北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel Core i5-L16G7 is the first "Lakefield" SKU Appearance, Possible Prelude to New Nomenclature?(techPowerUp!)
Intel Core i5-L16G7 (UserBenchmark)

Intelのheterogeneous x86 processor architectureを使用したProcessorとなる“Lakefield”が姿を現した。この“Lakefield”はコンシューマ向けのSKUと考えられるが、型番はCore i5 L16G7となっている。“Lakefield”は合計5-coreのProcessorで高性能コアである“Sunny Cove”を1-core、省電力コアである“Tremont”を4-core組み合わせたものとなる。そして、ワークロードに応じてスケジューラがそれぞれのコアにタスクを割り振る仕組みとなっている。ARMのbig.LITTLEと基本的には同じ考え方である。多くの時間を占めるデバイスがIdleの時は低消費電力コアである“Tremont”のみが働き、高性能コアである“Sunny Cove”は必要なときにならないと立ち上がらず、それまではPewer-gateにより休止している。
 
“Lakefield”が掲載されたのはUserBenchmarkのデータベースである。Samsung 767XCLというシステムに搭載されており、その“Lakefield”の型番がCore i5 L16G7となっている。コア・スレッド数は5-core/5-thread、周波数はBase 1.40GHz/Turbo 1.75GHzとなっている。iGPUはIntel UHD graphicsとのみ表示されており、詳細は不明であるが、以前の情報通りであれば“Lakefield”のiGPUは“Ice Lake-U/-Y”と同じGen.11 Graphicsとなるはずである。

Core i5 L16G7 (2020年1月30日)

“Lakefield”はx86としては初めて省電力コアと高性能コアを組み合わせたheterogeneous processorであるとともに、Intelの3次元積層技術である“Foveros”を用いた初の製品でもある。CPUコアやGPUコアを含むダイ―“Compute field”は10nmプロセスで製造されるが、その下に位置するI/Oを担うダイ―“Base field”は22nmで製造される。

しかし意外なのはこの“Lakefield”に“Core i5”の製品名を持ってきたことだろうか。“Lakefield”は1-core Sunny Cove + 4-core Tremontという構成で、これだけ見ると確かに高性能コアである“Sunny Cove”は搭載しているものの、メインはAtom系の低消費電力コアである“Tremont”のように見える。それゆえ、Core i5という比較的上位の製品名を持ってきたのはなんとなく違和感を覚えるが、逆に言えばIntelにとって“Lakefield”はかつてのAtomのような決してローエンドの位置づけではないことになるだろう(逆にローエンドの印象が染みついてしまい、挙げ句の果てにコンシューマ向けからは製品SKUから追放されてしまった“Atom”の名を冠するのも、顧客に「安いが性能は良くない」という印象を与えかねないため、得策ではないだろう。そうなると既存ブランドでCore i5は妥当ともいえる)。

また、“Lakefield”の基本構造ゆえの産物だが、5-core/5-threadという奇数のコア・スレッド数はなかなかにして奇妙である。Sunny Cove 2-core+Tremont 4-coreであれば6-core/6-threadになりピーク時の性能も上がりそうだが、噂されている“Lakefield Refresh”でこの構成になる予定はあるのだろうか?



コメント
この記事へのコメント
168306 
4+1なのはわかるが…
5ってやっぱキモいw
2020/01/30(Thu) 00:30 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168308 
5コアとか変態過ぎるな…やはりここはsunny coveを2コアくらい入れて欲しい
(奇数と言えば昔AMDも3コアのCPU出してたな)
2020/01/30(Thu) 01:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168310 
ワッパにおいて
Tremont*4>Sunny Cove*1 らしい
ただし、シングルスレッドかつ高負荷であれば
Tremont<Sunny Cove となる

基本は4-core TremontなCPUで、過度な1-coreブーストを避けるためにSunny Coveを足したって感じなのかな
2020/01/30(Thu) 02:24 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168313 
ARM勢とのコア性能差を考えるとBig+LittleというよりHuge+Middleという感じになるはずなので、
4+1というバランス自体はおかしなものでもないのでは。
2020/01/30(Thu) 07:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168319 
その数字を信用すれば、性能的にはCherryTrailよりSurface Goよりだいぶ上、i5-7300Uやi3-8100Yとほぼ同等で省電力化という感じかな。

あとベンチマークは、1+4コアにもかかわらず、UserBenchmarkのスコアが(1コア目:56、2コア目:61、3+4コア目計:54、5コア目:58)と奇妙な数字になっている。本来は1コア目Sunny Coveがもっと速く、2コア目以降は均等に増えないといけないはず。各コアへの割り当てスケジューラが最適化されてないか、またはファンレスCPUは放熱の都合で稼働コア数によりターボのかかり方が違い、そのあたりの詰めができてないと予想。1.75GHzならファンレス用としてもちょっと低めに見えるクロックで、サーマルスロットリングを示唆する(UserBenchmarkは実行中の平均クロック表示)

Gemini Lake Refreshは発熱スケジュールを詰めてターボクロックを上げたので、年末に出るLakefield Refreshも同じような形でまだまだ伸びしろはありそうな感じではある。


Atomはもともと非PC向け、組み込み用途のブランドで、例えばPCIeのレーン数などが特殊(極端に少ないか極端に多い)。Cherry Trailは元来携帯電話や7インチタブレット向けで、PCIeが2レーン、USBが3ポートという構成だった。これをPC用途に転用したのが本来おかしかったというブランディングなのだと思う。
2020/01/30(Thu) 10:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168320 
あとLakefieldの発表ではbig×1コアとlittle×4コアで、同程度の消費電力の時little×4はbig×1の倍の性能が出せるという話だったので、イメージとしてはIcelakeの2コア版のうち片方をTremont4コアに置換して消費電力据え置きのままマルチスレッド性能を追求した、ということではないかなと思う。
2020/01/30(Thu) 10:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168322 
コア数増えたら結局1コアあたりの電力消費量は小さくしないと成り立たなくなってきてるからなあ。無理にペテロにしない方がx86としては正解な気はするなあ。
2020/01/30(Thu) 11:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168323 
TremontもHTに対応しそうな設計ってどっかで見たから5C10Tか、そうでなくともSunnyCoveコアだけHT有効の5C6Tを期待してたけど5C5Tは少し残念な感じ。
それともHT対応の上位種がi7 L17G7みたいな感じで出るんだろうか?
2020/01/30(Thu) 11:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168324 
省電力コアと高性能コアに分けて処理に応じて細かくコアを制御する辺り、なんとなくスマホのSoCに近くなった感じがする。
2020/01/30(Thu) 13:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168325 
これのデスクトップ版は出さないのだろうか?
電力効率的にはatom系のコアの方が有利だし、
シングルスレッド性能もcore系の1/2くらいはあって悪くないのに。

TDP95Wくらいにして”core系コア1~2個 + atom32~64個”
みたいな構成で出さないかな?

スレッドがたくさん使えるアプリ限定だけど、
10コアのコメットレイクよりはこっちのほうがまだ欲しい。

使える用途が限定されるけど、刺さる人には刺さると思う。
2020/01/30(Thu) 18:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168326 
いっそSunnyCoveだけHTT有効にして5c6tにだな
2020/01/30(Thu) 20:59 | URL | LGA774 #AIlHpmOk[ 編集]
168333 
・i5-10x10Y
・i5-1030Gx
が4C8Tなのに、i5-1030G7のSunny Coveコア3つをTremontコア4つに入れ替え、HTを殺したものがCore i5 L16G7?
>>168320 のおっしゃるとおりならi3より性能は上だろうから、既存ブランドで名前を付けるならCore m5でどう?
2020/01/31(Fri) 08:39 | URL | のび #-[ 編集]
168342 
これはどういうところに向けた製品なのだろう?
性能的にも価格的にも中途半端な印象がある。
ちょっと高価なタブレットに載せる感じ?
2020/01/31(Fri) 19:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168344 
>ワークロードに応じてスケジューラがそれぞれのコアにタスクを割り振る仕組みとなっている
これOS側の話だよね?
初の試みだけに最適化が進むまで少し時間がかかりそうな気がする
2020/01/31(Fri) 21:49 | URL | LGA774 #4qERKVBk[ 編集]
168372 
ARM向けのWindowsが既にあるしOSがBig-littleに対応するのはそう難しい事ではないと思うが
2020/02/04(Tue) 08:35 | URL | LGA774 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10132-b1e02375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック