北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel's Comet Lake Absence at CES Reportedly Related to Power Consumption Wall(techPowerUp!)
Intel Comet Lake-S: The finished mainboards have to wait for the CPUs(ComputerBase.de)

IntelはCES 2020で結局“Comet Lake-S”に言及しなかった。マザーボード側は準備は整っていたにもかかわらず、Intelが“Comet Lake-S”について差し控えたため、マザーボードメーカーは煮え湯を飲まされた格好となってしまった。この原因であるが10-coreの製品に消費電力の問題があるためである。
 
Z490チップセットを搭載したマザーボードは既に完成している。だがIntelから待ったがかかっており、2~3ヶ月ほどかかる見通しだ。当初は2月初めという予想もあったものの、これにも疑問がついており、4月か5月になるという見方も出てきている。そしてその原因は10-coreのフラッグシップ製品の動作が不良であるためである。よりコアの少ないモデルについては問題はない。そして10-coreの動作がうまくないという理由が、ノートPC向けの“Comet Lake-H”が8-coreに押さえられている理由でもある。

メインストリーム向けデスクトップCPU製品群において10-coreの製品は2020年のフラッグシップである。Intelは14nmの製品においてより強力な性能を求めてきた。だが徐々にその性能向上も減速し、やがては終わる。そしてより強力な性能を求めれば、代償として消費電力も増大する・・・ちょうどCore i9 9900KSのようにである。また、発熱も増大する。新たな10-coreは消費電力と発熱が致命的な問題となったのである。

いくつかのマザーボードメーカー筋の情報によると、10-coreの製品は最大で300Wの消費電力に達するという。ただ、Core i9 9900KSの時点で250Wを超えていたためもはや驚きはない。TurboBoostで4.90GHzの周波数で20-threadを動作させるとなると、著しく消費電力は上がるわけである。

“Comet Lake-S”がCES 2020で登場しなかった背景である。IntelのCES 2020の発表を振り返ると第10世代Core i H series―“Comet Lake-H”の発表、DG1と“Tiger Lake”のデモが大きなところであった。確かに言われてみると“Comet Lake-S”に言及されなかったが、その裏側があった模様である。
問題となっている“Comet Lake-S”のフラッグシップとなる10-coreの製品=Core i9 10900Kである。これの消費電力と発熱がCore i9 9900KS以上に増大しており、前者については300Wに達してしまったという(より少ないコア数のモデルは問題ないらしい、とある。一方、同じ10-coreでも周波数のより低いCore i9 10900, i9 10900Tがどうなのかはわからない)。

第9世代でも指摘されていたが、最近のIntel CPUはTurboBoost機能が以前にも増して強力になった一方、そのTurboBoostの能力を最大限発揮させるためには、定格周波数動作時よりも相当多い消費電力と発熱を覚悟しなくてはならないという難点がある。Core i9 10900Kの問題はこれがとうとう限界まで達してしまい、Boost時300Wという異常な消費電力に至ってしまったものと推定される。

・・・正直なところ、強すぎるBoost機能を緩めてやればいいのではないかと素人目には思うのだが、「Boostを緩めるなんて許さねぇぜぇ?」という風潮が社内にあったりするのだろうか(KモデルについてはSocketが焼けたりしない限りはそれでもいいとは思うが、TDP65Wの無印モデルやTDP35WのTモデルではそろそろ自重してもらいたいものである。ある程度知識のある自作PCユーザーならPL1, PL2, Tauの設定をいじればいいとはいえ・・・)。


コメント
この記事へのコメント
168088 
無理やり感を隠せなくなりつつあるようですね
2020/01/14(Tue) 23:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168089 
もはや単なるオーバークロックだよな。
手段と目的履き違えてるわ。
ターボブースト無しモデル出したら?
2020/01/15(Wed) 00:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168090 
約200mm^2で300Wだと150W/cm^2で原子炉の熱密度130W/cm^2を超えるよな…
ブルドーザーという黒歴史を思い出さずにはいられない逸品、早く冷え冷えの10ナノが欲しいよ
2020/01/15(Wed) 00:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168096 
サーマルベロシティブーストは現在温度のみ見て消費電力は無制限となるので、
一定温度に達するまでの時間、消費電力が跳ね上がるということなのだろう
TBMax3だけでも良かった気はする
2020/01/15(Wed) 01:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168098 
まだRocket Lakeが控えてるんだが・・・

6年目にして遂に力尽きたか
2020/01/15(Wed) 06:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168099 
OCなんてネットやマニアが使っていたスラングでしょ?
公式がやるなんて。
あ、だからBOOSTて造語にたのか。
2020/01/15(Wed) 06:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168103 
>強すぎるBoost機能を緩めてやればいいのではないか

自社の旧製品が競合になってしまうのでは。
2020/01/15(Wed) 08:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168105 
fxシリーズを見ているかのようだ......この会社GPUに注力している場合じゃないのでは......
2020/01/15(Wed) 11:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168111 
AMD の FX-9590 をわろえない。
2020/01/15(Wed) 18:52 | URL | _ #-[ 編集]
168115 
記事によったら300Wか“それ以上”といった書かれ方もしてるけど…(ソケットの給電能力は250Wだったっけ?)

FX-9590とかああいうキワモノ好きにはちょっと惹かれるものがあるかも知れない
2020/01/15(Wed) 22:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168119 
AMDのGPUと同じ構図だ
競合に勝てるスコアが出るクロック数、TDPに設定して実用性を自ら潰してでも面目を保つみたいな
2020/01/16(Thu) 01:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168122 
シングル最強ゲーム最強の謳い文句さえなくなるのは嫌なんだろう
2020/01/16(Thu) 05:10 | URL | LGA774 #RpRZ5X7E[ 編集]
168127 
ゲーム用ならi5 9600K以上でインテルが上
マルチ用途なら3800Xで9900KSと同等レベルで3900X以上でAMDが上

10コアになってもその構図は変わり無さそう
というか中途半端かつ消費電力が上がり実質水冷か電力制限掛けて使うしかないような
2020/01/16(Thu) 10:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168129 
7nmになろうと3nmになろうともうIntelには期待できない
2020/01/16(Thu) 18:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168130 
スパコンの電力性能比ランキング・Green500のCPU版を立ち上げて、ワットパフォーマンスを売りにしたら良いんじゃない?

インテルはAMDよりも省電力らしいから有利でしょ。
ついでに旧製品よりCO2排出量を何%削減!とかぶちあげれば、エコな人たちが買ってくれるよ。

…ARMアーキテクチャーが上位独占というオチになるかもだけど。
2020/01/16(Thu) 19:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168132 
でも体感ではベンチマークが低い方が速い
2020/01/16(Thu) 19:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168138 
Prescott、燃える!
2020/01/16(Thu) 23:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168139 
>>168132 
>>でも体感ではベンチマークが低い方が速い

ですよねー。
Atomプロセッサーのタブレットのほうが、core i9のHEDTより
"体 感 上 は"
速いですもんねー。
体感はベンチマークじゃ計れないですもんねー。
2020/01/17(Fri) 00:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168171 
前に過去エントリーで誰かが懸念したとおりになりましたね。
北森読者さん優秀
2020/01/19(Sun) 09:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10108-dbb0faa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック