北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Gainward said to be prepping two 'green' GeForce GTS 250 cards(TechConnect Magazine)

GainwardはNVIDIA GPUを搭載した新グラフィックカードをいくつかリリースするようだ。その中には2種類の“GeForce GTS 250 Green Edition”モデルがある。このカードはEnergy EfficentなG92bを搭載したもので、Stream Processor数は128、メモリインターフェースは256-bit、512MBまたは1GBのGDDR3メモリを搭載する。
最大の特徴は消費電力が従来のGTS 250より低いことだが、同時に周波数も従来版GTS 250よりも抑えられる。


◇GeForce GTS 250 Green Edition
  ・コア:G92b / 55nm
  ・Stream Processor数:128
  ・コア周波数:700MHz(738MHz)
  ・搭載メモリ:GDDR3 512MB, 1GB
  ・メモリインターフェース:256-bit
  ・メモリ周波数:1000MHz / 2000MHz(1100MHz / 2200MHz)
  ・Shader周波数:1512MHz(1836MHz)
  ※()は従来のGeForce GTS 250の数字

G92, G94を搭載するGPUは何らかの電源コネクタがついていましたが、これらの中にはGeForce9800GT Green Editionや9600 Green Editionのように補助電源コネクタを搭載しない省電力モデルがあります。いずれも“Green Edition”と呼ばれていた時期がありました。
今回のGeForce GTS 250 Green Editionも“Green Edition”という名や、周波数が下がっていることなどから、省電力に重きを抑えたモデルであろうと推測できます。しかし、その省電力性が補助電源コネクタを省けるレベルなのか、それとも多少省電力になる程度なのかは不明です。

◇Atom D410の生産開始は2009年10月
Atom D410 single-core production in October(Fudzilla)

Atom D510とD410の違いは、D510がDual-Coreであるのに対し、D410がSingle-Coreであることである。
IntelはAtom D510を2009年第4四半期に、Atom D410を2010年第1四半期にローンチすることを計画している。Intelはデスクトップ・ネットトップ向けではSingle-CoreよりもDual-Coreが望まれていると判断しており、Single-CoreのAtom D410を後に持ってくるのが良いと考えたようだ。


Atom D410のEngineering Sampleは第36週、つまり2009年8月末に登場する。そして生産は10月末に始まる。そしてローンチは上でも述べたとおり、2010年第1四半期となる。

Atom D410は現在のAtom 230の後継となるものです。コアは“Diamonville”から“Pineview”に変更され、メモリコントローラやGPUを統合します。ただし、CPUコア自体は“Diamondville”とそれほど変わらないといわれています。また、製造プロセスも引き続き45nmとなります。
AMD to Support NVIDIA’s CUDA Technology? (Expreview.com)

NVIDIAのChief Technology OfficerであるBill Dally氏はGPGPUに関するカンファレンスの中で、AMDがCUDAをサポートするかどうかについて、ヒントを与えてくれた。

Bill Dally氏は「将来、CUDA命令とCは幅広いプラットフォームで動作させることが出来るようになり、(プラットフォームによって)制限をかけることは考えていない」と述べた。そしてAMDの名前こそ出さなかったものの「CUDAは他のプラットフォームでも使えるよう、プロジェクトが進行中である」とした。

Dally氏はATi Streamに関しては「多くの制限がある」と述べている。そして、CUDAは数百のアプリケーションで使われるようになると予想している。

Dally氏の言葉通りならば、CUDAは開かれたものであるようです。決してNVIDIA GPUだけでしか動作しないものではなく、AMDのGPUやひょっとするとIntelの“Larrabee”でも動作するものになりそうです。
囲い込みをするよりも、CUDAをより広く広める方が得策だと考えたのでしょう。

40nm GeForce GT 210, 220 specs reported(TechConnect Magazine)
Nvidia Partners Get Ready 40nm G210 & GT 220 Cards(VR-Zone)

NVIDIAの最初のデスクトップ向け40nm GPUはGeForce GT 210と220である。これらはどちらもローエンド向けで、DirectX 10.1をサポートする。ローンチ予定はWindows 7がローンチされる前の10月が予定されている。

GeForce GT 210は24のStream Processorを有し、メモリインターフェースは64-bit、DDR2またはDDR3メモリを512MB搭載する。周波数はコア600MHz、Shader 1425MHz、メモリ800MHzである。

GeForce GT 220は48のStream Processorを有し、メモリインターフェースは128-bit、DDR2, DDR3, GDDR3メモリのいずれかを1GB搭載する。周波数はコア625MHz、Shader 1375MHz、メモリ800MHzである。
日本AMD、オーバークロック専用CPU「Phenom II X4 42 TWKR」をデモ~6GHzオーバーの動作を確認(Impress PC Watch)
AMD Gives Away Phenom II X4 TWKR CPUs to Overclockers(DailyTech)
Curtain raised on AMD's Phenom II 42 TWKR BE processor(TechConnect Magazine)

Phenom II X4 42 Black Edition TWKRが発表されました。このCPUはPhenom II X4 900シリーズと同じコアを使用しますが、オーバークロックに特化しています。

そのため、倍率ロックは解除され、さらに規定の周波数は設けられていません(初期設定では2.00GHz動作となる)。

Phenom II X4 42 Black Edition TWKRは非売品で、全世界で100個弱しか用意されていません。なので、手に入れるのは至難の業ですが、7月4日から開催される“Phenom II Black Edition TWKR - OC & Get it! -”というPhenom II X4 955を用いたオーバークロックイベントで、抽選で1名に贈られるようです。

オーバークロック性能ですが、日本AMDが行ったデモでは、液体窒素を用いて-180℃まで冷却したところ、4-core動作で6GHz動作を実現しました。また、事前のテストでは1-coreで6.60GHzの動作にも成功したようです。