北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD Radeon(TM) RX 5000 Series Graphics for Notebooks(AMD)
Radeon(TM) Pro 5000M Series(AMD)

Mobile向けとなるRadeon RX 5300M及びMobile向けかつProfessional向けとなるRadeon Pro 5300MのスペックがAMDのWebサイトに掲載されている。

スペックは以下の通りである。
 
Radeon
RX 5300MPro 5300M
GPUコア
製造プロセス
Navi 14
7nm FinFET
Compute unit2220
StreamProcessor14081280
TMU8880
ROP3232
コア
周波数
Base****MHz****MHz
Gaming1181MHz****MHz
Boost1445MHz1250MHz
搭載メモリGDDR6
3GB
GDDR6
4GB
メモリ周波数14.0Gbps12.0Gbps
メモリインターフェース96-bit128-bit
メモリ帯域168GB/s192GB/s
消費電力**WTGP 50W


(参考:Radeon RX 5500 series)
Radeon
RX 5500 XTRX 5500RX 5500M
GPUコア
製造プロセス
Navi 14
7nm FinFET
Compute unit242222
StreamProcessor153614081408
TMU968888
ROP323232
コア
周波数
Base1717MHz?****MHz****MHz
Gaming****MHz1670MHz1448MHz
Boost****MHz1845MHz1645MHz
搭載メモリGDDR6
8GB
GDDR6
4GB, 8GB
GDDR6
4GB
メモリ周波数14.0Gbps?14.0Gbps14.0Gbps
メモリインターフェース128-bit128-bit128-bit
消費電力***WTBP 150W
8-pin×1
***W
8-pin×1


Radeon RX 5300M (2019年11月14日)

Radeon Pro 5300M (2019年11月14日)

先に紹介したRadeon Pro 5500Mのスペックも出ており、こちらは以下の通りとなっている。

◇Radeon Pro 5500M
  ・Compute Unit:24
  ・StreamProcessor:1536
  ・Peak Engine Clock:1300MHz
  ・Memory:GDDR 6 up to 8GB, 12Gbps, 192GB/s
  ・FP32:up to 4.0TFlops
  ・TGP:50W

Radeon RX 5300MはStream Processor / Compute Unitの数はRadeon RX 5500Mと同等の1408 sp / 22 CUを維持しているが、メモリ周りが削られておりメモリ容量は3GB、メモリインターフェースは96-bitとなっている。
一方、Radeon Pro 5300MはメモリI/OはRadeon Pro 5500Mと同等の128-bitインターフェースである。メモリの周波数は12Gbpsとやや速度が落とされているが、より目立つのはStream Processor / Compute Unitの数の減少で、それぞれ1280 sp / 20 CUとなっている。

これらはいずれもMobile向けであるが、いずれデスクトップ向けのRadeon RX 5300に相当する製品も出てくるだろう。その時はRadeon RX 5300Mに近いスペックになるかRadeon Pro 5300Mに近いスペックになるのかが注目される(20 CU / 96-bitメモリインターフェースという事態にはならないと思いたいが)。


コメント
この記事へのコメント
167280 
RX 5500XTは24CUで確定なのでしょうか。
最近始めたブログにもまとめましたが、
AMDはデスクトップ向けNavi14をRX 5500 "series" としてまとめて発表しました。
そして22CUと記載され、Up to 24という書き方をしていないことから、
5500XTも22CUであり、5500との違いはメモリ容量とGameClock程度だと考えています。

少し省きますが、GamingXTXのPeakClockが5500 seriesのGameClockと一致することから、それより上のデスクトップ向け製品は望み薄とも考えています。
2019/11/14(Thu) 02:02 | URL | LGA774 #TA8bWgSM[ 編集]
167283 
表現がTGPになったから 従来の75Wがどのあたりに位置するのでしょうね。
NVIDIAも追随するのかな。
2019/11/14(Thu) 06:59 | URL | LGA774 #a2H6GHBU[ 編集]
167294 
AMDがRadeon 5500Mは搭載される機種の冷却能力によってはデスクトップ版と同等の性能を発揮できるとかトチ狂った事をぬかしてるけど

それは即ち150Wクラスの発熱をするって事で…
Geforce1650の3割増し性能程度じゃ死ぬほどわりに合わないんですけど

電圧を下げれば省電力化に成功できるっていう擁護意見もあるけどモバイルでそんな事をする人がどれだけいるのかって話とそもそもオーバークロックと同じで保証対象外なのでそんな部分を売りにする事自体間違ってる

AMDの7nmモバイルに期待していたんだけどデスクトップだからこそ許される甘えをそのまま持ち込んでいるんじゃどうしようもないなぁ…
2019/11/14(Thu) 18:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167310 
167294
仰る通り、AMDのモバイル戦略はCPU含めて貧弱な印象がずっと続いていますね
専用で設計しろとは言いませんが、「バッテリーで動くレベルまで性能下げたぞ、これがモバイル版や」みたいな雑なGPUがずっと続いているのはすごく残念
Geforceのように全レンジを見据えたスケーラビリティのある製品群を構築してもらいたいものです
2019/11/15(Fri) 13:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167383 
ん?どこかで5500Mは補助電なしレベルの消費電力だと見た事あるけど

あとRX5500はGTX1060以上の性能は確実にある
あとTDPじゃなくTBPだから
TDP換算だと120wレベルかそれ以下。
そしてさらにRADEONでは常識な低電圧化ゅすると・・・って話だから
2019/11/21(Thu) 15:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10031-3aabf29f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック