北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD Radeon RX 6700 XT BIOS Analysis Reveals Extreme GPU Clock Limits(techPowerUp!)
AMD Radeon RX 6700 XT custom cards’ BIOSes spotted(VideoCardz)
AMD Radeon RX 6700 XT as a real clock monster? Exclusive leaks of first board partner BIOSes including clock rates and TGP | Investigative(Igor's Labs)

AMDは現在、Radeon RX 6800 XT / RX 6800を投入済みであり、12月8日にはRadeon RX 6900 XTをローンチする。一方のNVIDIAはGeForce RTX 3070までが投入済みで、12月2日にGeForce RTX 3060 Tiがローンチされる見込みである。
そしてAMDのその次の製品であるが、Radeon RX 6700 XTとRadeon RX 6700が控えている。Radeon RX 6700 XTはおおむねRadeon RX 6800の2/3の性能と推定されるが、もちろんGPUの周波数と許容されるTGP(=GPUコアとメモリの消費電力)に左右される。


今回Igor's Labsでは2つのボードパートナーが用意した“Navi 22”のBIOSの情報を得ることができた。同じ“Navi 22”を搭載するカードであるが2つのBIOSの中身は全く異なると言っていいものだった。1つはおそらくリファレンスかあるいは比較的おとなしい設定のものである。そしてもう1つであるがTGPを高く設定し、そして周波数も非常に高く設定されたものである。
 
後者であるがGFX周波数は2950MHzまで設定可能となっていた。一方、メモリ周波数は1075MHzまでとなっていた。最大消費電力の上限は+15%となっているが、BIOS内に設定されたTGPが関連してくる。最終的な数字はもう少し高くなる可能性がまだあるが、それでも、Radeon RX 6800 XTのBoost時周波数が最大で2854MHzが設定可能であることを考えると、2950MHzはあながち不可能な値ではない。

リファレンス仕様のRadeon RX 6800 XTのBoost時周波数は2250MHzである。2854MHzというのはあくまでもここまで設定可能であるという話だろう。今回のRadeon RX 6700 XTの2950MHzという数字もここまで設定可能という話なので、実際にBoost時周波数2950MHzのカードが出てくるかどうかはまた別の話となる。

Igor's Labsではこの後、Radeon RX 6700 XTの消費電力についても触れている。比較的おとなしい設定のものはGPUとVRAMの消費電力が186Wで、カード全体の消費電力となるTotal Board Power (TBP) は210~220Wだろうと推定されている。一方、周波数を大幅に上げた設定のものはGPUとTBPが250Wに達するだろうと推定されている。

TBP 210~220Wは8-pin×1で給電できる上限に近い数字となる(Igor's Labsの最初の一覧表ではシレっと8-pin×1と書かれているが)。OC時の余裕を持たせるためか、最近のグラフィックカードは給電能力に余裕を持たせる傾向があるため、Radeon RX 6700 XTがTBP 210~220Wならば8-pin + 6-pinや8-pin×2が主流になりそうである。もう少し低く190W程度であれば非OC製品を中心に8-pin×1の製品も出てきそうである(Igor's Labsは過去にRadeon RX 6800 XT(“Navi 21 XT”)のTBPを320W、RX 6800(“Navi 21 XL”)のTBPを290Wと予想して大外しした過去がある(実際はそれぞれ300Wと250W)ので、今回の話でRadeon RX 6700 XTのTBPが210~220Wと決めつけるのはまだ早いだろう)

今回の話の要点は、“Navi 22 XT(?)”―Radeon RX 6700 XTのBIOS設定に比較的おとなしいものと、非常にアグレッシブなものの2種類が見つかったと言うことであり、場合によっては非常に強くオーバークロックをかけた製品が出る可能性がありそうだ、という点であろうか。


コメント
この記事へのコメント
177459 
コア数が少ない方がクロックが低いんだから当然6800以上のクロックが出るとは思ってましたよ。
2020/11/30(Mon) 22:20 | URL |     #-[ 編集]
177460 
ちょっと前に八雲ちゃんがGPUで2Ghz超えとは感慨深いとか言っていたのに
もう3Ghz目前の数字が出てくるとは・・・
まぁ、その周波数で実際動くかどうかはわからない、というか無茶設定っぽいけど
2020/11/30(Mon) 22:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
177462 
GPUはメモリ速度も同じくらい上げられれば意味があると思うが、単にGPUだけを上げてもあまり意味が無い。
2020/11/30(Mon) 22:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
177474 
GPUは小規模コアのクロックが上がっても電力効率悪くなりそうな印象しかなくてあまり魅力感じないなぁ。
やはり大規模コアを中速で回す方にロマンを感じる。
2020/12/01(Tue) 12:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
177479 
シェーダー数絞ってあるミドルハイ以下クラスならばコアのオーバークロックもそれなりに効く
ましてやRDNA2はメモリ帯域を緩和するのでライバルよりは効く
そりゃメモリが速いに越したことはないけども
2020/12/01(Tue) 18:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
177480 
6900XTのBIOSに書き込まれてるブースト最大が3GHzらしいからね・・・
2020/12/01(Tue) 18:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
177481 
40CUしかなくメモリも2/3の192bitしかないのに210~220Wも食らうならばワットパフォーマンスかなり悪そう。
180W程度に留めるのではと。
2020/12/01(Tue) 19:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
177485 
そういえばAMD初の定格2Ghz超えGPUって実は
RYZEN7pro4750G(4700G)のiGPUなのでは?
しかもなななのとはいえVEGAアーキで・・・
2020/12/01(Tue) 22:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
177489 
>単にGPUだけを上げてもあまり意味が無い。
だからInfinity Cacheなんじゃないかな。
2020/12/02(Wed) 00:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
177494 
てか、既にyoutubeのアスキーだったかストック状態(空冷)で2800MHz設定してベンチマーク通るって言ってたからそんなに驚くこともないでしょ。
2020/12/02(Wed) 03:24 | URL | LGA774 #Y85ZE23.[ 編集]
177503 
むしろ192bitバスのほうがInfinity Cacheが有効に働きそうな気がする
現状6800にしても新アーキの割にはそれほど大きな不具合もないので、やはりひさびさの大当たりな気がしますね
2020/12/02(Wed) 10:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
177523 
昔マイニングやってたときに、
GPUのクロック上げるより、メモリのクロックあげたほうが効果がある仮想通貨もあったからなぁ
2020/12/02(Wed) 19:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
177555 
177503
キャッシュにないデータにアクセスする場合、256bitより192bitのほうが落差が多いけど
2020/12/03(Thu) 15:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
177565 
ターゲットはフルHDあたりでInfinity Cacheのヒット率見ると
64MBで十分な数値出ているからGPUクロック上げは相当効くと思う
パフォーマンス取ってワッパを犠牲にする人がどれだけいるかという話ではあるけど
2020/12/04(Fri) 02:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)