北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
ASUS Adds “Intel Baseline Profile” Option In BIOS To Mitigate 14th & 13th Gen CPU Gaming Stability Issues(WCCF Tech)
ASUS adds “Intel Baseline Profile” to its Z790 motherboards amid Core i9 stability issues(VideoCardz)
"Intel Baseline Profile option" on/off(HXL@9550pro)

ASUSは同社のマザーボードのBIOSに“Intel Baseline Profile”を提供した。この“Intel Baseline Profile”は第13・14世代Core processorの安定性問題を軽減するためのものである。

第13・14世代Core processorである“Raptor Lake”はゲームプレイ時の安定性問題が指摘されており、原因はマザーボードメーカーがデフォルト設定でCPUが定める限界を超える設定を行っていることにある。そのため、過剰な電圧・電力がCPUに供給され、時間経過とともにシリコンの劣化を招くことになる。
Intel Updates Lunar Lake Processor Lineup with LNL-V Model(Guru3D)
Intel Lunar Lake-V CPUs To Max Out At 8 Cores In 4 P & 4 LP-E Configs: 8 Xe2 GPU Cores, 32 GB LPDDR5X & 17-30W TDPs(WCCF Tech)
Golden Pig Upgrade Package 2024/04/17 14:18(bilibili)

“Lunar Lake-MX”と呼ばれていたものは“Lunar Lake-V”に解明された。“Lunar Lake-V”は全てが4 P-core + 0 E-core + 4 LP E-coreで構成される。SKUは周波数とL3 cache容量で区別される。iGPUはXe2-coreが最大8基である。メモリ容量は最大32GBで、カスタムされたLPDDR5-8533をMoP pakcageで搭載する。オプションでファン有り/ファンレス設計があるが、標準的な“Lunar Lake-V”のTDPは17~30Wである。従来の15~28Wから若干上がっているのはCPU pakcageにメモリが搭載されるためだ。
Intel Xeon 6: Up to 288 E and 128 (?) P-Cores in Socket LGA 4710 & 7529(ComputerBase.de)
Intel Xeon 6 6980P “Granite Rapids-AP” CPU to feature 128 cores and 500W TDP(VideoCardz)
Intel Granite Rapids “Up To 128 P-Core” & Sierra Forest “Up To 288 E-Core” CPU Specs Leak, Massive LGA 7592 & LGA 4710 Motherboards Pictured Too(WCCF Tech)
Intel Granite Rapids-AP “LGA 7592” CPU Specs Leak: Xeon 6980P With Up To 128 P-Cores, 3.2 GHz At 500W(WCCF Tech)
Intel Beechnut City “LGA 4710” Socket Motherboard For Next-Gen Intel Xeon 6 Granite Rapids & Sierra Forest CPU Leaks Out(WCCF Tech)
Intel Xeon 6 6980P Granite Rapids-AP processor to get 128 cores / 500W TDP(Guru3D)
LGA4710 with LGA7529 BeechnutCity with AvenueCity(Yuuki_AnS@yuuk_ans)

Intel Vision 2024で“Granite Rapids”と“Sierra Forest”がXeon 6となることが発表された。
“Granite Rapids”は従来のXeonの延長線上にあるP-coreをベースとし、最大の性能を引き出す。一方、“Sierra Forest”は初めてのE-coreをベースとするXeonである。


“Granite Rapids”と“Sierra Forest”は2つの異なるプラットフォームがあり、“SP”と呼ばれるものと“AP”と呼ばれるものがある。“SP”はLGA4710を使用する。開発プラットフォームの名前として“Beachnut City”と呼ばれるものがある。LGA4710は“Sapphire Rapids”でで使用されるLGA4766の後継である。
一方、“AP”はより大型のプラットフォームで、SocketはLGA7529となる。開発プラットフォームの名前は“Avenue City”である。
◇“Arrow Lake”のiGPUのExecution Unit数
Intel Arrow Lake-H Laptop 128 EU “Xe-LPG+” & Arrow Lake-S Desktop 64 EU “Xe-LPG” iGPUs Tested(WCCF Tech)
Details for Result ID Intel(R) Graphics (1152S 128C SM3.0 2GHz, 8MB L2, 6.9GB) (OpenCL)(SiSoftware Official Live Ranker)
Details for Result ID Intel(R) Graphics (576S 64C SM3.0 2GHz, 4MB L2, 14.4GB) (OpenCL)(SiSoftware Official Live Ranker)

SiSoftwareのデータベースにノートPC向けの“Arrow Lake-H”とデスクトップ向けの“Arrow Lake-S”のiGPUが登録されている。

“Arrow Lake”のiGPUのベースとなるアーキテクチャがArc Alchemistであることは周知の通りである。より正確にはノートPC向けの“Arrow Lake-H”は若干のアップデートが加わった“Alchemist+”をベースとするXe-LPG+が採用され、デスクトップ向けの“Arrow Lake-S”には“Meteor Lake”と同じ“Alchemist”ベースのXe-LPGが使用される。
今回、その2種類の“Arrow Lake”のiGPUがSiSoftwareのデータベースに掲載され、その構成が明らかになった。
Intel Panther Lake “PTL-U” Mobility CPU Test Tools Spotted, BGA2540 Form Factor(WCCF Tech)
Intel PTL, BGA2540(@harukaze5719)
BGA2540-PTL-UPH Interposer for the Gen5 VR Test Tool(Intel Design-in Tools Store)

Intelの公式Webサイトに“PTL-U”―“Panther Lake”のテストツールの記載が見つかった。

“Panther Lake”は“Arrow Lake”の次のクライアント向けCPU製品で、Intel 18Aでの製造になるとされる。“Panther Lake”についてはその初期シリコンがFabにあることが最近になって明かされたが、まだ戻ってきてはいない段階と推定される。しかしながら、Intelは“Panther Lake”の地固めをすする構えで、“PTL-U”―“Panther Lake-U”のテストツールが今回公開されたのもその流れだろう。“Panther Lake-U”はノートPCなどMobile向けの低消費電力モデルだろう。そして今回の記述からBGA2540が使用されるであろうことが示唆される。
Lunar Lake from Intel Vsion 2024 Slide(@harukaze5719)
I have superimposed the schematic representation of Lunar Lake over the photo of the package(Andreas Schilling@aschilling)

先日開催されたIntel Vision 2024で、そのスライド資料に“Lunar Lake”のダイ構造がわかるものがあったようだ。

私自身はまだ見つけられていないものの、harukaze5719氏がその画像を見つけている。
Intel launches first Core Ultra CPUs for LGA-1851 socket, featuring Meteor Lake architecture for the edge(VideoCardz)
Intel Core Ultra “Meteor Lake PS” LGA 1851 & Core “Raptor Lake PS” LGA 1700 Socketed CPUs For Edge(WCCF Tech)
PS Series of Intel(R) Core(TM) Ultra Processors(Intel)

Intelはエッジ向けに“Meteor Lake-PS”をベースとするCore Ultra processorと“Raptor Lake-PS”をベースとするCore processorを発表した。“Meteor Lake-PS”はLGA1851に、“Raptor Lake-PS”はLGA1700に対応する。

位置づけとしては“Meteor Lake-PS”が上位のCore Ultra、“Raptor lake-PS”が下位のCoreとなる。
“Meteor Lake-PS”の中身は基本的にはMobile向けの“Meteor Lake”と同じであるが、LGA1851 socketに対応する点が最大の相違点となる。“Meteor Lake”ファミリーとしては唯一のSocketに対応するシリーズとなる。ラインナップは合計9種類でTDP45Wの“HL series”とTDP15Wの“UL series”で構成される。前者の最大構成は6 P-core + 8 E-core + 2 LP E-coreの16-core/22-thread、後者は2 P-core + 8 E-core + 2LP E-coreの12-core/14-threadとなる。


“Meteor Lake-PS”のラインナップは以下の通り。
Intel unveils new Xeon 6 branding for Granite Rapids and Sierra Forest processors — efficiency core models launch this quarter; performance-core models come soon after(Tom's Hardware)
Intel Unveils New Branding For 6th Generation Xeon Processors: Intel Xeon 6(AnandTech)
Intel Xeon Scalable Gets a Rebrand: Intel "Xeon 6" with Granite Rapids and Sierra Forest Start a New Naming Scheme(TechPowerUp)
New Intel(R) Xeon(R) Processors(Intel)

Intelはデータセンターやクラウド、エッジ向けの次世代ProcessorについてXeon 6という新しいブランド名を与える。Xeon 6 processor with Efficeint-cores (E-core) は並みはじれた効率をもってこの第2四半期チュに、Xeon 6 processor with Performance-cores (P-core) はAI性能を強化しE-core processorの後すぐにローンチされる。

Intel Xeon 6 processors with E-cores―“Sierra Forest”は第2世代Xeon processorと比較し4倍のPerformance-per-wattと2.7倍のラックあたりの密度を誇る。そして顧客は旧型のシステムを概ね1/3の規模のシステムで置き換えることが出来、消費電力の削減を可能とする。
Intel Lunar lake Core Ultra 5 234V CPU Spotted: 8-Core Configuration and Battlemage iGPU(Guru3D)
Intel Core Ultra 5 234V is the first known “Lunar Lake” processor(VideoCardz)
Intel Core Ultra 5 234V “Lunar Lake” CPU Spotted: 8 Cores, 8 Threads, Battlemage “Xe2” iGPU & 3.1 GHz Clock(WCCF Tech)
intel-gdx-ci.01.org(01.org)

“Lunar Lake”は次世代の低消費電力ProcessorでP-coreに“Lion Cove”、E-coreに“Skymont”、iGPUに“Battlemage”世代のXe2 architectureを採用する。そして製品名はCore Ultra 200 seriesになると推定されてはいるものの、確定的ではなかった。かつての“Ice Lake-U”のように独自の命名体系になる可能性もあったからだ。
しかし今回、“Lunar Lake”もCore Ultra 200 seriesになるであろうことがファームウェアの記述から明らかになった。
Intel Arrow Lake reportedly confirmed to launch as Core Ultra 200 series, Raptor Lake-H Refresh coming as Core 200H(VideoCardz)
Intel Arrow Lake CPU Gets Core Ultra 200 Branding, Raptor Lake-H Refresh Gets Core 200H(WCCF Tech)
午後11:46 · 2024年3月30日(HXL@9550pro)
Golden Pig Upgrade Package 2024年03月30日 21:45(bilibili)

これまで多数のリーク情報を伝えてきたGolden Pig Upgrade Package氏によると、次の世代のクライアント向けCPUコアである“Arrow Lake”はCore Ultra 200 seriesとなるようだ。そして、“Raptor Lake-H Refresh”がCore 200H seriesとなる。
The slowest Meteor Lake spotted: Intel Core Ultra 5 115U with 8 cores(VideoCardz)
Intel’s Lowest-End Meteor Lake CPU Makes An Appearance: Core Ultra 5 115U With 2 P-Cores(WCCF Tech)
Google rex(Geekbench)
Intel(R) Core(R) Ultra 5 processor 115U(Intel)

“Meteor Lake”は昨年12月に発表され、現在までCore Ultra H seriesが5種類、Core Ultra U seriesが6種類ラインナップされている。しかし、Intelはひっそりと新しいSKUを追加したようだ。

今回追加されたSKUというのがCore Ultra 5 115Uである。これまでのCore Ultra 5 125Uよりも更に下のSKUである。
Intel "Family 6" CPU Era Coming To An End Soon: Code Suggests Cooper Forest & Adams Lake(Phoronix)

90年代中頃のPentium Proて採用されたp6マイクロアーキテクチャからおおよそ16世代にわたって、IntelはProcessorに“Family 6”のCPU IDを与えてきた。そのため、長らくIntelは新しいマイクロアーキテクチャが登場した場合、Family 6の中に含めつつModel numberを新しくすることで対応してきた。例えば“Meteor Lake”ならFamily 6 Model 170、“Emerald Rapids”ならFamily Model 207である。CPU ID identificationはLiunuxのカーネルや他のOSで、CPUの世代を正しく識別するのに用いられる。
しかし、IntelのLinuxエンジニアによるとこの“Family 6”はまもなく終わりを迎えるという。
Intel Xeon “Granite Rapids-SP” ES CPU Leaks Out: Features 80 Cores, 160 Threads, Lots of Cache & 350W TDP(WCCF Tech)
午後4:48 · 2024年3月28日(YuuKi_AnS@yuuki_ans)

Intelの次世代Xeon Scalable Processorとなる“Granite Rapids”のCPU-Zのスクリーンショットがリークした。

“Granite Rapids-SP”は今年後半の登場予定で、“Sierra Forest”の次に出てくる予定である。“Sierra Forest”は初のE-coreベースのXeonであるが、“Granite Rapids”はこれまでのXeonと同様P-coreをベースとする。“Granite Rapids”のベースとなるコアは“Redwood Cove”である。“Granite Rapids”と“Sierra Forest”はBirch Streamと呼ばれるプラットフォームで展開され、LGA4677またはLGA7529に対応する。

今回“Granite Rapids”のCPU-ZのSSを明らかにしたのはYuuki_Ans氏である。Code Nameの欄には“Granite Rapids-SP”とあり、Specificationの欄には“Genuine Intel(R) Xeon(R) (ES)”とある。Steppingは“0”となっており、かなり初期のサンプルであることが推定できる。

実際にCPU-ZのSSを見てもらった方が早いだろう。
Intel Lunar Lake MX processor pictured on a reference platform, specs confirmed(VideoCardz)
Intel Lunar Lake Chiplet Arrangement Sees Fewer Tiles—Compute and SoC(TechPowerUp)
News from Intel’s mobile Lunar Lake CPU – rumors confirmed (picture and schematic)(Igor's Labs)

“Lunar Lake”に関する噂がここ数ヶ月で活発になっているが、Igor's Labsではその噂の内容を裏付けるいくつかのスライドを入手した。
“Lunar Lake”は合計8-coreの構成でP-coreである“Lion Cove”が4-core、E-coreである“Skymont”が4-coreとなる。iGPUは“Battlemage”世代のコアである。8 Xe2 core構成でExecution Unitの数は64基である。
そして特に注目されるのは“Lunar Lake”のCompute TileがTSMC N3Bで製造されることだ。Intelが主力となるProcessorを外部のファウンドリで製造するのは特記すべき事項であろう。
Intel Arrow Lake-H processor with 24 cores has reportedly been photographed(VideoCardz)
Intel Arrow Lake 24C Pictured | Nvidia Rubin Release Date Leak(Moore's Law Is Dead)

Moore's Law Is Deadに“Arrow Lake”の24-core版の写真?が掲載されている。

Intelは現在、パートナーに“Arrow Lake”のQualification Sampleを配布している段階である。“Arrow Lake”は現在の所今年末の予定とされている。
今回Moore's Law Is Deadが“Arrow Lake”の写真(レンダリングされた画像???)を明らかにした。この“Arrow Lake”は最先端のパッケージング技術を用い、複数のChipletを接続したものである。


明らかにされたのは“Arrow Lake-H”の24-core版とされる。“Meteor Lake”と同様“Arrow Lake”はGPUとして“Alchemist”の低消費電力版であるXe-LPGを使用する。SoC die, I/O dieも備えている。また写真左下と右下にはダミーダイが配置されている。そしてCompute dieであるが、最上位は8 P-core + 16 E-core構成のダイが使用される。この構成は現行“Raptor Lake”と同様である。しかし噂では“Arrow Lake Refresh”として8 P-core + 32 E-coreの可能性も示されている。
Intel Launches the Core i9-14900KS Special Edition Processor for Enthusiasts(TechPowerUp)
Intel Announces Core i9-14900KS: Raptor Lake-R Hits Up To 6.2 GHz(AnandTech)
最高6.2GHz動作のフラッグシップCPU、Intel「Core i9-14900KS」アキバに登場(hermitage akihabara)
(レビュー)
Intel Core i9-14900KS Review - The Last of its Kind(TechPowerUp)
暴れ馬すぎる「Core i9-14900KS」、今すぐ使いたい人向けの設定を検証!(ASCII.jp)

Intelは3月15日、Core i9 14900KS Special Edition processorを発表した。Core i9 14900KSはCore i9 14900Kと同じく“Raptor Lake-S Refresh”をベースとしており、コアの構成は8 P-core + 16 E-coreである。
Core i9 14900KSの特徴はP-coreとE-coreの周波数を引き上げたことで、P-coreのBoost時周波数はCore i9 14900Kより200MHz引き上げられて6.20GHzに、E-coreのBoost時周波数は100MHz引き上げられて4.50GHzとなる。
しかしこの程度の周波数向上ではCore i9 14900KSを“Special”たらしめることは出来ない。Core i9 14900KSには320WのExtreme Power Delivery Profileがある。これはCore i9 14900Kにはないもので、選ばれたZ790, Z690マザーボードで使用できる。8-pin EPS電源を2系統有することが条件で、高いBoost時周波数を支えるための大電流を流せる必要があるからだ。


スペックは以下の通り。
Intel “Lunar Lake” at 17W set to offer 1.5x MT boost over “Meteor Lake-U” despite lack of hyperthreading(VideoCardz)
Intel "Lunar Lake-U" 17W Processor Offers Almost 50% Multithreaded Perf Boost Over "Meteor Lake" 15W Despite Lack of HTT(TechPowerUp)
午後2:12 · 2024年3月10日(Bionic Squash@SquashBionic)

Intelの情報をしばしば扱っているBionic Squash氏が“Lunar Lake”のMulti-thread性能について言及している。
それによると17Wの“Lunar Lake”は15Wの“Meteor Lake-U”と比較し、Cinebench R23やCinebench 5.4.5のMulti-thread性能が50%向上しているという。


“Lunar Lake”の情報はまだ完全には出ていないが、今のところ8-core構成でP-coreである“Lion Cove”が4-core、E-coreである“Skymont”が4-coreの構成となる。“Lunar Lake”は“Arrow Lake”と同じマイクロアーキテクチャを採用しているが、位置づけとしては薄型低消費電力ノートPC向けとなり、“Meteor Lake-U”の後継となる。

“Lunar Lake”は過去の情報でファンレスで8W駆動が可能であるが、ファンを搭載する通常の環境では17-30Wでの駆動となるとされている。おそらくTDP (PL1) は17Wの設定となるだろう。
Intel Core i9-14900KS to cost $749 according to MicroCenter(VideoCardz)
Intel Core i9-14900KS Pricing Confirmed to be $749(TechPowerUp)
Intel Core i9-14900KS Desktop Processor Pricing Set at $749(Guru3D)
Micro Center reveals potential $749 MSRP for Intel's upcoming Core i9-14900KS Special Edition CPU – imminent flagship CPU might be even more expensive than expected(Tom's Hardware)

MicroCenterによるとCore i9 14900KSの価格は$749であるという。この価格はCore i9 14900Kの価格である$599よりも25%程高い。なお、Core i9 14900KSの価格について米国大手のリテーラーから話が出てくるのは今回が初めてである。

Core i9 14900KSは3月14日に登場するとされる。過去に登場したCore i9 12900KS ($739), Core i9 13900KS ($699) と同様、“KS”を名乗るその世代の最上位モデルにして特別モデルである。8 P-core + 16 E-coreで24-core/32-thread構成で、周波数は最大6.20GHzである。

最上位かつ特別モデルのため、価格もCore i9 14900Kよりも高くなることは容易に予想されるが、今回その価格が$749という情報が出てきた。この価格は過去のCore i9 12900KSに近く、Core i9 13900KSより高い。なお、Core i9 12900KSの価格は発表時は$739だったが、今現在Intel ARKのデータベースを見ると$813-823となっている。