北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Exclusive: Intel ‘Sapphire Rapids’ Xeon W3400, W2400 And W790 Chipset Launch Date And More(WCCF Tech)
Intel Xeon W-2400 Workstation/HEDT CPUs are launching in March, reviews on February 22nd(VideoCardz)

先日、サーバー向けの“Sapphire Rapid-SP”―第4世代Xeon Scalable Processorが解禁されたが、ワークステーション向けの“Sapphire Rapids-112L”と“Sapphire Rapids-64L”―それぞれXeon W 3400 seriesとXeon W 2400 seriesのローンチも近い時期に予定されている。

Xeon W 3400 seriesとXeon W 2400 seriesはともにLGA4677 socketを用い、対応チップセットはIntel W790となる。
Xeon W 3400 seriesはExpert 1S Workstation platfromとも呼ばれ、メモリは8ch DDR5-4800までに対応、PCI-Express 5.0を112レーン搭載する。XCCダイが使用され、最大コア数は56-coreで、TDPは最大350Wである。
一方、Xeon W 2400 seriesはMainstream Workstation platformと位置づけられ、メモリは4ch DDR5-4800までの対応、PCI-Express 5.0のレーン数は64である。MCCダイが使用されると言われており、最大コア数は24-coreの見込みである。


そしてこれらのスケジュールであるがXeon W 3400 series, 2400 seriesともに情報解禁は2月15日、レビュー解禁が2月22日である。
そして販売解禁はXeon W 2400 seriesとIntel W790チップセットが3月8日から22日の間、Xeon W 3400 seriesは4月12日から26日のどこかとなる。
Intel's Talks Next-Gen GPUs: Xe2-HPG and Xe2-LPG(Tom's Hardware)
Intel Talks "Battlemage" Xe2-LPG and Xe2-HPG Graphics Architectures(techPowerUp!)

Intelが初めてXe familyを発表した2020年、同社は4種類のマイクロアーキテクチャを紹介した。“Ponte Vecchio”のコードネームでも呼ばれIntel Data Center GPU Maxとして製品化されたXe-HPC、“Alchemist”と呼ばれIntel Arcとして製品化されたXe-HPG、低消費電力向けおよび内蔵GPU向けのXe-LP、データセンター向けとして計画されていたがキャンセルされてしまったXe-HPの4種類である。Xe-HPCの遅れやXe-HPのキャンセルなど紆余曲折はあったが、現時点で第1世代のXeアーキテクチャはそろったことになる。
そして現在、Intelは第2世代のアーキテクチャ―Xe2を開発している。そして第1世代のXeの教訓を踏まえ、第2世代となるXe2はXe2-LPGとXe2-HPGの2種類に絞られることになった。
Intel Granite Rapids CPUs could be 1.7x bigger than Sapphire Rapids(VideoCardz)
Granite Rapids Xeon 9000 is huge!(SkyJuice@SkyJuice60)
Socket(YuuKi_AnS@yuuki_ans)

先日、“Sierra Forest”と“Granite Rapids-AP”で用いられるLGA7529 socketの写真が掲載されたが、このSocketは“Ice Lake-SP”のLGA4189や“Sapphire Rapids-SP”のLGA4677よりも明らかに大型化していることが分かった。

AncstronomicsのSkyJuice60氏とYuuKi_AnS氏による画像比較によると、LGA7529はLGA4677からpinの数が61%増えただけでなく、その面積も大型化している。推定されるLGA7529のサイズは105×70.5mmで、LGA4677の1.7倍の面積となっている。
Intel LGA-7529 Socket for "Sierra Forest" Xeon Processors Pictured(techPowerUp!)
Intel’s Massive LGA 7529 Socket For Sierra Forest “Birch Stream” CPUs Pictured(WCCF Tech)
Sierra Forest!!!(YuuKi_AnS@yuuki_ans)
12ch DDR5(HXL@9550pro)

“Birch Stream”プラットフォームとその対応CPUである“Sierra Forest”で使用されるLGA7529 socketの写真が中国語のWebサイトであるGoofishに掲載された。

掲載された写真は特殊規格の2-wayマザーの一部のもので、“Sierra Forest”に加え、“Granite Rapids-AP”にも対応するマザーボードとなるようである。GooFishの記述によると最大で128-core/256-threadの“Granite Rapids-AP”に対応するという。メモリは12ch DDR5対応で、2つのSocketで合計24スロットとなる。

実際に写真を見てもらおう。
Microsoft Corporation Virtual Machine(GeekBench)

1月28日付けでGeekBenchに奇妙なXeon Scalable Processorが登録されている。
Xeon Platinum 8473Cという型番で登録されているが、1月31日1時52付現在、Intel ARKデータベースにこの型番のXeonは登録されていない。

そして奇妙なのはそのコア数とキャッシュ構成である。
Intel Xeon W9-3495X Unlocked Processor Surfaces on Geekbench, Could be Threadripper 7000WX Rival(techPowerUp!)
Supermicro Super Server(GeekBench)

IntelはHEDT / Workstation向けの製品として“Sapphire Rapids-WS”を用意している。そしてその最上位となるのがXeon W9 3495Xである。

そのXeon W 3495Xが1月26日付けでGeekBenchに出現した。

例のごとくGeekBenchに記載されている各項目を見ていこう。
Intel Xeon CPU Rumors: Sierra Forest In 2024 Aiming For 334+ Cores, Granite Rapids-SP Up To 132, Granite Rapids-WS Up To 86 Cores(WCCF Tech)
Intel 2024 Xeon Leak: 512 Core Sierra Forest, 128 Core Granite Rapids, Redwood+ Cove HEDT(Moore's Law Is Dead)

Moore's Law Is Deadが次世代のXeon―“Granite Rapids-SP”や“Granite Rapids-WS”、“Sierra Forest”について紹介している。
“Granite Rapids-SP/-WS”はPerformance Coreを用いたXeonであるが、“Serra Forest”はEfficent Coreを用い、高密度化を実現した製品である。


動画に沿って見ていきたい。
Intel 4th Gen Xeon Scalable Sapphire Rapids Performance Review(HotHardware)

HotHardwareで先日発表された“Sapphire Rapids-SP”―60-coreのXeon Platinum 8490H、56-coreのXeon Platinum 8480+、32-coreのXeon Platinum 8462Yを用いたレビューが掲載されている。

比較対称として“Genoa”こと第4世代EPYC―96-coreのEPYC 9654、64-coreのEPYC 9554、32-coreのEPYC 9374Fが用いられている。

両者の最新世代のサーバー向けProcessorの比較であり興味深い内容となっている。
Intel confirms Lunar Lake features an entirely new architecture for low-power mobile devices(VideoCardz)
Intel Lunar Lake To Feature A Brand New CPU Architecture Built From The Ground-Up, Perf/Watt Focused at Mobile(WCCF Tech)
「PC市場は年間3億台前後で安定」とIntel。新設計Luna Lakeでさらなる開拓(Impress PC Watch / 笠原一輝のユビキタス情報局)
午前3:52 · 2023年1月13日(Dr. Ian Cutress@IanCutress)

Intelは1月12日、“Intel PC TAM and Platform Roadmap Investor Webinar”と題したWebinarを開催した。
そのWebinarの中でMischalle Johnston Holthaus氏 (EVP & GM of Client Computing Group) がIntelのクライアントPC製品ロードマップに関する説明を行った。


同氏によると、Intelは今後2023年にFoverosを使用した3次元積層Chiplet技術を用いた“Meteor Lake”をリリースし、2024年にはその改良版である“Arrow Lake”をリリースする。そして同年中にさらに電力効率を高めた“Lunar Lake”を投入する予定であると説明した。

ここまではこれまでのロードマップでも明らかにされていたとおりである。ここからが新しい話である。
Intel Launches Core i9-13900KS 8P+16E Flagship Processor at $700(techPowerUp!)
Intel Launches $699 Core i9-13900KS, the World's First 6 GHz CPU: Available Now(Tom's Hardware)
Intel Unveils Core i9-13900KS: Raptor Lake Spreads Its Wings to 6.0 GHz(AnandTech)
Intelの最速CPU「Core i9-13900KS」が発売、最大6GHz動作(AKIBA PC Hotline!)
第13世代Core最強!? 数量限定の「Core i9-13900KS」の実力を試す(ASCII.jp)

日本時間の1月12日23時にCore i9 13900KSが解禁された。
Core i9 13900KSはデスクトップ向け第13世代Core processorの最上位モデルとなる製品で、MSRPは$699、国内での実売価格は123800円となる。


コア数やスレッド数、メモリ周りやiGPUの仕様はCore i9 13900Kと同様であるが、周波数がさらに引き上げられており、特にPerformance CoreのThermal Velocity Boostによる最大周波数は6.00GHzに達する。その分TDPが150Wに引き上げられている。

スペックは以下の通り。
Intel confirms Xeon Workstation W3400/W2400 series launch on February 15th(VideoCardz)
Intel To Unveil Xeon W-3400 & Xeon W-2400 Sapphire Rapids Workstation CPUs Next Month(WCCF Tech)

サーバー向けの“Sapphire Rapids”―第4世代Xeon Scalable ProcessorとXeon CPU Max seriesが正式発表されたが、Intelはワークステーションにも“Sapphire Rapids”を準備している。

ワークステーション向けの“Sapphire Rapids”はXeon W 3400 seriesおよびXeon W 2400 seriesとして登場するが、これらのローンチ予定日は2月15日となる。
Intel Launches Sapphire Rapids Fourth-Gen Xeon CPUs and Ponte Vecchio Max GPU Series(Tom's Hardware)
4th Gen Intel Xeon Scalable Sapphire Rapids Leaps Forward(ServeTheHome)
チップレットになった「第4世代Xeon SP」、性能向上の鍵はAMXと4つのアクセラレータ(Impress PC Watch / 笠原一輝のユビキタス情報局)
Intel Launches 4th Gen Xeon Scalable Processors, Max Series CPUs(Intel)
4th Gen Intel Xeon Scalable Processors(Intel)

Intelは1月10日、第4世代Xeon Scalable Processor、およびXeon CPU Max seriesとXeon Data Center CPU Max seriesを発表した。順に“Sapphire Rapids-SP”、“Sapphire Rapids-HBM”、“Ponte Vecchio”のコードネームで呼ばれていたものである。

予告通り“Sapphire Rapids”のコードネームで呼ばれてきた第4世代Xeon Scalable Processorが正式発表された。
Intel Launches 16 New 13th-Gen Raptor Lake Desktop CPUs: Higher Pricing and Power Consumption(Tom's Hardware)
Intel Launches 13th-Gen Mobile With 5.6 GHz 24-Core i9-13980HX, HX, H, P, and U Series(Tom's Hardware)
Intel Launches Lower-Priced 13th Gen Core Desktop Processors with 65W(techPowerUp!)
Intel Announces 13th Gen Core "Raptor Lake" Mobile Processor Family(techPowerUp!)
Intel Unveils 13th Gen Core Mobile Processors: Raptor Lake-HX, H, P, and U Series, Up To 24 Cores(AnandTech)
13th Gen Intel Core Processors(Intel)
CES: Intel Extends Performance Leadership with World's Fastest Mobile Processor(Intel)

Intelは1月3日、第13世代Core processorの追加SKUを発表した。第13世代Core processorは昨年にデスクトップ向けとしてCore i9 13900K/KF, i7 13700K/KF, i5 13600K/KFの6製品が先行して投入されたが、今回追加された製品はより広い範囲をカバーする製品で、デスクトップ向けの追加モデルに加え、Mobile向けのHX series, H series, P series, U seriesが新たに追加され、高性能ゲーミングノートPCから薄型軽量ノートPCまでをカバーする布陣となった。
また第13世代Core processorには含まれてないものの、エントリー向けとしてIntel N processorも明らかにされている。


今回明らかにされた製品群は多数に渡る。
Intel confirms Meteor Lake has AV1 video encoding and decoding support(VideoCardz)
intel / media-driver/docs/media_features.md(GitHub)

IntelがGitHubに掲載されたMedia Driverの資料によると、“Meteor Lake”はAV-1のエンコード・デコードに対応する模様だ。

“Meteor Lake”では機能がTileと呼ばれるダイごとに分散されるが、その“Meteor Lake”はGraphicsや動画エンコード・デコードにおいてさらに柔軟性を高めたものとなるようだ。
“Meteor Lake”のGPUは“Tiger Lake”で採用されたXe-LPの後継となるXe-LPGである。


資料によると、“Meteor Lake”はAV1 8-bitおよび10-bitの動画エンコード・デコードに対応する。この機能はDG2―Arc Alchemistと同等である。
Intel Meteor Lake-S Desktop CPUs Rumored To Be Cancelled, LGA 1851 Might Support Trio of Core Families(WCCF Tech)
MTL-S seems maybe canceled.(Raichu@OneRaichu)
The Royal Cove maybe will appear in the PTL's Next product (In the plan).(Raichu@OneRaichu)
LGA18xx maybe will support three gen products too.
(It just my guess)
(Raichu@OneRaichu)

Intelのデスクトップ向けCore processorに関する新たな噂がOneRaichu氏によってもたらされた。同氏によるとデスクトップ向け“Meteor Lake-S”はキャンセルされた可能性があり、その場合はLGA1851に“Meteor Lake-S”がもたらされることはないようだ。

“Meteor Lake-S”がキャンセルされた場合、我々が思い描いているIntelのデスクトップ向けCore processorのラインナップを見直さなければならない。2023年にIntelは“Raptor Lake-S Refresh”を投入するという噂がある。“Raptor Lake-S Refresh”はおそらくより高い周波数を実現し、またプロセスを最適化して電力効率を高めるだろう。最新のロードマップでは“Raptor Lake-S Refresh”は現行のLGA1700マザーボードで使用できるとされている。つまりLGA1700マザーボードは“Alder Lake-S”、“Raptor Lake-S”、“Raptor Lake-S Refresh”の3世代にわたって使用できるマザーボードとなる。
Media Alert: Intel Hosts 4th Gen Xeon Scalable and Max Series Launch(Intel)

1月10日にIntelが公式に第4世代Xeon Scalable Processor、Xeon CPU Max series、そしてIntel Data Center GPU Max seriesを市場に投入する。

Sandra Rivra (executive vice president and general manager of the Datacenter and AI Group) 氏とLisa Spleman (corporate vice president and general manager of Intel Xeon Products) によりローンチイベントが開催され、第4世代Xeon Scalable ProcessorとIntel Max seriesをお披露目する。
MLID: Intel Meteor Lake desktop CPUs will only get 14 cores, Intel 3 and 4 nodes face issues(HardwareInfo)
Meteor Lake is in TROUBLE – Can Intel survive till 2024?(Moore's Law Is Dead)

Moore's Law Is Deadによると、デスクトップ向けの“Metoer Lake-S”の開発は順調ではないようである。Intel 4プロセスの問題に加え、“Meteor Lake-S”そのものに関する問題も加わっている。“Meteor Lake-S”の登場は2024年まで待つ必要があり、またコア数もかつて噂されていたものよりも少ないものとなる。

Moore's Law Is Deadの9分44秒頃にそのまとめがある。
Intel Core i9-13900KS shows 5% uplift over i9-13900K in leaked Cinebench R23 ST test(VideoCardz)
Intel Core i9-13900KS Posts 5% Single-Thread Performance Uplift Over i9-13900K(techPowerUp!)
午後8:49 · 2022年12月17日(chi11eddog@g01d3nm4ng0)

chi11eddog氏がCore i9 13900KSのCineBench R23スコアを明らかにしている。
Core i9 13900KSのCineBench R23のスコアはSingle-core 2366、Multi-core 40998であり、Core i9 13900K(Single-core 2243, Multi-core 39689)と比較すると、Single-coreは5%増、Multi-coreは3%増のスコアとなっている。


Core i9 13900KSはCore i9 13900Kと同様の8 P-core + 16 E-coreの24-core構成であるが、TDPは125Wから150Wに引き上げられるとともに、周波数を引き上げ、P-coreのBoost時最大周波数を6.00GHzとしたものである。
IEDM 2022: Did We Just Witness The Death Of SRAM?(WikiChip)
TSMC's 3nm Node: No SRAM Scaling Implies More Expensive CPUs and GPUs(Tom's Hardware)

第68回IEEE International Electron Devices Meeting (IEDM) が開催された。
今回もまた興味深い論文が多数明らかにされたが、TSMCの論文の1つが悪いニュースを持ってきた。それは今後のプロセスシュリンクにおいて、ロジックはまだスケーリングが見込まれるものの、SRAMは既にスケーリングが望めないというものだった。