北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
RV870 single-core, R870 dual-core, R800 quad-core? (NordicHardware)
转帖 ATI 5870x4实图,简直难以置信(CHIPHELL)

R870は2つのGPUダイを搭載し、メモリバスを共有したものである。
R870は2つのRV870コアを一緒にしたもので、初のデュアルダイGPUとなる。さらにR800では4つのGPUダイが1枚のカードに搭載される。
[RV870世代では4-core GPUが投入されるらしい]の続きを読む
Sapphire Equipped HD 4670 With GDDR4 Memories(VR-Zone)

SapphireはGDDR4を搭載するRadeon HD 4670カードの新製品を出荷開始した。
このSapphire HD 4670 GDDR4は512MBのGDDR4を搭載し、メモリ周波数は1100MHz(2200MHz)である。コア周波数は750MHz、Stream Processor数は320である。このカードには隣接スロット占有タイプの大型のファンが搭載されており、騒音レベルを20dBA以下としている。


◇Sapphire HD 4670 GDDR4
  ・搭載GPU:Radeon HD 4670
  ・Stream Processor数:320
  ・コア周波数:750MHz
  ・メモリ周波数:1100MHz(2200MHz)
  ・搭載メモリ:GDDR4 512MB
  ・メモリインターフェース:128-bit
  ・インターフェース:PCI-Express 2.0
  ・UVD, Avivo HD搭載

一般的なRadeon HD 4670は1000MHz(2000MHz)のGDDR3か900MHz(1800MHz)のDDR3を搭載します。しかしこのカードではGDDR4を搭載することにより、メモリ周波数を1割向上させています。これが性能にどれほど影響してくるのか興味深いところではあります。

Intel 5系列晶片組最新規劃 H57、P57及Q57支持Braidwood技術(HKEPC)

LGA1156 CPU―“Lynnfield”と“Havendale”の対応チップセットとなる“Ibexpeak”ことIntel 5 seriesはQ57, P57, P55, H57, H55の5種類から構成されるようです。

まず、P5xとH5xの相違点ですが後者は“Havendale”の内蔵グラフィックから出力するためのFlexible Display Interface(FDI)を有します。FDIはHDMI、DVI、DisplayPortに対応します。逆に言えばP5xでは“Havendale”の内蔵グラフィックは出力方法がなく、生かすことができないことになります。

次に57と55の相違点ですが57となっているものは“Braidwood”という技術に対応します。“Braidwood”の詳細はよくわかりませんがTurbo memoryを改良したもののようで、NVRAMコントローラを搭載するようです。

“Ibexpeak”の基本的なスペックは以下のようになります。
[“Ibexpeak”―Intel 5 seriesのラインナップ]の続きを読む
Intel postpones the launch schedule of Lynnfield CPUs and P55 chipset(DigiTimes)
Intel postpones Lynnfield and P55 chipset launches(Fudzilla)

Intelは次期メインストリーム向けCPUとなる“Lynnfield”と対応チップセットであるP55を今年の8月末~9月初めに延期した。この延期には世界的な不況も影響しているようだ。

“Lynnfield”とP55は元々は7月待つに予定されていた。しかし世界的な不況によりマザーボードメーカーが在庫を抱えるのを避けるため、今回の延期に至った。
[Intel “Lynnfield”とP55のローンチを延期]の続きを読む
CPU makers postpone DDR3 generation to 2010(DigiTimes)

元々IntelもAMDもDDR3への完全移行を2009年としていたが、マザーボードメーカーの情報によると、現在ではどちらもDDR3のみ対応のチップを延期しており、2010年まで登場しないようだ。

DDR3メモリの価格がIntelが期待していたよりも下がらず、さらにCore i7とX58の需要も予想よりも下回ったため、IntelはDDR3のみの5 seriesチップセットを9月に延期した。

一方、AMDはSocketAM3 CPUでDDR3メモリコントローラの安定性と互換性の調整に難渋しているので、同社はBIOSの成熟までDDR3への移行を見合わせる方行だ。

Intel 5 seriesというのは“Lynnfield”対応の“Ibexpeak”のことでしょう。“Ibexpeak”はP55という名前になるようで、“Lynnfield”と同時期―2009年第3四半期の登場が予定されています。

AMDのSocketAM3 CPUはDDR2/3両対応のメモリコントローラをもっており、こちらはAM3マザーボードを待たずとも投入することができます。
AM3 CPUの登場時期に関しては以下のような情報が入ってきています。
[Intel, AMDともにDDR3への完全移行は2010年以降となる]の続きを読む
AMD’s RV790 and RV740 samples a few spec unveiled(Exprevew.com)
AMD's RV790 und RV740 samples in circulation(Hardware-Infos)

RV790の最初のサンプルはこの数日間に動作するものができた。そしてRV740のサンプルは既に出来上がっている。

RV790のサンプルは1GBのQimonda製GDDR5メモリを搭載し、コア周波数750MHz、メモリ周波数900MHz(3600MHz)で動作し、メモリインターフェースは256-bitとなる。なお、このほかのスペックはわかっていない。
[RV790とRV740のスペック]の続きを読む
Nvidia Preparing GeForce 9600 GT Green Edition(VR-Zone)

NVIDIAは低消費電力なGeForce9600GTの特別版を登場させるようだ。
この特別版はGeForce9600GT Green Editionと呼ばれ、コアは55nmプロセスのG94-350-B1を用いている。9600GT Green Editionでは既存の55nm版9600GTと比較しコア電圧が0.1V低くなっており、これにより低消費電力化を実現している。スペックは既存の9600GT同様でコア周波数650MHz、メモリ周波数900MHz(1800MHz)である。


どの程度低消費電力化されるのでしょうか?
もし補助電源コネクタが不要となるレベルまで下げてきたらヒット商品となるかもしれません。
Intels Core 2 Quads fallen bis zu 40% im Preis(Hardware-Infos)

先日、Intelの1月18日の価格改定に関する情報を紹介しましたが、その続報が入ってきました。
これによると、Core2 Quadの上位モデルも価格改定の対象となるようです。

詳しくは以下の表の通り。
[続報・Intel 1月18日の価格改定]の続きを読む
AMD 760G getting close to launch(Fudzilla)

AMDは740Gの置き換えとして、760Gをまもなくローンチする。Fudzillaではこの760Gを搭載するASUSとGigabyteのMicroATXマザーボードの情報を入手した。

ASUSのマザーボードは“M3A76-CM”で、780Gマザーボードと共通の基板を使っており、そこからいくつか機能を省いたものとなっている。元々760Gは780Gの機能削減版である。

Gigabyteは“GA-MA76GM-US2”を用意している。760Gは内蔵グラフィックとしてRadeon HD 3000を搭載している。Radeon HD 3000は780Gが搭載するRadeon HD 3200よりも周波数が抑えられ、Hybrid CrossFireのサポートやBlu-rayやHD動画コンテンツを再生するためのUVDを欠いている。

760GはSocketAM2/AM2+に対応するが、メモリはDDR2のみに限定されており、AM3 CPUはサポートしないようだ。760Gと組み合わされるサウスブリッジはSB710でこれはSB750からRAID 5とAACを削除したものとなる。

AMD 780Gの機能削減版チップセットとなる760Gがまもなくローンチされるようです。あわせて新サウスブリッジのSB710も登場します。S-ATA 3.0Gbpsの数はマザーボードの写真を見る限り6となっています。

Nvidia delays 40nm parts(The Inquirer)

NVIDIAの3種類の40nm GPUは2009年第2四半期から第3四半期に延期された。そしてそのうちの1つ―おそらくはGT212がキャンセルされた。こうなるとNVIDIAの40nmプロセスに55nmの時と同じ問題が発生しているのではないかと疑問が出てくる。
もう1つの疑念は2008年の慢性的な遅れが今もなお響いているのではないかということで、技術的なリソースが不十分なのではないだろうか。良い人材はIntelに流れているという話もあり、一方ではコストを削減しているとも言われている。


過去の情報によると、NVIDIAの40nm GPUは第2四半期にGT212、第3四半期にGT214(GT215)、GT216、GT218が予定されています。この情報では40nm GPUが第2四半期から第3四半期に延期されたとありますが、GT214以下は元々第3四半期なのであまり変化はなさそうです。最も影響を受けているのがGT212でこれは延期どころかキャンセルされたのではないかという憶測がなされています。
ただ、GT212は第4四半期にはGT300に取って代わられる運命なので、これを消してGT300に集中するというのはそれはそれでありかもしれません。

Intel Atom N280 netbooks to hit the market between 2Q09 and 3Q09(DigiTimes)
Intel Atom N280-powered netbook said to arrive as soon as Q2(TechConnect Magazine)

新型のAtom N280を採用した10インチのネットブックがASUS(EeePC 1004DN series)、Acer、Gigabyteから2009年第2~3四半期に登場する。

Atom N280は1.66GHzでFSBは667MHzである。組み合わされるチップセットはIntel GN40となる。
Atom N280の価格は$60~65になる。


ちなみにAtom N270は1.60GHz、FSB533MHzでAtom N280は周波数、FSBともに向上しています。しかしより注目したいのはチップセットのGN40で型番から推測すると、Intel 4 seriesのネットブック向けと見られます。もしGN40が4 seriesならば性能は現在の945系から大幅に向上することになるでしょう。

Next generation Atom is all integrated(Fudzilla)

次世代AtomではIGPやその他のチップセット機能もAtomの中に取り込まれる。おそらくMCMになると思われる。次世代Atom(“Pineview”)は45nmプロセスで製造される。

次のAtomは2Wで動作するよう開発され、チップセットも改良される。ネットトップ向けはSingle-Coreとなり、Dual-Core Atomはデスクトップ向けのみに限定される。

“Pineview”でチップセット機能(主にノースブリッジ)が統合されるという話は前々からあった話です。ただ、ここではその統合の方法がMCMであると述べています。つまり2-coreの“Nehalem”である“Havendale”と同じ手法をとることになります。

また“Pineview”世代でもネットトップ向けはSingle-Coreのみになるとこの記事は述べており、これが本当だとすると残念な話であります。

Intel to release energy-efficient quads, cut CPU prices on Sunday(TechConnect Magazine)
Intel January Price Cuts Announced, New Processors Priced(techPowerUp!)

Intelは1月18日に新製品投入と既存製品の価格改定を行う。
投入される新製品はTDP65W版Core2 Quad 3モデルとCore2 Duo E7500(2.93GHz)、Pentium Dual-Core E5400(2.70GHz)。
価格改定の対象はCore2 Quad Q8200とCore2 Duo E7400、Pentium Dual-Core E5300, E5200, E2220。

以下に新製品と価格改定対象となったモデルのラインナップを示す。
[Intel 1月18日の価格改定]の続きを読む
Intel to bring out chip for lower-cost thin laptops(CNET News)
Intel working on CPU for cheap, thin lappies(Fudzilla)

IntelがCESで明らかにしたところによると、今年後半に低価格薄型ノートPC向けにCore architectureのCPUを投入するようだ。

薄型ノートPC向けのCore2系CPUは主に高価格帯の薄型ノートPCに採用されており、具体的には$1500~3000あるいはそれ以上の製品に使われている。このCPUは$500以下のネットブックに使用されているAtomとは競合しない。

新しいCPUはAMDが最近アナウンスしたAthlon Neoに対抗するためのものと見られる。Athlon Neoは薄型ノートPCをターゲットとしており、価格帯は$700~900である。新CPUはパッケージが25mm四方以下となり、また物としては既存のCore2 ULVを改良したものになるようだ。
現在のCore2 Duo ULVはTDPは10Wである。


先日AMDがAthlon Neoと“Yukon”プラットフォームを発表しましたが、Intelはこれへの対抗としてCore2系を“Yukon”と同価格帯の薄型ノートPCに下ろしてくるようです。
“Yukon”も新Core2もAtom搭載ネットブックでは物足りないという層をターゲットとしているようで、ラインナップの充実が期待されます。

Gigabyte AM3-supporting GA-MA790FXT-UD5P board pictured(TechConnect Magazine)

ASUSのM4A/M4Nシリーズに続き、GigabyteもAMDの45nmプロセスSocketAM3 CPU群をサポートするマザーボードをラインナップしているようだ。
ラインナップには“GA-MA770T-UD3P”, “GA-MA790X-UD4P”そして写真を掲載した“GA-MA790FXT-UD5P”がある。
GigabyteのSocketAM3マザーボードはUltra Durable 3を採用したものだけとなっている。また“GA-MA790FXT-UD5P”ではフル帯域のPCI-Express x16スロットが2本だけ搭載されている。
[SocketAM3 CPUをサポートするGigabyte “GA-MA790FXT-UD5P”]の続きを読む
AMD's Response to G200b Slated for March(techPowerUp!)
AMD RV790 and RV740 in 40 nm from March 2009 on(Hardware-Infos)
RV790 zur Cebit '09 in 40nm? (ATi-Forum)

NVIDIAはGeForce GTX 295と285をリリースしたが、AMDは3月にこれらに対する対抗製品を登場させるようだ。対抗となる製品は40nmプロセスで製造される。
3月に登場する新GPUはRV740とRV790と呼ばれており、噂話ではよく聞く名前である。このうちRV740については640spで128-bitというスペックが言われており、テープアウトしたという報道もなされている。RV740はRV730の後継となるが、しばらくはRV730とRV740は併売されるようである。
[RV740とRV790の話]の続きを読む
AMD Cuts Price of ATI Radeon HD 4870 X2 Graphics Card.(X-bit labs)
AMD Cuts Price of Radeon HD 4870 X2 in Response to GeForce GTX295(Expreview.com)

ATiはフラッグシップとなるグラフィックカードの価格を下げると述べた。
これによるとRadeon HD 4870X2 2GBが$549から$100値下げされて$449になるという。


GeForce GTX 295が出てきたための対抗措置でしょう。
しかしこうやって見るとハイエンドグラフィックカードの値段も安くなりましたね。

1月10日にPhenom II X4 940 Black Editionが秋葉原で発売されました。
それに合わせて、カフェ ソラーレ リナックスカフェ秋葉原店でAMD主催のPhenom IIお披露目イベントが開催されました。

後半より参加したのでその様子をご紹介します。

(参考)
AMDがPhenom IIお披露目イベントを週末実施、OC指南も(AKIBA PC Hotline!)
[2009年1月10日AMDのイベント―兄貴のロードマップ解説]の続きを読む
NVIDIA、55nmプロセスのシングルチップGPU
「GeForce GTX 285」~GTX 280をベースに高クロック&低消費電力化
(Impress PC Watch)
NVIDIA製GPU最上位、GeForce GTX 295が9日発売
予価は5万円台後半、OCモデルも登場
(AKIBA PC Hotline!)

NVIDIAは1月8日、55nmプロセスで製造されるSingle-GPUカードの最上位モデルとなるGeForce GTX 285を発表した。
また1月9日には先に発表されていたDual-GPUカードのGeForce GTX 295が秋葉原で販売開始となった。価格は50000円台後半。

それぞれのスペックは以下の通り。
[GeForce GTX 295が発売される / GeForce GTX 285が発表される]の続きを読む
ASUS launches brand new M4 Series motherboards to fully support the AMD next generation AM3 process(ocworkbench.com)

ASUSは1月9日、AMDのSocketAM3 CPUに対応するM4 seriesのマザーボードをローンチした。SocketAM3のPhenom IIはDDR3-2000にまで対応し、AMDのプラットフォームとして初めてDDR3サポートを実現する。
SocketAM3 CPUの性能を最大限引き出すため、ASUSは8フェーズの電源回路を開発し、91%の電源効率を達するというすばらしい性能を実現している。またASUSのTurboVオーバークロックユーティリティやTurbo Keyによりオーバークロックを容易に行うことができる。
[SocketAM3世代のCPUに対応するASUS M4A/M4Nシリーズ]の続きを読む
AMD announces the ATI Mobility Radeon HD 4000 series cards(TechConnect Magazine)
AMD launches Mobility Radeon HD 4000 GPUs(The Tech Report)

Mobile向けのMobility Radeon HD 4000 seriesがローンチされた。
Mobility Radeon HD 4000 seriesはMobility Radeon HD 4800, 4600, 4500からなり、55nmプロセスで製造され、DirectX 10.1をサポートする。またHDコンテンツ利用にも優れるとしている。
[Mobility Radeon HD 4000 seriesがローンチされる]の続きを読む
AMD 2650e and 3250e Athlons to finally reach retail(TechConnect Magazine)

AMDのAthlon 2650eとAthlon X2 3250eだが、現在店舗販売に向けて動き出したようだ。これらのCPUはK8アーキテクチャをベースとしており、2650eは1.60GHzのSingle-CoreでTDPは15W、3250eは1.50GHzのDual-CoreでTDPは22Wとなる。どちらもSocketAM2に対応する。

AMDのデスクトップ向け省電力CPUとして用意されていたAthlon 2650eとAthlon X2 3250eですが、リテール販売されることになったようです。これらのCPUはSocketAM2に対応するので、BIOSさえ対応すれば既存のAM2マザーボードで動かせることになります。

・・・うちのM2NPV-VMも新BIOSでてくれませんかね。BIOS 1401はUSBキーボード・マウス接続時に不具合が出るから困る・・・。

AMD、45nmプロセスクアッドコアの「Phenom II」を正式発表(Impress PC Watch)
AMD、デスクトップ向けの45nmプロセッサ「Phenom II」を正式発表(マイコミジャーナル)
(日本語レビュー)
Phenom II X4 940 Black Edition/3.0GHz(4Gamer.net)
“45ナノ”でPhenomが飛翔する──“Denebコア”Phenom II X4の性能に迫る(ITmedia)
完全版!! 「Phenom II」極限検証 - 性能ベンチマーク編(マイコミジャーナル)

AMDは1月8日、デスクトップ向けCPUであるPhenom II X4 940と920を発表した。今回発表されたのは“Deneb”のコードネームで呼ばれていたもので、製造プロセスは45nm、4つのコアを持ち、L2=512kB x4/L3=6MBのキャッシュ構成をとる。

◇Phenom II X4(Deneb / 45nm / 4-core / SocketAM2+)
  940 3.00GHz HT 1.80GHz L2=512kB x2/L3=6MB TDP125W $275 Black Edition
  920 2.80GHz HT 1.80GHz L2=512kB x2/L3=6MB TDP125W $235
[Phenom II X4 940 / 920が正式発表される]の続きを読む
VOCALOID第3弾「巡音ルカ」詳細を発表。音源は声優の浅川悠(Impress BB Watch)
巡音ルカ(クリプトン・フューチャー・メディア)

クリプトン・フューチャー・メディアは1月6日、初音ミク、鏡音リン・レンに続くVOCALOID第3弾“巡音ルカ”の詳細を発表した。サンプリング音源の担当は声優の浅川悠。発売予定日は1月30日。

・・・というわけで第3弾の詳細が出てきましたね。
・・・これもデフォルメされたりするのでしょうか? まあ、さすがに鏡音リンのロードローラー以上のことにはならないでしょうが。

Dual-core netbook after Q3 2009(Fudzilla)

複数の情報によると、ネットブック向けDual-Core Atomは少なくとも2009年第3四半期までは登場しないようだ。大手メーカーからはネットブック向けDual-Core Atom販売に対する要望が多く寄せられているようだが、IntelはネットブックむけDual-Core Atomのリリースが既存のノートPC向けCPUの平均販売価格を下げるのではないかと危惧しているようである。

AMDは2009年中盤に20W以下のDual-Core CPU搭載プラットフォームをリリースする予定で、Intelもいつ何時考えを変えてDual-Core Atomをネットブック向けに投入してもおかしくはない。

今のところはIntelは現行Atomである“Diamondville”のDual-Core版をネットブックに投入する考えはないようです。しかし、次の“Pineview”になればまた話は変わってくるでしょう。

Intel以外の動きですが、まずAMDが2009年中盤にDual-Core CPUの“Conesus”を軸とする“Congo”プラットフォームを投入します。“Conesus”は1.60GHzでTDP18Wとなると言われています。
また、VIAもDual-Core版のNanoを2010年初めに予定しています。

ネットブックの中心は引き続きAtomということになるでしょうが、だんだんと選択肢は広がりつつあります。

Intel has more than just P55 in '09(Fudzilla)

2009年第3四半期と2010年第1四半期それぞれにメインストリーム向けの“Nehalem”の投入が計画されているが、これらに対応するチップセットはP55だけではない。
ちなみにメインストリーム向け“Nehalem”の内訳はQuad-Coreの“Lynnfield”とDual-CoreでIGP搭載の“Havendale”で、前者が2009年第3四半期、後者が2010年第1四半期となっている。


