北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel Arrow Lake reportedly confirmed to launch as Core Ultra 200 series, Raptor Lake-H Refresh coming as Core 200H(VideoCardz)
Intel Arrow Lake CPU Gets Core Ultra 200 Branding, Raptor Lake-H Refresh Gets Core 200H(WCCF Tech)
午後11:46 · 2024年3月30日(HXL@9550pro)
Golden Pig Upgrade Package 2024年03月30日 21:45(bilibili)

これまで多数のリーク情報を伝えてきたGolden Pig Upgrade Package氏によると、次の世代のクライアント向けCPUコアである“Arrow Lake”はCore Ultra 200 seriesとなるようだ。そして、“Raptor Lake-H Refresh”がCore 200H seriesとなる。
The slowest Meteor Lake spotted: Intel Core Ultra 5 115U with 8 cores(VideoCardz)
Intel’s Lowest-End Meteor Lake CPU Makes An Appearance: Core Ultra 5 115U With 2 P-Cores(WCCF Tech)
Google rex(Geekbench)
Intel(R) Core(R) Ultra 5 processor 115U(Intel)

“Meteor Lake”は昨年12月に発表され、現在までCore Ultra H seriesが5種類、Core Ultra U seriesが6種類ラインナップされている。しかし、Intelはひっそりと新しいSKUを追加したようだ。

今回追加されたSKUというのがCore Ultra 5 115Uである。これまでのCore Ultra 5 125Uよりも更に下のSKUである。
Intel "Family 6" CPU Era Coming To An End Soon: Code Suggests Cooper Forest & Adams Lake(Phoronix)

90年代中頃のPentium Proで採用されたP6マイクロアーキテクチャからおおよそ16世代にわたって、IntelはProcessorに“Family 6”のCPU IDを与えてきた。そのため、長らくIntelは新しいマイクロアーキテクチャが登場した場合、Family 6の中に含めつつModel numberを新しくすることで対応してきた。例えば“Meteor Lake”ならFamily 6 Model 170、“Emerald Rapids”ならFamily Model 207である。CPU ID identificationはLiunuxのカーネルや他のOSで、CPUの世代を正しく識別するのに用いられる。
しかし、IntelのLinuxエンジニアによるとこの“Family 6”はまもなく終わりを迎えるという。
◇“Strix Point”と“Fire Renge”
AMD "Zen 5" Based "Strix Point" and "Fire Range" Mobile Processors Spied in Shipping Manifests(TechPowerUp)
AMD Zen5-based Strix Point and 16-core Fire Range CPUs spotted in shipping manifests(VideoCardz)
AMD Zen 5 “Ryzen” Mobility CPUs Leak Out: Fire Range In 8 To 16 Core With 55W TDPs, Strix Point In 28W APUs(WCCF Tech)
午後11:03 · 2024年3月28日(@harukaze5719)

“Zen 5”世代のMobile Processor―“Strix Point”と“Fire Range”の記述が積荷目録から見つかった。これらはAMDからOEMパートナーに送られる試作品である。
記述を見ると“Fire Range”は16-coreでTDP55Wのものと8-coreでTDP55Wのものの2種類があり、“Strix Point”はTDP28WでRyzen 7とRyzen 9に相当するSKUのものの2種類がある。
Intel Xeon “Granite Rapids-SP” ES CPU Leaks Out: Features 80 Cores, 160 Threads, Lots of Cache & 350W TDP(WCCF Tech)
午後4:48 · 2024年3月28日(YuuKi_AnS@yuuki_ans)

Intelの次世代Xeon Scalable Processorとなる“Granite Rapids”のCPU-Zのスクリーンショットがリークした。

“Granite Rapids-SP”は今年後半の登場予定で、“Sierra Forest”の次に出てくる予定である。“Sierra Forest”は初のE-coreベースのXeonであるが、“Granite Rapids”はこれまでのXeonと同様P-coreをベースとする。“Granite Rapids”のベースとなるコアは“Redwood Cove”である。“Granite Rapids”と“Sierra Forest”はBirch Streamと呼ばれるプラットフォームで展開され、LGA4677またはLGA7529に対応する。

今回“Granite Rapids”のCPU-ZのSSを明らかにしたのはYuuki_Ans氏である。Code Nameの欄には“Granite Rapids-SP”とあり、Specificationの欄には“Genuine Intel(R) Xeon(R) (ES)”とある。Steppingは“0”となっており、かなり初期のサンプルであることが推定できる。

実際にCPU-ZのSSを見てもらった方が早いだろう。
Micron Samples 256 GB DDR5-8800 MCR DIMMs: Massive Modules for Massive Servers(AnandTech)
Micron shows massive 256GB DDR5-8800 memory sticks — High-capacity double-height 20-watt MCRDIMM modules come in different flavors(Tom's Hardware)
Fiscal Q2 2024 Earnings Call Prepared Remarks(Micron)

MicronはGTC 2024の会場で256GB MCR DIMMのデモを行った。MCR DIMMはIntelの次世代Xeon Scalable Processor―“Granite Rapids”向けに設計されたものである。Micronは先週初めに256GBのMCR DIMMのサンプル出荷が開始されたことを明らかにしていた。
Intel Lunar Lake MX processor pictured on a reference platform, specs confirmed(VideoCardz)
Intel Lunar Lake Chiplet Arrangement Sees Fewer Tiles—Compute and SoC(TechPowerUp)
News from Intel’s mobile Lunar Lake CPU – rumors confirmed (picture and schematic)(Igor's Labs)

“Lunar Lake”に関する噂がここ数ヶ月で活発になっているが、Igor's Labsではその噂の内容を裏付けるいくつかのスライドを入手した。
“Lunar Lake”は合計8-coreの構成でP-coreである“Lion Cove”が4-core、E-coreである“Skymont”が4-coreとなる。iGPUは“Battlemage”世代のコアである。8 Xe2 core構成でExecution Unitの数は64基である。
そして特に注目されるのは“Lunar Lake”のCompute TileがTSMC N3Bで製造されることだ。Intelが主力となるProcessorを外部のファウンドリで製造するのは特記すべき事項であろう。
AMD 5th Gen EPYC Turin “Zen 5 & Zen 5C” CPU Lineup Leaks Out: Up To 160 Cores, 320 MB Cache & 500W TDP(WCCF Tech)
So…which are Zen5C?(YuuKi_AnS@yuuki_ans)

“Turin”とも呼ばれる“Zen 5 / Zen 5c”世代のEPYCのラインナップをYuuki_Ans氏が取り上げている。

今回取り上げられたのは“Turin”と呼ばれる“Zen 5 / Zen 5c”世代のEPYC―EPYC 9005 seriesの初期ラインナップで合計で20 SKUが明らかにされている。“Zen 5”には“Nirvana”、“Zen 5c”には“Prometheus”というコードネームも付けられている。EPYC 9005 seriesはEPYC 9004 seriesと同じSocket SP5 (LGA6096) を用いるが、メモリはDDR5-6000まで対応出来る。
Nvidia RTX 40-series allegedly getting down-binned GPU updates — certain 4060 and 4070 class cards to use larger, harvested chips(Tom's Hardware)
NVIDIA GeForce RTX 4060, 4060 Ti & 4070 GPU Refreshes Spotted in Leak(TechPowerUp)
NVIDIA preparing new RTX 40 variants: RTX 4070 (AD103), RTX 4060 Ti (AD104) and RTX 4060 (AD106)(VideoCardz)
The new version of 4070/4060Ti/4060.(MEGAsizeGPU@Zed__Wang)

NVIDIAがまた現行製品に無効化した上位GPUをあてがう時期になったようだ。MEGAsizeGPU氏のツイートによると、GeForce RTX 40 seriesの下位3モデルにおいて、上位GPUの無効化コアが割り当てられたモデルが用意されるようだ。

GeForce RTX 4070はAD104が使用される。AD104はGeForce RTX 4070 SuperとRTX 4070 Tiに用いられている。そしてNVIDIAはGeForce RTX 4070にAD103も充てるようにしたようだ。AD103はAD104よりも一段階大きなコアで、GeForce RTX 4070 Ti Super, RTX 4080, RTX 4080 Superに用いられる。GeForce RTX 4080 SuperはAD103のフルスペック仕様であるが、RTX 4080とRTX 4070 Ti Superはカットダウン版である。そしておそらくはGeForce RTX 4070 Ti Superとしても使用できないコアがGeForce RTX 4070に割り当てられることになるのだろう。
AMD Debuts Ryzen 7 8700F & Ryzen 5 8400F SKUs at Beijing AI PC Summit(TechPowerUp)
AMD Makes Ryzen 7 8700F and Ryzen 5 8400F Processors Official (for China)(Guru3D)
AMD debuts China-only Ryzens at AI summit — Ryzen 7 8700F and Ryzen 5 8400F ditch the iGPU(Tom's Hardware)
AMD preparing Ryzen 7 8700F and Ryzen 5 8400F CPUs with iGPU disabled(VideoCardz)
Ryzen 7 8700F Ryzen 5 8400F(HXL@9550pro)

北京で開催されているAI PC Innovation Summitで、AMDはRyzen 8040 seriesとRyzen 8000G seriesを中国市場向けに発表した。同Summitではこれら“Hawk Point”ベースの製品の発表に加え、次の世代のAPUの情報なども得ることが出来たが、HXL@9550pro氏の除法によると、AMDのSpencer Pan氏 (AMD SVP and President of Greater China) がRyzen 7 8700FとRyzen 5 8400Fを明らかにしたようだ。
Intel Arrow Lake-H processor with 24 cores has reportedly been photographed(VideoCardz)
Intel Arrow Lake 24C Pictured | Nvidia Rubin Release Date Leak(Moore's Law Is Dead)

Moore's Law Is Deadに“Arrow Lake”の24-core版の写真?が掲載されている。

Intelは現在、パートナーに“Arrow Lake”のQualification Sampleを配布している段階である。“Arrow Lake”は現在の所今年末の予定とされている。
今回Moore's Law Is Deadが“Arrow Lake”の写真(レンダリングされた画像???)を明らかにした。この“Arrow Lake”は最先端のパッケージング技術を用い、複数のChipletを接続したものである。


明らかにされたのは“Arrow Lake-H”の24-core版とされる。“Meteor Lake”と同様“Arrow Lake”はGPUとして“Alchemist”の低消費電力版であるXe-LPGを使用する。SoC die, I/O dieも備えている。また写真左下と右下にはダミーダイが配置されている。そしてCompute dieであるが、最上位は8 P-core + 16 E-core構成のダイが使用される。この構成は現行“Raptor Lake”と同様である。しかし噂では“Arrow Lake Refresh”として8 P-core + 32 E-coreの可能性も示されている。
AMD RDNA 3+ Is Headed To Strix Point APUs Later This Year, Also Employ Next-Gen XDNA 2 NPUs For 3x The AI Performance(WCCF Tech)
AMD demonstrates the power of Ryzen AI PC ecosystem at Beijing AI PC Innovation Summit(AMD / 繁体中文)

AMDが公式にRDNA 3+ architectureを2024年中にもたらすことを明らかにした。RDNA 3+は次世代のAPUである“Strix”に搭載されるGPUである。

この発表は北京で開催されたAI PC summitでもたらされたものである。AMDは今年初めにRyzen 8040 series―“Hawk Point”をローンチしたが、その次の“Strix Point”で新しいCPU、GPUそしてNPU architectureがもたらされることを明らかにした。
NVIDIA RTX 50 “GB202” Gaming GPU reportedly features the same TSMC 4NP process as B100(VideoCardz)
GB202 will use the same process node as GB100. I must clarify once again that TSMC 4N(vidia) is based on TSMC 5, not 4nm(kopite7kimi@kopite7kimi)

GeForce 40 seriesこと“Ada Lovelace”が同時期の“Hopper”と同じ製造プロセスであるTSMC 4Nで製造されたように、GB202は今回発表された“Blackwell”ことGB100と同じTSMC 4NPで製造される。
なお、TSMC 4Nや4NPはNVIDIAのカスタムプロセスであるが、TSMCの製造プロセスと命名規則を合わせたものではない。例えばTSMC 4NはTSMC N5がベースである。今回のTSMC 4NPがTSMCのどのプロセスをベースとしているかは不明で、プロによる解析が必要だが、トランジスタ密度は少なくとも30%ほど増しているようだ。
NVIDIA Blackwell B100 Would get 2 dies and 192GB of HBM3e memory, B200 with 288GB(Guru3D)
NVIDIA B100 "Blackwell" AI GPU Technical Details Leak Out(TechPowerUp)
NVIDIA Blackwell “B100” to feature 2 dies and 192GB of HBM3e memory, B200 with 288GB(VideoCardz)
午後2:57 · 2024年3月17日(AGF@XpeaGPU)

アメリカ太平洋時間3月18日13時からJensen Huang氏によるGTC 2024 keynoteが予定されており、次世代GPUアーキテクチャである“Blackwell”をベースとしたB100に関する情報が明らかにされるのではないかと予想されている。B100はH100, H200に続くAIおよびHPC向けのアクセラレータチップで、過去にDellのCEOが言及したことがあった。
今回、AGF/XpeaGPU氏がB100とそれに続くB200の情報を明らかにした。


まずB100だが2つのダイをTSMCのCoWoS-Lで接続した大型のチップで、8 HiのHBM3eを8 stack搭載し、合計の容量は192GBになる。
B200では12 HiのHBM3eが用いられ、合計の容量は288GBに増量される。
Intel Launches the Core i9-14900KS Special Edition Processor for Enthusiasts(TechPowerUp)
Intel Announces Core i9-14900KS: Raptor Lake-R Hits Up To 6.2 GHz(AnandTech)
最高6.2GHz動作のフラッグシップCPU、Intel「Core i9-14900KS」アキバに登場(hermitage akihabara)
(レビュー)
Intel Core i9-14900KS Review - The Last of its Kind(TechPowerUp)
暴れ馬すぎる「Core i9-14900KS」、今すぐ使いたい人向けの設定を検証!(ASCII.jp)

Intelは3月15日、Core i9 14900KS Special Edition processorを発表した。Core i9 14900KSはCore i9 14900Kと同じく“Raptor Lake-S Refresh”をベースとしており、コアの構成は8 P-core + 16 E-coreである。
Core i9 14900KSの特徴はP-coreとE-coreの周波数を引き上げたことで、P-coreのBoost時周波数はCore i9 14900Kより200MHz引き上げられて6.20GHzに、E-coreのBoost時周波数は100MHz引き上げられて4.50GHzとなる。
しかしこの程度の周波数向上ではCore i9 14900KSを“Special”たらしめることは出来ない。Core i9 14900KSには320WのExtreme Power Delivery Profileがある。これはCore i9 14900Kにはないもので、選ばれたZ790, Z690マザーボードで使用できる。8-pin EPS電源を2系統有することが条件で、高いBoost時周波数を支えるための大電流を流せる必要があるからだ。


スペックは以下の通り。
ASUS Intel 700, 600 Series and AMD AM5 Motherboards Are Ready to Support up to 256 GB of DDR5 Memory(TechPowerUp)
ASUS confirms DDR5 256GB support for its Intel 600/700 and AMD 600 motherboards(VideoCardz)
ASUS Intel 700, 600 Series and AMD AM5 Motherboards Are Ready to Support up to 256 GB of DDR5 Memory (ASUS)

ASUSは3月14日、Intel 700, 600 series chiplset搭載でかつDDR5対応モデルを対象に、BIOS updateでメモリ総容量256GBへの対応を発表した。これにより4枚スロットを全て使用することで256GBのメモリ容量を確保できるとともに、2スロットの場合でも128GBのメモリ容量を実現している。
またSocketAM5マザーボードについては、BIOSのアップデートを行わずとも256GBのDDR5メモリに対応している。
NVIDIA GeForce RTX 50 series reportedly features 28 Gbps GDDR7 memory(VideoCardz)
NVIDIA GeForce RTX 50-series "Blackwell" to use 28 Gbps GDDR7 Memory Speed(TechPowerUp)
午後4:01 · 2024年3月11日(kopite7kimi@kopite7kimi)

NVIDIAのリーク情報でおなじみのkopite7kimi氏であるが、最近はGeForce RTX 50 seriesとなる“Blackwell”の情報を発信している。先日は“Blackwell”ことGB20xのメモリインターフェースが現行の“Ada Lovelace”とそれほど変わらないものになると述べ、GeForce RTX 50 seriesに使われる最上位コアとなるであろうGB202のメモリインターフェースが384-bitとなるであろうことを暗に示した。

今回もまたメモリ周りの話であるが、GPU側ではなくGDDR7の速度に関係する話である。kopite7kimi氏によると、GeForce RTX 50 seriesに使用されるGDDR7の速度は28Gbpsになるという。
Intel “Lunar Lake” at 17W set to offer 1.5x MT boost over “Meteor Lake-U” despite lack of hyperthreading(VideoCardz)
Intel "Lunar Lake-U" 17W Processor Offers Almost 50% Multithreaded Perf Boost Over "Meteor Lake" 15W Despite Lack of HTT(TechPowerUp)
午後2:12 · 2024年3月10日(Bionic Squash@SquashBionic)

Intelの情報をしばしば扱っているBionic Squash氏が“Lunar Lake”のMulti-thread性能について言及している。
それによると17Wの“Lunar Lake”は15Wの“Meteor Lake-U”と比較し、Cinebench R23やCinebench 5.4.5のMulti-thread性能が50%向上しているという。


“Lunar Lake”の情報はまだ完全には出ていないが、今のところ8-core構成でP-coreである“Lion Cove”が4-core、E-coreである“Skymont”が4-coreの構成となる。“Lunar Lake”は“Arrow Lake”と同じマイクロアーキテクチャを採用しているが、位置づけとしては薄型低消費電力ノートPC向けとなり、“Meteor Lake-U”の後継となる。

“Lunar Lake”は過去の情報でファンレスで8W駆動が可能であるが、ファンを搭載する通常の環境では17-30Wでの駆動となるとされている。おそらくTDP (PL1) は17Wの設定となるだろう。
Intel Core i9-14900KS to cost $749 according to MicroCenter(VideoCardz)
Intel Core i9-14900KS Pricing Confirmed to be $749(TechPowerUp)
Intel Core i9-14900KS Desktop Processor Pricing Set at $749(Guru3D)
Micro Center reveals potential $749 MSRP for Intel's upcoming Core i9-14900KS Special Edition CPU – imminent flagship CPU might be even more expensive than expected(Tom's Hardware)

MicroCenterによるとCore i9 14900KSの価格は$749であるという。この価格はCore i9 14900Kの価格である$599よりも25%程高い。なお、Core i9 14900KSの価格について米国大手のリテーラーから話が出てくるのは今回が初めてである。

Core i9 14900KSは3月14日に登場するとされる。過去に登場したCore i9 12900KS ($739), Core i9 13900KS ($699) と同様、“KS”を名乗るその世代の最上位モデルにして特別モデルである。8 P-core + 16 E-coreで24-core/32-thread構成で、周波数は最大6.20GHzである。

最上位かつ特別モデルのため、価格もCore i9 14900Kよりも高くなることは容易に予想されるが、今回その価格が$749という情報が出てきた。この価格は過去のCore i9 12900KSに近く、Core i9 13900KSより高い。なお、Core i9 12900KSの価格は発表時は$739だったが、今現在Intel ARKのデータベースを見ると$813-823となっている。
Intel CEO Pat Gelsinger to Deliver Computex Keynote, Showcasing Next-Gen Products(AnandTech)
Intel’s Computex 2024 keynote to include next-gen client product showcase, Arrow Lake incoming?(VideoCardz)
Intel Likely to Unveil Arrow Lake Chips at Computex 2024(Guru3D)
Intel CEO Pat Gelsinger to Deliver Keynote Speech at COMPUTEX 2024(Computex)

TAITRA (Taiwan External Trade Development Council) はIntelのCEOであるPat Gelsinger氏によるkeynoteが6月4日のComputex 2024で行われることを発表した。Computex 2024のテーマの1つでもあるAIを盛り上げるべく、Gelsinger氏はIntelの次世代データセンターおよびクライアント向け製品を紹介し、“AI Everyware”をキーワードに、AI技術を広く展開するようだ。
Next-gen Nvidia GeForce gaming GPU memory spec leaked — RTX 50 Blackwell series GB20x memory configs shared by leaker(Tom's Hardware)
NVIDIA RTX 50-series "GB20X" GPU Memory Interface Details Leak Out(TechPowerUp)

NVIDIAの“Blackwell”はGDDR7をサポートする最初の世代になると推定される。データ転送速度は現行のGDDR6/GDDR6Xから大幅に上がることが期待されており、最初の世代のGDDR7は32GT/sの転送速度を有し、384-bitメモリインターフェースのGPUであれば1536GB/sの帯域を得られることになる。

NVIDIAのリーク情報を多く扱っているkopite7kimi氏によると、512-bitメモリンターフェースのGPUへのあこがれはつきないものの、次のGeForceに使用されるGB20xのメモリインターフェースは現行の“Ada Lovelace”―AD10xと変わらないものになるという。
First GPUs Implementing GDDR7 Memory Could Stick with 16 Gbit Chips, 24 Gbit Possible(TechPowerUp)
First generation of GDDR7 graphics cards sticking to 16Gbit (2GB) modules, 3GB on roadmaps(VideoCardz)
Transition to GDDR7 Memory Likely Sticks to 16 Gbit Chips, 24 Gbit Possible(Guru3D)
We will use 16Gbit first.(kopite7kimi@kopite7kimi)
JEDEC specifies GDDR7 memory in sizes of 2, 3, 4, 6 and 8 GB per memory chip(3DCenter.org)

GeForceのリーク情報でおなじみのkopite7kimi氏によると、GDDR7の最初の世代は現行と同じ16Gbit (2GB) の容量にとどまるようだ。つまり、256-bitインターフェースのカードであれば16GB、192-bitインターフェースであれば12GB、128-bitインターフェースであれば8GBが標準的な容量となる。

3DCenter.orgにはより興味深い話があり、GDDR7では2のべき乗ではない容量―24Gbit (3GB) や48Gbit (6GB) の容量も視野に入れられているという。
GDDR7 graphics memory standard published by JEDEC — Next-gen GPUs to get up to 192 GB/s of bandwidth per device(TechPowerUp)
JEDEC Publishes GDDR7 Graphics Memory Standard(JEDEC)

JEDECは3月5日、JESD239 Graphics Dobule Data Rate (GDDR7) SGRAMを規格策定を完了した。GDDR7の資料はJEDECのWebサイトよりダウンロード可能である。GDDR7は現行のGDDR6の倍となるデバイス辺り192GB/sの帯域を確保する。
Intel Core i9-14900KS reportedly launches on March 14(VideoCardz)
Intel Core i9-14900KS Reportedly Launches Next Week(TechPowerUp)
Intel Core i9-14900KS Allegedly Launches Next Week(Guru3D)

Core i9 14900KSはLGA1700に対応する最後のハイエンドCPUで、おそらくはCore iの名前を冠するProcessorとしても最後のデスクトップCPUとなるだろう。

このCore i9 14900KSのローンチは既に秘密ではない。IntelはこれまでCore i9 12900KSやCore i9 13900KSを投入してきているからだ。そしてVideoCardzが得た情報によると、Core i9 14900KSのローンチ予定日は3月14日となったようだ。
NVIDIA GeForce GTX 16-series Finally Discontinued(TechPowerUp)
NVIDIA discontinues GeForce GTX 16 GPUs, the end of GTX series(VideoCardz)
The Nvidia GeForce GTX era is finally over(PCGamesN)

今度GeForce GTX 16 seriesの在庫が枯渇したら、もう“Turing”アーキテクチャをベースとしたグラフィックカードが出荷されることはない。中国の情報筋によると、GeForce GTX 16 seriesは既に打ち切りになっており、もはや供給されることはないようだ。

GeForce GTX 16 series打ち切りの噂は昨年12月に出ており、2024年第1四半期をもって打ち切られるといわれていた。NVIDIAはGeForce GTX 16 seriesの完全な打ち切りを計画しており、今後Ray TracingやDLSSをサポートしないカードは供給されなくなる。つまり、GeForce GTX seriesの終焉を意味するとともに、GeForce RTX seriesへの完全な移行を果たすことになる。

この話は中国のBoard Channelsが発端となっているようだ。
Intel Arrow Lake series to feature up to 4 Xe-Cores, no hyper-threading and DDR4 support(VideoCardz)
Golden Pig Upgrade 2024/03/04 13:25(Bilibili)

Intelは“Arrow Lake”を今年末にローンチする見込みで、デスクトップからMobileまでtop-to-bottomで投入し、全てにAI-acceleration coreを普及させる。デスクトップ向けの“Arrow Lake”はLGA1851と呼ばれる新しいSocketを使用し、メモリはDDR4のサポートが打ち切られ、DDR5のみの対応となる。

つい先日、“Arrow Lake-S”の怪しげな情報を紹介したばかりなので「またかい」と怒られてしまいそうだが、話の種としては興味深いので懲りずに紹介したい。