北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
PCIe 6.0 Specification Hits Version 0.5: On Track for 2021(AnandTech)

PCI-SIGは今週、PCI-Express 6.0規格のVersion 0.5をリリースした。このVersion 0.5は昨年10月のVersion 0.3からPCI-SIGのメンバーからのフィードバックを取り込み、スペックを策定した最初の“デフォルト”のVersionとなる。最新のアプデ―とにより、PCI-SIGはPCI-Express 6.0規格の2021年の策定完了まで順調であると述べた。
 
PCI-Express 6.0 Specification Datailsという資料も掲載されているのでこれも紹介したい。
 
  • PCI-Express 5.0 (32GT/s) から2倍となる64GT/sの帯域を実現
  • PCI-Express 5.0のNRZに代わり、PAM4 signalingを実装
    Pulse Amplitued Modulatioin (PAM) により、PCI-Express 6.0はシリアルチャネルにおいてより多くのビットを封入することができる
  • 低レイテンシなForward Erros Correction (FEC) の導入。より帯域効率を向上させる機構を実装
  • 後方互換性は保持される
  • PCI-Express 5.0と同程度のchannel reach


私自身が理解し切れていない部分も多々あるため、AnandTechに掲載されている資料も是非ご参照いただきたい。

しかし、2020年の現在がPCI-Express 4.0が立ち上がり始めた時期で、2021年後半の“Sapphire Rapids”や“Genoa (Zen 4)”でPCI-Express 5.0に移行すると言われているが、その2021年にPCI-Express 6.0の規格策定完了とは、だいぶペースが速い印象である(実際の製品が出るのは規格策定完了後もう少し後になるとは思うが・・・)。


コメント
この記事へのコメント
168524 
PAM4 & FEC なので、10GBASE-Tと同じ方向性。短距離かつ配線を管理できるから、10GBASE-T より一桁早くできる。と。
低レイテンシな FEC に何を使うかな
2020/02/22(Sat) 05:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168525 
こう言うのは必要に迫られるから策定しているんだよね?MRAM系なんか?
2020/02/22(Sat) 06:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168534 
gen3の時代が長すぎて滞っていたイメージ。
2020/02/22(Sat) 23:04 | URL | _ #-[ 編集]
168542 
プロセスルール5nm必須とか....
2020/02/23(Sun) 20:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168545 
PCIe5、DDR5、なんかマザボが長く使えるAMDのメリットが微妙になってきたな
2020/02/24(Mon) 00:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168546 
将来的にはCPUもPCI-Expressカードで提供されるようになったりして。4CPU環境がATXケースくらいの容量で実現!とか妄想してみるテスト。
2020/02/24(Mon) 00:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168548 
最初はPCIe5対応(PCIe4と性能差ほぼ無し)とかでしょ
2020/02/24(Mon) 16:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168549 
>168546
つ「Xeon Phi」
ボード上にメモリ積むなら既にある。

メモリをカード上に実装しないなら
PCIeで代替は無理だろう。
レイテンシがどれくらいか知らんが良くはならないと思う。
2020/02/24(Mon) 21:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168580 
> 168549
近い将来インテルもAMDもサーバ用のプロセッサーはHBMに対応する可能性は高いかと思うが、その際はソケットではなくPCI-Expressカードで提供されると考えるのが自然ではなかろうか。

コンシューマには降りて来ないにしてもThreadripper的なポジションでの恩恵を受けられるとの期待してみる。

2020/02/27(Thu) 03:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168583 
>168525
一時期NVLinkとかOmni-Pathとか独自規格が乱立したから、それを統一する動きかと。
だからHPC・スパコン向けなんじゃないかな。
2020/02/27(Thu) 11:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168586 
汎用バスとしてPCIeがどこに向かっているのか良く分からなくなってきた。

168549が言っているように、レイテンシがボトルネックになる用途では既に対策済みだしな。
(ボード上にDRAM搭載でCPUとの通信抑制、コプロ制御用のCPUとOSの搭載とか)

後は帯域が問題になるアプリケーションしか残っていないような気がする。
M.2のSSDくらいしか思い浮かばないけど、
それなら専用バスにしたほうが性能・コスト的に有利だしなあ。

需要があるから規格策定をしてるんだろうけど、想定しているアプリケーションがさっぱり分からない。
2020/02/27(Thu) 18:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168595 
>168586
まぁ帯域拡大を牽引するのはビッグデータ向けのGPUかなと。
専用バスはプラットフォームの移行をしにくくなるデメリットがある。
レーンを増やすだけで済むなら専用バスより汎用のPCIe使ったほうがスパコンベンダも開発リスクが低くて良さそう。
2020/02/28(Fri) 02:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168601 
>ボード上にメモリ積むなら既にある。

もう世代的にPentiumIIとかを出す人はロートルということなのだろうか…
2020/02/28(Fri) 14:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
168608 
SATAの新規格策定ははまだ?
2020/02/29(Sat) 17:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10156-d4f11aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック