北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
◇Ryzen 9 7940HS(“Phoenix Points”)の3DMark TimeSpyスコア
AMD Radeon 780M Integrated RDNA 3 GPU Makes A Pass At 3DMark, Here's How It Did(HotHardware)
AMD Radeon 780M – integrated RDNA3 graphics tested in 3DMark (LEAK)(Igor's Labs)
AMD Radeon 780M RDNA3 integrated graphics have been tested in 3DMark(VideoCardz)
金猪升级包 2023-02-03 11:46(bilibili)

CES 2023でAMDはMobile向けの最新APUとなる“Phoenix Points”―Ryzen 7040 seriesを発表した。“Phoenix Points”は最大8-coreの“Zen 4”CPUと、最大6 WGPの“RDNA 3”GPUを組み合わせたAPUで、さらにXDNAと呼ばれるAI engineを搭載する。製造プロセスはTSMC N4である。
この“Phoenix Points”ことRyzen 9 7940HSを使用したベンチマークがbilibiliに掲載された。


掲載されたのは3DMark TimeSpyのスコアで25W設定と54W設定で計測されている。そのスコアは以下の通りである。
AMD’s Ryzen 7000X3D Chips Get Release Dates: February 28th and April 6th, For $699/$599/$449(AnandTech)
AMD Ryzen 7000X3D Series Prices Revealed, Available Feb 28(techPowerUp!)
AMD Announces Ryzen 7000X3D Pricing: $449 to $699 Starting Feb 28th(Tom's Hardware)
AMD「Ryzen 7000X3D」シリーズのグローバル市場向け発売日と価格が判明(hermitage akihabara)
You asked. Here it is!(AMD Ryzen@AMDRyzen)

AMDは2月2日、Ryzen 7000X3D seriesの価格と解禁日を発表した。Ryzen 7000X3D seriesは“Zen 4”世代のデスクトップ向けCPUの新製品で、3D V-cacheを搭載することで主にゲーミング性能の向上を狙ったモデルとなる。

Ryzen 7000X3D seriesは16-coreのRyzen 9 7950X3D、12-coreのRyzen 9 7900X3D、8-coreのRyzen 7 7800X3Dで構成される。このうち2月28日にRyzen 9 7950X3DとRyzen 9 7900X3Dが解禁され、遅れて4月6日にRyzen 7 7800X3Dがリリースされる。
価格はRyzen 9 7950X3Dが$699、Ryzen 9 7900X3Dが$599、Ryzen 7 7800X3Dが$449である。
AMD comments on Ryzen 7000 X3D overclocking(OC3D)
Ryzen 7000X3D processors with OC support (Update)(HardwareLuxx)

Ryzen 7000X3D seriesはCESで発表された製品群で、“Zen 4”をベースとするRyzenに64MBの3D V-cacheを追加したものである。これにより、L3 cacheを増量し、特にゲームでより高い性能を発揮することが期待されている。

1月24日のHXL@9550pro氏がRyzen 7000X3D seriesの製品ページに“Unlock for Overclocking”の項目が追加され、さらにその項目が“Yes”となっていたことが発見された。しかし、これは先の2月14日ローンチと同様に誤りであったようで、後にその項目は削除されている。
そしてAMDからRyzen 7000X3D seriesのオーバークロックに関する文章がHardwareLuxxに送付された。
AMD - Ryzen 7000X3D processors not released on the 14th(Guru3D)
AMD unconfirms Ryzen 7000 X3D's release date - Gaming Heartbreak(OC3D)

昨日、AMDはRyzen 7000X3D seriesのページに2月14日をLaunch Dateとして掲載した。この通りであれば今年のバレンタインデーはハードコアなゲーマー達にとって一大イベントの日になるはずだった。

しかし、この2月14日のLaunch Dateは間違いだったようで、AMDはRyzen 7000X3D seriesのページからLaunch Dateの記載を削除した。
AMD Ryzen 7000X3D series to launch on Valentine’s Day(VideoCardz)
AMD reveals Ryzen 7000 X3D's release date - Zen 4 with a Gaming Boost(OC3D)
MD Ryzen(TM) 9 7950X3D ゲーミング・プロセッサー(AMD)
MD Ryzen(TM) 9 7900X3D ゲーミング・プロセッサー(AMD)
AMD Ryzen(TM) 7 7800X3D ゲーミング・プロセッサー(AMD)

AMDの公式Webサイトには既にRyzen 9 7950X3D, Ryzen 9 7900X3D, Ryzen 7 7800X3Dが掲載されている。
そしてOC3Dが新たにこれら3種類のRyzen 7000X3D seriesのLauch Dateが記載されていることを発見した。それによるとローンチ予定日は2023年2月14日となっている。
128 Core AMD Epyc Bergamo Process Spotted: 3.1GHz Boost Clock and a TDP of 360W? (Hardwaretimes.com)
CPU-Z:???(YuuKi_AnS@yuuki_ans)

YuuKi_AnS氏がEPYC 9754のスクリーンショットをTwitterに投稿している。

EPYC 9754は“Zen 4c”を使用した“Bergamo”がベースとなる製品で、“Zen 4”世代としては最大の128-coreとなる製品である。
AMD Ryzen 7000X3D CPUs can be distinguished by a new box, lower Tjmax temperature confirmed(VideoCardz)
AMD Ryzen 7000 X3D CPUs Have A 6C Lower Tjmax of 89C Versus The 95C On Non 3D V-Cache SKUs(WCCF Tech)
AMD Ryzen 7000X3D Processors Have a Distinct Retail Packaging(techPowerUp!)
AMD Ryzen 9 7950X3D Tjmax: 89 °C(Andreas Schilling@ashilling)

◇Ryzen 7000X3D seriesのTjMaxの話

HardwareluxxのAndreas Schilling氏がRyzen 7000X3D seriesの最大動作温度(TjMax)について興味深い発見をした。
通常のRyzen 7000 seriesのTjMaxは95℃に設定されているが、Ryzen 7000X3D seriesのTjMaxは89℃と6℃低く設定されている。背景には3D V-cache搭載製品においては動作温度を低く抑えたいという狙いがあるようだ。手動オーバークロックが許可されていない点もおそらく同様の理由である。
AMD Ryzen 7000 X3D CPUs Don’t Feature Manual Overclocking, Microsoft To Deliver Optimizations In Windows 11(WCCF Tech)
AMD Unveils Three Ryzen 7000X3D V-Cache Chips, Three New 65W Non-X CPUs, Too(Tom's Hardware)
午後7:17 · 2023年1月5日(HXL@9550pro)
Let's have a look at Ryzen 7000 X3D with 2 chiplets.(CapFrameX@CapFrameX)

先日発表されたばかりのRyzen 7000X3D seriesであるが、もう少し詳しい話が掲載されている。
その内容は2 CCD構成のRyzen 9 7950X3DとRyzen 9 7900X3Dでどのようなタスクの制御をするか、オーバークロック周りの仕様はどうなってるかの2つである。

まずRyzen 9 7950X3DとRyzen 9 7900X3Dの話である。この2製品は2CCD構成であるが、3D V-cacheが搭載されているのは片方のCCDのみである。つまり非対称なダイ構成となる。これについてはTom's Hardwareの記事に説明がある。
CES 2023: AMD Instinct MI300 Data Center APU Silicon In Hand - 146B Transistors, Shipping H2’23(AnandTech)
AMD Instinct MI300 Data Center APU Pictured Up Close: 13 Chiplets, 146 Billion Transistors(Tom's Hardware)
AMD、CPU+GPUが1チップの「Instinct MI300」公開。HPC/AI向けとして今年後半投入(Impress PC Watch)
AMD CES 2023 Update - Ryzen 9 7950X3DとCore i9-13900Kの比較など新製品の情報を追加、隠し玉も(マイナビニュース)
MI300 Socket SH5 and EPYC 9004 Socket SP5 of the same size(HXL@9550pro)

CES 2023でAMDは次世代のアクセラレータ製品であるInstinct MI300を明らかにした。

Instinct MI300はデータセンター向けAPUというべき製品で13個のchipletから構成され、3D積層技術が多数用いられている。内容であるが24-coreの“Zen 4” CPUとCDNA 3 graphics engineが搭載され、8 stackのHBM3が合計128GB搭載されている。合計のトランジスタ数は1460億となる。
AMD Unveils Ryzen 9 7950X3D, 7900X3D, and Ryzen 7 7800X3D, Up to 128 MB of L3 Cache And 5.7 GHz Boost(AnandTech)
AMD Unveils Three Ryzen 7000X3D V-Cache Chips, Three New 65W Non-X CPUs, Too(Tom's Hardware)
AMD Confirms Ryzen 9 7950X3D and 7900X3D Feature 3DV Cache on Only One of the Two Chiplets(techPowerUp!)
AMD Ryzen 7000X3D Announced, Claims Total Dominance over Intel "Raptor Lake," Upcoming i9-13900KS Deterred(techPowerUp!)
AMD、“世界最高のゲーミングCPU”「Ryzen 7950X3D」(Impress PC Watch)
AMD Announces Ryzen 9 7900, Ryzen 7 7700, and Ryzen 5 7600 Processors: Zen 4 at 65 W(AnandTech)
AMD Expands Desktop Ryzen 7000 "Zen 4" Processor Family with 65W Models(techPowerUp!)
AMD、65W版Ryzen 7000を1月10日発売。最廉価モデルは229ドルから(Imperss PC Watch)

CES 2023に合わせ、AMDは多数の新製品を発表した。他社に比較しても非常に多岐にわたるため、3つに分けて紹介する。

まず1つめはデスクトップ向けの新製品である。デスクトップ向けには“Zen 4”を使用したCPU製品の新製品として3D V-cacheを適用したRyzen 7000X3D seriesとTDPを65Wに低減したRyzen 7000 non-X series(いわゆる無印モデル)が発表された。
AMD Ryzen 7000 non-X series to launch January 10th, Ryzen 9 7900 faster than 5900X(VideoCardz)
AMD Ryzen 7000 non-X Series to Launch on January 10th(techPowerUp!)

以前からの情報通り、AMDは2023年1月にSocketAM5向けのRyzen CPUの新モデルをローンチする。新しく投入されるRyzen CPUとしてTDP65Wのnon-Xモデルがある。non-Xモデルは12-coreのRyzen 9 7900、8-coreのRyzen 7 7700、6-coreのRyzen 5 7600の3種類である。

今回、VideoCardzが入手したスライド資料によると、Ryzen 7000 series non-Xモデル3種類は上から順に$429、$329、$229で1月10日にローンチされるとある。

non-XモデルのRyzen 7000 seriesのセールスポイントはやはり省電力性となるが、別のスライド資料によるとTDP65WのRyzen 9 7900 + DDR5-6000はTDP105WのRyzen 9 5900X + DDR4-3600よりも平均で19%高いゲーミング性能を有するとある。
CES 2023 | AMD Ryzen 7000HS APUs debut with Lenovo IdeaPad Pro 5 14 and IdeaPad Pro 5 16 together with GPU options up to Nvidia RTX 4050(Notebookcheck)
AMD Ryzen 7000 Phoenix, Rembrandt-R & Barcelo-R Laptop CPUs Leaked By Lenovo(WCCF Tech)
Lenovo’s New Consumer Devices Deliver Next-Gen Features for Performance, Versatility, and Convenience(Lenovo)

Lenovoは新型のIdeaPad Pro 5の14インチモデルと16インチモデルにおいてAMD Ryzen 7000HS series APUを搭載する模様だ。

NotebookcheckのWebサイトにそのIdeaPad Pro 5の14インチ・16インチモデルのスペック表が掲載されている。そこのProcessorの項目に未発表のRyzen 7000HS seriesが記載されている。またLenovoのプレスリリースにもRyzen 7000 series APUの型番が記載されている。
Lenovoのプレスリリースから確認できるRyzen 7000 series APUの型番は以下の通りである。
AMD Ryzen Threadripper 7000 reportedly launching in September 2023(VideoCardz)
AMD Ryzen Threadripper 7000 ‘Storm Peak’ CPUs Launching In September 2023: HEDT & Workstation Flavors With Up To 8-Channel Memory & 128 PCIe Gen 5 Lanes(WCCF Tech)
AMD Storm Peak(chi11eddog@g01d3nm4ng0)
Up to 96 Pro & 64 normal.(All The Watts!!@All_The_Watts)

“Zen 4”世代のRyzen Threadripperは“Storm Peak”というコードネームが付けられているが、Twitterのリーカーによると2023年9月に登場するという。

今回の情報をリークしたChi11eddog氏によると、AMDは“Storm Peak”を2023年9月に投入する予定で、ハイエンドデスクトップ向けとワークステーション向けの2系列の製品が用意されるという。
AMD Ryzen 7900/7700/7600 CPU pricing and specifications have been confirmed(VideoCardz)
AMD Ryzen 7000 Non-X CPU Lineup Specs & Prices Leak Out: Ryzen 9 7900, Ryzen 7 7700, Ryzen 5 7600 For AM5(WCCF Tech)

11月中旬に出てきていたRyzen 7000 series無印モデルの価格に関する噂は当たっていたようだ。“AMD Ryzen(TM) 7000 Desktop Processor New 65W Models”と題されたスライドがリークし、TDP65WのRyzen 7000 series無印モデルのスペック、および価格が明らかになった。

そのスペックは以下の通りである。
Phenix Point family(All The Watts!@All_The_Watts)

Ryzen 7000X3Dの価格の情報など、最近になってAMDに関する情報を投稿しているAll The Watts!@All_The_Watts氏であるが、“Zen 4”世代のAPUである“Phoenix Point”についても触れている。

それによると“Phoenix Point”は2種類があるようだ。“Phoenix Point”の略称として“PHX”が使われており、2つの“Phoenix Point”は“PHX”と“PHX2 (Phoenix Point 2?)”と呼ばれている。

共通点としてどちらもTSMC N4で製造されること、CPUは“Zen 4”世代であること、GPUはRDNA 3世代であることがある。その上でいくつかの相違点がある。
AMD Ryzen 7 7800X3D, Ryzen 9 7900X3D, and 7950X3D to Cost $449, $549, and $799, respectively [Rumor](HardwareTimes)
Currently 8c $449 12c $549 16c $799(All The Watts!@All_The_Watts)

“Zen 4”に3D V-cacheを適用したRyzen 7000X3D seriesはCES 2023で発表されると噂されている。ラインナップは8-coreのRyzen 7 7800X3D、12-coreのRyzen 9 7900X3D、そして16-coreのRyzen 9 7950X3Dの3種類があるとされる。第2世代の3D V-cacheにより、キャッシュの帯域が向上し、ゲーミング性能は倍になるといわれている。

そしてAll The Watts!@All_The_Watts氏がこのRyzen 7000X3D seriesの価格について投稿している。それによるとRyzen 7 7800X3Dが$449、Ryzen 9 7900X3Dが$549、Ryzen 9 7950X3Dが$799となる模様だ。

他の製品の価格も一緒に並べると以下の通りとなる。
AMD Ryzen 7000 ‘Zen 4’ Non-X Desktop CPUs to Launch on 10th January(WCCF Tech)
AMD Ryzen 7900/7700/7600 non-X CPUs reportedly launch on January 10th(VideoCardz)

WCCF Techでは先月、3種類のRyzen 7000 seriesの無印モデル―Ryzen 9 7900, Ryzen 7 7700, Ryzen 5 7600をAMDが準備していることを紹介した。これら3種類の無印モデルはメインストリーム向けの製品として位置づけられ、同ナンバーの“X”モデルと比較すると周波数は低くなるが同時に価格もやや安価に設定される。

そして今回得た情報では、AMDがこれら3種類のRyzen 7000 series無印モデルをCES 2023で発表すること、そしてローンチは1月10日であることがわかった。この1月10日という日付はこれら3種類のCPUがリテール市場に解禁される日付である。

WCCF Techには無印モデル3種類のスペックや価格についても記されている。
AMD Ryzen 7000X3D 3D V-Cache CPUs Rumored To Be Unveiled At CES In 16, 12 & 8 Core Flavors(WCCF Tech)
They shared 3 exclusive Zen 4 3D info.(@harukaze5719)

AMDは3種類のRyzen 7000X3D 3D V-cache CPUをローンチするだろうと噂されている。そしてその3種類は16, 12, 8-coreになるとされる。

今回の噂の出所はQuaserZoneで、その情報をharukaze5179氏が紹介している。
Ryzen 7000X3D seriesは少なくとも3種類が用意される。以前の情報では8-coreと6-coreという話だったが、最新の噂では6-coreの3D V-cache搭載モデルは聞かれなくなっている。そして3種類のSKUは上から順に16-core, 12-core, 8-coreになるという。