北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
ONDA Releases First DDR4+DDR5 Socket LGA1700 Motherboard—But it's Single-Channel(techPowerUp!)
Alder Lake Motherboard With a DDR4 and DDR5 Slot Appears(Tom's Hardware)
DDR4とDDR5が使えるLGA1700対応マザーボード、ONDA「H610M +」(hermitage akihabara)
H610M+(VER1.0)(ONDA)

中国のマザーボードメーカーであるONDAが初となるDDR4/DDR5メモリ両対応のLGA1700マザーボードを明らかにした。このDDR4/DDR5両対応のマザーボードはONDA H610M+で、エントリー向けのH610チップセットを搭載したMicroATXマザーボードである。
ASRock First Out With Official Support for Zen 3 CPUs on X370 Motherboards(techPowerUp!)
ASRock is the first company to support AMD Ryzen 5000 CPUs on the X370 platform.(Guru3D)
Ryzen 9 5950X Support model(ASRock)
X370 Pro4 CPU Support list(ASRock)

ASRockのX370マザーボード―X370 Pro 4でこれまで対応していなかった“Zen 3”世代のProcessor(“Vermeer”と“Cezanne”)および“Zen 2”世代のAPU(“Renoir”)のサポートが正式に追加されている。これらのProcessorをサポートするBIOSはP7.10と呼ばれるものである。
MSI、ノートPCイメージキャラクター「美星メイ」。VTuberとしても活動開始予定(Impress PC Watch)
MSIノートPC公式イメージキャラ「美星メイ」誕生。“オフィシャルVTuber”デビューも(hermitage akihabara)
MSIノートPCイメージキャラクター オフィシャルVTuber「美星メイ」(MSI)

MSI computer Japanは11月24日、同社のノートPCの製品の公式イメージキャラクターとして「美星メイ」を発表した。

今後はMSIのWebサイトや同社のノートPC製品に関わる印刷物で彼女の姿を目にすることになるだろう。またTwitterアカウントに加え、YouTubeチャンネルも開設され、MSI公式VTuberとしての活動も行う予定で、従来のイメージキャラクターよりも広い展開を見込んでいるようだ。
ASRock and NZXT Intel Z690, H670, B660 and H610 motherboards listed(VideoCardz)

VideoCardzではASRockのIntel 600 seriesチップセット搭載マザーボードのラインナップに関する情報を入手した。VideoCardzで得た情報では、最上位のZ690チップセットからミドルレンジのH670, B660チップセット、そしてエントリーレベルのH610チップセットを搭載するマザーボードのラインナップが幅広く記載されている。
MSI Announces MAG X570S Series Motherboards(techPowerUp!)
MSI introduces X570S MAG Tomahawk MAX and Torpedo MAX motherboards(VideoCardz)
Roger That! MSI MAG X570S Series Motherboards are Enlisted in the Coming Days(MSI)

6月上旬にMSIは自社のオンライン製品ローンチイベントにおいてX570S seriesマザーボードを明らかにした。そして今回、MSI MAG X570S seriesのより深い詳細を掲載した。

MSI MAG X570S seriesは現在、MAG X570S Tomahawk Max WiFiとMAG X570S Torpedo Maxの2製品をローンチしており、いずれもミリタリーデザインを施した製品である。
GIGABYTE Now Offers AMD X570S Series Motherboards with Extreme Silent Cooling(Guru3D)
Gigabyte launches AMD X570S Series Motherboards(bit-tech.net)
GIGABYTE Unleash AMD X570S Series Motherboards with Extreme Silent Cooling(Gigabyte)

Gigabyteは6月17日、X570S Aorus seriesマザーボードを正式発表した。X570S Aorus seriesマザーボードはRyzen 5000 seriesに対応する製品群で、最大の特徴はPCI-Express 4.0に対応しながらもチップセットの冷却機構をファンレス仕様としたことである。
Supermicro: We Put Two 10nm Ice Lake Xeon LGA4189 Sockets on an ATX Motherboard(AnandTech)

通常、Dual-socketマザーボードはATXより大きいExtended ATX (E-ATX) またはサーバー向けのSSI-EEBを用いるのが基本である。
しかし、SupermicroのX12DPL-NT6とX12DPL-i6はLGA4189 (Ice Lake-SP対応) の2-socketマザーボードながらATX規格に収めている。
MSI launches its Intel 500 series motherboards for Rocket Lake-S CPUs(VideoCardz)
MSI Officially Launches its Intel 500 Series Motherboards for Rocket Lake-S Processors(techPowerUp!)

MSIは1月27日、Intel 500 seriesチップセット搭載マザーボードを正式発表した。

MSIの公式発表によると、Intel 500 seriesチップセット搭載マザーボードは第11世代Core processorとPCI-Express 4.0に対応する。またZ590 WiFiの型番を有するマザーボードについては2.5G LANとWiFi 6Eが搭載される。
Supermicro AMD Ryzen Threadripper Pro Launch(SeverTheHome)

SuperMicroはRyzen Threadripper Pro対応製品として、システムレベルの製品とマザーボード単体製品の両方を提供する。そのうち後者は“M12SWA-TF”と呼ばれる。
MSI MEG Z590 GODLIKE, MAG Tomahawk and MPG Gaming Carbon pictured(VideoCardz)
MSI MEG Z590 GODLIKE, MAG Tomahawk, MPG(TweakTown)

MSIはCES 2021でIntel 500 seriesチップセットを搭載したマザーボードの発表を準備している。Intel 500 seriesチップセットは第11世代Core processorとともに登場する見込みである。

今回VideoCardzで入手した画像はMEG Z590 GODLIKE, MPG Z590 Gaming Carbon WiFi, MAG Z590 Tomahawk WiFiのティザー画像である。このうち、MEG Z590 GODLIKEはフラッグシップモデルとして位置づけられ、規格もE-ATXとなる。また電源回路は18+1+1 phaseとなっている。
ASUS and MSI demonstrate Resizeable BAR (AMD Smart Access Memory) working on Zen and Zen2 CPUs(VideoCardz)
MSI Demonstrates AMD Smart Access Memory Running on AMD Ryzen 3000 & Ryzen 4000G CPUs With NVIDIA GeForce RTX 30 GPUs(WCCF Tech)
ASUS Enables AMD Smart Access Memory Support For 1st Gen Ryzen CPUs on B450 Motherboards, Testing Shows Mixed Results(WCCF Tech)

MSIはX570マザーボードにおいてRyzen 3000 series (“Matisse”) とRyzen 4000G series (“Renoir”) でAMD Smart Access Memoryをサポートした様子を示すスクリーンショットを明らかにした。またNVIDIAのGeForce RTX 30 seriesにおいてもAMD Smart Access Memoryの基本となるResizeable BARに対応する様子を示した。
Gigabyte's WRX80 SU8: Threadripper Pro for Wider Audiences?(Tom's Hardware)
Gigabyte WRX80 SU8 motherboard for Ryzen Threadripper PRO pictured(VideoCardz)

AMDは7月にRyzen Threadripper Pro 3000WX seriesとWRX80 chipsetを明らかにしている。ただし、利用できるのは限られたワークステーションメーカーのみで、自作PC市場に流通させる計画はないとされていた。
現在も公式にはAMDの姿勢は変わっておらず、Threadripper ProはProfessional Workstation向けとされる。しかし、GigabyteはThreadripper Proのためのマザーボードを開発しており、そのマザーボードをより広く流通させる模様だ。


そのGigabyteのRyzen Threadripper Pro 3000WX series対応マザーボードであるが“WRX80-SU8”と呼ばれ、プロモーション用の画像が掲載されている。おそらくはまもなくローンチされるか、開発の最終段階まで来ているものと推定される。
Ryzen 5000 Comes to X370 via Leaked ASRock Taichi Alpha BIOS (Updated)(Tom's Hardware)
Ryzen 5000 Series Processor Support Comes to ASRock X370 Motherboards in Leaked BIOS Update(techPowerUp!)
AMD Ryzen 5 5600X (Vermeer) Zen3 CPU spotted running on ASRock X370 Taichi motherboard(VideoCardz)

AMDはRyzen 5000 seriesをAMD 300 seriesチップセット搭載マザーボードでサポートする計画はない。

Tom's Hardwareに対するAMDの回答は上述である。
ところが、ASRockのX370 TaichiおよびX370 ProfessionalにRyzen 5000 series CPU (“Vermeer”) とRyzen 4000 series APU (“Renoir”) をサポートする新しいBIOSが、JZelectronicのForumに投稿された。
ASRock Rack Brings AMD EPYC CPUs to "Deep" Mini-ITX Form Factor(techPowerUp!)
ROMED4ID-2T(ASRock Rack)

ASRock Rackは11月26日、最大64-coreのEPYCに対応できるマザーボードの新製品を発表した。発表された新マザー―“RomeD4ID-2T”は“Deep MiniITX”と呼ばれるフォームファクタを採用し、標準的なMiniITXよりも若干大きい程度のサイズに収まっているのが特徴である。
ASRock announces AMD Ryzen 5000 BIOS update for B450 motherboards(VideoCardz)
ASRock announces Ryzen 5000 series BIOS support for B450 motherboards(OC3D)
ASRock Now Supports AMD Ryzen 5000 ‘Vermeer’ Desktop CPUs on Its B450 Lineup, ASUS X470 & B450 BIOS Dropping in Few Weeks(WCCF Tech)
New BIOS Updates To Support AMD Ryzen(TM) 5000 Series Processors For B450 Motherboards! (ASRock)

ASRockは11月19日、AMD B450マザーボードにおいてRyzen 5000 seriesへの対応をBIOS updateによりサポートすることを発表した。

対象となるマザーボードと対応するBIOS versionはASRockのWebサイトに掲載されているのでASRockのB450マザーをお持ちの方は是非とも確認してほしい。

なお、同じ400 seriesマザーボードでもX470マザーボードについては言及はされておらず、現時点ではX470マザーボードでのRyzen 5000 seriesはないようである(1月に対応されるのかもしれないが)。
BIOSTAR AM4 400 series motherboards support AMD Ryzen 5000 Vermeer series processors with BIOS update(techPowerUp!)
BIOSTAR confirms its AMD 400 motherboards will support Ryzen 5000 (Zen3) processors(VideoCardz)

BIOSTARは10月20日、同社のAMD 4000 seriesチップセット搭載マザーボードで、“Zen 3”世代の最新ProcessorであるRyzen 5000 series (“Vermeer”) に対応すると発表した。Ryzen 5000 seriesに対応させるためのBIOS updateは2021年1月より利用可能となる。

MSIとASUSに続き、BIOSTARが既存の400 seriesチップセット搭載マザーボードでのRyzen 5000 series対応を明らかにした。2021年の1月からとやや時間はかかるものの、なんだかんだで大概の400 seriesマザーボードがRyzen 5000 seriesに対応できそうな雰囲気である。