北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
NVIDIA GeForce MX350 and MX330 to feature Pascal architecture(VideoCardz)
NVIDIA to Reuse Pascal for Mobility-geared MX300 Series(techPowerUp!)
GeForce MX350 and MX330 stick with Pascal architecture(HEXUS)

“Pascal”ベースのGPUはもうしばらく使い続けるようである。“Turing”はTSMC 12nm FinFETプロセスで製造されるが、今回の“Pascal”ベースのローエンドGPUはSamsungの14nmプロセスで製造される。
 
今回発表されたのはGeForce MX 350とMX 330である。GeForce MX 350はGeForce MX 200 seriesとは異なり、もう1つ上のGP107を使用し、640基のCUDA coreを有する。そしてGeForce GTX 1050 Mobileの後継となる。
一方、GeForce MX 330はGeForce MX 200 series同様のGP108コアを用い、CUDA core数は384基となる。こちらはGeForce MX 250の後継となる。


GeForce MX seriesはノートPCで時折見かけることがあるdGPUであるが、ローエンド帯の位置づけである。初代のGeForce MX 130, MX 110は28nmの“Maxwell”がベースでGM108と呼ばれるコアが使用されていた。GeForce MX 150とMX 200 seriesは“Pascal”ベースのGP108が使用され、CUDA coreはMX 250が384、MX 230が256である。今回、新たに発表されたGeForce MX 300 seriesは上位のMX 350がGP107コアとなりCUDA core数は640とこれまでのMX seriesから大幅に引き上げられ、その分性能向上が見込めるものとなるだろう。一方、MX 330は引き続きGP108が使用され、スペック上はGeForce MX 250とそれほど変わらないものとなる。


コメント
この記事へのコメント
168193 
えっ、ウチのTitan X Pascalsもしばらく使えるのか?
今となってはワッパもコスパも悪くないw、長寿や
2020/01/22(Wed) 09:16 | URL | 名無しです #W3ugQoag[ 編集]
168201 
昔むかしGeForce2 MXがあってのう
2020/01/22(Wed) 16:37 | URL | LGA774 #wLMIWoss[ 編集]
168232 
近年のローエンドはリネーム延命だね。28nm末期の頃はリネームし過ぎてグチャグチャだった。
最新のプロセスルールでは安い製品を作ることが難しくなっているので、低価格帯になるほど次が出てこない。だからこそ、インテルのdGPU参入には注目している。GTX1050前後が目標なんていう話もあるので、まさにこのエリアにより良い最新製品が投入されることを期待したい。
2020/01/23(Thu) 22:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168236 
mx150/250/330クラスは今度のRyzenMobile(Vega改)に追い付かれる気が。
mx350もゲーミングに採用するには非力で、今のmxの後継としては熱と電源が厳しそう....mxシリーズ今まで以上にお目にかからなくなるのでは?
2020/01/24(Fri) 02:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168256 
このクラスのdGPUを、オンボードビデオ時代に先祖返りしてデスクトップM/Bに載せたらどうだろう。
RyzenやCore Fユーザーに需要がありそうだけど。
2020/01/25(Sat) 22:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168289 
わしがCore Fユーザーだ、いらん!
Apex LEGENDSやるけん、144FPSキープできるグラボじゃないといけないd(^_^o)
2020/01/27(Mon) 21:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10122-a2526c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック