Rolling Out To Customers in Late 2018 – Next-Gen EPYC Rome Family To Skip 12nm in Favor of 7nm Process(WCCF Tech)

AMDは2017年第4四半期の決算報告で、“Zen 2”世代のコアについて設計が完了しており、サンプリングを2018年後半に開始すると説明した。つまり、2019年内には“Zen 2”を採用した製品が見られることになる。
Lisa Su氏は“Zen 2”世代のサーバープラットフォームについても、中核となる部分の開発は完了していると述べた。


Lisa Su氏は今後のサーバープラットフォームの展開について以下のように述べたようです。
[EPYCは12nm世代(Zen+)を経由せず直接7nm世代(Zen 2)へ移行する]の続きを読む
Various AMD Ryzen "Raven Ridge" Models Put Through 3DMark(techPowerUp!)
AMD Raven Ridge: First benchmarks for Ryzen 3 2200G and Ryzen 5 2400G(Guru3D)

“Zen”世代のAPU―“Raven Ridge”はMobile向けに4モデル、デスクトップ向けに2モデルが発表されています。これら“Raven Ridge”の3DMarkスコアの比較が行われています。
[Mobileからデスクトップまで―“Raven Ridge”6モデルの3D Markスコア]の続きを読む
Highlights from AMD Earnings Call: Hardened "Zen2" and 7 nm "Vega" by 2019(techPowerUp!)
AMD's Zen 2 architecture is designed to resist Spectre(OC3D)

AMDは1月31日、2017年第4四半期および2017年通期の決算報告を行った。その決算報告でAMDは“Spectre”および“Meltdown”に関する立場を再度強調した。AMD processorは“Meltdown”と呼ばれる脆弱性は抱えておらず、また“Spectre”のVriant 2についてはこれを悪用した攻撃は困難であるとしている。一方でAMDは“Spectre”に対応するマイクロコードパッチを提供している。

以下がLisa Su氏のコメントになります。
[7nmプロセスの“Zen 2”と“Vega”は2019年に登場する]の続きを読む
Pinnacle Ridge: AMD wants to talk about Ryzen 2 at GDC 2018(ComputerBase.de)

2018年のGame Developers Conference (GDC) は3月19日から23日にサンフランシスコで開催される。そしてGDC 2018でAMDは技術セッションを開催する。このセッションでAMDはRyzen FamilyのCPUとAPUについて講演する模様で、新世代のRyzen processorに関する情報が出てくることが期待される。

“Optimizing for AMD Ryzen(TM) Family of CPU and APU Processors (Presented by AMD)”という表題でAMDのセッションは登録されているようです。
[3月下旬のGDC 2018で“Pinnacle Ridge”に関するアナウンスがありそう]の続きを読む
AMD Specs of Ryzen 2000G "Raven Ridge" APUs Revealed(Guru3D)
AMD Reveals Specs of Ryzen 2000G "Raven Ridge" APUs(techPowerUp!)
Raven Ridge: New AMD APUs get faster memory(ComputerBase.de)

AMDのGraphics統合Processor―APUは従来通り高速なメモリによる恩恵を受ける。デスクトップ向け“Raven Ridge”では、対応するメモリの周波数が引き上げられ、DDR4-2933まで対応する。
[Ryzen 5 2400G, Ryzen 3 2200Gのより詳細なスペック【1/25 追記】]の続きを読む
Details for Result ID AMD Ryzen: ZD2600BBM68AF_38/34_Y (6C 12T 3.4GHz, 1.1GHz IMC, 6x 512kB L2, 2x 8MB L3)(SiSoftware Official Live Ranker)

Ryzen Desktop 2000 series CPUの6-coreモデルのものと思われるCPUがSiSoftwareのデータベースに掲載されています。

“AMD Ryzen ZD2600BBM68AF_38/34_Y”という名で登録されており、コア・スレッド数は6-core/12-thread、周波数は3.40GHz、キャッシュ構成はL2=512kB×6/L3=8MB×2となっています。
[6-core/12-threadの“Pinnacle Ridge”と思われるCPUが姿を現す]の続きを読む
AMD Announces Official Price-Cuts for Ryzen Processors(techPowerUp!)

SocketAM4向けのRyzen 5 2400GとRyzen 3 2200Gの投入に合わせ、AMDやRyzen seriesの価格改定を行う。

改定前の価格と改訂後の価格は以下の通り。
[Ryzenの価格改定が行われる]の続きを読む
AMD Tech Day: Ryzen 2000 CPUs from April, Threadripper 2000 from summer(ComputerBase.de)
AMD Zen+ 12nm Ryzen and X470 motherboards to launch in April(VideoCardz)
AMD Launches Ryzen APUs with Radeon Vega Graphics, Updates Roadmap(techPowerUp!)
AMDが第2世代RyzenやAPU版Ryzen、モバイル版Vegaなどを一挙発表(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)
AMD Redefines High-Performance Computing with New Processor and Graphics Products Preview at CES 2018(AMD)

AMDはCES 2018でTech Dayを開催し、2018年の製品計画を明らかにした。2018年の製品計画としてRyzen 2000 seriesがデスクトップ向けAPU及び“Zen+”世代の単体CPUとして登場し、さらにRyzen Threadripper 2000 seriesの計画も明らかにされた。

Ryzen 2000 seriesは“Raven Ridge”のラインナップ増強から始まる。まず2月12日にTDP15WでノートPC向けのRyzen 3とTDP65Wのデスクトップ向け“Raven Ridge”が投入される。
4月にはiGPUを搭載しない単体CPU製品の“Pinnacle Ridge”が同様にRyzen 2000 seriesとして登場する。
[【CES 2018】AMD CPU/APUのロードマップアップデート―'18年は“Zen+”の年に]の続きを読む
“Raven Ridge”でL2 cacheのレイテンシが改善されているかもしれないという話がTwitter上で出てきています。
[“Raven Ridge”はL2キャッシュのレイテンシが改善されているかもしれない?]の続きを読む
AMD preparing mobile Ryzen 5 APU with Vega 11 graphics(VideoCardz)
AMD Readies Mobility Aimed Ryzen 5 and Ryzen 3 APUs With Vega 11 and Vega 8 Graphics – Will Launch in 65W – 35W Variants(WCCF Tech)
Ryzen Mobile 3 2200G e Ryzen Mobile 5 2400G per Socket AM4? [UPDATE](bit and chips)

リークしたスライドに初めてVega 11が姿を現した。新型のRyzen Mobile seriesではより高いTDPを有するとともに、より強力なVega graphicsを内蔵する。Ryzen 5 2400Gは4-core/8-thradのAPUでVega 11を搭載する。TDPは65Wまたは35Wとなる。またこれに加えてRyzen 3 2200Gというものも明らかにされ、こちらは4-core/4-threadでiGPUとしてVega 8を搭載する。

Ryzen 7 2700UとRyzen 5 2500Uが投入されているU seriesにも新たなSKUが加えられ、Compute unit数6基のVega graphicsを搭載するRyzen 3 2300Uが追加される。
[Vega 11を搭載するRyzen 5 2400GとVega 8を搭載するRyzen 3 2200G]の続きを読む
Rumor: Ryzen 2 set for Q1 2018 and a Fenghuang APU breaks cover(The Tech Report)
Mystery AMD APU with 1,792 SP Shows Up on SANDRA Database(techPowerUp!)
Details for Result ID AMD 15FF Graphics (28CU 1792SP SM5.2 555MHz, 16kB L2, 2GB 2.4GHz 32-bit, Integrated Graphics) (D3D 11)(SiSoft Sandra Database)

第2世代のRyzen(“Pinnaclr Ridge”)は2018年第1四半期に登場するという話が出てきている。しかし、これとは別に、“Fenghuang”と呼ばれる未発表のAPUが突如SiSoft Sandra Databaseに姿を現した。

“Fenghuang”は“15FF”と呼ばれるGPUを統合したAPUであるという。この“15FF”は28基のRadeon Compute Unitを搭載し、Shader processorの数は1792となる。またVRAMを2GB搭載するが、このVRAMがどのタイプのメモリかはわからない。周波数は555MHzとそれらしい数字が出てきており、L2キャッシュは16KBと表示されている。
[“Fenghuang”―GPUのCompute Unit数が28の謎のAPU]の続きを読む
AMD Ryzen 2 Set For March 2018 Launch On 12nm – To Support Higher Core & Memory Clock Speeds(WCCF Tech)
AMD confirms 2nd Gen Ryzen launching in Q1 2018(VideoCardz)

AMDは12nmプロセスで製造される“Pinnacle Ridge”をRyzen 7,5, 3 2000 seriesとして投入する。これらはより高い周波数を実現し、より高速なDDR4メモリのサポートが行われる。

AMDは“Pinnacle Ridge”―Ryzen 2000 seriesを段階的に投入する。まずRyzen 7を2月に投入、続いて3月にRyzen 5とRyzen 3を投入する。これらはGlobalFoundriesの“12nm Leading Performance”プロセスで製造され、改良型の“Zen+”アーキテクチャを採用する。
[“Pinnacle Ridge”はRyzen 2000 seriesとして2018年第1四半期に登場予定]の続きを読む
AMD Makes a Surprise Appearance: Ryzen Mobile with Qualcomm LTE(AnandTech)
Select AMD Mobile Platforms to Include Qualcomm-Powered LTE Capabilities(techPowerUp!)
AMD to add Qualcomm LTE modems to Ryzen Mobile laptops(Guru3D)

Qualgomm Technology Summitにおいて、AMDはQualcommとの提携を電撃的に発表した。その内容であるが「AMD processorを搭載したMobileプラットフォームにQualcommのLTEモデムを搭載し、そのMobileデバイスにおいて常時接続を可能とする」というものだ。AMDのKevin Lensing氏が登壇し、説明したところに寄ると、Ryzen 7 2700U, Ryzen 5 2500Uを含むRyzen MobileプラットフォームにQualcommのLTEモデムを搭載したリファレンスデザインはOEM向けに出荷されているという。
[Ryzen MobileにQualcommの4G LTEモデムが組み合わされる]の続きを読む