北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
2nd Gen AMD Ryzen(TM) 5 2400GE Desktop Processor(AMD)
2nd Gen AMD Ryzen(TM) 3 2200GE Desktop Processor(AMD)

“Raven Ridge”登場前後にTDP35WのRyzen 5 2400GEとRyzen 3 2200GEが存在するという話が持ち上がったことがあり、現在でも一部のマザーボードメーカーのCPU support listにはこれら2種類のAPUの名を見ることができる。
 
今のところデスクトップ向けの“Raven Ridge”は現在TDP65W(cTDP45-65W)のRyzen 5 2400GとRyzen 3 2200Gの2種類のみで、TDP35Wのモデルは登場していない。しかし今回、AMDのWebサイトにRyzen 5 2400GEとRyzen 3 2200GEが掲載されていることが確認できた。

掲載されたスペックは以下の通りである。
[Ryzen 5 2400GE, Ryzen 3 2200GEがAMDのWebサイトに掲載される]の続きを読む
AMDファン待望の第2世代Ryzenが遂にデビュー、最上位のRyzen 7 2700Xは37,980円(AKIBA PC Hotline!)

“Pinnacle Ridge”のコードネームで呼ばれてきたRyzen 2000 series CPUが4月19日22時00分を持って解禁された。
価格はRyzen 7 2700Xが41000円前後、Ryzen 7 2700が39000円前後、Ryzen 5 2600Xが28000円前後、Ryzen 5 2600が25000円前後となる。


スペックは以下の通り。
[“Pinnacle Ridge”―Ryzen 2000 series CPUが解禁される]の続きを読む
AMD Ryzen 2nd Gen Details: Four CPUs, Pre-Order Today, Reviews on the 19th(AnandTech)
AMD Ryzen 2000 Series Launch: Unboxing, Price, Details(TweakTown)
AMD announces Ryzen 2000 “Pinnacle Ridge” Series(VideoCardz)
2nd Generation Ryzen(TM) Processors Where to Buy(AMD)

4月19日の正式発表に先立ち、“Pinnacle Ridge”―Ryzen 2000 seriesとX470チップセット搭載マザーボードの予約販売が開始された。AMDはRyzen 2000 seriesとして4種類のSKUをローンチし、8-coreのRyzen 7 2700XとRyzen 7 2700、6-coreのRyzen 5 2600XとRyzen 5 2600が用意されている。価格は上から順に$329, $299, $229, $199となる。

スペックは以下の通り。
[“Pinnacle Ridge”―Ryzen 2000 seriesの予約が開始される]の続きを読む
AMD already working on “Zen 5”(VideoCardz)
AMD復活を実現したRyzen誕生1周年座談会開催、未発表の「Zen 5」について開発者がうっかり漏らすハプニングも(Gigazine)

Ryzen発売1周年を記念して行われたプロモーションビデオで“Zen”のChief architectが、現在“Zen 5”を開発していることを明らかにした。

“Zen”に続く“Zen+”は目前で、発表まで2週間を切っている。そして“Zen+”に続き7nmプロセスに移行した“Zen 2”そして“Zen 3”が控えている。今回明らかになった“Zen 5”は“Zen 2”や“Zen 3”のさらに先の世代になるものであろう。
[AMDは既に“Zen 5”の開発を進めているらしい]の続きを読む
◇Ryzen 7 2700X
First (p)reviews of Ryzen 7 2700X are here(VideoCardz)
◇Ryzen 5 2600
Review of AMD Ryzen 5 2600 posted ahead of launch(VideoCardz)
AMD Ryzen 5 2600 CPU Benchmarks Posted By Chilean User – Tested on High-End X370 Motherboard, Runs DDR4 Up To 3466 MHz, 4.05 GHz Max OC Potential(WCCF Tech)

発売日が近づいていることもあってか、Ryzen 2000 seriesのベンチマークスコアが徐々に出始めている。

現在出ているのは8-core/16-threadでRyzen 2000 seriesの最上位モデルになると予想されているRyzen 7 2700Xと、6-core/12-threadでTDP65WのRyzen 5 2600のもの。
[少しずつ出てきたRyzen 2000 seriesのベンチマークスコア]の続きを読む
AMD Readies Radeon RX 500X Series Graphics Cards(techPowerUp!)
AMD Radeon RX 500X Series Spotted on AMD Website(Guru3D)
AMD sets up Radeon RX 500X Series product pages(HEXUS)

AMDのWebサイトにRadeon RX 580X, RX 570X, RX 560X, RX 550Xの製品ページが一時的に準備されていた。しかしながらページはRadeon RX 500X seriesの型番が記されていたのみでスペックは空白であった。

2018年4月10日0時05分時点ではこれらのページにアクセスしようとすると“X”のつかない現行のRadeon RX 500 seriesのページに飛ばされる。「準備されていた」と過去形としたのはそのためである。
[Radeon RX 500X seriesの項目がAMDのWebサイトに準備されていた模様]の続きを読む
CPC Hardware AMD Ryzen 7 2700X review goes online(VideoCardz)

フランスの雑誌であるCPC HardwareにRyzen 7 2700Xのレビューが掲載され、その内容がRedditにアップロードされた。

このレビューによるとGaming benchmark(GTA5, GRID Autosport, Battlefield 4, ARMA, X3:TC, Witcher 3, COH 2)においてRyzen 7 2700XはRyzen 7 1800Xに比較し4%の性能向上を果たしている。またHEVC, Mathematica, PovRay, Blender, 3DSMax, Corona testsなどのCPUの演算性能を測る項目ではRyzen 7 2700Xが1800Xと比較して14%上回った。
しかし、一方でRyzen 7 2700Xの消費電力はRyzen 7 1800Xと比較すると13W高いものであった。
[フランスの雑誌にRyzen 7 2700Xのレビューが掲載される]の続きを読む
AMD says CTS Labs vulnerabilities can be patched with new firmware(The Tech Report)
AMD、CTS Labsが開示したRyzen/EPYC向け脆弱性対応ファームを近く提供(Impress PC Watch)
Initial AMD Technical Assessment of CTS Labs Research(AMD)

CTS Labsというセキュリティメーカーが複数種のAMD製Processorに脆弱性があることを発見したが、AMDはこれらの脆弱性に対し対策を施したファームウェアを提供することを決定した。

AMDは脆弱性を3つに区分し、それぞれに応じた対策をするとしている。
[【AMD】CTS Labsが発見した脆弱性に対し、パッチ提供を決定]の続きを読む
◇Ryzen 7 2700X, Ryzen 5 2600のベンチマークスコア
AMD Ryzen 7 2700X/Ryzen 5 2600 review posted ahead of launch(VideoCardz)
AMD Ryzen 7 2700X & Ryzen 5 2600 Review Leaked – Features Faster Inter-Core Communication, Lower Cache Latency & Higher Bandwidth(WCCF Tech)
AMD Ryzen 7 2700X and 5 2600 Benchmarks got posted in a SiSoftware Review(Guru3D)

SiSoftwareのWebサイトにRyzen 7 2700X及びRyzen 5 2600のベンチマークレビューが掲載された。

レビューはRyzen 7 2700X, Ryzen 5 2600とRyzen 7 1700Xの比較に主眼を置いたものであった。Ryzen 1000 seriesからRyzen 2000 seriesの違いは14nmプロセスから12nmプロセスに移行したことに加え、より高速なメモリに対応したことが挙げられ、Ryzen 2000 seriesではDDR4-2933まで対応する。
[Ryzen 7 2700X, Ryzen 5 2600のベンチマークスコアやX470マザーの話題]の続きを読む
AMD Product Roadmap Slides for 2020 Leaked - "Castle Peak" TR4 and "Dali"(techPowerUp!)
AMD Ryzen Threadripper 4000 ‘Next Generation HEDT’ CPUs Confirmed For 2020 – Will Retain Support on TR4 Socketed Motherboards(WCCF Tech)

Informatica Ceroと呼ばれるスペイン語のWebサイトにAMDのロードマップがリークしており、2020年までのAMD processorが記されている。そして新たな情報として2020年に低価格なMobile APUとして“Dali”が予定されている。2020年には他にAM4 CPUとなる“Vermeer”とメインストリーム向けAPUとなる“Renoir”が予定され、改良された7nmプロセスで製造される。なお、HEDT向けはNext Generation HEDTとだけ記されている。
[2020年の低価格Mobile向けAPU―“Dali”]の続きを読む
AMD Ryzen 2018-2020 Roadmap leaked: Castle Peak, Matisse, Picasso, Vermeer and Renoir(VideoCardz)
AMD Desktop Platform Roadmap 2018-2020 Leaked – 7nm Threadripper Named Castle Peak and New ‘Inflection & Optimization” Schema(WCCF Tech)
More Ryzen 2nd Gen leaks - Threadripper Refresh Coming!(OC3D)

AMDはリテール販売者や流通業者に特別なイベントを開催したようである。そしてそのイベントで今後予定されている“Zen 2”や“Zen 3”を使用したデスクトップ向けProcessorのコードネームが明らかになった。
[2020年までのAMD デスクトップ向けProcessorのロードマップ]の続きを読む
AMD Ryzen 2000 series exposed, pricing, performance leaked(VideoCardz)
AMD Ryzen 2nd Gen + 400-series Chipset leaks - performance, pricing and more(OC3D)

Ryzen 2000 seriesのラインナップと価格がリークした。この情報通りであれば、AMDはRyzen 7 2800Xをラインナップせず、最上位モデルはRyzen 7 2700Xとなる。Ryzen 7 2700Xの価格は$369でCore i7 8700Kよりも若干安価に設定される。

Ryzen 7 2700Xに続くのがRyzen 7 2700でRyzen 7 2700Xと同様の8-core/16-threadのCPUとなる。そしてその下に6-core/12-threadのRyzen 5 2600XとRyzen 5 2600がラインナップされる。価格はRyzen 7 2700が$299、Ryzen 5 2600XとRyzen 5 2600がそれぞれ$249と$199となる。

今回リークしたラインナップは以下の通り。
[“Pinnacle Ridge”―Ryzen 2000 seriesのラインナップと価格?]の続きを読む
First benchmarks of Ryzen 7 2000 CPU have been leaked(VideoCardz)

Ryzen 7 2000 seriesのベンチマークが韓国のWebサイトであるHardwareBattleに掲載された。使用されたRyzen 7 2000 seriesはXFD 2.0により4.35GHzまで周波数が上昇する。一方、定格周波数は3.70GHzとなっている。
[Ryzen 7 2000 seriesのものとされるベンチマークがリーク]の続きを読む
Processor rumors: Ryzen 7 2700X offers 300 MHz more clock than the 1700X(ComputerBase.de)

Ryzen 2000 series CPUの新たなサンプルが姿を現した。既に明らかになっていた6-coreのRyzen 5 2600に加え、8-coreとなるRyzen 7 2700Xが登場した。
[Ryzen 7 2700XはRyzen 7 1700Xよりも周波数が300MHz高められるらしい]の続きを読む
AMD Launches Embedded EPYC 3000 and Ryzen V1000 Processors(techPowerUp!)
AMD embeds Zen with Epyc 3000 CPUs and Ryzen V1000 SoCs(The Tech Report)
AMD launches their Ryzen Embedded V1000 and EPYC 3000 Embedded series processors(OC3D)
AMD Launches EPYC(TM) Embedded and Ryzen(TM) Embedded Processors for End-to-End “Zen” Experiences from the Core to the Edge(AMD)
AMD EPYC(TM) Embedded 3000 Series(AMD)
AMD Ryzen(TM) Embedded Processors(AMD)

AMDは2月21日、EPYC Embedded 3000 processorとRyzen Embedded V1000 processorを発表した。EPYC 3000 seriesは“Zen”アーキテクチャを搭載したCPU製品で、ネットワークやストレージ、最先端コンピューティングデバイスなどの幅広い分野に向けた製品となる。一方Ryzen V1000 seriesは医療向けのイメージングシステム、産業向けシステム、デジタルゲーミングやシンクライアントなどに向けた製品である。

ラインナップは以下の通りです。
[【AMD】組み込み向けのEPYC 3000 seriesとRyzen V1000 seriesを発表]の続きを読む
AMD's Ryzen 5 2600 is up to 31% faster than Ryzen 5 1600(TweakTown)
AMD Ryzen 5 2600 ‘Pinnacle Ridge’ CPU Performance Leaks Out – Up To 15% Faster in Single Core Tests Compared to Ryzen 5 1600(WCCF Tech)
AMD Myrtle-PiR(Geekbench Browser)

Ryzen 5 2600はRyzen 5 1600の後継となる“Zen+”世代の製品と考えられている。そしてそのRyzen 5 2600のものと思われるGeekbenchのスコアがリークし、その結果はRyzen 5 1600と比較し、Single-threadで14.5%、Multi-threadで31.5%高いものであった。

そのスコアが以下です。

  Single-Core Score:4269
  Multi-core Score:20102
[Ryzen 5 2600は現行世代から周波数の向上幅以上の高速化を実現するかも??]の続きを読む
AMD Ryzen 2000-series "Pinnacle Ridge" CPUs Get Soldered IHS(techPowerUp!)

第2世代となるRyzen 2000 series CPU―“Pinnacle Ridge”は、Integrated heatspreaders (IHS) がソルダリング(=ハンダづけ)されたものとなるとAMDのスポークスマンである“AMD_Robert”がRedditで明らかにした。
[Ryzen 2000 series CPU―“Pinnacle Ridge”はソルダリングとなるよう]の続きを読む
AMD Fully Discloses Zeppelin SOC Architecture Details at ISSCC 2018 – 7nm EPYC “Rome” Chips Rumored To Feature Up To 64 Cores(WCCF Tech)

AMDはISSCC 2018で公式に“Zeppelin” SoCダイを用いたMulti-chipアーキテクチャの詳細を発表した。“Zeppelin” SoCはAMDの14nm CPU―Ryzen 1000 series, Ryzen Threadripper, EPYCと幅広く用いられているダイのコードネームである。

“Zeppelin”のダイには2基のCore Complex (CCX) が納められている。1つのCore Complex (CCX) は4つのコアと各コアごとに512KBのL2キャッシュ、4つのコアで共有する8MBのL3キャッシュで構成されている。1つの“Zeppelin”のダイには8-core+L3=16MBが収められていることになる。この“Zeppelin”ダイの数を増減させることにより複数の製品を作り出しており、1ダイであればメインストリーム向けデスクトップのRyzen 7,5,3 1000 series、2ダイであればハイエンドデスクトップ向けのRyzen Threadripper、4ダイであればサーバー向けのEPYCとなる。
[ISSCC 2018で説明された“Zeppelin” SoCの詳細と7nm世代の“Rome”の噂]の続きを読む
AMDファン待望のAPU「Raven Ridge」が遂にデビュー、価格は12,800円から(AKIBA PC Hotline!)
「Raven Ridge」こと「Ryzen G」、国内価格は1万3000円台から(ASCII.jp)
First AMD Ryzen(TM) Desktop APUs Featuring World’s Most Powerful Graphics on a Desktop Processor Available Worldwide Today(AMD)

AMDは2月12日、世界で最も強力な内蔵GPUを有するデスクトップ向けProcessorであるRyzen Desktop processor with Vega Graphicsを解禁した。今回解禁したのはRyzen 5 2400GとRyzen 3 2200Gで、いずれも最新の4-coreの“Zen” CPUと“Vega” GPUを1つのチップに収めたもので、最先端のシステム・ゲーミング性能を有する。価格(SEP)はRyzen 5 2400Gが$169、Ryzen 3 2200Gが$99である。

国内では2月13日より販売が開始されています。実売価格はRyzen 5 2400Gが22000円弱、Ryzen 3 2200Gが14000円弱となっています。
[“Raven Ridge”―Ryzen 5 2400G, Ryzen 3 2200Gが発売される]の続きを読む
ASRock and ASUS list Ryzen 5 2400GE and Ryzen 3 2200GE — low power Raven Ridge APUs(VideoCardz)
AMD Ryzen 5 2400GE and Ryzen 3 2200GE Low Power Raven Ridge APUs Spotted – 35W TDP and The Same Zen + Vega Architecture For Desktop Platforms(WCCF Tech)
Fatal1ty X370 Gaming ITX ac, CPU Suppor List(ASRock)
ROG STRIX X370-F GAMING, CPU Support List(ASUS)

ASRockとASUSのSocketAM4 CPU Support Listにより消費電力の低い“Raven Ridge”が掲載された。
マザーボードのCPU suport listが更新され、Ryzen 5 2400GとRyzen 3 2200Gが追加されたが、さらに未発表のRyzen 5 2400GEとRyzen 3 2200GEが追加されており、この“GE”を名乗るAPUのTDPは35Wと記されている。


実際にASUSとASRockのCPU support listにRyzen 5 2400GEとRyzen 3 2200GEが掲載されています。
[デスクトップ向けでTDP35Wの“Raven Ridge”があるかもしれない]の続きを読む