北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Roadmaps - Mobile APU "Renoir" already at the turn of the year?(Planet 3DNow!)

WCCF Techが“Navi”の4ヶ月後となる11月に“Raven Ridge Refresh”と呼ぶ7nm APUをローンチすると報じた。この7nm APUはRyzen 3000 series APU―“Picasso”の後継となり、コードネームは“Renoir”となる。しかしながら現行の“Picasso”のMobile版が1月のローンチであったことを考えるとかなり早い登場となる。

“Navi”の4ヶ月であれば11月となるが、より現実的には2020年初め―CES 2020の頃となるだろう。
[AMDの2020年までのロードマップ―次のAPUは“Renoir”]の続きを読む
AMD's 7nm APUs will reportedly be ready in late 2019(OC3D)
EXCLUSIVE: AMD’s Plans For 7nm Ryzen APUs(WCCF Tech)

WCCF Techで得た情報によると、AMDは“Raven Ridge”のRefreshを7nmプロセスで計画している。そして、この新たな7nm APUは“Navi”のローンチからおおよそ4ヶ月後のローンチを計画しているという。“Navi”のローンチは7月7日に計画されており、11月末のholiday season頃のローンチが予想される。
[7nmプロセスのAPUが2019年末に計画されている・・・らしい]の続きを読む
AMD's plans to release 64-core Threadripper processor this year - Rumour(OC3D)
EXCLUSIVE: AMD Is Working On A Monster 64-Core Threadripper, Landing As Early As Q4 2019(WCCF Tech)

AMDは公式に第3世代Ryzen Threadripperが計画されていることを明らかにしている。しかし、現時点でその詳細は明らかにされていない。
Computex 2019においてAMDのCEOであるLisa Su氏は「メインストリームのスペックの上昇があれば、それに伴ってThreadripperのスペックも引き上げられる」とコメントしており、第3世代Ryzen Threadripperでより多くのコアが搭載される可能性を示唆している。


そしてWCCF Techの情報によると、AMDは2019年第4四半期末に64-coreのThreadripperを計画しているという。また、同じ情報によるとその他の何かをCES 2020で明らかにするらしい。
[64-coreのThreadripperが年内に計画されている・・・らしい]の続きを読む
AMD Ryzen 3000 APUs: Up to Vega 11, More MHz, Under $150, Coming July 7th(AnandTech)
AMD Ryzen 3 3200G and Ryzen 5 3400G Detailed: New Slide Leak(techPowerUp!)

AMDは6月11日、Ryzen 5 3400GとRyzen 3 3200Gを発表した。これらは12nmの“Picasso”をベースとしたAPUで、CPUは“Zen+”で4-core、GPUは“Vega”を用いる。

スペックは以下の通りである。
[“Picasso”―Ryzen 5 3400GとRyzen 3 3200Gが発表される]の続きを読む
AMD 16-Core Ryzen 9 3950X: Up to 4.7 GHz, 105W, Coming September(AnandTech)
AMD Zen 2 Microarchitecture Analysis: Ryzen 3000 and EPYC Rome
b
(AnandTech)
Tech preview: AMD Ryzen 3000 - 7nm ZEN2 - Ryzen 3000(Guru3D)
Tech preview: AMD Ryzen 3000 - 7nm ZEN2 - Architecture and Chiplet Design(Guru3D)
AMD officially reveals their 16-core Ryzen 9 3950X processor(OC3D)
The architecture behind AMD's Zen 2 and Ryzen 3000 CPUs(HEXUS)
AMD、16コアの「Ryzen 9 3950X」を9月に投入(Impress PC Watch)
AMDが16コアRyzen 9を含むZen 2の概要とアーキテクチャを発表(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)
「Ryzen 9 3950X」は16コア32スレッドに到達。AMDが独自イベントで「Ryzen 3000」の追加ラインナップを発表(4Gamer.net)

AMDがついに16-core/32-threadのRyzen 9 3950Xを発表した。
Ryzen 9 3950Xは“Zen 2”をベースとするSocketAM4向けのコンシューマ向けCPU製品の最上位に位置する。周波数はBase 3.50GHz/ Boost 4.70GHzである。そしてTDPは105Wとなる。


スペックは以下の通りである。
[16-coreのRyzen 9 3950Xが正式発表される]の続きを読む
AMD Ryzen 9 3950X to become world’s first 16-core gaming CPU(VideoCardz)
AMD Ryzen 9 3950X 4.7 GHz CPU Leaked, World’s First 16 Core Gaming Chip(WCCF Tech)

VideoCardzで得たスライドによると、AMDはメインストリーム向けとしては初の16-core CPUとなるRyzen 9 3950Xをローンチするようだ。
Ryzen 9 3950Xは2つのダイに搭載されているコアを全て有効化したものだ。正式に発表されている12-coreのRyzen 9 3900Xと比較すると、TDP105Wに収めているが、その分定格周波数は低くなっている。


そのスペックが以下の通りである。
[16-coreのRyzen 9 3950X?―3.50GHz/Boost 4.70GHz, TDP105W]の続きを読む
AMD Confirms Ryzen 3000 "Matisse" Features Soldered IHS(techPowerUp!)
All AMD Ryzen 3000 CPUs Will Feature Soldered IHS, Expect Impressive Thermals & Great Overclocking Capability(WCCF Tech)
(参考)
AMD Ryzen 5 3400G and Ryzen 3 3200G APU Specifications Detailed – 12nm Zen+ Based 3200G Delidded and Destroyed By Leaker, Features Soldered IHS(WCCF Tech)

AMDのRobert Hallock氏(senior technical marketing manager)がTwitterに寄せられた質問に答える形で、第3世代RyzenのIHS (integrated heatspreader) がソルダリング仕様であることを説明した。ダイとIHSの間をソルダリングとすることにより、両者の熱伝導を高めることができる。
[“Matisse”―Ryzen 3000 seriesのIHSはソルダリング仕様となる]の続きを読む
X570 Taichi(ASRock)

Computex 2019で発表されたX570チップセットであるが、早速ASRockの公式Webサイトに“X570 Taichi”のページが開設されている。

そのスペック表のメモリの項目に“Matisse”―Ryzen 3000 series CPUにおけるメモリ周波数の挙動が説明されている。
[“Matisse”―Ryzen 3000 series CPUにおけるメモリ周波数の挙動]の続きを読む
AMD Confirms Zen 4 EPYC Codename, and Elaborates on Frontier Supercomputer CPU(AnandTech)

Computex 2019のAMDのkeynoteでForrest Norrod氏 (SVP and GM of the Datacenter and Embedded Solutions Group) が登壇した。

最初にForrest氏は“Rome”及び“Milan”に続く“Zen 4”世代のEPYCのコードネームが“Genoa”であることを明らかにした。
[“Zen 4”世代のEPYCのコードネームは“Genoa”]の続きを読む
AMD Confirms that 3rd Gen Threadripper is "definitely" coming(OC3D)

Lis Su氏は第3世代Ryzen Threadripperについて投入予定であると説明し、一部で噂されていたキャンセルの情報を否定した。

3月のスライドには記載があった“3rd gen. Ryzen Threadripper”が、5月上旬のスライドで姿を消していたのが噂の発端であるが、決してキャンセルを意味したものではなかったようである。そして今回、公式に第3世代Ryzen Threadripperのキャンセルの噂は否定された。

また関連して次のようなコメントも残している。

メインストリームが底上げされれば、Threadripperも応じて引き上げられる。

Ryzen 3000 seriesではこれまでの8-coreから12-coreにコア数が増加した。これに伴って、Threadripperもコア数が増加する可能性があり、32-core超の製品が出てくるのかもしれない(例えば48-core/96-thread?)

