北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
3種類のメモリ容量があるかもしれない“Navi 14”

2019年8月29日に紹介したものと同一のものでした。
確認が甘かったことをお詫びいたします。

コメントNo.172323様、ご指摘ありがとうございました。
 
AMD Radeon RX 5300 (Desktop) Surfaces on Geekbench(techPowerUp!)
Compute Performance of AMD 7340:CF(CompuBench)

AMDがデスクトップ向けにRadeon RX 5300を投入するかもしれない。ただし、現時点ではRadeon RX 5300がAIBによりリリースされてリテール市場に出回るか、OEM専用になるかはわからない。今回Radeon RX 5300と推定される“7340:CF”のDevice IDをもつグラフィックカードがCompuBenchに掲載された。

読み取ることのできるスペックであるが、Compute Unitの数は24(=1536sp)、メモリ周りはRadeon RX 5300Mと同様で96-bitインターフェースでGDDR6を3GB搭載する。コア周波数は最大1900MHzとなっている。 

使用されるGPUコアはRadeon RX 5300MやRadeon RX 5500 seriesで使用されている“Navi 14”である。毎度のことだがCompuBenchのスペックはなかなか読み取りづらいが、この通りのスペックならメモリ周りはいかにもローエンドの使用である。一方、Compute Unitの数はRadeon RX 5500XTの22 CUに対し、こちらは24 CUとなり逆転現象を起こしている。

これを発見したのはおなじみのKomachi氏であるが、同氏はOEM向けではないかと推測している。このスペックで登場してもメモリ周りがローエンド仕様ゆえ、Radeon RX 5500 XTをひっくり返すことはないと思われるが、Compute Unitがこちらの方が多いというのは釈然としないものがある。Radeon RX 5500 XTを打ち切りにしてRadeon RX 5550XTを24 CUで出すというのであれば話は変わってくるかもしれないが、Compute Unit数の逆転現象が起きているあたり、確かにOEM向けという印象は受ける(OEM向けならスペックの逆転現象もそこまできにされることはない・・・はず)。


コメント
この記事へのコメント
172323 
最近のTPUは節操なしに適当な記事をあげるようになったけど
北森さんもまた過去に取り上げたものを覚えていないのは残念
northwood.blog.fc2.com/blog-entry-9924.html
それにcompubenchはRX 5500Mも24CU(12WGP)と表示してたりするから確定ではない
2020/05/27(Wed) 20:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172324 
いろいろと無理を聞いてもらって協力してもらった各社へのお礼と考えるとOEM用だというのもうなずける。
2020/05/27(Wed) 21:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
172325 
5300という型番にしてはかなり発熱しそうな規模のsp積んでるな
この間買ったRX550とは性格が違いそうだ
2020/05/27(Wed) 22:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10305-add3b0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック