北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD might still be working on a Navi 3X GPU using an MCM design(KitGuru)
AMD rumored to be working on another Navi 3X GPU with 16384 Stream Processors(VideoCardz)
午後5:12 · 2022年6月21日(Greymon55@greymon55)

これまでに何度かAMDがMulti-chip-module (MCM) 設計を採用した“Navi”GPUを開発しているという噂が出ていたが、一方でこの話は矛盾しているという主張も見られた。しかし、今週になり、AMDが“Navi 3x”でMCM設計のGPUを開発しているという噂が出てきた。
PowerColor launches its first Radeon RX 6700 non-XT graphics card(VideoCardz)
Fighter AMD Radeon(TM) RX 6700 10GB GDDR6 RADEON RX 6700(PowerColor)

6月初めにSapphireが“XT”のつかないRadeon RX 6700(掲載当初はRadeon 6700)を明らかにし、その後AMDのWebサイトにもRadeon RX 6700が掲載された。
そして今回、PowerColorのWebサイトにも“XT”のつかないRadeon RX 6700搭載カードが掲載された。


製品名は“Fighter AMD Radeon(TM) RX 6700 10GB GDDR6”、型番は“AXRX 6700 10GBD6-3DH/OC”となっている。PowerColorに掲載されているRadeon RX 6700等星カードは2022年6月19日1時13分現在この1種類のみである。
AMD Plans Late-October or Early-November Debut of RDNA3 with Radeon RX 7000 Series(techPowerUp!)
AMD Radeon 7000 “RDNA3” series rumored to launch between late October and mid November(VideoCardz)
AMD Radeon RX 7700 XT Launching in October, RX 7900 XT in Nov/Dec, Ryzen 7000 CPUs in September [Rumor](Hardwaretimes.com)
午後5:43 · 2022年6月14日(Greymon55@graymon55)

Greymon55氏の信頼できる情報筋によると、RDNA 3アーキテクチャを採用したRadeon RX 7000 seriesは10月下旬から11月中旬にかけての時期のローンチが計画されているという。“Zen 4”を採用したRyzen 7000 seriesが登場してからまもなくの時期にRadeon RX 7000 seriesも登場する可能性があり、この秋から初冬にかけての時期にAMDのデスクトッププラットフォームは一新される模様である。

RDNA 3のGPUコアとしては最上位でRadeon RX 7900 seriesとなるであろう“Navi 31”を筆頭に、“Navi 32”、“Navi 33”の3種類が存在する。
AMD officially reveals their 10GB RX 6700 graphics card(OC3D)
AMD slaps Sapphire’s wrist, new Radeon card is called RX 6700, not 6700(VideoCardz)
AMD Radeon(TM) RX 6700(AMD)
PULSE AMD Radeon(TM) RX 6700(Sapphire)
SAPPHIRE AMD Radeon(TM) RX 6700(Sapphire)

AMDが公式WebサイトにRadeon RX 6700のスペックを掲載した。Radeon RX 6700は“Navi 22”をベースとしたグラフィックカードで、Stream Processor数は2304、メモリインターフェースは160-bitでVRAMとして16GbpsのGDDR6を10GB搭載する。

先日、Sapphireから“Radeon 6700”が明らかにされたが、既にこの“RX”のない“Radeon 6700”のページはSapphireのWebサイトにはなく、“RX”のついたRadeon RX 6700に差し替えられている。

AMDの公式ページを見るとRadeon RX 6700はOEN onlyとは書かれていない。そのため、Sapphire以外のベンダーからもRadeon RX 6700搭載カードが出る可能性はある。

スペックは以下の通り。
Seasonic lists Radeon RX 7000 series in its Wattage Calculator(VideoCardz)
Seasonic Lists Radeon RX 7000 Series in Wattage Calculator(techPowerUp!)
Wattage Calculator (BETA)(Seasonic)

Seasonicの電源容量計算サイトにRadeon RX 7700XT, 7800XT, 7900XTが掲載されている。
それ単体ではなかなか評価が難しいが、現行の製品と比較することである程度の電源要求の目安を知ることができる可能性がある。

GPU以外はCPUをRyzen 7 5800X3Dに、SSDとファンの項目はそのまま(SSD×1、ファン×2の状態)、HDDは3.5インチ7200回転を1台として比較をしてみた。
AMD Readies Radeon RX 6700 (non-XT)? Sapphire Custom Design Card Suggests so(techPowerUp!)
SAPPHIRE reportedly preparing Radeon RX 6700 non-XT with 10GB RAM, launch on June 9th(VideoCardz)
AMD Readies Radeon RX 6700 10 GB Graphics Card: First Custom Models From Sapphire Pictured, Allegedly Launching on 9th June(WCCF Tech)
Sapphire will offer two RADEON RX 6700 Custom(Cowcotland)

フランス語のメディアであるCowcotlandによると、XTのつかないRadeon RX 6700搭載カードがSapphireから2種類登場する模様だ。製品名は“Sapphire Radeon RX 6700 Pulse”と“Sapphire Radeon RX 6700”で、よく似た製品ではあるが冷却機構が異なっている。

まずRadeon RX 6700であるが、“Navi 22”をベースとしている。Mobile向けのRadeon RX 6700Mと類似したスペックを有しており、Compute Unitは36基、Stream Processorは2304基、Ray Acceleratorは36ユニットである。Infinity Cacheは80MBで、メモリインターフェースは160-bit、搭載するメモリは16GbpsのGDDR6で10GBを搭載する。
GPUコアの周波数は2製品ともGame Clock 2330MHz / Boost Clock 2495MHzである。
AMD Reportedly Prepping Radeon RX 6300 With Navi 24 GPU(Tom's Hardware)
AMD Readies Linux Driver For Another Entry-Level RDNA2 "Beige Goby" Card(Phoronix)

最新のLinux graphics driver codeの記述によると、AMDがローエンド向けの新たなRadeon RDNA 2グラフィックカードを用意している可能性がある。

その新しいコードには、“Beige Goby”―つまり“Navi 24”の新しいPCI device IDが記述されていた。そのIDは0x7424で、現在記載されている“Navi 24”のPCI device ID―0x7421, 0x7422, 0x7423, 0x743Fに続く5番目のIDとなる。

現在の所この0x7424が具体的に何の製品を現すかはわからない。可能性としてはRadeon RX 6450やRX 6550 XTのようなRefresh版の可能性もあるが、もう1つの可能性としてよりローエンドのRadeon RX 6300がある。
AMD Navi 31 GPU now rumored to feature 384-bit memory bus, 24GB GDDR6 memory(VideoCardz)
AMD RDNA 3 Flagship, Navi 31 GPU Rumored To Offer Up To 384-bit Bus & 24 GB GDDR6 Memory, Navi 32 Gets 256-bit For Up To 16 GB Memory(WCCF Tech)
AMD's RDNA 3 Navi 31 GPU reportedly has a huge 384-bit memory bus and 24GB of RAM(OC3D)
You should update to 128bit-256bit-384bit(Greymon55@greymon55)

3DCenter.orgが先週、“Navi 3x”のスペックをまとめた際、Greymon55氏がRDNA3 GPUのメモリインターフェースが異なると指摘した。
かつては“Navi 31”は256-bit、“Navi 32”は192-bitのメモリインタフェースを有するとされていたが、現在の情報では“Navi 31”のメモリインターフェースは384-bit、“Navi 32”は256-bitになるという。
AMD Launches Radeon RX 6950 XT, RX 6750 XT, and RX 6650 XT, New Game Bundle(techPowerUp!)
AMD Releases Radeon RX 6950 XT, 6750 XT, and 6650 XT: A Bit More Speed For Spring(AnandTech)
wilson/asus-sapphire-and-powercolor-announce-custom-rx-6950-xt-rx-6750-xt-and-rx-6650-xt-graphics-cards/" target="_blank">Asus, Sapphire and PowerColor announce custom RX 6950 XT, RX 6750 XT and RX 6650 XT graphics cards(KitGuru)
AMD、競合より安くて性能は同等以上のRadeon RX 6950 XT/6750 XT/6650 XT(Impress PC Watch)
AMD Announces Three New Radeon RX 6000 Series Graphics Cards and First Games Adding Support for AMD FidelityFX Super Resolution 2.0(AMD)
(レビュー)
AMD Radeon RX 6950 XT Review: The Emperor's New GDDR6(Tom's Hardware)
魅力的な価格に期待!Radeon RX 6950 XT/6750 XT/6650 XTをテスト(Impress PC Watch)
Radeon RX 6750 XTとRX 6650 XTを試す - GeForce拮抗の性能、勝負は実価格と流通量か(マイナビニュース)

AMDは5月10日、Radeon RX 6000 seriesの新製品として、Radeon RX 6950 XT, Radeon RX 6750XT, Radeon RX 6650 XTを発表した。このうち、Radeon RX 6950 XTはRadeon RX 6000 seriesの中で最も強力な製品となる。

スペックは以下の通り。
◇Radeon RX 6050XT seriesの価格とローンチ予定日
Radeon RX 6x50 XT Pricing Leaks Ahead of Next Week's Launch(techPowerUp!)
AMD Radeon RX 6950XT to cost $1099, RX 6750XT $549, RX 6650XT $399(VideoCardz)

VideoCardzで得た情報によると、“Navi 21”をベースに性能向上を図った新モデルとなるRadeon RX 6950XTの価格は$1099となるようだ。
Radeon RX 6950XTを初めとするRadeon RX 6050XT seriesは既存のRDNA 2アーキテクチャのGPUコアをベース都市、メモリ帯域を向上させ、性能を増した製品群となる。


“Navi 22”を使用するRadeon RX 6750XTは$549で、Radeon RX 6700XTより$70高く、Radeon RX 6800より$30低い価格設定となる。
そして“Navi 23”をベースとするRadeon RX 6650XTは$339となる。この価格はRadeon RX 6600XTと比較すると$20高い数字である。
そしてRadeon RX 6050XT seriesは5月10日に市場流通する。
◇“Navi 31”と“Navi 32”のStream Processor数はこれまでの予想よりやや少ない?
AMD RDNA3 GPUs get new toned down specifications, Navi 31 with up to 12288 Stream Processors(VideoCardz)
New Specs of AMD RDNA3 GPUs Emerge(techPowerUp!)
午後5:33 · 2022年5月2日(Greymon55@greymon55)
AMD Navi III (RDNA 3)(Redfire@Redfire75369)
Navi 31 old → new spec(3Center.org@3DCenter_org)

GPUのリーク情報でおなじみのGreymon55氏によると、“Navi 3x”の内部構造はこれまで予想されていた者とは異なる可能性があるようだ。

同氏は“Navi 31”と“Navi 32”のStream Processorの数がこれまでの予想よりも少ない可能性を示している。“Navi 31”はこれまで15360基のStream Processorを搭載すると考えられてきたが、新たな情報では12288基と予想されている。同様に“Navi 32”は10240spではなく8192spと予想されている。
なお、“Navi 33”については4096spで変更はない。
◇RDNA3の構造
Thanks @Kepler_L2, there are no details about registers yet, we are thirsty for more.(kipite7kimi@kopite7kimi)
According to Linux drivers, it appears that Compute Units still exist, and WGPs are still DualCUs.(Kepler@Kepler_L2)

Kepler@Kepler_L2氏がLinuxのドライバからRDNA3の構造に関する情報を得ている。

以前の情報ではRDNA3ではCompute Unit (CU) という概念がなくなり、256基のStream ProcessorからなるWorking Group Processor (WGP) が1つの単位になると言われていた。
今回Kepler@Kepler_L2氏がもたらした情報によると、RDNA3でもCompute Unitは存在しており、Compute Unitが2つで1つのWorking Group Processorを構成するという。1つのWorking Group Processorに2つのCompute Unitから構成されるのはRDNA / RDNA2と同様であるが、Compute Unitの構成がSIMD 32×2(Stream Processor×64)からSIMD 32×4(Stream Processor×128)の構成になるようだ。
AMD launches Radeon RX 6400 low-power RDNA2 graphics card at 159 USD(VideoCardz)
AMD Radeon RX 6400 Launched at $159 US: First RDNA Graphics Card To Come In Low-Profile Flavors, 53W TDP Aimed at Entry-Level PCs(WCCF Tech)
フルHDゲーム向けの「Radeon RX 6400」が22日発売、補助電源不要でロープロモデルもあり(AKIBA PC Hotline!)
Radeon RX 6400搭載カードが各社から - 玄人志向、GIGABYTE、PowerColor (マイナビニュース)
AMD Radeon(TM) RX 6400 デスクトップ・グラフィックス(AMD)

AMDは4月20日、リテール向けにRadeon RX 6400をひっそりとローンチした。
Radeon RX 6400は“RDNA 2”世代のGPUコアとしては最も規模の小さい“Navi 24”をベースとしたローエンド向け製品である。1月にOEM向けとして投入されていたが、今回のRadeon RX 6400はそのため、OEM向けのものがそのままリテール向けにも解禁された形となる。


スペックは以下の通り。
AMD Radeon RX 6950XT/6750XT/6650XT graphics cards are expected to replace existing models(VideoCardz)
AMD's Refreshed RX 6X50 series now makes sense!(OC3D)
午後7:07 · 2022年4月19日(Hassan Mujutaba)

WCCF TechのライターであるHassan Mujutaba氏によると、AMDのボードパートナーは今後、より高速なメモリを搭載した新しいRadeonカード―Radeon RX 6050 seriesに焦点を当てていくという。

同氏によると、AMDのAIBパートナーはRadeon RX 6900XT, 6700XT, 6600XTの製造を止め、新しいRadeon RX 6950XT, 6750XT, 6650XTに置き換えるという。つまり、Radeon RX 6050XT seriesはRadeon RX 6000XT seriesの後継となり、後者は徐々に市場から姿を消すことになる。
Sapphire Radeon RX 6400 PULSE is company’s first low profile RDNA2 card(VideoCardz)

VideoCardzがSapphireのRadeon RX 6400 PULSEの写真を入手した。Radeon RX 6400 PULSEは最新のRDNA2アーキテクチャを採用するグラフィックカードとしては初のロープロファイル仕様のカードとなる。
Re: RDNA3 (Navi 3X, Radeon RX 7000 series, partly chiplets, 5/6nm, 2022)(3DCneter.org)

昨日、Greymon55氏からの情報として、“Navi 31”が5nm GCD×2+6nm MCD×4+Interconnected controller×1の合計7ダイ構成になるという話を紹介した。

この話はやはり驚きを持って迎えられたようで、早速“Navi 31”の7ダイ構造を予想が始まっている。

3DCenter.orgにもその予想が投稿されており、興味深いものであるので紹介したい。なお、あくまでもこれは予想図である。
AMD Radeon RX 7700 XT Navi 33 Graphics Card Detailed: 6nm RDNA GPU, 8 GB GDDR6, Equal To RX 6900 XT In Rasterization & Faster In Raytracing, Around 200W Power & Higher Efficiency Than NVIDIA Lovelace(WCCF Tech)
AMD Navi 33 Leak: Nvidia Lovelace loses the Efficiency War to RDNA 3(Moore's Law Is Dead)

現行のRadeon RX 6000 seriesに用いられているアーキテクチャはRDNA 2と呼ばれるが、その次のRadeon RX 7000 seriesにはRDNA 3と呼ばれる新しいアーキテクチャがもたらされる。

このRDNA 3世代のGPUは“Navi 31”、“Navi 32”、“Navi 33”の3種類があると言われている。そして“Navi 31”と“Navi 32”はTSMC N5で製造されるGPU chiplet dieとTSMC N6で製造されるI/O dieのChiplet構成をとるとされている。そして今のところRDNA 3で最も下位のコアとみられている“Navi 33”はTSMC N6で製造されるモノリシックなGPUであるとされている。
AMD Radeon RX 6950XT, RX 6750XT and RX 6650XT pictured, release date moved to May 10th(VideoCardz)

Radeon RX 6050 XT seriesのリファレンスモデルの写真が明らかにされ、さらにそのローンチ予定日が5月10日に変更されたことをVideoCardzが伝えている。

まずRadeon RX 6050 XT seriesであるが、上からRadeon RX 6950 XT, RX 6750 XT, RX 6650 XTの3種類がラインナップされる。使用されるコアは順に“Navi 21”、“Navi 22”、“Navi 23”である。“Navi 22”と“Navi 23”にはTSMC N6で製造されたRefresh版の噂があるが、今回のRadeon RX 6750 XTとRX 6650 XTに使用されるのはこれまで通りのTSMC N7で製造されるコアを用いるという見方が大勢だ。