(過去の関連エントリー)
最新のロードマップに記載がなかった“Zen 2”世代のThreadripper(2019年5月7日)
AMD Ryzen 3000 Announced: Five CPUs, 12 Cores for $499, Up to 4.6 GHz, PCIe 4.0, Coming 7/7(AnandTech)
AMD announces Zen 2 CPUs, feat. 12-core Ryzen 9 3900X(bit-tech.net)
AMD Announces 3rd Generation Ryzen Desktop Processors(techPowerUp!)
AMD Reveals the Full Specifications of their Ryzen 3rd Generation Lineup(OC3D)
【詳報】AMD、12コアの「Ryzen 9 3900X」など第3世代Ryzenを7月7日発売(Impress PC Watch)

Computex 2019のKeynoteにおいて、AMDのCEOであるLisa Su氏は第3世代Ryzen desktop processor(以下Ryzen 3000 series CPU)を発表した。Ryzen 3000 series CPUは“Zen 2”アーキテクチャを採用し、TSMC 7nmプロセスで製造される。対応するSocketはAM4で、既存の300 series及び400 series搭載AM4マザーボードとも互換性を有する。
[“Matisse”―Ryzen 3000 series CPUが正式発表される]の続きを読む
yzen 3000: Zen-2 CPUs get JEDEC 3200 MHz Specification(Guru3D)
AMD Zen 2 CPUs to Support Official JEDEC 3200 MHz Memory Speeds(techPowerUp!)

マザーボードメーカー筋の情報によると、Ryzen 3000 seriesのメモリコントローラはJEDEC規格準拠のDDR4-3200に対応できる。
[Ryzen 3000 seriesはJEDEC規格準拠のDDR4-3200に対応できる]の続きを読む
AMD Zen 2 6 Core CPU Benchmark Leaked, Faster Than Ryzen 7 2700X in Geekbench 4(WCCF Tech)
AMD Qogir(Geekbench)

6-core/12-threadの“Zen 2”のものとされるCPUがGeekbenchのデータベースに登録されている。

Processor Informationの項目を見ると“Authentic AMD Family 23 Model 113 Stepping 0”となっており、Ryzen 7 2700の“Authentic AMD Family 23 Model 8 Stepping 2”とは異なることがわかる。Family 23は同じであるが、Model 8からModel 113へと大幅に数字が飛んでおり、現行の“Pinnacle Ridge”ではなく新しいCPUであることを示唆している。
[6-coreの“Zen 2”がGeekbenchに掲載される]の続きを読む
AMD 64-core EPYC clock speeds leaked - The power of ROME(OC3D)

Red Gaming Techによると、“Rome”のフラッグシップとなる64-core/128-threadのEPYCの周波数はBase 2.35GHz / Boost 3.20GHzとなる。またTDPは240Wに達する模様である。

現行製品である“Naples”のフラッグシップである32-core/64-threadのEPYC 7601はBase 2.20GHz/Boost 3.20GHzでTDP180Wである。“Rome”ではより高い定格周波数と“Zen 2”アーキテクチャ移行に伴う性能の最適化により、コアあたりの性能はより向上すると推定される。そして64-coreの“Rome”はEPYC 7601と比較し、CPU 1基あたりの性能は2倍以上になると見込まれる。
[64-core EPYCの周波数とTDPがリーク]の続きを読む
AMD Epyc 2 processor with 32 cores appears in Online Database(Guru3D)
AMD 7nm ZEN 2 64 Core & 32 Core CPU Specs & Benchmarks Leaked(WCCF Tech)
Details for Result ID AMD Eng Sample: ZS1711E3VIVG5_24/17_N (32C 64T 2.4GHz/1.7GHz 40% OC, 733MHz IMC, 32x 512kB L2, 8x 16MB L3)(SiSoftware Offcial Live Ranker)

7nmプロセスで製造され、“Zen 2”アーキテクチャを採用する次世代EPYC―“Rome”は2019年下半期が予定されている。そしてその“Rome”の32-coreモデル版のEngineering SampleがSiSoftwareのデータベースに掲載された。

掲載されたEngineering Sampleは“ZS1711E3VIVG5_24/17_N”と呼ばれるもので、周波数はBase 1.70GHz / Boost 2.40GHzである。現行のEPYC―“Naples”の32-coreモデルよりも周波数が低いが、Engineering Sample故であろう。
[32-coreの“Rome”がSiSoftwareのデータベースに掲載される]の続きを読む
AMD Ryzen 5 3400G and Ryzen 3 3200G Zen+ APUs Make Early Benchmark Appearance(Hot Hardware)
AMD Picasso for AM4: Ryzen 5 3400G & Ryzen 3 3200G bring more tact(ComputerBase.de)
Details for Result ID AMD Ryzen 5 3400G with Radeon Vega Graphics (4M 8T 3.7GHz, 4x 512kB L2, 4MB L3)(SiSoftware Official Live Ranker)

AMDの“Zen 2”や“Navi”が話題となっているが、一方でAPUのラインナップについてはそれほど注目されていない。しかしながらそのAPUも新製品が予定されており、リーク情報に詳しい情報筋がそのラインナップとスペックを明らかにした。

現行のAPUは“Raven Ridge”であるが、これに続く新APUは“Picasso”と呼ばれ、12nmプロセスで製造される。CPUアーキテクチャは“Zen+”となるが、GPUは引き続き“Vega”を用いる。

スペックは以下の通りである。
[Ryzen 5 3400GとRyzen 3 3200G]の続きを読む
AMD will be hosting their "Next Horizon Gaming" Event at E3 2019(techPowerUp!)
AMD announces “Next Horizon Gaming” event(VideoCardz)

AMDは5月14日、E3 2019に合わせ、イベントの開催とライブストリームを行うことを決定し、新世代のゲーミング製品を明らかにする。また6月10日にはGame Awards creatorであるGeoff Keighley氏を招き、“Next Horizon Gaming”を開催する。

“Next Horizon Gaming”ではAMDのCEOであるLisa Su氏が登壇し、ライブストリーミングも合わせ、今後ゲーミングPCI-Express 4.0からコンソール、そしてクラウドまで使用されることになる新世代の製品と技術について紹介する。

“Next Horizon Gaming”(6月10日)→E3 2019(6月12日~14日)という流れだろうか。

過去の“Next Horizon...”と呼ばれるイベントでは重要な製品に関する発表がなされてきた。今回は新たなゲーミング製品とあることから、このタイミングで“Navi”が明らかにされる可能性は高いだろう。期待して待ちたい。
AMD Ryzen 3rd Generation 16-core Engineering Sample Details Leak - Early Clocks Listed(OC3D)

1月のCESでAMDは第3世代Ryzenを紹介した。このときAMDが見せたのは8-coreのProcessorであったが、明らかにもう1つの8-core CPU chipletを追加して16-coreとすることが可能なものであった。
そして今回、リーク情報に詳しいTUM_APISAK氏が16-core “Zen 2”のEngineering Sampleのスペックを明らかにした。現在、16-coreのCPUはX570チップセット搭載マザーボードでテストが行われている模様である。


16-core “Zen 2”の周波数はBase 3.30GHz / Boost 4.20GHzである、この数字は現行の16-core製品―Ryzen Threadripper 2950Xの3.50GHz/Boost 4.40GHzと比較しても悪くない数字である。
ただし、あくまでもこれはEngineering Sampleであり、最終的な製品では周波数は異なるものになるだろう。それでもハイエンド向けのThreadripperと比べると電力周りに制限がかかるAM4でこの数字は優秀である。
[16-coreの第3世代RyzenのEngineering Sampleのスペック?]の続きを読む
AMD Ryzen 3000 "Zen 2" a Memory OC Beast, DDR4-5000 Possible(techPowerUp!)

第3世代Ryzen(Ryzen 3000 series)はこれまでのRyzenが有していた複数のメモリ周りの制限を克服したモノとなる。“Zen 2”でAMDはメモリコントローラをCPUコアから分離し、I/Oダイに移した。
上述に関し、Ryzen向けのDRAM Calculatorの作者である1usmus氏が、“Zen 2”世代におけるメモリコントローラがどれほど改良されたか、その技術情報を説明している。
[Ryzen 3000 seriesはDDR4-5000まで設定できる模様 他]の続きを読む
AMD's Zen 2 Threadripper Conspicuously Absent From Company's Latest Roadmaps(techPowerUp!)
AMD removes Threadripper 3 from 2019 roadmap(Guru3D)

今年3月のロードマップにおいてAMDは2019年のクライアント製品のラインナップに、“Zen 2”をベースとした第3世代Ryzen Threadripperを含めていた。ところが決算報告時に明らかにされた5月のロードマップでは3月のそれには描かれていた第3世代Ryzen Threadripperは姿を消していた。
[最新のロードマップに記載がなかった“Zen 2”世代のThreadripper]の続きを読む