北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Gigabyte launches GeForce RTX 4060 low profile GPU with three fans and OC(VideoCardz)
Gigabyte Quietly Launches Low Profile GeForce RTX 4060 Graphics Card(TechPowerUp)
GeForce RTX(TM) 4060 OC Low Proflie 8G(Gigabyte)

ロープロファイル仕様のグラフィックカードのファンの数は1基ないしは2基である。しかし、Gigabyteは3基のファンを搭載したロープロファイル仕様のグラフィックカードを投入した。それが今回明らかにされたGeForce RTX 4060を搭載する“GeForce RTX 4060 OC Low Profile 8G”である。
AMD Ryzen 8000 “Strix Point” APUs Feature 4 Zen 5, 8 Zen 5C CPU Cores, 16 RDNA 3.5 GPU Cores & 16 MB Cache(WCCF Tech)
AMD's Ryzen 8000 'Strix Point' to Use Zen 5 and Zen 5c Cores: Report(Tom's Hardware)
午後3:47 · 2023年8月5日(HXL@9550pro)
2023年08月05日 12:11(bilibili / Golden Pig Upgrade)

bilibiliに投稿されたGolden Pig Upgrade氏のリークによると、AMDの次世代APU―“Strix point”は“Zen 5”級のCPUコアを12-core搭載し、iGPUはRDNA 3.5となるかもしれない。

同氏の投稿によると、“Strix Point”のCPU構成は16MBのL3 cacheを搭載する“Zen 5”が4-core、8MBのL3 cacheを搭載する“Zen 5c”が8-coreの合計12-coreとなる。これらのCPUコアは2つのCore Complex (CCX) の構成となる。iGPUはRDNA 3.5アーキテクチャで8 WGP (16 CU / 1024sp) となる。そして“Strix Point”はこれらのCPUコアGPUコアをモノリシックなダイに収める。
AMD RDNA 4 “Navi 4X” Lineup Rumored To Not Include Any High-End GPUs(WCCF Tech)
午後6:02 · 2023年8月4日(Kepler@Kepler_L2)

GPU関係のリーク情報を多数扱っているKepler_L2氏によるとRDAN4―“Navi 4x”世代ではハイエンドに相当するGPUは存在しないという。

同氏によると“Navi 4x”のラインナップはかつての“Polaris”やRDNA 1―“Navi 1x”と同様のものになるという。つまり、“Navi 21”や“Navi 31”に相当するウルトラハイエンド帯の製品は存在しない。
またRDNA 3.5と呼ばれるGPUは基本的にRyzen 8000 seriesのiGPUとして設計され、dGPUとしては登場しない模様である。
PowerColor AMD Radeon RX 7800 XT Pictured, Confirmed Based on "Navi 32"(TechPowerUp)
PowerColor RX 7800 XT Listing Confirms 3,840 Shaders, 16GB VRAM(Tom's Hardware)
PowerColor's AMD Radeon RX 7800 XT Red Devil Graphics Card Leaks Online(Guru3D)
AMD Radeon RX 7800 XT specs revealed by accidental PowerColor listing(Notebookcheck)

PowerColorがうっかり未発表のRadeon RX 7800 XT搭載カードの情報を掲載してしまった。掲載されたのは“Radeon RX 7800 XT Red Devil”である。

“Navi 32”は“Navi 31”に続くChiplet構造のGPUで5nmプロセスのGraphics Compute Die (GCD) と6nmプロセスのMemory Cache Die (MCD) で構成される。“Navi 32”のGCDは60のRDNA 3 Compute Unitを搭載し、StreamProcessor数は3840、AI Acceleratorは120、Ray Acceleratorは60である。TMUは192、ROPは128と推定される。MCDは4ダイが搭載され、合計で64MBのInfinity Cacheと256-bitのメモリインターフェースを有する。
AMD announces Radeon PRO W7600 and W7500 mainstream workstation RDNA3 GPUs(VideoCardz)
AMD Announces Radeon PRO W7600 and W7500 Graphics Cards(TechPowerUp)
AMD Announces Radeon Pro W7600 & W7500: Pro RDNA 3 For The Mid-Range(AnandTech)
AMD、シングルスロットのワークステーション用ビデオカード。2.3倍のAI性能(Impress PC Watch)
New AMD Radeon PRO W7000 Series Workstation Graphics Cards Deliver Advanced Technologies and Exceptional Performance for Mainstream Professional Workflows(AMD)

AMDは8月3日、2種類のRadeon Pro W7000 seriesの新製品―Radeon Pro W7600とRadeon Pro W7500を発表した。この2製品はメディア&エンターテインメント、設計&製造、そして技術開発を含むProfessional向け・業務向け用途のメインストリーム向け製品として設計されている。

Radeon Pro W7600とW7500は毎日のProfessional向けワークフローの効率と性能を高めるべく開発されている。いずれも新しいRDNA 3 architectureを採用し、price/performanceを最適化し、また安定性と信頼性を確保している。Radeon Pro W7600とW7500はどちらも高速なGDDR6を8GB搭載する。またRay-tracingに対応し、レンダリング用途において、精細さとリアルさを提供する。
午前0:15 · 2023年8月4日(HKEPC@hkepcmedia)

海外のメディアの報道によると、AMDはエントリー向けのグラフィック製品となるRadeon RX 7500のローンチを計画しているようである。Radeon RX 7500は“Navi 33”をベースとし、Compute Unitは28基、Stream Processorは1792基の構成となる。Infinity Cacheは32MBを備え、メモリインターフェースは128-bitである。VRAMとしてGDDR6を8GB備える。Total Board Powerは130Wとなる。

Radeon RX 7500はRadeon RX 6600の後継となり、予価は1500~1700香港ドルと伝えられている。
AMD Radeon Pro W7600 and W7500 professional RDNA3 graphics cards pictured(VideoCardz)
AMD Radeon Pro W7600 & W7500 8 GB “RDNA 3” Entry-Level Workstation GPUs Leak Out(WCCF Tech)

AMDは2種類のRadeeon Proを用意しているようだ。Radeon Pro W7600とW7500がそれで、どちらも“Navi 33”をベースとし、8GBのVRAMを搭載するカードである。

Radeon Pro W7600とW7500の情報はまだ限られているが、W7600は“Navi 33”のフルスペック仕様となる見込みである。一方、W7500は若干のカットダウンが行われたモデルとなるだろう。
どちらも1スロット仕様のカードとなり、4基のDisplayPort 2.1コネクタを備えている。冷却機構には若干の差違があり、W7600の方がやや大型の冷却機構を搭載する。
Intel Lunar Lake to pack Battlemage iGPU with up to 64 EUs(KitGuru)
Intel Lunar Lake series to feature up to 64 Xe² Execution Units of next-gen Battlemage graphics(VideoCardz)
午後2:32 · 2023年7月31日(Bionic_Squach@SquashBionic)

Intelが2024年以降に予定している“Lunar Lake”の詳細が少しずつであるが明らかになり始めてきた。Intelは“Lunar Lake”について「超低消費電力Mobileプラットフォーム向け」と説明しているが、今のところそれ以上の情報は明らかにされていない。

“Lunar Lake”は“Meteor Lake”に続くCore Ultraとなるであろう製品と推定される。“Meteor Lake”はiGPUにXe-LPG―つまり“Alchemist”世代のアーキテクチャを使用している。
一方、“Lunar Lake”はXe2-LPM―“Battlemage”世代のアーキテクチャが用いられるという。Bionic_Squash氏によると、“Lunar Lake”のiGPUはXe2-LPG世代で64 Execution Unitの構成になるという。Xe-Core換算では8で、FP32演算ユニットの数は1024となる。
AMD Confirms New "Enthusiast-class" Radeon 7000-series Graphics Cards This Quarter(TechPowerUp)
AMD: New Enthusiast-Class RDNA 3 GPUs Coming in Q3(Tom's Hardware)
New Enthusiast-Class GPUs are launching this quarter - AMD Confirms(OC3D)
AMD: RDNA 3 GPUs: Navi 32 and RX 7800/7700 Series Anticipated in Q3(Guru3D)

AMDの第2四半期決算報告の中で、同社がRDNA 3 architectureを採用した新たなエンスージアスト級グラフィック製品をこの第3四半期中に投入することを明らかにした。

決算報告の中でAMDのCEOであるLisa Su氏は以下のように述べている。
「ゲーミンググラフィックカード製品は、第2四半期にメインストリーム向けのRadeon RX 7600を投入し、Radeon RX 7000 GPU seriesを拡充した。そして、AMDはさらなるRDNA 3 graphics製品の拡充に向けて勧めており、第3四半期中に新しいエンスージアスト級Radeon RX 7000 seriesを投入する」
Intel Launches Mobile Arc A570M and A530M(TechPowerUp)
Intel stealthily launches Arc Alchemist A570M and A530M budget mobile GPUs(NotebookCheck)
Intel quietly launches Arc A570M and A530M mobile graphics(VideoCardz)
Intel’s just-released Arc A570M and A530M graphics are using new ACM-G12 GPU(VideoCardz)

IntelはひっそりとMobile向けArc seriesの新製品としてArc A570MとArc A530Mを追加した。

Arc A570Mは16 Xe Coreを搭載し、Execution Unitは256、RT unitは16である。Arc A530Mは12 Xe Coreを搭載し、Execution Unitは192、RT unitは12である。
VRAMはArc A570Mが8GBのGDDR6を、Arc A530Mが8GBまたは4GBのGDDR6を搭載する。
Graphics coreの周波数はどちらも1300MHzである。Total Graphics PowerはArc A570Mが75~95W、Arc A530Mが65~95Wに設定されている。