北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Plextor Leaks M9Pe SSD Performance(Tom's Hardware)

Tom's Hardwareでは2018年に再びSSDの性能競争が過熱するだろうと予想したが、その予兆を示すものとして、Plextorの次世代SSD製品であるM9Peの初期の性能データがリークした。

そのM9Pe SSDの1TBモデルと思われるもののCrytalDiskMarkのスコアがリークしています。
[“Plextor”の次世代SSD―M9Pe SSDの性能がリーク]の続きを読む
Intel Goldmont Plus: Major revision paves the way for a 32-core SoC(ComputerBase.de)

“Goldmont Plus”は“Gemini Lake”に用いられているCPUコアで、主に低価格市場に投入されている。しかし、Intelは“Goldmont Plus”を低価格市場にとどめず、32-coreのSoCとして“Denverton”の後継製品にすえることも考えているようだ。
[“Goldmont Plus”を用いた32-core SoCの話]の続きを読む
HWiNFO Adds Support for Intel Ice Lake, Whiskey Lake, AMD 400-Series Chipset(techPowerUp!)
HWiNFO Adds Support For 10nm+ Ice Lake, Whiskey Lake, AMD 400-Series Chipset(Tom's Hardware)
HWiNFO32 & HWiNFO64(HWiNFO)

HWiNFO v5.70が12月11日に付けでリリースされました。v5.70における変更点の中にIntelの未発表CPUである“Ice Lake”と“Whiskey Lake”、及び来年第1四半期に予定されているAMDの新チップセット―AMD 400 seriesのサポートが追加されています。
[HWiNFOに“Ice Lake”と“Whiskey Lake”のサポートが追加される]の続きを読む
NVIDIA will launch the Internet cafe "chicken" dedicated graphics GTX 1060 5G, GPU core exposure(Expreview.com)

NVIDIAがGeForce GTX 1060 5GBをローンチするのではないかという噂が流れている。そしてExpreview.comではそのGeForce GTX 1060 5GBのコアの写真を入手した。GeForce GTX 1060 5GBはGP106-350-K3-A1と呼ばれるコアを用いている。
[GeForce GTX 1060 5GBの噂]の続きを読む
[Exclusive] Intel Core i3-8130U is coming to hit the new ULV AMD Ryzens, here’s what we know(Laptopmedia.com)

Laptopmedia.comが得た情報によると、Intelは低価格市場向けとしてCore i3 8130Uを用意しているようだ。

Core i3 8130UはCore i5 8250U以下の価格帯を担うCPU製品としてまもなくリリースされる見込みで、通常用途における十分な性能と軽量なゲームをプレイできる程度の性能を備えるという。価格は$400~450(おそらく搭載システムの価格だろう)が想定される。
[Core i3 8130U]の続きを読む
Intel Core i7-8709G with Vega M Graphics(Guru3D)

12月22日付けでとある動画が投稿された。その動画はFuturemarkのシステム情報を示したもので、4-core/8-threadのCPUとVega M graphicsを搭載するCore i7 8709Gのものであった。

画質は良くはないものの、掲載された動画からはCore i7 8709Gのスペックを読み取ることが出来ます。
[Radeon RX Vega M graphicsを搭載するCore i7 8709Gのスペック]の続きを読む
Intel launches "Knights Mill" Xeon Phi CPUs(CPU World)
Intel Xeon Phi x205 Series Knights Mill Launched(SeverTheHome)
Intel、TDP 320Wに達した72コアのx86プロセッサ「Xeon Phi 7295」(Impress PC Watch)

Intelは12月18日、“Knights Mill”をローンチした。“Knights Mill”はディープラーニング向けとして位置づけられ、Xeon Phi 7235, 7285, 7925の3製品がローンチされた。製造プロセスは14nmで、ブランド名は“Xeon Phi x205 series”となる。“Knights Mill”ことXeon Phi x205 seriesは“Knights Landing”―Xeon Phi x200 seriesと比較すると15~30%程TDPが高く設定されている。一方SocketはXeon Phi x 200 seriesと同様のSocket3647となる。

スペックは以下の通りです。
[“Knights Mill”がひっそりとローンチされる]の続きを読む
AMD 400 Series Chipset: PCI-SIG Names New Chipsets for Ryzen 2(ComputerBase.de)
Unannounced AMD 400-Series Chipset Appears In PCI-SIG Integrators List(Tom's Hardware)

PCI-SIGのリストにAMDの次のチップセットである400 seriesが掲載された。

AMD 400 seriesは現行の300 seriesの後継となるチップセットで来年の登場が予定されている。しかしながら、内部のコードネームは300 seriesと同じ“Promontory”となっているようである。この場合、若干の調整が行われた程度にとどまるだろう。
[AMD 400 seriesチップセットがPCI-SIGに掲載される]の続きを読む
Intel Core i7-8720HQ Mobile Six-core Processor Spotted in the Wild(techPowerUp!)
Intel's i7-8720HQ six-core mobile processor spotted - Mobile Coffee Lake(OC3D)

Intelの次世代のノートPC向けフラッグシップCPUとなるCore i7 8720HQのEngineering Sampleが中国語の技術フォーラムで明らかにされた。Core i7 8720HQは第7世代と同様に1440-pin BGAパッケージを用いるが、使用されているCPUコアは6-coreの“Coffee Lake”となる。

Core i7 8720HQは6-core/12-threadである。L3キャッシュ容量はデスクトップ向けのCore i7(L3=12MB)とは異なり9MBとなっている。周波数は定格2.40GHz/Boost 3.60GHzである。
[Intelの6-coreのMobile processor―Core i7 8720HQが明らかに]の続きを読む
AMD Navi: Linux driver with hints to next-gen GPU(ComputerBase.de)
AMD Navi spotted in Linux drivers(VideoCardz)

Byond3DのForumからの情報によると、“Navi”世代ののもと思われるAMDの将来のGPUの最初のサインが見つかったという。

“Navi”はGFX 10と記載される。これは“Navi”が第10世代のGPUアーキテクチャであることを示している。“Vega”がGFX 9であったことを覚えている方もいるだろう。

以下がその記載です。
[“Navi”のものとされるGPUの記述がLinuxのドライバに見つかる→偽物]の続きを読む
“Raven Ridge”でL2 cacheのレイテンシが改善されているかもしれないという話がTwitter上で出てきています。
[“Raven Ridge”はL2キャッシュのレイテンシが改善されているかもしれない?]の続きを読む
Intel Looking to Increase Capacities of 900P SSD, According to Official Document(techPowerUp!)
Intel tips off potential 960 GB and 1.5 TB Optane SSD 900Ps(The Tech Report)
Intel Optane 900p SSDs will soon have 960GB and 1.5TB variants(OC3D)

Intelの公式資料によると、IntelはOptane SSD 900P seriesのラインナップ増強を図る模様だ。Product Change Notification (PCN) 115990-00にOptane SSD 900P seriesの960GBと1.5TBが記載されていた。
[Optane SSD 900P seriesに960GBモデルと1.5TBモデルが追加される模様]の続きを読む
AMD preparing mobile Ryzen 5 APU with Vega 11 graphics(VideoCardz)
AMD Readies Mobility Aimed Ryzen 5 and Ryzen 3 APUs With Vega 11 and Vega 8 Graphics – Will Launch in 65W – 35W Variants(WCCF Tech)
Ryzen Mobile 3 2200G e Ryzen Mobile 5 2400G per Socket AM4? [UPDATE](bit and chips)

リークしたスライドに初めてVega 11が姿を現した。新型のRyzen Mobile seriesではより高いTDPを有するとともに、より強力なVega graphicsを内蔵する。Ryzen 5 2400Gは4-core/8-thradのAPUでVega 11を搭載する。TDPは65Wまたは35Wとなる。またこれに加えてRyzen 3 2200Gというものも明らかにされ、こちらは4-core/4-threadでiGPUとしてVega 8を搭載する。

Ryzen 7 2700UとRyzen 5 2500Uが投入されているU seriesにも新たなSKUが加えられ、Compute unit数6基のVega graphicsを搭載するRyzen 3 2300Uが追加される。
[Vega 11を搭載するRyzen 5 2400GとVega 8を搭載するRyzen 3 2200G]の続きを読む
Rumor: Ryzen 2 set for Q1 2018 and a Fenghuang APU breaks cover(The Tech Report)
Mystery AMD APU with 1,792 SP Shows Up on SANDRA Database(techPowerUp!)
Details for Result ID AMD 15FF Graphics (28CU 1792SP SM5.2 555MHz, 16kB L2, 2GB 2.4GHz 32-bit, Integrated Graphics) (D3D 11)(SiSoft Sandra Database)

第2世代のRyzen(“Pinnaclr Ridge”)は2018年第1四半期に登場するという話が出てきている。しかし、これとは別に、“Fenghuang”と呼ばれる未発表のAPUが突如SiSoft Sandra Databaseに姿を現した。

“Fenghuang”は“15FF”と呼ばれるGPUを統合したAPUであるという。この“15FF”は28基のRadeon Compute Unitを搭載し、Shader processorの数は1792となる。またVRAMを2GB搭載するが、このVRAMがどのタイプのメモリかはわからない。周波数は555MHzとそれらしい数字が出てきており、L2キャッシュは16KBと表示されている。
[“Fenghuang”―GPUのCompute Unit数が28の謎のAPU]の続きを読む
INNO3D(R) launches new P104-100 Crypto-Mining Accelerator(VideoCardz)
Inno3D Announces P104-100 Crypto Mining Accelerator (Tom's Hardware)
INNO3D P104-100 Crypto-Mining Accelerator - TwinX2(INNO3D)

INNO3Dは12月12日、“P104-100 Crypto-Mining Accelerator”を発表した。この製品はTWIN X2 Editionのレンジで販売される。

“P104-100 Crypto-Mining”はETHやZEC等において最大40%増のマイニング性能を有する。搭載するメモリはGDDR5X 4GBで、GDDR5Xの速度は11Gbpsである。

スペックは以下の通りです。
[GDDR5Xを搭載したマイニング用カード―INNO3D P104-100 Crypto-Mining]の続きを読む
Download AMD Radeon Adrenalin Edition 17.12.1 WHQL(VideoCardz)
AMD,「Radeon Software」のメジャーアップデート 「Adrenalin Edition」を正式発表。さらなる利便性向上を図る(4Gamer.net)
Radeon Software Adrenalin Edition 17.12.1 Release Notes(AMD)

AMD Radeon Softwareのメジャーアップデートとなる“Radeon Software Adrenalin Edition 17.12.1 WHQL”が発表され、AMDのWebサイトよりダウンロード可能となっています。

今までのRadeon Softwareは“Crimzon”の名を冠していましたが、今回より“Crimzon”に代わり“Adrenalin”の名を冠するようになっています。

リリースノートを見ると大幅に手が加えられているようで、まず目につくのはRadeon Settingの機能追加です。新たなタブが複数追加されており、その中にはAMD Linkなるものもあります。AMD Linkのリンク先がデッドリンクになっている(2017年12月12日22時30分現在)ものの、リリースノートの説明を見る限りでは同名のMobileアプリケーションからRadeon Settingに接続できるような機能のようです。

他はRaden Overlay, Radeon ReLive, Radeon Chill等の機能の追加・改善や、いくつかのバグフィックスなどが挙げられています。

対応OSはWindows 10 64-bit/32-bit, 7 64-bit/32-bit、対象となるグラフィックカードはRadeon HD 7700, 7800, 7900からRadeon RX Vegaまで(=“Graphics Core Next”以降)となります。
NVIDIA TITAN V features GV100-400 GPU(VideoCardz)

Gamers NexusのSteveと呼ばれる人物が投稿した動画によると、Titan Vに使用されているGV100 GPUコアはGV100-400と呼ばれるもののようだ。

また、Titan Vでは16 phaseのVRMが用いられており、NVIDIAが用意したSingle-GPUのリファレンスカードとしては最も強力なものである。
また動画では、Titan VのボードナンバーがPG500であり、“Volta”のさらなるSKUの可能性を示唆するものであると説明している。
[Titan Vに使われているGPUコアはGV100-400]の続きを読む
Rambus Talks HBM3, DDR5 in Investor Meeting(techPowerUp!)
HBM3 and DDR5: Rambus wants to interfere with the Next Gen memory(ComputerBase.de)

Rambusが投資家向けカンファレンスで、HBM 3とDDR5の展望を示した。

そのRambusが示した資料が掲載されています。

一枚目は“Rambus Memory PHY Solutions”と題されたものです。
DDR4/3とHBM 2そして将来のメモリ技術であるHBM 3とDDR5が示されています。
[Rambusが示したDDR5とHBM 3の展望]の続きを読む
NVIDIA's Latest Titan V GPU Benchmarked, Shows Impressive Performance(techPowerUp!)
NVIDIA Titan V Graphics Card Benchmarks(Guru3D)

電撃的に発表された“Volta”世代のTitan Vですが、そのベンチマークがRedditに挙げられたようです。

以下がそのスコアとなります。
[Titan Vのベンチマーク]の続きを読む
NVIDIA TITAN V Lacks SLI or NVLink Support(techPowerUp!)

techPowerUp!がNVIDIAから得た情報によると、Titan VはNVLinkもSLIもサポートしないようだ。NVLinkの端子自体はTitan Vのカードにもあり、それは実際にNVLinkをサポートするTesla V100 PCIeのNVLinkインターフェースと同じものである。NVIDIAによると、Titan VとTesla V100そして今後登場するQuadro GV100は同じ基板を使用しているという。しかし、Titan VのNVLink端子はクーラーのベースプレートとバックプレートによりふさがれてしまっている。そのため、この端子にNVLinkブリッジを接続することはできない。

“Volta”を使用したTitan Vは間違いなく最速のグラフィックカードとなりますが、NVIDIAはMulti-GPUの市場が縮小しつつあることを見越して、この措置を執ったのではないかと推測されています。将来の上位GPUも同じ流れを汲むのか、あるいはTitan Vだけにとどまる措置なのかは今後注意してみていく必要がありそうです。
Introducing the New Intel Pentium Silver and Intel Celeron Processors: Performance and Connectivity at Amazing Value(Intel)

Intelは12月11日、新しいPentium SilverとCeleronを発表した。

新型のPentium SilverとCeleronは“Gmini Lake”と呼ばれてきたコアをベースとしており、Officeやブラウジング、動画鑑賞や画像編集などの日々のタスクにおいて非常にバランスのとれた性能とconnectivity、バッテリ駆動時間を有している。Pentium Silverは4年前の似たようなシステムと比較しProdcutivity performanceにおいて58%優れる。

ラインナップは以下の通りです。
[“Gemini Lake”が正式発表される]の続きを読む
Intel Processors and Chipsets by Platform Code Name(Intel)

Intelの“Intel Processors and Chipsets by Platform Code Name”のページにはおおむねCore 2世代から現行世代、さらには未発表のCPUやプラットフォームのコードネームが掲載されています。その中にいくつか興味深いものがみられます。
[Intelのコードネーム一覧に掲載されている未発表CPU達]の続きを読む
AMD Ryzen 2 Set For March 2018 Launch On 12nm – To Support Higher Core & Memory Clock Speeds(WCCF Tech)
AMD confirms 2nd Gen Ryzen launching in Q1 2018(VideoCardz)

AMDは12nmプロセスで製造される“Pinnacle Ridge”をRyzen 7,5, 3 2000 seriesとして投入する。これらはより高い周波数を実現し、より高速なDDR4メモリのサポートが行われる。

AMDは“Pinnacle Ridge”―Ryzen 2000 seriesを段階的に投入する。まずRyzen 7を2月に投入、続いて3月にRyzen 5とRyzen 3を投入する。これらはGlobalFoundriesの“12nm Leading Performance”プロセスで製造され、改良型の“Zen+”アーキテクチャを採用する。
[“Pinnacle Ridge”はRyzen 2000 seriesとして2018年第1四半期に登場予定]の続きを読む
NVIDIA Announces “NVIDIA Titan V" Video Card: GV100 for $3000, On Sale Now(AnandTech)
NVIDIA Announces TITAN V "Volta" Graphics Card(techPowerUp!)
NVIDIA Launches TITAN V "Volta" Graphics Card With 21 Billion Transistors(Guru3D)
NVIDIA Launches Titan V, the World's First Consumer Volta GPU with HBM2(PC Perspective)
NVIDIA、Voltaアーキテクチャ/12GB HBM2採用のビデオカード「TITAN V」(Impress PC Watch)
NVIDIA,Volta世代初のグラフィックスカード「TITAN V」を発表。ディープラーニング向け(4Gamer.net)
Volta-Powered GPU Delivers 110 Teraflops of Deep Learning Horsepower — 9x Its Predecessor — to Researchers and Scientists(NVIDIA)

NVIDIAは12月7日、Neural Information Processing System conferenceにおいて、Titan Vを正式発表した。このTitan Vの発表は最初の“Volta”搭載製品であるTesla V100の発表から7ヶ月の後の出来事となる。Titan Vもまた“GV100”を搭載する製品となる。販売は発表日より開始される。

PCI-Express版のTesla V100と今回発表されたTitan Vのスペックを比較したものが以下となります。
[【NVIDIA】“Volta”を採用したTitan Vが正式発表される]の続きを読む
もう記録だけ。

海峡夜棲姫-壊までは甲で攻略を試みたのですが、どうしても海峡夜棲姫-壊を落とせず、結局丙での攻略となりました。

E-4甲の海峡夜棲姫-壊までの攻略時間はおそらくは1週間(海峡夜棲姫-壊の段階で泥沼化していた時間も含む)ほど、一方E-4丙の全課程の攻略時間は2日間。海峡夜棲姫-壊まで甲作戦でたどり着けるならば丙作戦はそこまで泥沼化することはないと考えられますが、複雑かつ長大な海域のため、丙作戦もそこそこの時間は必要です。
[西宮艦隊不定期航海日誌―'17秋 捷号決戦!レイテ沖海戦(前篇) E-4丙の記録]の続きを読む
Qualcomm Announces Snapdragon 845 Mobile Platform: Tocks Next-Gen CPU Cores, GPU, AI, & More(AnandTech)
Qualcomm Snapdragon 845 to ship in devices from early 2018(HEXUS)

Qualcommは12月7日、Snapdragon 835に続くフラッグシップMobileプラットフォームとしてSnapdragon 845 Mobile platformを発表した。

Snapdragon 845はSamsungの10nmLPPプロセスで製造され、現在サンプリングが行われている。そして来年初めに搭載デバイスが出回る予定であるという。

AnandTechにSnapdragon 845と835のわかりやすい比較表が掲載されています。
[【Qualcomm】Snapdragon 845が正式発表される]の続きを読む
AMD Makes a Surprise Appearance: Ryzen Mobile with Qualcomm LTE(AnandTech)
Select AMD Mobile Platforms to Include Qualcomm-Powered LTE Capabilities(techPowerUp!)
AMD to add Qualcomm LTE modems to Ryzen Mobile laptops(Guru3D)

Qualgomm Technology Summitにおいて、AMDはQualcommとの提携を電撃的に発表した。その内容であるが「AMD processorを搭載したMobileプラットフォームにQualcommのLTEモデムを搭載し、そのMobileデバイスにおいて常時接続を可能とする」というものだ。AMDのKevin Lensing氏が登壇し、説明したところに寄ると、Ryzen 7 2700U, Ryzen 5 2500Uを含むRyzen MobileプラットフォームにQualcommのLTEモデムを搭載したリファレンスデザインはOEM向けに出荷されているという。
[Ryzen MobileにQualcommの4G LTEモデムが組み合わされる]の続きを読む
MSI Z170A Xpower Titanium Modded, Supports Intel Core i3-8350K(techPowerUp!)
MSI Z170A Xpower Titanium Modded, Supports Intel Core i3-8350K(VideoCardz)

MSIのIntel Z170搭載マザーボードである“Z170A Xpower Titainum”をオーバークロック向けに電源供給を改造したことにより、Core i7 8700Kが動作する可能性が出てきたようだ。

“Z170A Xpower Titainum”を改造した人物はCore i3 8350Kを同マザーボードに搭載し、Widnows OSをブートさせた。BIOSも改造し、マイクロコードを変更することでCore i3 8350Kを動作させられるようにした。
[Z170マザーボードでCore i3 8350Kを動かした話]の続きを読む
AMD Working on GDDR6 Memory Controller For Future Graphics Cards(PC Perspective)
AMD Working on GDDR6 DRAM Controller(Guru3D)
AMD Working On GDDR6 Memory Technology For Upcoming Graphics Cards(WCCF Tech)

WCCF Techによると、AMDは将来のGPU向けにGDDR6対応メモリコントローラを開発しているようだ。GDDR6メモリコントローラの開発に携わっているAMDの技術者がLinkedInのページにリストアップされているという。WCCF Techではこれらの人々にコンタクトを取り、AMDがGDDR6規格に対応して開発を行っていること、将来のグラフィックカードに積極的に採用していくことを確認できた。
ではHBM2はどうなるのか?という疑問が生じるが、これは引き続きハイエンドグラフィックカードに採用されるという。
[【AMD】将来のGPU向けにGDDR6対応メモリコントローラを開発中]の続きを読む
AMD Officially but Silently Downgrades Radeon RX 560 with an 896 SP Variant(techPowerUp!)
Radeon RX 560: AMD silently changes GPU specification(Guru3D)
AMD quietly launches slower Radeon RX 560(VideoCardz)
Radeon RX 560(AMD)

Radeon RX 560の896 sp版がより広く出回ることになりそうだ。元々StreamProcessor数896のRadeon RX 560は中国向けに出荷されていたが、これがより広く流通することになる模様である。AMDはひっそりとRadeon RX 560のスペックを修正し、StreamProcessorの項目を896 or 1024としている。

実際にAMDの公式Webサイトを確認したところ、確かにRadeon RX 560のStreamProcessor数が896 or 1024に、Compute Unit数が14 or 16となっていました。
[Radeon RX 560にひっそりと896 sp版が追加された模様]の続きを読む