北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD confirms that their Zen 3 Milan processors will not use DDR5(OC3D)
An Interview with AMD’s Forrest Norrod: Naples, Rome, Milan, & Genoa(AnandTech)

AMDはまもなく“Zen 2”をリリースする。“Zen 2”はコア数を増やし、効率性を高め、IPCを向上させた。AMDは“Zen 2”に続き、2020年中盤に“Zen 3”をリリースし、サーバー向けの製品として“Milan”を予定している。

“Zen 2”世代のEPYC―“Rome”においてはAMDはDDR4-2666以上のサポートを行うことを、AnandTechのインタビューで明らかにしている。そして同じインタビューにおいてAMDのForrest Norrod氏は“Zen 3”世代のEPYC―“Milan”についても言及している。“Milan”は第1世代EPYCである“Naples”や第2世代EPYCとなる“Rome”と同じSocketSP3を用い、引き続きDDR4メモリをサポートする。
[“Zen 3”世代のEPYC―“Milan”はDDR5には対応しない]の続きを読む
SAPPHIRE registers Radeon RX 5950/5900 (XT), RX 5850/5800 (XT) series at EEC(VideoCardz)
AMD Radeon RX 5950, 5900, 5850 & 5800 Graphics Cards Leaked(WCCF Tech)
PJUUUTVJRMAE-73-62851(EEC)

EECに多数のRadeon RX 5000 seriesの製品名が登録されていたことが発見された。登録したのはSapphireで先日発表されたRadeon RX 5700 XT, Radeon RX 5700の他、多数の型番が掲載されている。

以下がその一覧である。
[EECに登録されていた多数のRadeon RX 5000 series]の続きを読む
Intel Islay Canyon NUC mini PCs now available (Whiskey Lake CPU, AMD Radeon Graphics)(Liliputing)

Intelの新たな“Mainstream-G”に相当するNUC―“Islay Canyon”はIntelの第8世代Core i U seriesこと“Whiskey Lake”とAMDのRadeon 540Xを搭載したNUCである。

“Islay Canyon”は6月にリリースされており、$500前後で販売されている模様である。“Islay Canyon”はCore i5 8265UとCore i7 8565Uを搭載したモデルがあり、AmazonやWalmart、Newegg等で取り扱いがある。

この“Islay Canyon”なるNUCが国内で取り扱いが始まったという情報は確認していないが、いずれ取り扱いが始まると思われる。
寸法は11.7cm×11.2cm×5.1cm、ストレージは2.5インチとM.2ストレージの2つを搭載できる。また4K/60Hzのデュアルディスプレイ出力をサポートする。

その他のI/OとしてGigabit Ethernet、IEEE 802.11ac WiFi、Bluetooth 5.0、HDMI 2.0B,、MiniDisplayPort 1.2、USB 3.1 Type-C/USB 3.1 Gen. 2 Type-Aを備える。

(“Crimson Canyon”よりこっちを買った方が幸せになれそうだ、とか言ってはいけない)
[“Whiskey Lake”とRadeonを搭載したNUC―“Islay Canyon”]の続きを読む
Leaked 3DMark Time Spy Result shows Radeon RX 5700 XT matching GeForce RTX 2070(techPowerUp!)
3DMark Time Spy Result shows Radeon RX 5700 XT close to GeForce RTX 2070(Guru3D)

とあるレビュワーが“Navi”のレビューサンプルを受け取った模様で、その3DMark Time Spyのスコアが掲載されている。
グラフィックカードは“Generic VGA”とだけ認識され、スコアは総合8575 point, Graphics Score 8719, CPU Score 7842であった。これを取り上げたWCCF TechによるとGeForce RTX 2070 Founders Edition(Score 8901)やRadeon RX Vega 64(Score 7427)に近いスコアであったとしている。


Core i7 8700Kを使用したシステムでベンチマークは計測されている。
Generic VGAと認識されているものの、VenderはAMDとなっており、AMD製のGPUであることはわかる。メモリは8GB、GPUの周波数は1878MHz、メモリの周波数は12582MHzとなっている。

Radeon RX 5700 seriesの解禁は7月7日である。いつの間にか10日を切っているのに、時間の流れの速さを感じてしまう。
NVIDIA GeForce RTX SUPER series final pricing and availability date leaked(VideoCardz)
EVGA GeForce RTX 2060 & RTX 2070 SUPER XC graphics cards pictured(VideoCardz)
Update (3): GeForce RTX SUPER Lineup on July 2nd - Added 2070 Photo and Specs/Price(Guru3D)
NVIDIA GeForce RTX 20 SUPER Final Prices Leaked: RTX 2080 SUPER For $699 US, RTX 2070 SUPER For $499 US and RTX 2060 SUPER For $399 US(WCCF Tech)

GeForce RTX 20 Super seriesの最終的な価格とスペックが明らかになった。GeForce RTX 20 Super seriesは7月2日に発表される。GeForce RTX 20 Super seriesはGeForce RTX 2080 Super, RTX 2070 Super, RTX 2060 Superの3種類で構成される。このうちGeForce RTX 2070 SuperとRTX 2060 Superが先に発表され、RTX 2080は後に追加される形となる。

最終的なスペック・価格は以下の通りである。
[GeForce RTX 20 Super seriesの最終的なスペックと価格が判明した模様]の続きを読む
NVIDIA to announce GeForce RTX 2080 SUPER, 2070 SUPER and 2060 SUPER on July 2nd(VideoCardz)
Update on NVIDIA RTX 2060 SUPER, RTX 2070 SUPER and RTX 2080 SUPER Launch Schedule(WCCF Tech)

NVIDIAはGeForce RTX 20 Super seriesの発表及びローンチの予定を明らかにし始めている。GeForce RTX 20 Super seriesは全てのSKU―GeForce RTX 2080 Super, RTX 2070 Super, RTX 2060 Superが7月2日に発表される。しかし、同日にレビューが解禁されるのはGeForce RTX 2070 SuperとRTX 2060 Superに限られる。上位のGeForce RTX 2080 Superについてはレビューの解禁日は未定である。

WCCF Techによると翌週の7月9日にGeForce RTX 2070 SuperとRTX 2060 Superが解禁される模様である。GeForce RTX 2080 Superについては7月23日という日付が伝えられているが、まだ不確定要素がある模様である。

・・・どうせならUltraの方がNVIDIAらしいと思うのですがどうでしょう?
AMD Ryzen 5 3600 Review Leaks, Shows Impressive Performance(techPowerUp!)
AMD Ryzen 5 3600 6 Core, 12 Thread CPU Tested on X470 Platform – Single-Core Performance On Par With The Core i9-9900K(WCCF Tech)
Review: AMD Ryzen 5 3600 (X470) (World Exclusive)(El Chapuzas Informatico)

El Chapuzas InformaticoがAMDのRyzen 5 3600のレビューを投稿した。レビューはX470を搭載するGigabyte Aorus Gaming 7 WiFiと、G.Skill FlareX DDR4 @ 3200MHz、NVIDIAのGeForce RTX 2080 Tiを用いて行われている。マザーボードのBIOSはF40でRyzen 3000 seriesへの完全対応をうたうものである。

Ryzen 5 3600は“Zen 2”世代のAM4 CPU―“Matisse”のラインナップとして現時点では最下位のモデルである。スペックであるが6-core/12-thread, 3.60GHz/Boost 4.20GHz, L3=32MB, TDP65Wとなる。
しかし、その結果は驚くべきものであった。


まず以下が“Matisse”ことRyzen 3000 series CPUのラインナップである。
[Ryzen 5 3600のベンチマークがリーク]の続きを読む
AMD To Disable PCIe 4.0 Support In Final X470/B450 BIOSes After X570's Launch (Vortez.net)

AMDのRyzen 3000 seriesとX570チップセット搭載マザーボードが7月7日に解禁される。

Ryzen 3000 seriesの特徴の1つしてPCI-Express 4.0への対応がある。では、X470及びB450マザーボードRyzen 3000 seriesの組み合わせでPCI-Express 4.0を使用することができるのだろうか?

これに対して以下のような記載がある。
[X570のローンチ後、X470/B450のPCIe 4.0のサポートは無効化されるよう]の続きを読む
AMD motherboards: Concrete references to X590 chipset(CompterBase.de)

X570, B550, A520。これがAMD 500 seriesチップセットの名である。しかし、もう1つの500 seriesチップセットが用意されているという噂があった。それがX590である。X590の名はGigabyteのX570マザーボードのBIOSファイルの中から見つかった。

この話自体は6月中旬に出てきたもので、BIOS fileにX570/590 chipsetという記載があったことに端を発している。

これに対し、新たな情報が入ってきている。
[AMD X590チップセットの噂とその裏話?]の続きを読む
◇その1:“Crimson Canyon”その後
もう忘れられてると思うが、“Crimson Canyon”というNUCがあった。

Core i3 8121UというCPUを搭載したNUCである。Core i3 8121Uのスペックは以下の通り。
[【雑記】“Crimson Canyon”その後 他【北森瓦版蝋燭レビュー 11.101】]の続きを読む
AMD's power-saving APUs "Picasso" Ryzen 3 3200GE and Ryzen 5 3400GE(Planet3D)
X570 Phantom Gaming X CPU Support List(ASRock)

AMDは12nmの“Zen+”世代のAPU―“Picasso”をまずMobile向けに投入し、続いてデスクトップ向けにRyzen 5 3400G, Ryzen 3 3200Gとして7月7日に投入する。さらに、デスクトップ向けの低消費電力モデルとしてTDP35WのRyzen 5 3400GEとRyzen 3 3200GEが予定されている。

スペックは以下の通りである。
[Ryzen 5 3400GEとRyzen 3 3200GE]の続きを読む
AMD Epyc "Rome" specifications and prices(Planet3D)

Radditに“Rome”―EPYC 7002 seriesのより詳細なスペックと価格が投稿された模様である。最上位は64-core/128-threadのEPYC 7742となり8266ユーロ($9340)、最下位は8-core/16-threadのEPYC 7252Pで546ユーロ($617)である。

以下がそのラインナップである。
[“Rome”―EPYC 7002 seriesのより詳細なスペック]の続きを読む
Intel to Cut Prices of its Desktop Processors by 15% in Response to Ryzen 3000(techPowerUp!)

まもなく登場するAMDの第3世代Ryzen desktop processorに対抗すべく、Intelは対抗準備を進めている。Intelはデスクトップ向け第9世代Core i processorの値下げ、販促、バンドル、そしてゲームでの優位性を強調していく構えだ。
また2019年第3四半期にはHEDT向けProcessorのラインナップ更新も予定されている。


DigiTimesの報道によると、Intelは第3世代Ryzenへの対抗として、DIYリテールチャネルのクライアントセグメント製品の値下げを行う模様だ。
同情報によると、第9世代Core i processorの値下げは最小10%、最大15%で行われるといい、幅広いSKUに渡る。値下げはゲーマーやエンスージアストに人気のあるCore i9 9900K, i7 9700Kそしてi5 9600Kも対象となる見込みで$25~75ほどの値下げが行われる模様である。
[IntelがCPUの値下げを検討している模様]の続きを読む
NVIDIA GeForce RTX 20 SUPER series to launch mid-July(VideoCardz)
EXCLUSIVE: NVIDIA’s SUPER GPUs, Unleashing Monsters [Updated](WCCF Tech)
Exclusive: NVIDIA RTX Super Graphics Cards Pricing, RTX 2080 SUPER $799 MSRP, RTX 2070 SUPER $599 MSRP and RTX 2060 SUPER for $429 MSRP(WCCF Tech)

WCCF Techの6月21日という日付が正しいかどうかは説明することが出来ないものの、VideoCardzで得た情報でもGeForce RTX 20 seriesが来週に発表される可能性はあるようである。
ただし、重要なのはGeForce RTX 20 seriesのローンチ(=ここでは解禁という意味でいいだろうか)は7月中旬まで待たなくてはならないと言うことだ。NVIDIAはAIBパートナーに新Seriesの説明をし始めたところであり、“Turing Refresh”―GeForce RTX 20 Superの準備にもう少し時間が必要なのは明らかだ。


スペックや価格も出てきはいるが、なかなかややこしいことになっている。以下が一応簡易的にまとめたものである。
[GeForce RTX 20 Superの発表はまもなく、解禁は来月・・・らしい]の続きを読む
AMD Radeon RX: New Linux driver calls Navi 12, 14 and 21(ComputerBase.de)

AMDはRDNAアーキテクチャに対応した最初のLinux向けドライバをリリースした。このドライバには“Navi 10”をベースとしたRadeon RX 5700 XT / RX 5700のサポートが加えられるとともに、今後登場するかもしれない“Navi” GPUに関する記載を見ることが出来た。

Linuxのドライバに見つかったのはRadeon RX 5700 XT/RX 5700として登場する“Navi 10”に加え、“Navi 12”, “Navi 14”, “Navi 21”である。
[Linux向けドライバにあった“Navi 12”, “Navi 14”, “Navi 21”の記述]の続きを読む
PCI-SIG Announces PCIe 6.0 Specification(techPowerUp!)
PCI Express Bandwidth to Be Doubled Again: PCIe 6.0 Announced, Spec to Land in 2021(AnandTech)
PCI-SIG announces PCIe 6.0, because who doesn't want more bandwidth?(OC3D)
PCI-SIG(R) Announces Upcoming PCI Express(R) 6.0 Specification to Reach 64 GT/s(PCI-SIG)

PCI-SIGは6月19日、64GT/sの転送速度を実現するPCI-Express 6.0 technologyを発表した。PCI-Express 6.0はPCI-Express 5.0の2倍の転送速度を実現しつつ、後方互換性を有し、さらに電力効率・コスト効率を向上させたものとなる。PCI-Express 6.0の規格策定は2021年を予定している。

以下がPCI-Express 6.0の概要である。
[PCI-SIG PCI-Express 6.0を発表―2021年の規格策定を目指す]の続きを読む
Server microprocessors AMD Epyc Server Computer class Microprocessor Units (CPU)(portal of the Eurasian Economic Union)

Portal of the Eurasian Economic Unionのページにはしばしば未発表のPC関連製品が掲載されており、ここが情報源となることも多いが、今回、このページに“Rome”―EPYC 7002 seriesのラインナップが掲載されていた。
以下に抜粋する。
[“Rome”―EPYC 7002 seriesのラインナップ?]の続きを読む
Intel 10nm Sunny Cove ’10th Gen Ice Lake’ ES CPU Single-Core Performance Leaks Out, On Par With A 5.3 GHz 9700K at Just 3.7 GHz – Intel Comet Lake & AMD Ryzen 3000 Results Leaked Too(WCCF Tech)
HP HP Laptop 17-by2xxx / Intel Core i7-10510U(Geekbench)
HP HP Laptop 17-by2xxx / Intel Core i5-10210U(Geekbench)
Dell Inc. XPS 13 7390 2-in-1 / Intel Core i7-1065G7(Geekbench)

WCCF Techに“Ice Lake”や“Comet Lake”そして“Zen 2”を含むCPU-Z Single-thread benchmarkのスコアの一覧が掲載されている。
元ネタは中国語のForumのようだが、当該ページは消されたのか確認は出来ない。

そしてその一覧であるが、周波数もコア数もバラバラなのでどこまで単純比較していいものかが悩ましいものの、純粋にSingle-thread性能が反映していると比較すると、IPCの高い順に各アーキテクチャを並べると以下の通りになると推測される。

  SunnyCove>Zen 2>Comet Lake=Skylake (Kaby Lake, Coffee Lake)
[ここ最近の噂から“Ice Lake”と“Comet Lake”のアーキテクチャを考える]の続きを読む
GIGABYTE Releases The AORUS NVMe Gen4 SSD(techPowerUp!)
Gigabyte releases their Aorus NVMe Gen4 5,000MB/s SSD(OC3D)
AORUS NVMe Gen4 SSD 2TB(Gigabyte)
AORUS NVMe Gen4 SSD 1TB(Gigabyte)

Gigabyteは6月17日、PCI-Express 4.0に対応するM.2 SSD製品となるAORUS NVMe Gen4 SSDを正式発表した。

AORUS NVMe Gen4 SSDはNAND Flashに東芝BiCS4 96層3D TLC NANDを、コントローラにPhison PS5016-E16を用いている。容量は500GB, 1TB, 2TBが用意されるが、スペックが明らかになっているのは1TBと2TBモデルとなる。

1TBおよび2TBモデルのスペックは以下の通りである。
[Gigabyte AORUS NVMe Gen 4 SSDが発表される]の続きを読む
Custom Radeon RX 5700 cards come in mid-August (Fudzilla)

Fudzillaで得た情報によると、カスタム仕様のRadeon RX 5700 seriesの登場は8月中旬となる。
Radeon RX 5700 seriesは7月7日のローンチとなるが、このときに出回るのはリファレンスデザインのカードのみとなる。そして8月中旬以降に、各社カスタム仕様のカードが出回ることになる。
[Radeon RX 5700 seriesのカスタム仕様のカードは8月中旬に登場する]の続きを読む
AMD Epyc 7452: Rome CPU with 32 cores and 2.35 GHz sighted(ComputerBase.de)

PhoronixがベンチマークのデータベースにEPYC 7452が掲載されているのを見つけた模様である。
EPYC 7452は未発表の製品で、“Rome”をベースとした32-core/64-threadのEPYCである。現行世代となる“Naples”をベースとしたEPYC 7451は24-core/48-threadで、“Rome”世代でコア数が大幅に増えていることがわかる。EPYC 7452の周波数は2.35GHzで、この数字も“Naples”の32-coreモデルであるEPYC 7551の2.00GHzと比較すると350MHz高い。そしてアーキテクチャも新しい“Zen 2”に移行しているため、いくつか掲載されたベンチマークのスコアは周波数の上昇分以上の向上を見せている。


“Rome”世代のEPYCは順当にEPYC 7xx2となるようである。
[“Rome”の32-core EPYC―EPYC 7452]の続きを読む
ASMedia to finish tape-outs for PCIe 4.0 chip solutions by end-2019(DigiTimes)
AMD X590 Chipset Reportedly In The Works – Designed For Premium AMD Ryzen 3000 CPUs, Higher PCIe 4.0 Lanes, Much Higher Priced Than X570 Boards(WCCF Tech)

ASMediaはPCI-Express 4.0対応ソリューションを2019年末にテープアウトする見込みである。そして2020年にAMDからより多くのチップのオーダーを受けており、AMDのチップセットが本格的にPCI-Express 4.0対応へ動くことになる。

また、ASMediaはAMDのB550及びA520のオーダーを受けている。B550とA520はPCI-Express 3.0に対応し、2019年第4四半期にマザーボードODM及びOEMに出荷される。またASMediaはAMDのPCI-Express 4.0ベースのチップセットのオーダーも受けており、テープアウト後の過程が順調であれば2020年に登場する見込みである。
[B550及びA520チップセットは2019年第4四半期?]の続きを読む
AMD Roadmaps - Mobile APU "Renoir" already at the turn of the year?(Planet 3DNow!)

WCCF Techが“Navi”の4ヶ月後となる11月に“Raven Ridge Refresh”と呼ぶ7nm APUをローンチすると報じた。この7nm APUはRyzen 3000 series APU―“Picasso”の後継となり、コードネームは“Renoir”となる。しかしながら現行の“Picasso”のMobile版が1月のローンチであったことを考えるとかなり早い登場となる。

“Navi”の4ヶ月であれば11月となるが、より現実的には2020年初め―CES 2020の頃となるだろう。
[AMDの2020年までのロードマップ―次のAPUは“Renoir”]の続きを読む
Purported References to X590 Chipset Found in BIOS for Upcoming AMD Motherboards(Tom's Hardware)

Gigabyte X570のBIOSファイルから、未発表の“X590”なるチップセットの記載があったという。BIOSの記載には多くのオプションに“X570/590 chipset.”の記載があったという。Ryzen DRAM Calculatorの開発者もまたX590チップセットに関してTwitterでつぶやいており、「AMD X590やその他がまもなくやってくるかもしれない」と述べている。ただし、現在このツイートは削除されている。

X570の時点で機能面は十分以上に充実しており、さらにその上にX590チップセットが出るといわれてもにわかには信じがたい部分がある。X590=Threadripper向けチップセットであれば納得しやすいが、Tom's Hardwareはそうはとらえてはいないようで、16-coreのRyzen 9 3950Xと組み合わされるさらに上のチップセットと予想している。

しかし現時点で“X590”が出るかどうかははっきりせず、“Z490”と同じ道をたどる可能性も指摘されている。
2019 COMPUTEX(Intel)
NEW 10TH GEN INTEL(R) CORE(TM) U-SERIES AND Y-SERIES PROCESS(Intel / PDF files)

Mobile向け第10世代Core processor―“Ice Lake-U/-Y”のProduct briefが公開されている。
2019 Computexのページの下にリンクがあり、そこから閲覧することができる。

多くの情報はComputex 2019で公開された通りであるが、この資料により“Ice Lake-U/-Y”の仕様を再確認することができる。
[“Ice Lake-U/-Y”の製品資料が公開される]の続きを読む
AMD's 7nm APUs will reportedly be ready in late 2019(OC3D)
EXCLUSIVE: AMD’s Plans For 7nm Ryzen APUs(WCCF Tech)

WCCF Techで得た情報によると、AMDは“Raven Ridge”のRefreshを7nmプロセスで計画している。そして、この新たな7nm APUは“Navi”のローンチからおおよそ4ヶ月後のローンチを計画しているという。“Navi”のローンチは7月7日に計画されており、11月末のholiday season頃のローンチが予想される。
[7nmプロセスのAPUが2019年末に計画されている・・・らしい]の続きを読む
AMD's plans to release 64-core Threadripper processor this year - Rumour(OC3D)
EXCLUSIVE: AMD Is Working On A Monster 64-Core Threadripper, Landing As Early As Q4 2019(WCCF Tech)

AMDは公式に第3世代Ryzen Threadripperが計画されていることを明らかにしている。しかし、現時点でその詳細は明らかにされていない。
Computex 2019においてAMDのCEOであるLisa Su氏は「メインストリームのスペックの上昇があれば、それに伴ってThreadripperのスペックも引き上げられる」とコメントしており、第3世代Ryzen Threadripperでより多くのコアが搭載される可能性を示唆している。


そしてWCCF Techの情報によると、AMDは2019年第4四半期末に64-coreのThreadripperを計画しているという。また、同じ情報によるとその他の何かをCES 2020で明らかにするらしい。
[64-coreのThreadripperが年内に計画されている・・・らしい]の続きを読む
◇X570チップセットが有する機能
AMD X570 Puts Out Up To Twelve SATA 6G Ports and Sixteen PCIe Gen 4 Lanes(techPowerUp!)

AMD X570チップセットは同社が自社で設計したSocketAM4向けのチップセットである。SocketAM4 CPUは元々必要なI/O―SATAやUSB等を備えるSoCであるため、SocketAM4プラットフォームにおけるチップセットの役割はI/Oを増やすことにある。
これまでのX470―“Promontory Low Power”のTDPは最大で5Wで3Wまで低減させることが可能であった。一方、X570チップセットは最大で15Wとも言われ、そのためComputex 2019で展示されたX570マザーボードの多くはチップセットの冷却にファンを用いていた。


ここからが本題であるが、AMDによるとX570は12基ものSATA 6.0Gbpsポートを有するという。この多数のSATAポートのおかげで、マザーボードメーカーは全てのM.2スロットにPCI-ExpressだけでなくSATAの配線を行うこともできるようになる。
[X570チップセットの機能と“Matisse”のI/Oダイの話]の続きを読む
AMD Announces Radeon RX 5700 XT & RX 5700: The Next Gen of AMD Video Cards Starts on July 7th At $449/$379(AnandTech)
AMD Radeon RX 5700 XT Beats GeForce RTX 2070 in a Spectrum of Games(techPowerUp!)
AMD drops new Radeon RX 5700 details and a 16-core Ryzen 9 at E3(The Tech Report)
Tech preview: Radeon RX 5700 and 5700 XT - 5700 and 5700 XT(Guru3D)
AMD officially reveals their RX 5700 family of Navi graphics cards(OC3D)
AMD Radeon RX 5700 XT and RX 5700 Graphics Cards Announced(Levit Reviews)
The architecture behind AMD's RDNA and Navi GPUs(HEXUS)
AMD、RDNA初の製品となるRadeon RX 5700シリーズ(Impress PC Watch)
7nmプロセスで2GHz近いクロックのGPU「Radeon RX 5700」のアーキテクチャ(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)
西川善司の3DGE:次世代GPU「Radeon RX 5700」シリーズの秘密に迫る。レイトレーシング対応は第2世代Naviに持ち越し?(4Gamer.net)

AMDはE3 2019に先だって開催した“Next Horizon Gaming”でRadeon RX 5700 seriesの詳細を明らかにした。Radeon RX 5700 seriesはComputex 2019で発表されたが、今回、そのより詳しい内容が明らかにされた。そして解禁日は7月7日となる。

スペックは以下の通り。
[Radeon RX 5700 seriesが正式発表される―解禁日は7月7日]の続きを読む
AMD Ryzen 3000 APUs: Up to Vega 11, More MHz, Under $150, Coming July 7th(AnandTech)
AMD Ryzen 3 3200G and Ryzen 5 3400G Detailed: New Slide Leak(techPowerUp!)

AMDは6月11日、Ryzen 5 3400GとRyzen 3 3200Gを発表した。これらは12nmの“Picasso”をベースとしたAPUで、CPUは“Zen+”で4-core、GPUは“Vega”を用いる。

スペックは以下の通りである。
[“Picasso”―Ryzen 5 3400GとRyzen 3 3200Gが発表される]の続きを読む