北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER and GTX 1650 SUPER final specifications(VideoCardz)

NVIDIAはGeForce GTX 1660 SuperおよびGTX 1650 Superのスペックを明らかにした。いずれも今までのGDDR5に代わり、GDDR6を搭載したことが特徴となる。

このうち、GeForce GTX 1660 Superについてはこれまでにも何度かスペックが出てきており、今回の情報も既報通りであるので詳しくは述べない。もう1つのGeForce GTX 1650 Superのスペックは新しい情報である

GeForce GTX 1650 SuperについてはCUDA core数が1024ないしは1152という噂が出ていた。しかし、その予想は外れより多い1280基のCUDA coreを搭載するカードとなる。そしてベースとなるGPUはTU117ではなくTU116となる。搭載するメモリはGDDR6 4GBで、12Gbpsで動作するものを搭載する。128-bitのメモリインターフェースはGeForce GTX 1650を踏襲し、結果メモリの帯域は192GB/sとなる。またメモリ周りの向上やCUDA coreの増量だけでなく、コアの周波数も引き上げられている。これらのスペック向上の裏でTDPも上昇しており、GeForce GTX 1650が75Wであったのに対し、GeForce GTX 1650 SuperのTDPは100Wとなる。
 
>
GeForce
GTX 1660 TiGTX 1660
Super
GTX 1660
ArchitectureTuring, 12nm FFN
コアTU116-400TU116-300
CUDA Core15361408
RT CoreN/A
Ray TracingN/A
Tensor CoreN/A
Texture Unit9688
ROP48
コア周波数Base1500MHz1530MHz1530MHz
Boost1770MHz1785MHz1785MHz
搭載メモリGDDR6
6GB
GDDR6
6GB
GDDR5
6GB, 3GB
メモリ速度12Gbps14Gbps8Gbps
メモリインターフェース192-bit
メモリ帯域288GB/s336GB/s192GB/s
TDP120W
8-pin×1
125W
8-pin×1
120W
8-pin×1
MRSP$279$***$219
Launch Date'19/2/22'19/10/29'19/3/14



GeForce
GTX 1650
Super
GTX 1650
ArchitectureTuring, 12nm FFN
コアTU116TU117-300
CUDA Core1280896
RT CoreN/A
Ray TracingN/A
Tensor CoreN/A
Texture Unit8056
ROP3232
コア周波数Base1530MHz1485MHz
Boost1725MHz1665MHz
搭載メモリGDDR6
4GB
GDDR5
4GB
メモリ速度12Gbps8Gbps
メモリインターフェース128-bit128-bit
メモリ帯域192GB/s128GB/s
TDP100W75W
N/A
MRSP$***$149
Launch Date'19/11/22'19/4/23


GeForce GTX 1650 Superは従来のGeForce GTX 1650で用いられていた“TU117”ではなく、GeForce GTX 1660系列で用いられている“TU116”を用いるものとなる。つまりはGeForce GTX 1660からさらにカットダウンしたもので、メモリインターフェースは128-bit、CUDA core数は1280となり、GeForce GTX 1650 SuperというよりはGeForce GTX 1660 LEという方がしっくりくるかもしれない。

上位のコアを使用してスペックを向上させた一方で、TDPも100Wに上がってしまっており、PCI-Express電源コネクタレスが実現できる75Wを超えてしまっている。GeForce GTX 1650 Superとは名乗っているものの、元のGTX 1650とはだいぶ性格の違う製品となっており、ここまで性格が異なってくるとおそらくは元々のGeForce GTX 1650も併売されるのではないかと推定される(値下げはあるかもしれない?)。

・・・GPUではこのように現行製品のRefresh製品と呼ぶようなものがしばしば登場する。RadeonでいえばRX 400 seriesからRX 500 seriesがそうであり、GeForceは従来のRTX 2000 series/GTX 1600 seriesに対するRTX 2000 Super series/GTX 1600 Super seriesが該当する。Refresh製品を出すこと自体は悪いことではないはずなのだが、カツ入れOC仕様の消費電力マシマシになりがちなのはもう少しどうにかならないものなのだろうか。


コメント
この記事へのコメント
167071 
1660退場じゃねこれ
2019/10/28(Mon) 23:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167072 
これなら1660買った方がいいだろ。
2019/10/29(Tue) 00:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167073 
まったくですね。
主な理由は、ウェハの歩留まりにあろうかと思いますよ。
NVIDIAはどこと組んでいるのだろう。
2019/10/29(Tue) 07:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167074 
私のような自称エコな(エゴな)人にとって
GPUの75WとCPUの65Wを超えるかどうかは死活問題なんですよ~。
そのうち環境変動の温暖化の影響でIT回路部品も色々と狙い撃ちされるよ・・・きっと。
2019/10/29(Tue) 07:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167076 
もし補助電源が入るとボードの実装パーツが大幅に増えコスト増になりかつアイドル消費電力が大幅上昇しつつ電源由来による故障リスクも増す。それは避けてほしい
更には補助電源なしという50クラスの近年の慣例も捨てることになるばかりか、今世代はそれにあたる新製品が来ない可能性が高まる
ブーストクロックを100MHz下げる位で追加電源を外せるならそうしてほしい。最悪はメーカー頼みか・・・
2019/10/29(Tue) 11:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167080 
GTX 1650 Super で nvenc はどうなっているのだろう?
2019/10/29(Tue) 16:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167093 
もう中途半端なもんナンバリングして発売すんのやめてくれよぉ…インテルみたいな商売はやめてくれよぉ…
2019/10/30(Wed) 06:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10012-47235033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック