北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
◇Vector 180
OCZ Unveils Vector 180 Performance SSD(techPowerUp!)

OCZは2.5インチSATA対応SSDのフラッグシップ製品としてVector 180を明らかにした。Vector 180は高性能と高い書き込み耐久性を両立させており、コントローラは同社の新型コントローラであるBarefoot 3 M00 controllerを、NANDフラッシュには東芝のA19 MLC NANDフラッシュが用いられ、書き込み耐久は50GB/day・5年間となる。

容量は240GB, 480GB, 960GBがラインナップされる。性能はSequential Read 550MB/s, Write 530MB/s、Random 4KがRead 100,000 IOPS, Write 95,000 IOPSである。

保証期間は5年間で、ShieldPlusと呼ばれるものになります。
[OCZ SSDの話題2題―Vector 180 SSD, JetExpress SSD controller]の続きを読む
AMD's Carrizo will face off with Broadwell-U, won't land in desktops(The Tech Report)
AMD Carrizo APU Will Not Come To Desktop Socketed Platforms – Will Stick To Mobility Platforms(WCCF Tech)

昨年11月に続き、AMDはCESで“Carrizo”とCarrizo-L”の詳細を明らかにした。そしてここで新たな情報がもたらされ、AMDが“Carrizo”をデスクトップ向けにSocketタイプの製品として投入する計画はないことが分かった。

“Carrizo”は現行のCPUコアである“Steamroller”の後継となる“Excavator” CPUを4-coreまで搭載する。GPUは次世代Graphics Core Nextとなり、Radeon R9 285―“Tonga”で導入されたものと同じ改良が施されたものとなる。“Carrizo”はスリムタイプのAll-in-oneにもたらされる。All-in-oneは最近のデスクトップにおいて広く見られるようになっている。“Carrizo”の戦略はノートPC向けとATXのフルタイプのデスクトップ向けが投入された昨年の“Kaveri”とは異なっている。“Carrizo”の大部分は“Broadwell-U”と同じシステムに搭載されること荷なり、具体的には超薄型Mobileや可変型PCが対象となる。
[デスクトップ向けの“Carrizo”の計画は現時点では存在しない]の続きを読む
$105 unlocked Kaveri quad coming to FM2+(The Tech Report)
AMD Updates Kaveri Lineup With $105 US A8-7650K APU – Demonstrates Carrizo APU Based Laptop At CES 2015(WCCF Tech)

“Carrizo”はデスクトップにはもたらされないが、AMDは“Kaveri”の新モデルをSocketFM2+向けに用意している。その新モデルがA8-7650Kである。A8-7650Kは“Steamroller”コアを4-core搭載し、動作周波数はBase 3.30GHz / Boost 3.70GHzである。A8-7650Kは倍率ロックが解除されており、OCが容易となっている。さらにGrahpics Core NextベースのRadeon GPUを内蔵する。

A8-7650KのGPUは384のRadeon coreを搭載する。この数はA8-7600と同じである。
価格は$105で、A10-7700K ($129) よりも安価に設定される。A10-7700KとA8-7650Kを比較すると前者が後者より100MHzだけCPU周波数が高く設定されている。
[A8-7650K]の続きを読む
Plextor M6e Black Edition PCIe SSD Announced For Enthusiasts(Legit Reviews)
Plextor's next PCIe SSDs come in x4, Black Edition flavors(The Tech Report)
CES 2015: Plextor announces M7e(PC Perspective)

Plextorは1月7日、PCI-Express 2.0 x2に対応するM6e Black Edition PCIe series SSDを発表した。M6e Black Editionでは従来の緑色の基板ではなく黒色の基板が用いられ、さらにヒートシンクにより放熱性を維持している。使用されるコントローラはMarvellの88SS9183、NANDフラッシュは東芝のToggle NAND flashで、従来のM6e同様である。M6e Black EditionはProfessional, ゲーマーなどより高い性能と信頼性を要求するユーザーに向けた設計となっている。容量は128GB, 256GB, 512GBである。ランダムアクセス速度はReadが最高105,000 IOPS, Writeが最高100,000 IOPSで、SequentialはRead最高770MB/s, Write最高625MB/sとなる。
[Plextor M6e Black Edition PCIe SSDが発表される]の続きを読む
Nvidia silently launches GeForce GTX 965M for laptops(Guru3D)
NVIDIA quietly launches GeForce GTX 965M(VideoCardz)
GeForce GTX 965M(NVIDIA)

NVIDIAはひっそりと“Maxwell”アーキテクチャのMobile GPUの新モデルとなるGeForce GTX 965Mを発表した。

GeForce GTX 965Mの名前自体は1ヶ月以上前にドライバに出現している。このGeForce GTX 965MであるがGM204をベースとしながらも、大幅にユニットを削減したものとなり、GM204が本来有するCUDA coreの半分が無効となっている。
[GeForce GTX 965Mが発表される]の続きを読む
Plextor M7e M.2 PCIe SSD Performance Numbers From CES 2015(Legit Reviews)

CES 2015でPlextorがM7e PCIe SSDの披露を行った模様だ。

Plextor M7e PCIe SSDは未発表の製品であるが、2015年第2四半期に登場すると言われており、PCI-Express 2.0 x4に対応する次世代SSD製品となる。なお、現行のPlextor M6e M.2 SSDはPCI-Express 2.0 x2への対応となっている。そのため、インターフェースの帯域がM6eでは1GB/sであったのに対し、M7eでは2GB/sとなっている。M7eはMarvellの最新コントローラである88SS9293と東芝のMLC NANDフラッシュを組み合わせている。Marvell 88SS9293はPCI-Express 2.0 x4対応のSSDではよく使われるコントローラとなっており、同日発表されたKingstonのHyperX Predator PCIe SSDでも同じものが使用されている。
[CES 2015でPlextor M7e M.2 PCIe SSDの性能が披露される]の続きを読む
◇3TBの2.5インチHDD―“MQ03ABB300”
業界最大記憶容量の3TBの2.5型HDDの商品化について(TOSHIBA)
Large Capacity HDD for External Storage MQ03ABB300(TOSHIBA)

東芝は1月6日、3TBの容量を実現した2.5インチHDD―“MQ03ABB300”の製品化を発表した。サンプル出荷は5月から予定されている。

“MQ03ABB300”は垂直磁気記録方式でディスク1枚当りの容量を750GBとし、2.5インチ・15mmの筐体に4枚のディスクを封入して3TBとしている。

厚さが15mmあるため、既存のノートPCの2.5インチドライブの換装にはやや難がありますが、小型デスクトップPCでは良い選択肢となりそうです。
[東芝製ストレージの新製品の話題2題―3TB 2.5インチHDDと次世代SSHD]の続きを読む
Crucial Introduces MX200 and Crucial BX100 Solid State Drives(Guru3D)
Micron,2種類の新型SSDを国内発売。新たなハイエンド「MX200」と,低価格市場の新しい選択肢になる「BX100」(4Gamer.net)
Crucial Introduces Next Generation Solid State Drives(Crucial / PDFファイル)
Coming soon! Crucial MX200 SSD(Crucial)
Coming soon! Crucial BX100 SSD(Crucial)

Crucialは1月6日、2種類のSSDの新製品―Crucial MX200とBX100を発表した。MX200は最高のスペックと機能を提供する製品となり、一方BX100は標準的なスペックながら手が届きやすく、またHDDからは大幅な性能向上を得られるものとなっている。

Crucial MX200 SSDは250GB, 500GB, 1TBがラインナップされ、MSRPは$139,99, $249,99, $469,99となる。スペックは全て共通で、Sequential Read 555MB/s Write 500MB/s, Random 4K Read 100kIOPS Write 87kIOPSである。耐久性は1TBモデルで320TBW (total bytes written) であり、一般的なクライアント向けSSDの5倍の耐久性である。
[Crucial MX200 SSDとBX100 SSDを発表]の続きを読む
◇Intel NUC
【速報】Intel、Broadwell搭載NUCを1月発売(Impress PC Watch)

Intelは1月5日、“Broadwell”を搭載するNUCの新モデルを発表した。1月より発売予定。

コンシューマ向けと法人向けがあり、後者は2.5インチドライブの搭載が考慮されたやや厚みのある筐体で、サイズは115×111×48.7mmとなります。コンシューマ向けのサイズは115×111×34.5mmです。メモリは最大16GB、インターフェースはUSB 3.0×4, GigitEthernet, HDMI, MiniDisplayPort, 音声, SSD M.2, IEEE802.11ac/a/b/g/n (2x2 MIMO) 等が搭載されます。

搭載されるCPUはTDP15WのCore i5, i3またはTDP28WのCore i7となります。
[“Broadwell”世代の小型PCの話題―Intel NUCとGigabyte BRIX]の続きを読む
Exclusive: NVIDIA Maxwell GM206 pictured(VideoCardz)
Nvidia is pushing down the power consumption of the GeForce GTX 960(SweClockers.com)
MSI GTX 960 GAMING 2G and MSI GTX 960 100 MILLION Edition(VideoCardz)
MSI GeForce GTX 960 Graphics Cards Leaked(techPowerUp!)

少し前にGeForce GTX 960は新コアであるGM206を採用し、メモリインターフェースは128-bitでGDDR5を2GB搭載するという情報があった。そして、今回その続報が明らかになった。

新たな情報によるとGeForce GTX 960のTDPは120Wになるという。前世代のGeForce GTX 760と比較すると実に50%もの低減である。そのため、多くのGeForce GTX 960搭載カードはPCI-Express電源コネクタが6-pin×1で収まることになるだろう。
[GeForce GTX 960はGM206搭載で128-bit, GDDR5 2GB搭載となる]の続きを読む
CES 2015: Intel Releases 14 nm Cherry Trail SOC(PC Perspective)
Intel: Briarwood goes, Cherry Trail comes(ComputerBase.de / ドイツ語)
Chip Shot: The 5th Generation Intel(R) Core(TM) Family of Processors Arrive to Transform Computing Experiences, 'Cherry Trail' Shipping(Intel)

Intelは14nmプロセスのSoCである“CherryTrail”を発表する。現時点では“CherryTrail”に関して明らかにされた情報は非常に少ないが、22nmプロセス世代のSoCである“BayTrail”の後継製品となるものである。

“CherryTrail”で採用された次世代プロセス技術(=14nmプロセス)は現行製品から大幅な性能向上と消費電力削減を実現するだろう。“CherryTrail”はWindowsとAndroidで動作する。“CherryTrail”はx86 CPUであるが、IntelはGoogleと密接に開発を行い、Androidが効率的に動作するように、そして非ARMのISAでも迅速に使えるようにしている。
[【桜Trail】14nmプロセスの“CherryTrail”の出荷が発表される]の続きを読む
AMD Embedded G-Series SoC Accelerates New QNAP NAS System(techPowerUp!)
AMD G-Series SoC To Accelerate New QNAP NAS Systems(Guru3D)

CES 2015でAMDは1月6日、QNAPのTVS-863+およびTVX-x63 platformに搭載される組み込み向けG series SoCを発表した。QNAPはNASTYシステムを提供するメーカーで、これらのプラットフォームは小~中型ビジネス (SMB) 向けおよび小規模オフィス・ホームオフィス (SOHO) 向けとして位置づけられる。特にTVS-x64+ seriesは10GbEとハードウェア暗号化をサポートする4/6/8-bay SMB NASサーバーとしては手の届きやすい価格帯に設定されている。
[QNAP NAS System向けのG series SoCが発表される]の続きを読む
CES 2015: AMD to showcase new APU and GPU products and technologies(DigiTimes)

AMDは最新のAPUやRadeon GPUそして組み込み設計の展示を予定している。

まずAMDとしては最初の高性能SoCとなり次世代APUとなる“Carrizo”が展示される。“Carrizo”の市場投入は今年中盤までに予定されており、DirectX 12やOpenCL 2.0といった次世代APIに対応、Windows 10 OSに焦点を当てたものとなる。

AMDはまたRadeon R9 graphicsを用いたUltra HD gaming deviceのデモ、およびRetina displayを搭載したAppleのiMacやUltra HD display搭載のAlienware 15などRadeon R9 M295Xを採用した製品で、Eyefinity technologyのデモを行う。

CES 2015の日程が進めば具体的な姿が明らかになるでしょうか。
14nmの第5世代Coreが正式発表(Impress PC Watch)
Intel,「Broadwell-U」ことノートPC向け第5世代Coreプロセッサ14製品を発表(4Gamer.net)
Intel(R) Pentium(R) Processor 3805U (2M Cache, 1.90 GHz)(Intel ARK)
Celeron 3205U, 3755U(Intel ARK)

Intelは1月5日、CES 2015で“Broadwell”こと第5世代Core processorを正式発表した。

“Broadwell”を採用した製品としては“Broadwell-Y”のコードネームで呼ばれていたCore Mが既に出回っているが、今回発表されたのは“Broadwell-U”のコードネームで呼ばれていた製品となり、Core i 5000U seriesを名乗る。TDPは15Wまたは28Wで前者がHD graphics搭載、後者がIris graphicsをiGPUとして搭載する。CPUは2-core/4-threadである。
なお、別にラインナップされるCeleronとPentiumについてはCPUは2-core/2-thread、iGPUはHD graphicsとなる。


製造プロセスは14nmで、ダイサイズとトランジスタ数はHD graphics (GT2) 搭載モデルが82mm2・13億 (Haswell-U+GT2は131mm2・9億6000万)、Iris graphics (GT3) 搭載モデルが 133mm2・19億 (Haswell-U + GT3は181mm2・13億) である。

ラインナップは以下の通りです。
[“Broadwell-U”―Core i 5000U seriesが正式発表される]の続きを読む
WD demos SSHD prototype with SATA Express interface(The Tech Report)
Western Digital to Demonstrate 4 TB Hybrid Drive at Storage Visions 2015(techPowerUp!)

SATA Expressは昨春発売されたIntel 9 series搭載マザーボードの一部で使用できる。現時点ではSATA Expressに対応するドライブは非常に少ないが、WesternDigitalがSATA Expressに対応する試作品のデモをCESで予定している。デモが行われるのは最高4TBのHDDと最高128GBのSSDを組み合わせた3.5インチ規格のHybridドライブ(SSHD)である。
[WesternDigital SATA ExpressインターフェースのSSHDの試作品を披露]の続きを読む
NVIDIA Tegra X1 Preview & Architecture Analysis(AnandTech)
Nvidia unveils Tegra X1 'superchip'(bit-tech.net)
Nvidia's Tegra X1 SoC has 8 CPU cores, Maxwell graphics(The Tech Report)
Nvidia shows Tegra X1-based cockpit, driver-assist computers for cars(The Tech Report)
NVIDIA Tegra X1 Mobile Processor Released(Guru3D)
NVIDIA Announces Tegra X1: Maxwell Hits Ultra-Low Power(PC Perspective)
NVIDIA、GPUをMaxwellに更新したSoC「Tegra X1」を発表(Impress PC Watch)
NVIDIA、次期モバイルSoC「Tegra X1」のベンチマーク結果を公開(Impress PC Watch)
[CES 2015] NVIDIA,CES 2015で次世代SoC「Tegra X1」を発表。モバイルでも1TFLOPSの時代に(4Gamer.net)
[CES 2015]次世代SoC「Tegra X1」のグラフィックス性能は現行Tegra K1の1.5~2倍に。1TFLOPSの処理性能で狙うのは自動車業界(4Gamer.net)
Maxwell GPU Architecture Delivers First Teraflops Mobile Processor, Powering Deep Learning and Computer Vision Applications - See more at: http://nvidianews.nvidia.com/news/nvidia-launches-tegra-x1-mobile-super-chip#sthash.oZ3p1l6q.dpuf(NVIDIA)
NVIDIA(R) Tegra(R) X1(NVIDIA)

NVIDIAが1月4日の夕方に開催されたpre-CESでのプレスカンファレンス次世代TegraとなるTegra X1を発表した。Tegra X1は“Erista”のコードネームで呼ばれていたもので、“Maxwell”世代のGPUを搭載する。NVIDIAのCEOであるJen-Husn Huang氏はTegra X1を“mobile superchip”と表現した。
[“Maxwell”世代のGPUを搭載するTegra X1が発表される]の続きを読む
Possible NVIDIA GM200 Specs Surface(techPowerUp!)
GPU-Z Validation ud52x(techPowerUp!)
NVIDIA GM200/GM210 GPU Specs Surface(Guru3D)
NVIDIA Quadro M6000 with GM200 GPU specifications leaked(VideoCardz)
NVIDIA GM200 Based Quadro M6000 Possible Specifications Revealed – Features 3072 CUDA Cores, 12 GB VRAM and 6 TFlops Compute(WCCF Tech)
NVIDIA Announces 2015 CES Press Conference, Live Webcast Coverage(NVIDIA)

techPowerUp!のGPU-Z Validation databaseに興味深いエントリーが投稿された。このエントリーは“NVIDIA Quadro M6000”とされdevice IDは10DE - 17F0、現行のForceware 347.09ドライバで動作しているものであった。BIOSの紐付けは全く見たことのないものであった。そのため、この“NVIDIA Quadro M6000”はGM200/GM210コアを搭載するものである可能性が考えられた。
[GM200/GM210を搭載する“Quadro M6000”のものとされるスペック]の続きを読む
Shipments of USB 3.1 peripherals and chips to take off in 1H15(DigiTimes)

USB 3.1に対応するPC周辺機器やチップの出荷は2015年上半期より開始される。USB 3.1はMicrosoftやIntel, Appleあるいは他のPCサプライヤーでサポートされることになる。

台湾のIC設計メーカーは、ノートPC ODMの製品ロードマップから考えると2015年の新型ノートPCは多くがUSB 3.1インターフェースに対応するだろうと述べている。特にMacBook seriesはType C USB 3.1コネクタを採用するだろうと見込まれている。
[USB 3.1対応製品は2015年上半期から出荷される]の続きを読む
Intel’s 14nm Broadwell-U HD 5500 iGPU Performance Numbers Revealed – 32% Increase over Intel HD 4400(WCCF Tech)
Intel Broadwell vs Haswell benchmarks (intel hd 5500 vs hd4400)(YouTube)

The Dave's channelで“Broadwell-U”―Core i7 5500UのiGPUの性能が明らかにされた。Core i7 5500UはULV向けの製品で、iGPUとしてHD graphics 5500を搭載する。しかし、このHD graphics 5500は上位のiGPUではなく、さらに上にHD graphics 6000があり、より高いグラフィック性能を必要とする層に応える。
[“Broadwell-U”のiGPU―HD graphics 5500の性能が明らかに]の続きを読む
Nvidia Geforce GTX 960 to have two ‘Ti’ variants – Upto 1536 CUDA Cores, Benchmarks Revealed(WCCF Tech)

現在GeForce GTX 960のEngineering Sampleは3種類あるという。そしてGeForce GTX 960の派生品として2種類のGeForce GTX 960 Tiが存在するようである。

性能指標も示されているが、それ程印象的なものではない。基本のGeForce GTX 960はGeForce GTX 770を下回り、$200前後のRadeon R9 280と同程度である。そしてGeForce GTX 760よりも10ポイント程高い性能となる。一方、GeForce GTX 960 Ti(仮称)であるが、これには2種類があり、CUDA coreが1280のものと、1536のものがある。これらとの性能の違いは大きく、おそらくGeForce GTX 960 TiはGM204のカットダウン版ではないかと思われる。
[GeForce GTX 960には2種類の“Ti”があるという怪情報]の続きを読む
AMD to Switch to GlobalFoundries' 28 nm SHP Node in 2015(techPowerUp!)
AMD may use GloFo 28nm SHP node for GPUs(Fudzilla)
GPU AMD sui 28nm SHP di GloFo, nVidia aspetta i 16nm FF+ di TSMC AMD GPU on 28nm SHP of GloFo, nVidia expects the FF + 16nm TSMC (bits'n chips)

TSMCの開発障害の遷延を受けて、AMDは2015年のGPUにおいてGlobalFoundries 28nm SHPへの切り替えを計画していると報じられている。GlobalFoundries 28nm SHP (super high-performance) はより低い電圧での駆動を可能にするとともに、周波数向上の余地を大幅に確保することができる。2015年のAMD GPUは最新のGraphics Core Next 1.2 architectureをベースとし、より低い電圧とより高い周波数を必要としている。
[AMD GPUの製造プロセスがGlobalFoundries 28nmSHPに移行する?]の続きを読む