北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Announces Mini PC Initiative, Brings the Fight to Intel in Yet Another Product Segment(techPowerUp!)
AMD announces Mini-PCs with Ryzen Embedded processors(VideoCardz)
AMD’s Ryzen-Powered Mini PC Initiative: Small Form-Factor Infusion(PC Perspective)
Ryzen UCFF-palooza: Multiple PC Makers Now Shipping AMD Ryzen Embedded Systems(AnandTech)

AMDはRyzen Embedded V1000およびR1000 seriesを搭載した小型PC群を発表し、Intelが優位であった市場に切り込もうとしている。このRyzen Embedded V1000, R1000搭載のMiniPCはASRockやEEPD、OnLogic、Simpley NUCなど様々なパートナーから発表されている。設計は各社独自のもので、業務向けを意識したものから、これまで小型PCになかったコンピューティングニーズに切り込もうというものまで様々である。これらの小型PCは高性能なCPU/GPU processorを搭載し、豊富な周辺機能のサポート、強固なセキュリティ、10年のProcessorサポートを計画している。
[AMD Ryzen Embeddedを使用した小型PCを発表]の続きを読む
AMD Radeon RX 5500 XT launches next week, Radeon RX 5600 XT in January?(VideoCardz)
AMD Radeon RX 5600 XT 6 GB GDDR6 Navi Graphics Card Reportedly Launching in January(WCCF Tech)

VideoCardzでRadeon RX 5600 seriesについて説明するのは初めてかもしれない。少なくともVideoCardzでは2つのメーカーがRadeon RX 5600 XT搭載カードを開発していると説明を受けている。Radeon RX 5600 XTもまたGDDR6メモリを搭載するカードとなり、Radeon RX 5000 seriesは全て最新のGDDR6メモリを搭載することになる。

現時点でのRadeon RX 5600 XTの情報は限られているが、6GBのGDDR6を搭載するらしい。そしてこの6GBという容量からおそらくはメモリインターフェースは192-bitであろう。
Radeon RX 5600 XTは来年初めに登場し、おそらくは1月になるのではなかろうか。
[Radeon RX 5600XTの可能性]の続きを読む
AMD's mobile APU "Renoir" with high graphics memory clock?(Planet3DNow!)

デスクトップから始まり、サーバー、HEDTと展開された“Zen 2”であるが、次なるターゲットはMobile APUである。“Zen 2”世代のMobile APUは“Renoir”として2020年に登場する。そして最近の噂では1月7日~10日の日程で開催されるCES 2020で発表されるのではないかと言われている。“Renoir”のiGPUは“Navi”ではなく“Vega”となる。しかし、同じ“Vega”でも大幅な向上が成されたものとなる。リーク情報に詳しいAPISAK氏が“Renoir”のメモリ周波数が現行世代の“Picasso”と比較すると大幅に高いことを指摘している。

APISAK氏が提示している“Renoir”は8 CUの“Vega”を搭載したものであるが、その周波数も高く1750MHzに達する。“Picasso”のiGPUが1200~1400MHzなので、大幅に向上していることになる。“Renoir”のiGPUの周波数が高くなる可能性は過去にも指摘されている。
[次世代APU―“Renoir”が高速なメモリに対応するという話]の続きを読む
The AMD Ryzen Threadripper 3960X and 3970X Review: 24 and 32 Cores on 7nm(AnandTech)
Review: AMD Ryzen Threadripper 3960X and 3970X(HEXUS)
AMD Threadripper 3970X and 3960X Review: High-End Domination(Tom's Hardware)

第3世代Ryzen ThreadripperとなるRyzen Threadripper 3970Xおよび3960Xのレビューが解禁された。
既報の通り、両者とも“Zen 2”をベースとするCPUで3970Xが32-core/64-thread、3960Xが24-core/48-threadである。対応Socketは“sTRX4”、チップセットはTRX40となり、前世代のTR4 / X399チップセットマザーには対応しない。
[Ryzen Threadripper 3970X, 3960Xのレビューが解禁される]の続きを読む
AMD Paves Upgrade Path for TRX40 Platform with 64-core 3990X in 2020(techPowerUp!)
AMD to launch Ryzen Threadripper 3990X with 64-cores in 2020(VideoCardz)
AMD Ryzen Threadripper 3990X 64 Core & 128 Thread HEDT CPU Confirmed – Launching in 2020, 280W TDP & 288 MB Cache(WCCF Tech)
AMD,第3世代Ryzen Threadripperの詳細を明らかに。2020年には64コア128スレッド対応の「Ryzen Threadripper 3990X」をリリース(4Gamer.net)

AMDは11月25日、Threadripperプラットフォームに64-coreの製品を2020年に追加することを明らかにした。64-core/128-threadとなる製品はRyzen Threadripper 3990Xであり、TDPは280W、L2+L3 cache容量は288MB(L2=512KB×64+L3=256MB)となる。
[64-coreのRyzen Threadripper 3990Xが予告される]の続きを読む
AMD hints at Zen 3's performance gains - Claims its an "entirely new architecture"(OC3D)
AMD Zen 3 is designed to be a new architecture and have significant IPC improvements(Planet3D)

“Zen 2”はAMDにとて戦局を変えた世代で、“Zen 2”がもたらされた市場領域全てにおいて成功を収めている。“Zen 2”の成功の1つとして最先端プロセスが使用できたことがあり、この十数年間得られなかった強力な競争力を得るに至った。

“Zen 2”ではAMDはCPU性能を一気に上げることが出来たが、次の“Zen 3”でもCPU性能の向上の手を緩めるつもりはないようである。AMDのForrest Norrod氏によると“Zen 3”は“entirely New architecture”であるという。そして“Zen 3”は「新しいアーキテクチャに期待されるものに光を当てるもの」になるという。
[“Zen 3”の性能向上の秘密―"Zen 3" would be an Entirely New Architecture]の続きを読む
Pin layouts show differences between AMD SP3 and TR4 sockets(VideoCardz)
AMD Ryzen Threadripper sTRX4 & TR4 Socket Pin Layouts Detailed – Vastly Different Config on 3rd Gen TRX40 Platform(WCCF Tech)
Mainboard | Here's a pinmap comparison between SP3 / TR4 (SP3r2).(HardwareBattle)

HardwareBattleにおいてRyzen Threadripper 1000, 2000 seriesのTR4 socketとEPYCで使われるのSP3 socketのpin配列の比較が行われている。

そして、そのpinを機能ごとに色分けしてmappingしたものが掲載されているが、一見してわかるのは上のSocketと比較すると下のSocketは桃色の領域が増えていることである。桃色の領域は“RSVD”―Redundant pinで、冗長化用のpinである。そして上のSocketでは“RSVD”とされていたpinの多くがDATA用のpinとなっている。
[SocketSP3とSocketTR4のpin配列の比較【11/19 改題・修正】]の続きを読む
The AMD Ryzen 9 3950X Review: 16 Cores on 7nm with PCIe 4.0(AnandTech)
AMD Ryzen 9 3950X Review(bit-tech.net)
Review: AMD Ryzen 9 3950X(HEXUS)
AMD Ryzen 9 3950X review - Introduction(Guru3D)
メインストリーム最上位に君臨する「Ryzen 9 3950X」をテスト(Impress PC Watch)
メインストリーム初の16コアCPU、「Ryzen 9 3950X」はどこまで速くなったのか(hermitage akihabara)

11月14日23時付けでRyzen 9 3950Xのレビューが解禁された模様で、各メディアよりレビューが掲載されている。
Ryzen 9 3950Xのスペックは以下の通りとなる。
[Ryzen 9 3950Xのレビューが解禁された模様]の続きを読む
AMD Promises Long-Term Support For Threadripper 3000 sTRX4 CPU Socket
Read more at https://hothardware.com/news/amd-ryzen-threadripper-strx4-zen-2-trx40#rUHxShXe4OsxWLJU.99
(HotHardware)
Enthusiasts Rejoice, AMD’s New Threadripper sTRX4 Socket Is Here To Stay – ‘Long Term’ Longevity Confirmed(WCCF Tech)

先週、AMDはRyzen Threadripper 3000 seriesを発表した。この最新世代のThreadripperは“Zen 2”をベースとし、CPU chipletは7nmプロセスで製造される。ラインナップとして明らかにされたのは24-coreのRyzen Threadripper 3960Xと32-coreの3970Xである。

そしてこのRyzen Threadripper 3000 seriesは新しいsTRX4 socketとTRX40チップセットを使用する。sTRX4 socketは従来のRyzen Threadripper 1000 series及び2000 seriesと互換性はない。sTRX4 socketのpinの本数は4096で前世代のTR4と同じであるものの、電気的に非互換となっている。AMDの説明によると電圧及びデータpinの配置が異なっており、Ryzen Threadripper 3000 seriesをX399マザーボードに挿すないしは逆にRyzen Threadrippe 1000, 2000 seriesをTRX40マザーボードに挿すことはできない。
 