P55は“Lynnfield”をサポートするが、その後にもう1種類チップセットが登場する。なお、このチップセットに関する詳細情報はまだない。
P55はP45を置き換えることになる。なのでおそらくもう1種類のチップセットはP55の廉価版となるのではないだろうか。


Intel 4 seriesの場合はP45の下にP43というチップセットがあります。この両者の違いはPCI-Expressレーン構成でP45ではPCI-Express x16 1レーンとPCI-Express x8 2レーンを切り替えることができるようになっており、Multi-GPUシステムに有利になっています。
しかし、“Lynnfield”・“Havendale”ではPCI-ExpressコントローラはCPU側に統合されることになり、P45とP43のような差別化はP5xではできなくなります。P5xは実質サウスブリッジ機能のみになるので、差別化するとすればS-ATAの数やRAID機能の有無くらいになるでしょうか。

AMD Delivers Groundbreaking Platform for Ultrathin Notebooks(AMD)
AMD、モバイルノート用プラットフォーム「Yukon」を正式発表(Impress PC Watch)
AMD officially intros the Yukon ultrathin notebook platform(TechConnect Magazine)
AMD Delivers Groundbreaking Platform for Ultrathin Notebooks(techPowerUp!)

AMDは1月6日、超薄型ノートPC向けプラットフォームをアナウンスした。このプラットフォームは“Yukon”のコードネームで呼ばれていたもので、Athlon Neo processorとRadeon X1250内蔵グラフィック、オプションのMobility Radeon HD 3410単体グラフィックで構成される。
“Yukon”はHPの“Pavilion dv2 Entertainment Notebook PC”に採用される。この製品は12.1インチ液晶を使用し、厚さは2.54cm以下、重量は1.8kg以下となる。
[AMD “Yukon”プラットフォームを正式発表―CPU名はAthlon Neoに]の続きを読む
GTX285 launch date is 1/15 GTX 295 launch date is 1/8(ocworkbench.com)

GeForce GTX 285のローンチは1月15日となる。一方、GeForce GTX 295はCES 2009が開催される1月8日となる。

1月8日にGeForce GTX 295が先に登場し、その1週間後の15日にGeForce GTX 285が登場するようです。

Nvidia 40nm Mobile GPUs Line-Up For 2009(VR-Zone)
Nvidia readies 40nm mobile GPUs for 2H 2009(TechConnect Magazine)

◇2009年上半期
Enthsiast向けにN10E、Performance向けにN10P、Mainstream向けにN10Mが予定されている。(N10MのGE1を除き)いずれも55nmプロセスで、G9xb系がベースとなる。N10EにはGTX1(G92b), GT1(G94b)があり、N10PにはGE1(G96b)、N10MにはGS1(G98b)とGE1(G98)がある。

◇2009年下半期
Enthsiast向けにN10E、Performance向けにN10P、Mainstream向けにN10Mというのは上半期と同じだが、その中身が異なっており、これらは40nmプロセスのGT21x系となる。N10EにはGTX(GT212)とGT, GS, GE(GT215)が、N10PにはGS, NS, GE, GLM(GT216)が、N10MにはGS, GE(GT218)がある。

N10xというコードネームとG9xやGT21xといったコードネームが1対1対応でないので少々ややこしいことになっています。詳しくはVR-Zoneの表を見ていただくとよいでしょう。

Specs of GT212 Detailed(Expreview.com)
More GT212 Information Forthcoming(techPowerUp!)

GT212ではStream Processor数がGT200/200bの240から384に増やされる。またTMUの数も96となる(GT200は80)。もし、GT212が第2世代のレンダリング構成をとるとすると10のTPCから構成されていたGT200に対し、GT212は16のTPCから構成されることになる。この場合、TPCごとのTMUの数はGT200の8から6に減少する。
一方、GT212が第3世代のレンダリング構成をとると仮定した場合、1つのTPCは4つのSMと8つのTMUを持ち、全体では12のTPCを有することになる(1つのTPCに32のStream Processorを有する)。
とにかく、GT212ではStream Processorの増加が60%なのに対し、TMUは20%の増加にとどまるのである。
[GT212は384spで256-bitメモリインターフェース]の続きを読む