北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
◇第3世代Ryzen Threadripperには新マザーが必要?
Reports claim that AMD's 3rd Gen Threadripper CPUs will require new motherboards(OC3D)

従来のRyzen Threadripper向けのマザーボードであるX399マザーボードは第3世代Ryzen Threadripperのサポートを欠くという噂が出てきている。そして同じ情報が、今度登場予定のTRX40 seriesマザーボードが第1世代・第2世代Ryzen Threadripperには対応しないと述べている。無論AMDは公式には何も述べていない。

AM4とは異なり、X399及びTR4についてはAMDは2020年までのサポートを約束していない。また、AMDは第3世代Threadripperが現行のSocketTR4マザーでサポートするかどうかについても公式には明らかにしていない。元々最初のRyzen Threadripperがロードマップにないものであり、世代間の互換性を保持するのに様々な技術的な制約はあるものと推測される。また第1世代・第2世代のMulti-die構成と“Zen 2”世代となった第3世代のMulti-die構成は全く異なる。EPYCのSocketSP3では第1世代の“Naples”世代のマザーボードで第2世代の“Rome”に対応させることができたが、同じことをThreadripperに適応する必然性はない。
[第3世代Ryzen Threadripperには新マザーが必要? 他TRX40マザーの話]の続きを読む
Zen 3 IPC Gains Are ‘Greater’ Than 8 Percent – EXCLUSIVE(RedGamingTech)
AMD at Zen 3 with at least eight percent higher IPC ?(Planet3DNow!)
(WCCF Tech)

“Zen 3”はTSMC 7nm+プロセスで製造され、そしてSocketAM4に対応する最後の世代となる。

その“Zen 3”であるが投資家向けカンファレンスで“Zen 3”世代のEPYCの概要が少しだが明らかにされている。最も目立つ変更点はCCXの構成で、“Zen 2”までの4-core CPU + L3 cacheを一単位とするCCXから8-core CPU + L3 cacheを一単位とするCCXに変更されている。この変更により、レイテンシの削減を図るとカンファレンスでは説明された。一方、噂のあった4-way SMTの実装はなく、“Zen 3”の世代も2-way SMTにとどまる。

そしてここからがRegGamingTechで得た情報になるが、“Zen 3”ではさらにIPCの向上が図られる。“Zen 3”は“Zen 2”比で5~8%のIPCの向上を見込むという。また、“Zen 3”のEngineering Sampleは“Zen 2”よりも100~200MHz高い周波数で動作できた模様である。
[“Zen 3”のIPCは“Zen 2”の8%増しとなる]の続きを読む
AMD Launches Ryzen 9 3900 and Ryzen 5 3500X Processors(techPowerUp!)
AMD launches its Ryzen 9 3900 and Ryzen 5 3500X processors(OC3D)
AMD、12コアで65Wの「Ryzen 9 3900」をOEM向けに展開(Impress PC Watch)
Processor Specifications(AMD)

AMDは10月9日、第3世代Ryzen destop processorの新たなモデルとして12-core/24-threadのRyzen 9 3900と6-core/12-threadのRyzen 5 3500Xを追加した。
[Ryzen 9 3900とRyzen 5 3500Xがローンチされる―OEM向けと中国向け]の続きを読む
AMD Ryzen 9 3900 Tested: Unreleased 65W Processor Sets World Records(Tom's Hardware)

Tom's HardwareにRyzen 9 3900(Ryzen 9 3900Xとは異なる“X”のつかない未発表モデル)のプレビューが掲載されている。同型番の“Pro”モデルはRyzen 9 Pro 3900として発表され、12-core/24-threadながらTDP65Wを実現したモデルとして話題となった。その一般向けと言えるものがRyzen 9 3900である。

基本的なスペックはRyzen 9 Pro 3900と同じである。
[未発表の“Ryzen 9 3900”のプレビュー]の続きを読む
AMD reveals early Zen 3/Milan architecture details and Zen 4/Genoa plans(OC3D)

9月16日から17日に賭けて開催されたHPC AI Advisory Counsil's 2019 UK Conferenceにおいて、AMDのMartin Hilgeman氏 (Senior Manager of HPC applications) が次のアーキテクチャとなる“Zen 3”―“Milan”のアーキテクチャに関する初期の情報と、“Zen 4”―“Genoa”の計画を明らかにしていたことがわかった。

Martin Hilgeman氏のプレゼンテーションによると、“Milan”は現行のSocketSP3を使用し、DDR4メモリに対応する。またTDPも現行の“Rome”と同じ値に収まる。
一方で噂されていた4-way SMTの実装は否定され、現行と同じ2-way SMTにとどまり、コア数も“Rome”と同じ最大64-coreにとどまるが、このことは“Zen 3”がコア・スレッド数の増加よりもIPCの向上や動作周波数の向上に軸足を置いていることを示唆しており、Single-thread性能の向上やコアアーキテクチャの改良が期待される。
[“Milan”と“Genoa”の情報が明かされる―“Zen 3”は8-core / CCX に]の続きを読む
AMD Ryzen 5 3500 Allegedly Launches October 5 for $155(Tom's Hardware)

インドのM D ComputersがRyzen 5 3500を11999インドルピーで掲載している。米ドルに換算すると概ね$157.51となる。このインドのリテールショップはRyzen 5 3500のオーダーを10月5日に開始するとあり、AMDがRyzen 5 3500を10月5日、ないしはそれ以前にローンチするのかもしれない。
[Ryzen 5 3500は10月5日に$155でローンチされる・・・らしい]の続きを読む
AMD Announces Availability of the Ryzen PRO 3000 Series Processors(techPowerUp!)
AMD announces Ryzen PRO 3000 Series for workstations(VideoCardz)
AMD Announces Worldwide Availability of AMD Ryzen(TM) PRO 3000 Series Processors Designed to Power the Modern Business PC(AMD)

AMDは9月30日、デスクトップ向けProcessorの新製品となるRyzen Pro 3000 seriesを発表した。Ryzen Pro seriesはセキュリティ機能を搭載し、商用クラスの安定性が求められる用途に対応する。

発表されたのは“Matisse”をベースとするCPU製品であるRyzen Pro 3000 seriesが3製品、“Picasso”をベースとするAPU製品となるRyzen Pro with Radeon Vega graphicsが4製品、そしてAthlon Pro with Radeon Vega graphicsが1製品となる。
[Ryzen Pro 3000 seriesが発表される]の続きを読む
AMD Ryzen 9 3900: A 12-Core 65W CPU Listed(AnandTech)
AMD's Upcoming Ryzen 9 3900 Listed With 12 Zen 2 Cores at 65W(Tom's Hardware)

BIOSTARがX470NHのCPU support listに未発表のRyzen 9 3900およびRyzen 9 Pro 3900を追加していたことがわかった。

Ryzen 9 3900およびRyzen 9 Pro 3900は
Eurasian Ecomonic Commission (EEC) で見つかったのが最初である。同型番であるRyzen 9 3900X同様7nmプロセスで製造される“Zen 2”アーキテクチャを採用した製品で、12-core/24-thread, L2=512KB×12/L3=64MBとなるが、Ryzen 9 3900 / Ryzen 9 Pro 3900はTDPが65Wに抑えられているのが特徴である。その分、周波数もRyzen 9 3900Xよりも抑えられており、今回のBIOSTARのCPU support listには定格周波数が3.10GHzと記載されていた(Ryzen 9 3900Xは3.80GHz)。
[Ryzen 9 3900がBIOSTARのCPU support listに掲載されていた模様]の続きを読む
AMD Could Release Next Generation EPYC CPUs with Four-Way SMT(techPowerUp!)
Rumors: Zen 3 with SMT4 and new Navi and Turing beginner cards(Hardwareluxx)

AMDはRyzen CPUとEPYCを新アーキテクチャの“Zen 2”に移行させた。そして11月にはRyzen Threadripperに“Zen 2”がもたらされる。
そして早くも“Zen 2”の次となる“Zen 3”の噂が出てきている。AMDのロードマップによれば“Zen 3”は設計が完了しており、そのさらに次の“Zen 4”が設計中である。


EPYCのコードネームで言えば“Zen 3”が“Milan”、“Zen 4”が“Genoa”となる。どちらも現時点では詳しい情報はないが、現行のchipletデザインは継承されるものと思われる。では、AMDは“Zen 3”で何を変更するのか、例えばchipletあたりのCPUコア数は8-coreなのか、最大コア数は64-coreなのか等が焦点となる。
[次期EPYC―“Milan”が4-way SMTを実装するかも・・・というお話]の続きを読む
AMD Postpones Ryzen 9 3950X & 3rd Gen Threadripper Launch 'til November(Vortez)
AMD Ryzen @AMDRyzen(Twitter)

AMDは市場における第3世代Ryzen processorへの強力な需要を直視している。そして現在、Ryzen 9 3950Xと第3世代Ryzen Threadripperの第1陣をともに11月にローンチすることを計画している。
世界初となるメインストリーム向けの16-coreデスクトップProcessor及び新世代のハイエンドデスクトップProcessorは自信作である。どうか期待して待って欲しい。
[Ryzen 9 3950Xと第3世代Threadripperは11月のローンチとなる]の続きを読む
AMD Ryzen 5 3500X CPU Listed(techPowerUp!)
AMD Ryzen 5 3500X Rivals Intel Core i5-9400F in Early Listing(Tom's Hardware)

AMDはまもなく低価格帯にRyzen 3000 series CPUをもたらす見込みだ。そして9月20日に中国語のJDと呼ばれるリテールショップにRyzen 5 3500Xが確認された。価格は約$155である。

Ryzen 5 3500Xは6-core/6-threadで、Ryzen 5 3600と似たスペックであるがSMTが無効化されている。周波数は3.50GHz/Boost 4.10GHzで、TDPは65Wである。L3 cache容量はRyzen 5 3600X/3600と同様の32MBである。
Ryzen 5 3500XはCore i5 9400Fを対抗製品として想定しているものと思われる。
[Ryzen 5 3500Xが予定されているらしい?]の続きを読む
AMD brings Zen to new performance heights with their 64-core EPYC 7H12(OC3D)
AMD Announces EPYC 7H12 Processor, 64C/128T 280W TDP, and New Server Platforms(Tom's Hardware)
AMD’s New 280W 64-Core Rome CPU: The EPYC 7H12(AnandTech)

AMDは新たにEPYC 7H12を明らかにした。EPYC 7H12は64-core/128-threadで周波数は2.60GHz/Boost 3.30GHz、TDPは280Wに達する弩級の製品である。そして“Rome”を採用するEPYC 7002 seriesの中で最も高い性能を提供する。

スペックは以下の通り。
[64-core EPYCの性能重視モデル?―EPYC 7H12]の続きを読む
AMD Zen 3 Based 3rd Generation EPYC ‘Milan’ CPUs To Offer Higher Performance Per Watt Than Intel’s 10nm Ice Lake-SP CPUs(WCCF Tech)

HPE Cast 2019のプレゼンテーションの中で、AMDは第3世代EPYC―つまり“Zen 3”世代となる“Milan”に言及し、“Milan”がIntelの10nm世代のXeon―“Ice Lake-SP”よりも高いPerformance-per-wattを実現すると述べた。

AMDは既にロードマップで“Zen 3”および“Milan”を2020年に据えている。“Zen 3”と同アーキテクチャをベースとした“Milan”は7nm+で製造され、競合の10nmの“Ice Lake-SP”および14nm++の“Cooper Lake”よりも優れるとしている。そしてPerformance-per-wattもこれらXeonに勝るとスライドで示している。
[“Milan”は“Ice Lake-SP”よりも高いPerformance-per-wattを実現する]の続きを読む
Linux Drivers Entries Suggest two APU AMD Lines in 2020(Guru3D)
AMD Readies the Low-Power "Dali" APU for Thin-and-Light Notebooks(techPowerUp!)

Linuxのパッチにより、AMDが現在“Renoir”と“Dali”と呼ばれる2種類のAPUを開発していることが明らかになった。現在の噂では“Renoir”はMobileおよびデスクトップをターゲットとした製品で、一方“Dali”はより低価格でSmall Form FactorやMobileシステム向けとされる。

“Renoir”が搭載するGPUは“Navi”ではなく“Vega”アーキテクチャである。しかしながら、CPUコアはは“Zen 2”に進化し、製造プロセスは7nmとなる。“Dali”はまた異なるAPUであるが、“Renoir”も“Dali”も2018年の時点でロードマップにはその名が記されていた。
[2020年のAPU―“Renoir”と“Dali”]の続きを読む
AMD with new roadmaps(Planet3DNow!)

AMDは5月の“Invester Presentation”を更新し、“AMD Corporate Deck-September 2019”と呼ばれる新たなプレゼンテーションを9月にリリースした。

とはいっても劇的な変化が見られたわけではない。
[9月に更新されたAMDの新しいロードマップ]の続きを読む
AMD Ryzen 9 3950X 16 Core CPU Listed Online, Sales Allegedly Start on 30th September For The $749 Flagship(WCCF Tech)
AMD Ryzen 9 3950X only from the end of September?(Planet3DNow!)

6月に開催されたGaming HorizonでAMDは16-coreのRyzen 9 3950Xを9月に投入することを明らかにした。そしてそのRyzen 9 3950Xがスイスのディーラーにより9月30日のローンチの可能性が示された。

現在、digitech.chでRyzen 9 3950Xが999スイスフランで取り扱われている。この価格はおおむね840ユーロであり、AMDが示した$749というリテール価格を考えると、ドイツでは800ユーロ弱となるかもしれない。
[16-coreのRyzen 9 3950Xは9月30日?]の続きを読む
New Ryzen 3rd Gen Threadripper Data Leaks - Reveals HEDT/Workstation Split (OC3D)
AMD Threadripper 3000: 8 DRAM channel for the workstation, 4 for HEDT(ComputerBase.de)

まっだ噂段階ではあるが、AMDの第3世代Threadripperに関する情報が徐々に増え始めている。第3世代ThreadripperはHEDT向けとワークステーション向けに明確に分けられる。そしてワークステーション向けはサーバー向けのEPYCにより近い構成となり、8ch対応のメモリコントローラを搭載し、PCI-Expressレーンは128本を搭載する。
[第3世代Threadripperは4chメモリ対応と8chメモリ対応のモデルがある]の続きを読む
35W Athlon 300GE in the wild(FanlessTech)
[CPU] world premiere, Athlon 300GE(Chiphell)

現在、“Raven Ridge”世代のAthlonとしてAthlon 200GE, 220GE, 240GEがラインナップされている。いずれも2-core/4-threadでCPUの周波数は順に3.20GHz, 3.40GHz, 3.50GHzである。iGPUはRadeon Vega 3でStream Processor数は192、周波数は1000MHzである。そしてTDPはFanlessを好むユーザーに優しい35Wである。

このAthlon 200GEの後継となるであろうAthlon 300GEが中国語のChiphellに姿を現している。現時点では3.40GHzのAthlon 300GEと3.50GHzのAthlon 320GEが投入されるという噂されている。
[Athlon 300GE―TDP35Wで3.40GHz・・・らしい]の続きを読む
AMD Renoir May Be Its First Chip to Support LPDDR4X-4266 Memory(Tom's Hardware)

8月28日付けでリリースされたLinuxドライバのパッチで、AMDの次世代APU―“Renoir”がLPDDR4X-4266をサポートする可能性が示された。

メモリはAPUにとって非常に重要で、高速なメモリを使用することによりAPUの性能は大幅に向上する。現行のAMDのMobile向けAPU―“Picasso”はDDR4-2400までの対応にとどまっている一方のIntelの“Ice Lake”はDDR4-3200ないしはLPDDR4X-3733まで対応し、その差は圧倒的である。もし今回のLinuxドライバのパッチの記載を信じるならば、“Renoir”はIntegraged Memory Controller (IMC) を改良し、LPDDR4X-4266に対応できるようにしたことになる
[AMDの次世代APU―“Renoir”はLPDDR4X-4266まで対応する]の続きを読む
ROG Crosshair VIII Formula CPU Support List(ASUS)

ASUS ROG Crosshair VIII FormulaのCPU Support Listに未発表のCPUが掲載されている。

1つは少し前にRyzen 3000 seriesの下位モデルで6-core/6-threadとされるRyzen 5 3500、そしてもう1つは“X”のつかないRyzen 9 3900である。
[Ryzen 9 3900?]の続きを読む