北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD、Ryzen 9 3900XTなどを7月18日に国内販売(Impress PC Watch)
(レビュー)
大人気のCPUがさらにパワーアップ。「Ryzen 9 3900XT」を試す(Impress PC Watch)
パフォーマンスはどう変わった?クロックアップ版「Ryzen 3000XT」シリーズ検証(hermitage akihabara)
AMD Ryzen 3900XT and 3800XT Review: Small Gains, Big Price Tag(Tom's Hardware)
New AMD Ryzen 3000XT Processors Available Today(AnandTech)

Ryzen 9 3900XT, Ryzen 7 3800XT, Ryzen 5 3600XTの国内販売が7月18日11時からと決定された。価格は順に59800円、46800円、29200円となる。
[Ryzen 9 3900XT, 7 3800XT, 5 3600XTの国内販売は7月18日]の続きを読む
◇Core i7 1165G7とRyzen 7 4700UはGeekBenchにおいて前者が勝る
Intel Core i7-1165G7 "Tiger Lake" Mauls Ryzen 7 4700U "Renoir" in Most Geekbench Tests(techPowerUp!)
Four Core Core i7-1165G7 Tiger Lake Beats Eigth core Ryzen 7 4700U Renoir in Geekbench(Guru3D)
LENOVO 81YM vs LENOVO 82CU (Core i7 1165G7 vs Ryzen 7 4700U)(GeekBench)
LENOVO 81YQ vs LENOVO 82CU (Core i7 1165G7 vs Ryzen 7 4800U)(GeekBench)

10nmの“Tiger Lake-U”をベースとする4-core/8-threadのCore i7 1165G7であるが、8-core/8-threadRyzen 7 4700Uに対し、GeekBenchにおいて強力な性能を見せつけている。総合スコアはSingle-threadではCore i7 1165G7が36.8%上回り、一方Multi-threadでも0.5%上回っている。
[“Tiger Lake”―Core i7 1165G7の話題2題]の続きを読む
Intel Core i9-10850K 10-core processor spotted(VideoCardz)
Intel Corporation CometLake Client Platform vs Intel Corporation CometLake Client Platform (GeekBench)

APISAK氏がGeekBenchで“Comet Lake-S”世代の未発表CPU―Core i9 10850Kを発見した。

Core i9 10850Kは10-core/20-threadで、キャッシュ構成はL2=256KB×10/L3=20MBで、これらのスペックはCore i9 10900Kと同様である。一方、定格周波数は3.60GHzでCore i9 10900Kの3.70GHzよりも100MHz低い。またThermal Velocity Boostを使用した時と思われるBoost時の最大周波数は5.20GHzとなる模様で、この数字もCore i9 10900Kの5.30GHzより100MHz低い。
 
既存のCore i9 10900 seriesと比較したのが以下である。
[Core i9 10850K]の続きを読む
Intel Core i9-10910, AMD Radeon Pro 5300 Leak in Unannounced Apple iMac(Tom's Hardware)
AAPJ1851,1(GeekBench)

Intelは第10世代Core processorとして“Comet Lake-S”をメインストリームデスクトップ向けに4月に投入した。一方で、Intelは大手顧客向けにカスタム仕様のモデルを提供している。今回明らかになったCore i9 10910もその1つである。

Core i9 10910は_rogame氏がGeekBenchに掲載されているのを発見した。そしてこのCore i9 10910はおそらくApple専売モデルと推定される。基本的な仕様は他のCore i9 10900 seriesと同様で、10-core/20-thread, L3=20MBとなっている。周波数はBase 3.60GHz/Boost 4.70GHzで、Core i9 10900より高く、Core i9 10900Kよりは低い。
[Core i9 10910―Apple iMac向けの未発表“Comet Lake-S”]の続きを読む
Intel confirms large LGA1700 socket for Alder Lake In Developer Document(Guru3D)
Intel 12th gen Alder Lake-S CPUs require LGA 1700 Socket(HEXUS)
Intel.com - Serch "Alder Lake"(Intel)

第12世代Core processorとなるであろう“Alder Lake”はメインストリームデスクトップ向けとしては初めての10nmプロセスのCPUになると言われている。そしてその“Alder Lake-S”とその対応SocketであるLGA1700に関する開発者資料がIntelのWebサイトに掲載された。
[“Alder Lake-S”が用いるLGA1700 socketがIntelの開発者向け資料に登場]の続きを読む
Intel Corporation Rocket Lake Client Platform(GeekBench)
RocketLake S(APISAK@TUM_APISAK)

リーク情報ではおなじみ(なでしこアイコンが可愛い)TUM_APISAK氏が“Rocket Lake-S”のものとされるGeekBenchのスコアを発見した。

今回のGeekBench経由のリークは今までにも何度も出てきたものと同様であるが、今回は“Rocket Lake”のキャッシュ構成が明らかになったことが非常に大きく、これにより既存の“Skylake”系の延長でないことがはっきりとした。
[明らかになった“Rocket Lake”のキャッシュ構成]の続きを読む
Intel's Raja Koduri Shows Off Huge Mysterious Chip: Is This a Gargantuan Xe GPU?(Tom's Hardware)
Intel's Raja Koduri Brandishes a Large Chip Package, Calls it BFP (Big Fabulous Package)(techPowerUp!)
Intel Shows Xe Graphics Family GPU Photos (Calls it BFP (Big Fabulous Package))(Guru3D)

5月上旬にIntelが“Father of All”と呼ばれる大型のチップをTwitterで明らかにしたことを覚えている方もいるかもしれないが、今回また同じようなツイートが掲載された。IntelのRaja Koduri氏が“big 'fabulous' package”と呼ぶ大型のチップの写真を明らかにした。
[IntelのRaja Koduri氏がbig 'fabulous' packageなる大型チップを披露]の続きを読む
Intel to use Nanowire/Nanoribbon Transistors in Volume ‘in Five Years’(AnandTech)
Intel Plans to Volume Manufacture Nanowire/Nanoribbon Transistors in Five Years(techPowerUp!)

今年のVLIS conferenceにおいてIntelのCTOであるMike Mayberry氏が多数のプレゼンテーションを行ったが、その1つに“The Future of Compute”と呼ばれるものがあった。そのプレゼンテーションには、多数の製造技術に対する検討が行われており、FinFETからGate-All-Around (GAA, Nanowire) や2D Nano-sheet構造が紹介されていた。そしてプレゼンテーション終了後のQ&Aでは、Mayberry氏はNanowireトランジスタはこの5年以内に大量生産に入る見込みだと述べた。
[Intel 5年以内にNanowire/Nanoribbonを採用したトランジスタを量産へ]の続きを読む
Is the Intel Tiger Lake launch scheduled for July 27? A dealer lists an Acer Swift 5 with the Core i7-1165G7(Notebookcheck)
Acer Swift 5 laptops with Intel Tiger Lake listed by Dutch retailer(VideoCardz)

オランダのオンラインショップが“Tiger Lake-U”―Core i7 1165G7を搭載したAcer Swift 5を掲載した。そのオンラインショップによるとAcer Swift 5は7月27日より利用可能とあり、“Tiger Lake-U”のローンチが近づいていることが示されるものであった。
[“Tiger Lake”のローンチは7月27日?―i7 1165G7搭載ノートが姿を現す]の続きを読む
Tiger Lake architecture: everything new in 2020(Notebookcheck)

現時点で“Tiger Lake”についてわかることは限られている。Intelは“Tiger Lake”について“Ice Lake”の後継であり2020年中に予定されているとしか述べていない。しかしながら、iGPUはGen.12 GraphicsとなるXe graphcisを搭載し大幅に性能が向上する。またCPUコアについてもアーキテクチャの変更により性能向上を果たすとされる。

“Tiger Lake-U”については断片的ではあるが情報が出てきている。そしてそれらをまとめたのが今回のNotebookcheckの記事である。現時点でわかっている“Tiger Lake-U”のラインナップは以下の通りである。
[“Tiger Lake-U”のラインナップ―2020年6月21日時点での推定]の続きを読む
3rd Generation Intel(R) Xeon(R) Scalable Processors(Intel ARK)

“IvyBridge”以降“Cascade Lake”までのXeonは3種類のダイで構成されていることはご存じだろう。そして、“IvyBridge”から“Broadwell”までは大きい方から順にHigh Core Count (HCC), Middle Core Count (MCC), Small Core Count (SCC) と呼ばれ、“Skylake-SP”と“Cascade Lake-SP”ではExtreme Core Count (XCC), High Core Count (HCC), Small Core Count (SCC) と呼ばれてきた。

では“Cooper Lake”はどうだろうか? 今のところ“Cooper Lake”のダイに関する情報は少ない。少なくとも28-coreのダイが存在すると言うことのみである。“Cooper Lake”はその性質上比較的多コアにラインナップが偏っており、一番コア数が少ないものでもXeon Gold 6328HL/Hの16-coreである。

Xeonにどのダイが使われているかはSteppingを見ることである程度予想できる。今のところIntelはダイ毎にSteppingを分けて管理している模様である。

以下がその一覧である。
[【雑記】“Cooper Lake”は全てA1 stepping―ダイは1種類のみ?]の続きを読む
Intel Launches Cooper Lake: 3rd Generation Xeon Scalable for 4P/8P Servers(AnandTech)
Intel Announces "Copper Lake" 4P-8P Xeons, New Optane Memory, PCIe 4.0 SSDs, and FPGAs for AI(techPowerUp!)
Intel Announces 3rd Gen Xeon Scalable (Cooper Lake), New Optane Memory, PCIe 4.0 SSDs, and More(Guru3D)
3rd Generation Intel Xeon Scalable Cooper Lake Launched for 4P and 8P(ServerTheHome)
Intel Announces Unmatched AI and Analytics Platform with New Processor, Memory, Storage and FPGA Solutions(Intel)

Intelは6月18日、第3世代Xeon Scalable Processorを発表した。また加えてハードウェア及びソフトウェアのAI portfolioを発表し、Artifical Inteligence (AI) やデータセンターやネットワーク等の最先端分野における分析や開発などの用途を澪無。また第3世代Xeon Scalable Processorはbfloat16をサポートする初のメインストリームサーバー向けProcessorとなる。第3世代Xeon Scalable ProcessorはAI推論や学習をより広い一般的なCPUで使われる分野に広げるもので、例えば画像の分類や言語認識、言語構築などが挙げられる。

ラインナップは以下の通りである。
[第3世代Xeon Scalable Processor―“Cooper Lake-SP”が正式発表される]の続きを読む
Intel "Willow Cove" Backported to 14nm is "Cypress Cove"?(techPowerUp!)
Intel Cypress Cove Leak: Rocket Lake Blasts past Comet Lake, but what about AMD Zen 3?(Moore's Low is Dead / YouTube)

Intelの第11世代デスクトップ向けCore seriesとなるであろう“Rocket Lake-S”は5年ぶりにCPUコアのIPCが引き上げられる世代となる。“Rocket Lake-S”のCPUコアは“Tiger Lake”に使われる“Willow Cove”を14nmプロセスにバックポートしたものと噂されている。

Moore's Low is Deadの動画によると、“Rocket Lake-S”のために14nmにバックポートされたコアをIntelは“Willow Cove”とは呼びたくないようで、別に“Cypress Cove”という名前がつけられている模様だ。“Willow Cove”はあくまでも10nm+で製造される“Tiger Lake”のCPUコアとして区別する模様である。
[“Rocket Lake”のCPUコアは“Cypress Cove”と呼ばれるらしい]の続きを読む
Intel Hybrid Processors: Uncompromised PC Experiences for Innovative Form Factors Like Foldables, Dual Screens(Intel)

Intelは6月10日、“Lakefield”のコードネームで呼ばれていたIntel Core processor with Intel Hybrid technologyを正式発表した。“Lakefield”はFoveros 3D packaging technologyとHybrid CPU architectureを特徴歳、電力と性能のスケーラビリティを確保している。そして“Lakefield”はIntel Coreの性能と完全なWindowsへの対応を最小のソリューションで提供できる製品となる。
[“Lakefield”が正式発表される]の続きを読む
Intel "Rocket Lake-S" a Multi-Chip Module of 14nm Core and 10nm Uncore Dies?(techPowerUp!)

VLSIの技術者で業界のアナリストであるchiakokhua氏が、“Rocket Lake-S”の構成について興味深い推察をしている。彼は第3世代Ryzen―“Matisse”がMulti-chip-moduleであるという説を非常に早くから唱えていた人物でもあるが、彼の推測によると、“Rocket Lake-S”も“Matisse”に近い手法をとり、Multi-chip-moduleの構成をとるという。

その“Rocket Lake-S”の構成であるが14nmで製造されるCPUコアのダイと、10nmプロセスで製造されるアンコアのダイの2ダイ構成となる。“Matisse”の場合はCPUダイが7nm、I/Oダイが12nmであったが、“Rocket Lake-S”の場合はCPUダイよりもアンコアのダイの方が進んだプロセスを使用している。
[“Rocket Lake-S”は14nm CPUダイと10nm uncoreダイの構成となる?]の続きを読む
Intel details big changes in Comet Lake-S power limits, Tau values(HEXUS)
Comet Lake-S: Intel discloses PL1 / PL2 values for all CPUs(ComputerBase.de)
Intel Reveals PL1, PL2 and Tau Values For 10th-Gen Comet Lake-S Processors(Tom's Hardware)

Intelは“Comet Lake-S”でその消費電力設定に大きな変更を加えた。資料によるとPL1の数字はそれぞれのモデルのTDPの値と同じである。一方、PL2は大きく引き上げられ、モデルによってはPL1の3.5倍に達するものがある。TauはK seriesが56秒、その他が28秒となる。

“Comet Lake-S”のPL1, PL2, Tauの話題は個々のモデルレベルでは散発的に出てきており、PL2の値が高いことがしばし議論になったが、今回の情報はほぼ全てのモデルが網羅された点が今までとは異なる。
[“Comet Lake-S”のPL1, PL2, Tauの値]の続きを読む
Intel Core i7-1165G7 Tiger Lake Leak Shows Huge Xe Graphics Performance Leap(HotHardware)
Intel Tiger Lake ‘Core i7-1165G7’ Quad Core CPU Performance Leaks Out Once Again, On Par With AMD’s 8 Core Renoir Flagship – Xe Graphics Blows Away The Competition(WCCF Tech)
3dmark 11 Performance comparison with more updated R7 4800U result(_rogame@_rogame)

Core i7 1165G7は“Tiger Lake-U”を搭載した製品で、Xe graphicsを搭載する第11世代Core seriesとなる。このXe graphicsが非常に興味深い存在で、Intelの単体GPUと同じアーキテクチャを使用している。

そのCore i7 1165G7については過去にも多数のリークが投稿されたが、_rogame@_rogame氏が最新の3DMark 11のスコアを投稿した。
[“Tiger Lake-U”―Core i7 1165G7の新たな3DMarkベンチマークスコア]の続きを読む
Details for Computer/Device Intel Rocket Lake Client Platform Rocket Lake Client System (Intel RocketLake S UDIMM 6L RVP)(SiSoftware Offcial Live Ranker)
Details for Result ID Intel(R) Gen12 Mobile Graphics Controller (256SP 32C 1.15GHz, 512kB L2, 6.4GB) (OpenCL)(SiSoftware Offcial Live Ranker)

SiSoftwareのデータベースに“Rocket Lake-S”のiGPUのスコアが掲載されている。発見者はリーク情報でおなじみ_rogame@_rogame氏である。

本日(2020年6月8日)付けで掲載されたもののようで、IDは“Intel(R) Gen12 Mobile Graphics Controller (256SP 32C 1.15GHz, 512kB L2, 6.4GB)”となっている。
[“Rocket Lake-S”のiGPUのExectuion Unit数は32?]の続きを読む
The Tiger Roars! Intel’s Next Gen 10nm Tiger Lake CPU Family All Set For Summer 2020 Launch, Reveals First Marketing Kit(WCCF Tech)
Intel teases an imminent launch of Tiger Lake architecture?(VideoCardz)
It looks like @Intel is ready to start promoting their next-gen mobile processors code-named Tiger Lake!(Nathan Kirsch@LegitReviews)

“Tiger Lake”が間もなくローンチされる、その徴候が見えてきた。青色のプランターと2つの橙色の百合の種(Lilium "Tiger Roar")の写真、これはIntelのマーケッティング部門が用意したものだ。そしてそのそばには“Summer is Coming. And so is our next-gen mobile processor, code-named Tiger Lake”と記されたカードが添えられている。

Legit ReviewのライターであるNathan Kirsch氏はこのメッセージを受け取った最初の人物の1人だ。そして同じようなセットが他のレビュワーにも間もなく送られるだろう。このプロモーションはIntelがMobile向け第11世代 Core Processorとなるであろう“Tiger Lake”のローンチの準備が出来ていることを示している。
[【Lilium】“Tiger Lake”が夏に来る?【アドバンスド・ベクター(以下略)】]の続きを読む
No Intel "Rocket Lake-S" or "Ice Lake-X" This Year?(techPowerUp!)
Intel will not launch 11th Gen Core-X and Core-S series this year?(VideoCardz)
Cascade Lake-X 22 cores ?(ASUS ROG Forums)

第11世代のCore S seriesはすぐには登場しない模様である。そもそもIntelはつい先日第10世代となる“Comet Lake-S”を投入したばかりである。加えると、Core Xも2020年中にアップデートされる見込みはないようである。
[“Rocket Lake-S”及び“Ice Lake-X”は2020年中には登場しない?]の続きを読む