北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel confirms large LGA1700 socket for Alder Lake In Developer Document(Guru3D)
Intel 12th gen Alder Lake-S CPUs require LGA 1700 Socket(HEXUS)
Intel.com - Serch "Alder Lake"(Intel)

第12世代Core processorとなるであろう“Alder Lake”はメインストリームデスクトップ向けとしては初めての10nmプロセスのCPUになると言われている。そしてその“Alder Lake-S”とその対応SocketであるLGA1700に関する開発者資料がIntelのWebサイトに掲載された。
 
資料を閲覧するにはアカウントが必要であるため、その中身をうかがい知ることはできないが、“Alder Lake-S”、“Alder Lake-P”、そしてLGA1700の文字が確認できる。“Alder Lake-S”世代がLGA1700を用いるという話は前々から出てきていたが、今回その裏付けがとれた格好となる。

以前の情報ではLGA1700ではパッケージのサイズが45×37.5mmと大型化し、さらにLGA1156からLGA1200まで続いてきたCPUクーラー取り付け機構も変更されると言われている。

“Alder Lake”については“Golden Cove”+“Gracemont”のCore系列とAtom系列のコアを混載したHybrid processorになると言われ、8-core + 8-coreという噂も出ている。対応メモリはDDR5という見方が主流のようであるが、I/OについてはPCI-Express 5.0に対応するという話と4.0にとどまるという話が混在している。


コメント
この記事へのコメント
173077 
Atomに8コアいる?2か4で十分でしょ
2020/06/30(Tue) 00:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
173086 
big.littleは将来を考えればコスト、省電力性の面で必要な事かと思いますが
ソフトの対応と言う面では生みの苦しみの可能性もありますね、まあソフト開発者はスマホ向けで散々やってる事だし何とかなるのでしょうか
2020/06/30(Tue) 10:32 | URL | LGA774 #EBUSheBA[ 編集]
173087 
>>173077
まあAtomコアの面積なんて微々たるもんだろうし、将来的にプログラムのマルチコア対応は進んでくだろうし。
2020/06/30(Tue) 11:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
173091 
>Atomに8コアいる?2か4で十分でしょ

winタブ使ってみりゃわかるがただでさえシングルスレッド遅くて処理が終わらないのに空いてるコアなくて割としねるよ?
2020/06/30(Tue) 19:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
173094 
ノートはともかくデスクトップ向けにatomのコアはいらないよなあ。モッサリする要因にしかならなそうだし、普通?のビッグコアを1コアでも増やしてくれた方がよく感じてしまう。
2020/06/30(Tue) 21:30 | URL | LGA774 #-[ 編集]
173095 
>>173086
Lakefieldの電力性能を見るに、必須でしょう

AppleがARMネイティブ化に踏み切ったのが本当に脅威
Windows on ARMとか言われてもネタ臭しか感じないけど、"Mac用のApple Axプロセッサでx86アプリも動かせる"と言われると話が全然違ってくる

「モバイル用プロセッサでWindowsが動く!(なんでそんなことするん?)」から、
「主流の最新プロセッサで過去の遺産も動く」に変わってしまう

Googleがx86に鞍替えするくらい頑張らないとアカン!
あれ、それってAto(以下略
2020/06/30(Tue) 22:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
173100 
>173095
Appleが今まで自前のプロセッサを使った結果ろくなことになってない気がする。
2020/07/01(Wed) 09:31 | URL | LGA774 #-[ 編集]
173101 
ロゼッタ使うと15%程度パフォーマンス落ちるという話なんで、アップルの仮想マシンは相手にならんでしょ
2020/07/01(Wed) 09:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
173102 
Lakefieldを見るにAtom4コアとCore1コアで同サイズくらい。(意外とAtomも大きいな)
Atomコアを減らしてCoreコアを増やそうにも、奇数は難しいだろうから、Coreのみ10コアにしかならなそう。
2020/07/01(Wed) 11:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
173103 
>173095
むしろAppleが安全にx86ソフトウェア資産を動かしたいなら脱インテルするしかないって事なのかも

インテルCPUへの新たな攻撃方法が編み出される度にOSへ手を加える必要があるし
くそ重たい脆弱性対策を運用することでインテルCPUの性能アドバンテージは以前程ではなくなってる
そして対策を見捨てられた旧CPUの扱いは?

いつARMに移行するか? 今でしょ!
2020/07/01(Wed) 13:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
173105 
Intelお得意の何ちゃって〇〇

Pentium D (デュアルコア)
Core 2 Quad (クワッドコア)
初代Core i3 (APU)
Core M (SoC)
Alder Lake (メニーコア)
2020/07/01(Wed) 14:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
173109 
HT周りでの脆弱性があったような気がするからHTを切ってatomに代役をさせる、というつもりなのかしらん?

L2がcore1コアとatom1コアのペアでキャッシュ共用でL3が全コア共用になる?なんてことはないか。
2020/07/01(Wed) 20:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
173113 
atomといえどAMDのjagure程度のレスポンスと総合キャッシュ性能まで
性能が上がるのならコア数あってもいいかな。
GeminiLakeのitxボード買ったけど今だにDDR3シングルチャネルの
jagureにレスポンスで若干劣る。脆弱性パッチ当てたら更に遅い。
そういう意味でGracemontはちょっと触ってみたい気はする。
2020/07/01(Wed) 21:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
173115 
面白そうな話ではあるけど、性能のよい8コアでAMDの12コアに対抗は出来るんだろうか
2020/07/01(Wed) 22:21 | URL |   #-[ 編集]
173119 
いやこの8Coreはピーク性能上げる物では無く、低負荷作業時の電力削減、スリープから瞬時に戻るための物でしょう。
ARMの勢力に侵食しようとしてるのかも。
2020/07/02(Thu) 10:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
173122 
ヘテロジニアスな構成はAMDも取らざるを得ないでしょ
全てbigコアは電力面でもコスト面でも効率が悪い
2020/07/02(Thu) 11:07 | URL | LGA774 #0m2AWIoQ[ 編集]
173123 
LakeFieldでは性能:Tremont×4>SunnyCove×1で面積:SunnyCove×1>Tremont×4って話だったから、これをAlderLakeの8+8構成に当てはめるとGoldenCoveのみ10コア未満の面積で11コア程度の性能になる感じかな?
2020/07/02(Thu) 12:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
173127 
>173100
68K→PPC→x86/x64
Appleはプラットフォームの移行で一度も失敗したことがない
これはWindows on ARMと違って脅威だろ

(VPNクライアントがx64で動かないSurface Pro Xを団扇にしながら)
2020/07/02(Thu) 14:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
173148 
>ヘテロジニアスな構成はAMDも取らざるを得ないでしょ
>全てbigコアは電力面でもコスト面でも効率が悪い

残念ながらwindowsの場合は全てbigコアの方が効率いいんですよ
ヘテロジニアス… OSから速いコアと遅いコアが混在して見える場合ね
マルチタスクの割振りを「こっちのコア遅いから均等じゃなく7対3で」とかwindowsはそういうことが出来ない
このせいでスリッパWXはどんだけ不遇な扱いを受けたか…
2020/07/03(Fri) 13:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/10362-82869ffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック