北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
_rogame@_rogame(Twitter)
APISAK@TUM_APISAK(Twitter)
11th-Gen Intel Tiger Lake-U i7 Processor Benchmarked(Tom's Hardware)

“Tiger Lake-U”を用いた3DMark Time Spyのベンチマークスコアがリークした。今回大きく違うのはCore i7 1185G7とモデル名が記されていることで、“Tiger Lake-U”が第11世代Coreとして登場することがわかる。また、リークした_rogame氏によると、使用されているのはEngineering Sample (ES) ではなくQualified Sample (QS) であるという。
[“Tiger Lake-U”のQS品(?)を用いた3DMarkスコアがリーク]の続きを読む
Intel Details 10th Gen Comet Lake-H for 45 W Notebooks: Up to 5.3 GHz*(AnandTech)
Intel 10th Gen Core "Comet Lake-H" Mobile Processor Lineup with Desktop-class Performance Announced: 5.3 GHz, 8 Cores, 16 Threads(techPowerUp!)
Intel 10th Gen Core "Comet Lake-H" Mobile Processor Lineup Launches with up-to 8 cores(Guru3D)
Intel Comet Lake-H Fights AMD's Ryzen 4000 With Eight Cores at 5.3 GHz(Tom's Hardware)

Intelは4月2日、ハイエンドノートPC向けの第10世代Core processorとなる“Comet Lake-H”を発表した。“Comet Lake-H”はデスクトップレベルの性能をノートPCにもたらすとしており、ゲーミングやクリエイティヴ用途だけでなく、オーバークロックを好むエンスージアスト向けにも合わせた設計となっている。ゲーム用途については、IntelはノートPCパートナーに高Refresh-rateのDsyplay HDR 1000 displayを求めている。また、冷却機構においてもより良い設計のものを求めている。
[“Comet Lake-H”が正式発表される【追記 2020/4/3】]の続きを読む
Intel Updates ISA Manual: New Instructions for Alder Lake, also BF16 for Sapphire Rapids(AnandTech)
Intel(R) Architecture Instruction Set Extentions Programming Reference(Intel / PDF Files)

Processor vendorはどのProcessorについて度のように最適化するのが重要か、詳細なリストを作成する。そのリストはプログラマが今後の計画を立てるのに非常に重要である。一方で、このリストは時に将来の製品の姿を少しだけ見せてくれることがある。新しい命令セットだけでなく、公式には言及されていないはずの製品のコードネームまで出てくることがある。IntelのISA Extensions Refrence manualが更新されたが、まさにそれが起きており、将来の製品である“Alder Lake”の名前が出ている。またBFloat16は当初“Cooper Lake”でのみサポートされるものであったが、2021年予定の“Sapphire Rapds”でも対応することが明らかになった。
[今後のIntel CPUの命令セット―BFloat16は“Sapphire Rapids”も対応]の続きを読む
10th Gen Intel Comet Lake-H for notebooks specs leak onto the web(Guru3D)
Intel 10th Gen Core (Comet Lake-H) mobile series final specifications leaked(VideoCardz)

IntelはまもなくハイエンドノートPC向けに“Comet Lake-H”をローンチする。そしてその“Comet Lake-H”の最終的なスペックを記載したスライドがリークした。
[“Comet Lake-H”の最終スペック]の続きを読む
Intel Rocket Lake-S Desktop CPUs Feature 8 Cores, GT1 Xe Graphics – Rocket Lake-U 6 Core at 15W, Tiger Lake-U 4 Cores at 15W & Tiger Lake-H 8 Cores at 45W Base TDPs(WCCF Tech)

第11世代Core processorとなる“Tiger Lake”と第12世代Core processorとなる“Rocket Lake”の最新の詳細が中国語のPPT Forumに掲載した。リークした人物―Shark Bayによると、Intelの次世代デスクトッププラットフォームとMobileプラとフォームはその内容が全く異なったものになる。

その大元である中国語のForumの書き込みは現在消去されているが、WCCF Techがスクリーンショットを保存している。そして“Tiger Lake”と“Rocket Lake”の内容がかなり詳細に書き込まれている。またWCCF Techは“Tiger Lake”を第11世代、“Rocket Lake”を第12世代と呼称しているが、大元の情報はそこまでの記載はしておらず、おそらくはWCCF Techが勝手に呼称しただけと思われるので、あまりここにはこだわらない方が良いと思われる。

まず“Tiger Lake”である。
[“Tiger Lake”と“Rocket Lake”の詳細―“Tiger Lake-H 8+1”も存在する]の続きを読む
Intel to announce 10th Gen Core (Comet Lake-S) on April 30(VidoeCardz)
Intel's Comet Lake-S processors are due to be announced next month(OC3D)

El Chapuzas InformaticoによるとIntelのデスクトップ向け第10世代Core processor―“Comet Lake-S”は4月30日に発表される見込みである。ただし、4月30日は“Comet Lake-S”の発表だけにとどまる見込みで、実際に出回るのはもう少し後となる。

El Chapuzas Informaticoによると、“Comet Lake-S”のレビューを5月に投稿するとしており、同時期に400 seriesマザーボードのレビューも行うとしている。

この4月30日という情報が正しいとすると、ハイエンドノートPC向けの“Comet Lake-H”が4月2日という情報と合わせ、IntelはMobile向けとデスクトップ向けの“Comet Lake”を同じ4月に発表することになる。

ラインナップは以下の通りである。
[“Comet Lake-S”は4月30日に発表される]の続きを読む
Intel Tiger Lake With Xe Graphics Outperforms AMD’s Fastest 7nm Vega Integrated GPU(WCCF Tech)
Integrated Xe Intel Tiger Lake GPU outperforms Vega at 7nm from Ryzen 4000 for notebooks(Guru3D)
(参考)
Intel’s 11th Gen, 10nm+ Tiger Lake-U Quad Core CPU Spotted – Up To 4.30 GHz Clocks, Early Sample Faster Than Ice Lake Core i7-1065G7(WCCF Tech)

“Tiger Lake-U”は今年後半に登場予定で、新しいXe Graphics ArchitectureをベースとするGPUを内蔵する。Xe Graphics Architectureに関する噂は様々なものが流れているが、今回紹介するのは、その“Tiger Lake-U”の初期のサンプルのグラフィック性能が、AMDの新型APU―“Renoir”をベースとしたRyzen 9 4900HSが内蔵するVega Grahphicsのそれを上回ったというものである。
[“Tiger Lake-U”のiGPUがRyzen 9 4900HSのGraphics性能を上回る?]の続きを読む
Intel iGPU+dGPU Multi-Adapter Tech Shows Promise Thanks to its Realistic Goals(techPowerUp!)

IntelがDirectX 12に関連し、非対称のmulti-GPUのコンセプトを明らかにした。元々はGDC 2020で明らかにするものであったが、同イベントがキャンセルされたため、Intelがそのスライドを同社のWebサイトに掲載している。
[Intel DirectX 12に関連したiGPU + dGPUのMulti-GPU技術を紹介]の続きを読む
NVIDIA GeForce SUPER Mobile and INTEL Comet Lake-H series coming April 2nd(VideoCardz)
Intel Core i9-10880H 8 Core CPU Spotted Along With Beefy NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER Notebook Configuration(WCCF Tech)

中国語のWebサイトであるITHomeによるとハイエンドノートPC向けの“Comet Lake-H”は4月2日にローンチされる。またWCCF Techは同じ4月2日にNVIDIAが“Turing”をベースとしたMobile向けのGeForce Super seriesを発表すると報じている。ただし、実際に製品が販売されるのは4月15日としている。
[“Comet Lake-H”とGeForce Super Mobileは4月2日にローンチされる]の続きを読む
Intel Core i5-L15G7 Lakefield CPU Rivals Qualcomm Snapdragon 835(Tom's Hardware)
Intel Core i5-L15G7 Lakefield Processor Spotted(techPowerUp!)
Microsoft Corporation Virtual Machine(GeekBench 5)
Core i5-L15G7(GeekBench 5)
IntLatX64@InstLatX64(Twitter)

Intelの“Lakefield”―Core i5-L15G7がGeekBench 5に掲載されていることがわかった。以前にはCore i5-L16G7がUserBenchmarkに掲載されたことがあり、ナンバーだけ見ると今回のCore i5-L15G7はCore i5-L16G7の下位モデルと見なすことができる。
[“Lakefield”―Core i5-L15G7がGeekbench 5に姿を現す]の続きを読む
Intel(R) Core(TM) i7-1060NG7 Processor (Intel ARK)
Intel(R) Core(TM) i5-1030NG7 Processor(Intel ARK)
Intel(R) Core(TM) i3-1000NG4 Processor (Intel ARK)

先日、MacBook Airの新製品が発表されたが、その時に搭載されたProcessorは第10世代でIris Graphics搭載であることから、“Ice Lake-Y”ではないかという話が一部で上がった。しかし、“Ice Lake-Y”とは微妙に周波数などのスペックが異なり、また一方で“Ice Lake-U”のそれとも異なっていた。

今回、Intel ARKにMacBookに搭載されているであろうCPUが姿を現した。それがCore i7 1060NG7, i5 1030NG7, i3 1000NG4である。

型番は“Ice Lake-Y”のそれに近く、Core i3 1000NG4のスペックはCore i3 1000G4と同等であるが、Core i7とi5については同ナンバーの“Ice Lake-Y”と比較してTDPは10Wに設定されており(“Ice Lake-Y”はTDP9WでcTDPは12W)、その分定格周波数が高められている。

新たな3種類を加えた“Ice Lake-U/-Y”のスペックを以下にまとめる。
[Mac Book向け? ―Core i7 1060NG7, i5 1030NG7, i3 1000NG4]の続きを読む
Exclusive: Intel Rocket Lake-S features PCI-Express 4.0, Xe Graphics(VideoCardz)
Intel Rocket Lake-S Platform Detailed, Features PCIe 4.0 and Xe Graphics(techPowerUp!)

“Rocket Lake-S”は今のところ2020年末が予定されている。そしてその“Rocket Lake-S (RKL-S)”プラットフォームに関する噂は現在まで様々なものが流れているが、今回VideoCardzでは“Rocket Lake-S”に関する確かな情報を入手することができた。

リークしたのは“Rocket Lake-S”プラットフォームのダイアグラムと基本的な機能を示したものである。“Rocket Lake-S”と500 seriesマザーボードのプラットフォームは現行の“Coffee Lake-S”+300 seriesマザーや次の“Comet Lake-S”+400 seriesマザーから多数の新機能が搭載される。

リークしたスライドに記された機能を列挙したものが以下となる。
[“Rocket Lake-S”で新CPUアーキテクチャとPCIe 4.0がもたらされる?]の続きを読む
Intel Cooper Lake-based platform relies on PCI Express 3.0(Overclockers.ru)

次のXeonである“Cooper Lake”は先日、“Whitley”プラットフォームには提供されないことが明らかになった。そのため、“Cooper Lake”は2-way超を主体とするプラットフォーム―“Cedar Island”向けに限定される。また過去には“Whitley”プラットフォームでPCI-Express 4.0への対応が言われていたが、より正確に言うと“Ice Lake-SP”でのPCI-Express 4.0への対応である。
[“Cooper Lake”はPCI-Express 3.0にとどまる]の続きを読む
Details for Result ID Genuine Intel(R) CPU 0000 @ 2.70GHz (4C 8T 2.69GHz/4.3GHz, 4x 1.25MB L2, 12MB L3)(SiSoftware Official Live Ranker)

“Tiger Lake-U”とされる未発表CPUがSiSoftware Official Live Rankerに掲載されている。発見者はこの手のリークで有名なTUM_APISAK氏である(ちなみに2020年3月19日現在、同氏のアイコンは可愛らしいゆるキャンのなでしこアイコンになっている)。
[“Tiger Lake-U”とされる未発表CPUのベンチマークが掲載される]の続きを読む
Intel Core i9-10900KF 10 Core, 10th Generation Desktop CPU Benchmarks Leak – Almost On Par With AMD’s 12 Core Ryzen 9 3900X But 14nm A Troublesome Bet(WCCF Tech)

第10世代デスクトップ向けCore seriesでiGPUなしモデルの最上位となる10-core/20-threadのCore i9 10900KFの3DMarkベンチマークスコアがリークした。リークしたのは有名なリーカーであるRogame氏である。
[Core i9 10900KFの3DMarkスコア―Ryzen 9 3900Xと同程度]の続きを読む
Intel and Micron Sign New Agreement for 3D XPoint Shipment(techPowerUp!)
Intel & Micron Sign New 3D XPoint Wafer Supply Agreement(AnandTech)
Intel closes new Optane (3D XPoint) supply deal from Micron(Guru3D)

IntelとMicronは3DXpoint memoryの生産に関して新たな合意を結んだと発表した。この合意は3D Xpoint memoryに限定したもので、MicronはIntelから3D Xpoint memoryの生産を受けることでキャッシュフローの大幅な増加を狙う。IntelとMicronの3D Xpoint memoryにおける提携関係は終了しているものの、一方でIntelは3D Xpoint memoryの生産容量を必要としており、その先としてMicronに白羽の矢が立ったことになる。
[IntelとMicron、3DXpoint memoryの生産・供給について新たな合意を結ぶ]の続きを読む
Intel's Cooper Lake server products will not be released as widely as first imagined(OC3D)
Intel Cooper Lake Rationalized Still Launching 1H 2020(ServerTheHome)

“Cooper Lake”は当初、2019年にリリースされると言われており、“Cascade Lake”と“Ice Lake”の間の世代となるはずだった。また、“next-gen Intel DLBoost”として、bfloat16への対応がなされるとしていた。
しかしながら、2020年になっても“Cooper Lake”は姿を現していない。いくつかの情報は“Cooper Lake”が事実上キャンセルになったとしているが、部分的には合っている。


今のところ“Cooper Lake”は2020年前半に登場し、最大56-coreとなり、かつbfloat16対応となる。しかし、“Cooper Lake”のリリースは当初考えられていたいたように幅広く展開されるものではない。Intelは次のように説明しているという。
「“Cooper Lake”はその需要に最も適した狭い範囲での供給となる」
つまり、“Cooper Lake”はIntelの顧客の中でも少数にのみ供給されるようだ。


これに関してIntel公式からの文章がServerTheHomeに掲載されている。
[“Cooper Lake”は幅広く展開されるわけではない]の続きを読む
[Memory] [Rumor] Important Information of Intel II DCPMM Barlow Pass and Ice Lake-SP IMC Leaked(Chiphell)

現在“Cascade Lake-SP”とともに用いられているOptane DIMMは“Apache Pass”と呼ばれる第1世代のものであるが、“Cooper Lake”および“Ice Lake-SP”に対応するOptane DIMMは第2世代の“Barlow Pass”と呼ばれる。

そしてその“Barlow Pass”と“Cooper Lake”、“Ice Lake-SP”に関するスライドがリークした。
[第2世代Optane DIMM―“Barlow Pass”と“Ice Lake-SP”]の続きを読む
New Comet Lake Mobile CPU Spotted in Intel Documents: Core i7-10810U(AnandTech)
Intel sort of unveils a Core i7-10810U Comet Lake processor(liliputing)

現時点で“Comet Lake-U”の最上位はCore i7 10710Uである。しかし、その上にCore i7 10810Uが新たに追加される模様である。

2020年3月12日付のProduct Change Notificationにその未発表であるCore i7 10810Uの記載があった。Core i7 10810Uも従来のモデル同様SteppingはA0となっており、またLPDDR4Xのサポートは欠いている。LPDDR4Xのサポートについては1月の記事で取り上げたように、新しい“Comet Lake-U”のstepping―K1が必要となる。
[Core i7 10810UがIntelの公式資料で明らかに]の続きを読む
Intel 35W Comet Lake CPU Spotted With Up To 123W Peak Power Draw(Tom's Hardware)
Details for Result ID Intel(R) Core(TM) i9-10900T CPU @ 1.90GHz (10C 20T 4.49GHz, 4.2GHz IMC, 10x 256kB L2, 20MB L3(SiSoftware Official Live Ranker)

“Comet Lake-S”―デスクトップ向けの第10世代Core processorの情報は数ヶ月前から出始めており、最近では製品・市場に近い情報も出始めている。

今回はCore i9 10900TがSiSoftware Official Live Rankerに掲載されたというものである。発見者はおなじみ @TUM_APISAK氏である。
Core i9 10900Tは“T”が示すとおり、TDPは35Wと低く、その分周波数も抑えられている。一方で、10-core/20-thread、L3=20MB等のスペックはCore i9 10900やCore i9 10900Kと同じである。
Core i9 10900Tの周波数であるがSiSoftware Official Live Rankerの表示によるとBase 1.90GHz / Boost 4.49GHzとなっている。そして注目したいのは“Power”の項目で、123Wと記載されている。TDP35WのCPUにしてはこの数字はあまりにも高い。
[TDP35WのCore i9 10900TのPL2の閾値が123Wである可能性]の続きを読む