北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
VIA CenTaur CHA NCORE AI CPU Pictured, a Socketed LGA Package(techPowerUp!)

VIA CenTaurが新たなCHA x86-64 microarchitectureを採用し、オンダイのNCORE AI co-processorを搭載したCPUを開発しているという事柄はまさしく驚きであった。x86 processorがIntelとAMDだけの閉じた世界になってから7年、全世界向けのx86 processorとしては初めてIntelとAMD以外からのメーカーから登場する製品となる。そしてVIAのSocket仕様のProcessorは実に15年ぶりとなる。SemiAccurateが、そのVIA CenTaurのCHA NCORE 8-core processorのモックアップの写真を掲載した。
 
写真を見る限りVIA CenTaur CHA NCORE processor(以下CHA processorと表記する)はLGA socketを用いるようである。基板の両サイドには切り欠きがあり、これはBGAでは通常設けられないものである。CenTaurのロゴが入れられたヒートスプレッダも装着されており、それをはがすと正方形のダイが1つ載せられている。CHA processorはTSMCの16nm FinFETプロセスで製造される。そのダイサイズに比して、pinの本数は多いが、CHA processorがHEDT向けを念頭に置いた製品であり、4ch DDR4メモリや44本のPCI-Epxress 3.0を備えるためpinの本数が多いのかもしれない。

昨年の11月、VIAがHEDT向けかつAI co-processorを搭載した8-coreのx86-64 processorを開発していることが明らかになり、久しぶりのVIA x86 processor復活の可能性が本当に何の前触れもなく浮上した。

そして今回はその第2法というべきもので、そのCenTaurのx86-64 processorのモックアップの写真が明らかになった。LGA socketを用いるCPUのようで、ヒートスプレッダが装着されている。コアは正方形、正確なダイサイズはわからないが、それほど大きなものではないように見える。

また、モックアップの写真に加え、ダイレイアウトの写真(?)も明らかにされている。
ダイの上方に4ch DDR4 DRAMに対応するメモリコントローラが搭載されており、反対側となる下方には44本のPCI-Express 3.0レーンをはじめとするI/Oコントローラが配置されている。そして中間のエリアの左側にx86 CPUコアがある。16MBのL3 cacheを挟むようにしてx86 CPUコアが4-coreずつ配置されており、合計で8-coreとなる。右側にはAI co-processorとなるNCOREが8MBのRAMとともに配置されている。

これが果たして自作PCユーザーの手に入るものなのか、そもそもいつ頃登場するのか、という問題はあるが、なかなか面白い存在となるかもしれないCPUである。

(過去の関連エントリー)
VIA CenTaurの新たなx86 CPU 時代はエンタープライズとAI・・・なの(2019年11月21日)


コメント
この記事へのコメント
168492 
x86ライセンスどうなってんの?
VIAのx86ライセンスって兆芯に売られたと思ってた
2020/02/18(Tue) 23:23 | URL | LGA774 #4qERKVBk[ 編集]
168493 
記念レアアイテムみたいなものか。
性能のいらないPCで趣味で乗せる奴はいるだろうなw
2020/02/19(Wed) 04:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168494 
なのは完売
2020/02/19(Wed) 09:24 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168496 
過度な期待はしないけど、ちょっとわくわくしてる
2020/02/19(Wed) 14:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168497 
缶、缶、缶、缶がほしい~
2020/02/19(Wed) 15:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168498 
Nanoよりむしろ加藤茶が思い浮かんだ・・・なの
2020/02/19(Wed) 15:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168500 
スCHAーライツブレイカー?
x86知財(ライツ)ブレイカーですかわかりません

そういえば本家?のほうも新プロジェクトだとか
2020/02/19(Wed) 19:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168501 
VIAと上海市とでx86のジョイントベンチャー作ったんだね。その関連事業かな。
KX-U6780AというオンボードCPU積んだマザーはTaobaoでもう買えるらしい。
2020/02/19(Wed) 20:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168502 
写真はBGAになってはいるものの
真ん中にチップコンデンサ載せるPAD用意してる辺りもLGA仕様でソケットで出すつもりで作ってある

自作PC的にはPCIe44本もあるのを活かせる(見合った)CPU性能かどうかというと微妙な気がする
パッケージでっかいし、NCOREに結構ダイ面積割いてるからサーバー向けの予感はしてるけど、個人でも入手可能になれば越したことは無い・・・なの
2020/02/19(Wed) 20:45 | URL | LGA774 #t50BOgd.[ 編集]
168503 
> IntelとAMDだけの閉じた世界になってから7年
兆芯「俺たちのことを」
Elbrus「忘れてもらっては困る」
2020/02/19(Wed) 21:27 | URL | nanabach #-[ 編集]
168504 
LGA2066に電気的互換だったら面白かった
2020/02/19(Wed) 21:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168505 
コア性能はhasswell並って話もあるしハイエンドデスクトップ向けは無茶の気が…
2020/02/20(Thu) 06:01 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
168509 
性能はいらないがレーン数が多く必要とする用途では引く手数多かも。
…レーン数が多いと言えるのかは知らんが。
2020/02/21(Fri) 00:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168511 
ちゃんこああいなの
2020/02/21(Fri) 08:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168516 
HEDTです
コンシューマ向けは黄金戦士です
2020/02/21(Fri) 20:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168520 
ハイエンドかどうかはともかく、
本当にデスクトップ市場に再参入するなら、
またcentaurのいななきを目にする日が来るってことか
(CPUID的な意味で…なの)
2020/02/21(Fri) 22:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168521 
※168505
こいつの利点は統合されているAIコアと
リッチなメモリ帯域とPCIeの数でしょ?
十二分にHEDT向けになりえると思うけど?
2020/02/22(Sat) 00:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168538 
>168509
コプロの制御用CPUとしては需要がありそうだよね。
レーン数はこのCPUの性能だと、この辺が限界だとVIAが考えているだろうけどもう少し多くてもいいと思う。

>168516
1GigaProちゃんのことも忘れないであげて…なの(笑)
2020/02/23(Sun) 11:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168543 
これで65W級だといいね

2020/02/23(Sun) 20:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10153-5024921e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック