北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
E-1程ではないがE-2も手間がかかる。

第2海域(E-2)は“台湾沖/ルソン島沖”(作戦名:捷一号作戦、発動準備)。引き続き志摩艦隊による出撃となりますが、第3艦隊に編成することで7隻編成の“遊撃部隊”で出撃することが出来ます。E-2では正規空母の出撃が制限されるため、第1艦隊に正規空母を配置しておくと、誤出撃防止になります。

でこの遊撃部隊による輸送作戦が第2海域(E-2)となります。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17秋 捷号決戦!レイテ沖海戦(前篇) E-2乙の記録]の続きを読む
のっけから地獄じみてる。
まあ“レイテ”が来てしまった時点で地獄か煉獄のどちらかしかないのですが。

前段作戦は第1から第3海域まで、後段海域は第4海域の計4海域からなります(この海域数の数字通りなら中規模でしょうが・・・)。

第1海域(E-1)は“奄美群島沖/台湾沖(E1)”(作戦名:第二遊撃部隊、抜錨!)です。E-1と次のE-2には“志摩艦隊”の札がつきます。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17秋 捷号決戦!レイテ沖海戦(前篇) E-1甲の記録]の続きを読む
今回は大規模作戦と銘打たれているだけあり、第7海域でようやく最終海域となります(ダブルゲージが多くて既に10海域分くらいゲージを割った気はするが・・・)。

過去の例に漏れず、大規模作戦の最終海域である第7海域は阿鼻叫喚の地獄絵図と化しているようです。歴戦の提督は甲作戦に挑んでいるようですが、聞こえてくるのは悲鳴と怨嗟の声ばかり。Twitterでは「(応急修理)女神カウンター」とかいう狂った単語まで飛び出してくる始末で、闇雲に手を出すのは危険です。E-7攻略の前に一呼吸置きましょう。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17夏 西方再打通!欧州救援作戦 E-7丙の記録]の続きを読む
なんかもう・・・いっぱいですわ。

第6海域は『地中海マルタ島沖』(作戦名:マルタ島沖海戦) ここもベニヤ島とかにはならないんですね

第3・第4海域に続くダブルゲージ海域です(正直キツい)。前半・後半とも連合艦隊での出撃となります。前半の輸送作戦は輸送護衛・機動部隊・水上打撃いずれでも出撃可能です。

輸送作戦を終えるとMAPが変化し、水上打撃・機動部隊のいずれかであれば新規に出撃した中央のスタート地点から、輸送護衛部隊の場合は前半と同様の南東の端のスタート地点からの出撃となります。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17夏 西方再打通!欧州救援作戦 E-6甲の記録]の続きを読む
ここから先は本当に記録のみ。

E-4でだいぶ気力を使い果たしてしまいました。
E-4よりはだいぶマシですがE-5もそこそこの難易度となります。

E-5こと第5海域は『地中海キプロス島沖』(作戦名:地中海への誘い) インド洋はカレー洋としていたのに、地中海はシチュー海とはならないんですね

通常艦隊での出撃となります。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17夏 西方再打通!欧州救援作戦 E-5甲の記録]の続きを読む
ここから先は地獄よ。

もはや毎度のことではありますが。

第4海域は『後悔』ではなく『紅海』(作戦名:遙かなるスエズ)

海域MAPもそのまんま紅海です。第4海域は戦略ゲージ2本立てとなりますが、前半はそれほど問題はありません。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17夏 西方再打通!欧州救援作戦 E-4甲の記録]の続きを読む
「描けば出る」とか「ゆかりの地にお参りすると出る」とか、ドロップ艦にまつわるおまじない的なものはいくつかありますが、私の場合は「記録すると出る」というのは多少はありそうな気がします。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17夏 西方再打通!欧州救援作戦 E-3甲の記録]の続きを読む
・・・続けますよ。

第2海域は「カレー洋リランカ沖」(作戦名:リランカを越えて)、早くも難易度が上がり始めます。とはいえ、まだ支援艦隊で比較的順調に抜けられる範囲ではあります。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17夏 西方再打通!欧州救援作戦 E-2甲の記録]の続きを読む
また来てしまったのね・・・この季節が。

夏です、イベント海域です。
2017年夏の限定海域は“西方再打通!欧州救援作戦”、どうやら西へ行くようです。

第1海域は「リンガ泊地沖」、作戦名は“再打通作戦発動”。
通常艦隊での出撃となります。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17夏 西方再打通!欧州救援作戦 E-1甲の記録]の続きを読む
艦これ2017年春イベント海域、その最終海域が第5海域(E-5)である。

E-5の海域名は「大ホッケ海北方」、作戦名は“北の魔女”となる。
E-5はまさかの戦略ゲージ2本立てである。また最近のイベント海域では恒例となりつつあるBoss装甲破砕ギミックが仕込まれている。

まず前半のMAPである。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17春 出撃!北東方面 第五艦隊 E-5甲の記録]の続きを読む
第4海域 (E-4) からはいよいよ後段作戦である。E-4は通常艦隊で陸上型深海棲艦率いる連合艦隊を相手にすることになる。

そのE-4のMAPが以下である。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17春 出撃!北東方面 第五艦隊 E-4甲の記録]の続きを読む
艦これ2017年春の限定海域―「出撃!北東方面 第五艦隊」、その前段作戦最後の海域となるのが第3海域(E-3)である。

E-3の海域名は“千島列島沖”、作戦名は「艦隊抜錨!北方防備を強化せよ!」である。

E-3もまたE-2同様前半の輸送ゲージと後半の戦略ゲージの2本立てである。そしてこの海域は連合艦隊での出撃となる。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17春 出撃!北東方面 第五艦隊 E-3甲の記録]の続きを読む
艦これ2017年春の限定海域―「出撃!北東方面 第五艦隊」、第1海域(E-1)に引き続き第2海域(E-2)である。

E-2の海域名はE-1に引き続き“津軽海峡/北海道沖”であるが、作戦名は「艦隊集結!単冠湾泊地へ」となる。

E-2はこれまた最近のイベントではおなじみとなった前半輸送ゲージ・後半戦略ゲージの2段階仕様である。まずは前半の輸送作戦である。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17春 出撃!北東方面 第五艦隊 E-2甲の記録]の続きを読む
5月2日(正確には5月3日0時頃だが)より2017年春イベント―“出撃!北東方面 第五艦隊”が開催されている。

第一海域ことE-1は“津軽海峡/北海道沖”、作戦名は「出撃!大湊警備府」である。
最近のイベント海域第1海域ではおなじみとなりつつある対潜哨戒海域で、対潜装備を充実させた水雷戦隊が要となる。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17春 出撃!北東方面 第五艦隊 E-1甲の記録]の続きを読む
「ワラワハチト疲レタノジャ シバラク 寝ル」―某深海棲艦談

・・・今回は姿を見せなかったダイソンもとい戦艦棲姫。
随伴艦でこき使われすぎてストライキを起こしたか、はたまた次のイベントで装い新たに戦艦棲姫・改として再登場するフラグなのか。

「彩雲(輸送用分解済み)」2機の輸送を終えるといよいよ後半MAPである。後半MAPでは最近のイベントではおなじみとなったギミックが2個ほど仕込まれている。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17冬 「光」作戦 E-3甲後半の記録]の続きを読む
「彩雲も水偵も(もう)ないんだよ」―某駆逐艦娘談

2017年冬・期間限定海域「偵察戦力緊急展開!「光」作戦」の第3海域はトラック泊地沖(作戦名:発動!「光」作戦)である。

E-3海域の難易度を選択すると零式水上偵察機×1を廃棄し、開発資材×20と彩雲を用いて「彩雲(輸送用分解済)」にする任務が出現する。この「彩雲(輸送用分解済)」を合計で2機輸送するのが前半の作戦である。

・・・が、揚陸地点であるEから索敵値不足でBossに行かなかったり、あるいはBossにたどり着いてもB勝利以下であった場合は輸送作戦に失敗するばかりか、「彩雲(輸送用分解済)」も消滅する。つまり、沼にハマると彩雲がどんどん消費されていくという予想だにしなかった仕様である(運営アナウンスの「彩雲2機以上」とはこういう意味だったのだ・・・)。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17冬 「光」作戦 E-3甲前半の記録]の続きを読む
「何を輸送してるのかって? よくわからないにゃしぃ・・・」―某駆逐艦娘談

2017年冬・期間限定海域「偵察戦力緊急展開!「光」作戦」の第2海域は小笠原諸島航路(作戦名:小笠原諸島哨戒線強化)である。

連合艦隊での出撃で輸送作戦を行うものである。となると輸送護衛部隊か、と思いきや空母機動部隊でも水上打撃部隊でも出撃可能なようである。とはいえ、TPを大量に減らせるのはやはり輸送護衛部隊となる。

なおこのE-2海域攻略報酬の甲作戦と乙作戦での差はで熟練搭乗員の有無と洋上補給の数のみなので、今回は乙作戦での攻略とした。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17冬 「光」作戦 E-2乙の記録]の続きを読む
「JR貨物にお願いすればいいと思うでち」―某潜水艦娘談

16回目のイベントとなるだろうか。2017年2月11日より2017年冬イベント海域―「偵察戦力緊急展開!「光」作戦」が開始された。

第1海域ことE-1は日本近海/七尾北湾/舞鶴湾「光」作戦準備である。この海域はTP 100を削る前と後の2段階に分かれる。まず前段階は以下のようになる。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17冬 「光」作戦 E-1甲の記録]の続きを読む
E-4後半と比べたら天国のようなものです。

2016年秋イベント“発令!艦隊作戦第三法”の最終海域ことE-5―MS諸島北部 B環礁沖(作戦名:渚を越えて)は、ギミック解除こそ複雑でやや煩雑であるが、手堅く攻略が可能な海域である。

とはいえ、ある程度の前準備は必要である。特に甲作戦で挑む場合はあらかじめE-2で局地戦闘機の熟練度を最大まで上げておくことが推奨される。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'16秋 発令!艦隊作戦第三法 E-5甲の記録]の続きを読む
二度と来るかバカヤロー!!

2016年秋イベント“発令!艦隊作戦第三法”の第4海域ことE-4―MS諸島北部 決してマイクロソフト諸島北部ではない(作戦名:拡張作戦「シャングリラ捜索追撃 艦隊前進配備」)はそんな海域である。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'16秋 発令!艦隊作戦第三法 E-4甲後半の記録]の続きを読む