北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
MaxSun launches H770YTX Terminator, a wider ITX design with DDR5 and PCIe Gen5 support(VideoCardz)
Maxxuan launches the H770YTX D5 WIFI back-mounted motherboard co-branded by Installer, starting at 899 yuan(ITHome)

1月28日にMaxSunからMS-Terminator H770YTX D5 WiFiマザーボードが登場した。1月29日20時付けで販売解禁となっている。
最大の特徴はYTX(?)と呼ばれる規格を採用したことで、その寸法は245×175mmで、MiniITXの横幅を広げたようなサイズとなる。


H770YTX D5 WiFiはLGA1700 socketを搭載したマザーボードで、第12・13・14世代Core i processorに対応する。PL2は253Wまで対応でき、電源回路は8 + 1 + 1 の構成となる。メモリはDual-channelでDDR5-8000まで対応する。

IntercfaceとしてPCI-Express 5.0 x16(x8 + x8に分割可)を1本、M.2を4スロット、SATAを4ポート搭載し、またUSB type Cを3系統備える。サウンドとLANはRealtek製である。
AMD Ryzen 7 8700G and Ryzen 5 8600G Review: Zen 4 APUs with RDNA3 Graphics(AnandTech)
ついにデスクトップにも到来!待望の高性能APU「Ryzen 8000G」をテスト(Impress PC Watch)

1月29日23時をもってRyzen 8000G seriesのレビューが解禁された。Ryzen 8000G seriesは“Zen 4”+RDNA 3で構成されるAPUで、“Hawk Point”がベースとされる。そしてSocketAM5向けとしては初めてのAPU製品となる。

ラインナップは以下の通りである。
AMD “Kraken Point” APU reportedly features four Zen5 and four Zen5c cores(VideoCardz)
AMD Next-Gen Kraken Point APUs To Target Mainstream Laptops, Feature 8 Cores Based on Zen 5 & Zen 5C(WCCF Tech)
Kraken Point has 4x Zen 5 + 4x Zen 5c core config(Everst@Olrak29_)

AMDは2025年に“Hawk Point”の後継として“Kraken Point”を計画しているとされる。同時期に“Strix Point”と“Strix Halo”もラインナップされる見込みだが、“Strix Point / Strix Halo”はより高性能向けの製品である。

“Strix Point”と“Kraken Point”は似通った部分の多いAPUである。どちらもCPUコアは“Zen 5”と“Zen 5c”の混成で、GPUアーキテクチャはRDNA 3.5となる。そしてAI processorとしてXDNA 2を内蔵する。
現在判明している“Strix Point”と“Kraken Point”の相違点はCPUのコア数である。“Strix Point”は“Zen 5”が4-core、“Zen 5c”が8-coreの構成である。一方、“Kraken Point”は“Zen 5”が4-core、“Zen 5c”が4-coreの構成である。つまり、“Kraken Point”は“Strix Point”から“Zen 5c”のコア数を半減させたような構成となる。
GPUコアの規模もおそらくは“Strix Point”と“Kraken Point”で異なっている。今回の情報をもたらしたEverst@Olrak29_氏は“Kraken Point”のGPUコアの規模を4 WGP (8 CU) 構成だと述べている。“Strix Point”については別の情報で8 WGP (16 CU) 構成と言われている。
Intel Panther Lake CPUs To Double The AI Performance Over Lunar Lake, Clearwater Already In Fabs(WCCF Tech)

2023年第4四半期の決算報告の場において、IntelのCEOであるPat Gelsinger氏が、Core Ultraプラットフォームが今年後半に拡充され、“Lunar Lake”や“Arrow Lake”といった新しい製品群が投入されるとした。そしてこれらの新製品群は現行世代の3倍のAI性能を有すると説明した。そしてさらにその次のCore Ultra seriesとなる“Panther Lake”では、さらにその2倍のAI性能を実現すると述べた。“Panther Lake”は2025年予定で、デスクトップ向け及びノートPC向けに投入されるクライアント向けCPU製品となる。

以下がPat Gelsinger氏の発言である。

現在AI性能のリーダーシップをとっているCore Ultraであるが、今年後半に投入される次世代製品―“Lunar Lake”や“Arrow Lake”ではその3倍のAI性能を実現する。そして、2025年の“Panther Lake”はAI性能をさらに2倍とする。
AMD Ryzen 9000 Series: New Rumors on Technical Specifications and Release Window(Guru3D)
Zen 5 is closing in, a launch between April-June is very likely, AMD could dominate until Arrow Lake.(High Yield@highyieldYT)

“Zen 5”のローンチ時期が4~6月―2024年第2四半期ではないかという怪しげな情報が出てきている。

情報元はHigh Yieldと名乗るハードウェア系のYouTuberである。同氏は“Zen 5”のローンチ時期とともに、スペックをいくつか明らかにしている。
AMD Radeon RX 7600 XT review: double the memory and higher clocks, still Navi 33(Tom's Hardware)
AMD RX 7600 XT Review ft. Sapphire(KitGuru)
AMD Radeon RX 7600 XT with XFX, Sapphire and PowerColor(OC3D)
ASRock AMD Radeon RX 7600 XT Steel Legend 16GB OC(4Gamer.net)
フレーム生成で性能2倍!?メモリ倍増でスペックも向上した「Radeon RX 7600 XT」(Impress PC Watch)

1月24日付けでRadeon RX 7600 XTが解禁された。MSRPは$329である。
国内では1月26日よりASRockの製品が販売開始となるようで、価格は約60000円前後となる見込みだ。


スペックは以下の通り。
Intel Begins Next-Gen Xeon E-Core “Clearwater Forest” CPU Enablement, Uses Darkmont Cores(WCCF Tech)
Intel Sends Out First Linux Patch For Clearwater Forest(Phoronix)

IntelのLinux技術者は第2世代のE-core Xeonとなる“Clearwater Forest”に帯する、最初のカーネルパッチを投入した。
“Clearwater Forest”は今年に予定されているE-core Xeon―“Sierra Forest”の後継となる製品である。“Clearwater Forest”のローンチは2025年だが、オープンソースのLinux技術者達は既にドライバのサポートの準備やその他のハードウェアの有効化を行うべく動き始めている。“Sierra Forest”は既にLinux karnelに記述が行われており、ClangやGCCなどの関連するオープンソースプロジェクトも昨年より動き始め、“Sierra Forest”のサポートの準備が進められている。そして今回、“Clearwater Forest”のサポートの準備が始められたわけである。


最初のパッチは極めて基本的なもので、“Clearwater Forest”の新しいモデルナンバーを追記するにとどまる。“Clearwater Forest”のモデルナンバーは“0xDD”である。そして“0xDD”こと“Clearwater Forest”に用いられるコアがAtom系の“Darkmont”であることも記載されている。
GeForce RTX 4080M and RTX 4090M now available in China as desktop GPUs(VideoCardz)
Chinese Vendors are Offering NVIDIA GeForce RTX 4080M and RTX 4090M as Desktop GPUs(TechPowerUp)

中国のメーカーがMobile向けのGeForce RTX 4090MとGeForce RTX 4080Mをデスクトップ向けのカードとして販売し始めた模様である。VideoCardzがGoofishに掲載されたものを発見した。

当該中国メーカーはGeForce RTX 4090MとRTX 4080Mのデスクトップ向けカードを、正式なデスクトップ向けの製品―GeForce RTX 4090とRTX 4080よりも安価なカードとして登場させたようだ。同じようなことはGeForce RTX 20 seriesやRTX 30 seriesでも行われており、今回が初めてというわけではない。Mobile向けのGPUを使用することそのものによるコストの削減、さらには冷却機構の簡素化、そして類似した基板を使用することにより、デスクトップ向けよりも安価な価格を実現している。
Intel’s next-gen Xeon “Granite Rapids” CPUs to feature up to 480MB of L3 Cache(VideoCardz)
午後7:51 · 2024年1月20日(InstLatX64@InstLatX64)

昨年12月にIntelは第5世代Xeon Scalable Processorとなる“Emerald Rapids”をリリースした。“Emerald Rapids”の大きな特徴は増量されたL3 cacheである。“Sapphire Rapids”のL3 cacheの最大容量が112.5MBだったのに対し、“Emerald Rapids”のL3 cacheの最大容量は3倍近い320MBに増量された。

そして、最新のIntel Software Development Emulator (SDE 9.33.0) の記述により、第6世代Xeon Scalable Processor―“Granite Rapids”のL3 cache容量がさらに増量される可能性が示された。“Granite Rapids”のL3 cacheは最大480MBに達する可能性がある。
Intel Arrow Lake-U Low-Power CPUs To Be A Cheaper Alternative To Lunar Lake: Based on Intel 3, 10% Perf/Watt Uplift(WCCF Tech)
午後10:53 · 2024年1月18日(Binonic_Squash@SquashBionic)
午後10:59 · 2024年1月18日(Binonic_Squash@SquashBionic)

“Arrow Lake-U”は“Lunar Lake”よりも低価格な選択肢となり、薄型軽量ノートPC向けとなる。

Intelの次の低消費電力向けプラットフォームの主力は“Lunar Lake”となり、2024年末が予定されている。そして“Arrow Lake”はデスクトップからノートPC、携帯ゲーム機、Mini PCといった幅広い範囲を担う。その中でも“Arrow Lake”の主たるターゲットはハイエンドからメインストリームとなるが、低価格向けかつ薄型低消費電力向けにも“Arrow Lake”が充てられる模様だ。
Intel 15th-Generation Arrow Lake-S Could Abandon Hyper-Threading Technology(TechPowerUp)
Intel 15th-Generation Arrow Lake-S: A Shift Away from Hyper-Threading Technology?(Guru3D)
Intel's next-gen Arrow Lake CPUs might come without hyperthreaded cores — leak points to 24 CPU cores, DDR5-6400 support, and a new 800-series chipset(Tom's Hardware)
Leaked slides share more details on Intel Arrow Lake-S and 800-series chipsets(KitGuru)
Leaked documents list Intel Arrow Lake-S with 8P+16E cores, 125W TDP, full 800-series chipset details(VideoCardz)

ハードウェア関係のリーク情報を扱っているYuuKi_AnS氏が“Arrow Lake-S”プラットフォームに関する情報を明らかにした。

プラットフォームの名前は“Meteor Lake-S Platform”となっており、キャンセルされた“Meteor Lake-S”のなが使われている。そしてこの“Meteor Lake-S”プラットフォームを“Arrow Lake-S”が使用することになる。

YuuKi_AnS氏がリークした資料であるが元のツイートは削除されている。しかし、各メディアに画像が掲載されており、そこから今回の内容を読み取ることが出来る。
AMD Next-Gen Ryzen Zen 5 “Granite Ridge” CPUs Reportedly Enter Mass Production, Coming To AM5 Later This Year(WCCF Tech)
AMD’s Zen 5 Ryzen 8000 series CPUs reportedly enter mass production(OC3D)
午後3:13 · 2024年1月15日(Kepler@Kepler_L2)

“Granite Ridge”は新世代のアーキテクチャである“Zen 5”を採用したデスクトップ向けRyzen CPUである。現行のSocketAM5に対応し、600 seriesマザーボードでもBIOS updateにより対応できる見込みである。AMDの公式ロードマップでは“Granite Ridge”は2024年予定で、おそらく2024年下半期に最初のラインナップが登場することになるだろう。

ハードウェア関係の内部情報に詳しいKepler_L2氏によると、この“Granite Ridge”の大量生産は既に始まっているらしい。もしAMDに急ぐ気があれば、次のComputexでチップを披露し、第3四半期中か第4四半期の早い時期にローンチとなるかもしれない。
NVIDIA GeForce RTX 3050 6GB to feature 2304 CUDA cores and 70W TDP(VideoCardz)
Leaked RTX 3050 6GB specs suggest a considerable cut in performance(KitGuru)

NVIDIAはGeForce RTX 3050 6GBのリリース準備を鋭意進めており、この数週以内に市場に投入される予定である。2022年1月にGeForce RTX 3050 8GBがローンチされたが、今回のGeForce RTX 3050 6GBは8GB版と比較すると、VRAM容量だけでなくメモリインターフェースや周波数、CUDA core数など、スペックが全体的に落とされたモデルとなる。
Intel quietly launches Core i7-14790F CPU for China, 16 cores and 5.4 GHz turbo clock(VideoCardz)
Intel quietly launches their i7 14790F gaming CPU in China(OC3D)
Intel(R) Core(TM) i7 processor 14790F(Intel)

Intelはひっそりと8 P-core + 8 E-coreの新型デスクトップCPU―Core i7 14790Fをリリースした。Core i7 14790FはCES 2024で発表された“Raptor Lake-S Refresh”のラインナップにはないものであるが、IntelのWebサイトには掲載されている製品である。この理由であるがこれまでの下2桁“90”のデスクトップ向けCPUと同じように、Core i7 14790Fも中国向けの製品で、全世界的に展開される製品ではないからだ。
AMD Ryzen 9 7940HX 16-core Zen4 “Dragon Range” CPU listed by ASUS, 200 MHz slower than 7945HX(VideoCardz)
AMD Ryzen 9 7940HX “Dragon Range” with 16 cores and 5.2 GHz in the ASUS TUF Gaming A16(Igor's Labs)
ASUS TUF Gaming A16 (2024) (ASUS)

昨年10月頃に流れた噂は当たっていたようだ。AMDが新しい“Dragon Range”ベースのCPUを追加した。

“Dragon Range”はRyzen 7045HX seriesとして投入され、ハイエンドゲーミングノート向けと位置づけられた。その後、3D V-cacheを採用したRyzen 9 7945HX3Dが追加され、合計5種類のラインナップとなった。当初はこれで“Dragon Range”のラインナップは完了すると見込まれていたが、昨年秋頃に追加モデルが出てくる可能性が示唆された。

噂で示された追加モデルはRyzen 9 7940HXとRyzen 9 7840HXである。それぞれ16-coreと12-coreで、既存のRyzen 9 7945HXとRyzen 9 7845HXと比較すると若干周波数が低いモデルになると言われていた。そして今回、ASUSのTUF Gaming A16 2024にRyzen 9 7940HXが採用されていることが確認された。
AMD Ryzen 8000G “Phoenix 2” Desktop APUs Limited To PCIe 4.0 x4 For dGPU & PCIe 4.0 x2 For M.2 SSDs(WCCF Tech)
B650E AORUS ELITE X AX ICE(Gigabyte)
Ryzen(TM) 7 8700G(AMD)
Ryzen(TM) 5 8600G(AMD)
Ryzen(TM) 5 8500G(AMD)
Ryzen(TM) 3 8300G(AMD)

CES 2024でSocketAM5に対応するRyzen 8000G seriesが発表され、1月31日の市場解禁を控えている。
Ryzen 8000G seriesはSocketAM5に対応する初のAPUとなるが、これまでのデスクトップ向けAPUと同様、同じSocketのCPUとPCI-Expressの世代や構成に差がある。
Intel Fellow Confirms Arc Battlemage GPU on Track for 2024 Launch(TechPowerUp)
Intel reaffirms Xe2 Battlemage “is coming”, hardware team already working on Celestial(VideoCardz)
Intel's Tom Petersen Talks About The Future Of Arc(PC World / YouTube)

NVIDIAのTechnical Marketing部門の前Directorで現在はIntelのFellow務めるTom "Tap" Petersen氏がPC Worldのインタビューで、次のIntel Ark―“Battlemage”の開発が計画通り進んでいると説明した。全てが順調に進んだ場合、“Battlemage”はCES 2025の前に見ることが出来るかもしれないと述べている。

“Battlemage”のコードネームで知られるXe2-HPアーキテクチャは単体GPUとしてはBxxx seriesになるだろうと推定される。Intelはこの“Battlemage”に関しては秘密を貫いているが、いくらかのスペックは出てき始めており、最大56基のXe-Coreを搭載すること、次世代メモリシステムを採用すること、Ray Tracing周りが強化されることが挙げられている。

Tom Petersen氏の発言が以下の通りである。
Die Size measurements for Lunar Lake MX:(Wild_C@wildc)

先日のCESでIntelが“Arrow Lake”と“Lunar Lake”を2024年下半期に投入すると予告し、“Lunar Lake”のパッケージを披露して見せた。その時の写真から“Lunar Lake”のダイサイズが推定されている。
ASUS ROG NUC officially with up to Core Ultra 9 185H CPU and RTX 4070 GPU in 2.5 liter chassis(VideoCardz)
Meet the NUC 14 Pro and NUC 14 Pro+(FanlessTech)
ASUS Unveils Groundbreaking Ultracompact PCs at CES 2024(ASUS)

CES 2024でASUSは小型PCの新製品群を発表した。

今回発表されたのは以下の5つの製品群である。

  ・ASUS NUC 14 Pro+
  ・ASUS NUC 14 Pro
  ・ASUS Republic of Gaming (ROG) NUC
  ・ASUS Fanless Chromebox
  ・ASUS ExpertCenter PN65
Intel Unveils 14th Gen Core HX Series Processors: Raptor Lake Mobile Refresh with Thunderbolt 5(AnandTech)
Intel、安価なデスクトップ向け第14世代Core。ノートPC向けにCore U シリーズ1を展開(Impress PC Watch)
CES 2024: Intel Delivers New High-Level Compute Solutions in Mobile, Desktop and Edge(Intel)

デスクトップ向け第14世代Core processorとともに、Mobile向けにも“Raptor Lake Refresh”が発表されている。ハイエンドゲーミングノートPC向けの第14世代Core HX processorとMobile向けの安価なラインナップとなるCore U 1 seriesである。

第14世代Core HX seriesのラインナップは以下の通り。
CES 2024: Intel Briefly Shows Lunar Lake Chip; Next-Gen Mobile CPU Uses On-Package Memory(AnandTech)
Intel's Arrow Lake and Lunar Lake CPUs will arrive in 2024 - three times more AI performance for both GPU and NPU(Tom's Hardware)
Intel shows off Lunar Lake with memory on package, reaffirms its 2024 plans for Lunar/Arrow Lake(VideoCardz)

IntelはCES 2024のプレゼンテーションで、デスクトップ向けの“Arrow Lake”とノートPC向けの“Lunar Lake”を2024年下半期に市場に投入すると予告した。IntelのMichelle Johnston Holthaus氏 (EVP and GM of the Client Computing Group) によると“Arrow Lake”と“Lunar Lake”は「深部の最終段階」にあるという。
Intel Announces non-K 14th Gen Core Desktop Processors: Raptor Lake in 65 W to 35 W Flavors(AnandTech)
Intel launches 18 new 14th-Gen Raptor Lake Refresh processors – new locked 65W and T-Series 35W chips are available now(Tom's Hardware)
Intel、安価なデスクトップ向け第14世代Core。ノートPC向けにCore U シリーズ1を展開(Impress PC Watch)
65W版はどこまで使える?「Core i9-14900」から「Intel 300」まで、“Kなし第14世代”を一気にテスト(Impress PC Watch)
CES 2024: Intel Delivers New High-Level Compute Solutions in Mobile, Desktop and Edge(Intel)

Intelはデスクトップ向けの第14世代Core i processorの追加モデルとしてTDP65Wの無印モデルおよびTDP35WのTモデルからなる合計18種類の新モデルを発表した。

いずれも“Raptor Lake-S Refresh”をベースとする製品である。例のごとく倍率ロック解除仕様のK seriesが先行して投入されており、今回TDP65Wの無印モデルとTDP35WのTモデルが追加される形となる。

ラインナップは以下の通りである。
Nvidia RTX 40-series Super models revealed — 4070 Super coming Jan 17 at $599(Tom's Hardware)
NVIDIA launches GeForce RTX 40 SUPER series: $999 RTX 4080S, $799 RTX 4070 TiS and $599 RTX 4070S(VideoCardz)
NVIDIAがデスクトップPC向けGPU「GeForce RTX 40 SUPER」を発表。ハイエンド~ミドルハイGPUを強化(4Gamer.net)
GeForce RTX 40 SUPER Series: New Heroes Debut in the Gaming and Creating Universe With AI as Their Superpower(NVIDIA)

NVIDIAは1月8日、GeForce RTX 4080 Super, RTX 4070 Ti Super, RTX 4070 Superで構成されるGeForce RTX 40 Super seriesを発表した。いずれも最新の“Ada Lovelace”アーキテクチャを採用した製品で、GeForce RTX 4080 Superは52 Shader TFlops / 121 RT TFlops / 836 AI TOPSの演算能力を持つ。
ASRock announces DeskMeet & DeskMini X600 with support for “AMD AM5 65W APUs”(VideoCardz)
ASRock Finally Unveils DeskMini & DeskMeet X600 PCs: AMD Ryzen 8000G CPU Support, X600 PCH-Less Motherboards(WCCF Tech)
ASRock DeskMeet X600/DeskMini X600 Series Launches Ready for the AMD AM5 Ryzen(TM) Processors(ASRock)

ASRockは1月5日、DeskMeet X600とDeskMini X600 seriesを発表した。いずれもTDP65WまでのSocketAM5 Ryzenに対応し、DDR5メモリやPCI-Express 5.0接続のM.2 SSD、2.5Gbit LANをサポートする。

DeskMeet X600 seriesはDDR5メモリを4枚搭載することが出来、最大容量256GBまで対応出来る。PCI-Express 5.0 M.2 SSDやDragon 2.5G Ethernetをサポートする。また500W ATX電源のファンは内部の温度環境を最適に保つ。単体GPUとしてPCI-Express 4.0対応のグラフィックカードを搭載可能である。
AMD Adds Radeon RX 7600 XT To Product Stack, 1080p Gaming Card Gets 16GB For $329(AnandTech)
AMD Announces the Radeon RX 7600 XT 16GB Graphics Card(TechPowerUp)
AMD Radeon RX 7600 XT: Specs, Price, and Release Date(Guru3D)
AMD doubles the VRAM and boosts clocks with the Radeon RX 7600 XT 16GB — launching January 24 at $329(Tom's Hardware)
CES 2024: AMD launches RX 7600 XT and new Ryzen desktop CPUs(KitGuru)
AMD、VRAM倍増でクロックも上がった「Radeon RX 7600 XT」(Impress PC Watch)
AMD Unveils AMD Radeon RX 7600 XT Graphics Card – Incredible Gaming at 1080p and Beyond for Under $350(AMD)

AMDは1月9日、Radeon RX 7600 XTを発表した。Radeon RX 7600 XTは1080pでAAA gamingを最大限プレイできるよう設計されたとともに、多くのタイトルで1440p環境かつ高設定でのプレイも可能とする。またFSR3やFluid Motion Frames、HyperRX等の最新機能にも対応する。

Radeon RX 7600 XTはRDNA 3世代の“Navi 33”を使用する。Compute Unit数はRadeon RX 7600と同じ32 CUであるが、VRAM容量が倍の16GBとなっている。メモリインターフェースは128-bitのままで、使用されるVRAMもGDDR6 18Gbpsなので、メモリ帯域は288GB/sのまま変更はない。一方、コア周波数は若干引き上げられ、Gaming 2.47GHz / Boost 2.76GHzとなる。

スペックは以下の通り。
AMD Announces New Desktop Zen 3 Chips With 2 New APUs and the Ryzen 7 5700X3D(AnandTech)
AMD Announces New Socket AM4 Desktop Processors—5700X3D and 5000GT APUs(TechPowerUp)
AMD Expands AM4 Platform with New Ryzen 5000 Series CPUs Launching January 31(Guru3D)
AMD launches $249 Ryzen 7 5700X3D with game-boosting 3D V-Cache tech arrive January 21, AMD also updates AM4 platform with new Ryzen 5000 ‘GT’ processors for 2024 (Tom's Hardware)
Socket AM4はまだ終わらない。AMD、「Ryzen 7 5700X3D」など4製品追加(Impress PC Watch)
AMD Reveals Next-Gen Desktop Processors for Extreme PC Gaming and Creator Performance(AMD)

SocketAM4は7年を迎えるが、2024年もまだ続くようだ。AMDはCES 2024でRyzen 5000 seriesの新製品を4種類発表した。

まず1製品目がRyzen 7 5700X3Dである。Ryzen 7 5800X3Dと同様に8-core/16-threadで、3D V-cacheを搭載した製品であるが、周波数が引き下げられており3.00GHz/Boost 4.10GHzとなる。一方で価格もRyzen 7 5800X3Dの$360から$250に引き下げられる。TDPは105Wのまま変更なし。L3 cache容量もRyzen 7 5800X3Dと同様の96MBである。
AMD Unveils Ryzen 8000G Series Processors: Zen 4 APUs For Desktop with Ryzen AI(AnandTech)
AMD launches Ryzen 8000G ‘Phoenix’ APUs, brings AI to the desktop PC — reveals Zen 4c clocks for the first time(Tom's Hardware)
AMD Announces Ryzen 8000G Series Desktop APUs, Select Models Feature Ryzen AI(TechPowerUp)
AMD「Ryzen 8000G」発表。高性能内蔵GPUをデスクトップに(Impress PC Watch)
AMD Reveals Next-Gen Desktop Processors for Extreme PC Gaming and Creator Performance(AMD)

AMDは1月9日、デスクトップ向けAPUの新製品となるRyzen 8000G seriesを発表した。Ryzen 8000G seriesはSocketAM5に対応し、BIOSのアップデートは必要であるが、X670E/X670, B650E/B650, A620マザーボード全てに対応する。

Ryzen 8000G seriesはCPUコアがRyzen 7000 series CPUと同世代の“Zen 4”、GPUコアがRDNA 3となる。ラインナップは上から順にRyzen 7 8700G, Ryzen 5 8600G, Ryzen 5 8500G, Ryzen 3 8300Gである。Ryzen 7 8700GとRyzen 5 8600GはTSMC N4で製造される“Hawk Point”がベースで、Ryzen AI機能を備える。デスクトップ向けとしては初めてNPUを備える製品となる。Ryzen AIの性能であるが、Processor全体で39 TOPS、NPU単体で16 TOPSとなる。下位のRyzen 5 8500GとRyzen 3 8300Gは同じくTSMC N4で製造される“Phoenix 2”が使用され、CPUコアに“Zen 4”と“Zen 4c”を組み合わせた製品となる。
Kioxia reportedly kills off 30-year-old Plextor brand — icon of the optical drive days spins up its last SSD(Tom's Hardware)
Legendary PC Storage Brand Plextor to Shut Down(TechPowerUp)

Plextorはかつて高性能・高品質のSSD製品ブランドの1つとして知られていた。しかし、Plextorの親会社であるKioxiaはPlextorブランドの名前をSSD製品に使用するのをやめ、代わりにSolid State Technology Corporation (SSSTC) の名前を今後は用いる。
PlextorのSSD事業は元々LITE-ONが有していたが、2019年に当時の東芝メモリに買収されている。