北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
SK Hynix、Intelのストレージ・NANDメモリ事業を約9,500億円で買収契約(Impress PC Watch)
SK hynix to Acquire Intel NAND Memory Business(SK Hynix)

SK Hynixは10月20日、IntelのNand memory and storage部門を90億ドルで買収することで合意した。
買収対象はIntelのNAND SSD事業、NAND componentとウエハ事業、そして中国大連のNANDメモリ製造システムである。
なお、Optane事業は引き続きIntelが継続する。
[IntelのNAND memory部門がHynixに売却される]の続きを読む
AMD Radeon RX 6000 Series Specs Leak: RX 6900 XT, RX 6800 XT, RX 6700 Series(techPowerUp!)
AMD Radeon RX 6900XT to feature Navi 21 XTX GPU with 80 CUs(Guru3D)
AMD's Radeon "Big Navi" RDNA 2 Lineup Leaks - RX 6900 XT, RX 6800 XT and RX 6700 XT(OC3D)
AMD Radeon RX 6900XT to feature Navi 21 XTX GPU with 80 CUs(VideoCardz)

この月曜日頃からRadeon RX 6000 seriesのスペックが明らかになり始めている。今週に入り、AMDがAIBに多くの情報を提供しはじめ、その中には新しいドライバーや最終的な製品名の情報も含まれている。VideoCardzではそれらのスペックを検討し、おそらくはかなり最終的なものにかなり近いものと推定される。

そのうち“Navi 21”を用いる製品としてRadeon RX 6900XT, RX 6800XT, RX 6800の3種類、“Navi 22”を用いる製品としてRadeon RX 6700XT, RX 6700の2種類が紹介されている。
[Radeon RX 6000 seriesのスペック―Radeon RX 6900 XTは80 CU]の続きを読む
BIOSTAR AM4 400 series motherboards support AMD Ryzen 5000 Vermeer series processors with BIOS update(techPowerUp!)
BIOSTAR confirms its AMD 400 motherboards will support Ryzen 5000 (Zen3) processors(VideoCardz)

BIOSTARは10月20日、同社のAMD 4000 seriesチップセット搭載マザーボードで、“Zen 3”世代の最新ProcessorであるRyzen 5000 series (“Vermeer”) に対応すると発表した。Ryzen 5000 seriesに対応させるためのBIOS updateは2021年1月より利用可能となる。

MSIとASUSに続き、BIOSTARが既存の400 seriesチップセット搭載マザーボードでのRyzen 5000 series対応を明らかにした。2021年の1月からとやや時間はかかるものの、なんだかんだで大概の400 seriesマザーボードがRyzen 5000 seriesに対応できそうな雰囲気である。
AMD Radeon RX 6000 Series "Big Navi" GPU Features 320 W TGP, 16 Gbps GDDR6 Memory(techPowerUp!)
AMD Radeon RX 6000 series Power Consumption and Memory Specs Leak(OC3D)
AMD Radeon RX 6000 based on Navi 21 XT to feature 320W TBP, 16 Gbps GDDR6 memory(VideoCardz)
AMD Radeon RX 6000 “Big Navi” GPU Power Numbers Detailed, Navi 21 XT Up To 320W TBP, Navi 21 XT AIB Up To 355W, Navi 21 XL Up To 290W(WCCF Tech)
AMD Radeon RX 6000 power requirements put under scrutiny(HEXUS)
AMD Radeon RX 6000 – The real power consumption of Navi21 XT and Navi21 XL, the used memory and the availability of the board partner cards | Exclusive(Igor's Labs)

先日Patrick Schuer氏のリークを単に発した、“Navi 21 XT”のTGPが255W、“Navi 21 XL”のTGPが220Wというニュースが多数のメディアで報じられた。残念ながらこれは間違いであるどころか、そのような高効率なものは存在しない。AMDはグラフィックカード全体の消費電力をTotal/Typical Board Power = TBPと呼んでおり、意味としてはNVIDIAのTGP = Total Graphics Powerと同じである。もしPatrick氏の数字が正しいとすると、それはAMDの呼ぶTotal Board Powerとは異なるものであった可能性がある。NVIDIAのTotal Graphics Powerに相当するのはAMDにおいてはTotal/Typical Board Powerであり、Graphics Powerとは異なる。
[“Navi 21 XT”のTotal Board Powerは320W、“Navi 21 XL”は290W]の続きを読む
AMD Ryzen 5 5600X Lays The Smackdown On The Intel Core i5-10600K(Tom's Hardware)
Details for Component AMD Ryzen 5 5600X 6-Core(SiSoftware Offcial Live Ranker)

Ryzen 9 5950X, Ryzen 9 5900X, Ryzen 7 5800Xに続き、Ryzen 5 5600XのSandraベンチマークスコアが明らかになった。そしてそのスコアはCore i5 10600Kを上回るものであった。

Ryzen 5 5600Xは“Zen 3”世代のCPUで6-core/12-thread, 3.70GHz/Boost 4.60GHz, L3=32MBである。Core i5 10600Kはコア・スレッド数は同じで周波数は4.10GHz/Boost 4.80GHz、L3 cache容量は12MBとなる。

そのスコアは以下の通りである。
[Ryzen 5 5600XのSandraベンチマークスコア―Core i5 10600Kを上回る]の続きを読む
AMD Ryzen 5000U “Cezanne/Lucienne” mobile series specifications leaked(VideoCardz)

ExecutableFixにより、Ryzen 5000U Mobile APUの全てのSKUのスペックが明らかにされた。Ryzen 5000UはMobile向けの低消費電力向けのラインナップで、TDPは15W、cTDPの範囲は10~25Wである。そして特徴的なのは“Cezanne”と“Lucienne”と呼ばれる2種類のコアが混在することである。“Cezanne”はCPUに“Zen 3”を使用する一方、“Lucienne”のCPUは“Renoir”と同じ“Zen 2”がベースとなる。

以下にそのラインナップを示す。
[“Cezanne”と“Lucienne”が混在するRyzen 5000U Mobile APU]の続きを読む
AMD Navi 21 XT to feature ~2.3-2.4 GHz game clock, 250W+ TGP and 16 GB GDDR6 memory(VideoCardz)
AMD Navi 21 XT “Big Navi” GPU For Radeon RX 6900 XT Graphics Card Reportedly Features Insane 2.4 GHz Clocks, 16 GB GDDR6 VRAM & 255W TGP(WCCF Tech)
Navi 21 XT(Patrick Schur@patrickschur_ / Twitter)
[Update Navi21](_rogame@_rogame / Twitter)

Twitterでリーク情報を扱っているPatrick Schur氏がRDNA 2世代のGPUとなる“Navi 21 XT”のスペックを明らかにしている。

今回Patrick氏がツイートしたスペックはAMDのリファレンスデザインではない可能性があるが、VideoCardzでは過去に“Navi 21 XT”のリファレンスベースのサンプルが最大2.30GHzで動作していたという情報を得ており、2.40GHzにも達する。一方、“Navi 21”のカットダウン版となる“Navi 21 XL”の周波数は2.20GHz前後になる模様である。
[“Navi 21 XT”は最大2.20~2.40GHzで動作し、TGPは255W?]の続きを読む
Intel's new Tiger Lake Pentium and Celeron CPUs do support AVX2 - so Star Citizen(HotHardware)
Intel(R) Pentium(R) Gold 7505 Processor(Intel ARK)
Intel(R) Celeron(R) 6305 Processor(Intel ARK)

Star Citizenの新しいalpha 3.11 versionにおいてProcessorにおけるAVX 2対応が要求されていることが明らかになった。結果、従来のPentiumやCeleronはAVX 2に対応していないため、このアップデート以降はゲームをプレイ出来なくなる。しかし、Intelは“Tiger Lake”コアのPentiumとCeleronにおいてAVX 2命令を有効化している。
[“Tiger Lake”コアのPentiumとCeleronはAVX 2に対応する]の続きを読む
AMD Ryzen 9 5950X, Ryzen 9 5900X, Ryzen 7 5800X “Zen 3” CPUs Benchmarked, Much Faster Than Their Ryzen 3000 Predecessors(WCCF Tech)
AMD Ryzen 9 5950X Leaked Benchmarks Indicate Healthy IPC Gains(Tom's Hardware)
AMD Ryzen 9 5950X, 5900X Ryzen 7 5800X appear in SiSoftware database(VideoCardz)

SiSoftware Official Live RankerにRyzen 5000 seriesのベンチマークが掲載されているのをTUM_APISAK氏が発見した。Ryzen 5000 seriesは約10日ほど前に発表されたが、まだレビューは解禁されていない。しかしながらEngineering Sampleを用いたベンチマーク結果がインターネット上に散見されるようになっている。今回見つかったのはSiSoftware Official Live Rankerに掲載されたSandra benchmarkの結果で、16-coreのRyzen 9 5950X、12-coreのRyzen 9 5900X、8-coreのRyzen 7 5800Xのスコアが明らかになっている。使用されたマザーボードはMSI MEX X570 UNIFI、メモリについては明らかになっていない。

Processor ArithemeticとProcessor Multi-mediaのスコアが掲載されており、同コアのRyzen 3000 seriesとの比較も行われている。以下がそのスコアをまとめたものである。
[Ryzen 5000 seriesのSiSoft Sandraのベンチマークスコア]の続きを読む
ASUS Drops Support for AMD Ryzen 5000 Series CPUs on X470 Motherboards(techPowerUp!)
ASUS won't provide BIOS update for X470 board to support Ryzen 5000(reddit)

ASUSの技術者によれば、Crosshair VII HeroでRyzen 9 5900Xをサポートする計画はない。Ryzen 9 5900やその他のRyzen 5000 series processorを使用する場合はCrosshair VIII HeroないしはB550マザーボードを選んで欲しい。

Crosshair VII HeroはAMD X470チップセットを搭載するR.O.G. seriesのマザーボードである。redditの投稿はとあるユーザーがCrosshair VII HeroにおけるRyzen 5000 seriesのサポート計画があるかどうかを尋ね、返信された内容の模様である。

ところが10月14日にtechPowerUp!側にASUSからこの内容は誤りであるという連絡があり、同社が400 seriesチップセットマザーでRyzen 5000 seriesの対応を行う方針であることを明らかにした。
[【改題】ASUSも400 seriesマザーでRyzen 5000 series対応へ【修正】]の続きを読む
MSI's Entire Lineup of AMD 400-series Chipset Motherbord will Support "Zen 3"(techPowerUp!)
MSI confirms that their entire AMD 400 series motherboard lineup will support "Zen 3" CPUs(OC3D)
MSI promises its AMD X470 and B450 motherboards will support Ryzen 5000 (Zen3) series(VideoCardz)
MSI's Entire Line-Up of AMD 400 Series Motherboards Will Support Ryzen(TM) 5000 Series Processors(MSI)

AMDは10月8日に“Zen 3”アーキテクチャを採用したRyzen 5000 seriesを発表した。最新の“Zen 3”アーキテクチャは現行世代の“Zen 2”を採用したRyzen 3000 seriesと比較して大幅な性能向上を果たしている。このRyzen 5000 seriesに合わせ、MSIは最新のAGESA Combo PI V2 1.1.1.0を全てのX570, B550チップセット搭載マザーボードにリリースし、PCI-Express 4.0の性能を完全に引き出せるようにした。

また根強いアップグレードの要求に応える形で、AMDは400 seriesチップセットに対してもRyzen 5000 seriesに対応するBIOS updateを2021年1月に提供することを明らかにしている。MSIはユーザーの期待に応えるべく、全てのX470, B450チップセット搭載マザーボードにおいて、Ryzen 5000 seriesをサポートするBIOS updateを後に提供する。現在研究開発チームによる評価が現在行われている段階で、詳細なBIOSリリーススケジュールは、AMDからBIOS codeが提供された後に発表する。
[MSIは全ての400 seriesマザーボードでRyzen 5000 seriesをサポートする]の続きを読む
Intel Finally Kills Gen10/Cannonlake-Specific Graphics Code From Their Linux Driver(Phoronix)
Intel Officially Kills Cannon Lake Graphics Support(Tom's Hardware)

Gen 10 graphicsが有効化された“Cannon Lake”は生産・出荷されることなく終わった。そしてIntelのオープンソースドライバの開発者はとうとうLinux OpenGL/Vulkan driverから“Cannon Lake”が搭載していたGen 10 graphicsに関する記述を削除した。

「“Cannon Lake”のためのコードは必要ない。このシリーズは全て闇に葬られたのだから」
[【不遇】Intel LinuxのGraphics Driverから“Gen10/Cannon Lake”を削除]の続きを読む
AMD Ryzen 5000 Series Features Three Synchronized Memory Clock Domains(techPowerUp!)
Infinity fabric clock uplift would make DDR4-4000 possible for Zen 3(Guru3D)
Leaked slide explains AMD Ryzen 5000 series memory overclocking(VideoCardz)
DDR4-4000 Rumored To Be The New Sweet Spot For AMD Ryzen 5000 CPUs(Tom's Hardware)

“Memory Overclocking”と題されたスライドが明らかにされ、Ryzen 5000 seriesにおけるメモリ周波数とInfinity Fabricの周波数、Unified Memory Controllerの関係が明らかにされている。

デスクトップ向けのRyzenにおいては3種類の重要な周波数がある。
1つめはInfinity Fabric Clock (fclk) である。CPU dieとI/O dieを通信する際の速度で、PCI-ExpressやSATA、USBなどの各種SoCコントローラとの通信速度でもある。2つめはMemory Controller Clock (uclk) である。メモリコントローラがメモリへ入出力のコマンドを行う周波数である。そして3つめはメモリそのものの周波数であるMemory Clock (mclk) である。
[Ryzen 5000 seriesはDDR4-4000まで1:1の同期が可能である]の続きを読む
Intel's Alder Lake-S CPU pictured, Designed for Intel's Future LGA1700 Socket(Tom's Hardware)
Alleged Intel Alder Lake CPU photo surfaces online(Guru3D)
Exclusive: Intel Alder Lake-S CPU pictured(VideoCardz)

第12世代Core processorとなるであろう“Alder Lake-S”の写真がリークした。“Alder Lake-S”はLGA1700と呼ばれる新しいSocketに移行し、パッケージもより大型のものとなる。IntelはLGA1700について“Alder Lake-S”以降2世代にわたって使用できるSocketだとしている。
[“Alder Lake-S”の写真―37.5×45.0mmの長方形に]の続きを読む
Intel Rocket Lake CPU Rumors: 5 GHz All Core OC, Huge Uplift in Gaming & AVX-512 Perf But Runs Hot, Full Support on Z490 While B560 Gets Memory Overclock(WCCF Tech)
Rocket Lake-S could be substantially faster for games than the current Comet Lake-S(Guru3D)
Intel Rocket Lake: Possible Differences Between Core i7 and i9(PCGameHardware)
9 RKL can turbo to 5.4-5.5(ES2 5.3), I guess i7 is around 5.0-5.2.(MebiuW@MebiuW)

“Rocket Lake-S”は第11世代デスクトップ向けCore processorとして2021年第1四半期に予定されている。その“Rocket Lake-S”に関するリーク情報がITCookerやMebiuWによりもたらされている。

その内容は以下の通りである。
[“Rocket Lake-S”に関する噂―Boost時周波数は5.00GHzを超える 他]の続きを読む
NVIDIA Reportedly Moving Ampere to 7 nm TSMC in 2021(techPowerUp!)

DigiTimesによると、NVIDIAはコンシューマ向けの“Ampere” GPUをSamsung 8nmからTSMC 7nmプロセスに移行する計画を立てているという。その移行量は「非常に大きなものになる」といい、しかしながら、全てのコンシューマ向け“Ampere”に反映されるわけでもないという。DigiTimesの報道によるとTSMCはNVIDIAに対しより「友好的」になったという。この背景として、TSMCの7nmプロセスの製造容量に余裕ができたことがあり、この余裕は同社の顧客が5nmプロセスに移行したためでもあり、またTSMCはNVIDIAがSamsungを代わりになるファウンダリと見なしていないと考えている模様である。
[【怪情報】“Ampere”が2021年にTSMC 7nmプロセスに移行するという噂]の続きを読む
Intel Could Fight off AMD Ryzen 5000 just based on lower prices(Guru3D)
I7&I9 8C16T not HAVE 12T(Raichu@OneRaichu)

Twitterのリーカーの一人であるRaichu氏が“Rocket Lake-S”の情報と推定されるリーク情報を投稿している。

  ・Core i7, i9は8-core/16-thread(過去の噂にあった12-threadはない)
  ・Core i7は$400未満、おそらく$349か$379
  ・Core i5は6-core/12-thread
  ・Core i5は$300未満

・・・今のところはあくまでもただの噂である。
[【怪情報】“Rocket Lake-S”のスペックと価格に関する噂]の続きを読む
AMD Ryzen 5 5600 could launch in 2021 at 220 USD(VideoCardz)
AMD Ryzen 5 5600X 6 Core Reportedly Offers Better Gaming Performance Than Intel Core i7-10700 8 Core CPU, Ryzen 5 5600 Comes In Early 2021 With a $220 US Price(WCCF Tech)

Twitterのリーカーであるharukaze5719氏がRyzen 5 5600が来年初めにローンチされるという噂を取り上げている。とある記事からこの情報を得たと述べているが、オリジナルのソースは失念してしまったという。
[Ryzen 5 5600が2021年初めに$220でローンチされるらしい]の続きを読む
Microsoft confirms AMD Radeon RX 6000 series support AV1 decoding(VideoCardz)
AMD RDNA2 Graphics Architecture Features AV1 Decode Hardware-Acceleration(techPowerUp!)
AV1 Hardware Accelerated Video on Windows 10 (Microsoft)

AMDのRDNA2世代のグラフィックカードはAV1 (AOMedia Video 1) video codecのハードウェアアクセラレーションが搭載される。AV1はVP9 codecと比較すると34%高いデータ圧縮率ないしは20%の圧縮効率向上を実現できるとする。
[Radeon RX 6000 seriesはAV1 decodeに対応する]の続きを読む
Intel Launches the sub-$100 Core i3-10100F Quad-Core Processor(techPowerUp!)
Intel launches quad-core Core i3-10100F at 79-97 USD(VideoCardz)
Intel releases Core i3-10100F to compete against Ryzen 3 3000 CPUs(KitGuru)
Intel(R) Core(TM) i3-10100F Processor(Intel ARK)

IntelはエントリーレベルのゲーミングPCを組む際の興味深い選択肢となる製品―Core i3 10100Fをローンチした。Core i3 10100Fは4-core/8-threadの製品で、“F”が示すとおりiGPUを欠いている。価格はIntel ARKによれば$79~97となっており、同型番でiGPUを搭載するCore i3 10100の$122に対して、$100を切る安価な設定となっている。
[Intel $100未満となるCore i3 10100Fをローンチ]の続きを読む
AMD Ryzen 5000 (Zen3) support rolling out to AMD 500-series motherboards(VideoCardz)
AMD's 400-series AM4 motherboards should support Ryzen 5000 CPUs in January 2021(OC3D)

AMDは“Zen 3”―Ryzen 5000 seriesを現行の500 seriesマザーボードで対応することを確約している。AMDからは600 seriesに相当するチップセットの話は出ておらず、500 seriesが最後のAM4向けチップセットになるのかもしれない。

AMDは400 seriesについても“Zen 3”のサポートがあると述べている。ただしこちらはやや時間がかかり、2021年1月のBeta firmwareを待つ必要がある。

これも10月8日の補足記事である。
[各社から500 seriesマザー向けにRyzen 5000対応BIOSが登場]の続きを読む
AMD Big Navi Performance Claims Compared to TPU's Own Benchmark Numbers of Comparable GPUs(techPowerUp!)
AMD Teases Radeon RX 6000 Card Performance Numbers: Aiming For 3080?(AnandTech)

AMDは10月8日のイベントで“Zen 3”世代のRyzen 5000 series Processorを発表した。合わせて、同社の新世代のグラフィックカードとなるRadeon RX 6000 seriesも少しだけではあるが披露された。

10月8日のLive Stream記事の補足である。Live Streamの最後の方でRadeon RX 6000 seriesのデモが行われ、また3つのタイトルにおいてそのスコアが明らかにされた。
[“Zen 3” Live Streamで少しだけ明らかにされたRadeon RX 6000の性能]の続きを読む
Intel Rocket Lake-S PCIe 4.0 performance allegedly tested on Z490 motherboard(VideoCardz)

Intelの次のデスクトップCPU―“Rocket Lake-S”は14nmながら様々な改良が施される世代となるが、その1つとしてPCI-Express 4.0への対応が挙げられる。
一方、Z490マザーボードの一部には“Rocket Lake-S”でのPCI-Express 4.0への対応を見越し、PCI-Express 4.0へのハードウェア的なサポートを既に行っている製品がある。
今回、ITCookerがPCI-Express 4.0対応をうたうZ490マザーボードと“Rocket Lake-S”のEngineering Sampleを用い、PCI-Express 4.0 readyなZ490マザーボードと“Rocket Lake-S”の組み合わせて実際にPCI-Express 4.0動作が可能かどうか試した。
[“Rocket Lake-S”とZ490マザーでPCIe 4.0の動作を試した]の続きを読む
Western Digital Announces Next-Gen WD_Black Gaming Storage Portfolio(techPowerUp!)
Western Digital launches trio of high-speed WD Black Gaming SSDs(KitGuru)
Western Digital Redefines the Next-Gen Gaming Experience With Expanded WD_BLACK Portfolio(Western Digital)

Western Digitalは10月8日、次世代ゲーミング向けとして3種類のWD Black製品群を発表した。WD Black SN850 NVMe SSDはPCI-Express 4.0に対応するSSD製品、WD Black AN1500 NVMe SSD Add-in-CardはPCI-Express 3.0 x8に対応する拡張カード、そしてWD Black D50 Game Dock NVMe SSDはThunderbolt 3.0に対応するSSD gaming dockである。
[Western Digital 次世代のWD Black製品群を発表]の続きを読む
NVIDIA GeForce RTX 3080 20GB to launch in December?(VideoCardz)

NVIDIAはGeForce RTX 30 seriesの“Refresh”を計画している。もし、ハイエンドGPUの購入を計画しているのであれば、12月まで待つことをお勧めする。VideoCardzで得た情報ではNVIDIAは2種類のSKU―GeForce RTX 3080 20GBとGeForce RTX 3070 16GBを12月に予想しているという。
[GeForce RTX 3080 20GBが12月にローンチされる?]の続きを読む
Live Streamを視聴する機会に恵まれたので、わかる範囲で書き起こし。
英語の聞き取りは堪能でないので、本当にメモ書き程度になってしまうのはご容赦を。

19%のIPC向上(その内訳は多岐にわたる)。

大きな変更はCCXの内容の変更。8-coreで1つのCCXを形成。8-coreで32MBのL3 cacheを共有する。同じダイに存在する各CPUコアがより高速なCacheアクセスを実現する。

Performance-per-wattはRyzen 7 1800X比で2.4倍。
[“Zen 3”発表 Live Stream]の続きを読む
Intel Confirms Q1-2021 Launch of 11th Gen Core "Rocket Lake"(techPowerUp!)
Intel has Zen (3) moment, confirms new CPUs with PCIe 4.0 for Q1 2021(TweakTown)
Intel’s Commitment to Gaming, and a Sneak Peek at Intel Technology to Come(meidum.com)

“Rocket Lake”のコードネームがつけられたデスクトップ向けの第11世代Coreは2021年第1四半期に登場する。そして“Rocket Lake”ではPCI-Express 4.0のサポートが行われる。
[Intel “Rocket Lake-S”のローンチが2021年第1四半期であることを明かす]の続きを読む
Intel ‘Rocket Lake-S’ 500-series motherboards roadmap leaked(VideoCardz)
Intel to Debut 500-series Chipset with Core "Rocket Lake-S," Which Launches Late-Q1 2021?(techPowerUp!)
Intel Desktop Roadmap Through Q2 2021 Leaked – No HEDT Update Till 2H 2021, RKL-S In Mid March(WCCF Tech)

つい先日、VideoCardzでは“Rocket Lake-S”が3月になるという情報を紹介したが、HDTechnologiaから“Rocket Lake-S”と対になるチップセット―Intel 500 seriesのローンチスケジュールの情報がもたらされた。

今回のロードマップによると、“Rocket Lake-S”と500 seriesマザーボードはともに2021年3月にローンチされる模様である。
[“Rocket Lake-S”に対応する500 seriesチップセットのロードマップ]の続きを読む
Exclusive: Intel Sapphire Rapids to Feature Chiplets, HBM2, 400 Watt TDP, Coming in 2021(AdoredTV)
Intel Sapphire Rapids: MCM Design, 56 Golden Cove Cores, 64GB HBM2 On-Board Memory, Massive IPC Improvement and 400 Watt TDP(WCCF Tech)

AdoredTVでIntelの次々世代サーバー向けCPUである“Sapphire Rapids”の特徴やリリース予定日について紹介されている。“Sapphire Rapids”は10nm Enhanced SuperFinで製造され、その内容は極めて興味深いものとなる。
[“Sapphire Rapids”の特徴―Multi tile構成となりHBM 2を搭載する?]の続きを読む
KIOXIA Readies the XG7 Client NVMe SSD Leveraging PCIe Gen 4(techPowerUp!)

Kioxiaはクライアント向けSSDの次世代フラッグシップ製品としてXG7を用意している。

現行世代のXG6はクライアント向けのNVMe対応M.2 2280規格のSSDで、PCI-Express 3.0に対応する製品である。その後継となるXG7はPCI-Express 4.0・NVMe 1.4に対応すると見込まれる。この他の詳細は明らかになっていないが、おそらくは最新世代のBiCS Flash memoryを搭載するものと推定される。
[KioxiaがPCI-Express 4.0に対応するXG7 NVMe SSDを準備している模様]の続きを読む