北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
I Ran Off with Intel’s Tiger Lake Wafer. Who Wants a Die Shot?(AnandTech)

CES 2020のサプライズの1つはIntelが“Tiger Lake”を実際に明らかにしたことだ。“Tiger Lake”はiGPUのXe-LP graphicsを搭載するMobile向けProcessorである。そして製造プロセスは“Ice Lake”の10nmから改良された10nmプロセスとなる(“Ice Lake”の10nmプロセスを10nm+とするならば、“Tiger Lake”は10nm++となる)。また、Intelは“Tiger Lake”が“Ice Lake”と比較してCPU性能GPU性能ともに上回ることを実演し、さらに次世代AI機能を搭載することも明らかにした。そしてその“Tiger Lake”は2020年末予定であるが、AnandTechではその“Tiger Lake”のウエハを見ることができた。
 
ウエハだけ見てもなんのこっちゃ?となりがちであるが、よく観察するといろいろなものが見えてくる。例えばウエハの直径に並ぶコアの数からある程度のダイサイズを推定できる。AnandTechではこの方法で“Tiger Lake”のダイサイズを推測している。“Tiger Lake”のウエハにおいてコアは長径方向22個・短径方向28個が並んでおり、そこから10.71mm×13.64mm=146.1mm2という値を算出している。

AMD Ryzen Mobile 4000: Measuring Renoir’s Die Size(AnandTech)

話がややそれるが、AnandTechはAMDの“Renoir”―Ryzen 4000 series Mobile APUについてもダイサイズを推定している。こちらは既存の“Zen 2” CPU chipletとの比較から割り出しており、10.98mm×13.59mm=149.27mm2と推定している。

“Ice Lake”が122.52mm2なので、“Tiger Lake”と“Renoir”はそれよりもやや大きいダイとなるが、“Tiger Lake”と“Renoir”は奇しくも150mm2弱の似たような大きさのダイとなっている。

話を“Tiger Lake”に戻すが、AnandTechにはウエハを接写し、コアの構造がある程度わかる程度の写真も掲載している。

CPUコアやGPUコア、I/Oの配置はある程度“Ice Lake”のそれに似ている印象で、中央部からやや右よりに4-core分のCPUコア、その右端にI/O、CPUコアの左側にコア全体の4割程度を占める面積でGPUが配置されている。GPUの下にある細い区画は“Ice Lake”のそれを踏襲するならThnderboltのユニットであろうか。GPUは“Ice Lake”では2×2=4ブロックに分かれていたが、“Tiger Lake”では3×2=6ブロックとなっている。1つのブロックには16基のExecution Unitが搭載されている模様で、16×6=96 EUとなる。

なお、“Ice Lake”の10nmプロセスを10nmと表記するか10nm+と表記するかはメディアによって揺れがあるが、前者であることが多い(“Cannon Lake”はなかったことにされている模様)。しかし、IntelのWebサイトに“Ice Lake”は10nm+という記述があり、これに従えば“Tiger Lake”は10nm++となるはずである。



コメント
この記事へのコメント
168141 
Icelakeの時点でThunderboltのブロックが相当でかかったが、Tigerlakeでさらにでかくなってる感がある
2020/01/17(Fri) 01:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168147 
Intelの10nmとTSMCの7nmはだいたい同じフィーチャサイズですが、Renoirは8コア載っているのにTiger Lakeが4コアだとTiger LakeのGPUは結構な量のトランジスタを使ってる勘定になりますね。

このままだとCPUパワーが欲しいハイエンドノート(-H)やデスクトップ(-S)にTiger Lakeは来ないでしょうし、ハイエンドノートもAMDに持っていかれるとIntelも利幅が悪化しそうです。
2020/01/17(Fri) 16:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168156 
Ryzen 4800UがまさかIntel GPUに抜かれることになるとはね
2020/01/18(Sat) 00:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168159 
サンダーボルトを削ってでもCPUにウェハ割いた方が性能はあがるんだろうけどね
2020/01/18(Sat) 03:19 | URL |   #-[ 編集]
168170 
Thunderboltブロック自体を削除して、その分CPUのブロックに回し、4コアから6コアにしたて、Tiger LakeのCore i7 Hプロセッサーをつくればいいのに。Thunderboltについてはチップセットとか外部で実装すればよろしだし。
2020/01/18(Sat) 20:23 | URL | LGA774 #OARS9n6I[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10115-79e1fe5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック