北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel's next-gen architecture will be "significantly bigger" than Sunny Cove(OC3D)

Intelはちょうど転換期にある。この数年、Intelは“Skylake”アーキテクチャに頼っており、“Skylake”から“Kaby Lake”、“Coffee Lake”、“Coffee Lake Refresh”そして“Comet Lake”が該当する。これらは、世代間の性能向上幅は小さく、アップグレードの理由も弱いものとなっていた。

現在PCを取り巻く土壌は変化している。始まりはAMDが“Zen”アーキテクチャでより多くのコア数のCPUをメインストリームに持ってきたことである。また“Zen”はこれまで強力なSingle-thread性能を誇っていたIntel x86 processorの代替となり得るだけの存在となり、“Zen 2”ではそれを真のものとした。

現在、Intelに所属するJim Keller氏が、“Ice Lake”に使用されている“Sunny Cove”の後継は「明らかに大きい」ものになることを明らかにした。なお、“Sunny Cove”においても“Skylake”比で15~18%のIPCの改善が図られている。
[Intelの次世代アーキテクチャは“Sunny Cove”よりも「明らかに大きい」]の続きを読む
AMD Announces Availability of the Ryzen PRO 3000 Series Processors(techPowerUp!)
AMD announces Ryzen PRO 3000 Series for workstations(VideoCardz)
AMD Announces Worldwide Availability of AMD Ryzen(TM) PRO 3000 Series Processors Designed to Power the Modern Business PC(AMD)

AMDは9月30日、デスクトップ向けProcessorの新製品となるRyzen Pro 3000 seriesを発表した。Ryzen Pro seriesはセキュリティ機能を搭載し、商用クラスの安定性が求められる用途に対応する。

発表されたのは“Matisse”をベースとするCPU製品であるRyzen Pro 3000 seriesが3製品、“Picasso”をベースとするAPU製品となるRyzen Pro with Radeon Vega graphicsが4製品、そしてAthlon Pro with Radeon Vega graphicsが1製品となる。
[Ryzen Pro 3000 seriesが発表される]の続きを読む
Exclusive: AMD Launching 7nm Based Radeon RX 5500M And RX 5300M – Positioned To Take Out NVIDIA’s Mid-End Mobility Lineup(WCCF Tech)

WCCF Techでは非常に興味深い情報を得た。AMDのMobile GPUに関するもので、Radeon RX 5500MとRX 5300Mである。これらはいずれも7nmプロセスで製造され、NVIDIAのミドルレンジ向けMobile GPU―GeForce GTX 1650, GTX 1650 Ti等への対抗製品となる。

Radeon RX 5500MとGeForce GTX 1650を比較したいかにもそれらしい表が掲載されている。
[Radeon RX 5500MとRX 5300M]の続きを読む
AMD Radeon RX 5800 series rumored to battle RTX 2070 SUPER(TweakTown)
AMD GPU Rumors: Navi 12 ‘Radeon RX 5800 Series’ With 256-bit Bus & Navi 14 ‘Radeon RX 5600 Series’ With 128-bit Bus(WCCF Tech)
AMD's Navi 14 comes with a 128-bit interface, Navi 12 with a 256-bit interface(3DCenter.org)

“Navi 10”がRadeon RX 5700 seriesとして登場した後、AMDはさらなる“Navi”世代の製品の登場を示唆し始めている。
比較的よく知られ始めているのが“Navi 14”で1536基のStream Processorを搭載するメインストリーム向けの製品で、Radeon RX 5600 seriesになるのではないかと予想されている。しかし、現時点ではそれ以上のことはわからない。
もう1つ“Navi 12”というものもLinuxドライバのエントリーに記載されていたことで存在が明らかになっているが、こちらに関しては今のところ存在することのみにとどまり、具体的なスペックは明らかになっていない。また噂段階のものでは“Navi 21”や“Navi 23”というものもあるが、これらは出たとしても2020年の遅い段階ではないかと言われる。


“Navi 12”と“Navi 14”がどのような立ち位置になるかが注目されるが、3DCenter.orgのForumにそれを解明できそうな投稿がされた。
[“Navi 12”は“Navi 10”よりも大型のダイでRadeon RX 5800になる?]の続きを読む
Intel Gen12 iGPU With 96 Execution Units Rears Its Head in Compubench(techPowerUp!)
Compute Performance of Intel(R) Genuine Intel(R) CPU 0000 with Graphics gfx-driver-user-master-28576 ReleaseInternal(Computebnch)

第12世代のiGPUを搭載したIntelの未発表CPUがCompuBenchに姿を現した。Execution Unitは96で、現行の最も強力なiGPUとなるであろうIris Pro P580の72を上回る数字である。

CompuBenhはなかなかスペックが読み取りづらいが、“CL_DEVICE_MAX_COMPUTE_UNITS”がExecution Unitの数を反映している模様で、確かにこの項目に96という数字が見られる。またその上は“CL_DEVICE_MAX_CLOCK_FREQUENCY”で最大1100MHz駆動であることが推測できる。そして少し下にスクロールすると“CL_DEVICE_NAME”があり、Intel(R) Gen12 Mobile Graphics Controllerと記されている。

“Tiger Lake-U/-Y”のES品のもの、と考えるのが妥当だろう。そして“Tiger Lake”世代でGen.12 graphicsを搭載することは公式で明らかにされており、Execution Unitの数が最大96になることも噂レベルではあるが前々から出ていたものである。
今回はその裏が多少ではあるがとれた形となる。
Intel Shares New Roadmap for Optane, NAND, Including 144 Layer QLC and TLC(techPowerUp!)
Intel Shares New Optane And 3D NAND Roadmap - Barlow Pass DIMMs & 144L QLC NAND in 2020(AnandTech)
Intel、Optaneメモリのロードマップを更新(Impress PC Watch)
Intel、144層のQLC NANDを2020年に「Arbordale+」として投入(Impress PC Watch)
一般消費者向けSSD「SSD 665p」を近日投入。Intelが「Optane Memory」や「3D NAND」に関する最新情報を明らかに(4Gamer.net)

Intelは9月27日、プレスイベントを開催し、不揮発メモリを用いた次世代製品の計画を明らかにした。計画では第2世代となるOptane enterprise SSDやOptane DC Persistent Memory (Optane DCPM) が明らかにされた。また、144層3D NANDも計画されており、144層3D NANDはまずQLCのSSD製品が登場し、次いでTLCのSSD製品が投入される模様だ。
[Intel 不揮発メモリ製品のロードマップを公開―Optaneと3D NANDの将来]の続きを読む
AMD Ryzen 9 3900: A 12-Core 65W CPU Listed(AnandTech)
AMD's Upcoming Ryzen 9 3900 Listed With 12 Zen 2 Cores at 65W(Tom's Hardware)

BIOSTARがX470NHのCPU support listに未発表のRyzen 9 3900およびRyzen 9 Pro 3900を追加していたことがわかった。

Ryzen 9 3900およびRyzen 9 Pro 3900は
Eurasian Ecomonic Commission (EEC) で見つかったのが最初である。同型番であるRyzen 9 3900X同様7nmプロセスで製造される“Zen 2”アーキテクチャを採用した製品で、12-core/24-thread, L2=512KB×12/L3=64MBとなるが、Ryzen 9 3900 / Ryzen 9 Pro 3900はTDPが65Wに抑えられているのが特徴である。その分、周波数もRyzen 9 3900Xよりも抑えられており、今回のBIOSTARのCPU support listには定格周波数が3.10GHzと記載されていた(Ryzen 9 3900Xは3.80GHz)。
[Ryzen 9 3900がBIOSTARのCPU support listに掲載されていた模様]の続きを読む
AMD Could Release Next Generation EPYC CPUs with Four-Way SMT(techPowerUp!)
Rumors: Zen 3 with SMT4 and new Navi and Turing beginner cards(Hardwareluxx)

AMDはRyzen CPUとEPYCを新アーキテクチャの“Zen 2”に移行させた。そして11月にはRyzen Threadripperに“Zen 2”がもたらされる。
そして早くも“Zen 2”の次となる“Zen 3”の噂が出てきている。AMDのロードマップによれば“Zen 3”は設計が完了しており、そのさらに次の“Zen 4”が設計中である。


EPYCのコードネームで言えば“Zen 3”が“Milan”、“Zen 4”が“Genoa”となる。どちらも現時点では詳しい情報はないが、現行のchipletデザインは継承されるものと思われる。では、AMDは“Zen 3”で何を変更するのか、例えばchipletあたりのCPUコア数は8-coreなのか、最大コア数は64-coreなのか等が焦点となる。
[次期EPYC―“Milan”が4-way SMTを実装するかも・・・というお話]の続きを読む
◇Radeon RX 5500
AMD Radeon RX 5500 Gets Benchmarked(techPowerUp!)
3D Graphics Performance of AMD Radeon RX 5500 (GFXBench)

AMDは“Navi”―RDNAアーキテクチャをベースとするであろうローエンド製品を用意している模様である。そして、相当する製品となるであろうRadeon RX 5500がGFXBenchに姿を現した。

このGFXBenchからスペックを読み取るのはなかなか難しい。Device IDではなく、“Radeon RX 5500”と表示されていることは、Radeon RX 5500を名乗る製品がそう遠くないうちに登場しそうであるが、“Navi 14”なのか“Navi 12”なのかも現時点では不明である。
[Radeon RX 5500とRadeon RX 5300XT]の続きを読む
2019年夏イベント海域―欧州方面反撃作戦 発動!「シングル作戦」
最後となる第3海域が地中海/マルタ島沖/アンツィオ沖。

ごちゃごちゃしたギミックを解き終えてようやく攻略開始である。毎度のことながらこの手のギミックを発見してくれている先行勢には頭が下がる (本当にどうやって見つけているのだろうか?)。

前半:【艦これ】E-3乙 地中海/マルタ島沖/アンツィオ沖 前半【2019夏】
[【艦これ】E-3乙 地中海/マルタ島沖/アンツィオ沖 後半【2019夏】]の続きを読む
2019年夏イベント海域―欧州方面反撃作戦 発動!「シングル作戦」
最後となる第3海域が地中海/マルタ島沖/アンツィオ沖。

ゲージが2つだけで温情じゃないか・・・と思ったらそろそろ末期ですよ?

例のごとくクソ面倒くさいだけのギミックが多数盛り込まれている。

まず1ゲージ目攻略。これは何もしなくてもすぐ取りかかれる。

後半:【艦これ】E-3乙 地中海/マルタ島沖/アンツィオ沖 後半【2019夏】
[【艦これ】E-3乙 地中海/マルタ島沖/アンツィオ沖 前半【2019夏】]の続きを読む
AMD Postpones Ryzen 9 3950X & 3rd Gen Threadripper Launch 'til November(Vortez)
AMD Ryzen @AMDRyzen(Twitter)

AMDは市場における第3世代Ryzen processorへの強力な需要を直視している。そして現在、Ryzen 9 3950Xと第3世代Ryzen Threadripperの第1陣をともに11月にローンチすることを計画している。
世界初となるメインストリーム向けの16-coreデスクトップProcessor及び新世代のハイエンドデスクトップProcessorは自信作である。どうか期待して待って欲しい。
[Ryzen 9 3950Xと第3世代Threadripperは11月のローンチとなる]の続きを読む
Alleged Intel Core i9-10980XE Cascade Lake-X 18-Core Monster CPU Benchmarks Leak(HotHardware)
Intel Core i9-10980XE Cascade Lake-X CPU Benchmarks Hit Geekbench(Tom's Hardware)
Dell Inc. Precision 5820 Tower X-Series(GeekBench)

先日、10-coreの“Cascade Lake-X”であるCore i9 10900XがGeekBench 4のデータベースに姿を現したが、今度は18-core/36-threadのCore i9 10980XEが登場した。このCore i9 10980XEは“Cascade Lake-X”のフラッグシップとなるSKUと推測される。
[18-coreの“Cascade Lake-X”―Core i9 10980XE]の続きを読む
AMD Ryzen 5 3500X CPU Listed(techPowerUp!)
AMD Ryzen 5 3500X Rivals Intel Core i5-9400F in Early Listing(Tom's Hardware)

AMDはまもなく低価格帯にRyzen 3000 series CPUをもたらす見込みだ。そして9月20日に中国語のJDと呼ばれるリテールショップにRyzen 5 3500Xが確認された。価格は約$155である。

Ryzen 5 3500Xは6-core/6-threadで、Ryzen 5 3600と似たスペックであるがSMTが無効化されている。周波数は3.50GHz/Boost 4.10GHzで、TDPは65Wである。L3 cache容量はRyzen 5 3600X/3600と同様の32MBである。
Ryzen 5 3500XはCore i5 9400Fを対抗製品として想定しているものと思われる。
[Ryzen 5 3500Xが予定されているらしい?]の続きを読む
AMD Navi 14 and Navi 12 GPUs should launch before October 15(PCGamesN)

“Navi 12”が現在どのようなGPUになるかはわかっていない。しかしOpen Source Guruで、Marek Olsak氏がMesa 3D Graphics libraryに“Navi”のPCI IDが追加されていることを指摘している。またLinuxにも若干の“Navi 12”のPCI IDのコードが追加されている。

このことは“Navi 14”と“Navi 12”がが10月15日よりも前にローンチされる可能性を示唆している。“Navi 12”のPCI IDは9月17日のMesa 19.2に見つかる。“Navi 14”もMesa 19.2に記載がある。
そして次のMesa 3D Graphics library―19.3.0-rcのリリースは10月15日以降とされるが、AMDのオープンソースのスタッフは19.2のライブラリに“Navi 12”及び“Navi 14”のサポートを追加させ、19.3の前に対応GPUを投入しようという狙いの可能性がある。
[“Navi 14”と“Navi 12”が10月15日より前にローンチされる可能性]の続きを読む
NVIDIA Could Launch GTX 1650 Ti on October 22nd(techPowerUp!)

最近の噂であるが、NVIDIAがGeForce GTX 1650 Tiを10月22日にローンチすると言われている。GeForce GTX 1650 TiはGeForce GTX 1650とGTX 1660の中間に位置するモデルとなり、未発表のAMDのローエンドGPU―Radeon RX 5600 seriesへの対抗製品になるとされる。

GeForce GTX 1650 Tiの価格については$155程度という話も出ているが、この場合、現行のGeForce GTX 1650は値下げされると予想される。あるいはGTX 1650 Tiの方がもう少し上の価格設定となるのかもしれない。VRAMは4GB、CUDA core数は1024~1280と言われている。
[GeForce GTX 1650 Tiは10月22日にローンチされるかもしれない]の続きを読む
AMD brings Zen to new performance heights with their 64-core EPYC 7H12(OC3D)
AMD Announces EPYC 7H12 Processor, 64C/128T 280W TDP, and New Server Platforms(Tom's Hardware)
AMD’s New 280W 64-Core Rome CPU: The EPYC 7H12(AnandTech)

AMDは新たにEPYC 7H12を明らかにした。EPYC 7H12は64-core/128-threadで周波数は2.60GHz/Boost 3.30GHz、TDPは280Wに達する弩級の製品である。そして“Rome”を採用するEPYC 7002 seriesの中で最も高い性能を提供する。

スペックは以下の通り。
[64-core EPYCの性能重視モデル?―EPYC 7H12]の続きを読む
i9-10900X benchmarks leak - Intel's next 10-core monster!(OC3D)
Intel Core i9-10900X Cascade Lake-X Benchmarks Emerge(Tom's Hardware)
Dell Inc. Precision 5820 Tower X-Series(GeekBench)

Geekbench 4のデータベースにCore i9 10900XなるIntelの10-core CPUが発見された。このCore i9 10900Xは“Cascade Lake-X”をベースとするHEDT向けCPUである。
[10-coreの“Cascade Lake-X”―Core i9 10900Xが姿を現す]の続きを読む
[The first exposure!! Up to 127W TDP]Intel Core i9-9900KS is amazingly hot(HKEPC)
ROG MAXIMUS XI FORMULA, CPU Support LIst(ASUS)

Intelの公式発表によるとCore i9 9900KSは10月にローンチされる。Core i9 9900KSの魅力はデスクトップCPUで初めて全コア5GHz動作を達成したことである。Core i9 9900KSの8-core時のTurboBoost周波数は5.00GHzに設定されている。

ASUSがこのCore i9 9900KSに対応すべくBIOSをアップデートしており、そのROG Maximus XI ApexのBIOS updateのページにCore i9 9900KSのTDPに関する記載がある。Core i9 9900KSは全コアBoost時に5.00GHzを達成するためか、TDPは127Wに上昇している。
[Core i9 9900KSのTDPは127W]の続きを読む
AMD Zen 3 Based 3rd Generation EPYC ‘Milan’ CPUs To Offer Higher Performance Per Watt Than Intel’s 10nm Ice Lake-SP CPUs(WCCF Tech)

HPE Cast 2019のプレゼンテーションの中で、AMDは第3世代EPYC―つまり“Zen 3”世代となる“Milan”に言及し、“Milan”がIntelの10nm世代のXeon―“Ice Lake-SP”よりも高いPerformance-per-wattを実現すると述べた。

AMDは既にロードマップで“Zen 3”および“Milan”を2020年に据えている。“Zen 3”と同アーキテクチャをベースとした“Milan”は7nm+で製造され、競合の10nmの“Ice Lake-SP”および14nm++の“Cooper Lake”よりも優れるとしている。そしてPerformance-per-wattもこれらXeonに勝るとスライドで示している。
[“Milan”は“Ice Lake-SP”よりも高いPerformance-per-wattを実現する]の続きを読む
Intel's Tiger Lake Growls: 10nm Chip Packs 50 Percent More L3 Cache and AVX-512(Tom's Hardware)
Tiger Lake specs spotted(Fudzilla)

TwitterのInstLatX64(@InstLatX64)氏の投稿によると、“Tieger Lake-U”はL3 cacheが増量され、12MBになるという。“Tiger Lake-U”は4-coreとなるため、コアあたり3MBのL3 cacheを搭載することになる。

また“Tiger Lake-U”が4-core/8-threadであること、現在姿を現しているEngineering Sampleが3.40GHzまで動作することが明らかにされたが、あくまでも製品化前のものであることには留意すべきである。
[“Tiger Lake”はL3 cacheが増量され、AVX-512関連の新命令も追加される]の続きを読む
Microsoft's Surface Laptop 3 is reportedly using an AMD CPU(OC3D)

Microsoftは10月2日に新世代のSurfaceを発表する。そしてこの新世代SurfaceのいくつかにAMD processorが搭載されるのではないかという噂が出ている。

特に言われるのが15インチのSurface Laptop 3がAMD processorを搭載するというものだ。現時点ではスペックは不明であるが、WinFutuerのリークが正しければ、次世代Surfaceが搭載するAMD prrocessorはRadeon GPUを統合した製品となり、Ryzen 7 3750HやRyzen 5 3550HのようなRyzen 3000 series APUが搭載されるProcessorとして考えられるだろう。
[Surface Laptop 3はAMD processorを搭載する?]の続きを読む
Linux Drivers Entries Suggest two APU AMD Lines in 2020(Guru3D)
AMD Readies the Low-Power "Dali" APU for Thin-and-Light Notebooks(techPowerUp!)

Linuxのパッチにより、AMDが現在“Renoir”と“Dali”と呼ばれる2種類のAPUを開発していることが明らかになった。現在の噂では“Renoir”はMobileおよびデスクトップをターゲットとした製品で、一方“Dali”はより低価格でSmall Form FactorやMobileシステム向けとされる。

“Renoir”が搭載するGPUは“Navi”ではなく“Vega”アーキテクチャである。しかしながら、CPUコアはは“Zen 2”に進化し、製造プロセスは7nmとなる。“Dali”はまた異なるAPUであるが、“Renoir”も“Dali”も2018年の時点でロードマップにはその名が記されていた。
[2020年のAPU―“Renoir”と“Dali”]の続きを読む
Core i 9000 seriesは“Coffee Lake Refresh”と一般的には呼ばれるものの、実は“Kaby Lake”や“Coffee Lake”世代のコアも使われている。“Kaby Lake”の4-core+GT2は“B0 stepping”、“Coffee Lake”の6-core+GT2が“U0 stepping”でこれに相当するものがそれなりにある。“Coffee Lake Refresh”世代と言えるのが8-core+GT2の“P0 stepping”と“R0 stepping”のものであるが、“R0 stepping”は(おそらく脆弱性周りに)手が入ってる模様で、BIOS更新やOS再インストールを要求される。

そこで、Core i3からCore i9までのS-specとSteppingの一覧を作成してみた。出展は全てIntel ARKである。
[デスクトップ向けCore i 9000 seriesのS-specとsteppingを理解しよう]の続きを読む
Microsoft Surface Pro 7 SKUs Leak, Intel Ice Lake CPUs Rumored For October 2nd Event(Hot Hardware)
Microsoft Surface Pro 7: These CPU & RAM options are available for launch(WinFuture)
OEMJL OEMJL Product Name EV1.5A (GeekBench)

Microsoftは10月に新たなSurface製品群の発表を控えている。そしてThe Bergeの情報によると、今回のイベントではハードウェアに関することのみならず、新たなエクスペリエンスにも焦点が当てられるという。そしてそれはGoogleのChrome OSに対抗するWindows 10のカットダウン版―Windows Liteに関するものではないかと推測される。

またMicrosoftはこのイベントで新たなSurface Pro 7を幅広くローンチするという。WinFutureによると、最下位はCore i3, 4GB RAM, 128GB SSDの構成で、最上位はCore i7, 16GB RAM, 512GB SSDの構成となる。
[次期Surface製品の一部に“Ice Lake”が採用されるかもしれない?]の続きを読む
GIGABYTE’s Z490, H470, B460 and H410 motherboards spotted at EEC(VideoCardz)

“Comet Lake-S”に向けてIntelとGigabyteが準備を進めているようである。Gigabyteの“Comet Lake-S”対応マザーとなるであろうIntel 400 series―Z490, H470, Q470, B460, H410マザーがEEC (Eurasian Economic Comission) に登録された。

興味深いのはハイエンド向けの“Z”型番のチップセットが“Z470”ではなく“Z490”となっていることである。また“B”型番のチップセットは“B360”に引き続き“B460”となっている。これらはいずれもAMDのチップセットと区別をはかるためであろうと推定される。
なお、H410, Q470, H470チップセット搭載マザーボードについては先月ECSのものが見られたが、Z490, B460については今回が初である。


登録されているGigabyteのIntel 400 series搭載マザーボードは相当数となる。
[GigabyteのIntel 400 series搭載マザーがEECに登録される]の続きを読む
2019年夏イベント海域―欧州方面反撃作戦 発動!「シングル作戦」
その第2海域がジブラルタル海峡沖/地中海。

・・・後半である。

前半:【艦これ】E-2甲 ジブラルタル海峡沖/地中海 前半【2019夏】
[【艦これ】E-2甲→乙 ジブラルタル海峡沖/地中海 後半【2019夏】]の続きを読む
2019年夏イベント海域―欧州方面反撃作戦 発動!「シングル作戦」
その第2海域がジブラルタル海峡沖/地中海。

もう驚きもしなくなった2本ゲージ構成の海域である。まずは前半から。

後半:【艦これ】E-2甲→乙 ジブラルタル海峡沖/地中海 後半【2019夏】
[【艦これ】E-2甲 ジブラルタル海峡沖/地中海 前半【2019夏】]の続きを読む
AMD with new roadmaps(Planet3DNow!)

AMDは5月の“Invester Presentation”を更新し、“AMD Corporate Deck-September 2019”と呼ばれる新たなプレゼンテーションを9月にリリースした。

とはいっても劇的な変化が見られたわけではない。
[9月に更新されたAMDの新しいロードマップ]の続きを読む
AMD Ryzen 9 3950X 16 Core CPU Listed Online, Sales Allegedly Start on 30th September For The $749 Flagship(WCCF Tech)
AMD Ryzen 9 3950X only from the end of September?(Planet3DNow!)

6月に開催されたGaming HorizonでAMDは16-coreのRyzen 9 3950Xを9月に投入することを明らかにした。そしてそのRyzen 9 3950Xがスイスのディーラーにより9月30日のローンチの可能性が示された。

現在、digitech.chでRyzen 9 3950Xが999スイスフランで取り扱われている。この価格はおおむね840ユーロであり、AMDが示した$749というリテール価格を考えると、ドイツでは800ユーロ弱となるかもしれない。
[16-coreのRyzen 9 3950Xは9月30日?]の続きを読む