北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Benchmarks Surface on Intel's Next-Gen Comet Lake-S 10-Core, 6-Core CPUs(techPowerUp!)
Intel Comet Lake-S 10-Core CPU Benchmarks Surface (Tom's Hardware)
HP HP Pavilion 23 All-in-One PC (GeekBench)
HP HP Pavilion 23 All-in-One PC(GeekBench)

GeekBenchのサーバーにIntelの次世代デスクトップ向けCPU―“Comet Lake-S”と推定される10-core CPUと6-core CPUのスコアが掲載された。

どちらも例のごとくCPU Nameは“Intel 0000”となっており、Engineering Sampleであると思われる。キャッシュ構成はどちらも基本的には同じでL1 inst=32KB×コア数 / L1 Data=32KB×コア数 / L2=256KB=256KB×コア数 / L3=2MB×コア数で、L3 cacheは共有となり6-coreであれば12MB、10-coreであれば20MBとなる。そしてこのキャッシュ構成はこれらのCPUが従来の“Skylake”系統のCPUであることも示している。

スペック以下にまとめる。
 
10-core6-core
Core / Thread10-core/20-thread6-core/12-thread
Base Frequency1.51GHz1.99GHz
Maximum Frequency3.19GHz2.89GHz
IdentifierIntel Family 6 Model 165 Stepping 1Intel Family 6 Model 165 Stepping 0
L1 Instruction Cache32KB×1032KB×6
L1 Data Cache32KB×1032KB×6
L2 Cache256KB×10256KB×6
L3 Cache20MB12MB


Identifierの項目が10-coreが“Intel Family 6 Model 165 Stepping 1”、6-coreが“Intel Family 6 Model 165 Stepping 0”とModelまでは同一でSteppingのみが異なるというのがまた興味深く、同世代のコアながら違うダイなのだろうかと推測させる。前々より“Comet Lake-S”は“10+2”と“6+2”のダイがあると言われており、今回のCPUはその両者のEngineering Sampleということになるのだろうか。


コメント
この記事へのコメント
167365 
まさかここまでskylakeを引きずるとは誰が予想できただろうか…
10コアになったのはいいけど流石に熱的に扱い辛そう
2019/11/21(Thu) 00:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167376 
10-20 16-32(AMD)
8-16
6-12
4-8
2-4
2-2。

アプリの最適化と安定感の意味で個人的に使いたいと思うのはCore i3(4-8)だけど、今の4790Kから乗り換える程の費用対効果あるんだろうか。
2019/11/21(Thu) 10:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167379 
やっとKabyから使いまわしてきた4コアダイが居なくなるのですね
2019/11/21(Thu) 14:30 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10039-47d7024c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック