北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
(Tom's Hardware)
NVIDIA RTX 40 SUPER rumored specs emerge, RTX 4080 SUPER with full AD103 GPU and 10240 CUDA cores(VideoCardz)
Well, if everything you said OK, we will see(kopite7kimi@kopite7kimi)

GeForce RTX 40 Superに関する噂がここ最近になって活発に飛び交っているが、kopite7kimi氏がそのGeForce RTX 40 SuperのCUDA core数や使用されるGPUコアについて明らかにしている。

kopite7kimi氏によるとGeForce RTX 4080 Superはフルスペック仕様のAD103を使用し、CUDA core数は10240になるという。メモリ周りのスペックは明らかになっていないが、AD103を使用する以上メモリインターフェースは256-bitが上限であり、256-bitのままであれば自ずとメモリ容量は16GBとなるだろう。

GeForce RTX 4070 Ti SuperとGeForce RTX 4070 Superについても明らかにしている。GeForce RTX 4070 Ti SuperはAD103-275ないしはAD102-175を使用し、CUDA core数は8448となる。GeForce RTX 4070 SuperはAD104-350ないしはAD103-175を使用し、CUDA core数は7168であると述べている。
GeForce RTX 3080 Ti mobile GPU turned desktop has been tested in 3DMark(VideoCardz)

1年ほど前にGeForce RTX 3070 Ti mobileをデスクトップ向けに仕立てたカードを紹介したが、今度はGeForce RTX 3080 Ti mobileをデスクトップ向けに仕立てたカードが出現したようである。VideoCardzにその写真と3Dmark Time Spyのスコアが掲載されている。

カードの外観であるがバックプレートを有する2スロット仕様のカードである。カード長はおそらく23~24cm程度と目測される。ファンは2基が搭載されており、ファンの中央にXRのロゴがある。XRは中国のメーカーの名前らしいが詳細は不明。PCI-Express電源コネクタは8-pin×1である。

23~24cm・2スロットでPCI-Express電源コネクタ8-pin×1はデスクトップ向けのGeForce RTX 3080 Tiでは成しえない仕様である。GeForce RTX 3080 TiのToral Graphics Powerは350Wであるため、PCI-Express電源コネクタは8-pin×2以上が要求される。また冷却機構も3基ファンの大型のものとなり、カード長は30cm超となる。

GPU-Zの画面から読みとれるスペックは以下の通りである。
Asus Dual GeForce RTX 4060 Ti Hits Retailers With SSD Slot, Premium Pricing(Tom's Hardware)
ASUS launches GeForce RTX 4060 Ti DUAL with M.2 SSD slot for extra storage(VideoCardz)
Asus GeForce RTX 4060 Ti 8GB DUAL OC + 2280 M.2 SSD Expansion slot - graphics card(Multitronic)

ASUS GeForce RTX 4060 Ti Dual OC SSD (Dual-RTX4060Ti-O8G-SSD) が欧州のリテールショップで販売開始された模様だ。

AD106を使用するGeForce RTX 4060 TiやAD107を使用するGeForce RTX 4060はインターフェースがPCI-Express 4.0 x8である。そのため、PCI-Express 4.0 x16スロットに挿すと全てのPCI-Expressレーンを使用せず、8本分が余ることになる。
ASUS GeForce RTX 4060 Ti Dual OC SSDは、余るPCI-Express 4.0レーン8本分を有効活用しようという着想から生まれた製品だ。この製品を一言で言うとM.2 2280 SSDスロットを搭載したグラフィックカードである。
AMD's Radeon RX 7900 GRE Retails For Over $700 In Europe(Tom's Hardware)
AMD Radeon RX 7900 GRE now available in Europe for 720 EUR, PC purchase not required(VideoCardz)

Radeon RX 7900 GRE (Golden Rabbit Edition) は“Navi 31 XL”を使用する製品であるが、基本的には中国市場向けの製品である。特に単体販売は中国でしか行われておらず、その他の地域では完成されたシステムに組み込まれた形でしか販売が許されていない。

ところが、スペインとルーマニアではSapphireのRadeon RX 7900 GRE搭載カードが単体販売されていた。価格は719.90ユーロで、上位のRadeon RX 7900 XTと比較すると120ユーロほど安価な価格設定となっている。同じストアのSapphire Radeon RX 7900 XT Pulseと比較すると170ユーロ安価である。
Intel "Raptor Lake Refresh" Confirmed for Mobile Segment Launch as i7-14700HX Surfaces(TechPowerUp)
(VideoCardz)
Intel To release Core i7-14700HX Raptor Lake Refresh Mobile CPU with Intel Arc A570M(Guru3D)
PugetBench Results(PugetBench)

IntelはMobile向けにも“Raptor Lake Refresh”を投入するようだ。ハイエンドゲーミングノート向けの第14世代Core i processor HX seriesとなるCore i7 14700HXがPugetBenchのデータベースに追加された。

第14世代Core i processor HX seriesとしては過去にCore i5 14650HXとCore i9 14900HXの2モデルの名前が明らかにされている。おそらくはその上にCore i9 14980HXも存在するだろう。
Core i7 14700HXの周波数やコア構成は今回の情報からは分からないが、現行のCore i7 13700HXがデスクトップ向けのCore i7 13700K/13700と同じ8 P-core + 8 E-coreの構成であることを考えると、Core i7 14700HXはCore i7 14700K/14700と同じ8 P-core + 12 E-coreの可能性が高そうだ。
AMD Ryzen 7000G “Phoenix” AM5 Desktop APUs & Ryzen 8000 “Hawk Point” APUs Revealed(WCCF Tech)
First AMD Ryzen 8040U mobile and desktop Ryzen 7000G Zen4 CPU series spotted(VideoCardz)
AM5 APU, 65W(@harukaze5719)

“Phoenix”を用いるデスクトップ向けのRyzen 7000G series、そして“Hawk Point”を用いるノートPC向けのRyzen 8040 seriesの名前が出現した。

harukaze5719氏がRyzen 7000G seriesとRyzen 8040 seriesのOPNを明らかにしている。
Intel low-power Meteor Lake SKUs named: Core Ultra 5 125U/134U and Ultra 7 155U/164U(VideoCardz)
Intel 1st Gen Core Ultra Naming Gets Even More Confusing As More Meteor Lake CPUs Are Unveiled(WCCF Tech)
I’M GOING TO HAVE AN ANEURYSM INTEL(Everest@Olrak29_)
2023年10月24日 17:32(Golden Pig Upgrade / bilibili)

Intel Core Ultra 100 seriesのラインナップ・命名体系がやや混乱し始めている。Golden Pig Upgrade氏の情報によると、Intelは“Meteor Lake”のCore U seriesを用意しており、TDP15WとTDP9Wの製品が準備されているらしい。
AMD reportedly preparing Ryzen 9 7940HX and Ryzen 7 7840HX Dragon Range mobile CPUs with lower clocks(VideoCardz)
AMD Readies Lower-Clocked Ryzen 9 7940HX & Ryzen 7 7840HX Dragon Range Laptop CPUs(WCCF Tech)
2023年10月20日 20:14(Golden Pig Upgrade / Bilibili)

当初“Dragon Range”のアップデートはないといわれていたが、どこかで変更が加わったらしく、Ryzen 9 7940HXとRyzen 9 7840HXを出すと言い出した。スペックは既存のRyzen 9 7945HXおよびRyzen 9 7845HXと同等だが、周波数が若干低いモデルとなるようだ。
また引き続き7000番台となるようで、一応は2023年モデルという扱いのようだ。
Meet Dell’s Newest Workstation, Featuring 96 Cores(DELL)
Dell Precision 7875 Workstation Review(StorageReview)

先日、Ryzen Threadripper 7000 / Threadripper Pro 7000WX seriesが発表されたが、そのRyzen Threadripper Pro 7000WXを搭載するワークステーション製品としてDELLから“Precision 7875 Tower”が発表されている。

そしてこの“Precision 7875 Tower”のスペックシートに未発表のGPUが記載されている。1つはAMDがRyzen Threadripper 7000 / Threadripper Pro 7000WX seriesの発表時に言及したRadeon Pro W7700、もう1つがRTX 2000 Ada 12GBである。
AMD Radeon RX 7900M Arrives in Alienware m18 Gaming Laptop(Tom's Hardware)
AMD launches the Radeon RX 7900M high-end mobile GPU(KitGuru)
AMD Radeon RX 7900M GPU Debuts In Alienware m18 Laptop: Ryzen 7045HX & RDNA 3 For Insane Mobility Performance(WCCF Tech)
AMD Radeon RX 7900M high-end Navi 31 mobile GPU released, 4608 cores, 16GB VRAM and $2800 laptop price tag(VideoCardz)
AMDが新GPU「Radeon RX 7900M」発表、ノートPC向け最高峰を更新(マイナビニュース)

AMDがノートPC向けGPUにChpilet設計をもたらした。RDNA 3世代の最上位Mobile GPU向けとなるであろうRadeon RX 7900Mが明らかにされた。現在、Radeon RX 7900MはAlienware m18に搭載されている。

Radeon RX 7900Mは72基のCompute Unitを搭載し、16GBのGDDR6を搭載する。Ray Tracing acceleratorは第2世代となり、またCompute Unitあたり2基のAI acceleratorを搭載する。またAV1 encode/decodeをサポートする。メディアエンジンはXilinxの機械学習を用い、低解像度ないしは低ビットレートのストリームを高い品質に仕上げる。

スペックは以下の通り。
AMD Radeon PRO W7700 GPU with 16GB memory to launch soon(VideoCardz)

Ryzen Threadripper 7000 seriesの発表時に、AMDがワークステーションGPUの新製品に関するヒントを示した。Radeon Pro W7000 seriesは現在4製品―Radeon Pro W7900, W7800, W7600, W7500がラインナップされている。今回、AMDは新たにRadeon Pro W7700を示し、これがまもなく登場することを明かした。

Radeon Pro W7700は16GBのメモリを搭載することが、Dell Precision 7875ワークステーションのプレスリリースで明らかにされている。AMDはRadeon Pro W7700のスペックを明らかにしていないが、その型番からRadeon Pro W7800とW7600の中間に位置する製品であることはわかる。
NVIDIA GeForce RTX 4070 SUPER rumored to feature 16GB memory and AD103 GPU(VideoCardz)
NVIDIA GeForce RTX 4070 SUPER Rumored To Get AD103 GPU & 16 GB VRAM, Non-GDDR6X RTX 4070 Also In The Works(WCCF Tech)
There might be two new cards in the future(MEGAsizeGPU@Zed__Wang)

MEGAsizeGPU氏の情報によると、GeForce RTX 4070 SuperはAD103コアを搭載し、メモリインターフェースが256-bitに強化され、VRAM容量が16GBに増量されるという。

現行のGeForce RTX 4070 seriesはAD104を使用しており、メモリインターフェースはAD104の最大仕様である192-bitとなっている。もし、メモリバスを増量しようとすると必然的にその上のAD103が必要となる。今回の情報通りであれば、GeForce RTX 40 seriesの“Super”は単純にCUDA core数の増量にとどまらず、メモリ容量の向上も図るものとなりそうだ。
NVIDIA Readies GeForce RTX 4070 SUPER, RTX 4070 Ti SUPER, and RTX 4080 SUPER(TechPowerUp)
Nvidia might be preparing Super versions of the RTX 4080 and RTX 4070(KitGuru)
NVIDIA rumored to be preparing GeForce RTX 4080/4070 SUPER graphics cards(VideoCardz)
NVIDIA Rumored To Launch GeForce RTX 40 SUPER GPUs: RTX 4080 SUPER, 4070 Ti SUPER & 4070 SUPER(WCCF Tech)
10.18 update(hongxing2020@hongxing2020)

Hongxing2020と呼ばれるリーカーが、GeForce RTX 40 seriesの“Super”モデルの可能性について言及している。リーク情報によると、少なくとも3種類に対して“Super”モデルが出るようだ。

今回噂されているのはGeForce RTX 4080 Super, RTX 4070 Ti Super, RTX 4070 Superの3種類である。実際にこれらが全てローンチされるかどうかはわからず、またこれがGeForce RTX 40 series Superの全てであるとも限らない。
第14世代Coreの販売スタート、Core i9-14900Kは最大6GHzで動作(AKIBA PC Hotline!)
(レビュー)
Intel Core i9-14900K, Core i7-14700K and Core i5-14600K Review: Raptor Lake Refreshed(AnandTech)
Intel Core i9-14900K, i7-14700K and i5-14600K Review: Ryzen X3D Stays On Top(Tom's Hardware)
Intel Core i9-14900K(4Gamer.net)
速さに限界はない。本日発売のCore i9-14900Kの性能を確かめた(Impress PC Watch)
ベンチで知る“第14世代”、Core i9-14900K/Core i7-14700K/Core i5-14600Kは何が変わった?(ASCII.jp)

10月17日22時00分に第14世代Core i Processor K seriesの販売が解禁された。今回解禁されたのは以下の6モデルである。

  Core i9 14900K (8 P-core + 16 E-core):109800円
  Core i9 14900KF (8 P-core + 16 E-core):105800円
  Core i7 14700K (8 P-core + 12 E-core):78800円
  Core i7 14700KF (8 P-core + 12 E-core):74800円
  Core i5 14600K (6 P-core + 8 E-core):59800円
  Core i5 14600KF (6 P-core + 8 E-core):55800円
Intel Core Ultra 9 185H Appears with 16C/22T Configuration at 5.1 GHz(TechPowerUp)
Intel Core Ultra 9 185H Shows 5.1 GHz Boost Clocks in Benchmark Leak(Tom's Hardware)
Intel Core Ultra 9 185H finally spotted with 16 cores and 5.1 GHz clock(VideoCardz)
Default string Default string(GeekBench)

おそらく“Meteor Lake”の中では最も強力なCPUとなるであろうCore Ultra 9 185HがGeekBenchのデータベースに姿を現した。スコアはSingle-thread 1803, Multi-thread 9806となっている。

実際に見ていこう。
AMD announces two Radeon RX 6750 GRE models at $269 (10GB) and $289 (12GB)(VideoCardz)

これまで出てきたRadeon RX 6750 GRE (Golden Rabbit Edition) の噂は全て当たっていたといえるかもしれない。Radeon RX 6700 10GBの周波数を上げたものであるという噂と、VRAM容量が12GBであるという矛盾した噂が流れていたが、どちらも正しかったのだ。結論から言うとRadeon RX 6750 GREは2種類あったのだ。
What Are the Intel(R) Xeon(R) E-2400 Turbo Frequencies?(Intel)
インテル(R) Xeon(R) E-2400シリーズの新機能と技術は何ですか? (Intel)

9月7日付けでIntelのWebサイトにXeon E-2400 seriesのTurbo時周波数を記載したページが掲載されている。
掲載された周波数はゲーム等の負荷をかけた時、動作しているコア数に応じた最大周波数を示している。ただし、AVX workloadを除くとある。

資料の内容自体はごくシンプルなものだが、掲載されているCPUが今回のエントリーの主題となる。
RTX 4080 Hacked Down to Two Slots For SFF Build(Tom's Hardware)
GeForce RTX 4080 becomes a two-slot, two-fan GPU with average temps of around 70 degrees(TweakTown)
First dual slot, smallest air cooled 4080 - "Gainward 4080 Ghost GS"(Reddit)

Redditでとある自作erがGeForce RTX 4080を2スロット2基ファンのカードに改造した。

改造した人物はTechTaxiと呼ばれる人物である。ベースとなったカードはGainward 4080 Phoenix GSで、これにGainward 4070 Ghost OCの冷却機構を取り付けたようである。このGPUクーラー換装時に、VRMのクリアランスが良くなかった箇所がいくつかあり、その部分はクーラーを削ったようである。

元々のGainward 4080 Phoenix GSの寸法は32.94×14.16×6.97cmである。改造後は26.91cm×13.18cm×4.01cmに収まった。
Intel Launches Intel Core 14th Gen Desktop Processors for Enthusiasts(TechPowerUp)
Intel unveils new 14th Gen Core desktop processors(KitGuru)
Intel Launches 14th-Gen Raptor Lake Refresh: 6 GHz Core i9-14900K, i7-14700K, i5-14600K and AI-Driven Overclocking on October 17(Tom's Hardware)
Intel Unveils 14th Gen Core Rocket Lake Refresh Processor Lineup(HotHardware)
第14世代Core登場。Core i9-14900Kは“スペシャル”でなくても6GHz(Impress PC Watch)
Intelが第14世代Core「Raptor Lake Refresh」発表、デスクトップ向け6製品 (マイナビニュース)
Intel,デスクトップPC向け第14世代Coreプロセッサの「K」型番モデルを発表。最高のゲーム性能を謳う(4Gamer.net)
Intel Launches Intel Core 14th Gen Desktop Processors for Enthusiasts(Intel)
(開封レビュー)
Intel Core 14th Gen Unboxing & Preview - Raptor Lake Getting Refreshed(TechPowerUp)
i9-14900Kは最大6GHz! デスクトップ向け第14世代Coreの実機入手、いざ開封の儀(マイナビニュース)

Intelは10月16日、デスクトップ向け第14世代Core processorを発表した。最上位モデルはCore i9 14900Kとなる。今回発表した第14世代Core processorは6モデルで、いずれも倍率ロック解除仕様である。最上位のCore i9 14900Kは24-core/32-threadで最大周波数は6.00GHzである。またCore i7 14700Kは20-core/28-threadで前世代(Core i7 13700K)と比較するとEfficient-core (E-core) が4-core分増加している。
また第14世代Core processorはIntel Extreme Tuning Utility (XTU) に新たに搭載されたAI Assist機能を用いることができる。この機能により1クロックでAI学習に基づいたオーバークロックを行うことができる。


ラインナップは以下の通り。
Intel’s next-gen Arrow Lake-S CPUs target 5% single-thread and 15% multi-thread performance gain, leaked slide suggests(VideoCardz)
Intel Arrow Lake-S Desktop CPUs Deliver Up To 5% IPC & 15% Multi-Threaded Performance Uplift(WCCF Tech)
Intel Meteor, Arrow, Lunar & Panther Lakes Discussion Threads(AnandTech Forum)

先月のAnandTech Forumの投稿に“Arrow Lake-S”の性能向上幅を記したものがあった。投稿者であるuzzi38氏によると、Intelのスライドの一部であるという。

投稿されたスライドからはそれほど多くの新しい情報を得られるわけではない。大部分が塗りつぶされているからだ。しかし、“Arrow Lake-S”で目的とする性能向上幅が記されていた。
“Arrow Lake-S”はSingle-threadで5%、Mutli-threadで15%程度の性能向上を目標にするという。比較対照となるのはおそらく“Raptor Lake-S Refresh”だろう。
AMD Ryzen Threadripper PRO 7000WX CPU Specs Leak: 7995WX Flagship With 96 Cores, Over 5 GHz Clocks at 350W(WCCF Tech)
AMD Threadripper PRO 7000WX specs leaked: up to 96 Zen4 cores, 5.35 GHz clocks, 350W TDP and DDR5-5200 support(VideoCardz)

10月19日にRyzen Threadripper Pro 7000WX seriesの発表が控えているが、WCCF Techでは一足早く同CPUのスペックに関する情報を入手した。

最上位モデルとなるのはRyzen Threadripper Pro 7995WXで96-core/192-threadでL3 cache容量は384MBとなる。周波数はBase 2.50GHz / Boost 5.15GHzである。TDPは350Wである。
“Zen 3”世代のRyzen Threadripper Pro 5995WXと比較すると、コア数は1.5倍に、周波数は14%高速化しているが、TDPも25%程上昇している。


スペックは以下の通りである。
NVIDIA confirms GB200 and GX200 GPU codenames(Guru3D)
NVIDIA 2024-2025 data-center roadmap lists GB200 and GX200 next-gen GPUs(VideoCardz)
NVIDIA Data Center Roadmap with GX200NVL GX200 X100 and X40 AI Chips in 2025(ServeTheHome)
Nvidia’s Plans To Crush Competition – B100, “X100”, H200, 224G SerDes, OCS, CPO, PCIe 7.0, HBM3E(SemiAnalysis)

NVIDIAは10月の投資家向けプレゼンテーションで2024年から2025年までのAI向け製品のロードマップを明らかにした。その中で“GB200”と“GX200”という2つの名前が明らかにされた。“GB200”のBは統計学者兼数学者であるDavide Harld Blackwellからとられている。その次の“GX200”の“X”の由来はわかっていない。
◇第14世代Core processorのラインナップがうっかりリークする
Intel Publishes 14th Gen Core Processor Model Numbers Before Official Release(TechPowerUp)
Intel 14th Generation Core Desktop Processor Lineup Model Numbers Revealed(Guru3D)
Intel accidentally confirms entire 14th Gen Core Desktop CPU lineup before launch(VideoCardz)

IntelがProduct Change Notificationで第14世代Core processorのラインナップをうっかり漏らしてしまう出来事が発生した。
今回明らかになったのはモデルナンバーとS-Specで、まもなく登場予定とされるK/KF modelだけではなく、non-Kモデル―無印モデルやTモデルも含まれている。


Product Change Notificationに掲載されたものだが、内容自体は突飛なものではない。基本的には第13世代Core processorのラインナップをそのまま引き継ぐ形となる。
Intel Launches Arc A580 Graphics Card for 1080p AAA Gaming at $179(TechPowerUp)
Intel launches Arc A580 desktop graphics card at $179(VideoCardz)
Intel Arc A580 Review ft. Sparkle Orc(KitGuru)
Intel Arc A580 Review: New Budget Contender(Tom’s Hardware)
(Impress PC Watch)
Introducing the A-Series Family’s Latest Member, the Intel(R) Arc(TM) A580(Intel)

Intelは10月10日、“Alchemist”世代のグラフィック製品としてArc A580を正式発表した。今回発表されたArc A580はシステムビルダー向けにもリテール向けにも供給される。価格は$179.99で、ローエンドからミドルレンジをターゲットとし、AAA game tileを1080p解像度で中~高設定でプレイできる性能を備える。またDirect X12 Ultimateで規定される全ての機能を備えるとともに、上位のArc A770, A750と同様の機能を備えている。
BIOS update: AMD Phoenix APU could soon land in the desktop(ComputerBase.de)

AGESA 1.0.8.0で“Phoenix”のサポートが追加されたらしく、SocketAM5向けに“Phoenix”が出てくる可能性が出てきたという話を先日紹介したが、ComputerBase.deが追加情報を掲載している。

(ComputerBase.deの)コミュニティメンバーである“Crastest”がSocketAM5向けに投入される“Phoenix”が最初のバージョンではないことを指摘している。

最初の“Phoenix”(8-core "Zen 4" CPU + 12 CU "RDNA 3" GPU)のCPU IDは00A70F41であるが、今回のBIOS updateにはこのCPU IDは含まれていない。その代わり“Phoenix 2”(2-coer "Zen 4" CPU + 4-core "Zen 4c" CPU + 4 CU "RDNA 3" GPU)のCPU IDである00A70F80が追加されている。また00A70F52というものが追加されており、これは“Phoenix”のRefreshの可能性を示唆している(追加されなかったとされる最初の“Phoenix”と同じ構成である 8-core CPU + 12 CU GPUダイのStepping更新版??)。Mini PCのメーカーであるMinisformによるとこの00A70F52は“Hawk Point”のもののようだ。
Revealed: 125W PL1, 177W PL2, 333W PL4 For 8+16 Core Unlocked SKU(WCCF Tech)
午前5:36 · 2023年10月7日(Darkmont@DarkmontTech)
(参考)
13th Generation Intel(R) Core(TM) Processors(Intel)

8 P-core + 16 E-core構成の“Arrow Lake-S”のPower Limitの情報がDarkmont氏によって明らかにされた。

同氏が明らかにしたのは“Arrow Lake-S”の最大構成となる8 P-core + 16 E-coreモデルのおそらくは倍率ロックリーモデルのPower Limitである。
ベースラインとなるPL1 = Processor Base Power (PBP) = TDPの値は第10世代以降の倍率ロックリーモデル=K seriesと同じ125Wとなっている。PL2 = Maximum Turbo Power (MTP) の値は177Wとなっており、Core i9 13900Kの253Wより低い値となっている。76Wないしは43%の低減である。PL4は333Wに設定されている。Tauの値は56となっている。
Intel Meteor Lake Core Ultra 9 SKUs reportedly launching next year(VideoCardz)

中国のメディアかつレビュワーであるGolden Pig Upgrade氏の情報によると、最初のCore Ultra 100のラインナップはCore Ultra 9を欠くらしい。

Weiboに投稿されたGolden Pig Upgrade氏の書き込みによると、“Meteor Lake”のCore Ultraはローンチ時点ではCore Ultra 9を欠き、Core Ultra 9が出てくるのは2024年になってからだという。
またIntelはレビューに使用できるCPUとして4つのモデル―Ryzen 7 7840HS, Core i9 13900H, Core Ultra 5 125H, Core Ultra 7 155Hを挙げているようである。Core Ultra 7 165HやCore Ultra 9 185Hの名はない。