北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Rolls Out Athlon 3000 Gold and Silver "Zen" 15W Mobile SoCs(techPowerUp!)

CES 2020では“Zen 2”世代のMobile向けAPU―“Renoir”ことRyzen 4000 series Mobile APUや64-coreのRyzen Threadripper 3990Xが大きな話題となったが、ローエンド向けにも新製品が明らかにされた。それがAthlon 3000 Goldと3000 Silverである。いずれもTDP15Wの低消費電力・低価格向けの製品である。

スペックは以下の通り。
[Athlon 3000 Goldと3000 Silverが発表される―TDP15WのMobile向けSoC]の続きを読む
AMD’s 64-Core Threadripper 3990X, only $3990! Coming February 7th(AnandTech)
AMD Ryzen Threadripper 3990X Pricing and Availability Detailed(techPowerUp!)
AMD launches its Ryzen Threadripper 3990X processor for $3990 - A Monster price for a Monster CPU - CES 2020(OC3D)
CES 2020: AMD’s 64-core TR 3990X is coming in February for $3990(KitGuru)

AMDは第3世代Ryzen Threadripperのフラッグシップとなる64-core/128-threadの3990Xについての情報をさらに明らかにした。Ryzen Threadripper 3990Xは2月7日に解禁され、価格は$3990となる。プラットフォームは先に解禁されたRyzen Threadripper 3970X, 3960Xと同じTRX40チップセットおよびsTRX4 socketを用いる。またメモリも3970X, 3960X同様4ch DDR4-3200の対応となる。

スペックは以下の通り。
[64-coreのRyzen Threadripper 3990Xは$3990で2月7日に解禁]の続きを読む
AMD Ryzen 4000 Mobile APUs: 7nm, 8-core on both 15W and 45W, Coming Q1(AnandTech)
AMD Announces Ryzen 4000 Mobile Processors: 4800U and 4800H(techPowerUp!)
AMD's Ryzen 4000 Mobile Processors are a turning point - Intel now has to fight in every market - CES 2020(OC3D)

AMDはCES 2020において、Mobile向けProcessorの新製品としてRyzen 4000 series Mobile APUを発表した。Ryzen 4000 series Mobile APUはAMDがTSMC 7nmプロセスを使用して製造する製品としては初のMobile向けProcessorとなる。TDPは15Wから45Wで、前世代と比較するとコア数の増加および周波数の向上が図られている。
[“Renoir”―Ryzen 4000 series Mobile APUが発表される]の続きを読む
AMD Ryzen Threadripper 3980X is a 48-core Monster for When 64 Cores Are Too Many, 32 Too Few(techPowerUp!)
AMD's 48-core Ryzen 3980X monster CPU has been reportedly found in CPU-Z's code(OC3D)

第3世代Ryzen Threadripperは24-coreの3960Xと32-coreの3970Xがローンチ済みである。そしてRyzen Threadripper 3000 seriesとTRX40チップセットで構成されるHEDT向けの最上位製品として64-coreのRyzen Threadripper 3990Xが2020年に登場することが予告されている。
これらのラインナップを見ると、CPUコア数と型番に隙間があり、48-coreの3980XというSKUが存在してもおかしくなさそうに見える。そして中国語のWebサイトであるMyDriversがCPU-Z 1.91のコードに48-core/96-threadのRyzen Threadripper 3980Xが記載されていることを明らかにした。
[48-coreのRyzen Threadripper 3980Xもあるらしい]の続きを読む
AMD Ryzen 4000 Rumored to Offer Around 17% Increased Performance(techPowerUp!)
Ryzen 4000 rumors: Allegedly can offer an up-to 20 percent extra perf over Ryzen 3000(Guru3D)

Ryzen 4000 seriesは“Zen 3”アーキテクチャを使用したCPUとなり、アーキテクチャに大幅に手が入り、性能向上を果たす世代となる。AMD自身もすでに“Zen 3”が新アーキテクチャになるとともに、性能の向上幅をRyzen 3000 seriesの“Zen 2”比で17%前後と述べている。

しかし、インターネット上の複数の情報によると“Zen 3”での性能向上幅は17%前後になるという。“Zen 3”ではエンタープライズ向けで少なくとも100~200MHz程の、コンシューマ向けではそれ以上の周波数向上が成し遂げられ、さらにIPCの向上が加わる。
7nm EUVそのものは周波数の向上にそれほど寄与しないが、使用するマスクを減らせることにより、“Zen 3”のイールドを向上させ、結果として周波数上昇につながる。


Guru3Dにはさらに具体的な性能向上幅がかかれている。
[Ryzen 4000 seriesは17%前後の性能向上を実現するらしい]の続きを読む
Threadripper 3970X with 180W in the test: Even with 100 watts less TDP far ahead of the competition(ComputerBase.de)

32-coreのRyzen Threadripper 3970Xは非常に強力なProcessorであるが、一方でTDPは280Wに達し、初代Threadripperよりも100W高い。

TDPを280Wから180Wに下げて動作させるにおいて、ComputerBase.deはRyzen Masterで設定を行っている。
[Ryzen Threadripper 3970Xを180W設定で動かした際の性能]の続きを読む
AMD rumored to launch Ryzen 9 4900H, Ryzen 7 4800H(S) and Ryzen 4600H(S) mobile CPUs soon(VideoCardz)
AMD’s 4th Gen Ryzen 9 4900H & Ryzen 7 4800H APUs With Up To 8 Core / 16 Threads Coming in Early 2020 – Ryzen 7 4800HS APU Spotted & Listed in ASUS Gaming Notebooks(WCCF Tech)

“Renoir”世代で8-coreのMobile APUとなるRyzen 7 4700Uの3DMarkのスクリーンショットが投稿されたのはつい先日であるが、AMDは低消費電力向けのU seriesに加え、高性能Mobile向けとしてH seriesを予定している。

Mobile01 forumに8-core/16-threadとなるRyzen 9 4900H及びRyzen 7 4800Hがまもなく投入されるという。先日のRyzen 7 4700UはSMTが無効で8-core/8-threadであったが、TDP45WのH seriesに属するRyzen 9 4900HとRyzen 7 4800HではSMTが有効化される。
[Ryzen 9 4900H, Ryzen 7 4800H(S), Ryzen 5 4600H(S)の噂]の続きを読む
AMD Ryzen 7 4700U 8-core Renoir mobile CPU spotted(VideoCardz)

2020年にAMDはMobile市場において攻勢に出る。8-coreを搭載したMobile向けのAPU―“Renoir”がこの数ヶ月以内に登場するかもしれない。

Mobile向けの“Renoir”は15Wまたは45Wで投入される。そして今回姿を現したのはRyzen 7 4700Uである。Ryzen 7 4700Uの特徴はCPUコア数が8-coreとなることで、現行のRyzen 7 3700U(4-core/8-thread)の2倍となる。ただし、今回リークした3DMarkのスクリーンショットではSMTが有効化されていないように見える(H seriesで有効化される?)。
またGFX902と呼ばれるGPUを搭載しており、このGFX902というIDから“Vega”世代のGPUが搭載されていることがわかる。


3DMarkのスクリーンショットが掲載されたのはRedditである。
[次世代APU―“Renoir”に8-coreの可能性? Ryzen 7 4700Uが姿を現す]の続きを読む
AMD "Renoir" APU iGPU Configuration and Platform Spread Detailed(techPowerUp!)
Listing of AMD Renoir APUs Leaks - Possibly ZEN2 Based(Guru3D)

AMDの次世代APUは“Renoir”と呼ばれ、デスクトップはもちろんのことノートPCや薄型軽量PCにおいて最も重要な製品の1つとなる。
Redditに“Renoir”のiGPUのバリエーションとDevice IDが記されていた。また“Renoir”がノートPC向けに15Wと45Wの、デスクトップ向けに35Wと65Wの製品が投入されることも明らかにされた。
[次世代APU―“Renoir”のiGPUのバリエーションが明らかに]の続きを読む
AMD 3rd Gen Ryzen Threadripper 3970X / 3960X CPU Delidded, Feature Indium Solder, Gold-Plated IHS – Direct-Die Cooling Works But Not Adequately, For Now(WCCF Tech)

第3世代Ryzen Threadripperの殻割りがオーバークロッカーによって行われた。殻を割ったのはもちろんDer8auer氏である。

Integrated Heat Spredder (IHS) とCPUダイはインジウムを含む合金で半田付けされていた模様である。前世代・前々世代同様冷却には非常に気を遣った構成となっており、金のプレートが用いられ、またキャパシタはシリコンで保護されている。
[第3世代Ryzen Threadripperの殻を割ったお話]の続きを読む
AMD Announces Mini PC Initiative, Brings the Fight to Intel in Yet Another Product Segment(techPowerUp!)
AMD announces Mini-PCs with Ryzen Embedded processors(VideoCardz)
AMD’s Ryzen-Powered Mini PC Initiative: Small Form-Factor Infusion(PC Perspective)
Ryzen UCFF-palooza: Multiple PC Makers Now Shipping AMD Ryzen Embedded Systems(AnandTech)

AMDはRyzen Embedded V1000およびR1000 seriesを搭載した小型PC群を発表し、Intelが優位であった市場に切り込もうとしている。このRyzen Embedded V1000, R1000搭載のMiniPCはASRockやEEPD、OnLogic、Simpley NUCなど様々なパートナーから発表されている。設計は各社独自のもので、業務向けを意識したものから、これまで小型PCになかったコンピューティングニーズに切り込もうというものまで様々である。これらの小型PCは高性能なCPU/GPU processorを搭載し、豊富な周辺機能のサポート、強固なセキュリティ、10年のProcessorサポートを計画している。
[AMD Ryzen Embeddedを使用した小型PCを発表]の続きを読む
AMD Radeon RX 5500 XT launches next week, Radeon RX 5600 XT in January?(VideoCardz)
AMD Radeon RX 5600 XT 6 GB GDDR6 Navi Graphics Card Reportedly Launching in January(WCCF Tech)

VideoCardzでRadeon RX 5600 seriesについて説明するのは初めてかもしれない。少なくともVideoCardzでは2つのメーカーがRadeon RX 5600 XT搭載カードを開発していると説明を受けている。Radeon RX 5600 XTもまたGDDR6メモリを搭載するカードとなり、Radeon RX 5000 seriesは全て最新のGDDR6メモリを搭載することになる。

現時点でのRadeon RX 5600 XTの情報は限られているが、6GBのGDDR6を搭載するらしい。そしてこの6GBという容量からおそらくはメモリインターフェースは192-bitであろう。
Radeon RX 5600 XTは来年初めに登場し、おそらくは1月になるのではなかろうか。
[Radeon RX 5600XTの可能性]の続きを読む
AMD's mobile APU "Renoir" with high graphics memory clock?(Planet3DNow!)

デスクトップから始まり、サーバー、HEDTと展開された“Zen 2”であるが、次なるターゲットはMobile APUである。“Zen 2”世代のMobile APUは“Renoir”として2020年に登場する。そして最近の噂では1月7日~10日の日程で開催されるCES 2020で発表されるのではないかと言われている。“Renoir”のiGPUは“Navi”ではなく“Vega”となる。しかし、同じ“Vega”でも大幅な向上が成されたものとなる。リーク情報に詳しいAPISAK氏が“Renoir”のメモリ周波数が現行世代の“Picasso”と比較すると大幅に高いことを指摘している。

APISAK氏が提示している“Renoir”は8 CUの“Vega”を搭載したものであるが、その周波数も高く1750MHzに達する。“Picasso”のiGPUが1200~1400MHzなので、大幅に向上していることになる。“Renoir”のiGPUの周波数が高くなる可能性は過去にも指摘されている。
[次世代APU―“Renoir”が高速なメモリに対応するという話]の続きを読む
The AMD Ryzen Threadripper 3960X and 3970X Review: 24 and 32 Cores on 7nm(AnandTech)
Review: AMD Ryzen Threadripper 3960X and 3970X(HEXUS)
AMD Threadripper 3970X and 3960X Review: High-End Domination(Tom's Hardware)

第3世代Ryzen ThreadripperとなるRyzen Threadripper 3970Xおよび3960Xのレビューが解禁された。
既報の通り、両者とも“Zen 2”をベースとするCPUで3970Xが32-core/64-thread、3960Xが24-core/48-threadである。対応Socketは“sTRX4”、チップセットはTRX40となり、前世代のTR4 / X399チップセットマザーには対応しない。
[Ryzen Threadripper 3970X, 3960Xのレビューが解禁される]の続きを読む
AMD Paves Upgrade Path for TRX40 Platform with 64-core 3990X in 2020(techPowerUp!)
AMD to launch Ryzen Threadripper 3990X with 64-cores in 2020(VideoCardz)
AMD Ryzen Threadripper 3990X 64 Core & 128 Thread HEDT CPU Confirmed – Launching in 2020, 280W TDP & 288 MB Cache(WCCF Tech)
AMD,第3世代Ryzen Threadripperの詳細を明らかに。2020年には64コア128スレッド対応の「Ryzen Threadripper 3990X」をリリース(4Gamer.net)

AMDは11月25日、Threadripperプラットフォームに64-coreの製品を2020年に追加することを明らかにした。64-core/128-threadとなる製品はRyzen Threadripper 3990Xであり、TDPは280W、L2+L3 cache容量は288MB(L2=512KB×64+L3=256MB)となる。
[64-coreのRyzen Threadripper 3990Xが予告される]の続きを読む
AMD hints at Zen 3's performance gains - Claims its an "entirely new architecture"(OC3D)
AMD Zen 3 is designed to be a new architecture and have significant IPC improvements(Planet3D)

“Zen 2”はAMDにとて戦局を変えた世代で、“Zen 2”がもたらされた市場領域全てにおいて成功を収めている。“Zen 2”の成功の1つとして最先端プロセスが使用できたことがあり、この十数年間得られなかった強力な競争力を得るに至った。

“Zen 2”ではAMDはCPU性能を一気に上げることが出来たが、次の“Zen 3”でもCPU性能の向上の手を緩めるつもりはないようである。AMDのForrest Norrod氏によると“Zen 3”は“entirely New architecture”であるという。そして“Zen 3”は「新しいアーキテクチャに期待されるものに光を当てるもの」になるという。
[“Zen 3”の性能向上の秘密―"Zen 3" would be an Entirely New Architecture]の続きを読む
Pin layouts show differences between AMD SP3 and TR4 sockets(VideoCardz)
AMD Ryzen Threadripper sTRX4 & TR4 Socket Pin Layouts Detailed – Vastly Different Config on 3rd Gen TRX40 Platform(WCCF Tech)
Mainboard | Here's a pinmap comparison between SP3 / TR4 (SP3r2).(HardwareBattle)

HardwareBattleにおいてRyzen Threadripper 1000, 2000 seriesのTR4 socketとEPYCで使われるのSP3 socketのpin配列の比較が行われている。

そして、そのpinを機能ごとに色分けしてmappingしたものが掲載されているが、一見してわかるのは上のSocketと比較すると下のSocketは桃色の領域が増えていることである。桃色の領域は“RSVD”―Redundant pinで、冗長化用のpinである。そして上のSocketでは“RSVD”とされていたpinの多くがDATA用のpinとなっている。
[SocketSP3とSocketTR4のpin配列の比較【11/19 改題・修正】]の続きを読む
The AMD Ryzen 9 3950X Review: 16 Cores on 7nm with PCIe 4.0(AnandTech)
AMD Ryzen 9 3950X Review(bit-tech.net)
Review: AMD Ryzen 9 3950X(HEXUS)
AMD Ryzen 9 3950X review - Introduction(Guru3D)
メインストリーム最上位に君臨する「Ryzen 9 3950X」をテスト(Impress PC Watch)
メインストリーム初の16コアCPU、「Ryzen 9 3950X」はどこまで速くなったのか(hermitage akihabara)

11月14日23時付けでRyzen 9 3950Xのレビューが解禁された模様で、各メディアよりレビューが掲載されている。
Ryzen 9 3950Xのスペックは以下の通りとなる。
[Ryzen 9 3950Xのレビューが解禁された模様]の続きを読む
AMD Promises Long-Term Support For Threadripper 3000 sTRX4 CPU Socket
Read more at https://hothardware.com/news/amd-ryzen-threadripper-strx4-zen-2-trx40#rUHxShXe4OsxWLJU.99
(HotHardware)
Enthusiasts Rejoice, AMD’s New Threadripper sTRX4 Socket Is Here To Stay – ‘Long Term’ Longevity Confirmed(WCCF Tech)

先週、AMDはRyzen Threadripper 3000 seriesを発表した。この最新世代のThreadripperは“Zen 2”をベースとし、CPU chipletは7nmプロセスで製造される。ラインナップとして明らかにされたのは24-coreのRyzen Threadripper 3960Xと32-coreの3970Xである。

そしてこのRyzen Threadripper 3000 seriesは新しいsTRX4 socketとTRX40チップセットを使用する。sTRX4 socketは従来のRyzen Threadripper 1000 series及び2000 seriesと互換性はない。sTRX4 socketのpinの本数は4096で前世代のTR4と同じであるものの、電気的に非互換となっている。AMDの説明によると電圧及びデータpinの配置が異なっており、Ryzen Threadripper 3000 seriesをX399マザーボードに挿すないしは逆にRyzen Threadrippe 1000, 2000 seriesをTRX40マザーボードに挿すことはできない。
 
その上でAMDは次のように説明している。
[Threadripper 3000 seriesのsTRX4 socketはある程度長い間使われる模様]の続きを読む
AMD Announces Ryzen 9 3950X, Details 3rd Gen Ryzen Threadripper, unlocked Athlon 3000G(techPowerUp!)
AMD Q4: 16-core Ryzen 9 3950X, Threadripper Up To 32-Core 3970X, Coming November 25th(AnandTech)
AMD sets release date for Ryzen 9 3950X and 3rd Gen Threadripper(HEXUS)
AMD confirms 3rd Gen Threadripper and 3950X for Nov 25th(bit-tech.net)
AMD announces Ryzen Threadripper 3960X, 3970X and Ryzen 9 3950X(VideoCardz)
AMD Unveils Threadripper 3960X and 3970X, Ryzen 9 3950X Details, and Athlon 3000G(Tom's Hardware)
AMD,16C32Tの新型CPU「Ryzen 9 3950X」を11月25日に発売。第3世代Ryzen Threadripperの概要も明らかに(4Gamer.net)

AMDは11月7日、4種類のデスクトップ向けProcessor製品を発表した。うち2種類はSocketAM4に対応するProcessorでAM4プラットフォームのフラッグシップとなるRyzen 9 3950Xと同プラットフォームのローエンドを担うAPUであるAthlon 3000Gである。
残り2種類はHEDT向けのRyzen Threadripper 3970X, 3960Xである。これらは新たにsTRX4と呼ばれるCPU socketを用い、対応するチップセットとしてTRX40 chipsetが用意される。


多数の製品が発表されたので1つずつ紹介する。
[第3世代Ryzen Threadripper, TRX40, Ryzen 9 3950Xが発表される]の続きを読む