北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD Zen4/5 “extremely competitive”, RDNA3 to bring similar perf-per-watt improvements as RDNA2(KitGuru)

現在、AMDはCPU製品として“Zen 3”を、GPU製品として“RDNA 2”を展開している。そして、AMDは将来のCPUおよびGPUアーキテクチャの開発を鋭意行っている。幸いにもAMDはKitGuruに将来の製品についていくつかの情報を提供してくれた。

CPUおよびGPUの世代毎の劇的な性能向上の道のありはこれからも続く。AMDは“Zen 4”や“Zen 5”においても、“Zen 2”から“Zen 3”で見せたのと同様のIPCの向上を果たすという。
[これまでの世代と同等の性能向上を目指し、進化する“Zen 4/5”と“RDNA 3”]の続きを読む
AMD Announces World’s Best Mobile Processors¹ In CES 2021 Keynote(AMD)

◇Ryzen 9 5900, Ryzen 7 5800
CES 2021: Ryzen 5900 and 5800 confirmed as OEM-only(HEXUS)
AMD、TDP 65Wの「Ryzen 7 5800」「Ryzen 9 5900」を発表(ITmedia)

AMDのCES 2021の最大の話題はRyzen 5000 series Mobile proessorであったが、これらに加え、“non-X”モデルとなるRyzen 9 5900とRyzen 7 5800が発表された。

今回正式発表されたRyzen 9 5900とRyzen 7 5800はそれぞれRyzen 9 5900XとRyzen 7 5800XのTDPを削減したモデルとなる。Ryzen 9 5900は12-core/24-thread、Ryzen 7 5800は8-core/16-threadで、TDPはどちらも65Wである。

現時点ではRyzen 9 5900とRyzen 7 5800はOEM向けのみとされる。

スペックは以下の通り。
[その他CES 2021で発表・デモが行われたAMD CPU―Ryzen 5900, 5800他]の続きを読む
AMD Launches Ryzen 5000 Mobile: Zen 3 and Cezanne for Notebooks(AnandTech)
AMD "Cezanne" Confirmed to Quadruple Max Addressable L3 Cache Per Core Over "Renoir"(techPowerUp!)
(HEXUS)
AMD Announces World’s Best Mobile Processors¹ In CES 2021 Keynote(AMD)

AMDは前世代のRyzen 4000 Mobile series processor (“Renoir”) において、“Zen”から“Zen 2”へのアーキテクチャ移行とTSMC 7nmプロセスへの移行を果たし、AMDのMobile procssor市場で最大のノートPC性能の向上とバッテリ駆動時間の延長を成し遂げた。そして今回、CES 2021でAMDはRyzen 5000 Mobile seriesを発表した。Ryzen 5000 Mobile series processorはTDP15WのU seriesとTDP35Wないしは45WのH seriesで構成され、合計で13製品が投入される。
[“Cezanne”―Mobile向けRyzen 5000 seires APUが正式発表される]の続きを読む
AMD WRX80 Threadripper PRO Platform Breaks From OEM Shackles, ASUS WS WRX80 SAGE Spotted(techPowerUp!)

Ryzen Threadripper Pro 3000 seriesは8ch DDR4に対応し、128本のPCI-Express 4.0レーンを有する超ハイエンド向け製品である。しかし、現時点では自作PC市場には出回っておらず、LenovoのワークステーションであるThinkStation P620に組み込まれた形での提供となっている。
しかし昨年12月にGigabyteがWRX80 SU8を明らかにし、リテール市場に販売された。そして今回、ASUSのWRX80 Threadripper Proに対応するマザーボード―ASUS WS WRX80 SAGEが明らかになった。
[WRX80 Threadripper Proに対応するASUS WS WRX80 SAGEマザーボード]の続きを読む
AMD Ryzen 7 5700G Cezanne desktop APU might have 200 MHz higher clocks than 4700G(VideoCardz)
(WCCF Tech)
Micro-Star International Co., Ltd. MS-7C94 (GeekBench)

“Cezanne-AM4”をベースとした8-core/16-threadのデスクトップ向けAPU―Ryzen 7 5700GがGeekBenchに掲載された。

発見者はおなじみTUM_APISAK氏である。例のごとくスペックを確認したい。
[Ryzen 7 5700Gの周波数はBase 3.80GHz / Boost 4.65GHz?]の続きを読む
Ryzen 5 5600X and Ryzen 7 5800X with 2 CCDs spotted, can the CPU be unlocked to Ryzen 9?(Igor's Labs)
Dual-CCD Ryzen 5 5600X and Ryzen 7 5800X In the Wild(techPowerUp!)

Clock Tuner for Ryzen (CTR)の開発を行っているYuri氏が“Zen 3”向けの新しいClock Tuner for Ryzen (CTR) 2.0の開発を行い、AMDのAPIを実装している際に興味深い発見をした。
通常Ryzen 7 5800XやRyzen 5 5600XはCPU chiplet die (CCD) を1つのみ搭載するが、2020年のクリスマス前に出荷されたものの一部は2つのCCDが物理的に載せられているものがあるというものだ。
[CPU chiplet die (CCD) が2つ載せられたRyzen 7 5800X, 5 5600Xがある?]の続きを読む
AMD Ryzen 7 5700G Cezanne-AM4 desktop APU tested in CPU-Z(VideoCardz)
Desktop APU Pictured & Benchmarked, On Par With Vermeer Ryzen 5000 8 Core CPUs(WCCF Tech)

“Cezanne-AM4”のEngineering Sampleが中国のソーシャルメディアプラットフォームに出現している。OPNは“100-000000263”となっており、“Zen 3”コアを使用する“Cezanne-AM4”のものとして矛盾しない。

使用されているES品は8-core/16-threadで、Boost時周波数は4.40GHzである。定格周波数については明らかにされていない。ソーシャルメディアプラットフォームの投稿によるとこのES品はRyzen 7 5700GかRyzen 7 Pro 5750Gに相当する製品とされるが、どちらもスペックは同じであり、5700Gか5750Gかの違いは重要でないという。
[“Cezanne”―Ryzen 7 5700G ESのCPU-Zベンチマークスコア]の続きを読む
AMD Ryzen 9 5900 and Ryzen 7 5800 non-XT clock speeds revealed(VideoCardz)
AMD Readies Ryzen 9 5900 12 Core & Ryzen 7 5800 8 Core ‘Zen 3’ 65W Desktop CPU Specifications Leak Out(WCCF Tech)
5900 4.7G, 5800 4.6G(188号@momomo_us)
I think the correct OPN for the 5800 is 100-000000456(ExecutableFix@ExecuFix)

AMDはRyzen 5000 series CPUの新製品として“X”のつかない2つのモデルを開発している。これまでと同様“X”のつかないモデルは“X”モデルと比較すると周波数が低く抑えられている。
 
188号@momomo_us氏の情報によると、Xのつかない無印モデルとしてRyzen 9 5900とRyzen 7 5800が用意されている。そしてそのBoost時の周波数は“X”モデルよりも100MHz低く、それぞれ4.70GHzと4,60GHzになる。定格周波数については188号氏の情報はないが、ExecutableFix氏がそれぞれ3.00GHzと3.40GHzであるとツイートしている。
TDPは65Wとなり、“X”付きモデルのTDP105Wから40W低減される。コア・スレッド数やキャッシュ構成は同ナンバーの“X”モデルと同様である。


以下にスペックをまとめる。
[Ryzen 9 5900とRyzen 7 5800の周波数に関する話題]の続きを読む
AMD 3rd Gen EPYC Milan ‘EPYC 7543’ CPU With 32 Cores & 3.7 GHz Boost Clocks Benchmarked, Faster Than Dual Intel Cascade Lake Xeon CPUs With 56 Cores(WCCF Tech)
Wiwynn SV302A-U(GeekBench)

第3世代EPYC―“Milan”の更なるモデルが姿を現した。今回確認されたのは32-coreのEPYC 7453で32-coreのモデルである。

GeekBenchのスコアをまじめに論じても実りが少ないので、GeekBenchから得られるCPUのスペックに注目したい(一応言及すると、Single-threadではXeon Platinum 8280 (28-core/56-thread, 2.70GHz/Boost 4.00GHz)×2を上回り、Multi-threadでもXeon Platinum 8280には及ばないもののその下位のXeon Platinum 8276 (28-core/56-thread, 2.20GHz/Boost 4.00GHz)×2を超えるらしい)。
[第3世代EPYC―“Milan”の32-coreモデルであるEPYC 7543が出現]の続きを読む
AMD Ryzen 5000 Cezanne APU Die Render Leaked(techPowerUp!)
AMD Ryzen 5000 Mobile "Cezanne" die render leaks - Zen 3 for laptops(OC3D)
AMD Ryzen 5000 APU “Cezanne” die render leaked(VideoCardz)

VideoCardzではRyzen 5000 series APUとして来週投入されるであろう“Cezanne”のダイ写真を入手することができた。しかし、ダイ写真以外の情報は残念ながら得られなかった。
[“Cezanne”のダイ写真がリーク]の続きを読む
AMD Ryzen Threadripper 5000 Series "Genesis Peak" Processor Lineup Could Begin with a 16-Core Model(techPowerUp!)
AMD Ryzen Threadripper 5000 Genesis Peak (Zen3) series might feature 16-core SKU(VideoCardz)
AMD ZEN3 ThreadRipper with 16 cores in the pipeline?(Guru3D)
AMD Ryzen Threadripper 5000 series reportedly features a 16-core SKU(KitGuru)

Twitterに暗号めいた投稿がRyzen-Clocktuner及びDRAM Calculaterの作者であるYuri Bubly氏によって投稿された。

投稿された文章は“47454e4553495320313620434f524553”というものであるが、これは16進法で表されたもので、変換すると“Genesis 16 cores”となる。
[“Zen 3”世代のRyzen Threadripperは16-coreモデルが用意される]の続きを読む
AMD Ryzen 5 5600H "Cezanne" Processor Benchmarked, Crushes Renoir in Single Core and Multi Core Performance(techPowerUp!)
AMD Ryzen 5 5600H Cezanne-H 6-core mobile CPU spotted – much faster than Renoir(VideoCardz)
Ryzen 5 5600H Destroys Ryzen 5 4600H, Core i7-10750H In Geekbench 5(Tom's Hardware)
TIMI Laptop(GeekBench)

AMDの次期Mobile processorが徐々に姿を現し始めている。AMDはCES 2021で次期Mobile processorとなる“Cezanne”を発表すると見込まれている。“Cezanne”はCPUコアに最新の“Zen 3”アーキテクチャを採用し、多くのIPC向上のための改良が施されている。またアーキテクチャの設計の改良により周波数のスケーリングも向上している。今回、その“Cezanne”の1つ―Ryzen 5 5600HがGeekBenchに掲載された。
[Ryzen 5 5600HのGeekBenchスコアはRyzen 5 4600Hを上回る]の続きを読む
The Ultimate Zen: AMD's Zen 3 Achieves 89% Higher Performance Than First-generation Zen(techPowerUp!)
AMD Zen3 offers up to 81% better gaming performance than first generation Zen architectur(VideoCardz)
Hardware and news links of December 17, 2020(3DCenter.org)

ドイツ語のWebサイトであるGolem.deが初代“Zen”から最新の“Zen 3”までの世代ごとの性能向上幅を示している

“Zen”、“Zen+”、“Zen 2”、“Zen 3”各世代のCPUとしてRyzen 7 1800X, Ryzen 7 2700X, Ryzen 7 3800X, Ryzen 7 5800Xを用いて比較が行われている。結果、各世代ごとに20%あるいはそれ以上の性能向上が成し遂げられており、初代“Zen”から最新の“Zen 3”の比較では一般的なアプリケーションで89%の性能向上を達したと述べている。っまたGamingでは84%の向上を実現したとしている。

以下で表にまとめた。
[“Zen 3”は初代“Zen”から80%以上の性能向上を実現した]の続きを読む
AMD Readies Ryzen 9 5900 12 Core & Ryzen 7 5800 8 Core ‘Zen 3’ Desktop CPUs For OEMs, Will Come in 65W Flavors(WCCF Tech)
AMD Ryzen 9 5900, Ryzen 7 5800 CPUs, 5700G and 5600G APUs allegedly in the works(VideoCardz)
VMR OEM(188号@momomo_us)
[CZN-AM4](Patrick Schur@patrickshur_)

AMDは“Zen 3”世代のデスクトップ向けRyzenの新製品として“Vermeer”と“Cezanne”の2種類のダイを使用した製品を準備している。いずれもRyzen 5000 seriesとして投入される見込みである。

“Vermeer”を使用した新製品としてはRyzen 9 5900とRyzen 7 5800がOEM向けに提供される。いずれも現段階では単体販売はされず、完成されたシステムに組み込まれた形でのみの提供となる。Ryzen 9 5900は12-core、Ryzen 7 5800は8-coreでいずれもTDP65Wとなる。
[TDP65WのRyzen 9 5900とRyzen 7 5800がOEM向けに準備されている]の続きを読む
AMD APU Roadmap For 2021 And 2022 Has Leaked – Zen3+ 6nm Rembrandt Flagship APU With Navi iGPU Landing In 2022(WCCF Tech)
AMD mobile APUs for 2021-2022 detailed, first Navi2 iGPU coming with VanGogh?(VideoCardz)
APU roadmap 2021/2022: Rumors speak of Barcelo-U and Dragon Crest(ComputerBase.de)
[AMD APUs for 2021](_rogame@_rogame)
[AMD APUs for 2022](_rogame@_rogame)

これまで数々のリーク情報を扱ってきた_rogame氏が2022年までのAMD APUのロードマップの情報を明らかにしている。

主にMobile向け製品のロードマップとなる。図にした方がわかりやすいので以下にそれを示す。
[2022年までのAMD APUのロードマップ―“Rembrandt”は6nm]の続きを読む
Cezanne Stretches Its Legs: AMD Ryzen 7 5800H System Benchmarked(techPowerUp!)
Acer Nitro AN515-45(GeekBench)

AMDの“Zen 3”は前世代から確実な性能向上を成し遂げ、最初の製品であるRyzen 5000 series CPU―“Vermeer”は“Zen 3”のIPC向上とその効率性を見せつけた。そして次はMobile processorに“Zen 3”がもたらされる。
TUM_APISAK氏が12月16日付けで掲載されたRyzen 7 5800Hこと“Cezanne-H”のGeekBenchのエントリーを明らかにした。周波数はBase 3.20GHz / Boost 4.44GHzとなっている。
[“Cezanne-H”―Ryzen 7 5800Hが再びGeekBenchに掲載される]の続きを読む
AMD Corporation DAYTONA_X(GeekBench)
Geekbench 5 CPU AMD EPYC 7713(LeakBench@leakbench)

先日ラインナップの一部の情報が出てきた第3世代EPYC―“Milan”であるが、その64-core/128-threadモデルであるEPYC 7713がGeekBenchに掲載された。

12月13日付けの掲載で、“AMD Corporation DAYTONA_X”と呼ばれるシステムに搭載されている。
[“Milan”―EPYC 7713がGeekBenchに掲載される]の続きを読む
AMD 3rd Gen EPYC Milan CPU Specs & Benchmarks Leak Out, Up To 64 Cores & 280W TDPs – 128 Core Milan Server Shatters All Hope Intel Had For Ice Lake(WCCF Tech)

第3世代EPYCとなる“Milan”は2021年第1四半期にローンチされる。そしてそのラインナップの一部と性能の数字がExecutableFix氏によりTwitterに投稿された。
[第3世代EPYC―“Milan”のラインナップの一部が明らかに]の続きを読む
AMD Ryzen 5000H Series and Ryzen 5000U mobile CPU series specifications leaked(VideoCardz)

Mobile向けのRyzen 5000 series APUのラインナップが複数のノートPCベンダー経由で明らかになり始めている。momomo_us氏がASUSとLenovoの製品リストに未発表のRyzen 5000H seriesとRyzen 5000U seriesが記載されていることを発見した。これらMobile向けRyzen 5000 series APUはCES 2021で発表されるのではないかと見込まれている。

Ryzen 5000H seriesであるが、現時点で4種類が明らかになっており、上から順にRyzen 9 5900HX, Ryzen 9 5900HS, Ryzen 7 5800H, Ryzen 5 5600Hである。いずれも“Cezanne-H”と呼ばれるAPUで、CPUコアは“Zen 3”となる。最上位のRyzen 9 5900HXは8-core/16-threadで、Boost時の周波数は4.60GHzとなり、現行世代のフラッグシップであるRyzen 9 4900H (8-core/16-thread, 3.30GHz/Boost 4.40GHz) より200MHz高められている。Ryzen 9 5900HSはASUSのZephyrus G14に搭載されるAPUで、Ryzen 9 4900HSと同じ位置づけのモデルである。こちらもBoost時の周波数が4.50GHzと現行世代より200MHz高い。TDPはHXが45WでHSが35Wとなるだろう。

ラインナップは以下の通りである。
[“Cezanne-H”―Ryzen 5000H seriesのラインナップが明らかに]の続きを読む
Ryzen 9 5900HX: Zen 3 Cezanne May Bring Overclocking to AMD Mobile CPUs(Tom's Hardware)
AMD Ryzen 9 5900HX Cezanne CPU Geekbench score leaks(VideoCardz)
ASUSTeK COMPUTER INC. ROG Zephyrus GX551QS_GX551QS(GeekBench)

これまでにはなかった“HX”モデルなるMobile向けRyzenが見つかった。発見者はTUM_APISAK氏で見つかった場所はGeekBenchである。そして新たなCPUの名はRyzen 9 5900HXである。おそらくはIntelの“HK”と似た立ち位置のモデルで、倍率ロックが解除されたオーバークロック対応モデルと推定される。

Ryzen 9 5900HXはASUSのノートPC―ROG Zephrus GX511QSに搭載される。コア・スレッド数は8-core/16-thread、周波数はBase 3.30GHz / Boost 4.60GHzである(表示は4.59GHzとなっている)。キャッシュ構成はL1 Inst 32KB×8 / L1 Data 32KB×8 / L2 512KB×8 / L3 16MBである。L3 cacheの容量と構成から、ベースとなるコアは“Zen 3”世代の“Cezanne”であることがわかる。またIdentifieの項目の“AMD Family 25 Model 80 Stepping 0”の表示もRyzen 9 5900HXが“Cezanne”であることを裏付けている。
[Ryzen 9 5900HX]の続きを読む