北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD Navi 31 spotted in Apple macOS 11 “Big Sur” operating system(VideoCardz)
AMD’s Next Generation Flagship ‘Navi 31 GPU’ Get’s First Confirmation – Even Bigger Navi?(WCCF Tech)
macOS 11 Big Sur beta – AMD Navi31, MI100, MI200 & Cezanne(Hardware Leaks)

AMDは“Big Navi”―“Navi 21”を今年にローンチすることを予告している。“Navi 21”は皆が待っている状態で、またその名前も既に聞き慣れて久しいものである。一方で、その光景となるRDNA 3アーキテクチャの話が出てきており、今回、Mac OS 11―“Big Sur”のOSにそれを示唆する記載があった。

今年のWWDCで新たなMac OSが明らかにされるとともに、Apple自身が設計したARM processorへの移行が示された。HardwareLeaksがそのMac OS 11のGPUドライバに“Navi 31”の記述があることを発見した。
[“Navi 31”なるものがあるらしい?]の続きを読む
AMD NAVI 23 graphics processor gets GFX1032 ID(VideoCardz)

_rogame氏による最新の情報によると、“Navi 23”のGFX IDはGFX1032であるという。この数字は“Navi 22”のGFX1031と“Van Gogh”のGFX1033の間である。
また“Navi 21”はGFX1030である。
[“Navi 23”のGFX IDはGFX1032]の続きを読む
AMD’s Mark Papermaster confirms Radeon Instinct MI100 accelerator(VideoCardz)
AMD Confirms CDNA-Based Radeon Instinct MI100 Coming to HPC Workloads in 2H2020(techPowerUp!)
AMD Confirms Radeon Instinct MI100 ‘Arcturus’ Discrete GPU Accelerator With CDNA Architecture In 2H 2020(WCCF Tech)

AMDのMark Papermaster氏 (Chief technology officer and executive vice president of Technology and Engineering at AMD) が6月18日、HPC computing向けのCDNA製品は2020年下半期に向けて順調であると説明した。この説明は、DELLのEMC High-Perfomance Computing Online eventで成されたものである。AMDの2020年下半期は非常に忙しくなる見込みで、“Zen 3”、“RDNA 2”そして“CDNA”と多数の新製品を市場に送り出すことになる。
[CDNAの最初の製品―Radeon Instinct MI100は2020年下半期予定]の続きを読む
AMD launches Radeon Pro 5600M with Navi 12 GPU featuring 8GB HBM2 memory(VideoCardz)
New AMD Radeon(TM) Pro 5600M Mobile GPU Brings Desktop-Class Graphics Performance and Enhanced Power Efficiency to 16-inch MacBook Pro for Users On-the-Go(AMD)

AMDは6月15日、16インチのMacBook Pro向けにRadeon Pro 5600M mobile GPUを発表した。Radeon Pro 5600Mはデスクトップクラスの性能をMobileの筐体で効率よく発揮できるよう設計され、Professsionalユーザー向けの演算能力が求められる用途に適したGPUとなる。

Radeon Pro 5600Mは最先端の7nmプロセスで製造され、RDNAアーキテクチャを採用する。Compute Unitは40基、VRAMは高速で低消費電力なHBM2を搭載する。

主なスペックは以下の通りである。
[“Navi 12”とHBM2を搭載するRadeon Pro 5600Mが発表される]の続きを読む
Game Beyond 4GB(AMD)
AMD Hints at More Than 4 GB Graphics Memory As Standard on Next-Gen Radeon RX Graphics Card(WCCF Tech)

PC Gamingはより美しいグラフィックと高いフレームレートを求めて、毎年PCハードウェアの要求を引き上げてきた。最新のゲームタイトルを楽しむユーザーにおいてはGraphics memory (VRAM) が十分搭載されているかを確認したい。

いくつかの新しいAAA gameではより多くのVRAMを利用でき、大容量VRAMの恩恵を多分に受けることができる。特に高解像度や最新のVisual effectsを有効とする場合はより多くのVRAMが求められる。
[今後のPCゲームは4GB超のVRAMを?]の続きを読む
AMD claims that "Big Navi" will be their "HALO product", released in September?(Guru3D)
AMD claims that "Big Navi" will be their "halo product"(OC3D)

The Bank of America 2020 Securities Global Technology ConferenceにおいてAMDのCFOであるDevinder Kumar氏“Navi 2”がAMDの最初のRDNA 2をベースとする製品になると説明した。彼は、RDNA 2は次世代ゲームコンソールよりも前にPC市場にやってくると述べた。
[RDNA 2搭載製品は“Big Navi”が最初の製品となる]の続きを読む
AMD Sienna Cichild Graphics Card Could Be Big Navi (Tom's Hardware)
AMD Sienna Cichlid spotted in Linux Kernel patches, Big Navi?(Guru3D)
AMD "Sienna Cichlid" Could be "Big Navi"(techPowerUp!)
AMD Sienna Cichlid GPU appears in Linux driver patches, is this Big Navi?(VideoCardz)
AMD Radeon Linux Driver Sees Patches For New "Sienna Cichlid" GPU(Phoronix)

AMDは6月1日に200以上からなるLinux向けのパッチをリリースしている。そのパッチは未発表のグラフィックカードをサポートするもので、“Sienna Cichlid”と呼ばれる。

Phoronixによると、AMDの開発者は、実際の製品名を隠すために変わりとしてコードネームを用いるという。この通りならば、AMDの開発者はパッチをリリースする必要があるが、のぞき見られてリークされるのを防ぐため、仮の名前を使ったことになる。
[Linuxのパッチに現れた“Sienna Cichlid”―RDNA2世代の何か??]の続きを読む
3種類のメモリ容量があるかもしれない“Navi 14”

2019年8月29日に紹介したものと同一のものでした。
確認が甘かったことをお詫びいたします。

コメントNo.172323様、ご指摘ありがとうございました。
[デスクトップ向けのRadeon RX 5300がCompuBenchに掲載される]の続きを読む
[Exclusive] Future AMD GPU stack – Navi21 & Navi10 Refresh(Hardware Leaks)
AMD RDNA2 "Navi 21" GPU to Double CU Count Over "Navi 10"(techPowerUp!)
AMD “BIG” NAVI21 GPU variants have been decoded(VideoCardz)

RDNA 2世代ではReal-Time Ray-tracingなど、Direct X 12 Ultimateに対応できる機能が備わる。_rogame氏が新設したWebサイト―Hardware LeaksでRDNA 2の最大コアとなる“Navi 21”について紹介されている。

まず特徴として以下の3点を挙げている。
[“Navi 21”と“Navi 10 Refresh”の話題―“Navi 21”は80CUで505mm2]の続きを読む
AMD RDNA2 Based Radeon RX Graphics Cards Launching This September(techPowerUp!)
AMD RDNA2 Graphics cards set for release in September 2020(Guru3D)
AMD & NVIDIA next-generation GPUs expected in September(VideoCardz)

AMDとNVIDIAの次世代GPUのローンチは9月に予定されている。グラフィックカードベンダーは旧世代製品の値下げを行い、第3四半期までの需要を刺激しようとしている。

NVIDIAの“Ampere”世代のGeForceが9月という話は以前にも出ていたが、AMDのRDNA 2世代のRadeonも9月という話が出てきた。通例であれば6月のComputexでこれらの製品が発表されることも多いが、COVID-19の影響でComputex 2020は9月28日~30日に延期されている。また、9月はIntelの“Tiger Lake”が発表されると目されている時期でもあり、GPUの新製品の発表時期としては9月は良い時期なのかもしれない。
AMD Announces Radeon Pro VII Graphics Card, Brings Back Multi-GPU Bridge(techPowerUp!)
AMD announces Radeon Pro VII featuring 16GB HBM2 memory and Infinity Fabric Link(VideoCardz)
AMD、1,899ドルで8,999ドルのQuadro GV100対抗の「Radeon Pro VII」(Impress PC Watch)
AMD Expands Professional Offerings with AMD Radeon(TM) Pro VII Workstation Graphics Card and AMD Radeon(TM) Pro Software Updates(AMD)
Radeon Pro VII(AMD)

AMDは5月13日、ワークステーションおよびProfessional向けグラフィック製品としてRadeon Pro VIIを発表した。
Radeon Pro VIIは16GBのHigh Bandwidth Memory 2 (HBM 2) を搭載し、6画面出力に対応する。インターフェースはPCI-Express 4.0に対応する。競合の同価格帯の製品と比較するとBlackmagic Design DaVinci Resolveにおける8K画像処理性能は26%高く、倍精度浮動小数点演算性能(FP64)は5.6倍となる。
Radeon Pro VIIなAMD Infinity Fabric Link technologyを備えており、GPU・GPU間をInfinity Fabric Linkで接続することにより、Multi-GPU環境において高速なデータ通信を実現できる。


スペックは以下の通りである。
[AMD Radeon Pro VIIを発表]の続きを読む
AMD Formally Promotes Updating Radeon RX 5600 XT BIOS for Faster Memory(techPowerUp!)
AMD Radeon RX 5600 XT gets faster and even more confusing(VideoCardz)
Ensure your Radeon RX 5600 XT graphics card has the latest updates from the manufacturer to help enable higher levels of performance.(AMD)

このリストはグラフィックメモリの速度を14GbpsとできるRadeon RX 5600 XTの一覧である。
なお、リストはグラフィックカードメーカー側の対応が準備でき次第更新していく。
[AMD 公式にRadeon RX 5600 XTのGDDR6 14Gbps対応をアナウンス]の続きを読む
AMD’s Big Navi 7nm GPU Flagship Allegedly Features 505mm² Large Die And RDNA2 – Suggests 2x The Performance Of The RX 5700XT(WCCF Tech)
Re: [Information] Bidding AMD Ryzen 5000 APU in addition to mining Zen 3 core(PTT.cc)

PC Shipping ForumのユーザーであるAquariusZiと呼ばれる人物がAMDの“Navi 2x”のダイサイズに関する投稿を行っている。

その内容は至って簡潔で以下の通りである。

  ・Navi 21:505mm2
  ・Navi 22:340mm2
  ・Navi 23:240mm2

誤差±5mm2(元記事ではN21, N22, N23と表記されている)。
[【怪情報】“Navi 2x”のダイサイズ―最大の“Navi 21”は505mm2前後?]の続きを読む
PowerColor Announces Radeon RX 5600 XT ITX Graphics Card(techPowerUp!)
PowerColor Releases RX 5600 XT in Mini-ITX format(Guru3D)

Power Colorは4月24日、MiniITXに対応するRadeon RX 5600 XT搭載カード―“AXTX 5600XT ITX 6GBD6-2DH”を発表した。カードの特徴としては先に登場した同様にMiniITXに対応するRadeon RX 5700搭載カード―“AXRX 5700 ITX 8GBD6-2DH”と同様のデザインで、カード長は17.9cm、高さは11cmで、厚さは2スロット仕様である。ヒートシンクにはアルミニウムのフィンを積層し、ニッケルメッキが施された4本のヒートパイプを用いている。冷却ファンは80mmファンが1基である。
スペックはAMDのリファレンス仕様に準じており、Game 1375MHz / Boost 1560MHzである。またメモリは12GbpsのGDDR6を6GB搭載する。PCI-Express電源コネクタは8-pin×1である。ディスプレイ出力はDisplayPort 1.4×2, HDMI 2.0b×1である。
[Power Colorがカード長 約17cmのRadeon RX 5600 XT搭載カードを発表]の続きを読む
AMD's Next-Generation Radeon Instinct "Arcturus" Test Board Features 120 CUs(techPowerUp!)
Arcturus (Test board)(_rogame@_rogame / Twitter)

AMDは次世代Radeon Instinctのローンチを進めている。次世代Radeon InstinctはCDNAアーキテクチャをベースとし、エンタープライズ向けに設計される。リーク情報でおなじみの_rogame氏がRadeon Instinct MI100―“Arcturus”の情報を明らかにしている。以前、“Arcturus”については128 CU / 8192 CDNA coreという数字が明らかになり、またGPU clock 1334MHz, SoC frequency 1091MHz, memory speed 1000MHzという情報が出ていた。しかし今回明らかになったのものは若干異なる。
[次世代Radeon Instinct―“Arcturus”のテストボードのCU数は120]の続きを読む
AMD RDNA 2 to support Microsoft DirectX 12 Ultimate(VideoCardz)
Powering Next-Generation Gaming Visuals with AMD RDNA 2 and DirectX 12 Ultimate(AMD)

Microsoft DirectX 12を筆頭に、AMDは長い間、次世代のそして低遅延のGraphics APIの開発サポートを続けてきた。今回、Microsoftとのパートナーシップと、次世代のRDNA 2 gaming graphics architectureにおいてDirectX 12 Ultimateの完全サポートを発表した。

RDNA 2は次世代のRadeon graphics cardsで採用されるとともに、Microsftの次のゲームコンソール―Xvox Series Xでも用いられる。AMDはMicrosoftときわめて緊密に開発を行い、ゲーミンググラフィックを新たなレベルのフォトリアリズムおよびなめらかさをDirectX 12 Ultimateの新しい機能―DirectX Raytracing (DXR) とVariable Rate Shading (VRS)、Mesh Shaders、そしてSampler Feedbackにより実現した。
[AMDはRDNA 2からDirectX 12 Ultimateに対応する]の続きを読む
AMD Radeon RX 590 GME features Polaris 20 XTX(VideoCardz)

Financial Analyst Day 2020ではAMDはRyzenとRadeonの両製品が7nmプロセスにシフトしていることに自信を見せたが、一方で、12nmだけでなく14nmの新製品もまだリリースされている。Radeon RX 590 GMEはそんな“リブランド”された製品である。
[“Polaris 20 XTX”を使用したRadeon RX 590 GME?]の続きを読む
AMD says there will be no reference blower NAVI 2X graphics cards designs(VideoCardz)
Big Navi reference design teased(Reddit)

AMD Financial Analyst Day 2020がのWebcastが終了した後、Scott Herkelman氏 (Vice President and General Manager for Radeon) がRedditに書き込みを行い、次のRadeon RXのリファレンスカードにブロワーファンを採用しないことを明らかにした。
[次の世代のRadeonリファレンスカードにブロワーファンは搭載されない]の続きを読む
[AMD Financial Analyst Day 2020 GPU編 - RDNAとCDNAへの分岐]の続きを読む
Alleged AMD Next-Gen Flagship Navi ‘Radeon RX’ GPU Specifications Leaked – 5120 Cores, 24 GB HBM2e Memory, 2 TB/s Bandwidth(WCCF Tech)

TwitterユーザーであるCyberPunkCat氏がSK Hynixの資料を情報元とし、AMDの次世代Radeon RXについて述べている。

次世代Radeon RXこと“RDNA2”は7nm+プロセスで製造され、現行の7nmで製造されている“RDNA”アーキテクチャのRadeon RX graphics製品群を2020年に置き換える。新しい“RDNA2”アーキテクチャの新製品群は現行世代からより洗練した設計となる一方、エンスージアスト向けにはいわゆる“Big Navi”と呼ばれるハイエンド製品が投入される。

今回リークしたSK Hynixの資料を見ると、“GPU Config D32310/15”と項目があり、以下のスペックが記載されている。
[【怪情報】5120sp, HBM2e 24GBとなるの次世代“Navi”のフラッグシップ]の続きを読む