北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Discontinues Omni-Path Enabled Xeon Processors(techPowerUp!)

IntelのOmni-Path technologyはHigh-performance computing用途で用いられ、Xeon CPUとの接続を100Gbps前後の高速で実現するものであった。しかし、Omni-Pathを使用するには異なる設計及びシステムの実装が必要であるため、サーバーシステムへの導入にこんなんを伴い、他の技術に対する優位性を確立することができなかった。

Omni-Path technology対応のXeon Scalable Processorは型番の末尾に“F”がつけられているが、この程IntelはOmni-Path technology対応のXeonを終了することを明らかにした。Omni-Path technology対応のXeonはPlatinumに2種類、Goldに6種類があるが、現在いずれもEnd of Lifeとなっている。

Omni-Path technology対応のXeonとはなんぞや? という方も多いかもしれないが、基板にそれ用の突起がついたモデルである。Xeon Phiやその他のアクセラレータを接続することを想定していたと思われるが、普及状況はあまり芳しくなかったようで、この程EOLを迎えるに至った。

なお、Intelは既に“Sapphire Rapids”世代でCompute Express Linkなる高速インターフェースに向けて動いており、こちらは多数のメーカーが参加している。
Hyper-Threading Coming to Intel's Comet Lake Core i3 Lineup: Benchmark Submission(Tom's Hardware)
Next-Gen Intel Core i3 to Sport Hyper Threading?(techPowerUp!)
Details for Result ID Intel(R) Core(TM) i3-10100 CPU @ 3.60GHz (4C 8T 3.6GHz, 4x 256kB L2, 6MB L3)(SiSoftware)

SiSoftware Official Live Rankerのデータベースに“Comet Lake-S”を使用したCore i3 10100が登録されていた。そしてこのCore i3 10100のコア・スレッド数は4-core/8-threadであった。現行のCore i3 9100は4-core/4-threadであるので、大きな進化となる。

Core i3 10100が4-core/8-threadであることはHyperThreading technologyがCore i3にももたらされたことを意味し、さらには、第7世代までのCore i7のスペックに追いついたことになる。
[“Comet Lake-S”を使用したCore i3は4-core/8-threadになるらしい]の続きを読む
AMD Launches Ryzen 9 3900 and Ryzen 5 3500X Processors(techPowerUp!)
AMD launches its Ryzen 9 3900 and Ryzen 5 3500X processors(OC3D)
AMD、12コアで65Wの「Ryzen 9 3900」をOEM向けに展開(Impress PC Watch)
Processor Specifications(AMD)

AMDは10月9日、第3世代Ryzen destop processorの新たなモデルとして12-core/24-threadのRyzen 9 3900と6-core/12-threadのRyzen 5 3500Xを追加した。
[Ryzen 9 3900とRyzen 5 3500Xがローンチされる―OEM向けと中国向け]の続きを読む
Micron: 128-Layer 4th 3D NAND with RG Architecture Coming Soon(AnandTech)
STRONG TECHNOLOGY AND ROADMAP EXECUTION(Micron / PDF files)

Micronは新たにReplacement Gate (RG) architectureを用いた第4世代3D NANDのテープアウトを発表した。今回のテープアウトの発表は同社が2020年に向けた第4世代3D NANDの製品化まで順調に進んでいることを明らかにしている。しかし、一方でこの新たな3D NANDを用いた製品は限られた用途にとどまり、来年の3D NANDのコスト削減は軽微なものにとどまるともしている。
[Micron 第4世代3D NANDをテープアウト―最大128層に]の続きを読む
TSMC Starts Shipping its 7nm+ Node Based on EUV Technology(techPowerUp!)
TSMC Starts Shipping EUV N7+ Chips, AMD Among Likely Customers(Tom's Hardware)

TSMCは10月8日、Extreme Ultraviolet (EUV) lithography technologyを用いた7nm+ (N7+) を用いた製品の顧客向けへの大量出荷を開始したと発表した。N7+は現行の7nm (N7) をベースとしており、今後6nm以降の道筋となるプロセスである。
[TSMC EUVを使用した7nm+プロセス製品の大量出荷を開始]の続きを読む
Intel Xeon W-2200 Family: Cascade Lake-X with ECC and 1TB Support(AnandTech)
Intel Announces 10th Gen Core X Series and Revised Pricing on Xeon-W Processors(techPowerUp!)

HEDT向けに“Cascade Lake-X”をベースとしたCore X 10000 seriesが発表されたことに続き、同じく“Cascade Lake-X”をベースとし、ワークステーション向けとなるXeon W 2200 seriesが発表された。Xeon W 2200 seriesはXeon W 2100 seriesの後継で、周波数の引き上げ、より大容量のメモリのサポート、そしてより手の届きやすい価格を実現している。

スペックは以下の通り。
[Xeon W 2200 seriesが発表される]の続きを読む
Intel Announces Price Cut for 9th Generation F and KF Processors(AnandTech)
Intel cuts the prices of their 9th Generation Coffee Lake F-series processors(OC3D)

Intelは10月7日―“Coffee Lake Refresh”こと第9世代Core processorのうち“KF”および“F”モデルの価格改定を行った。これにより、iGPUなしのモデルをより安価に購入出来るようになった。

今までは“KF”および“F”モデルは同ナンバーの“K”ないしは“無印”モデルと同じ価格であり、あまり積極的には選びづらいモデルでもあった。今回の値下げにより、“KF”および“F”に価格面での優位性ができたことになる。
価格の変遷は以下の通りである。
[第9世代Core processorの“KF”および“F”モデルの値下げが行われる]の続きを読む
AMD announces Radeon RX 5500 Series with GDDR6 memory(VideoCardz)
AMD Radeon(TM) RX 5500 Graphics(AMD)
AMD Radeon(TM) RX 5500 Mobile Graphics(AMD)

10月7日にAMDはミドルレンジ向けデスクトップおよびMobile向けにRadeon RX 5500 seriesを発表する。Radeon RX 5500 seriesはRadeon RX 5500 XT, RX 5500, RX 5500Mの3種類で構成される。

このうち、Radeon RX 5500とMobile向けのRadeon RX 5500Mについては既に公式Webサイトで製品ページが用意されており、そのスペックを見ることが出来る。

スペックは以下の通りである。
[Radeon RX 5500 seriesが正式発表される【10/7 改題】]の続きを読む
Nvidia counters the RX 5500 XT with a GTX 1660 Super, almost cannibalizes its own Ti with it and waits relaxed with the old 2060 for a RX 5600 (XT)(igor'sLAB)
NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER Clock Rate Confirmed, Will Beat The AMD Radeon RX 5500 XT(WCCF Tech)
NVIDIA Next Generation ‘Ampere’ 7nm Graphics Cards Landing 1H 2020(WCCF Tech)

◇GeForce GTX 1660 Superの周波数
Radeon RX 5500 XTはGeForce GTX 1660 TiとGTX 1660の中間の性能で出てくると予想される。原稿のGeForce GTX 1660はGDDR5 6GBを使用しており、これが足を引っ張っている。なので高速化するにはより高速なGDDR6を搭載すればいいわけである。GeForce GTX 1660 Tiは12Gb/sのGDDR6を搭載しているが、GeForce GTX 1660 Superは14GbpsのGDDR6を搭載する。GPUコアは変わらずGeForce GTX 1660 TiがCUDA core数1536のTU116-400を用いるのに対し、GeForce GTX 1660 SuperはCODA core数1408のTU116-300を用いる。
GeForce GTX 1660 SuperはGPUのコア周波数はBoost時1785MHzとなり、この数字は現行のGTX 1660と同じであるが、GTX 1660 Tiの1700MHzと比較するとわずかながら高い。結果、GeForce GTX 1660 SuperはGTX 1660 Tiの94~96%の性能になるという。
[GeForce GTX 1660 Superのスペック、さらにその先“Ampere”の話]の続きを読む
AMD Ryzen 9 3900 Tested: Unreleased 65W Processor Sets World Records(Tom's Hardware)

Tom's HardwareにRyzen 9 3900(Ryzen 9 3900Xとは異なる“X”のつかない未発表モデル)のプレビューが掲載されている。同型番の“Pro”モデルはRyzen 9 Pro 3900として発表され、12-core/24-threadながらTDP65Wを実現したモデルとして話題となった。その一般向けと言えるものがRyzen 9 3900である。

基本的なスペックはRyzen 9 Pro 3900と同じである。
[未発表の“Ryzen 9 3900”のプレビュー]の続きを読む
AMD reveals early Zen 3/Milan architecture details and Zen 4/Genoa plans(OC3D)

9月16日から17日に賭けて開催されたHPC AI Advisory Counsil's 2019 UK Conferenceにおいて、AMDのMartin Hilgeman氏 (Senior Manager of HPC applications) が次のアーキテクチャとなる“Zen 3”―“Milan”のアーキテクチャに関する初期の情報と、“Zen 4”―“Genoa”の計画を明らかにしていたことがわかった。

Martin Hilgeman氏のプレゼンテーションによると、“Milan”は現行のSocketSP3を使用し、DDR4メモリに対応する。またTDPも現行の“Rome”と同じ値に収まる。
一方で噂されていた4-way SMTの実装は否定され、現行と同じ2-way SMTにとどまり、コア数も“Rome”と同じ最大64-coreにとどまるが、このことは“Zen 3”がコア・スレッド数の増加よりもIPCの向上や動作周波数の向上に軸足を置いていることを示唆しており、Single-thread性能の向上やコアアーキテクチャの改良が期待される。
[“Milan”と“Genoa”の情報が明かされる―“Zen 3”は8-core / CCX に]の続きを読む
GIGABYTE Launches X299X Motherboards(techPowerUp!)
GIGABYTE launches X299X motherboards for Cascade Lake-X CPUs(VideoCardz)
Gigabyte launches X299X boards for Intel Cascade Lake-X(HEXUS)

Gigabyteは10月3日、“Cascade Lake-X”向けのマザーボードとしてX299X series motherboardを発表した。電源回路は最大で16-phase、メモリはQuad-channelで合計8枚のDIMMを搭載出来、最大容量は256GBとなる。

発表されたのは以下の3製品である。
 
  ・X299X Designare 10G
  ・X299X Aorus Xtreme WaterForce
  ・X299X Aorus Master

主な特徴として、前述の電源回路およびメモリ回りに加え、5Gbpsないしは10Gbps LANとWiFi 6の搭載、2ないしは3本のM.2スロット(PCI-Express 3.0 x4, NVMe)、Thnderbolt 3 USB type Cの搭載などが挙げられる。またX299 Aorus Xtreme WaterForceについては水冷対応の製品となる。
Microsoft announces AMD-powered Surface Laptop 3 15(HEXUS)
Surface line gets a refresh in Surface Pro 7 and Surface Laptop 3(The Tech Report)
What we know about AMD's Ryzen "Microsoft Surface Edition" processor(OC3D)
Microsoft Embraces AMD: Custom Ryzen 7 Surface Edition CPUs Debut in Surface Laptop 3 (Updated)(Tom's Hardware)
Microsoft's Surface Laptop 3 with AMD Ryzen 7 3780U and AMD Ryzen 5 3580U(Planet3DNow)
Ice Lake搭載でWi-Fi 6に対応した「Surface Pro 7」が登場(Impress PC Watch)
15型AMD Ryzenモデルが追加された「Surface Laptop 3」の詳細(Impress PC Watch)
新しい Surface Laptop 3(Microsoft)
Surface Pro 7(Microsoft)

Microsoftは10月2日のイベントで新世代のSurface製品群を複数発表した。
発表された製品は多岐にわたり、特別仕様のSnapdragon SQ1を搭載するいわゆるWindows on ARMデバイスとなるSurface Pro Xや、2画面の2-in-1であるSuface Neo、Microsoftとしては久しぶりのスマートフォンとなるSuface Duo等もあるが、ここではよりPCの性格が強いSurface Laptop 3とSurface Pro 7を取り上げる。
[新世代のSurfaceが発表される―Ryzen搭載製品や“Ice Lake”搭載製品も]の続きを読む
AMD Ryzen 5 3500 Allegedly Launches October 5 for $155(Tom's Hardware)

インドのM D ComputersがRyzen 5 3500を11999インドルピーで掲載している。米ドルに換算すると概ね$157.51となる。このインドのリテールショップはRyzen 5 3500のオーダーを10月5日に開始するとあり、AMDがRyzen 5 3500を10月5日、ないしはそれ以前にローンチするのかもしれない。
[Ryzen 5 3500は10月5日に$155でローンチされる・・・らしい]の続きを読む
Intel Readies the i225-V "Foxville" Low-cost 2.5 Gbps Ethernet PHY(techPowerUp!)

IntelはクライアントおよびノートPC向けの低価格なEthernet PHY controllerの新世代の製品としてi225V―“Foxville”を準備している。i225V―“Foxville”は2.5Gbpsに対応し、15年間近く続いた1Gbps全盛の時代から脱却するものである。i255-VはLGA2066を使用する“Cascade Lake-X”でまず搭載され、その後メインストリーム向けデスクトップである“Comet Lake-S”と400 seriesチップセットのプラットフォームで用いられる見込みである。

メインストリーム向けの2.5Gbps Ethernet PHYはi225-Vが初めてではなく、すでにRealtekやBroadcomが投入しているが、Intelが2.5Gbps Ethernet PHYをメインストリームに下ろしてきたことにより、幅広く使われたi219-Vやi218-Vの後継として幅広く使われることが期待される。
[Intel 低価格な2.5Gbps Ethernet PHYであるi225-V―“Foxville”を準備中]の続きを読む
Intel's Cascade Lake-X CPU for High-End Desktops: 18 cores for Under $1000(AnandTech)
Intel Announces Cascade Lake-X With up to 50% Price Cut, More PCIe (Updated)(techPowerUp!)
Intel 10th Gen Core X Cascade Lake HEDT Processors Launch October 7th at ~55 USD per core(Guru3D)
Intel、“半額”になった第10世代Core Xプロセッサ(Impress PC Watch)

Intelは10月2日、High-end Desktop (HEDT) 向けの新製品として“Cascade Lake-X”―第10世代Core X processorを発表した。

第10世代Core X processorは前世代と比較すると価格が50%以上引き下げられており、AMDの第3世代Ryzen ThreadripperおよびRyzen 9 3950X($750)への対抗を強く意識した価格設定となっている。

スペックは以下の通りである。
[Intel “Cascade Lake-X”を発表―最上位のCore i9 10980XEは$979]の続きを読む
ASUS confirms GeForce GTX 1660 SUPER is coming(VideoCardz)
NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER & GeForce GTX 1650 Ti Expected To Launch in October – Two New GTX Turing Mainstream Cards For The Masses(WCCF Tech)

VideoCardzが得た情報によるとASUSは現在GeForce GTX 1660 Super搭載カードを準備しており、Dual EVO, Phoenix, TUF 3 seriesの少なくとも3種類が登場する模様である。

GeForce GTX 1660 Superは基本的には既存のGeForce GTX 1660と同じGPUであるとされる。異なるのは搭載するメモリで、既存のGeForce GTX 1660が8GbpsのGDDR5を搭載するのに対し、GeForce GTX 1660 Superは14GbpsのGDDR6を搭載する。
[NVIDIAがGeForce GTX 1660 Superを準備している模様]の続きを読む
AMD to announce Radeon RX 5500 on October 7th(VideoCardz)

VideoCardzはAMDが新たなRadeon graphicsカードのプレスコールに関する情報を得た。AMDはRadeon RX 5500のデスクトップ向け及びMobile向けをまもなく発表する。

Radeon RX 5500はGeForce GTX 1650に対抗するミドルレンジのカードである。メモリインタフェースは128-bitでRadeon RX 560の立ち位置に近い。
しかし、128-bitながらもRadeon RX 5500はGDDR6を4GBまたは8GB搭載するという興味深い情報がある。128-bitではあるが、GDDR6の高い周波数により、帯域を確保している。
[Radeon RX 5500が10月7日に発表されるらしい]の続きを読む