北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel Core i9-10900K der8auer De-Lidding Reveals Accurate Die-Size Measurements(techPowerUp!)

オーバークロッカーとして有名なder8auer氏が“Coffee Lake”(Core i7 8700K)、“Coffee Lake Refresh”(Core i9 9900K)、“Comet Lake”(Core i9 10900K)のヒートスプレッダを剥がし、ダイサイズを実測している。

その結果が以下である。
 
Die-SizeThickness
Coffee Lake-S 6+29.2mm×16.7mm=153.6mm20.44mm
Coffee Lake Refresh-S 8+29.2mm×19.6mm=180.3mm20.88mm
Comet Lake-S 10+29.2mm×22.4mm=206.1mm20.58mm


3つのダイの短辺はいずれも9.2mmで、長辺が16.7mm→19.6mm→22.4mmと増加している。“Kaby Lake”以降CPUの各ユニットは基本的に変更されておらず、CPUコア数のみが増加している。コア数の増加はCPU部分に2-coreずつコアを挿入することで行われており、長辺の増加がそれをよく表わしている。逆に増加分から1-coreのサイズを逆算することが可能で2.85mm(2.8~2.9mm)×4.6mm=13.1mm2(12.9~13.3mm2)程度となる。

各コアのダイ写真を見てもシンプルに2-coreずつ増えていることがよくわかり、短辺はそのままで長辺が増加しているという測定結果と矛盾しない。

(2020年5月27日:ダイサイズの計算に誤りがありましたため修正いたしました)

コメント
この記事へのコメント
172307 
>“Coffee Laake Refresh”
Refreshしすぎてaが増えちゃった?
2020/05/26(Tue) 23:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172308 
厚みが変るのはなぜだろう?
2020/05/27(Wed) 01:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172309 
コッコッコ、全部Coから始まって読みにくいンゴねぇ
2020/05/27(Wed) 01:33 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172311 
1-coreのサイズの計算がおかしいような気が。
2.85mm×4.6mm=13mm2じゃないでしょうか。
2020/05/27(Wed) 04:24 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172315 
1-coreのサイズは2.85mm×4.6mm=13.1mm2ではないのだろうか?
2020/05/27(Wed) 09:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172317 
Coffee Lake 8000番台: TIM:シリコングリス
Coffee Lake Refresh 9000番台: TIM:ソルダリング
Comet Lake 10000番台: TIM:改良ソルダリング+IHS厚め
となってます。

Coffee 9000番台のダイが分厚いのは14nmの製造設備を急遽増設した関係で歩留まりが悪かったので薄いダイを作りにくかったんでしょうか。
2020/05/27(Wed) 12:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172336 
9000番台、グリスバーガー混在してるんじゃなかったですかね
2020/05/28(Thu) 13:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10302-d1adf5c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック