北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
[Exclusive] Future AMD GPU stack – Navi21 & Navi10 Refresh(Hardware Leaks)
AMD RDNA2 "Navi 21" GPU to Double CU Count Over "Navi 10"(techPowerUp!)
AMD “BIG” NAVI21 GPU variants have been decoded(VideoCardz)

RDNA 2世代ではReal-Time Ray-tracingなど、Direct X 12 Ultimateに対応できる機能が備わる。_rogame氏が新設したWebサイト―Hardware LeaksでRDNA 2の最大コアとなる“Navi 21”について紹介されている。

まず特徴として以下の3点を挙げている。
 
  ・Compute Unit数は最大80(5120sp)
  ・ダイサイズは505mm2前後
  ・Performance-per-wattは50%向上する

また現在Radeon RX 5700XT/5700/5600XTで使用される“Navi 10”にもいくつかの派生品があるように、“Navi 21”にも複数の派生品がある。

VariantPCI ID
Navi21 XTX0x73F:D0similer to RX 5700 XT 50th aniversary
Navi 21 XT0x73F:D1similer to RX 5700XT
Navi 21 XL0x73F:D3similer to RX 5700
Navi 21 XE0x73F:DFsimiler to RX 5600XT
Navi 21 Pro-XT0x73F:10similer to Radeon Pro W5700XT
Navi 21 Pro-XL0x73F:12similer to Radeon Pro W5700


この他にApple向けのモデルが4種類ある模様だが縁のない代物なので特に取り上げない。
かつてはProの接尾語はXTの下という意味で用いられていたことがあったが、“Navi 21”ではProはRadeon Pro向けと明確に位置づけられ、ハイフンで“XT”や“XL”等のSKU内における順位を示す文字列がならぶ。SKUの順位を表わす文字列は上から順にXTX→XT→XL→XEとなる模様である。
commentの項目にsimiler to Radeon RX 5700 XT等と記されているのが気になる方もいるかもしれないが、おそらくRadeon RX 5700XT/5700/5600XTの後継という意味ではなく、“Navi 21”の中での立ち位置を“Navi 10”と比較するとこのようになるということだろう。つまり、“Navi 21 XT”がフルスペックモデル、“Navi 21 XTX”はさらにその周波数を上げたもの、一方“Navi 21 XL”や“Navi 21 XE”は“Navi 21”の一部のユニットをカットダウンしたモデル=Compute Unit数などが抑えられたモデルとなるだろう。

RDNA 2世代のコアは“Navi 21”が最も大型のダイとして知られるが、その下に“Navi 22”と“Navi 23”があると言われる。そして“Navi 23”が現在の“Navi 10”と概ね同等のダイサイズと言われる。今回は“Navi 22”や“Navi 23”については詳細には触れられていない。

そしてこれらとは別に“Navi 10 Refresh”なるものが出るという。

VariantPCI ID
Navi10 XT+731F:E1RX 5700 XT replacement
Navi10 XM+731F:EERX 5600M replacement
Navi10 XTE+731F:E7RX 5600 XT replacement


“Navi 1x”がもし続投するなら、“Navi 1x”のラインナップの上に“Navi 2x”が乗る形となるだろうか。

AMD's next-gen Navi21 teased, could be the Radeon RX 6700 XT(TweakTown)

気の早いところは“Navi 21”がRadeon RX 6700 seriesになると述べているが、“Navi 2x”が仮に6000番台だとしても、“Navi 21”の下に“Navi 22”と“Navi 23”があるので、“Navi 21”が6700番台だと“Navi 23”はRadeon RX 6300位の番号となってしまい、そのようなローエンドに見えるナンバリングをするのかという疑問がある(5000番台より6000番台は全部上だ、という意味ならこれでもいいのかもしれないが)。


コメント
この記事へのコメント
172282 
真贋はともかく、こういう話が出て来ると実際に発売が近付いてることを感じる
長かったなあ、vega64
5700XTがvega64より若干上程度だから、この噂の通りだと2倍かそれ以上くらいの性能か
買い換えには申し分ないな
2020/05/25(Mon) 20:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172283 
Navi10もPitcairnの様に甦りつづけるのか。

N7+?でVega 10より若干大きい程度。
14/16nm世代の2倍程度/以上の価格らしいから10万前後みて
年末までに2万づつ貯めれば間に合うかな。

今までは緑の後追いだったから負けてるのを知ってて買ってたけど
同時期発売でRTX3000に完敗だったら心のダメージがデカい。
RDNAから想定すればいい勝負ができそうだけど。
2020/05/25(Mon) 21:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172286 
$999:6900XT 80CU
$699:6800XT
$399:6700XT
$299:6600XT
$229:6500XT
こんな感じで展開できるといいなぁ。憎いあんちくしょうに対抗して100ドルずつ下げてもいいよ!
2020/05/25(Mon) 22:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172288 
enterprise向けが128CUっぽい(実際には何個か無効
みたいなのを読んだ気がするから一般には96CUくらいかと思ってたら80でしたか...
NVidiaの3000シリーズに対してどのくらい勝負できるのだろうか...
2020/05/25(Mon) 22:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172291 
競合させる相手から考えるとNavi21の番号は6800だと思う
2020/05/26(Tue) 00:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172293 
まあ競合より型番むちゃくちゃになることはないでしょ
2020/05/26(Tue) 09:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172294 
Navi 10 Refreshがあるということは、Navi 2xがGeForce RTX相当、Navi 10 RefreshがGeForce GTX相当なんだろうか?
Navi 2xにローエンド用があるかはわからないけど、どうせなら上から下までNavi 2xで揃えてほしいな

誤植
Navi 21 XEは5700XT相当じゃなくて"5600" XT相当
2020/05/26(Tue) 09:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172297 
海外在住だけど、今の状況を差し引いてもやはりグラボに1000ドル超えってのは違和感ある(スマホにも言えるけど)。
微細化が進んでくれば高額化は避けて通れない道かもしれないけど、上限999ドルの中で製品開発してもらいたいところ。
日本だと関税もかかって余計に高額に感じるのでは、と思う。
2020/05/26(Tue) 12:15 | URL |   #-[ 編集]
172299 
Turingが馬鹿高くなったのはコスト増だけでなく競合が居ない事も大きいだろうし、
頑張って競ってもらってハイエンドの価格をPascal以前に戻して欲しいわ
2020/05/26(Tue) 15:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172300 
コスパに期待!
尚、日本での価格...
AMDは日本の代理店にブチ切れてもいいと思うのだが
2020/05/26(Tue) 17:30 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172302 
価格と性能が拮抗なら消費電力はゴツ盛りは解消されるのか
2020/05/26(Tue) 19:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172305 
ハイエンドのNavi 21が500mm2くらいとは、意外と小さく作ってきたな。
競合のN社が800mm2をコンスタントに出してるのとは対照的だな。
シェーダの性能はRTX3000と同レベルにして、レイトレの性能を落としてるのかな。まあ活用してるタイトルも少ないし現時点では最適解なんだろうな。
2020/05/26(Tue) 21:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172310 
> 172288

Enterprise向け(Arcturus)はアーキテクチャが違う(GCN直系のCDNA)から単純な比較はあまり意味がないかも。


> 172305

Navi21が小さいと言うよりはGA100がクソ馬鹿デカいだけでは。
12nmから7nmになってプロセスコストが跳ね上がってるのもお構いなしで露光サイズ上限のチップを出すなんてのは、
nVidiaやintelなんかに比べて資金に余裕がないAMDにはリスクが大きすぎる。

あれはすでにGP-GPUで支配的な立場にあるnVidiaだからこそできる離れ技だと思う。
2020/05/27(Wed) 02:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172313 
データセンター向けのArcturusが最大で128CUのgpuらしいので 一般向けのNaviは最大80CUで意外にコンパクト
2020/05/27(Wed) 08:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172314 
誤植が直ってないので報告
>Navi 21 XE 0x73F:DF similer to RX 5700XT

similer to RX 5600XTの間違いだよ

(以下スパム判定回避用の文字稼ぎ)
2020/05/27(Wed) 08:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172322 
>>172305

もともとNaviは7nmでそれで高クロック化できていたわけなので、性能向上の主はより多くのトランジスタを積むことなのは明白

Navi10 ~2.1GHz

Navi21 ~2.3GHz 実5%伸びる程度か

5700XTの2倍の基本性能がもしあるなら505mm2ならレイトレはまったくのおまけ程度の性能しかないと思われる
仮にRTX2000クラスのレイトレ性能があるなら基本性能は1.5倍に留まり8Kは全然無理で4KまでのGPUだろうなと
2020/05/27(Wed) 18:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10301-a1c9998e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック