北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Discontinues Omni-Path Enabled Xeon Processors(techPowerUp!)

IntelのOmni-Path technologyはHigh-performance computing用途で用いられ、Xeon CPUとの接続を100Gbps前後の高速で実現するものであった。しかし、Omni-Pathを使用するには異なる設計及びシステムの実装が必要であるため、サーバーシステムへの導入にこんなんを伴い、他の技術に対する優位性を確立することができなかった。

Omni-Path technology対応のXeon Scalable Processorは型番の末尾に“F”がつけられているが、この程IntelはOmni-Path technology対応のXeonを終了することを明らかにした。Omni-Path technology対応のXeonはPlatinumに2種類、Goldに6種類があるが、現在いずれもEnd of Lifeとなっている。

Omni-Path technology対応のXeonとはなんぞや? という方も多いかもしれないが、基板にそれ用の突起がついたモデルである。Xeon Phiやその他のアクセラレータを接続することを想定していたと思われるが、普及状況はあまり芳しくなかったようで、この程EOLを迎えるに至った。

なお、Intelは既に“Sapphire Rapids”世代でCompute Express Linkなる高速インターフェースに向けて動いており、こちらは多数のメーカーが参加している。
Hyper-Threading Coming to Intel's Comet Lake Core i3 Lineup: Benchmark Submission(Tom's Hardware)
Next-Gen Intel Core i3 to Sport Hyper Threading?(techPowerUp!)

SiSoftware Official Live Rankerのデータベースに“Comet Lake-S”を使用したCore i3 10100が登録されていた。そしてこのCore i3 10100のコア・スレッド数は4-core/8-threadであった。現行のCore i3 9100は4-core/4-threadであるので、大きな進化となる。

Core i3 10100が4-core/8-threadであることはHyperThreading technologyがCore i3にももたらされたことを意味し、さらには、第7世代までのCore i7のスペックに追いついたことになる。
[“Comet Lake-S”を使用したCore i3は4-core/8-threadになるらしい]の続きを読む
Intel Xeon W-2200 Family: Cascade Lake-X with ECC and 1TB Support(AnandTech)
Intel Announces 10th Gen Core X Series and Revised Pricing on Xeon-W Processors(techPowerUp!)

HEDT向けに“Cascade Lake-X”をベースとしたCore X 10000 seriesが発表されたことに続き、同じく“Cascade Lake-X”をベースとし、ワークステーション向けとなるXeon W 2200 seriesが発表された。Xeon W 2200 seriesはXeon W 2100 seriesの後継で、周波数の引き上げ、より大容量のメモリのサポート、そしてより手の届きやすい価格を実現している。

スペックは以下の通り。
[Xeon W 2200 seriesが発表される]の続きを読む
Intel Announces Price Cut for 9th Generation F and KF Processors(AnandTech)
Intel cuts the prices of their 9th Generation Coffee Lake F-series processors(OC3D)

Intelは10月7日―“Coffee Lake Refresh”こと第9世代Core processorのうち“KF”および“F”モデルの価格改定を行った。これにより、iGPUなしのモデルをより安価に購入出来るようになった。

今までは“KF”および“F”モデルは同ナンバーの“K”ないしは“無印”モデルと同じ価格であり、あまり積極的には選びづらいモデルでもあった。今回の値下げにより、“KF”および“F”に価格面での優位性ができたことになる。
価格の変遷は以下の通りである。
[第9世代Core processorの“KF”および“F”モデルの値下げが行われる]の続きを読む
Intel Readies the i225-V "Foxville" Low-cost 2.5 Gbps Ethernet PHY(techPowerUp!)

IntelはクライアントおよびノートPC向けの低価格なEthernet PHY controllerの新世代の製品としてi225V―“Foxville”を準備している。i225V―“Foxville”は2.5Gbpsに対応し、15年間近く続いた1Gbps全盛の時代から脱却するものである。i255-VはLGA2066を使用する“Cascade Lake-X”でまず搭載され、その後メインストリーム向けデスクトップである“Comet Lake-S”と400 seriesチップセットのプラットフォームで用いられる見込みである。

メインストリーム向けの2.5Gbps Ethernet PHYはi225-Vが初めてではなく、すでにRealtekやBroadcomが投入しているが、Intelが2.5Gbps Ethernet PHYをメインストリームに下ろしてきたことにより、幅広く使われたi219-Vやi218-Vの後継として幅広く使われることが期待される。
[Intel 低価格な2.5Gbps Ethernet PHYであるi225-V―“Foxville”を準備中]の続きを読む
Intel's Cascade Lake-X CPU for High-End Desktops: 18 cores for Under $1000(AnandTech)
Intel Announces Cascade Lake-X With up to 50% Price Cut, More PCIe (Updated)(techPowerUp!)
Intel 10th Gen Core X Cascade Lake HEDT Processors Launch October 7th at ~55 USD per core(Guru3D)
Intel、“半額”になった第10世代Core Xプロセッサ(Impress PC Watch)

Intelは10月2日、High-end Desktop (HEDT) 向けの新製品として“Cascade Lake-X”―第10世代Core X processorを発表した。

第10世代Core X processorは前世代と比較すると価格が50%以上引き下げられており、AMDの第3世代Ryzen ThreadripperおよびRyzen 9 3950X($750)への対抗を強く意識した価格設定となっている。

スペックは以下の通りである。
[Intel “Cascade Lake-X”を発表―最上位のCore i9 10980XEは$979]の続きを読む
Intel's next-gen architecture will be "significantly bigger" than Sunny Cove(OC3D)

Intelはちょうど転換期にある。この数年、Intelは“Skylake”アーキテクチャに頼っており、“Skylake”から“Kaby Lake”、“Coffee Lake”、“Coffee Lake Refresh”そして“Comet Lake”が該当する。これらは、世代間の性能向上幅は小さく、アップグレードの理由も弱いものとなっていた。

現在PCを取り巻く土壌は変化している。始まりはAMDが“Zen”アーキテクチャでより多くのコア数のCPUをメインストリームに持ってきたことである。また“Zen”はこれまで強力なSingle-thread性能を誇っていたIntel x86 processorの代替となり得るだけの存在となり、“Zen 2”ではそれを真のものとした。

現在、Intelに所属するJim Keller氏が、“Ice Lake”に使用されている“Sunny Cove”の後継は「明らかに大きい」ものになることを明らかにした。なお、“Sunny Cove”においても“Skylake”比で15~18%のIPCの改善が図られている。
[Intelの次世代アーキテクチャは“Sunny Cove”よりも「明らかに大きい」]の続きを読む
Intel Gen12 iGPU With 96 Execution Units Rears Its Head in Compubench(techPowerUp!)
Compute Performance of Intel(R) Genuine Intel(R) CPU 0000 with Graphics gfx-driver-user-master-28576 ReleaseInternal(Computebnch)

第12世代のiGPUを搭載したIntelの未発表CPUがCompuBenchに姿を現した。Execution Unitは96で、現行の最も強力なiGPUとなるであろうIris Pro P580の72を上回る数字である。

CompuBenhはなかなかスペックが読み取りづらいが、“CL_DEVICE_MAX_COMPUTE_UNITS”がExecution Unitの数を反映している模様で、確かにこの項目に96という数字が見られる。またその上は“CL_DEVICE_MAX_CLOCK_FREQUENCY”で最大1100MHz駆動であることが推測できる。そして少し下にスクロールすると“CL_DEVICE_NAME”があり、Intel(R) Gen12 Mobile Graphics Controllerと記されている。

“Tiger Lake-U/-Y”のES品のもの、と考えるのが妥当だろう。そして“Tiger Lake”世代でGen.12 graphicsを搭載することは公式で明らかにされており、Execution Unitの数が最大96になることも噂レベルではあるが前々から出ていたものである。
今回はその裏が多少ではあるがとれた形となる。
Alleged Intel Core i9-10980XE Cascade Lake-X 18-Core Monster CPU Benchmarks Leak(HotHardware)
Intel Core i9-10980XE Cascade Lake-X CPU Benchmarks Hit Geekbench(Tom's Hardware)
Dell Inc. Precision 5820 Tower X-Series(GeekBench)

先日、10-coreの“Cascade Lake-X”であるCore i9 10900XがGeekBench 4のデータベースに姿を現したが、今度は18-core/36-threadのCore i9 10980XEが登場した。このCore i9 10980XEは“Cascade Lake-X”のフラッグシップとなるSKUと推測される。
[18-coreの“Cascade Lake-X”―Core i9 10980XE]の続きを読む
i9-10900X benchmarks leak - Intel's next 10-core monster!(OC3D)
Intel Core i9-10900X Cascade Lake-X Benchmarks Emerge(Tom's Hardware)
Dell Inc. Precision 5820 Tower X-Series(GeekBench)

Geekbench 4のデータベースにCore i9 10900XなるIntelの10-core CPUが発見された。このCore i9 10900Xは“Cascade Lake-X”をベースとするHEDT向けCPUである。
[10-coreの“Cascade Lake-X”―Core i9 10900Xが姿を現す]の続きを読む
[The first exposure!! Up to 127W TDP]Intel Core i9-9900KS is amazingly hot(HKEPC)
ROG MAXIMUS XI FORMULA, CPU Support LIst(ASUS)

Intelの公式発表によるとCore i9 9900KSは10月にローンチされる。Core i9 9900KSの魅力はデスクトップCPUで初めて全コア5GHz動作を達成したことである。Core i9 9900KSの8-core時のTurboBoost周波数は5.00GHzに設定されている。

ASUSがこのCore i9 9900KSに対応すべくBIOSをアップデートしており、そのROG Maximus XI ApexのBIOS updateのページにCore i9 9900KSのTDPに関する記載がある。Core i9 9900KSは全コアBoost時に5.00GHzを達成するためか、TDPは127Wに上昇している。
[Core i9 9900KSのTDPは127W]の続きを読む
Intel's Tiger Lake Growls: 10nm Chip Packs 50 Percent More L3 Cache and AVX-512(Tom's Hardware)
Tiger Lake specs spotted(Fudzilla)

TwitterのInstLatX64(@InstLatX64)氏の投稿によると、“Tieger Lake-U”はL3 cacheが増量され、12MBになるという。“Tiger Lake-U”は4-coreとなるため、コアあたり3MBのL3 cacheを搭載することになる。

また“Tiger Lake-U”が4-core/8-threadであること、現在姿を現しているEngineering Sampleが3.40GHzまで動作することが明らかにされたが、あくまでも製品化前のものであることには留意すべきである。
[“Tiger Lake”はL3 cacheが増量され、AVX-512関連の新命令も追加される]の続きを読む
Core i 9000 seriesは“Coffee Lake Refresh”と一般的には呼ばれるものの、実は“Kaby Lake”や“Coffee Lake”世代のコアも使われている。“Kaby Lake”の4-core+GT2は“B0 stepping”、“Coffee Lake”の6-core+GT2が“U0 stepping”でこれに相当するものがそれなりにある。“Coffee Lake Refresh”世代と言えるのが8-core+GT2の“P0 stepping”と“R0 stepping”のものであるが、“R0 stepping”は(おそらく脆弱性周りに)手が入ってる模様で、BIOS更新やOS再インストールを要求される。

そこで、Core i3からCore i9までのS-specとSteppingの一覧を作成してみた。出展は全てIntel ARKである。
[デスクトップ向けCore i 9000 seriesのS-specとsteppingを理解しよう]の続きを読む
In 2021, Intel pushed the 14nm rocket lake processor again: or there is a new CPU architecture process change.(mydrivers.com)

Core i9 9900KSと“Cascade Lake-X”は今年10月に投入されることが公式に明らかにされている。そして2020年上半期には“Comet Lake”が引き続き14nmプロセスで製造される。“Comet Lake”はアーキテクチャの変更も行われないが、コア数は10-core/20-threadに増強される。

14nmプロセスは2021年になっても使われる。“Comet Lake”の次の世代が“Rocket Lake”でこれが2021年に14nmプロセスで製造される。“Rocket Lake”のコア・スレッド数は“Comet Lake”とおなじ10-core/20-threadにとどまるが、この第11世代となるであろう“Rocket Lake”はアーキテクチャが“Skylake”から進化する世代となる。

“Rocket Lake”はもはや“Skylake”アーキテクチャではなく、その次の世代のCPUアーキテクチャ―“Willow Cove”となる。“Sunny Cove”は10nmプロセスの“Ice Lake”と“Tiger Lake”に使われるものの、これらは主に低消費電力向けのU series及びY seriesにとどまる。
[14nmプロセスの“Rocket Lake”が新アーキテクチャを採用する可能性]の続きを読む
Intel Gen12 Graphics Linux Patches Reveal New Display Feature for Tiger Lake (Update)(Tom's Hardware)

◇Gen 12 GraphicsはIntel Gen... graphics史上最大のISAの更新となる

Gen 12 graphicsはIntelのGen... graphicsアーキテクチャの歴史の中で最大のISAの更新の更新となる。そしてレジスタの読み込み・書き込み間におけるデータコヒーレンシが除去される。
「Intelはオリジナルのi965から続いてきたIntel EU ISAを最も深い部分から再構築しようとしている。再構築はほとんど全ての命令フィールド、ハードウェア実行コードそしてレジスタタイプに及び、これに統合するリクエストの更新も当然必要だ。しかし、最も劇的な変化はハードウェアからレジスタスコアボードロジックを除去したことだ。これにより、EUはレジスタの読み込みと書き込みの間でデータのコヒーレンシを保証しなくなる。そしてコンパイラは何時起こるかしれない潜在的なデータハザードの可能性に依存した命令に同期する必要がある」
またGen12のEUではSubsliceの単位が8から16に増量されるという話も出ている。


Gen 12ではISAが劇的に変更されるという話である。とはいえ、上の内容は私自身ほとんど理解できていないのはご容赦いただきたい。
[Intel Gen12 Graphicsに関する話あれこれ]の続きを読む
Intel Documents Show Driver Support for Unannounced 400-Series Chipsets
b
(AnandTech)
Intel(R) Chipset Device Software 10.1.18121.8164 Release Notes(Intel)

Intelの“Chipset Device Software 10.1.18121.8164 Release Notes”において未発表のチップセットである400 series及び495 seriesチップセットの記載が何時生かされた。これらは今後登場する製品の名前と考えられ、現行の300 seresチップセットの後継となるだろう。
[Intelの資料に400 seriesチップセットのドライバサポートが追加される]の続きを読む
Intel Core i9-9900KS 5GHz Beast CPU Ships In October, Cascade Lake-X Guns For Threadripper(HotHardware)
Intel: Core i9-9900KS, Cascade Lake-X chips will ship in October(PCWorld)
Intel’s Next-Generation ‘Cascade Lake-X’ HEDT CPUs Due in October(AnandTech)
Intel’s 5.0 GHz Core i9-9900KS Ships Next Month, Cascade-Lake X Offering 2x Perf-Per-Dollar(Tom's Hardware)
Intel confirms Core i9-9900KS arriving in October(bit-tech.net)

Intelは9月4日、2種類のハイエンドデスクトップ向けCPUを10月に投入することを明らかにした。その2種類のハイエンドCPUのうち1つはComputex 2019で明らかにされたCore i9 9900KSで、もう1つは“Cascade Lake-X”である。

Core i9 9900KSについては直前に紹介しており、また新しい情報もないので、今回は“Cascade Lake-X”について主に取り上げたい。
[“Cascade Lake-X”とCore i9 9900KSは10月に投入される]の続きを読む
Intel's 5GHz i9-9900KS is due to release next month(OC3D)

IntelはCore i9 9900 seriesの特別版となるCore i9 9900KSを来月10月ににリリースする。Core i9 9900KSは通常のCPU冷却機構で全てのコアがTurboBoostにより5.00GHzに達する。

全コアBoost 5.00GHzを達成するCore i9 9900KSはComputex 2019で明らかにされた。しかし、全コア5GHzという周波数を提供するために必要なSpeed gatingや段階制御がどのようになっているかは触れられていなかった。今回の情報により、Core i9 9900KSはまだ残っているオーバークロックのポテンシャルを利用したものと見込まれる。

IntelはComputex 2019でCore i9 9900KSをBase clock 4.00GHz / Boost Clock 5.00GHzと発表している。1-core時のBoost Clockも5.00GHz出あることが明らかにされており、この部分はCore i9 9900Kと変わらない。
[Core i9 9900KSは来月にリリースされる]の続きを読む
Intel’s LGA4189-4 and LGA4189-5 for Cooper Lake & Ice Lake CPUs Now Available(AnandTech)
LGA 4189 SOCKET AND HARDWARE(TE Connectivity / PDF files)

TE Connectivityは様々な接続ソリューションを提供しているメーカーであるが、そのTE Connectivityが新たにLGA4189 socketを明らかにした。LGA4189 socketはPCI-Express 4.0のサポートするとされる次世代Xeon Scalable Familyに使用される。
TEのLGA4189 socketはIntelの認証を通過しており、マザーボードメーカーがこれら次世代Socketに対応するサーバー向け製品を製造する準備が整っていることになる。


TEはLGA4189-4とLGA4189-5の2種類を用意しており、LGA4189-4はSocketP4、LGA4189-5はSocketP5とも呼ばれる。
LGA4189-4とLGA4189-5であるが基本的な特徴は同じである。具体的にはpinの本数やpinの間隔(0.9906mm hex pich)、2.7mmのSocketの外周の枠の高さが同じで、さらに取り付け・マウント方法も同じである。
[LGA4189-4 socketとLGA4189-5 socketが既に準備されている模様]の続きを読む
Intel Elkhart Lake CPUs Expected to Sport Up to 32 Gen11 EUs(Tom's Hardware)

“Elkhart Lake”はIntelの超低消費電力Processorのコードネームで、Atomの流れを汲むCPUである。CPUコアには“Tremont”を採用し、製造プロセスは10nmプロセスとなる。

“Elkhart Lake”が搭載するiGPUはIntel最新のGen 11 graphicsで“Ice Lake”と同じものである。そして3つのバリエーション―4×8、4×4、2×4がある。つまりExecution Unit数が32, 16, 8のものが存在する。ちなみに現行世代の“Gemini Lake”はGen 9 graphicsを搭載しており、iGPUのExecution Unit数は最大18である。

以下のような記載があったようである。
[“Elkhart Lake”のiGPUは最大32基のExecution Unitを搭載する]の続きを読む