北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel’s Manufacturing Roadmap from 2019 to 2029: Back Porting, 7nm, 5nm, 3nm, 2nm, and 1.4 nm(AnandTech)

IEEE International Electron Devices Meeting (IEDM) で明らかにされる将来のプロセス技術の展望は興味深いものである。今週は特に7nm, 5nm, 3nmプロセスに関する話題が多く取り上げられた。しかし、Intel自身からは製造プロセスに関する長期的なロードマップは示されなかった。だが、そのIntelのパートナーであるASMLからIntelのプロセス技術に関する長期的なロードマップを入手することができた。
 
元々のスライドはIntelが9月に示したものを、ASMLが代わりに明らかにしたもののようである。

オリジナルのスライドは“Major and incremental nodes provide opportunities to utilize EUVL enhancments for at least decade”と題されており、2029年までのプロセス進化の方向を示すものとなっている。

起点となるのは2019年で“N2019 10nm+”と記されている。そして10nm+は2020年に10nm++、2021年10nm+++と進化するが、2021年にはN2021と呼ばれる新プロセスが登場する。ここが興味深いところで、2020年の10nm++から10nm+++とN2021が分岐している。そしてN2021で得た新技術を10nm+++に適用する可能性を示している。また10nm++から10nm+++の移行は“Easiest Design Path”と記されており、開発のより簡単な旧プロセスの改良版と開発が難しい新プロセスが併存するような格好となっている。そしてこのサイクルが2年おきに続く。
新プロセスはN2021の後、2年の周期でN2023→N2025→N2027→N2029と続く。そしてそれぞれのプロセスは1年ごとに“+”→“++”と進化する。そして“++”と新プロセスは同じ年となり、新プロセスから前世代プロセスの“++”に新技術の一部が適用される可能性を示している。

2年ごとに登場する新プロセスには新たな機能・特徴が追加されるが、一番近いN2021はそれがEUVであることが明記されている。

Intelは2年おきに新プロセスの投入と、そのプロセスの進化方向を示したが、プロセスの具体的な数字は示していない。これに具体的な数字を付け足したのがASMLである。
ASMLによるとN2021=7nm、N2023=5nm、N2025=3nm、N2027=2nm、N2029=1.4nmとなっている。

Intel 2029年までのプロセスロードマップ (2019年12月11日)
(Credit:AnandTech)

10nmで想定の遙か上をいく産みの苦しみを味わう羽目になったIntelであるが、このようなスライドが出てきたと言うことは、10nmの難産を克服し、得られた教訓を今後のプロセスに役立てる道筋ができたということだろうか。

とはいえ、2027年の2nmや2029年の1.4nmはまだ研究段階のようで、現在開発段階にあるのは2021年の7nmである。まずはこれの無事な誕生が期待されるであろう。

余談ながら起点の10nmがいきなり10nm+となっているということは、やはり量産されている“Ice Lake”は10nm+であり、オリジナルの10nmからは相当な変更があったのだろう。そしてオリジナルの10nmで製造されて世に出たのはCore i3 8121U―“Cannon Lake-U”だけということになるのだろうか。



コメント
この記事へのコメント
167613 
ほぼ死産のCannonも時々は思い出してあげないとね…
ところでIceLakeの10nm+ですらデスクトップが出せないって相当ひどい状況なんだろうな
2019/12/11(Wed) 23:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167614 
ASMLってTSMCにも納品してるけど、ガンダムで例えるとアナハイムみたいなもんなんだろうか。
2019/12/11(Wed) 23:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167615 
>Core i3 8121U―“Cannon Lake-U”

これ買った北森さんホント好き
2019/12/12(Thu) 00:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167616 
Intelもなんちゃって"Xnm"プロセス的な路線にすればこうも苦労しないだろうとは思いますけどね
頑張って欲しい所です
2019/12/12(Thu) 00:10 | URL | LGA774 #YhxRTNrk[ 編集]
167617 
半導体製造装置のメーカーは多くはないからね。
Appiled Materials製の装置なんかも入れていないのところはないんじゃない?
2019/12/12(Thu) 00:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167621 
もしこのロードマップ通りにムーアの法則復活なら業界も明るいな
2019/12/12(Thu) 01:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167622 
ほとんど夢物語でしょう
2019/12/12(Thu) 02:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167623 
nmの数値は各メーカーが好き勝手やってるので気にしなくていい。
2019/12/12(Thu) 03:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167626 
1.4が14に見えて!!??ってなった
2019/12/12(Thu) 07:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167628 
プラス何個付くねん
2019/12/12(Thu) 11:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167629 
新プロセスへの大ジャンプ一本道では躓いたとき10nの二の舞なので
保険として旧世代の++を並行する事にした
(+程度は今までもやってたがそれでは足りなかった)
2019/12/12(Thu) 12:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167630 
このスライドで面白いのは最新プロセスと旧プロセスの更新版とで移植できるだけの互換性を持たせるということ。
14nmにSunnycoveかWillowcoveを移植するという説の傍証となっているかもしれない
2019/12/12(Thu) 13:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167631 
1.4nmとか言い出す前に10nmと7nmをちゃんと安定してリリースしなさい
2019/12/12(Thu) 15:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167632 
どっちかというと製造機器なのでアナハイムの研究応用部門とか、武装機器メーカーですね。
リアルの軍事機器メーカーだと、ミサイルやレーダーを開発してるレイセオンあたりでしょうか
2019/12/12(Thu) 16:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167635 
凄まじい絵に描いた餅感
2019/12/12(Thu) 17:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167636 
※167614

ASMLは露光装置の世界シェア約8割のメーカーなのでプロセスルールとも大きな関わりがあるんです。

10年前までは、ニコンとキャノンで世界シェアのほとんどを占めていたのですが、全てを内製する日本企業と違い、ASMLは部品毎に得意な企業部品を使う事でコスパを上げてシェアを急拡大させました。
2019/12/12(Thu) 20:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167639 
良くとらえればようやく混乱から回復した、悪く捉えればまだ絶賛混乱中。
インテルにも頑張って欲しいね。AMDに殿様商売させないためにも。
2019/12/13(Fri) 04:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167640 
+とか++のような中間世代的プロセスはIntel以外も普通にやってますよ
TSMCならN7、N7+、N6みたいな感じだけど
2019/12/13(Fri) 08:47 | URL | LGA774 #EBUSheBA[ 編集]
167642 
※167616
そもそもの話ですが業界団体で「〇nmプロセス」の決まりごとはないので
Intelのプロセスだって「なんちゃって〇nm」なんですよ
自分で決めた縛りで勝手に顔面から倒れたのがIntelって話なの
2019/12/13(Fri) 11:24 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167664 
※167642
むしろ商用ロジックノードの名称と技術仕様が乖離しすぎて国際半導体技術ロードマップが廃止されてしまったと記憶していますが・・・
2019/12/17(Tue) 10:39 | URL | LGA774 #HfMzn2gY[ 編集]
167665 
>>167642
2016年までは各国の業界団体で作った国際半導体技術ロードマップで指標が定められてたよ。
今はそれに代わってASMLが作った標準ノードという指標があって、それに基づいて比較すると同じプロセス同士ではIntelが最も微細化されてる事になってる。
一企業の独自指標ではあるけど、ASMLにとってはIntelだけじゃなくTSMCもサムスンも大事な顧客だからIntelだけが有利になる指標を作るとは考えにくい。
Intel以外のプロセスが「なんちゃって」と揶揄されてるのには相応の背景がある。

もちろんIntelが過度の拘りで自爆したのは紛れもない事実だけどね。
いくらIntel以外のプロセスが「なんちゃって」と揶揄される手法だとしても、ほぼ2世代分も引き離されれたらその優位性も打ち消されるのは当然。
Intel頑張れと言ってる人も、そういう現状ぐらい分かった上で巻き返しを期待してるんだと思うけどね。
2019/12/17(Tue) 12:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167671 
intelの10nmは無意味な拘りだったと思う
力こそパワー
2019/12/18(Wed) 18:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
167702 
うーん?
目をこすってよく見ると
画面左端から14nmが22年?まで伸びる線が見えてきそうだな~と。
2019/12/20(Fri) 08:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10066-49d1a1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック