北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Also Readies 3.50 GHz Clocked Phenom II X2 Part(techPowerUp!)
3.5GHz AMD running at 570 Phenom X2 Black Edition processor is preparing II(DonanimHaber.com)

3.70GHzのPhenom II X4 980に加え、AMDはおそらく最後のPhenom IIシリーズのCPU群の中の1モデルとなるであろう3.50GHzでDual-coreのPhenom II X2 570 Black Editionを予定しているようだ。
Phenom II X2 570 Black EditionはこれまでのPhenom II X2同様“Callisto”コアが用いられる。ダイとしては4-coreの“Deneb”を用いており、そのうち2つのコアを無効化したものである。
キャッシュ構成はL2=512kB x2 / L3=6MB、対応メモリはDDR3-1333またはDDR2-1066、TDPは80Wである。
[Phenom II X2 570]の続きを読む
◇Micron RealSSD C400
Micron's RealSSD C400 solid state drives start shipping(TechConnect Magazine)
Micronの新型SSD「RealSSD C400」が発売に(AKIBA PC Hotline!)
Micron製SATA3.0対応SSDの販売がスタート(ASCII.jp)

MicronはS-ATA 6.0Gbpsに対応するSSDとしては第2世代となるRealSSD C400の出荷を開始した。

RealSSD C400は2.5インチ規格で、使用するNANDフラッシュメモリは25nm MLC NANDである。MTBFは120万時間、書き込み速度はランダム4kBがRead:40000IOPS / Write:50000IOPSである(ただし、64GBモデルはWrite:20000IOPS)、SequentialはRead:415MB/s / Write:95MB/s(64GB)・175MB/s(128GB)・260MB/s(512GB)となる。
価格は64GBが$129.99、128GBが$244.99、512GBが$949.99となる。


秋葉原での販売も開始されており、64GB・128GB・256GB・512GBの4モデルが登場しています。価格は下から14000円・26000円・50000円・95000円前後となるようです。
[3月第3週の秋葉原の新製品―Micron RealSSD C400 他]の続きを読む
ONDA develops 1.5GB, overclocked GeForce GTX 550 Ti(TechConnect Magazine)
ONDA Unveils GeForce GTX 550 Ti with 1536 MB of Memory(techPowerUp!)
Onda Reveals GeForce GTX550 Ti With 1.5GB Of Memory(Expreview.com)

ONDAはGeForce GTX 550 Tiの独自仕様のカードを登場させるようだ。搭載するコアはCUDA core数192のGF116であるが、コア周波数は1000MHz、Shader周波数は2000MHz、メモリ周波数は1100MHz(4400MHz)となる。そして、搭載するメモリはGDDR5 1.5GB(1536MB)となる。
[ONDAのVRAM 1.5GBのGeForce GTX 550 Ti搭載カード]の続きを読む
AMD Readies 3.70 GHz Phenom II X4 980 Black Edition Processor(techPowerUp!)
3.7GHz AMD Phenom X4 II 980 processor running at preparing(DonanimHaber.com)

AMDはPhenom II X4 980 Black EditionでPhenom IIシリーズのフィナーレを飾るようだ。Phenom II X4 980 Black Editionは4-coreで周波数は3.70GHz、TDPは125Wとなる。ベースとなるコアは45nmプロセスの“Deneb”である。キャッシュ構成はL2=512kB x4 / L3=6MBで、メモリコントローラはDual-channel DDR3-1333またはDDR2-1066に対応する。
AMDはこのPhenom II X4 980 Black Editionをまもなく登場させるようである。そして6月には次の世代のCPU群が登場することになるだろう。
[3.70GHzのPhenom II X4 980 Black Editionが登場するらしい]の続きを読む
Mozilla Firefox 4 Launch Date is March 22(techPowerUp!)

MozillaはFireFox 4の正式版を3月22日にローンチすることを決定した。FireFox 4は1プロセスのWebブラウザであるが、プラグインをそれぞれ個々のプロセスでは知らせることができる。また、HTML 5や高速化されたJavascript engineなど最新のWebの標準機能を備える。さらに、GPUハードウェアアクセラレーションに対応し、レンダリングの高速化を可能とする。

現在FireFox 4はRC 1までが出ています。元記事では3月22日に“stable version”が登場すると書かれていますが、これが正式版とみていいでしょう。

ONFI 3.0 NAND standard promises faster SSDs(bit-tech)
ONFI 3.0 flash spec boasts 400MB/s NAND interface(The Tech Report)

Open NAND Flas Interface(ONFI)Working Groupは3月16日、最新規格であるONFI 3.0 NAND Flash規格を標準化した。ONFI 3.0は将来の高性能SSDに使われるであろうNANDメモリの速度や機能を定めるものである。

ONFI 3.0ではチャネルあたりのメモリ転送率がDDR 200(200MB/sec)からDDR 400(400MB/sec)に高められた。また、より低いI/O信号電圧にも対応し、オンダイでのターミネーションにも対応する。これにより、転送速度の高速化と信頼性の向上を実現している。

今後ONFIはECC Zero(EZ-NAND)を標準でサポートする規格を策定するようです。これはNANDフラッシュそのものにエラー訂正機能を搭載するものです。

ONFI 3.0を採用したNAND製品は2012年に登場するのではないかといわれています。

Rumour: AMD FX-series (Bulldozer) releasing June 11th(VR-Zone)
AMD FX-Series Processors Releasing on June 11(techPowerUp!)
Bulldozer new generation of AMD processors will be launched on June 11(Donanimhaber.com)

“Bulldozer”の名前が出てから5年間、そのスケジュールは変わり続けていた。そして最近の情報では“Bulldozer”の出荷は6月20日といわれていた。そしてDonanimhaber.comが最新の情報として報じた内容によると、AMD FX seriesのローンチ日は6月11日であるという。
これに先行する形でAMD 9-seriesのマザーボードが5月末―Computex 2011(2011年5月31日~6月4日)のあたりでリリースされる。そしてこれに続いてAMD FX seriesが公式発表されるものと思われる。


今年のComputexは“Zambezi”―AMD FX seriesで盛り上がりそうです。“Bulldozer”という名前が登場してもう長いこと経ちますがようやくその実物を見ることができる時が来たようです。

(過去の関連エントリー)
“Zambezi”―AMD FX seriesのラインナップが明らかに~まずは4種類(2011年3月14日)
“Zambezi”は6月に、“Llano”は7月に出荷開始される模様(2011年3月8日)
Asustek to Support Future AMD FX "Bulldozer" Chips on Current Mainboards.(X-bit labs)
AMD FX Zambezi Processors Compatible with ASUS AM3 Motherboards Using BIOS Update(techPowerUp!)
ASUS AM3 motherboards updated for AMD FX and Bulldozer(NordicHardware)
ASUS vs. AMD: Bulldozer Support on Old Motherboards via BIOS Update(Bright Side Of News)
ASUS First to Provide AM3+ CPU Ready Solution for Current AM3 and Future AM3+ Motherboards(ASUS)

ASUSは3月16日、既存のSocketAM3マザーボードでもBIOSをアップデートすることにより“Bulldozer”アーキテクチャのAMD FX series(“Zambezi”)に対応できるとアナウンスした。他のマザーボードメーカーもこの流れに追随すると見られる。つまり、現行のSocketAM3プラットフォームでも“Bulldozer”をサポートできることになるようだ。
[既存のSocketAM3マザーでAM3+ CPUの搭載は可能な模様]の続きを読む
3DMark Vantage 1.1.0 – Basic Edition Now Free!(Overclockers.com)
3DMark Vantage(Futuremark)

Futuremarkは3DMark Vantage 1.1.0をリリースした。そしてこの1.1.0からBasic Editionに関しては無料化された。今までは$6.95のシェアウェアであった。

後継の3DMark 11のBasic Editionが無料であることを受けての措置とも言えそうです。

日本だと価格云々よりも支払いがドルであることが面倒・・・というか敷居を上げている気がします(アメリカのメーカーなので当たり前といったら当たり前なのですが・・・。この辺りはただの個人的なぼやきということで・・・)。

SilverStone coming up with the Grandia GD06 HTPC chassis(TechConnect Magazine)
Grandia Series GD06(SilverStone)

SilverStoneはGD04及びGD05に続くHTPC向けケースとしてGrandia GD06を投入する。GD06は0.8mmのSECC+アルミニウム製でMicroATX, Mini-DTX, Mini-ITXに対応する。

GD06の寸法は440(W)x 150(H)x 340(D)mmで重量は5.6kgである。前面はアルミニウム製の扉が取り付けられている。前面にはUSB 3.0ポートが2個とAudioポートが備えられる。
拡張ベイとしては5.25インチベイが1つ、3.5インチベイが4つ、2.5インチベイが1つの構成となっている。なお3.5インチベイと2.5インチベイに関しては2.5インチベイ2つと3.5インチベイ3つの構成とすることもできる。


販売開始は3月18日からで、価格は120.30ユーロ前後となる見込み。

電源はATX電源(奥行きは15cmまで)を搭載可能です。

ちなみに私はGD03を使っていたりしますが、組み立ては結構面倒でした・・・。ATXマザーに対応できるという利点はあるのですが・・・ううむ。

NVIDIA GeForce GTX 590 Final Specs Unveiled(VR-Zone)
GTX 590 Design and Specs Leaked(Overclockers)

インターネット上にGeForce GTX 590に関するものと思われるスライドがいくつかリークしている。これによると冷却機構はDual vaper chamverを採用した2スロットタイプとなり、電源回路は10-phase、PCI-Express電源は8-pin x2、基板は12層になることかかれている。
そしてVR-ZoneではGeForce GTX 590の最終スペックを確認することができた。


そのスペックは以下のとおり。
[GeForce GTX 590の最終スペック?]の続きを読む
[GeForce GTX 550 Tiが正式発表される]の続きを読む
Intel preps Atom-based server chips for 2012(TechConnect Magazine)
Intel Plans on Bringing Atom to Servers in 2012, 20W SNB Xeons in 2011(AnandTech)

Intelは市場の要求に応える形で、Micro server向けに特化したProcessorを登場させることを決定した。
2011年に登場するのはTDP45Wの4-coreモデルと2-coreでTDP20Wのモデルである。
[AtomコアをベースとしたサーバーCPUが2012年に登場する模様]の続きを読む
Initial Desktop AMD "Llano" Lineup Will Include Five APUs - Documents.(X-bit labs)
Report: AMD A-Series Lineup Detailed(VR-Zone)
More Llano specs surface(Fudzilla)

デスクトップ向けのメインストリーム~パフォーマンス帯を担う第1世代のAPU―“Llano”はAMD A seriesとしてTDP65Wまたは100Wで7月に登場する。そして、今年後半にはAMDは“Llano”のラインナップをさらに拡張する。
[2011年に登場するデスクトップ向け“Llano”は全部で11種類]の続きを読む
Leaked slide teases AMD's mobile Radeon lineup(The Tech Report)
AMD's 28nm mobile GPU roadmap detailed(Fudzilla)
Report: AMD's 28nm mobile GPU roadmap(VR-Zone)
DH Special: Here's AMD's 28nm GPU roadmap(Donanimhaber.com)

AMDの現行のRadeon HD 6000Mシリーズはいずれも40nmプロセスで“Blackcomb”(Radeon HD 6900M)、“Whistler”(Radeon HD 6700M/6600M)、“Seymour”(Radeon HD 6400M)がある。
今回Donanimhaber.comがこの次の世代となる28nmプロセス世代のGPU群の詳しい情報を明かした。
[28nmプロセスのAMD Mobile GPUのラインナップ]の続きを読む
NVIDIA downclocks GeForce GTX 590 substantially(NordicHardware)
Nvidia GeForce GTX 590 exposed via presentation slide(TechConnect Magazine)
GeForce GTX 590 Key Features Revealed(techPowerUp!)

2011年3月はNVIDIAとAMDの間でGPUの性能最上位をめぐる熱い戦いが繰り広げられることになりそうだ。AMDは先日Radeon HD 6990をリリースした。そして次はNVIDIAがそのカウンターとして3月22日にGeForce GTX 590をリリースする。
ただ、このGeForce GTX 590の周波数はだいぶ低いものになることが最近の情報で指摘されるようになってきた。
[GeForce GTX 590のスペック―カードを分解したスライドもリーク]の続きを読む
Intel introduces Celeron B810 CPU(CPU World)
Intel launches first mobile Sandy Bridge Celeron(VR-Zone)

CPU Worldでは1週間ほど前に“SandyBridge”の中では低価格なモデルとなるCeleron B810が3月にローンチされるのではないかと伝えた。そして3月13日、このCeleron B810が$86でIntelの公式価格リストに追加された。$86という価格はCeleron P4500やP4600(いずれも“Arrandale”コア)と同じ価格である。

Celeron B810は32nmの“SandyBridge”をベースとし、コア数は2、L3キャッシュ容量は2MBである。周波数は1.60GHzで、この数字はCeleron P4600と比較すると2割ほど低い。Celeron B810はHyperThreadingには対応しないものの、Virtualizationには対応するようである。
[“SandyBridge”初のCeleronとなるCeleron B810が正式発表される]の続きを読む
Four AMD Bulldozer Chips Incoming: Details Revealed.(X-bit labs)
Leaked document hints at Llano, Zambezi pricing(The Tech Report)
Four Bulldozer CPUs exposed, clocks still unknown(TechConnect Magazine)
AMD Bulldozer details start to trickle out(VR-Zone)
More Bulldozer specs surface(Fudzilla)
AMD Aims to Fight Core i7 “Sandy Bridge” with Bulldozer.(X-bit labs)

“Bulldozer”アーキテクチャを採用するAMD FX seriesの第1陣は4種類が投入される。コア数は8, 6, 4-coreでTDPは95Wまたは125Wとなる。
[“Zambezi”―AMD FX seriesのラインナップが明らかに~まずは4種類]の続きを読む
Calxeda to Release High-Performance Quad-Core ARM Chips for Servers.(X-bit labs)

Calxedaと呼ばれるメーカーがサーバー向けのARMベースのmicroprocessorを開発しており、そして3月11日にその計画を明らかにした。
最初に登場するのは4-coreのARM Cortex-A9ベースのSoCとなる。Calxedaによると、この新型SoCはx86と比較し最大20倍のperformance per watt per dollarを実現するという。


Calxeda(以前はSmooth-Stoneと呼ばれていたよう)が最初にOEMパートナーに提供したリファレンスデザインでは、4-coreのARM Cortex-A9 SoCを2Uケースに120ノード搭載したものである。合計のコア数は480となる。1ノードあたりの消費電力はDRAMも含め5Wになるという。

このCortex-A9をベースとした4-core SoCの消費電力は約5Wで、コアあたりの消費電力は1.25Wと解説されています。比較に出されているOpteronの省電力モデルがコアあたり5.83Wとあるのでなかなかの数字です。Calexdaの主張では5~10倍のperformance per wattを実現するとしています。

Draft logos for Zambezi FX 8 and FX 4(AMD Forum)
(以下は2011年3月14日22時41分に追加)
Taking primary colours into overdrive!(HEXUS)
AMD FX ''Zambezi'' Processor Box-Art Revealed(techPowerUp!)

“Bulldozer”アーキテクチャのデスクトップ向けは“Zambezi”と呼ばれAMD FX seriesとして投入される。そして、今回そのFX seriesの外箱のデザイン案とされる写真がリークした。ただし、これらの写真はいずれもまだ“案”の段階で最終決定されたものではないということを予め強調しておく。
“Zambezi”は6月に登場予定で、SocketAM3+に対応する。


外箱のデザイン案は全部で4種類。8-coreのFX serieと4-coreのFX seriesでそれぞれ2種類が用意されます。8-coreのものと4-coreのものはベースとなる色が8-coreが赤、4-coreが黄色でデザインは互いの色違いとなります。

どちらもAMD Unlocked FXの赤いロゴをつけたCPUが中央に描かれていますが、何故かそのCPUはLGA仕様の外観となっています。

Intel quitely ships 4.4 GHz Xeon X5698(CPU World)

“Westmere-EP”コアのXeon 5600がリリースされたのは昨年中盤である。そのXeon 5600の中にまだ製品化されていないモデルがある。そしてそのサンプルは非常に興味深いものであるという。
まず、このサンプルの最大の特徴は非常に周波数が高いということである。最も低い周波数のものでも4.00GHz、最も高い周波数のものでは4.66GHzになる。そしてこれらサンプルの中で1つが製品化され、今年初めから出荷が始まった。これがXeon X5698である。
[4.40GHz Dual-coreのXeon―Xeon X5698?]の続きを読む
◇“Bulldozer”に対応するというASRockのSocketAM3+マザー―“890GM Pro3 R2.0”
「Bulldozer」も使えるSocket AM3+マザーが初登場、
CPUはまだ未定
(AKIBA PC Hotline!)
8コアCPU“Bulldozer”対応のSocket AM3+マザーがデビュー!(ASCII.jp)
890GM Pro3 R2.0(ASRock)

未発表の“Bulldozer”アーキテクチャの8-core CPUにも対応するというSocketAM3+マザーボード―“890GM Pro3 R2.0”がASRockから発売された。価格は約12000円。

スペックは以下の通り。
[3月第2週の秋葉原の新製品―ASRockのSocketAM3+マザーボード 他]の続きを読む
EVGA announces dual-GF104 GTX 460 2Win(VR-Zone)
EVGA Unveils GeForce GTX 460 2WIN Dual-GPU Graphics Card(techPowerUp!)
GeForce GTX 460 2Win(EVGA)

昨年の5月頃にGF104のDual-GPUカードの噂があったことを覚えているだろうか。その後、いくつか試作品は出ていたがリリースされることは無かった。しかし、EVGAがとうとうGF104のDual-GPUカードを製品化し発表した。
今回発表されたのは“GTX 460 2Win”で2個のGF104を1枚のカードに搭載してDual-GPUカードとしたものである。それぞれのコアは1GBのGDDR5を搭載し、カード全体では合計2GBを搭載する。周波数はコア:700MHz / Shader:1400MHz / メモリ:900MHz(3600MHz)となる。
[EVGA GF104のDual-GPUカード―“GTX 460 2Win”を発表]の続きを読む
Renesas 3rd Generation USB 3.0 Controllers Coming - Faster & Use Less Power(Legit Reviews)
Renesas Electronics Debuts New USB 3.0 Controllers(VR-Zone)

ルネサスは2種類の新しいSuperSpeed Universal Serial Bus(USB 3.0)xHCI host controller―μPD720201とμPD720202をアナウンスした。これらの新型USB 3.0 xHCIホストコントローラは実行転送速度をより高め、一方で低消費電力モードにおいてはより省電力化を実現している。

μPD720202は2ポート、μPD720201は4ポートに対応する。どちらも、前世代の製品と比較するとより実行転送速度が高速化される一方、省電力化と小型化を実現している。

具体的な数字を挙げると実行転送速度(Write)は現行製品の40%以上高速化されているようです。一方、消費電力は低消費電力モードで4.5mWとなり、現行製品の90%の消費電力となるようです。またパッケージは7mm四方のQFNパッケージで現行製品の50%のサイズとなっています。

Asus readies new workstation board, the P6X58-E WS(TechConnect Magazine)
ASUS Launches the P6X58-E WS Workstation Motherboard(Legit Reviews)

LGA1366はまだまだ終わらない。少なくともLGA2011がリリースされる第4四半期までは続くだろう。そしてASUSはIntel X58を搭載したワークステーションマザーボードの新モデル―“P6X58-E WS”をリリースした。
[ASUSのX58搭載ワークステーション向け新型マザー―“P6X58-E WS”]の続きを読む
Toshiba Satellite L645D: Mobile AMD at 3GHz(AnandTech)

東芝は3GHzのPhenom II Dual-core processorとRadeon HD 4250内蔵グラフィックを搭載する14インチノートPC―“Satellite L645D”をアナウンスした。光学ドライブとしてはBlu-rayドライブを搭載し、価格は$619となる。

“Satellite L645D”が搭載するCPUはPhenom II N660で3.00GHzの2-core CPUである。そしてTDP35WモデルのDual-coreとしては最も高い周波数のものである。

スペックは以下の通り。
[3GHzのPhenom II N660を搭載する東芝のSatellite L645D]の続きを読む
nVidia Reveals 64-bit "Project Denver" CPU Silicon Die!?(Bright Side Of News)
NVIDIA Project Denver To be 64-bit ARM Processor Architecture(Expreview.com)

NVIDIAはFinancial Analyst Day 2011でNVIDIAの最初のCPUとなるシリコンダイの写真を公開した。このCPUについての詳細は深くは語られなかったが、NVIDIAはこのシリコンダイは“Project Denver”で使われるもので、64-bit対応のCPUコアであることを明かした。
[“Project Denver”のCPUのダイ写真が公開される―64-bit対応ARMを使用]の続きを読む
Intel Core i7-980X hexa-core is scheduled for retirement(TechConnect Magazine)
Intel discontinues Xeon, Celeron and Core i7 CPUs(CPU World)

Intelで初のデスクトップ向け6-core CPUとなるCore i7 980X Extreme Editionであるが、先日Core i7 990Xが登場したことにより、Discontinue―つまりラインナップからの消失が決定された。
[さらばCore i7 980X]の続きを読む
NVIDIA GeForce GTX 590 To Roll Out On March 22nd(Expreview.com)

昨日、AMDからRadeon HD 6990が発表された。このRadeon HD 6990の対抗馬となるのがNVIDIAのGeForce GTX 590であるが、Expreview.comではGeForce GTX 590ローンチ日の情報を入手することができた。

NVIDIAによると、GeForce GTX 590のリリース日は3月22日になるという。GeForce GTX 590はGF110を2つ搭載したDual-GPUカードでCUDA core数は1024、搭載メモリはGDDR5 3GB、8-pin x2の補助電源コネクタを搭載し、TDPは375Wとなる。
この3月22日というのはCrysis 2がリリースされる日でもある。


もうこのクラスのDual-GPUカードは8-pin x2のTDP375Wが標準となるのでしょうか? そうなるならPCI-Express電源コネクタで6-pinと8-pinを混在させる意味も(過去の電源との互換性を除いて)特になく、いっそのこと8-pinコネクタへの統一を進めてもよさそうに思えます。

AMD to Refresh E-Series APUs Lineup in the Third Quarter.(X-bit labs)
Report: AMD E-Series refresh in Q3 2011(VR-Zone)

AMDはE seriesのAPUのラインナップ拡張を第3四半期に計画している。このラインナップ拡張では周波数の向上とTurboCore technologyにより性能向上が図られる見込みである。
[第3四半期に“Zacate”―AMD E seriesのラインナップ拡充が行われる]の続きを読む