北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD's Ryzen 3rd Generation CPUs to Reportedly Launch in July (OC3D)

“Zen 2”を採用した第3世代Ryzen―Ryzen 3000 seriesは7月のローンチが計画されているという話が出てきている。5月28日~6月1日に開催されるComputex 2019で発表された後の1ヶ月後のローンチとなるようだ。

以前の情報ではローンチ予定日が7月7日という情報も出ており、Ryzen 3000 seriesと新チップセットであるX570を搭載したマザーボードが同時に登場すると言われている。
[Ryzen 3000 seriesは7月にローンチされる?]の続きを読む
◇64-core "Rome"
Details for Result ID AMD Eng Sample: ZS1406E2VJUG5_22/14_N (64C 128T 1.4GHz, 800MHz IMC, 64x 512kB L2, 16x 16MB L3)(SiSoftware Official Live Ranker)

AMD Eng Sample: ZS1406E2VJUG5_22/14_N (64C 128T 1.4GHz, 800MHz IMC, 64x 512kB L2, 16x 16MB L3)

“ZS1406E2VJUG5_22/14_N”という形式のEngineering Sampleは今までの“Zen”系列のCPUでも見られたもので、慣れてくるとある程度のスペックを類推することが出来る。わかりやすいのは“22/14”の部分で、このチップの周波数が1.40GHz/Boost 2.20GHzであることを示唆する。

またSandraのページを見ると1 CPUで128-threadを駆動していることがわかり、64-core/128-threadであることも推定できる。
[64-core "Rome" 等、インターネットに現れた未発表チップ達の名]の続きを読む
Preview of Zen 2 architecture in at AMD GDC 2019 presentation(Guru3D)
AMD May Offer Some Insights on Upcoming Ryzen 3000 Series at GDC 2019(techPowerUp!)
AMD Ryzen(TM) Processor Software Optimization (Presented by AMD)(GDC + VRDC 2019 Session Scheduler)

3月18日から22日にサンフランシスコでGame Develper's Conference (GDC) 2019 が開催される。このGDC 2019でAMDはRyzenに関するセッションを予定しており、Ryzen familyにおけるコードの最適化に関して討議を行う模様だ。そしてその中で“Zen 2”へも言及があるようだ
 
Ryzenファミリーにおける最適化が主題で、Ryzen processorそのもの、プロファイリングツール、そして最適化を行うための理解と技術に関して討議が行われるようだが、同社の次世代x86 CPUアーキテクチャである“Zen 2”についても言及されるとある。“glimpse of the next generation of "Zen 2" x86 core architecture”とあるので、チラ見せ程度かもしれないが、興味深い情報が出てくることを期待したい。
mustmann@mustmann(Twitter)

TwitterでRyzen 7 2700X(“Zen+”)と12-core "Zen 2"のEngineering Sampleのレイテンシを比較したグラフが掲載された。

両者とも4MBまではほぼ同一の曲線を描くが、8MB以降が変化する。

Ryzen 7 2700X(L3=8MB×2)では、8MB(16.59ns)からレイテンシのカーブが立ち上がり、16MBで59.06nsとなり、32MB以降は80ns付近で一定となる。
一方、12-core "Zen 2"では8MB(12.07ns)から16MB(19.09ns)の変化は緩やかで、16MB以降でカーブが立ち上がり、32MB付近で98ns付近の山を作った後、64MB以降90ns付近で一定となる。
[レイテンシから推測した12-core "Zen 2"のL3 cache容量]の続きを読む
ASMedia to Continue as Chipset Supplier to AMD, But X570 an In-house Chipset(techPowerUp!)
ASMedia lands mainstream PCIe chip design orders from AMD(DigiTimes)

現行のAMDのSocketAM4向け及びSocketTR4向けのチップセットはASMediaが設計したものである。元々“Zen”系列のProcessorはSoCとしての機能を備えており、チップセットは機能を追加する役割にとどまっている。またASMediaはI/Oの規格策定を行う団体(PCI-SIG, USB-IF, SATA-IO等)からもすでに認証を受けている。そしてそのASMediaが(AMD向けの)何かを開発しているというが、X570を除く500 seriesの可能性がある。
X570はAMD独自設計となり、同社のファウンダリパートナーのプロセス(おそらくはGlobalFoundriesの14nm)で製造される。


初出時のエントリーの内容があまりにもとっちらかっていて非常にわかりづらいものになってしまったため差し替え。
[ASMediaはAMDチップセットの供給を続ける【1/29 改題・内容修正】]の続きを読む
Performance Results(UserBench)

UserBenchに12-core/24-thread, 3.40GHz/Boost 3.70GHzと推測されるAMD CPUのEngineering Sampleが掲載されている。

1月23日付けで掲載された模様で、System名は“AMD Mytle”、マザーボードは“AMD Mytle-MTS”と認識されている。

そしてCPUであるが“AMD Eng Sample : 2D3212BGMCWH2_37/34_N”と表示されている。
[UserBenchに12-core/24-threadのAMD CPUのES品が掲載される]の続きを読む
The True Shortest AM4 Motherboard: Thin-ITX Comes to AMD(AnandTech)

ONDAのSocketAM4対応Thin Mini-ITXマザーボードの写真が掲載されている。

Thin Mini-ITXは薄さを追求した規格で、バックパネルを見るとその様子がわかり、背面の端子類はUSB type A端子2個分の高さで収められている。またメモリはSO-DIMMを使用し、ストレージ用のI/OはmSATAと2基のSATAが搭載されている。
[SocketAM4に対応するThin Mini-ITXマザーボード―ONDA "B320-IPC"]の続きを読む
Papermaster: AMD's 3rd-Gen Ryzen Core Complex Design Won’t Require New Optimizations(Tom's Hardware)

CES 2019でAMDは7nmプロセスの第3世代Ryzen(=“Zen 2”を使用するRyzen 3000 series。以下Ryzen 3000 seriesと表記する)と同じく7nmプロセスで製造されるRadeon VIIを披露した。

Tom's Hardwareでは幸運にもAMDのCTOであるMark Papermaster氏にイベント後話を聞くことができた。Papermaster氏はTom's HardwareにRyzen 3000 seriesの基本的な設計に関するいくつかの見識と、現行のソフトウェアが新たなRyzen 3000 seriesで良好に動作することを示した。
[第3世代Ryzenはは新たな最適化を必要としないよう設計されている]の続きを読む
AMD: “No Chiplet APU Variant on Matisse, CPU TDP Range same as Ryzen-2000”(AnandTech)
AMD confirms that there will be no chiplet-based APU this generation(OC3D)

AMDがCES 2019で明らかにしたZen 2世代のRyzen―“Matisse”の新しいCPU設計について大きな疑問が残った。“Matisse”はI/Oダイに加え、2つのchipletを載せられるのではないかと言うことだ。そして載せられそうな2つのchipletのうち、1つをGPUとしてAPUを作り出すことが出来るのではないだろうか、と。
AnandTechではその可能性についてAMDに問うてみた。そして返ってきたAMDの答えは「“Matisse”でAPUの計画はない」というものだった。
[“Matisse”にchiplet構成のAPUの計画はない]の続きを読む
AMD Ryzen 3rd Gen 'Matisse' Coming Mid 2019: Eight Core Zen 2 with PCIe 4.0 on Desktop(AnandTech)
AMD shows off 3rd Gen AMD Ryzen CPUs featuring Zen 2 cores(bit-tech.net)
AMD's CES 2019 Keynote - Stream & Live Blog(techPowerUp!)
Zen 2-based Ryzen and Epyc processors are coming this summer(The Tech Report)
AMD demos 7nm Ryzen 3000 processor at CES (and kicks a bit of ass)(Guru3D)

AMDは1月10日、CES 2019でkey noteを開催し、7nmプロセスを使用して製造される“Zen 2”世代の製品となる第3世代のRyzen(コードネーム:“Matisse”)を披露した。

今回披露された“Zen 2”世代のRyzenは8-core/16-threadのものである。“Matisse”のコードネームで呼ばれているため、以下“Zen 2”世代のRyzenを“Matisse”と表記する。AMDのCEOであるLisa Su氏が掲げているパッケージがそれで、左側にI/Oダイ、右上に8-coreのCPUダイが配置されている。I/Oダイは14nmプロセス、CPUダイは7nmプロセスで製造される。
[【CES 2019】“Zen 2”世代の8-core RyzenとEPYCが披露される]の続きを読む
AMD at CES 2019: Ryzen Mobile 3000-Series Launched, 2nd Gen Mobile at 15W and 35W, and Chromebooks(AnandTech)
AMD Kicks-Off 2019 Offering Complete Mobile Portfolio with Ryzen, Athlon, and A-Series Processors for Notebooks and Chromebooks(techPowerUp!)
AMD announces its second-generation Ryzen Mobile processors(The Tech Report)
AMD Announces 2nd Gen AMD Ryzen 3000 Series Mobile Processors(Guru3D)
AMD announces its 2019 Ryzen Mobile Processors(HEXUS)

AMDは1月7日、2019年のそして第2世代となるRyzen Mobile seriesことRyzen 3000 series Mobile ProcessorとAthlon 300 series Mobile processorを発表した。

「第2世代」であるのに3000番台を名乗っているため、多少ややこしいが一昨年から昨年にかけて展開された“Raven Ridge”(=第1世代で2000番台を名乗る)の後継となるAPUである。プレスリリースには明言はされていないようだが“Picasso”と呼ばれていたコアがこれであろう。

主な特徴の1つとして12nmプロセスの採用が挙げられており、性能と電力効率の向上が図られている。そしておそらくはCPUコアも12nm世代で用いられている“Zen+”に更新されていると推測される。

ラインナップは以下の通り。
[Ryzen Mobile 3000 seriesが正式発表される]の続きを読む
AMD Ryzen 9 3800X “Matisse” listed with 16 cores and 125W TDP(VideoCardz)

ロシアのとあるショップがAMDの“Zen 2”世代のCPUとなるRyzen 3000 seriesのスペックを掲載した。

実際のところ、これがリーク情報なのか単に注目を集めるだけの適当にでっち上げた代物かどうかの判断は難しい。だが、CES 2019のKey noteで“Zen 2”が発表されるであろうというその直前のこの時期にこれが出てきたのは興味深い。

スペックは以下の通りである。
[【怪情報】ロシアで掲載された“Zen 2”世代のRyzen 3000 seriesのスペック]の続きを読む
AMD's Athlon Rises: Athlon 220GE, 240GE Released(techPowerUp!)
AMD Launches Athlon 220GE and Athlon 240GE(Guru3D)
The New AMD Athlon(TM) Processor with Radeon(TM) Vega Graphics(AMD)

AMDは12月21日、Athlon 220GE, 240GEを発表し、本日付で受注を開始した。

Athlon 220GE, 240GEは先に登場したAthlon 200GEと同様SocketAM4に対応し、CPUとして“Zen”を、GPUとして“Vega”を採用する。

スペックは以下の通り。
[Athlon 220GE, 240GEが発表される]の続きを読む
HP HP Laptop 17-ca1xxx (GeekBench)
HP HP Laptop 17-ca1xxx (GeekBench)
HP HP Laptop 14-cm1xxx (GeekBench)

“Picasso”世代のAPUとされるRyzen 3000 series APUであるが、Ryzen 5 3500U, Ryzen 3 3300U, 3200Uの3種類がGeekBenchに姿を現した。

上位のRyzen 7 3700Uは先月中旬にSnadraで姿を現している。そして今回の情報を合わせてまとめた“Picasso”の一覧が以下である。
[Ryzen 5 3500U, Ryzen 3 3300U, 3200Uが姿を現す]の続きを読む
AMD Ryzen 3000 Specs & Prices Leaked, Upto 16 Cores & 5.1GHz on AM4(WCCF Tech)
Ryzen 3000, Radeon 3000 Series LEAKS - It's Game On!(Adored TV / YouTube)

“Zen 2”世代のRyzen 3000 seriesおよび“Navi 12”と“Navi 10”を用いたRadeon RX 3000 seriesのスペックがリーク情報として掲載されている。

まずRyzen 3000 seriesであるがCPUとAPUのラインナップが掲載されており、そのスペックは以下の通りである。
[【怪情報】Ryzen 3000 seriesのスペックとRadeon RX 3000 seriesの話]の続きを読む
AMD Doubles L3 Cache Per CCX with Zen 2 "Rome"(techPowerUp!)
2x AMD Eng Sample: 2S1404E2VJUG5_20/14_N (64C 1.4GHz, 800MHz IMC, 64x 512kB L2, 16x 16MB L3)(SiSoftware Sandra Database)

SiSoftware Sandra DabaseにAMDの“Zen 2”世代のEPEC―“Rome”を2基搭載したシステムが掲載された。64-coreの“Rome”は7nmプロセスで8-coreの“Zen 2”CPU chipletを8ダイと14nmのI/O controller dieで構成される。

今回データベースに掲載された“Rome”のスペックからそのキャッシュ構成がわかってきた。L2 cacheはコア毎に512kBでありこれは変更がない。そしてL3 cacheだが“16×16MB L3”と表示されている。“Zen+”世代のRyzen 7 2700Xであれば“2×8MB L3”であり、CCXあたりのL3 cacheが8MBであることがわかる。そしてこれを踏まえると“Rome”ではCCXあたり16MBのL3 cacheを搭載することになりそうである。
[AMDは“Zen 2”世代の“Rome”でCCXあたりのL3 cacheを増量する]の続きを読む
AMD Ryzen 7 3700U spotted, features Picasso GPU(VideoCardz)
AMD Ryzen 7 3700U: Picasso APU shows up in benchmark databases (PCGameHardware)
Details for Computer/Device AMD Mandolin-PCO Raven (SiSoft Official Live Ranker)

最初の“Zen”系列のAPUである“Raven Ridge”がRyzen 2000U series APUとして登場したのは、初代“Zen”CPUであるRyzen 1000 series CPUのリリースから約7ヶ月後の2017年10月のことである。
Ryzen 1000 series CPUの後継となるRyzen 2000 series CPUは4月に登場しており、Ryzen 1000 series CPU→Ryzen 2000U series APUと同じ流れをたどるならば、6~7ヶ月たった今現在、そろそろRyzen 3000U series APUが登場しても良さそうな頃合いである。


Ryzen 3000U series APUのCPUコアが“Zen+”なのか“Zen 2”なのか現時点でもはっきりしないが、そのRyzen 3000U series APUの1つとなるRyzen 7 3700Uが姿を現し始めた模様である。
[Ryzen 7 3700Uが姿を現した模様]の続きを読む
AMD Launches High-Frequency EPYC 7371 Processor(AnandTech)
New AMD EPYC 7371 Frequency Optimized Processor Launched(ServerTheHome)

AMDは11月13日、高周波数タイプの製品となるEPYC 7371を発表した。EPYC 7371は16-coreの製品であるが、周波数が定格3.10GHz、全コアBoost 3.60GHz、最大Boost 3.80GHzと周波数が高められているのが特徴である。

その他のスペック、PCI-Express 3.0レーンの数やL3 cache容量、メモリチャネル周りの仕様はEPYC 7351と同様の模様である。
[AMD 周波数を高めたEPYC 7371を発表]の続きを読む
AMD "Zen 2" IPC 29 Percent Higher than "Zen"(techPowerUp!)
AMD 'Zen 2' IPC has 29 percent higher IPC(Guru3D)

AMDは“Next Horizon”で“Zen 2”マイクロアーキテクチャのIPC (Instructions per clock) performance guidanceを行った。そしてそのIPCの向上幅は驚くべきものであった。

“Zen 2”のIPCは初代の“Zen”アーキテクチャから29%もの向上となる。
[“Zen 2”のIPCは“Zen”から29%向上する]の続きを読む
AMD Unveils ‘Chiplet’ Design Approach: 7nm Zen 2 Cores Meet 14 nm I/O Die
b
(AnandTech)
AMD Announces Radeon Instinct MI60 & MI50 Accelerators: Powered By 7nm Vega(AnandTech)
AMD teases Zen 2 Epyc CPUs with up to 64 cores and 128 threads(The Tech Report)
AMD Radeon Instinct MI50 and MI60 bring 7-nm GPUs to the data center(The Tech Report)
AMD Unveils "Zen 2" CPU Architecture and 7 nm Vega Radeon Instinct MI60 at New Horizon(techPowerUp!)
AMD Unveils World's First 7 nm GPUs - Radeon Instinct MI60, Instinct MI50(techPowerUp!)
AMD、7nmで最大64コアの「ZEN2」とNVIDIA Voltaを上回る「Radeon Instinct M60」(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)
Next Horizon(AMD)

AMDは11月6日、投資家向けに“Next Horizon”と呼ばれるイベントを開催し、7nmプロセスのGPUである“Vega 20”をベースとしたRadeon Instinct MI60/MI50と、同じく7nmプロセスを使用したCPUアーキテクチャである“Zen 2”とそのサーバー向けCPUである“Rome”について明らかにした。
[【AMD】“Next Horizon”で7nmの“Zen 2”と“Vega 20”の詳細を発表]の続きを読む