北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Rumors: The chipsets for Rocket Lake will be pretty much the same as the chipsets for Tiger Lake(Vestirossii.com)

最近になり、Intelが“Comet Lake”の次に予定している“Rocket Lake”について様々な噂が出てくるようになった。そして今回の話は1人のTwitterユーザーが発端であるが、“Rocket Lake”のチップセットに関するものである。

その情報によると、“Rocket Lake”が用いられるプラットフォームのチップセットは“Tiger Lake”のそれと同じであるという。具体的な共通性あるいは相違点については触れられていないが、噂では“Tiger Lake”を14nmプロセスに適用したものが“Rocket Lake”であると言われている。
 
また、“Rocket Lake”はまもなく登場する“Comet Lake”と同じプラットフォームで動作する。しかしながら、その場合は一部の機能に制限がかかる。

さらに今回の情報は“Rocket Lake-S”に加え、デスクトップ向けに“Tiger Lake-S”が登場する可能性を示している。この場合、“Rocket Lake-S”と“Tiger Lake-S”は並存することになる。しかし、Intelの現在の戦略は非常に変わりやすく、どのProcessorがデスクトップ向けにもたらされるかを確定的に述べることはできない。

“Rocket Lake”と“Tiger Lake”はおそらくは“Comet Lake”と“Ice Lake”のような関係で概ね同時期に登場し、第11世代Core processorとなるであろうCPUである。これらが同じチップセットを用いる、という話自体はそこまで特記すべき事項でもなく、むしろ、共通化してコストを抑えると考える方が自然である(“Comet Lake”と“Ice Lake”もPCHは同じ400 seriesで機能も似通っているが、これらが同じダイなのか一応違うダイなのかまでは確認は取れていない)。

むしろチップセットから話が外れた最後の段落がやや驚くべき内容で、キャンセルされたという見方が大勢である“Tiger Lake-S”の可能性に触れていることである。かつてデスクトップ向けの10nm CPUは登場しないという噂話に対し、Intelが否定のコメントを出しデスクトップ向けの10nm CPUの計画はあると述べたことがあった。その際はそのデスクトップ向け10nm CPUは“Rocket Lake-S”の次の“Alder Lake-S”と思われていたが、“Tiger Lake-S”も出てくるのであれば、やや停滞感のあったIntelのデスクトップCPUも面白い展開になりそうである。

“Rocket Lake”に関しては依然として正体は不明で、この情報では14nm版“Willow Cove”であることを示唆するような書き方をしているが、今のところ、“Rocket Lake”のCPUアーキテクチャが何であるかを示す確定的な情報はない。



コメント
この記事へのコメント
167568 
AVX-512対応だけじゃWillow Coveかどうかの判別はつかない

SkylakeをシュリンクしただけのCannon LakeもAVX-512が使えた

キャッシュの構成が明らかになるまでは予断を許さない
2019/12/07(Sat) 17:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167572 
ベンチ見るとIce LakeのIPC(シングリ処理能力)は第九世代(Coffee Lake Refresh)の8%増し。
Rocket Lakeはコアの巨大化でそこからさらに伸ばすらしいので、
Coffee Lake Refreshから見ると15~20%増しぐらいかな。
 
まぁ最近は1世代で3~5%増しに留まっていたので、2世代で15~20%増しは大きく伸びる方かな。

初代~第ニ世代(サンディ)の時なんて1世代で15%増しだったけど、そこまでは望めないか。
2019/12/08(Sun) 06:24 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167578 
IPCの比較と言うのは難しいですけどIntelの公式発表であるSkylake→SunnyCove比"平均"+18%は概ね正しいように思えます
2019/12/08(Sun) 15:56 | URL | LGA774 #EBUSheBA[ 編集]
167594 
AVX-512のせいでクロック上がらないらしいので、
これなくしたWillow Coveなら14nm製造でも5Ghz以上で回るはず。
 
GPUなくして広がったトランジスタ面積を新アーキに使えば理論上は作れない事もない。
 
最大コア数が減る噂はこの為だろうし、1コア当たりのトランジスタ数の大幅増大でIPCを一気にあげて最大コア数が10→8になるのすらカバーできる上昇率なのかもしれない。
2019/12/10(Tue) 10:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10060-0505c508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック