北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Radeon Pro W5500 workstation graphics card surfaces(Guru3D)

未発表のグラフィックカードであるRadeon Pro W5500が北米のインターネットショップに掲載された。Radeon Pro W5500はその名前から推測してRadeon RX 5500 XTに近い製品と見込まれる。

Radeon Pro W5500は“Navi 14”をベースとし、Stream Processorは1408基、メモリは14GbpsのGDDR6を8GB搭載し、メモリインターフェースは128-bitとなる模様である。
 
Radeon RX 5700のProfessional版がRadeon Pro W5700として登場したように、Radeon RX 5500 XTのProfessional版はRadeon Pro W5500となる模様である。“Polaris”と“Vega”世代のRadeon Proは百の位が世代を表していた(とは言っても多くが“1”だけで、わずかに“2”が出ただけで終わってしまったが)が、“Navi”世代のRadeon Proはコンシューマ向けのそれと同じナンバーを使用している。そのため、全世代と比較するとその型番からスペックを類推しやすくなっているのが特徴である。

・・・とはいえ、現時点ではRadeon Pro WX5500はその名前がオンラインショップに掲載されたという段階であり、スペックもおそらくはRadeon RX 5500 XTからの推測である。カードの写真も掲載されているものの、実物を反映しているかどうかは怪しい。Radeon Pro WX5500は“Navi 14”搭載であり、“Navi”世代のRadeon Proとしては下位モデルとなるはずだが、2スロット・27cmクラスのカードはその位置づけからはゴツ過ぎるように思える(Radeon RX 5500 XTはそんなのばかりだが・・・)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10137-a8f6d435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック