北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Announces the Radeon RX 5500 XT Graphics Card in the Retail Channel(techPowerUp!)
AMD Radeon RX 5500 XT to launch at 169 USD (4GB) and 199 USD (8GB)(VideoCardz)
AMD,エントリークラスの新型GPU「Radeon RX 5500 XT」を発表。RX 5500シリーズがようやく店頭に並ぶことに(4Gamer.net)
AMD、フルHDゲーミング向けの「Radeon RX 5500 XT」を18日より国内販売(Impress PC Watch)
Radeon (TM) RX 5500 XT(AMD)
(レビュー)
The AMD Radeon RX 5500 XT Review, Feat. Sapphire Pulse: Navi For 1080p(AnandTech)
AMD Radeon RX 5500 XT Review: Navi Attacks the Mainstream(PC Perspective)
AMD Radeon RX 5500 XT Review: 7nm RDNA on a Budget(Tom's Hardware)
Review: Sapphire Radeon RX 5500 XT Pulse(HEXUS)
GeForce vs. Radeon、2万円台を支配するのはどっちだ!?(Impress PC Watch)

AMDは12月12日、リテール向けのグラフィックカード製品としてRadeon RX 5500 XTを発表した。Radeon RX 5500 XTは10月に発表されたOEM向けのRadeon RX 5500と基本的には同じスペックで、使用されるGPUコアは7nmプロセスでRDNAアーキテクチャの“Navi 14”である。またCompute Unit数も22で、“Navi 14”のフルスペック仕様である24 CUではない。

スペックは以下の通りである。
[Radeon RX 5500 XTがリテール向けに発表される―国内販売は18日開始]の続きを読む
AMD announces Radeon Pro W5700X with 16GB GDDR6 memory(VideoCardz)
Navi Reloaded: AMD Debuts Radeon Pro W5700X With 40 CUs in Mac Pro(Tom's Hardware)

AMDは12月10日、Radeon Pro W5700Xを発表した。Radeon Pro W5700XはAppleの最新型Mac Proで選択可能となっている。

Radeon Pro W5700Xの特徴を以下に示す。
[AMD 16GBのGDDR6を搭載したRadeon Pro WX5700Xを発表]の続きを読む
Intel’s Manufacturing Roadmap from 2019 to 2029: Back Porting, 7nm, 5nm, 3nm, 2nm, and 1.4 nm(AnandTech)

IEEE International Electron Devices Meeting (IEDM) で明らかにされる将来のプロセス技術の展望は興味深いものである。今週は特に7nm, 5nm, 3nmプロセスに関する話題が多く取り上げられた。しかし、Intel自身からは製造プロセスに関する長期的なロードマップは示されなかった。だが、そのIntelのパートナーであるASMLからIntelのプロセス技術に関する長期的なロードマップを入手することができた。
[1.4nmまでを見据えたIntelの2029年までの製造プロセスロードマップ]の続きを読む
Leak: ASRock Radeon RX 5600 video cards likely get 6GB of graphics memory(Guru3D)
(VideoCardz)

Eurasian Ecomonic Commission (EEC) のWebサイトにASRockとASUSのRadeon RX 5600XTおよびRadeon RX 5600搭載カードのものと思われる型番が登録されていた。

登録されていたのは以下の型番である。
[Radeon RX 5600 seriesのVRAM容量は8GBなのか6GBなのか]の続きを読む
Intel Core i9-10900K 10-core Processor and Z490 Chipset Arrive April 2020(techPowerUp!)
Intel Core i9-10900K 10-core Processor and Z490 Chipset Rumored to be released April 2020(Guru3D)
Intel Z490 Motherboards For 10th Gen Comet Lake-S CPUs Expected To Launch in April 2020(WCCFTech)

第10世代Core seriesとなる“Comet Lake-S”とZ490チップセット搭載マザーボードは2020年4月に登場する。

Z490チップセットはIntel 400 seriesチップセットの中ではハイエンドに位置する製品である。400 seriesにはZ490野甫か、ワークステーション向けのW480、ビジネス向けのB460、ローエンド向けのH410などが予定されている。
[“Comet Lake-S”とZ490チップセット搭載マザーは2020年4月に登場する]の続きを読む
“進撃!第二次作戦「南方作戦」”の第3海域は“ジャワ海/スラバヤ沖”、作戦名は「激突!スラバヤ沖海戦」

雷と電が活躍しそうな雰囲気があるのだが・・・実のところ彼女らの見せ場はあまりない。

戦略ゲージ2本仕様の海域で、前半は主に輸送護衛部隊で、後半は水上打撃部隊で攻略する。
[【艦これ】E-3甲 ジャワ海/スラバヤ沖【2019晩秋】]の続きを読む
前回、前々回は第2海域から既に地獄じみてきたが、今回の第2海域はかなり温情だ。
“進撃!第二次作戦「南方作戦」”の第2海域は“ジャワ沖/ダーウィン沖”、作戦名は「強襲!第二次ジャワ沖海戦」である。

1ゲージで、ギミック解除も不要という昨今のイベント海域としては珍しい海域となっている(複数ゲージ、ギミック盛り盛りが当たり前という方がおかしい気はするが)。
[【艦これ】E-2甲 ジャワ沖/ダーウィン沖【2019晩秋】]の続きを読む
さあ、恐怖のイベント海域の始まりだ。
2019年晩秋のイベント海域は“進撃!第二次作戦「南方作戦」”

そしてその最初の海域(E-1)が“マカッサル沖/バリ島沖”である。
作戦名に「八駆見参!バリ島沖海戦」とあるとおり、第8駆逐隊の朝潮、大潮、満潮、荒潮に特効があり、ルート固定要因ともなっている(2隻がいればOKっぽい?)。
[【艦これ】E-1甲 マカッサル沖/バリ島沖【2019晩秋】]の続きを読む
Rumors: The chipsets for Rocket Lake will be pretty much the same as the chipsets for Tiger Lake(Vestirossii.com)

最近になり、Intelが“Comet Lake”の次に予定している“Rocket Lake”について様々な噂が出てくるようになった。そして今回の話は1人のTwitterユーザーが発端であるが、“Rocket Lake”のチップセットに関するものである。

その情報によると、“Rocket Lake”が用いられるプラットフォームのチップセットは“Tiger Lake”のそれと同じであるという。具体的な共通性あるいは相違点については触れられていないが、噂では“Tiger Lake”を14nmプロセスに適用したものが“Rocket Lake”であると言われている。
[“Rocket Lake”と“Tiger Lake”が共通のチップセットを用いるという話]の続きを読む
Custom AMD Radeon RX 5500 XT Spotted from Gigabyte and ASRock(techPowerUp!)
Custom Radeon RX 5500 XT pictured: ASRock Challenger and Gigabyte Gaming OC(VideoCardz)

Radeon RX 5500 XT搭載カードである“ASRock Challenger RX 5500 XT”と“Gigabyte RX 5500 XT Gaming OC”及び“Gigabyte RX 5500 XT OC”の写真が掲載されている。

まず“ASRock Challenger RX 5500 XT”であるが、2スロット仕様でファンは2基が搭載されている。カード長については言及がないが、写真を見る限りでは23~25cm級だろうか(目測なのでずれている可能性は高いので、発表された際に必ず確認はして欲しい)。VRAMはGDDR6を8GB搭載するが4GB版も別に存在するとある。
周波数は1737MHzでリファレンスの1717MHzからオーバークロックされている。ディスプレイ接続はHDMI×1+DisplayPort×3となる。
[GigabyteとASRockのRadeon RX 5500 XTの写真]の続きを読む
◇3nmの進捗
TSMC on Track to Deliver 3 nm in 2022(techPowerUp!)

TSMCは12月6日、5nmプロセスの大量生産(High Volue Manufacturing(HVM))が来年第2四半期に開始されることを明らかにした。7nmプロセスは非常に多くの受注を受けており、TSMCをアジア地域で最大級の会社に押し上げることに貢献したとしている。そして、TSMCはさらなる最先端プロセスノードとして3nmプロセスを開発しておりHVMを早ければ2022年に行うとしている。当初、TSMCの3nmは2023年に予定されていたが、開発に全力を尽くし、ファブの建設が非常に順調に進んだことから、予定がやや前倒しされた模様である。
[TSMCの製造プロセスの話題―3nmの進捗と5nmのイールド]の続きを読む
Radeon RX 5500 XT: specifications and deadline almost guaranteed(ComputerBase.de)

10月にRadeon RX 5500が発表されたが、最近の噂ではまもなくRadeon RX 5500 XTが登場するといわれている。

各グラフィックカードベンダーがRadeon RX 5500ではなくRadeon RX 5500 XTを用意しているという噂は少しずつではあるが広まっていた。そしてRadeon RX 5500(無印)はOEM向けではないかとみられるようになった。そして今回、中国語のJD.comと呼ばれるトレーディングサイトがASRock, PowerColor, Sapphire, XFXのRadeon RX 5500 XT搭載カードを掲載した。いずれも12月12日に向けて予約が行われており、180ユーロ前後の価格となっている。
[Radeon RX 5500 XT搭載カードが姿を現し始める]の続きを読む
AMD Announces Mini PC Initiative, Brings the Fight to Intel in Yet Another Product Segment(techPowerUp!)
AMD announces Mini-PCs with Ryzen Embedded processors(VideoCardz)
AMD’s Ryzen-Powered Mini PC Initiative: Small Form-Factor Infusion(PC Perspective)
Ryzen UCFF-palooza: Multiple PC Makers Now Shipping AMD Ryzen Embedded Systems(AnandTech)

AMDはRyzen Embedded V1000およびR1000 seriesを搭載した小型PC群を発表し、Intelが優位であった市場に切り込もうとしている。このRyzen Embedded V1000, R1000搭載のMiniPCはASRockやEEPD、OnLogic、Simpley NUCなど様々なパートナーから発表されている。設計は各社独自のもので、業務向けを意識したものから、これまで小型PCになかったコンピューティングニーズに切り込もうというものまで様々である。これらの小型PCは高性能なCPU/GPU processorを搭載し、豊富な周辺機能のサポート、強固なセキュリティ、10年のProcessorサポートを計画している。
[AMD Ryzen Embeddedを使用した小型PCを発表]の続きを読む
AMD Radeon RX 5500 XT launches next week, Radeon RX 5600 XT in January?(VideoCardz)
AMD Radeon RX 5600 XT 6 GB GDDR6 Navi Graphics Card Reportedly Launching in January(WCCF Tech)

VideoCardzでRadeon RX 5600 seriesについて説明するのは初めてかもしれない。少なくともVideoCardzでは2つのメーカーがRadeon RX 5600 XT搭載カードを開発していると説明を受けている。Radeon RX 5600 XTもまたGDDR6メモリを搭載するカードとなり、Radeon RX 5000 seriesは全て最新のGDDR6メモリを搭載することになる。

現時点でのRadeon RX 5600 XTの情報は限られているが、6GBのGDDR6を搭載するらしい。そしてこの6GBという容量からおそらくはメモリインターフェースは192-bitであろう。
Radeon RX 5600 XTは来年初めに登場し、おそらくは1月になるのではなかろうか。
[Radeon RX 5600XTの可能性]の続きを読む
AMD Ryzen 4000 Royal X670 chipset will come out at the end of next year(mydrivers.com)
AMD X570-successor to be Third-Party Sourced(techPowerUp!)

現在、Ryzen 3000 seriesの対応できる新型チップセットはX570のみとなっている。しかし、500 seriesはまもなくメインストリーム向けのB550チップセットが登場する。最新の情報ではB550チップセットは新年のあたりにリリースされるとされ、来年の1月末から2月初めの登場が予想される。
過去の情報では、B550が有するI/OはPCI-Express 3.0が8レーンにとどまり、CPUとの接続もPCI-Express 3.0 x4に制限されるという。
[X670チップセットが来年末に登場する・・・らしい? 他B550の話]の続きを読む
AMD's mobile APU "Renoir" with high graphics memory clock?(Planet3DNow!)

デスクトップから始まり、サーバー、HEDTと展開された“Zen 2”であるが、次なるターゲットはMobile APUである。“Zen 2”世代のMobile APUは“Renoir”として2020年に登場する。そして最近の噂では1月7日~10日の日程で開催されるCES 2020で発表されるのではないかと言われている。“Renoir”のiGPUは“Navi”ではなく“Vega”となる。しかし、同じ“Vega”でも大幅な向上が成されたものとなる。リーク情報に詳しいAPISAK氏が“Renoir”のメモリ周波数が現行世代の“Picasso”と比較すると大幅に高いことを指摘している。

APISAK氏が提示している“Renoir”は8 CUの“Vega”を搭載したものであるが、その周波数も高く1750MHzに達する。“Picasso”のiGPUが1200~1400MHzなので、大幅に向上していることになる。“Renoir”のiGPUの周波数が高くなる可能性は過去にも指摘されている。
[次世代APU―“Renoir”が高速なメモリに対応するという話]の続きを読む