北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel Arrow Lake-H mobile processor with 6 P-Cores and 8 E-Cores spotted in shipping manifest(VideoCardz)
Intel Arrow Lake-H CPU For Laptops Shows Up A Year Ahead of Launch, 6 P-Cores & 8 E-Cores With Xe-LPG Plus GPU(WCCF Tech)
午後2:13 · 2023年11月28日(@harukaze5719)

IntelはMobile向け“Arrow Lake”のpre-qualification sampleを世界のセンターに輸送しているようである。同社は“Meteor Lake”を来月に解禁する見通しだが、その次として“Arrow Lake”を2024年に投入する見込みだ。

harukaze5719氏が示した情報によると、“Arrow Lake-H”のコア構成は“Meteor Lake”と同じで6 P-core + 8 E-coreになるようだ。また示された資料にはGT2 graphicsを搭載することも記されている。“Arrow Lake-H”はおそらくはゲーミングMobileプラットフォーム向け隣、TDPは45Wをターゲットとすることになるだろう。
AMD Phoenix AM5 APUs to Get Ryzen 8000 Series Branding, Company Readies 5000GT Series for AM4(TechPowerUp)
AMD Ryzen 8000G AM5 specs and release date leaks out, Ryzen 5000GT AM4 series allegedly in the works(VideoCardz)
AMD Ryzen 7 5700X3D, Ryzen 5 5500X3D, Ryzen 5 5600GT, Ryzen 5 5500GT & Ryzen 7 5700 AM4 Desktop CPUs Launching In Early 2024(WCCF Tech)

AMDは2024年初めにRyzen 7 5700X3DやRyzen 5 5500X3Dを含むSocketAM4向けのRyzen 5000 series CPUをいくつかローンチするようだ。

ペルシア語のSakhtagzarmagによると、AMDは2024年にSocketAM4向けの新製品として5種類―Ryzen 7 5700X3D, Ryzen 5 5500X3D, Ryzen 5 5600GT, Ryzen 5 5500GT, Ryzen 7 5700を予定しているようだ。

Ryzen 7 5700X3DとRyzen 5 5500X3DはそれぞれRyzen 7 5800X3DとRyzen 5 5600X3Dの下位モデルに位置し、周波数が落とされていることが特徴である。Ryzen 7 5700X3Dは3.00GHz / Boost 4.10GHz、Ryzen 5 5500X3Dは3.00GHz / Boost 4.00GHzである。既存モデルと比較すると300~400MHz程周波数が落とされている。その他のスペックはこれまでのRyzen 7 5800X3DやRyzen 5 5600X3D同様で、L3 cacheは96MB、TDPは105Wとなる。
AMD Phoenix AM5 APUs to Get Ryzen 8000 Series Branding, Company Readies 5000GT Series for AM4(TechPowerUp)
AMD Ryzen 8000G AM5 specs and release date leaks out, Ryzen 5000GT AM4 series allegedly in the works(VideoCardz)
Rumor: AMD Prepares Ryzen 8000G Series APUs for Socket AM5 Platform(Guru3D)
AMD Ryzen 8000G AM5 Desktop APU Specifications Leak, Up To 2.5x Faster Than Ryzen 5000G In Gaming Benchmarks(WCCF Tech)

SocketAM5向けの“Phoenix” APUとなるRyzen 8000G seriesのスペックをペルシア語のSakhtagzarmagが明らかにしている。

Ryzen 8000G seriesはRyzen Pro及びRyzen non-Proの両方で展開される。最上位モデルはRyzen 7 8700Gで8-core/16-thread、周波数はBase 4.20GHz / Boost 5.10GHzである。2番目となるSKUはRyzen 5 8600Gで6-core/12-thread、周波数はBase 4.35GHz / Boost 5.00GHzである。この2つのSKUは“Phoenix 1”のダイをベースとし、オーバークロックにも対応する。iGPUは最大で12 CUのRadeon 780となる。

“Phoenix 2”をベースとするSKUは6-core/12-threadのRyzen 5 8500Gと4-core/8-threadのRyzen 3 8300Gがある。周波数はRyzen 5 8500GがBase 3.55GHz / Boost 5.00GHz、Ryzen 3 8300GがBase 3.45GHz / Boost 4.90GHzである。“Phoenix 2”をベースとするこれら2種類はPBOからマニュアルオーバークロックの機能が省かれている。またiGPUは4 CUのRadeon 740にとどまる。
More AMD Ryzen 8040HS/H/U “Hawk Point” Zen4/RDNA3 SKUs have been named(VideoCardz)
AMD Ryzen 8040 “Hawk Point” APUs For 2024 Laptop Lineup Revealed, Zen 4 & RDNA 3 Refresh(WCCF Tech)
added some detail(@harukaze5719)

“Hawk Point”はRyzen 8040 series APUとなるであろうチップで、現行のRyzen 7040 series APUで使用されている“Phoenix”のRefresh版とも言える製品である。CPUコアには“Zen 4”ないしは“Zen 4c”を、GPUにはRDNA 3を使用する。

今回、その“Hawk Point”ことRyzen 8040 series APUのラインナップとOPNをharukaze5719氏が明らかにした。Socketは現行のSocketFP8, FP7, FP7r2のいずれかが用いられる。

ラインナップは以下の通りである。
Intel's next-gen Arrow Lake GPU will have new Xe-LPG Plus Architecture with XMX(Tom's Hardware)
Intel next-gen “Arrow Lake” CPU series to feature “Xe-LPG PLUS” GPU architecture, featuring XMX unit for XeSS(VideoCardz)
Intel Arrow Lake CPUs To Feature Arc Xe-LPG Plus GPU: Featuring XMX Hardware For XeSS Acceleration(WCCF Tech)
GPU が Xe-LPG Plus となり DPAS 命令をサポートする Intel Arrow Lake(Coelancanth's Dream)

クライアント向けCPUがマルチタイル設計に移行することによって、Intelは内蔵グラフィックを強化し、その性能や機能をスタンドアロンのGPUに近づけることが出来る。来年予定の“Arrow Lake”では、新しいXe-LPG Plusと呼ばれるアーキテクチャが採用され、eXtended Matrix Extensions (XMX) のサポートが行われる。これにより、XeSSアップスケーリング機能がもたらされるとともに、AIワークロードのアクセラレーションが行われる。
AMD discrete RDNA4 “GFX1200/GFX1201” GPUs spotted in LLVM patches(VideoCardz)
(WCCF Tech)
AMD next-generation RDNA4 GPU GFX1200/GFX1201gets support in Linux LLVM(Guru3D)

LLVM projectのLinuxパッチにRDNA4世代と推定されるGFX1200とGFX1201の記述が見つかった。

今回のLLVM向けパッチにはAMDのGFX1200やGFX1201に加え、Intelの“Panther Lake”や“Celarwater Forest”の記述もある。
GFX levelは個々のProcessorに対し、どのアーキテクチャが使われているかを教えてくれる。またそれぞれのGPUがどれほど似通っているかも推定できる。しかし、今回は全ての詳細を知ることができるわけではない。
最上位モデルは約186万円! Ryzen Threadripper 7000の販売が22日から開始(ASCII.jp)
最大96コアの「Ryzen Threadripper 7000」シリーズが発売、最上位「7995WX」は約186万円(AKIBA PC Hotline!)
(レビュー)
AMD Ryzen Threadripper 7980X & 7970X Review: Revived HEDT Brings More Cores of Zen 4(AnandTech)
AMD Ryzen Threadripper PRO 7995WX Linux Performance Benchmarks(Phoronix)
マルチスレッド性能は40%以上アップ。世界最強を謳うハイエンドデスクトップCPU「Ryzen Threadripper 7000」検証(hermitage akihabara)
Zen 4世代で性能が爆上がり!Ryzen Threadripper 7000シリーズ検証速報(ASCII.jp)

11月22日11時をもって“Zen 4”世代のRyzen Threadripper Pro 7000WX seriesおよびRyzen Threadripper 7000 seriesの販売が解禁された。
CPU socketはSocket sTR5、メモリはDDR5 Registerd DIMMに対応し、Ryzen Threadripper Pro 7000WX seriesは8ch(WRX90マザーボード使用時)、Ryzen Threadripper 7000 seriesは4chのメモリコントローラを搭載する。

ラインナップは以下の通りである。
Thermalright Intros AXP90-X53 Full Copper CPU Cooler(TechPowerUp)
Thermalright AXP90-X53 FULL Low-Profile CPU Cooler with All-Copper Heatsink(Guru3D)
全銅製ヒートシンク採用のロープロファイルCPUクーラー、Thermalright「AXP90-X53 FULL」(hermitage akihabara)
AXP90-X53 FULL(Thermalright)

Theramlrightは11月21日、AXP90-X53 Full Copperを発表した。APX90-X53 FullはAXP90-X53の派生製品で、ヒートシンクが全銅製であるのが最大の特徴である。基本的な特徴はAXP90-X53に準じており、ファンはThermalright TL-9015R 92mmファンが搭載されるが、ヒートシンクの色に合わせて赤色系のフレームを使用している。ヒートシンクの重量はファン込みで600g、寸法は94.5×95mm×53mmである。対応するCPU socketはLGA1700, LGA1200, SocketAM5, SocketAM4である。
New report claims Nvidia RTX 50 GPUs will be based on TSMC 3nm node(KitGuru)
NVIDIA GeForce RTX 50 series to feature DisplayPort 2.1, using TSMC 3nm node(VideoCardz)
午後10:50 · 2023年11月15日(kopite7kimi@kopite7kimi)

GeForce RTX 40 seriesはDisplayPort 2.1への対応はなかったが、一方で、AMDのRadeon RX 7000 seriesはDisplay Port 2.1へ対応している。この点においてNVIDIAは一歩後れをとっている状態であったが次のGeForce RTX 50 seriesでは最新のDisplay Port規格へ対応し、この遅れを快勝する見込みだ。
Intel Lunar Lake MX: Technical Details Revealed - Cores, GPU, TSMC N3B Node, and More(Guru3D)
Intel Lunar Lake MX leak: 4+4 CPU cores, 8 Xe2 GPU cores, TSMC N3B node and DisplayPort 2.1 support(VideoCardz)
Geddagod 202311/20 11:32(AnandTech Forum)

YuuKi_AnS氏が“Lunar Lake”に関するスライドを投稿したが直ぐに削除するということがあった。しかしながら、削除される前にAnandTech ForumのメンバーであるGeddagod氏によりスライド資料の画像が回収され、投稿されている。
スライド資料は“Lunar Lake”のアーキテクチャに関する内容を記したものである。“Lunar Lake”はTDP8~30Wの低消費電力システム向けと位置づけられるProcessorである。そのため、ハイエンドゲーミング向けも担う“Meteor Lake-H”よりは、その下のTDP帯を担う“Meteor Lake-U”の後継製品となるだろう。
Alleged AMD Ryzen 9 8940HS “Hawk Point” APU surfaces in a recent Geekbench benchmark(VideoCardz)
AMD Ryzen 9 8940HS “Hawk Point” APU Leaks Out: 8 Cores, 5.2 GHz Clocks, Up To 12% Faster Than 7940HS(WCCF Tech)
Standard Standard(Geekbench)

“Hawk Point”と推定されるAPUがGeekbenchに出現している。おそらくはRyzen 9 8940HSとなるであろうモデルで、現行の最上位モデルであるRyzen 9 7940HSよりも若干スコアが向上している。

Ryzen 9 8940HSはRyzen 8040 seriesとなるであろう“Hawk Point”と呼ばれるAPUの最上位モデルである。その中身は現行のRyzen 7040HS seriesに使われている“Phoenix”をRefreshしたものである。“Hawk Point”のCPUコアは“Zen 4”、GPUコアはRDNA 3である。Socketは現行のFP7, FP7r2, FP8に対応する。
NVIDIA Halts Production of RTX 4070 Ti and RTX 4080 to Make Room for SUPER(TechPowerUp)
NVIDIA reportedly stops mass production of RTX 4070Ti/4080 GPUs, now focusing on SUPER variants(VideoCardz)
Nvidia shifts production to their RTX 40 SUPER series GPUs(OC3D)

Board Channelsによると、NVIDIAはGeForce RTX 4080とRTX 4070 Tiの生産を終了し、これら2製品の在庫を消化する。そしてGeForce RTX 40 series Superへの準備を進めるという。
GeForce RTX 40 Super seriesは2024年のCESで発表されると推定され、GeForce RTX 4080 Super, RTX 4070 Ti Super, RTX 4070 Superの3製品が登場すると推定されている。


GeForce RTX 4080およびRTX 4070 Tiは最終オーダーの出荷が2023年第4四半期となり、今後AICはこれらの搭載製品の在庫消化を行う段階となる。
Intel Core Ultra “Meteor Lake-H” to be divided into 28W and 45W SKUs, Core Ultra 9 gets 45W(VideoCardz)
No P-series...(HXL@9550pro)
2023年11月15日 17:02(Golden Pig Upgrade / bilibili)

bilibiliで情報を投稿しているGolden Pig Upgrade氏によると、Intelは“Meteor Lake”世代ではCore Ultra P seriesをキャンセルしたようだ。そしてその代わりとしてCore Ultra H seriesが2つのTDP帯を担うようだ。

“Meteor Lake”―第1世代Core Ultraでは“Alder Lake”や“Raptor Lake”世代でTDP28Wを担ったP seriesはキャンセルされた。そしてH seriesが28Wと45Wに分離する。28Wと45Wの区分けは非常にシンプルで、Core Ultra 5とUltra 7がTDP28W、Core Ultra 9がTDP45Wとなる。
Nvidia RTX 4090 Ti Pictured Again in All Its Four-Slot, Unreleased Glory(Tom's Hardware)
Huge 4-slot RTX 4090 Ti graphics card spotted(OC3D)
Never-released NVIDIA RTX 4090Ti aka TITAN ADA has been spotted again, but this time with PCIe interface(VideoCardz)
NVIDIA GeForce RTX 50 Flagship Gaming GPU Rumored To Feature GDDR7 Memory & 384-bit Bus(WCCF Tech)
午後10:23 · 2023年11月15日(kopite7kimi@kopite7kimi)

RedditにGeForce RTX 4090 Tiのものとされるカードの写真が投稿された。比較対象として“Turing”世代のTitan RTXが置かれているが、GeForce RTX 4090 TiはTitan RTXよりも遙かに大きく、まさに巨大という言葉がふさわしいカードである。

ディスプレイ出力の配置は通常とは異なっており、カードの厚さ方向にポートが並んでいる。カードの厚さは実に4スロットとなるが、搭載されるファンは2基である。

これに関しては実際の写真を見てもらった方が早い。
NVIDIA at SC23: H200 Accelerator with HBM3e and Jupiter Supercomputer for 2024
b
(AnandTech)
NVIDIA's HGX H200 GPU With HBMe3 Is An AI Beast For The Data Center(HotHardware)
「NVIDIA H200」発表 - GPUメモリに世界初のHBM3e搭載、帯域幅4.8TB/sの容量141GB(マイナビニュース)
高速・大容量なHBM3eメモリ採用で性能向上の「NVIDIA H200」(Impress PC Watch)

NVIDIAは11月13日、データセンター向けアクセラレータの新モデルとしてNVIDIA H200を発表した。

“Hopper”アーキテクチャのアクセラレータとしてはNVIDIA H100があるが、今回のNVIDIA H200はその改良版となる。主にメモリ周りが強化されており、GPUとしては初めてHBM3eを採用する製品となる。HBM3eの採用により、メモリ帯域は3.35TB/sから4.8TB/sに向上している。AnandTechの表通りであればメモリインターフェースが5120-bit→6144-bitに、メモリの速度は5.24Gbps→~6.5Gbpsにそれぞれ向上している。
またVRAM容量も80GBから141GBに向上している。141GBという数字はなんとも中途半端だが、物理的には24GBのHBM3e stackを6 stack搭載しており144GB分が搭載されているが、イールドを高めるため若干容量を削っているようである。
AMD Unveils Ryzen Embedded 7000 Series: Embedded Zen 4 for Industrial And Edge Solutions(AnandTech)
AMD Announces Ryzen Embedded 7000 Series Processors Powered by Zen 4(TechPowerUp)
AMD Launches Ryzen Embedded 7000 Series Processors Powered by Zen 4(Guru3D)
AMD Expands Ryzen Embedded Processor Family for High-Performance Industrial Automation, Machine Vision and Edge Applications(AMD)

AMDは11月14日、Ryzen Embedded 7000 seriesを発表した。Ryzen Embedded 7000 seriesは業界市場が求める高い性能への要求に最適化している。

Ryzen Embedded 7000 seriesはCPUに“Zen 4”アーキテクチャを採用、iGPUとしてRDNA 2世代のRadeon graphicsを搭載する。

ラインナップは以下の通り。
AMD readies Phoenix3 and Phoenix4 APUs, PCI IDs leak reveals(VideoCardz)
AMD Readies Even More Derivatives of the 4 nm "Phoenix" Processor Silicon(TechPowerUp)
AMD Phoenix 3 & Phoenix 4 APUs Spotted, More SKUs Coming To Market?(WCCF Tech)

Public PCI Device ID repositoryによると、AMDが“Phoenix”の新たな派生品を準備しているという。“Phoenix”は現在“Phoenix 1”と“Phoenix 2”が存在しており、後者は“Small Phoenix”とも呼ばれる。“Phoenix 1”は“Zen 4” CPUが8-core、RDNA 3 GPUが12 CUの構成である。一方、“Phoenix 2”は“Zen 4” CPUが2-coreと“Zen 4c” CPUが4-core、RDNA 3 GPUが4 CUで、両者は同じ“Phoenix”の名前を持ちながらも内容は大分異なっている。
そしてIDは“Phoenix 1”は15BF、“Phoenix 2”は15C8が与えられている。
AMD readies 8-Core Ryzen 7 5700X3D and 6-core Ryzen 5 5500X3D with 96MB L3 Cache(VideoCardz)
AMD Readies More Ryzen 5000 3D V-Cache CPUs For AM4: Ryzen 7 5700X3D & Ryzen 5 5500X3D(WCCF Tech)
New AM4 Ryzen 7 5700X3D and Ryzen 5 5500X3D are coming ? (chi11eddog@g01d3nm4ng0)

CPUやマザーボードなどのハードウェア関係のリーク情報に実績のあるchi11eddog氏によると、AMDはRyzen 5000X3D seriesに新たに2種類のモデルを開発しているという。
1つは8-coreのRyzen 7 5700X3Dで周波数はBase 3.00GHz / Boost 4.10GHzである。もう1つは6-coreのRyzen 5 5500X3Dで周波数はBase 3.00GHz / Boost 4.00GHzである。


既存のRyzen 7 5800X3DやRyzen 5 5600X3Dと周波数を比較すると、Ryzen 7 5700X3DはBase -400MHz / Boost -400MHz、Ryzen 5 5500X3DはBase -300MHz / Boost -400MHzである。
“X3D”の最大の特徴たるL3 cache容量はこれまでの“X3D”モデルと同様で、96MBが搭載される。
Intel sets the stage for “Vision 2024” event slated in April 2024(VideoCardz)
Intel Vision 2024 Event Announced For April 2024, Next-Gen Tech From Chipzilla(WCCF Tech)
Intel(R) Vision 2024 Powering the Future. It Starts Here(Intel)

2024年4月8~9日にIntel Vision 2024を開催する。Intel Visionはビジネスおよびテクノロジーを披露する最高のイベントで、幹部やリーダーも参加し最新のトレンドやソリューション―AIやエッジ、クラウド、次世代システム、将来の技術などについてともに学ぶ。
Intel has a Core i9-14900KS on the way(KitGuru)
Intel Core i9-14900KS CPU Appears in Israeli Store Listings (Clocks at 6.2 GHz)(Guru3D)
Intel Core i9-14900KS 6.2 GHz processor spotted in first prebuilt systems with DDR4 memory(VideoCardz)
It seems the i9-14900KS may be real.(AnandTech Forum)

第9世代、第12世代、第13世代デスクトップ向けCore processorにおいて、IntelはCore i9 KSと呼ばれる製品を投入してきた。この“KS”はCore i9のKモデルよりもさらに周波数が引き上げられたものである。
Intelは第14世代の“KS”―Core i9 14900KSを公式に発表していないが、AnandTech ForumにCore i9 14900KSを搭載したシステムについて投稿されており、それによると周波数は最大6.20GHzに達するようだ。
AMD Ryzen 8000G: Phoenix (2) for Socket AM5 coming at the end of January 2024(ComputerBase.de)
Gear Up for the AM5 Next Gen. APU with GIGABYTE Lastest BIOS update(Gigabyte)

Gigabyteは11月10日、X670, B650, A620マザーボード向けにSocketAM5向け次世代APUに対応する最新のAGESA 1.1.0.0 Beta BIOSをリリースした。SocketAM5向け次世代APUは2024年1月にローンチされる見込みである。

AGESA 1.1.0.0 Beta BIOSはGigabyteの公式Webサイトから利用できる。(AGESA 1.1.0.0 BIOSの)正式版のリリースは11月末を予定している。
Alleged AMD Ryzen 9000 Listing Hints at Incoming Zen 5 Family(Tom's Hardware)
An Alienware Gaming PC With AMD Ryzen 9000 Series CPUs Just Broke Cover(Hot Hardware)
Leaked Flyer Hints at Possible AMD Ryzen 9000 Series Powered by Zen 5(TechPowerUp)
Alleged Alienware Desktop Featuring AMD Ryzen 9000-Series CPU Sparks Speculation(Guru3D)
[CPU] Will the next generation AU be directly based on 9000 series?(Chiphell)

ChiphellにAlienwareのデスクトップPCのフライヤーが投稿された。そこには未発表のAMD Ryzen(TM) 9000 Series Processorの文字が記されていた。単純にAlienwareの記載ミスかもしれないが、ひょっとすると次世代デスクトップ向けCPUはRyzen 9000 series CPUとなり、これがそう遠くない時期に登場するのかもしれない。

事実として、AMDは“Zen 5”世代のデスクトップ向けRyzenとサーバー向けのEPYCを2024年にアナウンスする計画である。そしてこの“Zen 5”世代のデスクトップ向けRyzenがRyzen 9000 seriesとなる可能性はある。
AMD Begins Polaris and Vega GPU Retirement Process, Reduces Ongoing Driver Support(AnandTech)
AMD Puts Radeon Vega and Polaris GPUs on a Slower Driver Update Track(TechPowerUp)

“Polaris”および“Vega”アーキテクチャは成熟し安定し、かつ十分な性能が出ている。そのため、これまでの頻度のソフトウェアの改良の恩恵を受けにくくなっている。今後、AMDは“Polaris”と“Vega”のドライバパッケージを分離し、クリティカルなアップデートのみを提供する形とし、重要なセキュリティおよび機能の更新のみを提供する。このサポートはレガシーのカテゴリよりは手厚いものであり、ゲーマーは引き続き“Polaris”および“Vega”アーキテクチャのGPUでゲームを楽しむことができる。
AMD Extends 3rd Gen EPYC CPU Lineup to Deliver New Levels of Value for Mainstream Applications(TechPowerUp)
AMD Extends 3rd Gen EPYC 'Milan' Availability, Adds New Models(Tom's Hardware)

第4世代EPYC―“Genoa”と“Bergamo”は驚異的な性能とコア数、拡張性を有する。しかし、第3世代EPYCと比較すると高価であり、またプラットフォームもDDR5メモリやPCI-Express 5.0のサポート等によるコストがかかっている。
安価なプラットフォームを求める顧客、あるいは既に数百数千もの第3世代EPYCベースのプラットフォームを動作させている顧客にとってはコストの高さは致命的で、現時点でのアップグレードが望まれない。
それに対し、AMDは11月8日、“Milan”の供給期間を2026年まで延長するとともに、6つのSKUを新たに追加した。
NVIDIA’s RTX 40 SUPER series reportedly making its debut at CES 2024(VideoCardz)
午前11:49 · 2023年11月5日(kopite7kimi@koipite7kimi)

NVIDIAはCESの時期にConsumer electronics expoをラスベガスで開催している。そして次のCES 2024はCOVID-19以降、現地開催に回帰する回でもあり、多くのPCハードウェアメーカーが参加すると予想されている。
NVIDIAはこのタイミングでしばしば新製品の発表を行っているが、kopite7kimi氏によると、GeForce RTX 40 Super seriesがCESで発表されるという。
Alleged Ryzen 8000G APU Details Leak: Zen 4, Zen 4c, and RDNA 3(Tom's Hardware)
最終更新 午後7:48 · 2023年11月8日(HKEPC@hkepcmedia)

デスクトップ向けのRyzen 8000G seriesの詳細情報が明らかになった。Ryzen 8000G seriesは“Zen 4”を8-core搭載する高性能向けの“Phoenix”と、“Zen 4”を2-coreと“Zen 4c”を4-core搭載する小型な“Pheonix 2”の両方を使用する。AMDはこれらをRyzen 8000G seriesとしてミドルレンジからエントリーレベルまで4製品を展開する模様だ。

次世代デスクトップ向けAPUとなるRyzen 8000G seriesはRyzen 3 8300G, Ryzen 5 8500G, Ryzen 5 8600G, Ryzen 7 8700Gの4種類である。いずれもAGESA Combo AM5 PI 1.1.0.0ファームウェアのデータからのものとされるが、非公式な情報であり、その分は差し引いて考えなければならない。
Intel Xeon 64-core 8592+ and 48-core 8558U “Emerald Rapids” CPUs leak out(VideoCardz)
Intel Xeon Platinum 8558U “Emerald Rapids” CPU With 48 Cores & 356 MB Cache Spotted(WCCF Tech)
Supermicro SYS-111C-NR(GeekBench)

第5世代Xeon Scalable Processorとなる“Emerald Rapids”が徐々に姿を現している。先日は最上位となるであろう64-core/128-threadのXeon Platinum 8592+を紹介したが、今回はその下位モデルに相当するであろうXeon Platinum 8558UがGeekBenchに掲載されたことが確認された。