北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel issues statement about CPU crashes, blames motherboard makers — BIOSes disable thermal and power protection, causing issues(Tom's Hardware)
Intel releases official statement on 13th/14th Gen Raptor Lake CPU Stability Issues(OC3D)
Intel releases the “13th and 14th Generation K SKU Processor Instability Issue Update”(Igor's Labs)

Intelが第13・14世代Core processorの不安定性問題に対する公式見解を発表した。Igor's Labsにその内容が掲載されており、また5月にさらなる公式見解を発表する予定であるとしている。

第13・14世代Core processorの上位モデルにおいて、ゲームプレイ時に高負荷かがかかり、エラーのポップアップが出るという問題が前々から指摘されている。
この問題に対し、Intelが現時点での公式見解を発表した。
MSI confirms focus on GeForce RTX GPUs, as MSI Radeon cards are disappearing from stores(VideoCardz)
MSI no longer interested in under performing AMD Radeon GPUs, now exclusive to NVIDIA(TweakTown)
MSI focuses on RTX cards, AMD on mainboards of the highest relevance(HardwareLuxx)
午前11:48 · 2024年4月26日(Hardware Unboxed@HardwareUnboxed)

MSI公式ページから同社のグラフィックカード製品のページを見るとRadeon RX 7000 seriesのラインナップがわずか3種類しかないことに気づかされる。その3製品はRadeon RX 7600 MEC 2X Classic 8G OC, Radeon RX 7900 XT Gaming Trio Classic 20G, Radeon RX 7900 XTX Gaming Trio Classic 24Gである。Radeon RX 7800 XT, 7700 XT, 7600 XTはラインナップすらされていない。
さらにMSIのRadeon RX 7000 series搭載カードで価格検索を仕掛けるとRadeon RX 7900 XT Gaming Trio Classic 20Gの一製品しか引っかかってこない。


HardwareLuxxではこの疑問をMSIに問い合わせたところ、以下のような回答を得られた。
AMD EPYC 4004 Zen4 “AM5” CPUs with 3D V-Cache have been leaked(VideoCardz)
AMD EPYC 4004 “Zen 4” CPUs For AM5 Spotted At eBay, Come In 3D V-Cache “X” Flavors Too(WCCF Tech)
AMD EPYC 4584PX サーバ プロセッサー 100-000001481(eBay)
[CPU] A mysterious new product of an agricultural enterprise, the embedded Xiaolong 4004, appears in the United States(Chiphell)

EPYCはSocketSP5でEPYC 9004 seriesが、SocketSP6でEPYC 8004 seriesが製品化されているが、先日SocketAM5でEPYC 4004 seriesが投入されるという話が出てきた。

最大96-coreないしは128-coreのSocketSP5や64-coreのSocketSP6と比較するとSocketAM5の規模は小さく、“Zen 4”であれば16-coreまでのサポートとなる。同じSocketAM5で投入されているRyzen 7000 seriesと同じコア数である。ひょっとしたら“Zen 4c”のCCDを使用して32-coreの可能性もあるかもしれないが、どちらにせよSocektAM5の場合、2ダイを超えるCCDを搭載することは出来ないだろう。
AMD "Strix Point" Mobile Processor Confirmed 12-core/24-thread, But Misses Out on PCIe Gen 5(TechPowerUp)
AMD Ryzen 9050 “Strix Halo” specs leaked: 16 Zen5 cores and 40 RDNA3.5 CUs, LP5x-8000 memory and 32MB MALL cache(VideoCardz)
Detailed Strix Halo and Strix Point specifications surface courtesy of official leaked AMD document(Notebookcheck)
AMD next generation Strix Halo APU processor 40 CU of RDNA 3.5 GPU 16 core Zen 5(HKEPC)

正直、かなり胡散臭い。

Twitterに144ページにわたるAMDのロードマップの資料がリークされ、その中に“Zen 5”世代のAPUに関する記述があった。“Zen 5”世代のAPU―“Strix”は非常に強力な製品となり、特に“Strix Halo”は初のChiplet設計で複数ダイからなるAPUとなる。“Strix Halo”は40 CU / 20 WGPのRDNA 3.5 graphicsを搭載し、メインストリーム帯のグラフィックカードと競合できるだけの性能を有すると見込まれる。
Intel Confirms Next-Gen Panther Lake CPUs In Fabs, 18A Chips On Track For Mid-2025 Launch(WCCF Tech)

2024年第1四半期の決算報告において、Intelは18Aプロセスノードの進捗を説明し、同プロセスで製造される“Panther Lake”と“Clearwater Forest”が2025年中盤のローンチ予定であることを明らかにした。

次のIntel 20Aは今年下半期の生産立ち上げに向けて順調に進んでいるとIntelは述べ、今年末に“Arrow Lake”と“Lunar Lake”の2製品とローンチすると説明した。

“Arrow Lake”と“Lunar Lake”のローンチ後はIntel 18Aの生産を計画しており、Intel 18A PDK (1.0) が今四半期中にリリースされ、同プロセスでE-coreを使用したXeon 7となる“Clearwater Forest”とコンシューマ向けの“Panther Lake”を予定している。これら両製品のためのIntel 18Aの立ち上げは2025年上半期で、2025年中盤に製品のリリースを予定している。
◇TSMC N2
TSMCs 2nm nodes get NanoFlex, N2P loses backside power delivery(Tom's Hardware)
TSMC 2nm Update: N2 In 2025, N2P Loses Backside Power, and NanoFlex Brings Optimal Cells(AnandTech)

North American Technology Symposium 2024でTSMCは2nmプロセス世代の進捗をNanoFlex technologyの紹介とともに明らかにした。現在、TSMCはN2プロセスの大量生産を2025年下半期に開始予定としている。一方で、第2世代の2nmプロセスとなるN2Pではbackside power delivery networkが提供されないことも明らかにした。
AMD Ryzen 9050 “Strix Point” APU with 12 cores spotted on Geekbench(VideoCardz)
AMD Strix Point “Ryzen 9” APU With 12 Zen 5 Cores, 24 MB L3 Cache Spotted, Impressive Multi-Core Score Despite 1.4 GHz ES Clock(WCCF Tech)
Xen HVM domU(Geekbench)

“Zen 5”世代のAPUである“Strix Point”、その最上位となる12-core/24-threadのRyzen 9 APUと推定されるProcessorがGeekbenchに掲載されている。

例のごとくGeekbenchに掲載されているスペックを見ていこう。
GIGABYTE Releases Motherboard BIOS Updates for Ryzen 9000 Series(TechPowerUp)
AMD “Ryzen 9000” Zen5 desktop CPUs now confirmed by Gigabyte(VideoCardz)
AMD Ryzen 9000 “Zen 5” Desktop CPUs Confirmed As Gigabyte Lists Official Support On Its AM5 Motherboards(WCCF Tech)
Get Ready for the AM5 Next Gen. Ryzen(TM) CPU with GIGABYTE Latest BIOS update(Gigabyte)

Gigabyteは4月24日、X670, B650, A620搭載SocketAM5マザーボード向けに、最新のAGESA 1.1.7.0 beta BIOSをリリースした。このBIOSは次世代のRyzen 9000 seriesに対応するものである。同様に既存のRyzen 7000, 8000 seriesにも対応する。

AGESA 1.1.7.0 beta BIOSはGigabyteの公式Webサイトよりダウンロードできる。そして正式版のリリースは5月中旬頃を予定している。
AMD Readies Socket AM5 EPYC 4004 Series Server Processors(TechPowerUp)
AMD reportedly set to launch EPYC 4004 series for AM5 socket(VideoCardz)
AMD To Launch EPYC 4004 CPUs For Mainstream AM5 Platforms: X3D 3D V-Cache & Standard Variants(WCCF Tech)
EPYC 4004(Hoang Anh Phu@AnhPhuH)

AMDがメインストリームのサーバー向けCPUとしてSocketAM5に対応するEPYC 4004 seriesを用意しているらしい。

情報元はHuang Anh Phu氏で、AMDが新たにEPYC 4004 seriesを準備しているというものだ。
AMDは現在“Zen 4”ベースのEPYCとして、SocketSP5に対応するEPYC 9004 seriesとSocketSP6に対応するEPYC 8004 seriesをラインナップしている。EPYC 4004 seriesは3番目の“Zen 4”ベースのEPYCで、SocketAM5を使用するようだ。
AMD rumored to use 'slow' 18Gbps GDDR6 in RDNA 4 — leaker says Team Red's next generation GPUs won't use GDDR7(Tom's Hardware)
AMD's Next-Gen RDNA 4 GPUs Might Stick With GDDR6 Instead Of GDDR7(HotHardware)
AMD Radeon RX 8000 (RDNA4) GPUs rumored to use 18 Gbps GDDR6 memory(VideoCardz)
Only 18Gbps(Kepler@Kepler_L2)

リーク情報を多数投稿しているKepler_L2氏によると、AMDの次世代GPUであるRDNA 4ことRadeon RX 8000 seriesは18GbpsのGDDR6を使用するらしい。

初代RDNAアーキテクチャを採用したRadeon RX 5000 seriesは12-14GbpsのGDDR6が使用された。続くRDNA 2世代のRadeon RX 6000 seriesでは14-18Gbpsに引き上げられ、RDNA 3世代のRadeon RX 7000 seriesでは18-20Gbpsとなった。
今回の情報ではRDNA 4世代のRadeon RX 8000 seriesでは18Gbpsにとどまり、ともすれば一歩後退したような印象を受ける。
AMD to Release Ryzen 8000F Series Processors Globally in Retail Packaging(Guru3D)
AMD Ryzen 7 8700F and Ryzen 5 8400F reportedly launching globally soon(VideoCardz)
AMD Ryzen 7 8700F & Ryzen 5 8400F “iGPU-Less” APUs To See Global DIY Launch, Lower Prices Expected(WCCF Tech)
87F and 84F will be available in Retail Box globally soon(Hoang Anh Phu@AnhPhuH)

Ryzen 7 8700F, Ryzen 5 8400Fは先月中国市場向けにローンチされた製品である。その後、全世界的にSystem integrator向けには解禁されたものの、リテール市場には出回っていなかった。

Ryzen 7 8700FとRyzen 5 8400Fは“Zen 4”世代のAPUである“Hawk Point”をベースとした製品であるが、iGPUを無効としたモデルである。そのため、使用する場合は別途グラフィックカードを搭載する必要がある。

このRyzen 7 8700FとRyzen 5 8400Fであるが、近々全世界的にリテール市場に解禁されるようだ。そのBOX版のナンバーとして100-100001950BOX, 100-100001951BOXが示されている。
Noctua Introduces NH-L12Sx77 Low-profile CPU cooler(TechPowerUp)
Noctua releases low-profile CPU cooler for SFF builds — NH-L12Sx77 has better clearance for RAM, VRM heatsinks(Tom's Hardware)
Noctua launches improves low-profile CPU cooler for high-end SFF PCs(KitGuru)
NH-L12Sx77(Noctua)

Noctuaは4月23日、スモールフォームファクタ向けのCPUクーラーとしてNH-L12Sx77を発表した。NH-L12Sx77は既存のNH-L12Sよりもわずかに背が高いモデルとなるが、より高い冷却性能と、マザーボードのVRMの冷却機構やRAMとのクリアランスを確保したモデルとなる。

NH-L12Sと比較するとNH-L12Sx77はヒートパイプが4本から6本に増やされ、より高い冷却性能を確保している。
ASUS Adds “Intel Baseline Profile” Option In BIOS To Mitigate 14th & 13th Gen CPU Gaming Stability Issues(WCCF Tech)
ASUS adds “Intel Baseline Profile” to its Z790 motherboards amid Core i9 stability issues(VideoCardz)
"Intel Baseline Profile option" on/off(HXL@9550pro)

ASUSは同社のマザーボードのBIOSに“Intel Baseline Profile”を提供した。この“Intel Baseline Profile”は第13・14世代Core processorの安定性問題を軽減するためのものである。

第13・14世代Core processorである“Raptor Lake”はゲームプレイ時の安定性問題が指摘されており、原因はマザーボードメーカーがデフォルト設定でCPUが定める限界を超える設定を行っていることにある。そのため、過剰な電圧・電力がCPUに供給され、時間経過とともにシリコンの劣化を招くことになる。
AMD “Strix Halo” Zen5 & RDNA3.5 premium APU rumors take shape(VideoCardz)
AMD "Strix Halo" Zen 5 Mobile Processor Pictured: Chiplet-based, Uses 256-bit LPDDR5X(TechPowerUp)
AMD Strix Halo(@harukaze5719)
[CPU] Some information and speculation about AMD strix halo (Chiphell)

“Strix Halo”は“Zen 5”世代のCore Complex Die (CPU Compute Die) とI/Oに加え、RDNA 3.5世代のGPUを搭載するSoC dieで構成される。

Corre Complex Die (CCD) はTSMC N4Xで製造される。ダイサイズは85~90mm2。1つのCCDに“Zen 5”世代のCPUコアが8-coreと32MBのL3 cacheが搭載される。“Strix Halo”ではCCDを2ダイ搭載し、最大で16-coreとなる。
ASUS and MSI confirm “Next-gen AMD Ryzen CPUs” support with latest AMD 600 motherboard firmware(VideoCardz)
(TechPowerUp)
MSI AMD 600 Series Motherboard Ready To Support Next-Gen CPU(MSI)
ROG STRIX B650E-I GAMING WIFI BIOS 2611(ASUS)

ASUSとMSIがAGESA ComboPI 1.1.7.0が適用されたBIOSで次世代Ryzen CPU―“Granite Ridge”のサポートを追加している。

まずMSIであるが簡潔ではあるが4月17日にプレスリリースが出ている。

MSIはSocketAM5マザーボード向けに最新のAGESA ComboPI 1.1.7.0 Patch Aを適用したBIOSをリリースした。対象となるマザーボードはX670E, X670, B650, A620マザーボードである。この最新BIOSでは次世代CPUのサポートが追加される。
Intel Updates Lunar Lake Processor Lineup with LNL-V Model(Guru3D)
Intel Lunar Lake-V CPUs To Max Out At 8 Cores In 4 P & 4 LP-E Configs: 8 Xe2 GPU Cores, 32 GB LPDDR5X & 17-30W TDPs(WCCF Tech)
Golden Pig Upgrade Package 2024/04/17 14:18(bilibili)

“Lunar Lake-MX”と呼ばれていたものは“Lunar Lake-V”に解明された。“Lunar Lake-V”は全てが4 P-core + 0 E-core + 4 LP E-coreで構成される。SKUは周波数とL3 cache容量で区別される。iGPUはXe2-coreが最大8基である。メモリ容量は最大32GBで、カスタムされたLPDDR5-8533をMoP pakcageで搭載する。オプションでファン有り/ファンレス設計があるが、標準的な“Lunar Lake-V”のTDPは17~30Wである。従来の15~28Wから若干上がっているのはCPU pakcageにメモリが搭載されるためだ。
Intel Xeon 6: Up to 288 E and 128 (?) P-Cores in Socket LGA 4710 & 7529(ComputerBase.de)
Intel Xeon 6 6980P “Granite Rapids-AP” CPU to feature 128 cores and 500W TDP(VideoCardz)
Intel Granite Rapids “Up To 128 P-Core” & Sierra Forest “Up To 288 E-Core” CPU Specs Leak, Massive LGA 7592 & LGA 4710 Motherboards Pictured Too(WCCF Tech)
Intel Granite Rapids-AP “LGA 7592” CPU Specs Leak: Xeon 6980P With Up To 128 P-Cores, 3.2 GHz At 500W(WCCF Tech)
Intel Beechnut City “LGA 4710” Socket Motherboard For Next-Gen Intel Xeon 6 Granite Rapids & Sierra Forest CPU Leaks Out(WCCF Tech)
Intel Xeon 6 6980P Granite Rapids-AP processor to get 128 cores / 500W TDP(Guru3D)
LGA4710 with LGA7529 BeechnutCity with AvenueCity(Yuuki_AnS@yuuk_ans)

Intel Vision 2024で“Granite Rapids”と“Sierra Forest”がXeon 6となることが発表された。
“Granite Rapids”は従来のXeonの延長線上にあるP-coreをベースとし、最大の性能を引き出す。一方、“Sierra Forest”は初めてのE-coreをベースとするXeonである。


“Granite Rapids”と“Sierra Forest”は2つの異なるプラットフォームがあり、“SP”と呼ばれるものと“AP”と呼ばれるものがある。“SP”はLGA4710を使用する。開発プラットフォームの名前として“Beachnut City”と呼ばれるものがある。LGA4710は“Sapphire Rapids”でで使用されるLGA4766の後継である。
一方、“AP”はより大型のプラットフォームで、SocketはLGA7529となる。開発プラットフォームの名前は“Avenue City”である。
AMD Ryzen 9000 Mobile CPUs Faster than Intel’s i9-14900K in Single and Multi-Core Benchmarks [Update](Hardwaretimes)
interesting(@harukaze5719)
[CPU] ZEN5 APU related information and speculation(Chiphell)

“Zen 5”世代のAPUは4種類のSoC―“Strix Halo”、“Strix Point”、“Kraken Point”そして“Sonoma Valley”がある。“Zen 5”はおおよそ“Zen 4”よりIPCが19%高く、“Zen 5c”の性能は“Zen 5”のおよそ75%である。

“Zen 5”世代のAPU―“Strix Halo”、“Strix Point”、“Kraken Point”、“Sonoma Valley”の構成とその性能に関する噂がChiphellに掲載されている。
AMD unveils Ryzen Pro 8000-series processors — Zen 4 and AI engines come to the commercial market(Tom's Hardware)
AMD、「Ryzen Pro」向けにHawk PointベースのRyzen 8000シリーズを投入(マイナビニュース)
AMD、AIエンジン搭載のビジネス向けAPU「Ryzen PRO 8000/8040」シリーズ発表(hermitage akihabara)
AMD Expands Commercial AI PC Portfolio to Deliver Leadership Performance Across Professional Mobile and Desktop Systems(AMD)

AMDは4月16日、Mobile向けにRyzen Pro 8040 seriesを、デスクトップ向けにRyzen Pro 8000 seriesを発表した。

Ryzen Pro 8000 series / Ryzen Pro 8040 seriesは上位のモデルにおいてRyzen AIを内蔵し、オンチップでNPUを搭載している。NPUの処理性能は16 TOPS、Processor全体でのAI性能は39 TOPSとなる。

いずれも“Hawk Point”をベースとし、CPUコアに“Zen 4”、GPUコアにRDNA 3を搭載する。NPUはXDNA 1世代のもので、プレスリリースにもあるとおり処理性能は16 TOPSである。
◇“Arrow Lake”のiGPUのExecution Unit数
Intel Arrow Lake-H Laptop 128 EU “Xe-LPG+” & Arrow Lake-S Desktop 64 EU “Xe-LPG” iGPUs Tested(WCCF Tech)
Details for Result ID Intel(R) Graphics (1152S 128C SM3.0 2GHz, 8MB L2, 6.9GB) (OpenCL)(SiSoftware Official Live Ranker)
Details for Result ID Intel(R) Graphics (576S 64C SM3.0 2GHz, 4MB L2, 14.4GB) (OpenCL)(SiSoftware Official Live Ranker)

SiSoftwareのデータベースにノートPC向けの“Arrow Lake-H”とデスクトップ向けの“Arrow Lake-S”のiGPUが登録されている。

“Arrow Lake”のiGPUのベースとなるアーキテクチャがArc Alchemistであることは周知の通りである。より正確にはノートPC向けの“Arrow Lake-H”は若干のアップデートが加わった“Alchemist+”をベースとするXe-LPG+が採用され、デスクトップ向けの“Arrow Lake-S”には“Meteor Lake”と同じ“Alchemist”ベースのXe-LPGが使用される。
今回、その2種類の“Arrow Lake”のiGPUがSiSoftwareのデータベースに掲載され、その構成が明らかになった。
Intel Arc Battlemage Could Arrive Before Black Friday, Right in Time for Holidays(TechPowerUp)
Industry circles: Intel Battlemage should be released before Black Friday(ComputerBase.de)

IntelはEmbedded Word 2024 conferenceで組み込み向けのArc seriesを発表している。この組み込み向けArc seriesは既存の“Alchemist”をベースとした製品で、型番の“E”が組み込み向けを示している。

しかし、より興味深い情報がささやかれていたようだ。それは第2世代のArcとなる“Battlemage”だ。その“Battlemage”がBlack Fridayのシーズンに登場する可能性がささやかれていた。

Intelは公式に、“Battlemage”がCES 2025よりも前の時期を示唆しており、2024年中のローンチを臭わせていた。今回の情報で示されたのはBlack Friday―11月29日の前後で、ちょうど商戦の時期だ。

第1世代のArc Alchemistが2022年10月に登場しており、第2世代のArc Battlemageも今年の秋頃じゃないかという見方があるようだ。“Battlemage”については最近の積荷目録にその記載があったことが確認されている。少なくとも今の時点ではまだお星様にはなっていない模様だ。
Intel Panther Lake “PTL-U” Mobility CPU Test Tools Spotted, BGA2540 Form Factor(WCCF Tech)
Intel PTL, BGA2540(@harukaze5719)
BGA2540-PTL-UPH Interposer for the Gen5 VR Test Tool(Intel Design-in Tools Store)

Intelの公式Webサイトに“PTL-U”―“Panther Lake”のテストツールの記載が見つかった。

“Panther Lake”は“Arrow Lake”の次のクライアント向けCPU製品で、Intel 18Aでの製造になるとされる。“Panther Lake”についてはその初期シリコンがFabにあることが最近になって明かされたが、まだ戻ってきてはいない段階と推定される。しかしながら、Intelは“Panther Lake”の地固めをすする構えで、“PTL-U”―“Panther Lake-U”のテストツールが今回公開されたのもその流れだろう。“Panther Lake-U”はノートPCなどMobile向けの低消費電力モデルだろう。そして今回の記述からBGA2540が使用されるであろうことが示唆される。
AMD Strix Point APU Graphics Performance Comparable to RX 6400 GPU(Guru3D)
AMD Strix Point APU core graphics performance revealed: comparable to 12 CU RX 6400 independent graphics(ITHome)

ITHOめは4月12日、“Strix Point”の新しい情報を入手した。この情報によると、“Strix Point”の“RDNA 3+” GPUはエントリーレベルの単体グラフィックカードに匹敵するものとなりそうだ。

“Strix Point”はCPUに“Zen 5”を、GPUに“RDNA 3+”を採用したAPUである。加えてNPUとして“XDNA 2”を採用する。
“Strix”と呼ばれるAPUは2種類がある。1つは“Strix 1”とも呼ばれるモノリシックなAPUだ。もう1つは“Strix 2”ないしは“Strix Halo”と呼称されるチップレット設計のものだ。CPUやGPUのアーキテクチャはどちらも同じであるが、その構成が大幅に異なっている。
NVIDIA board partners expect GeForce RTX 5090 and RTX 5080 to launch in fourth quarter(VideoCardz)
NVIDIA GeForce RTX 5090 & RTX 5080 “Blackwell” GPUs Rumored To Launch In Q4 2024(WCCF Tech)
Huida gaming graphics card quotations rise, benefiting ASUS, MSI, Gigabyte, etc.(UDN)

NVIDIAはAI事業に並々ならぬ力を注いでいるが、グラフィックカード製品についても新しい製品を投入する。グラフィックカードベンダーによると、GeForce RTX 50 seriesは今年第4四半期にローンチされる。初めはまず最上位とそれに続くハイエンド製品となるGeForce RTX 5090と5080が投入される。
Lunar Lake from Intel Vsion 2024 Slide(@harukaze5719)
I have superimposed the schematic representation of Lunar Lake over the photo of the package(Andreas Schilling@aschilling)

先日開催されたIntel Vision 2024で、そのスライド資料に“Lunar Lake”のダイ構造がわかるものがあったようだ。

私自身はまだ見つけられていないものの、harukaze5719氏がその画像を見つけている。
AMD to Stick to RDNA 3+ To Power Processor iGPUs Till 2027 At Least(TechPowerUp)
AMD APUs rumored to use RDNA3+ GPU architecture until at least 2027(VideoCardz)
Golden Pig Upgrade Package 24-4-10 17:06(Weibo)

Weiboでしばしばリーク情報を投稿しているGolden Pig Upgrade氏によると、AMDはAPUに統合されるGPUのアーキテクチャを少なくとも2027年までRDNA 3.5 / RDNA 3+で維持する模様だ。

AMDはまだRDNA 3からRDNA 3.5 / RNDA 3+への変更点を明らかにしていないが、少なくとも何も変化がないということはないと思われる。“Zen 5”ベースのAPU―“Strix Point”、“Strix Halo”、“Kraken”はいずれもRDNA 3+をiGPUのアーキテクチャとして採用する。なお、“Granite Rapids / Fire Range”については“Raphael”と同じI/O dieを使用するため、iGPUはRDNA 2が使用されることになる。
AMD Strix Point APUs rumored to have been debuffed by AI - kind of(TweakTown)
Upcoming Chips: Strix APUs Originally Had Big Cache Which Boosted CPU & iGPU Performance(WCCF Tech)
uzzi38 Friday at 4:53 AM #8646(AnandTech Forum)

AnandTechのForumで、Uzzi38と呼ばれる人物が次に登場予定のAMDのAPU―“Strix Point”が当初の計画とは異なるものであるという内容の投稿を行っている。当初の計画では“Strix Point”には大容量のSystem-Level-Cache (SLC) が搭載され、これによりCPUとiGPUの性能を底上げする予定だった。しかし、AMDは昨今のAIブームとMicrosoftのAI PCの要件を満たすべくAI性能を引き上げることを決定し、“Phoenix”が搭載するものの3倍の性能を有するXDNA 2 NPUを搭載した。AI性能は引き上げられたがAI Engine Blockは大きなダイ面積をとるため、予定されていたSLCの搭載は見送られたという。

この投稿に続くコメントによると、“Strix 1”が搭載するキャッシュは16MBのMALL cacheであったという。
Intel launches first Core Ultra CPUs for LGA-1851 socket, featuring Meteor Lake architecture for the edge(VideoCardz)
Intel Core Ultra “Meteor Lake PS” LGA 1851 & Core “Raptor Lake PS” LGA 1700 Socketed CPUs For Edge(WCCF Tech)
PS Series of Intel(R) Core(TM) Ultra Processors(Intel)

Intelはエッジ向けに“Meteor Lake-PS”をベースとするCore Ultra processorと“Raptor Lake-PS”をベースとするCore processorを発表した。“Meteor Lake-PS”はLGA1851に、“Raptor Lake-PS”はLGA1700に対応する。

位置づけとしては“Meteor Lake-PS”が上位のCore Ultra、“Raptor lake-PS”が下位のCoreとなる。
“Meteor Lake-PS”の中身は基本的にはMobile向けの“Meteor Lake”と同じであるが、LGA1851 socketに対応する点が最大の相違点となる。“Meteor Lake”ファミリーとしては唯一のSocketに対応するシリーズとなる。ラインナップは合計9種類でTDP45Wの“HL series”とTDP15Wの“UL series”で構成される。前者の最大構成は6 P-core + 8 E-core + 2 LP E-coreの16-core/22-thread、後者は2 P-core + 8 E-core + 2LP E-coreの12-core/14-threadとなる。


“Meteor Lake-PS”のラインナップは以下の通り。