北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti to launch in January 2021(VideoCardz)
NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti Landing in January at $999(techPowerUp!)
Nvidia's reportedly planning to launch an RTX 3080 Ti graphics card in January 2021(OC3D)
Rumor: GeForce RTX 3080 Ti with 10496 Shader cores; January 2021 for 999 USD?(Guru3D)
20GB GDDR6X RTX 3090 will debut in January ?? RTX 3080 Ti sells for US$999 against RX 6900 XT(HKEPC)

HKEPCによるとNVIDIAは新たなハイエンドGPUを来年1月にローンチする。そのハイエンドSKUはGeForce RTX 3080 Tiである。このGeForce RTX 3080 Tiについては先週kopite7kimi氏がそのスペックの情報について明らかにしており、今回のHKEPCの情報もkopite7kimi氏のそれに基づいている。

スペックについては11月4日の情報通なので以下にまとめる。
[GeForce RTX 3080 Tiは来年1月にローンチされる?]の続きを読む
NVIDIA GeForce RTX 3050 expected to feature 2304 CUDA cores(VideoCardz)

GeForce RTX 30 seriesのリーク情報ではおなじみとなったkopite7kimi氏であるが、先日はGA106を用いたGeForce RTX 3060, RTX 3050 Tiの話題を取り上げていた。これらはいずれも来年初めに登場すると見込まれる。

そして今回の新しい話題であるがGeForce RTX 3050である。GeForce RTX 3050はおそらくはGeForce RTX 30 seriesでは最下位のカードとなる。以前、NVIDIAはRT core(とおそらくはTensor Coreも)をエントリーレベル市場まで持ってくることを明らかにしていた。Tensor CoreはAIによるアップスケーリング性能を向上させるが、エントリーレベルのカードでRay Tracingがどれほど生きてくるかはわからない。

GeForce RTX 3050はGA107-300と呼ばれるGPUコアを用い、CUDA core数は2304である。
[GeForce RTX 3050は2304基のCUDA coreを有する?]の続きを読む
AMD Launches V2000 Ryzen Embedded SOCs With up to Eight 7nm Cores and Radeon Graphics(Tom's Hardware)
AMD announces Ryzen Embedded V2000 “Zen2” series(VideoCardz)
AMD Unveils AMD Ryzen(TM) Embedded V2000 Processors with Enhanced Performance and Power Efficiency(AMD)

AMDは11月10日、高性能組み込み向けProcessorの新製品としてRyzen Embedded V2000 seriesを発表した。Ryzen Embedded V2000 seriesは7nmプロセス技術を使用し、“Zen 2”アーキテクチャのCPUコアと、高性能なRadeon graphicsを採用する。Ryzen Embedded V2000 seriesは組み込み向けとして優れた電力効率と、新次元の性能、そしてエンタープライズ級のセキュリティ機能を提供する。
[AMD 7nmプロセスを採用した最大8-coreのRyzen Embedded V2000を発表]の続きを読む
Micron Announces 176-layer 3D NAND(AnandTech)
Micron Ships 176-Layer 3D NAND Flash Memory(Guru3D)
Micron Ships World’s First 176-Layer NAND, Delivering A Breakthrough in Flash Memory Performance and Density(Micron)

Micronは11月9日、世界初となる176層3D NAND Flashの出荷を開始したと発表した。
[Micron 176層の3D NANDを発表]の続きを読む
Kioxia Announces XG7 PCIe 4.0 Client SSDs(AnandTech)
KIOXIA Unleashes Next Generation PCIe 4.0 SSDs for High-end Client Applications(techPowerUp!)
Kioxia brings PCIe 4.0 support to consumers with the XG7 SSD lineup(bit-tech.net)
Kioxia preps XG7 / XG7-P series with PCIe4.0 (x4) connection(Guru3D)
キオクシア、ハイエンドパソコン向けのPCIe 4.0対応 M.2 SSDの評価用サンプルを出荷。最大4TB容量(Impress PC Watch)
KIOXIA Unleashes Next Generation PCIe 4.0 SSDs for High-end Client Applications(Kioxia)

Kioxiaは11月9日、PCI-Express 4.0に対応したノートPC、デスクトップPCおよびワークステーション向けのSSD製品としてKioxia XG7/XG7-P seriesを発表した。現在評価用サンプルを顧客に出荷している段階である。今回のXG7/XG7-Pにより、KioxiaはPCI-Express 4.0 SSD製品の製品をエンタープライズ、データセンター、そしてクライアントの各方面にそろえられたことになる。
[Kioxia クライアント向けのPCI-Experss 4.0対応SSD―XG7/XG7-Pを発表]の続きを読む
AMD Ryzen 5000 Zen 3 ‘Vermeer’ Undressed, First Ever High-Res Die Shots Close Ups Pictured & Detailed(WCCF Tech)

“Zen 3”世代のRyzen 5000 seriesが発表されたが、早速ヒートスプレッダをはがし、ダイの高精細な写真を撮った人物が現れた。その人物はFritzchens Fritz氏でこれまでも何度か高精細なダイの写真を撮影している。

使用したのはRyzen 5 5600Xで、1 CCD + 1 IODの2ダイ構成となっている。ダイの写真を見るとCCDが8-coreとL3 cacheで構成されている―もう少し具体的にいえば両サイドに4-coreずつCPUコアが配置され、中央部にL3 cacheがおかれている様子がわかるが、これだけではややわかりづらい。
[Ryzen 5000 seriesの高精細なダイの写真とダイ配置図]の続きを読む
Phison Delivers Fastest PCIe Gen 4x4 NVMe SSD Controller, the E18 Series(techPowerUp!)
Phison e18 to be Fastest PCIe Gen 4x4 NVMe SSD Controller going for 7400 MB/s(Guru3D)
Phison delivers staggering PCIe 4.0 SSD performance with their PS5018-E18 controller(OC3D)
Phison Delivers Fastest PCIe Gen 4x4 NVMe SSD Solution (Phison)

Phison Electronicsは11月9日、同社としては2世代目となるPCI-Express 4.0 x4対応NVMe SSDコントローラ―PS5018-E18 (E18) を発表した。PS5018-E18は2019年後半に発表されたPS5016-E16の後継となる。
[Phison PCIe 4.0 x4に対応するPS5018-E18コントローラを発表]の続きを読む
AMD Ryzen 5000 Zen 3 Desktop CPUs Reportedly Running on A320 & X370 Motherboards, B450 Support Already Added By ASUS & Gigabyte(WCCF Tech)

◇ASUSとGigabyteのB450マザーボード用Ryzen 5000 series対応BIOSがリーク
Don’t ask me where I come from to support Ryzen 5000 CPU ASUS B450 motherboard Zen 3 BIOS uncoded out(HKEPC)
No need to wait until next year to support Ryzen 5000 CPU GIGABYTE B450 motherboard Zen 3 BIOS out(HKEPC)

400 seriesチップセット搭載マザーボードに対するRyzen 5000 series対応BIOSは公式には来年1月にリリースされる予定とされる。しかし、ASUSとGigabyteの一部のB450マザーボードにおいては対応Beta BIOSが既にある模様で、HKEPCにその対応BIOSがリークしている。
[旧世代マザーボードでRyzen 5000 seriesを動かす・動かした話]の続きを読む
Acer Aspire 5 A515 notebook with AMD Ryzen 7 5700U “Lucienne” CPU spotted(VideoCardz)
AMD Ryzen 7 5700U ‘Lucienne Renoir Refresh’ APU Powered Acer Aspire 5 1515 Notebook Detailed(WCCF Tech)
Acer Aspire 5 A515: 15-inch notebook with Ryzen 7 5700U listed on Amazon(ComputerBase.de)

Amazon Italyにおいて未発表の新APUであるRyzen 7 5700Uを搭載したAcer Aspire 5 A515 (45-R2J2) が掲載された。Ryzen 7 5700Uは“Lucienne”のコードネームで呼ばれるAPUで、9月上旬にLenovoのノートPCでその存在が明らかにされた。そして“Lucienne”は“Renoir”の後継ではあるものの、“Zen 2”と“Vega”を搭載したAPUとなる。

“Lucienne”の構成は前述した通り“Zen 2”+“Vega”で現行の“Renoir”と変わらない。一方、同じくRyzen 5000U APUとして投入される製品として“Cezanne”があり、こちらは“Zen 3”+“Vega”となる。
[“Lucienne”―Ryzen 7 5700Uが搭載されたAcer Aspire 5 A515]の続きを読む
AMD 3rd Gen EPYC 7713 ‘Milan’ Zen 3 CPU Spotted, 64 Cores, 128 Threads & 2.45 GHz Clocks For Early Sample, Faster Than Four Intel Xeon Platinum CPUs(WCCF Tech)
Details for Result ID 2x AMD EPYC 7713 64-Core Processor (64C 128T 2.45GHz, 64x 512kB L2, 8x 32MB L3)(SiSoftware Offcial Live Ranker)

“Zen 3”世代のデスクトップCPUであるRyzen 5000 seriesがつい先日解禁されたが、“Zen 3”世代のサーバー向けCPU―“Milan”ことEPYC 7713がSiSoftware Offcial Live Rankerに掲載された。

今回掲載されたEPYC 7713はGigabyte MZ72-HB0-00と呼ばれるDual-socketのSocketSP3マザーに搭載されている。このマザーボードはTDP280Wまで対応している。またメモリは8ch DDR4に対応し、合計で16のDIMMスロットを有している。最大容量は2TBである。

EPYC 7713は64-core/128-threadで、2-socketで128-core/256-threadを実現している。1つのCPU辺りのL2 cacheは512KB×64、L3 cacheは32MB×8である。周波数は2.45GHzと表示されているがBoost時の周波数はわからない。
[64-coreの“Milan”―EPYC 7713がSiSoftwareのデータベースに現れる]の続きを読む
Intel Next-Gen Desktop CPU Rumors: Alder Lake With 10nm Golden Cove, Core i9 Up To 8 Cores & 24 Threads, Meteor Lake With 7nm Redwood Cove Cores(WCCF Tech)
Zen 3 Analysis & Intel Redwood Cove Leak: Can anything stop AMD before 2023?(Moore's Law is Dead)

Moore's Law is DeadがIntelの今後のCPU製品について説明している。Moore's Law is Deadは過去に“Rocket Lake-S”のCPUコアが“Cypress Cove”であると真っ先に報じたところである。例によって動画での配信なので見づらいが、なんとか頑張って書き起こしたい。
[“Alder Lake”の次の“Meteor Lake”は7nmで“Redwood Cove”を用いる]の続きを読む
PCIe 6.0 Specification Reaches Milestone, Remains on Track for a 2021 Release(techPowerUp!)
PCIe(R) 6.0 Specification, Version 0.7: Continuing Progress(PCI-SIG)

PCI-SIGはメンバーに対し、PCI-Express 6.0 version 0.7をリリースした。PCI-SIGは既にPCI-Express 5.0の規格策定を完了しており、現在はPCI-Express 6.0の規格策定完了を2021年に計画している。PCI-Express 6.0はPCI-Express 5.0の2倍、PCI-Express 4.0の4倍、PCI-Express 3.0の8倍の帯域を有する。
[PCI-Express 6.0 ver. 0.7がリリースされる―2021年の規格策定完了を目指す]の続きを読む
AMD Zen 3 Ryzen Deep Dive Review: 5950X, 5900X, 5800X and 5600X Tested(AnandTech)
AMD Ryzen 9 5900X and 5950X review - Introduction(Guru3D)
AMD Ryzen 9 5950X and Ryzen 7 5800X(bit-tech.net)
AMD Ryzen 9 5950X and 5900X Review: Zen 3 Breaks the 5 GHz Barrier(Tom's Hardware)
Review: AMD Ryzen 9 5950X and Ryzen 9 5900X(HEXUS)
新しいCPUの王者、Zen 3となった「Ryzen 5000」シリーズをテスト(Impress PC Watch)
Ryzen 9 5900X, Ryzen 7 5800X(4Gamer.net)
Ryzen 5000シリーズを試す - 性能編「Ryzen 9 5900X」と「Ryzen 7 5800X」(マイナビニュース)
AMDの最速CPU「Ryzen 5000シリーズ」が遂にデビュー、16コアの「Ryzen 9 5950X」など4製品(AKIBA PC Hotline!)

AMDは11月5日、“Zen 3”アーキテクチャを採用したデスクトップ向けCPU製品―Ryzen 5000 series CPUを解禁した。

国内では11月6日19時に販売解禁となり、Ryzen 9 5950Xが106480円、Ryzen 9 5900Xが71478円、Ryzen 7 5800Xが58828円、Ryzen 5 3600Xが39380円である(いずれも税抜き表示価格に10%を乗じた税込み価格)。

ラインナップは以下の通りである。
[“Zen 3”―Ryzen 5000 seriesが解禁される]の続きを読む
NVIDIA GeForce RTX 3060 and RTX 3050 Ti rumored to feature GA106 GPU(VideoCardz)
Ah, the desktop cards based on GA106 will be called
RTX 3060 and RTX 3050 Ti
(kopite7kimi4virgil@kopite7kimi / Twitter)

NVIDIA GPUのリークネタでは最早おなじみとなったkopite7kimi氏がGA106をベースとしたモデルに言及している。GA106をベースとしたモデルはGeForce RTX 3060とGeForce RTX 3050 Tiの2種類があるという。いずれもNVIDIAからは公式に発表されていないモデルである。
[GA106を使用するGeForce RTX 3060とRTX 3050 Tiの噂]の続きを読む
Intel Xe-HP "NEO Graphics" GPU with 512 EUs Spotted(techPowerUp!)
Intel Xe-HP “NEO” Graphics with 512 Compute Units spotted at Geekbench(VideoCardz)
Intel Corporation WHITLEY(GeekBench)

先日、IntelはXe-LPをベースとした単体グラフィック製品であるIris Xe Maxを発表したが、来年にはさらなるXe graphicsの製品―Xe-HPGとXe-HPが控えている。Xe-HPGはDG2と呼ばれるゲーミング向けの製品であり、Xe-HPは“Arctic Sound”とも呼ばれるデータセンター向けのGPUである。そして11月4日に入り、GeekBenchにXe-HPをベースとしたと思われるGPUが姿を現した。
[512基のEUを搭載したXe-HP "Neo Graphics"がGeekBenchに姿を現す]の続きを読む
AMD confirms that the RX 6000 series will support ray tracing in existing titles(OC3D)
AMD Radeon RX 6000 series to support games with Microsoft DXR and Vulkan ray tracing APIs(VideoCardz)

AMD Radeon RX 6000 seriesはハードウェアRay Tracingをサポートする。しかしながら同社はそのRay Tracingアプリケーションに関する性能については沈黙を保っていおる。
一部では、Radeon RX 6000 seriesは現在Ray Traingが有効なゲームタイトルに対応できていないのではないかという噂が挙がっていたようだ。それに対し、AMDは業界の標準であるMicrosft DXR APIとVulkanのRay Tracing APIに対応すること説明した。


以下がその内容である。
[Radeon RX 6000はMicrosoft DXRとVlukanのRay Tracing APIをサポート]の続きを読む
GIGABYTE GeForce RTX 3060 Ti EAGLE OC graphics card leaked(VideoCardz)
First Custom RTX 3060 Ti Graphics Card Spotted(Tom's Hardware)

NVIDIAはGeForce RTX 3060 Tiのローンチを延期したが、この新たなSKUに関するリーク多数あり、VideoCardzでは関連する情報を欠かさず収集している。
GeForce RTX 3060 Tiは11月17日にローンチされる予定であったが、先日の情報で12月2日に延期されたとExpreview.comが報じている。


そのGeForce RTX 3060 Tiであるが最初からカスタム設計のカードに主眼が置かれ、NVIDIAがFounders Editionを計画しているかどうかはわからない。そして今回、GigabyteのモデルであるGeForce RTX 3060 Ti Eagle OCの写真を入手することができた。

Gigabyte GeForce RTX 3060 Ti Eagle OCは比較的短い基板を使用し、2基のファンを搭載している。また製品名にある通るオーバークロック仕様であるが、その周波数はわからない。
[GeForce RTX 3060 Tiを搭載するGigabyte GeForce RTX 3060 Ti Eagle OC]の続きを読む
Kopite7kimi: NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti rumored to feature 10496 CUDA cores and 20GB GDDR6X memory(VideoCardz)
Rumor: NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti with 10496 Shader cores?(Guru3D)
RTX 3080 Ti FE:(kopite7kimi4virgil@kopite7kimi / Twitter)

1週間ほど前、kopite7kimi氏がGeForce RTX 3080 Tiの計画が浮上していることを明らかにした。これにはVideoCardzとしても驚きを隠せなかった。なぜならGeForce RTX 3080 Tiに相当する製品は2ヶ月前にキャンセルされており、またGeForce RTX 3090が登場したことにより、3080 Tiの存在意義が薄いと考えられたからである。

しかし状況が変わり、そしてRadeon RX 6000 seriesという競合が出現した。AMDはNVIDIAのハイエンドGPUを比較チャートに使用し始めた。NVIDIAとしても気づかないではいられず、AMDの“Big Navi”へのカウンターとしてGeForce RTX 3080 Tiという新たなSKUを用意することにしたのだろう。
[噂の絶えないGeForce RTX 3080 Ti―CUDA core数10496でVRAM 20GB]の続きを読む
Intel Rocket Lake and Alder Lake CPUs pictured(VideoCardz)
Intel 11th Gen Rocket Lake Desktop CPUs Pictured, First Engineering Chips Already With OEM & Board Partners(WCCF Tech)

第11世代デスクトップ向けCore processorとなるであろう“Rocket Lake-S”のCPUの写真がYuuki_AnSと呼ばれる人物によりBilibiliに投稿された。“Rocket Lake-S”は原稿の“Comet Lake-S”と同じLGA1200を用いる。そして2021年第1四半期にローンチされる予定である。
[“Rocket Lake-S”と“Alder Lake-S”のCPUの写真]の続きを読む
AMD Unveils Instinct CDNA Compute Accelerators Nov 16(3DNews.ru)

7月末にAMDはCompute Accelerotr向けの新アーキテクチャ―CDNAを用いたInstinct MI100を予告した。そして今回、そのCDNAを用いた製品が11月16日に明らかにされる事がわかった。

3DNews.ruでは幸運にもAMDのcompute identity bookの10月版を見ることができた。
[CDNAアーキテクチャを使用したInstinctが11月16日に発表される?]の続きを読む
Intel Lunar Lake, Jupiter Sound and DG3 spotted in GPU drivers(VideoCardz)
Intel’s Next-Gen Lunar Lake Desktop CPUs, Jupiter Sound & DG3 (Gen 13) Xe GPUs Spotted(WCCF Tech)
Lunar Lake, Goldwater Lake, Jupiter Sound and DG3 spotted in GPU drivers(reddit.com)

redditのユーザーであるstblr氏はMac OSのドライバからAMDの“Navi 21”のスペックを明らかにした人物であるが、今回はIntelの次世代グラフィック製品とコンシューマ向けProcessorの存在を明らかにした。明らかにされた製品のコードネームであるが“Lunar Lake (LNL)”、“Jupiter Sound (JPS)”、“DG3”である。
[GPUドライバから見つかった“Lunar Lake”、“Jupiter Sound”、“DG3”]の続きを読む
[GeForce RTX 3060 Tiのローンチ予定日は12月2日に延期される模様]の続きを読む
AMD has an answer to DLSS, DirectML Super Resolution(OC3D)
AMD Frank Azor promises more details on Radeon RX 6000 ray tracing and super sampling tech before launch(VideoCardz)
AMD's Frank Azor confirms Radeon RX 6000's ray tracing and super sampling info will be available in the run up to launch(Notebookcheck)

AMDはNVIDIAのDLSS technologyに相当するSuper Samplingの実装を進めている。AMDのSuper Samplingの技術はXbox sereis X/Sでも使用される機械学習を用いた技術―Direct MLがベースとなっている。Direct MLがベースはオープンソースであり、クロスプラットフォーム対応である。

今回の話はAMDのFrank Azor氏のツイートが元となっている。
[Radeon RX 6000 seriesのRay TracingとDirectML Super Resolution]の続きを読む
AMD Releases Even More RX 6900 XT and RX 6800 XT Benchmarks Tested on Ryzen 9 5900X(techPowerUp!)
Graphics Gaming Benchmarks(AMD)

AMDは10月28日に“Big Navi”あるいはRDNA 2と呼ばれてきたRadeon RX 6000 seriesを発表し、ライバルであるGeForce RTX 30 seriesと対抗できる製品であることをアピール、同社がハイエンドグラフィック市場に戻ってきたことを印象づけた。AMDは$579のRadeon RX 6800がGeForce RTX 2080 Tiを超え、$649のRadeon RX 6800 XTが$699のGeForce RTX 3080に対抗し、そして$999のRadeon RX 6900 XTが$1499のGeForce RTX 3090と同レベルの性能であることを示した。
そして11月2日、AMDはRadeon RX 6000 seriesとRyzen 9 5900Xを組み合わせた際のベンチマークスコアをさらに公開した。
[AMD Radeon RX 6900XT, 6800XT+Ryzen 9 5900Xのベンチマークを公開]の続きを読む
Intel Iris Xe MAX tested in 3DMark Time Spy and Fire Strike(VideoCardz)

IntelはノートPC向けに96基のExecution Unitを搭載したIris Xe Maxを単体グラフィック製品として発表した。Execution Unitの数は“Tiger Lake”と同じで、アーキテクチャも同様のXe-LP、製造プロセスもIntel 10nm SuperFinである。

96 EUをShaderの数に換算すると768である。そのため、強力なゲーミング性能を期待することはできない。Iris Xe Maxは薄型軽量ノートPC向けの設計で、“Tiger Lake”と組み合わせることでCPUもGPUもIntel製でそろえることができる。
[Iris Xe Maxの3DMarkスコア]の続きを読む
NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti could launch on November 17th(VideoCardz)
RXT 3060 Ti was revealed to be released on November 17th, 2999 yuan has been booked before(MyDrivers.com)

AMDはまもなくRadeon RX 6000 seriesを市場投入する。一方、NVIDIAはGeForce RTX 3070とそれ以上に競合が現れただけでなく、GeForce RTX 3060 seriesにも圧力がかかっている。

最近の噂ではGeForce RTX 3060 seriesにはVRAM 8GBのGeForce RTX 3060 TiとVRAM 6GBのGeForce RTX 3060があるとされる。そしてGeForce RTX 3060 Tiは11月17日にローンチされる。この日にちはこれまで言われていた11月中旬という情報に合致するものである。
[GeForce RTX 3060 Tiのローンチ予定日は11月17日?]の続きを読む
Intel’s Discrete GPU Era Begins: Intel Launches Iris Xe MAX For Entry-Level Laptops(AnandTech)
Intel Storms into 1080p Gaming and Creator Markets with Iris Xe MAX Mobile GPUs(techPowerUp!)
Intel、22年ぶりのディスクリートGPU「Iris Xe MAX」を正式発表(Impress PC Watch)
Innovation Extends with Intel Iris Xe MAX Graphics and Deep Link(Intel)

Intelは10月31日、薄型軽量ノートPC向けにIris Xe Max graphicsを発表した。また、既にパートナーはこの製品を利用可能となっている。Iris Xe Maxは第11世代Mobile向けCore processor―“Tiger Lake”のiGPUと同じXe-LP microarchitectureを用い、かつXeをベースとした製品としては初めての単体GPU製品となり、Intelが単体グラフィック市場に参入するための戦略の1つとなる。Iris Xe MaxはIntel Adaptixの一部としてIntel Deep Link technologyを備えている。インターフェースとしてはPCI-Express 4.0 x4をサポートする。
[Intel 久しぶりのdGPUとなるIris Xe Max Graphicsを正式発表]の続きを読む