北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel "Granite Rapids-D" Xeon Processors Come in Core-count and Memory-channel Based Physical Variants(TechPowerUp)
Intel Xeon “Granite Rapids-D” to come in two variants(VideoCardz)
Intel Granite Rapids-D CPU first appeared, replacement for Ice Lake-D?(Igor's Labs)
Granite Rapids-D: Ice Lake D successor explained in more detail(ComputerBase.de)
I want a GNR-D.(YuuKi_AnS@yuuki_ans)

“Granite Rapids-D”の名前が初めてIntelの公式資料に出現した。“Granite Rapids-D”は現行のXeon D 1700, 2700 seriesこと“Ice Lake-D”の後継となる製品である。

“Graniter Rapids”ファミリーのうちサーバー向けの“Granite Rapids-AP”と“Granite Rapids-SP”は2024年後半に登場すると見込まれている。Xeon D向けの“Granite Rapids-D”はその後、おそらくは2025年になるだろう。
◇Core i7 14700Kのスペック―8 P-core + 12 E-coreになる模様
Intel Core i7-14700K has an 8P+12E Core Configuration(TechPowerUp)
Alleged Intel Core i7-14700K processor is 17% faster than 13700K in CPUZ/Cinebench multi-threaded tests(VideoCardz)
Intel Core i7-14700K: Performance and Specifications Revealed in Benchmarks(Guru3D)
Intel Core i7-14700K 20 Core “Raptor Lake Refresh” CPU Benchmarks Leak, Up To 15% Faster Than 13700K(WCCF Tech)
午後5:26 · 2023年7月10日(@harukaze5719)
14700k(@wxond)

“Raptor Lake-S Refresh”のラインナップの1つ―Core i7 14700Kは8 P-core + 12 E-coreの構成となるようだ。8-coreの“Raptor Cove”と12-coreつまり3 cluster分の“Gracemont”を有するCPUとなる。現行のCore i7 13700Kは8 P-core + 8 E-coreで“Gracemont”が8-core / 2 cluster分有効化されているが、Core i7 14700Kは4-core / 1 clusterがさらに追加される形となる。
有効化された“Gracemont”のクラスタが増えたことに伴い、L3 cacheの総容量もCore i7 13700Kの30MBからCore i7 14700Kでは33MBに増量されている。L2 cacheの総容量も同様に24MBから28MBに増加している。
Intel Discontinues Cascade Lake-X and Cascade Lake-W Core and Xeon HEDT Processors(TechPowerUp)
Intel Pulls the Plug On Cascade Lake HEDT, Workstation CPUs (Update)(Tom's Hardware)
Product Change Notification #119604-00(Intel / PDF files)

“Cascade Lake”は“Skylake”の後継として2019年にローンチされ、“Skylake”を最適化したものである。製造プロセスは14nmである。“Cascade Lake”にはXeon SP向けの“Cascade Lake-SP”、Xeon AP向けの“Cascade Lake-AP”、ワークステーション向けの“Cascade Lake-W”、HEDT向けの“Cascade Lake-X”がある。
AMD AGESA 1.0.9.0 BIOS Firmware Launches In Late August, Includes Support For Phoenix “Ryzen 7000G” APUs(WCCF Tech)
Next AGESA ComboPI for AM5(chi11eddog@g01d3nm4ng0)

AMDはSocketAM5マザーボード向けのAGESA 1.0.9.0 BIOSを8月下旬にリリースする。そしてこのAGESA 1.0.9.0にはRyzen 7000G―“Phoenix” APUのサポートが加えられるらしい。

情報元はハードウェアリーカーであるchi11eddog氏である。AMDのボードパートナーはAGESA 1.0.9.0 BIOS firmwareを来月に展開する予定である。パートナーは既にAGESA 1.0.9.0 BIOSを入手し、自社のSocketAM5マザーボードで検証を行っているところだ。
AMD Begins Sending "Family 26" Linux Patches For Apparent Zen 5 CPUs(Phoronix)
AMD Begins Zen 5 Prep, Sends First Linux Patches(Tom's Hardware)
AMD Initiates Zen 5 Preparation by Sending Linux Patches(Guru3D)

AMDが次世代の“Zen 5” processorを記述した最初のパッチが登場したようだ。
7月6日に投稿されたパッチはAMD "Family 1Ah"をベースとするProcessorのサポートをLinux kernelに追加するものだった。Linuxのパッチに“Family 1Ah”―つまりは“Family 26”が記述されたのは今回が初めてである。


7月6日のパッチにはFamily 26 processor models 00 - 31 (00h - 1Fh), models 64 - 79 (40h - 4Fh) のための新しいPCI IDが追加されている。またk10temp driverへのthermal sensorのサポート、メモリのエラー発見・修正のためのEDAC AMD64 driverのパッチが追加されている。EDAC AMD64 driverにはFamily 26 processorが最大で12 channelのメモリコントローラを有することが明らかにされている。このメモリチャネル数は現行“Zen 4”世代の“Genoa”や“Bergamo”と同じである。
NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti with 16GB memory launches on July 18th(VideoCardz)
16GB Variant of GeForce RTX 4060 Ti Launches July 18(TechPowerUp)
(OC3D)
4060Ti 16G(MEGAsizeGPU@Zed__Wang)

MEGAsizeGPU氏がNVIDIAのEmgabgo Timelineの一部を紹介しており、これによるとGeForce RTX 4060 Ti 16GBの解禁日は7月18日となるようだ。
7月18日をもって、GeForce RTX 4060 Tiは全世界的に販売解禁となる。一方で、レビューの解禁日についてはまだ明らかになっていない。
◇“Arrow Lake”と“Lunar Lake”の拡張命令セットが明らかにされる
Intel Releases Arrow Lake and Lunar Lake Instruction-set Reference Guide(TechPowerUp)
Intel confirms Arrow Lake-S & Lunar Lake CPUs will support instructions for AVX-VNNI, SHA512, SM3, SM4 and LAM(VideoCardz)
Intel 15th Gen Arrow Lake CPUs to Support 512-bit SHA and AI Instructions, AVX512 Still Missing(Hardware Times)
Intelの次期CPU「Arrow Lake」の拡張命令対応が明らかに(Impres PC Watch)
Intel(R) Architecture Instruction Set Extensions and Future Features(Intel / PDF files)

Intelは“Architecture Instruction Set Extensions and Future Features”を先月更新し、今後登場する新しいProcessorが対応する命令セットについて記述を追加した。

2023年6月版の同資料では新たに“Arrow Lake”と“Lunar Lake”の命令セットに関する記述が記載されている。
 
“Arrow Lake”はCOMPCCXADD, AVX-IMFA, AVX-NE-CONVERT, AVX-VNNI-INT8や、User Interuputs, Linear Address Masking, IPI Virtuilization, Linear Address Space Seperationなどがサポートする対応命令となる。
“Arrow Lake-S”は上記に加え、AVX-VNNI-INT16, SHA512, SM3, SM4が対応命令セットとして加わる。“Lunar Lake”の対応命令セットは“Arrow Lake-S”とほぼ同等である(Total Storage Encryption and the PBNDKB instuctionが追加されたのが確認できる相違点である)。

AMD Ryzen 5 7500F surfaces online, a new budget-friendly Zen 4 6-core(OC3D)
AMD Ryzen 5 7500F to launch this week, the first AM5 CPU without integrated RDNA2 graphics(VideoCardz)
AMD Ryzen 5 7500F Desktop Processor Surfaces, Could this be Phoenix-2 on AM5?(TechPowerUp)
午前11:33 · 2023年7月4日(@harukaze5719)

新しいSocketAM5 processorがインターネット上に出現している。新たなAM5 CPUはRyzen 5 7500Fで、6-coreのCPUである。そしておそらくはiGPUが完全に無効化されたモデルと推定される。

Ryzen 5 7500Fの“F”はおそらくIntelの“F”モデルに倣ったものと推定される。Intelの“F”モデルはiGPUを無効とし、その分やや価格を下げたものである。Ryzen 5 7600 (6-core/12-thread, Base 3.80GHz / Boost 5.10GHz) とRyzen 5 7500Fの現時点でわかる相違点であるが、Ryzen 5 7500FはBoost時周波数が100MHz引き下げられている模様だ。
午後10:04 · 2023年7月1日(188号@momomo_us)
LGA4710(Yuuki_AnS@yuuki_ans)

188号@momomo_us氏とYuuki_AnS氏がLGA4710の情報を紹介している。

188号@momomo_us氏は写真を投稿している。LGA3647から使用されるようになったCPUを支えるためのプラスチック製のフレームに取り付けられたProcessorの写真である。Processor側には何も刻印がないがプラスチック製のフレームに“LGA-4710-2”の文字列が確認できる。
ASUS shows off RTX 4060 Ti graphics card with M.2 SSD slot(VideoCardz)
ASUS has a GeForce RTX 4060 Ti Card with an M.2 SSD Slot(TechPowerUp)
Asus RTX 4060 Ti with an m.2 SSD(Everst@Olrak29_)
World premiere! Solid state drive installed on the 4060 graphics card? ? ?(bilibili / Tony from ASUS)

bilbiliでM.2スロットを搭載するASUSのグラフィックカードが紹介された。このカードはGeForce RTX 4060 Tiを搭載しているが、それ以外の詳しい情報は現時点では明らかでない。

GeForce RTX 4060 Ti―AD106はインターフェースとしてPCI-Express 4.0 x8を用いる。そのためx16レーンのスロットに挿した場合はx8レーン分は余ることになる。この余ったPCI-ExpressレーンをM.2 SSD向けに振り分けてしまおうというのがこのカードのコンセプトのようだ。
AMD “Little” Phoenix2 APU for Ryzen 7040U series has a die size of 137mm2(VideoCardz)
AMD Phoenix2, a smaller Zen4/RDNA3 APU has been pictured(VideoCardz)
AMD Phoenix 2 “Ryzen 7040” APUs Feature 23% Smaller Die Size, Allegedly Utilize Zen 4 & Zen 4C Core Combo(WCCF Tech)
Phoenix2 top die is 7540U (2 high+4 low), but 7540U is dual sourced(@BusAlexey)
Golden Pig Upgrade 2023年07月01日 19:26(bilibili)
Ryzen(TM) 3 7440U(AMD)
Ryzen(TM) 5 7540U(AMD)
(参考)
AMD Ryzen(TM) 7 7840U(AMD)

AMDが低消費電力向けの新しいAPUを準備しており、そして“Phoenix”の派生ダイとなる小さなコアをローンチしようとしていることはもはや秘密でもなく、知られた話である。“Phoenix2”としばしば呼ばれるそれは昨年6月から話題になっているが、これまでAMD自身がそれに関連する情報を出したことはない。

そしてAMDは先日、“Phoenix”をベースとしたRyzen 7040HS sereisとRyzen 7040U seriesをローンチした。そしてRyzen 7040U seriesについては通常の“Phoenix”のダイ(178mm2)よりも23%ほど小さい137mm2のダイが使われているものがある。
AMD Ryzen 5 5600X3D to be Exclusive Micro Center Product in the US(TechPowerUp)
AMD Ryzen 5 5600X3D to Launch July 7th for $229 at Micro Center Only(Tom's Hardware)
AMD Ryzen 5 5600X3D launches July 7th as MicroCenter exclusive, 6-core CPU with 3D V-Cache to cost $229(VideoCardz)
AMD surprise launches Ryzen 5 5600X3D processor for $229(KitGuru)

6月上旬に6-coreのRyzen 5 5600X3Dがあるという噂が流れ、結構な話題となった。そしてAMDが本当にRyzen 5 5600X3Dを計画しているか否かが議論となった。

そしてAMDはRyzen 5 5600X3DをMicroCenter専売の形でローンチすることを決定した。MicroCenterはアメリカのリテールショップで、Ryzen 5 5600X3Dの唯一のローンチパートナーとなる。つまり、Ryzen 5 5600X3Dはアメリカ以外では販売されないことになる。
Intel Devs Working On Meteor Lake-S Linux Code(Tom's Hardware)
Intel Meteor Lake-S Canceled or Not? Patches For Desktop Lineup Still Showing Up In Linux(WCCF Tech)
Intel Pushes New Meteor Lake-S Driver Code Into Linux 6.5(Phoronix)

ここ数ヶ月、デスクトップ向けの“Meteor Lake-S”がキャンセルされたか否か、デスクトップ向けの次世代は“Raptor Lake-S Refresh”になり、“Meteor Lake-S”は下位のCore i3やCore i5に限定される等の噂が飛び交っている。
だが、最終的にどうなれど、IntelのLinuxエンジニアは“Meteor Lake-S”の関連するコードをLinux kernelに追加し続けている。


その最も新しい例であるが、6月29日の朝に、Linux kernelの次世代versionにpin controlの変更が追加されていたことがある。Linux 6.5のIntel pinctrl driverに“Meteor Lake-S”のサポートが追加されていたのだ。“Meteor Lake”の他の派生製品についてはすでにサポート済みであったが、ここに来て新たに“Meteor Lake-S”のサポートが行われ、補完となるその他の“Meteor Lake-S”のためのコードもすでにkernelに記述されている。