その上でAMDは次のように説明している。
[Threadripper 3000 seriesのsTRX4 socketはある程度長い間使われる模様]の続きを読む
AMD Announces Ryzen 9 3950X, Details 3rd Gen Ryzen Threadripper, unlocked Athlon 3000G(techPowerUp!)
AMD Q4: 16-core Ryzen 9 3950X, Threadripper Up To 32-Core 3970X, Coming November 25th(AnandTech)
AMD sets release date for Ryzen 9 3950X and 3rd Gen Threadripper(HEXUS)
AMD confirms 3rd Gen Threadripper and 3950X for Nov 25th(bit-tech.net)
AMD announces Ryzen Threadripper 3960X, 3970X and Ryzen 9 3950X(VideoCardz)
AMD Unveils Threadripper 3960X and 3970X, Ryzen 9 3950X Details, and Athlon 3000G(Tom's Hardware)
AMD,16C32Tの新型CPU「Ryzen 9 3950X」を11月25日に発売。第3世代Ryzen Threadripperの概要も明らかに(4Gamer.net)

AMDは11月7日、4種類のデスクトップ向けProcessor製品を発表した。うち2種類はSocketAM4に対応するProcessorでAM4プラットフォームのフラッグシップとなるRyzen 9 3950Xと同プラットフォームのローエンドを担うAPUであるAthlon 3000Gである。
残り2種類はHEDT向けのRyzen Threadripper 3970X, 3960Xである。これらは新たにsTRX4と呼ばれるCPU socketを用い、対応するチップセットとしてTRX40 chipsetが用意される。


多数の製品が発表されたので1つずつ紹介する。
[第3世代Ryzen Threadripper, TRX40, Ryzen 9 3950Xが発表される]の続きを読む
Gigabyte Lists Unannounced AMD Athlon 3000G Dual-Core APU(Tom's Hardware)
AMD Athlon 3000G budget processor may be on its way(bit-tech.net)
B450 Gaming X CPU support list(Gigabyte)

AMDは“Piacsso”世代のデスクトップ向けAPUとしてRyzen 5 3400GとRyzen 3 3200Gをリリースしている。一方、低価格向けの製品はAthlon Pro 300GEのみがラインナップされている。
ところが、GigabyteのCPU support listに新たにAthlon 3000Gなる“Picasso”世代のAPUが掲載された。CPU support listの表記通りであれば12nmプロセスで製造される“Zen+”世代のAPUで、iGPUには“Vega”世代のものを用いる。


スペックは以下の通りである。
[Athlon 3000G?]の続きを読む
◇Ryzen Threadripper 3000 seriesのローンチは11月7日?
AMD to announce 3rd Gen Ryzen Threadripper on November 7th(VideoCardz)

11月5日にRyzen Threadripper 3000 seriesおよび新たなHEDTプラットフォームであるsTRX4プラットフォームが発表されるといわれていたが、どうやら変わったようである。VideoCardzが得た情報によるとAMDはRyzen Threadripper 3000 seriesを11月7日に発表する。

AMDはRyzen Threadripper 3000 seriesとして3960X, 3970X, 3990Xの3種類を発表する。またマザーボード各社は対応するTRX40マザーボードを発表する。
[Ryzen Threadripper 3000 seriesのローンチは11月7日? 他]の続きを読む
Zen's future focuses on architecture, not process tech, says AMD's Lisa Su(OC3D)
AMD CEO: Next-Generation Zen and rDNA Core Focus is Architecture, Not Process Technology – Will Transition to 5nm at the Appropriate Time(WCCF Tech)

AMDの“Zen 2”の成功は3つの要素がある、プロセス技術、改良されたコアの設計、そして先進的なChiplet設計である。

AMDがTSMCの7nmプロセス技術を使用したことには多くの注目が集まっており、AMDは電力効率の向上とより高い周波数、より高いトランジスタ密度を実現できている。これらはいずれも良い事ではあるのだが、AMDの“Zen 2”が旧来の設計法に全て頼っていたわけではない(この部分だいぶ訳が怪しいです)
[今後のAMDはプロセス技術よりアーキテクチャを重視する]の続きを読む
AMD "Renoir" APU 3DMark 11 Performance Figures Allegedly Surface(techPowerUp!)
AMD Renoir | AMD Celadon-RN | 3dmark 11(Reddit)

AMDの“Renoir”は現行の“Picasso”に続くAPUである。そして“Renoir”のEngineering Sampleが“Celaden-RN”なる試作プラットフォームで動作しており、その際の3DMark 11の性能指標がRedditに投稿されている。

3パターンがあり、Config 1, Config 2, Config 3となっている。
[AMDの次世代APU―“Renoir”の3DMark 11の性能?]の続きを読む
AMD's 64-Core EPYC and Ryzen CPUs Stripped: A Detailed Inside Look(Tom's Hardware)
AMD Epyc Rome CPUs hold almost 40 billion transistors per chip(Guru3D)
AMD Epyc Rome CPU put under the microscope(HEXUS)

第2世代EPYC―“Rome”のダイを詳細に観察したレポートが掲載されている。まず、ヒートスプレッダをはがした写真が掲載されているが、発表前にLisa Su氏が掲げて見せたとおり、中央に大型のI/Oダイ、その両サイドに合計8つのCPU Chipletが配置されている。
[“Rome”のダイを詳細に観察した]の続きを読む
AMD Ryzen 9 3950X Beats Intel Core i9-10980XE by 24% in 3DMark Physics(techPowerUp!)
Ryzen 9 3950X Outperforms Core i9-10980XE in 3DMark Fire Strike Benchmark(Tom's Hardware)
AMD Ryzen 9 3950X 16 Core Crushes The Intel Core i9-10980XE 18 Core CPU in 3DMark Firestrike – Up To 24% Faster Than Intel’s Flagship HEDT(WCCF Tech)
Ryzen 9 3950X 24 Percent Faster Than i9-10980XE in Leaked 3DMark Benchmark(PC Perspective)

AMDが予定しているSocketAM4向けの最上位CPU―Ryzen 9 3950Xが、IntelのHEDT向けCPUのフラッグシップである18-coreのCore i9 10980XEを3DMark Physicsのスコアで24%上回ったという。

まず各CPUのスペックをおさらいしたい。
[Ryzen 9 3950XとCore i9 10980XEの3DMark Physicsスコアの話]の続きを読む
AMD confirms that Zen 5 is already in development(OC3D)

“Zen 2”は大幅な性能向上を成し遂げた。しかし、Ryzenの進化がこれで終わるわけではない。AMDは競争力をつけるだけでなく、x86 CPU市場のPerformance leaderになるべく計画を練っている。そして、そのためには“Zen 2”の後継を据えるに当たり、より大きく考えなくてはならない。

“Zen 2”の次の“Zen 3”は既に“設計完了”の段階にある。つまり、“Zen 3”のアーキテクチャは決定され、各種試験や製造の段階にある。そしてAMDのコア設計チームは“Zen 4”と“Zen 5”を用意している。AMDはイタリアのローマで開催された“Horizen Executive Summit”で“Zen 4”及び“Zen 5”について“設計中”の段階にあると説明した。
[“Zen 5”は既に開発段階に入っている]の続きを読む
Exclusive: AMD Ryzen Threadripper 3960X, 3970X and 3990X launch dates leaked(VideoCardz)
AMD's Ryzen Threadripper 3960X, 3970X and 3990X Launch/Reveal Dates Have Leaked(OC3D)
AMD Ryzen Threadripper 3960X, 3970X and 3990X Rumored Launch Dates(Tom's Hardware)

AMDはRyzen Threadripper 3000 seriesのSKUとして3960X, 3970X, 3990Xを予定している。このうちRyzen Threadripper 3960Xと3970Xは11月5日に発表され、11月19日に市場に出回り、レビューが解禁される。

Ryzen Threadripper 3990Xは11月5日に発表はされるが、市場流通は2020年1月に予定されている。また11月時点ではRyzen Threadripper 3990Xがあること、そのCPUコア数のみが明らかにされると見込まれ、周波数は明らかにされないだろう。
[第3世代Ryzen Threadripperはまず3990X, 3970X, 3960Xがローンチされる]の続きを読む
AMD Ryzen 7 3750X Spotted - Has a TDP of 105 watts(Guru3D)
AMD Inadvertently Reveals Ryzen 7 3750X 105W CPU(Tom's Hardware)

先日、OEM向けのRyzen 3000 seriesとしてRyzen 9 3900とRyzen 5 3500Xが発表された。そして今回、おそらくはOEM向けとなると予想される未発表のRyzen 3000 seriesの型番が明らかになった。それがRyzen 7 3750Xである。

Ryzen 7 3750Xは8-coreで、TDPが105Wに上昇している。同じ8-coreながらTDP65WのRyzen 7 3700Xから周波数が上がっているものと推定されるが、詳しい情報はわからない。
[TDP105WのRyzen 7 3750X?]の続きを読む
AMD names 24-core Zen2 CPU as Ryzen Threadripper 3960X(VideoCardz)
Ryzen Threadripper 3960X Pops Up in AoTS database - 280W TDP entries spotted also(Guru3D)
AMD Lists Threadripper 3000 CPU With 32 Cores, Possible New Socket(Tom's Hardware)

AoTS databaseに未発表の第3世代のRyzen Threadripperの1モデルとなるであろうRyzen Threadripper 3960Xが掲載された。
第3世代Ryzen Threadripperは“Zen 2”をベースとし、今回明らかになったRyzen Threadripper 3960Xは24-coreとなる。


また現在は閲覧できないものの2019年9月付けの“Product Master”にもRyzen Threadripper 3000 seriesに関する記載があった。資料は600ページ超に渡る膨大なもので、前半はOPNの一覧表となっている。後半の550ページ前後にRyzen Threadripper 3000 sereisのものと推定される記載がある。
[24-coreのRyzen Threadripper 3960X]の続きを読む