北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel Core i9-13900K ES3 Raptor Lake sample allegedly boosts up to 5.5 GHz(VideoCardz)
New Intel Raptor Lake ES CPU Rumored to Boost up to 5.5 GHz(Tom's Hardware)
[CPU] Simple sharing of Intel i9-13900K ES information (Chiphell)

Chiphellに“Raptor Lake-S”のフラッグシップモデル―Core i9 13900Kの新たなEngineering Sampleが投稿された。

今回明らかにされたのはES3と呼ばれるEngineering Sampleである。以前出てきたES1はQ0D8のsSpecが与えられていたのに対し、ES3ではQ1HMのsSpecが与えられている。
(techPowerUp!)
Intel Serpent Canyon NUC Wields Alder Lake CPU, Arc A770M GPU(Tom's Hardware)
NUC 12 Enthusiast pictured(FanlessTech)
Intel NUC 12 “Serpent Canyon” with Arc A770M GPU pictured and detailed(VideoCardz)
New NUC appearance configuration exposure! 12th generation processor + mysterious discrete graphics card?(Baidu)

第12世代のNUC Enthusiastとなる“Serpent Canyon”の写真がBaiduに掲載された。
“Serpent Canyon”は6 P-core + 8 E-coreの“Alder Lake-H”を搭載し、単体GPUとしてArc AlchemistことArc A770Mを搭載する。
CPUとGPUはどちらもMobile向けのものがベースとなっており、Intel Deep Linkが使用されている可能性がある。


NUC12 Enthusiastこと“Serpent Canyon”の名前自体は昨年8月に出てきている。今回はそのもう少し詳しいスペックと写真が明らかにされた。
Intel Sapphire Rapids HEDT “Fishhawk Falls” CPU has been spotted with 16 cores(VideoCardz)
SiSoftware Intel Xeon w5-3433(188号@momomo_us)
Details for Component Intel Xeon w5-3433(SiSoftware Official Benchmark Ranker)
Details for Result ID Intel(R) Xeon(R) w5-3433 (16C 32T 2GHz, 16x 2MB L2, 45MB L3) (Microsoft HyperV)(SiSoftware Official Benchmark Ranker)

Intelのハイエンドデスクトップ向けプラットフォーム (HEDT) が更新されなくなって久しい。現行の製品は2019年10月2日に発表された“Cascade Lake-X”―Core X 10000 seriesである。

しかし、“Sapphire Rapids”の世代でCore Xの名前こそ使われないものの、HEDT向けプラットフォームが投入される可能性が伝えられている。
そして今回、188号@momomo_us氏がSiSoftwareのWebサイトにXeon W5-3433なる未発表のワークステーション向けCPUが掲載されていることを発見した。


では実際に見てみよう。
Intel Core i9-13900 "Raptor Lake" Processor Gets a Preview(techPowerUp!)
SiSoftware Sandra database scores for Intel Core i9-13900 Raptor Lake-S(Guru3D)
Intel 13th Gen Core RaptorLake (i9-13900) Preview & Benchmarks – Hybrid Performance(SiSoftware)

“Raptor Lake”は現行の“Alder Lake”の次のコアで、第13世代Core processorとなり、Hybrid Architectureを採用する製品としては3代目となる(第1世代はおそらく“Lakefield”で、“Alder Lake”は第2世代として扱われている模様)。Performance Core (P-core) とEffcient core (E-core) を搭載し、各セグメントの最大構成は以下のようになる。
Intel 14th Gen Core “Meteor Lake-P” die shot with 6 Performance and 8 Efficient cores has been revealed(VideoCardz)
Intel 14th Gen Meteor Lake-P Mobility CPU Pictured, Gets Close Up Die Shot With 6 P-Cores & 8 E-Cores(WCCF Tech)
Intel and EUV manufacturing: Technical details on "Intel 4" and Meteor Lake(ComputerBase.de)
Meteor Lake 6+8(witeken@witeken)

2022 IEEE VLISでのIntelのプレゼンテーション資料の一部がTwitter上に掲載された。掲載されたスライドはIntel 4プロセス技術とそのIntel 4を用いて製造される“Meteor Lake”に関するものである。

明らかになったのはIntel 4プロセスの概要と、“Meteor Lake-P”のパッケージの図と写真、そして6 P-core + 8 E-core構成のCPU tileの写真である。
Intel Xeon "Sapphire Rapids" Volume Shipping Delayed Again: Company(techPowerUp!)
Intel Xeon: Sapphire Rapids stuck in traffic (part 2)(ComputerBase.de)

Intelの新しいサーバー向けCPU―“Sapphire Rapids”がなかなか姿を現さない。既に何度か遅れており、Intelも遅れを認めたが、また同時に将来も見通した。“Sapphire Rapids”のRefreshとなる“Emerald Rapids”がこの1年ほどで登場するからだ。

第1四半期の決算報告では“Sapphire Rapids”の出荷は特定の顧客向けに開始されていると説明されたが、本当に一部の特別な顧客向けだろう。特にArgonne National Laboratoryと共同開発しているAuroraはこれ以上遅らせることはできず、最優先案件になっていてもおかしくはない。
Intel Atom C5000 Series Stealthily Launched(ServeTheHome)
Products formerly Parker Ridge(Intel ARK)

Intelはひっそりと6種類のAtom C5000 seriesをローンチした。

Intel ARKを見ると“Parker Ridge”のコードネームで呼ばれていた製品群のようで、いずれも2022年第2四半期付けでローンチされている。コア数は4-coreまたは8-coreでL2 cacheは全モデルで9MBとなっている。
Intel Meteor Lake and Arrow Lake to Launch Simultaneously on Desktop in 2024: 2nm ARL-S for Enthusiasts [Rumor](Hardwaretimes.com)
午後9:12 · 2022年6月6日(kipite7kimi@kopite7kimi)

“Meteor Lake-S”と“Arrow Lake-S”はともに第14世代Core processorとして登場するようだ。前者はIntel 4プロセスを、後者はIntel 20AプロセスをCPU tileに使用する。そしてデスクトップ向けの“Arrow Lake-S”は最大で8 P-core + 32 E-coreの合計40-core/48-threadに達し、P-coreは“Lion Cove”に変更され、IPCが20%程度向上するとされる。また、E-coreは“Skymont”に変更されると噂されている。

一方、“Meteor Lake-S”は第14世代のエントリーレベルからミドルレンジを担う。“Meteor Lake-S”の最大構成は8 P-core + 16-E-coreの合計24-core/32-threadである。“Raptor Lake”からのIPC向上は10~20%程となるが、同時にIntel 4プロセスへの移行に伴い、周波数が低下するため、Single-thread性能の向上は一桁%にとどまると言われている。
第14世代デスクトップ向けCore processorの最初のラインナップは2024年上半期が予定されている。
Intel 14th Gen Core desktop “Meteor Lake” allegedly requires new LGA-2551 socket(VideoCardz)
Intel 14th Gen Meteor Lake CPUs Launching In 2023, 15th Gen Arrow Lake CPUs Launching In 2024 On Desktop LGA 2551 Socket(WCCF Tech)
Intel Arrow Lake, Meteor Lake, Raptor Lake Leak: Crazy Performance, Crazier Delays(Moore's Law Is Dead / YouTube)

Moore's Law Is Deadが“Raptor Lake”以降のIntel CPUの情報を掲載している。このうち最も興味深いのは“Meteor Lake-S”に関するものである。

Intelのデスクトップ向けCPUは2世代でSocketが変わることが多く、“Meteor Lake-S”はタイミング的にSocket変更がかかる世代である。そのためSocket変更はある程度予想されうるものだったが、そのSocketはLGA2551となり、pin数が大幅に増加し、またSocketの寸法もわずかに大きい38×46mmとなるようだ。

以下書き起こし。
Intel 14th Gen Meteor Lake/Arrow Lake to be Succeeded by Panther Lake in 2025: Lunar Lake Reportedly an “Experimental” Design(Hardware Times)
Then they will all be replaced by Panther Lake.(kopite7kimi@kopite7kimi)

Intelは第13世代Core processorとして“Raptor Lake”を今年中にリリース予定である。続く第14世代Core processorとなるのは“Meteor Lake”で、その次の第15世代Core processorは“Arrow Lake”である。この“Meteor Lake-S”と“Arrow Lake-S”はどちらも2024年のどこかでローンチされると言われている。

“Metero Lake”は複数ダイを用いたモジュラー設計となりIntel 4で製造されるCPU dieとTSMC N3で製造されるGPU die等からなる。その次の“Arrow Lake”ではIntel 20Aが用いられる。

“Meteor Lake”と“Arrow Lake”の違いがノードのシュリンクだけにとどまるのか、あるいはアーキテクチャの改良も入るのかは現時点ではなんとも言いがたい。そして更にその次のコアであるが、“Panther Lake”と呼ばれるものが2025年に予定されているという。この“Panther Lake”のアーキテクチャの詳細は全くわかっていない。
Intel to Present Meteor/Arrow Lake with Foveros 3D Packaging at Hot Chips 34(techPowerUp!)
Hot Chips 34 Reveals Intel's 3D Foveros Ambitions for Meteor Lake, Arrow Lake CPUs(Tom's Hardware)
Intel To Talk 3D Foveros For Meteor Lake And Arrow Lake CPUs At Hot Chips 34(Hot Hardware)
Hot Chips Advance Program(Hot Chips)

8月21日から23日の日程で開催されるHot ChipsではIntelやAMD、NVIDIAなど多数のメーカーが参加するが、その中でIntelは“Meteor Lake”と“Arrow Lake”そしてそれらのProcessorに使われるFoveros 3Dパッケージング技術について講演を行う。
その他にもIntelは“Ponte Vecchio”やXeon D、FPGAに関する講演を予定している。
Ryzen Watch Out! - Intel's i9-13900K CPU has been spotted with 68MB of Cache(OC3D)
Intel 13th Gen Core “Raptor Lake” desktop CPU to feature up to 68MB of L2/L3 cache(VideoCardz)
Now, it appears.(Raichu@OneRaichu)

第13世代Core processorとなる“Raptor Lake”では現在の“Alder Lake”からキャッシュ構成が変更され、キャッシュが増量されるという話が出ている。今回OneRaichu氏がTwitter,でCore i9 13900Kのものと思われるCPU-ZのSSを掲載した。
そのSSによると、L1 cacheの構成は変更されないが、L2 cacheは2MB×8+4MB×4の合計32MBに、L3 cacheは36MBに増量され、L2 cacheとL3 cacheの合計は68MBに達する。
Intel Meteor Lake, HBM2E-enabled Sapphire Rapids, and Ponte Vecchio Pictured(techPowerUp!)
Intel shows off 14th Gen Core “Meteor Lake” mobile packages at Vision conference(VideoCardz)
First die shot of Intel 14th Gen Core “Meteor Lake” processor emerges(VideoCardz)
Intel Sapphire Rapids HBM at Vision 2022(ServeTheHome)
Intel Ponte Vecchio GPU Packages at Vision 2022(ServeTheHome)
Intel Sapphire Rapids at Intel Vision 2022(ServeTheHome)
Intel 14th Gen Meteor Lake Die Shot Pictured: Early Sample Gives First Look At Next-Gen Redwood Cove & Crestmont Cores(WCCF Tech)
CPU tile die shot(Bionic_squach@SquashBionic)
A Redwood Cove (P-Core) looks like an evolutionary Golden Cove (GLC).(Locuza@Locuza_)
Intel、次期CPU「Meteor Lake」、HPC向けGPU「Ponte Vecchio」を展示(Impress PC Watch)

5月10日~12日の日程でIntel VisiONを開催している。そのIntel VisiONで“Sapphire Rapids”、“Meteor Lake”、“Ponte Vecchio”が展示された。

“Ponte Vecchio”と“Sapphire Rapids”は概ね既報通りであるが、後者についてはHBM2を搭載したものも展示されている。
“Ponte Vecchio”は多数のダイから構成されていることがここでも確認できる。

“Sapphire Rapids”はおそらくはXCCと呼ばれているもので、15-coreのダイが4ダイ搭載されている。そしてHBM2搭載版はそれぞれのダイに1 stackずつHBM2が接続され、合計4 stackのHBM2が搭載されている。
今回のIntel VisiONでは“Sapphire Rapids”の公式な発表や詳細な情報の公開はなく、「出荷を開始している」と言及されるにとどまった。
Intel Launches Alder Lake-HX Series Core Processors: 55W and PCIe 5.0 For High-End Mobile(AnandTech)
Intel Releases 12th Gen Core Alder Lake HX Processors (8P+8E cores on Mobile)(Guru3D)
Intel Launches 12th Gen Core "Alder Lake" HX Processors (8P+8E cores on Mobile)(techPowerUp!)
Intel Launches Alder Lake HX: Up to 16 Cores, PCIe 5.0, and 157W of Power(Tom's Hardware)
Intel、16コア/24スレッドのゲーミング/モバイルWS向け第12世代Core HXプロセッサ(Impress PC Watch)

Intelは5月10日、ハイエンドゲーミングノートPC及びMobileワークステーション向けの製品として第12世代Core processorの新製品となる“Alder Lake-HX”を発表した。
“Alder Lake-HX”はデスクトップと同等の性能をMobileに持ち込んだ者で、デスクトップ向けに用いられている8 P-core + 8 E-core + 32 EU iGPUで構成される“Alder Lake-S”のC0 setppingのダイをMobile向けのBGAパッケージにPCHとともに搭載したものである。
AMD Phoenix RDNA3 iGPU could be as fast as the slowest GeForce RTX 3060 mobile GPU(VideoCardz)
AMD Ryzen 7000 ‘Phoenix’ APUs With RDNA 3 Integrated Graphics Could End Up Being As Fast As The NVIDIA RTX 3060M(WCCF Tech)
AMD Ryzen 7000 APUs could boast Nvidia RTX 3060 performance(PCGamesN)
Phoenix GPU≈3060m 60W(Greymon55@greymon55)
Yeah. I am told it basically destroys an RX 6500XT and RTX 2060(ReGamingTech)

“Zen 4”世代のAPUは“Phoenix”のコードネームで呼ばれている。Greymon55氏によると、この“Phoenix”のiGPUは電力消費を引き下げたGeForce RTX 3060 mobileに匹敵するという。

“Zen 4”世代―Ryzen 7000 seriesとなるMobile向けProcessorとしては高性能ノートPC向けとなる“Dragon Range”と薄型軽量ノートPC向けとなる“Phoenix”がある。前者はデスクトップ向けの“Raphael”をBGAとしたものと見られる。そして本題となる“Phoenix”であるが、RDNA 3世代のGPUを搭載したAPUとなる。
Intel Fishhawk Falls HEDT ‘Sapphire Rapids-X’ Platform Detailed: 24 Cores at 5 GHz For Mainstream, Up To 112 Cores With 8-Channel Memory For Expert Workstations(WCCF Tech)
Intel Fishhawk Falls HEDT Leak: 24 BIG Cores for Gamers, 112 BIG Cores for Experts!(Moore's Law Is Dead)

“Sapphire Rapids-X”を使用するHEDT向けプラットフォームには“Fishhark Falls”というコードネームがつけられている。
その“Fishhark Falls”と“Sapphire Rapids-X”に関する新たな情報をMoore's Law Is DeadがYouTubeに投稿した。“Sapphire Rapids-X”をベースとするプラットフォームはXeon-W mainstreamとXeon-W expartの2種類に分かれるという。

 
以前より“Sapphire Rapids”にはXCCのダイとMCCのダイの2種類があると言われてきた。XCCのダイはよく知られている15-core×4ダイ構成のもので、ハードウェア的には60-coreの“Golden Cove”コアを搭載する。
一方、MCCのダイについては情報が少なく、モノリシックの可能性を示す予想が散発的に見られる程度で、そのコア数などの詳しい情報はなかった。

今回Moore's Law Is Deadはこれまで情報の少なかったMCCのダイの構成、そして“Sapphire Rapids-X”を用いたXeon Wについて詳しく伝えている。
14th Gen Core “Meteor Lake” has been powered-on, on track to launch in 2023(VideoCardz)
午前0:13 · 2022年4月30日(Michelle Johnston Holthaus@MJHolthaus)
Intel Reports First-Quarter 2022 Financial Results(techPowerUp!)

Intelは4月29日に第1四半期の決算報告を行った。
その中で、第14世代Core processorとなる“Meteor Lake”の開発状況が伝えられた。“Meteor Lake”はIntel 4プロセスで製造され、昨年5月にtape-inが伝えられていた。今回は“Meteor Lake”が既に3種類のOSのブートに成功していると説明された。


Pat Gelsinger氏は以下のように述べている。